私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  共謀罪反対は根本的に専守防衛論と同じである

共謀罪反対は根本的に専守防衛論と同じである

← 応援クリック、ありがとうございます。

 小泉政権が成立を目指して3度廃案になった「共謀罪」法案を、安倍政権がテロに特化したかたちで手直しし、来る臨時国会に提出すると言われる「テロ等組織犯罪準備罪」。特定秘密保護法の審議過程と似たようなものになるというのは、28日に書いた通りだ。早速といってよいほどのタイミングで脊髄反射を起こす者が、筋書き通りに出現している。良いサンプルは福島瑞穂だ。


 共謀を「凶暴」と書き間違えて、ネットで嘲笑されていることはさておき、このような政治家は国民の反面教師だ。国民の生命と財産を守ることが責務である国会議員が、「テロ計画はOKです」と言っているようなもので、何をかいわんやである。

共謀罪


まぁ、福島瑞穂の影響力は限定的なので、放っておいても実害は少ない。問題は、全国紙だ。当然と言えば当然の成り行きだが、朝日新聞も毎日新聞も、この共謀罪の提出という報道を受け、絶対反対の社説を打っている。

「共謀罪」法案 政権の手法が問われる:朝日新聞デジタル

 またぞろ、というべきか。

 安倍内閣が、人々の強い反対でこれまでに3度廃案になった「共謀罪」法案を、「テロ等組織犯罪準備罪」法案に仕立てなおして、国会に提出することを検討しているという。(中略)

 実際に行動に移さなくても、何人かで犯罪をおこす合意をするだけで処罰する。それが共謀罪だ。マフィアなどの国際犯罪組織を取り締まる条約を結ぶために、日本にも創設することがかねて議論されてきた。(中略)

 もちろんテロの抑止は社会の願いだ。だからこそ権力をもつ側はよくよく自制し、人権の擁護と治安というふたつの要請の均衡に意を砕かねばならない。


 突発的な犯罪行為を除き、テロ犯罪には一般的に、計画段階と実行段階がある。これを計画段階で挫き、実行を未然に防ぐというのが共謀罪だ。テロは時に多くの一般市民を巻き添えにするため、被害を事前に図ることが難しい。だからこそ、あらゆる手段で阻止しなければならないのだが、福島瑞穂や朝日は、国家に足枷をはめようと必死だ。

 テロは国家対国家の戦争とは違い、宣戦布告など必要とせず、突然目の前で実行される。これを、「実行しなければ犯罪ではない」という発想は、国防における専守防衛論と酷似している。専守防衛は、相手方が攻撃してきて初めて自衛権の行使が許されるという前提に成り立つが、その際、相手方のファーストストライクで被る被害には目をつぶる思想だ。朝日や社民党は盛んに「人権」を主張するが、専守防衛で自衛隊員が被る人権は無視する。これはダブルスタンダードの極みだ。

 9条論者や専守防衛論者は、国家間問題の解決の最優先手段を「話し合い」とするが、テロ犯罪を首謀する者と話し合いをすることなどありえない。テロリストと交渉しないというのが、国際的な共通認識なのである。

 小泉政権の時代、共謀罪は2003年から3年連続で国会に提出されたが、成立を見なかった。しかし、2000年代なかばから約10年が経過し、日本や国際社会を取り巻く状況は激変した。ISILが台頭し、世界中でテロ犯罪を起こし、バングラディッシュの人質テロでは日本人が7人も犠牲になっている。2013年のアルジェリア人質事件での邦人被害者は10人だ。時代は変わったのだ。

 人権を過度に擁護するあまり、結果として人命の損失が生ずれば、本末転倒である。「共謀罪」は国家にとって必要だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/08/31 07:11 ] 社会問題 | TB(0) | CM(11)
テロリストの人権
卑劣なテロリストの人権は尊重すべきか?
福島みずぽをはじめ共謀罪制定反対派は「すべき」と考えるのだろう。
これはぱよちんどもの「犯罪者にも等しく人権が存在する」との偽善から生まれる考え方だ。この考え方は死刑制度反対にも通じる。
しかし、ぱよちんは犯罪行為で生存と言う最大の人権を失った被害者の人権は
一顧だにしない。なぜなら生存していない者の人権を認めないからだ。
当方は他者の人権を尊重しない者の人権を尊重する必要はないと考える。
そして例え生存していなくても人権を不当に奪われた死者の尊厳は最大限守るべきである。
この考え方がベースに無ければテロを未然防止するのは極めて困難になる。
[ 2016/08/31 09:05 ] [ 編集 ]
これが街頭行動だって?
「まばたきもできない」
「しゃべれない」
「冗談も言えない」

それに、黒の猿ぐつわ・・・。

こんな手法で人を取り込めると考えているのでしょうか。
あまりにもお粗末で幼稚な宣伝に呆れました。


[ 2016/08/31 13:41 ] [ 編集 ]
まっぴら御免……
「テロ等組織犯罪準備罪? それって共謀罪の焼き直しじゃないの?」
「次の臨時国会に提出されるらしいですよ」
「共謀罪なら10年以上前に、あたしたちが廃案に追い込んだんじゃないの、幽霊みたいに復活してきたわけ? しつこいったらありゃしない」
「こっちは人権擁護法とか何度も提出してますけどね」
「当たり前でしょ? あたしたちはいつだって正しいんだから」
「……まあ、でも……4年後に東京オリンピックがありますからね」
「ああ、確かにそうね……」
「あれ? 今度は反対しないんですか?」
「反対するに決まってるじゃないの! お日様が西から昇ったって反対するわよ」
「ですが、さっき、オリンピックと言った時……」
「だから余計に反対なの」
「はあ……」
「準備にお金をかけるだけかけて、直前でテロにあって中止、これが最良のシナリオよ」
「そういうものですか?……」
「そう、お金をかけるだけかけて、赤っ恥かいて、国民はガッカリして何一つ得る物はなし、ゾクゾクするわね」
「ゾクゾクしますか……」
「そもそも、あたしを差し置いてあの女が開会式で晴れがましい顔をするのはガマンできないわ!」
「それって……妬み……」
「何か言った?」
「いえ」
「それはそうと、あの独裁者は法律もわかってないみたい、犯罪を犯してもいないのに逮捕できるとか信じられないわ」
「テロの準備をしててもですか?」
「あったり前じゃない! テロリストにだって人権はあるのよ」
「そのわりに被害者の人権は……」
「だって、死んじゃった人に人権はないじゃない」
「え……死なないための人権って、ないんですか?」
「ないわよ」
「えっ? ありませんか?」
「『疑わしきは罰せず』の原則を知らないの?」
「いや、そりゃ知ってますけど、でも、正当防衛とかの場合だって……」
「正当防衛の要件を知らないの? 防衛行為の相当性があったかどうかが肝よ、ピストル向けられてたって、引鉄引くかどうかわからないでしょ? 撃たれなきゃ相当性は立証できないわ、だからピストルを向けられた側からの先制攻撃って有り得ないのよ」
「厳密に言うとそうなる……のかなぁ……」
「テロもミサイルも同じよ、被害が明らかになって、初めて攻撃の意思があったかどうかわかるんじゃない」
「だったら手遅れ……」
「そんなの関係ないわよ」
「なんだかやったもん勝ちのような……」
「そんなこと言ってないでしょ? 法律は法律だって言ってるだけ、それを考えたら共謀罪なんて考えられない! 断固潰すわよ!」
「ですが……2/3を押さえられてますが……」
「そこが痛いのよねぇ、だったらネガティブキャンペーンしかないわね、あることないこと書き立てて、カラオケボックスにいるだけで密談してるって捕まるぞ~って煽るのよ!」
「それだったら、国民のほとんどが捕まるじゃないですか、それこそお日様が西から昇っても有り得ませんよ」
「そう?」
「違いますか?」
「あたし、『お日様が西から飛んで来る日』を夢見てるんだけどな……」
「そ、それってもしかして……あなたも死んじゃいますよ」
「バカねぇ、その時あたしは飛ばす側にいるに決まってるじゃない、手足を縛られたままワケもわからず殺されるなんでまっぴら御免だもの」
[ 2016/08/31 13:56 ] [ 編集 ]
実現可能性
戦前、治安維持法花やかなりし頃のこと、同法違反の容疑で京大の学生が何人かが特高に逮捕され、身柄を検察庁に送られてきました。

検察庁で再度取り調べを受けましたが、結果は全員不起訴でした。。彼らの革命?には「実現可能性」がまったくないということで。

要するに友達の下宿に集まって、寒い京都の冬に炬燵に足を突っ込み、お茶を啜りながら、漠然と革命を夢見るような話をしていたのですな。具体的な計画もなければ、武器の準備も組織の後ろ楯もない。アホらしい、警察はよくこんなしょうもない事案を送検してきたもんだ、てなもんでしょう。こんなのは戦前でさえ罪にはなりませんよ。


松竹梅のコントは笑えましたが、そんな訳で「言論の自由」は遠慮する必要はありません。

時々、私もこはる様や末田軍曹殿と築地の某新聞紙本社を襲撃する計画を大っぴらに語っておりますが、なに、上記のような理由から遠慮する必要はありません。

末田軍曹殿が市ヶ谷駐屯・陸自・普通科連隊の武器班長にご出世なされた場合は別にしまして。

そのときはご連絡下しゃりまっせ。
[ 2016/08/31 15:19 ] [ 編集 ]
差し置かれた私は誰?
開会式で差し置かれる「私」は誰だ?脳裏に浮かぶ何人かのオナゴはイナゴの貌にも見えなくもないけれど・・・有り得るのよね、そんな「理屈」を真面目に言うアホが。


凶器準備集合罪というのがありますよね。アレを強化したらこの法案が可決しなくても何とかなるのでは?と素人は思いますが、そんな次元ではないのかしら?

朝日が云う「テロの抑止は世界の願いだ」云々って、「九条守って戦争の抑止」論に似て、気が付く時は殺傷された後のご託並べ同様です。論外。

お話合いで物事が解決するなら、先ずはオネゲーだから慰安婦捏造宣伝謝罪行脚をしておいで。
[ 2016/08/31 19:05 ] [ 編集 ]
よく考えれば、「まばたきも出来ない」黒猿ぐつわ連は一般日本人をバカにしているのでしょうね。

ドコゾの民族と違って大抵の場合日本の大衆は賢い選択をするのに、何を勘違いして何でも政治権力に先導される愚民像しか思えないのか?自分達がバカなのに気がつかず一般大衆はもっとバカだと思うから鳥越担ぎになるのよね。

ちょっと離れますが、築地新聞社の主導で神戸の凶悪残虐犯罪者が刑期を終えて出てきたら名前も戸籍も変えて一般住民になれたのだそうで(朝日を読んでないので伝聞です)、相模原の障碍者ホーム殺人犯が事件前に衆院議長に宛てた手紙の中で、<刑期7年で出所したら戸籍名前住所の変更保障>までを要望したのは、その事件処理の影響か?と思いました。
朝日の言動を潰すのが人類の平和です。

末田先任軍曹殿は朝霞駐屯地でご出世なさるべきではなかろーか。
[ 2016/08/31 19:56 ] [ 編集 ]
自意識過剰
>冗談も言えない
➡どんな冗談や。センス磨けや。

>しゃべれない
➡どんな口臭や。歯磨けや。

>瞬きもできない
➡どんな瞬きや。もはや想像すらできん。

言ってることがムチャクチャ。

心配すんなや。
そんなムチャクチャに耳を貸す奴なんていないから。

好きなだけやったんさい。
[ 2016/08/31 23:27 ] [ 編集 ]
共謀罪反対論者→専守防衛論者は、それと同時に平和至上論者、民主主義至上論者とも繋がるものだと思います。

何故なら専守防衛、平和、民主主義なんて薄っぺらい美辞麗句だから。
専守防衛は言うまでもなく、平和が続けば人間は進歩せず。民主主義などは国家的判断が出来る国民なんて、あり得もしない幻想に多数決を任せる不安定な政治形態。
共謀罪反対論者には全てにおいて、もっと大人らしい考えをもって欲しい。
まず多くのマスメディアには。
[ 2016/09/01 00:05 ] [ 編集 ]
まっくもってイチャモナーは
ダブスタに嘘大袈裟紛らわしい、免許停止、停波
でいいでしょう、エコロジーの為に新聞も壁新聞、テレビは災害報道へ
[ 2016/09/01 02:18 ] [ 編集 ]
悪い奴ほどよく眠る
なぜ、事前防止するだけなのにたくさんのパヨクが騒ぐのか意味不明、今は、地震システムを応用しているだけ、悪い奴らは逃げる逃げる、事件は起こったら負け、パヨクは何らかの武力行使でもする気か?
[ 2016/09/02 00:23 ] [ 編集 ]
共謀罪に反対するのはマフィアとテロリストだけ
そもそも、政権と中立の立場である検察当局が、容疑者の起訴不起訴の判断をするわけで、政権に都合の悪い人物だから逮捕されるなどというのは有り得ないし(陰謀論の範疇ではありますけど)、一般市民を何の令状も無しに逮捕できるわけが無いというのに、「言いたい事も言えなくなる」だとか、「酒場の会合で、政治の話をしただけで逮捕される」だとか、「独裁国家への道を突き進む」だとか、パヨク界隈が、おかしなデマを飛ばしまくりますね。

難しいのは、「テロ計画を実行する気があったかどうか」のところですが、概ね、具体的な計画、武器の準備、首謀者や支援組織の存在等が該当するかと思います。

また、テロリスト等に「無意識的」に協力していた場合は、内容次第かなと思います。相手がテロリストである事を知らなかった場合で、そうであると知っていたならば協力しなかったというのならば、酌量の余地もあるでしょう。

しかし、共謀罪が成立されると余程都合が悪いことでもない限り、強硬に反対するのは異常だろうと思います。

要するに、反対する勢力は、共謀罪の対象となり得る、テロリストやマフィア、及びその関係者だけだと見て良いと思います。


[ 2016/09/02 01:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: