私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  「二重国籍でしたが何か?」 ~ 開き直る蓮舫の「詐欺」は完結目前だ

「二重国籍でしたが何か?」 ~ 開き直る蓮舫の「詐欺」は完結目前だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 自らへの二重国籍疑惑に対し、「私は日本人」「籍抜いてます」などと強気一点張りだった蓮舫だが、昨日午前に会見を開き、台湾籍が残っていたことを明らかにした。

蓮舫氏「台湾籍残っていた」とおわび 民進代表選は継続 (朝日)

 民進党代表選に立候補している蓮舫代表代行(48)は13日午前、国会内で記者会見し、「私の台湾籍が残っていた」と明らかにした。これまで日本国籍を取得した17歳の時に台湾籍の放棄を届け出たと説明していたが、「記憶の不正確さで混乱を招いた。発言が一貫性を欠いていた。おわび申し上げる」と述べた。

蓮舫


 蓮舫氏は台湾当局に確認していたところ、大使館にあたる台北駐日経済文化代表処(東京都港区)から12日夕に連絡があったと説明。「いま台湾当局に籍を抜く届け出をしている。手続きが完了すれば確定される」とした。

 代表選については「日本人だから制限はない」と述べ、立候補を取りやめる考えはないことを強調。「スピーチの中で、皆さんに届く言葉でしっかり説明したい」と語り、15日の臨時党大会で、国会議員らが投票する前に行う候補者演説の中でこの件を説明する考えも示した。


 これまで日本人のふりを通してきた蓮舫だったが、度重なる発言はほぼすべて嘘で、虚勢を張っただけのこと。台湾籍放棄の書類を改めて中華民国の代表処に届け出たのは6日だったというが、その6日から昨日までのほぼ一週間は「新たな言い訳」のための時間稼ぎだったということである。しかも、謝罪であるはずの会見では余裕のスマイルも見せ、反省や開き直りというより、「何が悪いの?」といった表情にも見える。少なくとも、謝る顔でないことは確かだ。

蓮舫
蓮舫 - とても謝る顔には見えない


「私はこれまで一貫して、政治家としては、日本人という立場以外で行動したことは一切ないし、日本人として日本のために、わが国のために働いてきたし、これからも働いていきたいと思う。これも申し上げているが、台湾当局に、私の籍を抜く届け出をしているので、この手続きが完了すれば、この籍に関することは、最終的な確定をされるということだ。」


 蓮舫は約30年に渡る違法な二重国籍状態に関し、「台湾当局への手続きが完了すればこの件は終わり」と言い放った。他人に厳しく自分に甘い民進党らしい言質だ。しかし、そういう簡単な問題ではない。二重国籍は、ともすれば日本の国籍を失うこともある国籍法違反である。やむを得ぬ事情で二重国籍を持つ人に対する対応のため、罰則はない。しかし、詐称ともなれば話は違ってくる。過去に複数回に渡って中華圏への帰属意識を自ら示していたことでもわかる通り、蓮舫は二重国籍を「売り」にしていたのである。

 民進党代表選は明日の党大会で決するが、党員とサポーターの郵送による投票は、蓮舫のこの会見の前日12日必着で締め切られている。これを偶然と思うなら、よほどの御人好しだ。蓮舫は、党員・サポーター投票が締め切られる後に「告白」のタイミングが来るよう、台湾当局への届け出のタイミングを計りし、「届け出 → 投票終了 → 二重国籍の告白とお詫び」というスケジュールに乗せた可能性が高い。

 これで蓮舫が代表選に勝てば、彼女の詐欺は完結する。しかし、この詐欺の時効はまだまだ先だ。経歴の詐称は公職選挙法違反であり、代表選どころか参議院議員としての資格すら疑問符が付く。民進党員やサポーターは、蓮舫の詐欺に引っかかったことに対して非難の声を上げるべきだし、それを放置する党執行部にクレームをつけるぐらいのことをした方がいい。その方が自民党に木っ端微塵に粉砕されるより、よっぽどマシな道だろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2016/09/14 07:14 ] 政治 | TB(0) | CM(15)
キモい外患誘致女
この反日ウソつき詐称女のどこがキモいって
あの歯をむき出して絶やさぬ笑顔と弁舌
まさしく詐欺師の風貌そのものではないか。
それにしても日本人離れしたタフなメンタルはゴリッ歯!!
[ 2016/09/14 07:25 ] [ 編集 ]
ヘラヘラすんな!!!
 それが、民進党の党員・サポーターや国民・選挙民に報告・謝罪する態度か!!!(私のストレス発散を陳謝・・・)
[ 2016/09/14 08:06 ] [ 編集 ]
謝罪
「もう! 全くネット民ってうるさいわね! 国籍を抜くのは『努力目標』なんだから、日本国籍さえ持ってれば違法じゃないでしょ!」
「でも、せめて政界に打って出る前には抜いておくべきでしたね」
「嫌よ、あたしは中国系台湾人よ、日本国籍なんか仕方なく持ってるだけなんだから」
「やっぱりそういう感覚ですか……」
「うるさくて仕方ないから、あなたたちマスコミが『魔法の呪文で』黙らせてよ」
「『魔法の呪文』とは?」
「『ヘイトスピーチ』よ!」
「ヘイトスピーチかぁ……それで国民は納得するかなぁ……」
「外国人を貶めたり排除しようとするのは全部ヘイトスピーチでしょ?」
「そういうわけでも……第一、それを持ち出すと、あなたの過去の発言も問題にされかねませんよ」
「日本人に対しては何を言ったってヘイトスピーチは適用されないんだから(キッパリ)問題ないでしょ?」
「それは確かにそうですが(キッパリ)、今まで経歴を詐称してたことになりますよ」
「30年も前のことなんだから、今まで気がつかなかったってことでいいじゃない! 単なるミスよ」
「あなたは他人のミスは決して許しませんけどね……しかし、この問題が噴出してからも強気に出たのは失敗ですね、お国じゃどうか知りませんが、日本じゃ謙虚さが美徳とされていますからね、すぐに認めて謝罪していれば良かったんですよ」
「謝罪? ずっとして来てるじゃない、不本意だけど」
「え、そうでしたっけ?」
「あたしは『謝』だもの」
[ 2016/09/14 08:21 ] [ 編集 ]
😻「(故意又は過失を問わず)二重国籍のレンホー」は、①日本国憲法違反かつ②ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」に完全に該当します。
😻「(故意又は過失を問わず)二重国籍のレンホー」は、①日本国憲法違反かつ②ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」に完全に該当します。

😻それゆえ、「(故意又は過失を問わず)二重国籍のレンホー」を、①総務大臣は、参議院議員から失職させ且つ公民権を剥奪し、②法務大臣は、日本国籍から離脱させ且つ日本国外へ退去させなければなりません。

😻日本国の憲法および法令等に完全に違反しているのに帰化未帰化在日韓国人デタラメ常套句「外国人差別だ!」と発言する者は、日本国外追放の対象者になります。

😻「差別」「レイシスト」「ヘイト」「○○をぶっ●せ!」「○○をぶっ●す!」「猿」=韓国南部民が韓国北部民へ抗議するときに使用する韓国語常套句です。

😻第一次資料(事実)に基づく真実を語ることは、「差別」「レイシスト」「ヘイト」「猿」では全くありません、すなわち、「(韓国式)差別」「(韓国式)レイシスト」「(韓国式捏造にもとづく韓国式)ヘイト」「(韓国式)猿」では全くありません。
[ 2016/09/14 09:04 ] [ 編集 ]
日本国の場合、(故意又は過失を問わず)二重国籍者は、日本国籍を剥奪されることとなります。
日本国の場合、(故意又は過失を問わず)二重国籍者は、日本国籍を剥奪されることとなります。
-----

内閣官房長官の菅 義偉先生はH28.09.07、内閣官房長官かつ内閣法制局担当なので、「一般論として申し上げれば、外国の国籍と日本の国籍を有する人は、22歳に達するまでにどちらかの国籍を選択する必要があり、(故意又は過失を問わず)選択しない場合は日本の国籍を失うことがあることは承知している」と日本国の公式法解釈を述べたわけです。

この日本国の公式法解釈に該当する二重国籍者は、日本国籍を剥奪されることとなります。

(注釈)
「一般論として・・・を失うことがある」=「原則として・・・を失うということ、基本的に・・・を失うということ」
[ 2016/09/14 09:27 ] [ 編集 ]
やっと認めた蓮舫議員
純粋に法的問題は二つ、

国籍法違反

公職選挙法違反

日本は日本、日本人の主権国家

そこで、重国籍者など内政干渉

まず、こぞって蓮舫議員に非をとなえ

ちょっと私は、障害者で色々ありますので

どなたか、刑事告発をお願い申し上げます。

また、刑法193条公務員職権濫用罪に該当しますので、準起訴はややこしいですが、國民の権利と武器を使って頂きたく存じます。
[ 2016/09/14 12:13 ] [ 編集 ]
蓮舫というグレーな女マスゾエ
蓮舫、実に堂々と法律違反ではないという顔で悪びれない人物ですが、ほかに時々見かけるこのような政治家もいます。
あ、そうでした一人は舛添要一前東京都知事。
合法ならと、グレーの線を只管追及したあの舛添です。
蓮舫、女舛添とでも呼びましょうか。

敢えて「限りなくブラックに近いグレー」として日本国の法に触れないとしても、その政治家が、まして民進党が政権を取ればその代表が日本国の総理大臣と成るその立場にあるという者がこの疑惑以来の発言並びに過去の発言から政治家の要件を満たさないと判断すべきです。

又日本国の法をこの際、精査すべきでしょう。

更に一番言いたいのはこんな人物を肯定し、民進党代表にしようとする民進党の政治家の存在、民進党のサポーターの存在です。
結局、国家観の無いもの同士が作っている集団なのでしょう。
ここまで来ても、党内、サポーターから大きな批判が起きていません。

それにしても、事核心はそんな国家観の無い連中に勝手に日本国が支配される危険性があるという事ではないでしょうか。

http://www.sankei.com/politics/news/160913/plt1609130048-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/160913/plt1609130016-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/160913/plt1609130009-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/160913/plt1609130051-n1.html
[ 2016/09/14 12:25 ] [ 編集 ]
THE 国会議員
もらったワイロは返せばセーフ
言ったことは取り消せばセーフ
ついたウソは正直に謝ればセーフ

これぞ、「政治に期待しなくなった有権者」を大量に出している、悪しき国会議員の態度。

こんな人を議員であるだけでなく、野党第一党の党首に座ったとなれば、それこそ、有権者は政治からさらに遠ざかることでしょう。
彼女は既に、日本の憲政の害悪です。
[ 2016/09/14 12:59 ] [ 編集 ]
さらば蓮舫と言おう
♪さよならは誰に言う さよならはウソつきに
 ウソがばれた日を以て さらば蓮舫と言おう

 消していない国籍は 誰にも見せない
 隠し切れぬ時には 知らぬととぼけよう

 言うだけも泣き虫も ウソつきには勝てぬだろう 
 だけどそんな時でも さらば蓮舫と言おう
[ 2016/09/14 15:58 ] [ 編集 ]
日本籍剥奪を
党員、サポーターの郵送投票締め切りを計算に入れての狡いスケジュール謝罪は見え見えですね。

ST様のR4記事は現場を見て書いて居られる様にリアルですw。
「見てきた様な○を言い」という川柳風真骨頂で、笑いの底に相当に苦みが残る、流石のシナ人風景ですね。嫌いだわこの議員。

日本の為に政治をして来た、かの様に言いくるめ(るつもり)ておりますが、本人は都合良く記憶が薄れて居ても、私達日本一国国籍者はあの公開行政処刑を取り仕切ったR4の論法やスタイルを忘れることは出来ません。
不作法にも人を指差し相手の言葉を待たずに矢継ぎ早の質問責め。被審議者が答弁に言葉が詰まると即座の攻撃で有無も言わせない。
まったくのシナ共産党の「文革」スタイルには切り取られたニュース画面でさえ「嫌悪感」も逃げ出す恐怖感が漂いました。
そういえば日本共産党の国会議員・小池晃はこの二重国籍問題は無問題だとか。お仲間の庇い合いでも醜悪です。

スーパーパソコン、八ッ場ダム、なかでも「日本の為」には絶対ならないのが<自衛隊員の装備品中韓発注で廉価に出来る>と言った売国姿勢。
あの襟立骨ガラ行革指揮で果たして日本の為に少しでも効果がある政策があったのか?捜しても見つかりません。被害は確かに目に見えてありましたけど。

今朝の産経には、R4が12日のハフィントンポスト(日本版)のインタビューに、2日掲載の産経記者とのやり取り(「意味が分りません」)を「記者であればちゃんと質問を投げかけて欲しいなというやりとりをした」と厚かましくも答え、当然産経には当日の実際のやり取りが参考の為に再度掲載されるという、バカな展開を自ら引き起こしておりました。頭かなり悪いのね。

一時凌ぎの言い訳で48年間世間を渡って来られた人なのかもしれませんが、渡れたつもりが相手の信用を失っている事にたぶん気が付いて居ないのでしょう。

民主党はかつて自民党大臣を死に追いやる程に事務所経費で責め立てた党ですが、自党議員の事務所経費問題には知らぬ振り。
それより遙かに大問題の二重国籍者の大臣経歴と目の前の党首選に沈黙を守る多数の議員。
これで国政に関わろうたあ、ちょっと国民をバカにし過ぎじゃあ御座んせんかね!?

それとも、国民と自民党に木っ端微塵に粉砕されるのを待つ気分はスリリングでいいのか?

R4及び全ての政党の、議員ありながらの二重国籍者の日本国籍剥奪を願いたい。
[ 2016/09/14 17:26 ] [ 編集 ]
国籍法の14条の2
日本は二重国籍を認めておらず、日本国籍を選択した時点で、もう一つの国籍の離脱と放棄を求めています。日本の国籍法の14条の2では「日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法 の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣言(以下「選択の宣言」という。)をすることによつてする」とあります。つまり、日本国籍の選択の条件が、外国国籍の離脱であり、外国国籍の放棄宣言が必要不可欠です。
これは努力目標ではなく、「日本国籍のはく奪」という罰則を伴います。

サッカー選手の三都主とかラモス瑠偉は二重国籍ですが、彼らの母国にはそもそも国籍離脱という概念はなく、従って国籍を離脱する手続きも存在しない。
南米にはそういう国が多いようです。
これはあくまで例外。母国がこういう国なら他にどうしようもない。
[ 2016/09/14 20:15 ] [ 編集 ]
国籍って何 ?
蓮舫に限るわけではなく、日本人の多くが国籍に対する重みを失っていると感じざるを得ない。

彼女達はわからないだろうが、彼女達の言う「日本人」と私達が考える「日本人」は言葉は同じでも全く違う。
彼女達は自分の目先次第で国籍変更もオチャノコサイサイ。猫ひろしってのがいるけど、あれと同じやな。

国籍、民族、宗教によって人がまとまるという至極当たり前の常識を、グローバルとか言う言葉にかぶれて理解出来なくなっている可哀想な人達だが、そんな人が増え過ぎるのも恐ろしい。

蓮舫が勝っても先が長くない事は見えているのでどうでもいいが、今の民進党の過半数が蓮舫を支持した事実をしっかり記憶しておく必要がある。

民進党にも20名ほど疑問を呈する人達がいるようだが、離党するにはいい機会なのではないですか? と問うてみたい。



[ 2016/09/15 00:42 ] [ 編集 ]
味気ない話です。
国家公務員(キャリア)の場合、基本的に二重国籍はあり得ません。外交官になるには日本国籍を有することと同時に二重国籍者を排除する規程があり、これはキャリア官僚なら誰でも知っているはず。

なぜなら他の省庁からも、例えば財務省ならば100%、他の経済官庁や防衛省、警察庁からも大使館、領事館、国際機関に外交官の身分で出向することが普通に行われているからです。

ではその官僚を差配する国務大臣は?…常識で考えたら誰にでも判る話だと思いますが、どうしても判らない選り抜きのバカのために敢えて申せば、外交官の採用につき二重国籍を排除する規程があるのは「利益相反」行為が行われることを避けるためです。

「私は日本人…」「私はあくまで日本のために」…レンホーがどう思っていとかの主観など関係なし。そんなことはどうでもよいのです。人の心の中は伺い知れませんし、他方には「内面の自由はこれを侵してはならない」という憲法上の規程があります。例えば不肖レッドバロンがミラノのカバン屋の娘に懸想して?愛するイタリアは最恵国扱いにすると心に決めたとしても、何人たりと、そのような私に対して、お前、あのお姉ちゃんに惚れたせいだろ、吐けえ~!と強要することは出来ないのです。よって文明国では外形基準となっております。

「憲政の常道」という言葉がありますが、憲法には内閣総理大臣が衆議院議員でなければならない決まりもなければ、総理大臣に解散権があることさえ書いてありません。これらは憲法上の論理的な帰結から導き出されたある種の慣習法だと思いますが、何でもかんでも法律で定めるのではなく、不文法的な慣習によって行われる政治の方が文明的で、私には床しく思われます、個人的には。

しかし、今の民辛党のような見識どころか常識さえまったくない、チャイナ風やらずぶったくり・レンホー論が罷り通る世の中では、法律でギリギリ巻きに縛る他、方法がないかもしれませんね、残念ながら。
[ 2016/09/15 01:29 ] [ 編集 ]
15日
日を越えて民侵党代表選の15日になりました。
今日、もしも謝蓮舫が日本の野党政党党首に選出されるならば、民侵党は世界の嗤い者になることを、売国党であると認識される事を、覚悟する必要があると思います。
これを解決できない与党も国家観の欠如で「日本の恥」を晒すでしょう。

蓮舫騒動が起きてから、他国の二重国籍保持者、かつての保持者、他国の出生者が閣僚や候補者から外されている報告も目にする様になって、何処にでも在ることだけれども何処でも厳しく議員・の閣僚条件が付けられている事が分ります。

ヘイトだ差別だという批判をも起こしたかった様子の蓮舫ですが、一方で「私は日本人」。
ヘイトスピーチが日本で規制されるのは日本人に向けた言葉ではなく、外国人に対して発せられる言葉だそうで、さて、蓮舫はどちらの国籍を選んで言っているのでしょうかね?
二重国籍って、こんな時にも便利そう。

本日の投票時間までに台湾籍放棄処理は完了しているのかしら?
家中全部をひっくり返して探し出したという台湾パスポートの失行年月日はいつだったのか?
真面目に考えるとこの「事件」そうとう興味を曳く項目がありそうです。
全てに亘って、二重国籍者の整理整頓調査が為されますように!
[ 2016/09/15 01:36 ] [ 編集 ]
民進党執行部の候補擁立責任問題
蓮舫の「二重国籍」と「嘘」も重大な問題ですが、民進党執行部の、参院選挙における蓮舫候補擁立責任を問わなければならないだろうと思います。

つまり、蓮舫が「二重国籍」である事を、公選法、国籍法違反であるにもかかわらず、彼女を擁立した民進党執行部が「知らなかった」というのは、重大な問題ではないかという事です。

民進党は、知っていて彼女を擁立したのか?

そして、今回彼女が党首選に立候補を表明したが為に、その事が明るみに出て、民進党執行部は、自身に責任追及が及ばないように、彼女を擁護しているのか?

いずれにしても、民進党執行部がこの重大事を他人事のように扱ったり、トカゲのしっぽ切りの如く、除籍処分で済ませるのは絶対ダメだろうと思いますね。
[ 2016/09/15 02:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: