私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  蓮舫「岡田代表はつまらない男」は新手の炎上方法か

蓮舫「岡田代表はつまらない男」は新手の炎上方法か

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民進党の代表選の告示日が9月2日に迫っているが、前原誠司が出馬を決めたという報道以外、あまり目新しい情報がない。話題作りが必須と考えたのか、最も早く出馬を表明した蓮舫が23日、日本外国特派員協会で記者会見したが、その時の発言で炎上している。発した言葉とは「岡田代表は本当につまらない男」というもので、本人は編集されたと憤っている。

蓮舫


 ハフィントンポストによれば、その時の発言はこういったものだったようだ。

あとは、民進党のイメージを思いっきり、私が代表にさせていただくことで、変えたいと思います。ここが大事なのでぜひ編集しないでいただきたいのですが、私は岡田克也代表が大好きです。
ただ、1年半一緒にいて、本当につまらない男だと思います。(会場笑)人間はユニークが大事です。私にはそれがあると思います(笑)。ぜひみなさんのご支援、いただければ。このあとぜひ質疑応答で議論させてください。ありがとうございました。


 確かに「編集しないで」と言っているが、記事タイトルをすべて発言通りにするわけにいかないのは、かつて民主党政権で閣僚まで務めた当の本人がよく理解しているはずだ。蓮舫は明らかにウケを狙ったと思われるが、こういうある種の刺激的な発言をメディアが放っておくということを求めるなら、本人の脇が甘すぎる。

 ついでにいえば、「ユニーク」とは本来「唯一性」を意味し、面白みを指さない。真面目一筋の岡田との対比で蓮舫が使うなら「ユーモア」のほうが適当だ。真面目だけが取り柄で軽い冗談も言えない岡田のほうが、ある種のユニークさ(唯一性)を持っている。蓮舫はその後、ツイッターで「激しく後悔中」「猛省」と発言したが、あとの祭りだ。それとも、これは新手の炎上商法なのか。

 蓮舫は、赤松広隆と国会内で会談し、赤松は会談後、記者団に対して「憲法問題、野党共闘などは(岡田路線を)継承してほしい」と述べ、自身が率いるグループ(約20人)として蓮舫氏を支持する意向を表明したという。民主党の赤い部分にまで手を伸ばした蓮舫は、旧社会党的な思想、政策をも飲み込み、代表を目指すということになる。

 民進党は、民主党時代からポピュリズム政党といわれ、私は選挙互助会という表現も用いてきた。選挙に当選することが目的化しているため、政策などは蔑ろになり、選挙民に媚びることを生業としているようなものだ。前原が名乗りを上げようと、蓮舫は圧倒的有利な立場で代表選に突入する。蓮舫の思想、信条、政策はいまだに良く分からないが、比較的保守派といわれる細野豪志から、赤い赤松までウイングを広げることで、蓮舫は「党内ポピュリズム」を生き抜こうとしている。そして、選ぶ側の議員連中も、勝ち馬に乗ることで「党内ポピュリズム」を反対側から支えているのだ。

 「岡田代表は本当につまらない男」で物議をかもしたが、党の代表選は議員と党員・サポーターのものだから、普通選挙と違って有権者の反応はたいした障害にならない。岡田がつまらない男なら、蓮舫自身が交際を認めた「ダイナシティの中山諭元社長(脱税、覚醒剤取締法違反容疑で逮捕歴あり)は、おもしろい男なの?」と尋ねてみたいものである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/08/25 07:15 ] 政治 | TB(0) | CM(14)
受け狙いはR4の習性
受け狙いはエリ立てトカゲ女R4の習性ですね。
それにしてもシワくちゃの顔どアップは醜悪そのもの。
R4の醜い心根がよく表れている。
[ 2016/08/25 09:42 ] [ 編集 ]
いつも通りにうまく編集して貰えば良かったのにね。バカだね。

R4
「金も黒い力も逮捕歴まであるんだから、おもしろいに決まってんじゃない」
                              
[ 2016/08/25 10:10 ] [ 編集 ]
また見せられる風景か・・・。
蓮舫の異常に、はしゃいだ表情。
根拠のない万能感に酔いしれているようですが、このはしゃいだ表情は、以前、見たような・・・。

そうです。
2009年9月、民主党代表選で菅直人が小沢一郎を破って代表になったときのそれと同じなのです。
代表に決まったとき、子供のように、ただはしゃぐばかりで、満面の笑みからは責任からくる重圧、他者への配慮など微塵も感じられませんでした。
勝者の作法など皆無でした。
あのはしゃぎっぷりと同じなのです。

そして、「これからはノーサイドで、党内一致」との歓声も聞こえました。
権力闘争にノーサイドはなかろう。「全勝か全敗か」、過去の時代なら敗者は殲滅されるものなのに・・・。

大人の権力欲を持ちながら、子供の判断力しかない。
そのような人間とその集団を見せつけられたものでした。

あのときのことは、「今は昔」です。
しかし、民進党は、「今もなお」のようです。

こんな「野党第一党」の存在は有害無益でしょう。
何より政権与党を弛緩させてしまいますから。

志と覚悟がないと、人はどこまでも落ちていくことを思い知らされます。



[ 2016/08/25 10:52 ] [ 編集 ]
訂正を
上記、代表選を2009年9月と書いておりますが、2010年9月の間違いでした。
2009年9月も2010年9月も悪夢の始まりとうことでは同じですが・・・。

失礼いたしました。
[ 2016/08/25 11:02 ] [ 編集 ]
特定の個人に対し、「つまらない」人呼ばわりは、国会議員である前に人としてどうか?
また現代表に対し、「男」呼ばわりは、組織人としてどうか?
品性を彼女に求めることが、そもそも無理なのか?

それから発言の中で、政権の座から降ろされたことを「下野した」と語っていたが、下野とは自民党が使う言葉で、民進党(民主党)の政権交代劇は、単なる「お試し」に過ぎず、野党に戻ったことは「元のさやに納まった」だけのこと
彼女に正確な日本語を求めるのは、酷なことか?
[ 2016/08/25 11:17 ] [ 編集 ]
売れれば良し
R4はその昔、何をやっても人気度が低く芸能界の中で売れる分野をウロチョロしていた様な書かれ方をする芸ノー人の一人ですね。
つまりは売れれば良しの「信条」無し人間ではないのか?と思って居ります。
どういう経路で政界に出てきたのかは分りませんが、やっぱりシナ人特有の勝ち馬乗りはお上手の様子。

この記者会見のニュースを偶然見ておりました。「編集しないで」と確かに念押ししておりまして、その前に<政権時には何度もお誘いされたが野党になってトンとお声が掛からなかった>と外国特派員協会に皮肉と愚痴りもしておりました。
売れなかった期間の恨みと新党首に既になったような気分横溢の様子で司会者の名前を出して握手も求め、少なくともこの会見の頭の部分は編集されていないだろう、と思える「ニュース」でした。

つまらない男に「大好き」と言える感覚?お世辞にしても「礼儀」にしても、自分で即刻化けの皮を剥がしているようじゃあ「私の人間性を疑っていいですよ」と言って居る様なもの。
コレ、R4の全てかも知れませんね。
政権時、行革担当でしたか?何かの議場で海江田氏と指差し合って「このオヤジ」と街のネーチャン並み言動を指弾されていた事もありましたっけ。民主党にはこれぽっちも期待したことはありませんでしたが、あの映像には仰天でした。
あれが例えば自民党議員や大臣だったら、全マスコミの批難囂々砲弾は発言者を潰すまで間違い無しでしたでしょう。

日本に帰化した事に屈辱感を抱いている「国会議員」を党首に出来るなら、民主党もとい民侵党の国政感覚の自覚と品格の無さを私達は嗤うしかありません。

もう一つ、江田松野の元維新流れ者との会談では、江田等が主張する政策を「全て党是です」と言い切ったそうで、それでバカ松等をも「党内与党」にするならば、党首の座を取ってしまえばどうにでもなる、と思って居そう。
今までとな~んにも変わる可能性無しの民侵党。
[ 2016/08/25 11:53 ] [ 編集 ]
記者会見をニュースで見てました。近々、本ブログでも取り上げられるだろうなと思って楽しみにしてました。阿比留さんの極言御免でも取り上げられてますが、民進党が話題を作るのはこのレベルってこと。

「ユニーク」は明らかに「ユーモア」の間違いでしょう。しっかり準備したはずの発言がこれでは、「私には知性がない」と墓穴を掘った結果ですね。
[ 2016/08/25 12:30 ] [ 編集 ]
天まで舞い上がる
つまらない男を言いかえれば、
価値がない、ちっぽけな、しがない男というわけですね。
なるほど。
蓮舫さん、クリーンヒットです。

記者たちを前にして、私、賢いでしょと言わんばかりに
矢継ぎ早にまくしたてる貴女の姿にどうしてこれほどの
自信過剰の人間で居られるのだろう、それもあからさまに出して
恥としない不思議な生き物を見ている感じでした。
日本人のメンタリティーとは違うものをお持ちだからと納得です。

衆愚政治。この言葉を偉そうに使える私でもないことも承知の上で、
まさに衆愚政治がこのような人を担ぎ上げるのですね。
中身がなくても、パフォーマンス上手にまくしたてることで
内容の薄さをカバーできる現実ですね。

もっと言葉に実や見識が備わった人が党を代表する人でなければ・・・、
と書きながら、民主党以来の歴代の惨状を思えば、この人が
この党の代表選に出て来て当たり前かと納得するのですから、
政治家の劣化はこの民進党において顕著なものだと言えるのですね。

やはり、蓮舫さん、
人の事は言えないです。
貴女も、どう見ても政治家として、つまらない女ですよ。
たしかに口の良くまめる事では、ユニークでありますが。
[ 2016/08/25 17:49 ] [ 編集 ]
ネットで拾いました。
鳥越俊太郎
(全般省略)蓮舫さんはどうやら日本語の選択を間違ったようです。
「ユーモアのない真面目さ」を表現したいのならもっと別の言葉使いがあったはずですよね。「本当につまらない男」はないよね!
こういう日本語のセンスのない人物が代表になって民進党は大丈夫か?そう思った人は少なからずいたと思うよ!
皆さん,どう思います?


毎日新聞 リード
民進 代表選 蓮舫氏と前原氏 大物対決に



こういう存在も日本の現実です・・・。
[ 2016/08/25 17:58 ] [ 編集 ]
「アホ牝鶏の晨するは亡国の音」
戦後の自民党総裁を俯瞰すればゴミ奴も居ますがそれなりの御人も散見する
ことができます。 大平正芳なんざ、あぁ~、うっぅ~、と言語朦朧、意味不明の
極みでありました。 若かりし私めはこの醜態が不快でたまらず、大平でも勤
まる政治家そのものを強く嫌悪し侮蔑した記憶があります。

しかし、日下先生の著書で大平はそれなりに評価されておりまして、「人間
は自分の器以上の物事は理解できんものじゃわい」と少し反省しています。

いっぽう民主党といえば、出てくる奴が全てゴミと言うより災いの種か痴呆の
極み。 まさに「民辛党の代表と申しし人のありさま、伝え承るこそ心も詞も
及ばれね」でございますわいw~

廉四、「空の樽ほどよく鳴る」の見本ですが「鶏肋」なのかもしれません。
民辛党の鼠賊を率いてドツボに落っこちるハーメルンの笛吹を演じて
くれるとすれば、まさに鶏肋といえましょう。 (ワクテカ)
[ 2016/08/25 20:14 ] [ 編集 ]
「政治家」の答弁としてはアウト
「政治家」の答弁としては完全にアウトですね。といっても、蓮舫など、政治家以前のレベルですけど。

政治家は、批判や避難をかわすために「本音」とは逆の「建前」を駆使する事も必要なのですがね。

例えば、本音では「核武装したい」と思っていても、国際政治の場では「核武装はしない」と言わなければならない事も多いのです(ただし、「核武装はしない」というのは、「現在はしない」という意味で、「未来永劫、絶対核武装をしない」という意味ではありません)。

「韓国」や「北朝鮮」、「支那」などとも表向きは「友好」と主張する必要もありますが、勿論それも建前です(もちろん本音は「離間」ですが)。

いきなり「反米」や「反支那」などは唱えられません。活動家や評論家が「反米」などと唱えるのは勝手ですが、政治家がそういった答弁をした場合、国際的な非難などを食らう可能性もある為、表向きは「親米」、「親支那」を唱える必要があるのだろうと思います。

要するに、明確に否定はしないが、完全な肯定もしないという「曖昧」な答弁も時には必要になるという事です。

その点、蓮舫は、現代表である岡田代表を「つまらない男(本当につまらない男ですけど)」などと、「本音」の発言をしてしまっている為、政治的にアウトだろうと思います。

仮にも、岡田代表は党内選挙で選ばれた「現代表」であり、蓮舫は執行役員という責任ある立場であるにもかかわらず、たとえ建前であっても「岡田代表には、もう少し色を出せるように頑張ってほしい」と、党代表を応援する答弁をするべきなのに、「つまらない男」などと否定的な見解を見せる時点で、執行役員として無責任だろうと思いますね。

まあ、党内内ゲバといえばそうかもしれませんけど。党全体が一切まとまりが無く、ただ単に「反日」というイデオロギーで、かろうじて結束を保っているだけなのですから、仕方が無いと言えば仕方が無いですね。

こんな人物では、党の代表になっても、党内からは一切期待されないだろうと思います。それどころか再び内ゲバになるかどうか。

いずれにせよ、民進党は人材不足に乗せて、党内の派閥利権と議員の自己保身により、内ゲバ的体質がある身に出てきて、党内の結束力すらも無くなりつつある、ただの「烏合の衆」と成り果ててきたのだろうと思いますね。

こんな集団は早く政界からいなくなるべきだろうと思いますね。こんな集団にも税金が使われているだけでも腹立たしいです。
[ 2016/08/25 21:43 ] [ 編集 ]
大平総理の思い出
末田先任軍曹殿

大平総理、懐かしいですね。私も「あ~、う~」が苦手で、ただの鈍牛にしか見えませんでしたけれども、大平総理の答弁はあ~う~を除くと、恐ろしく論理的だったそうで。私のような凡俗を遠ざく、玄人受けのする首相でしたね。

蔵書八千冊、大変な読書家であり、文章も巧みでした。今の町場のチンピラ、キャバクラのお姉ちゃん並の政治家なんて8冊も読んでるかどうか、彼の懐の深さは膨大な勉強量に裏打ちされたものでした。

熱心なクリスチャン(聖公会)でしたが、大平首相は総理在任中にちゃんと靖国神社に参拝してますね。靖国神社は個人の信仰の問題ではなく、総理として英霊に向き合う場だと理解していたのでしょう。その辺り、あの人はまことに筋が良いのです。

ハーメルンの笛吹き女ですか? 鼠族を全滅させてくれたら高額の報酬を払いまっせ。もっともあのユニークな女、本人が富士山から飛び降りる気持ちとか言ってたな。(笑)

富士山頂からR4を先頭に民進党議員の集団滑落ねえ。ぞっとする光景ではありませんが、見ないことにしておきましょう。

[ 2016/08/25 22:14 ] [ 編集 ]
反日連邦 下品に悪態 揚げ足とれば勝ち誇り
もっと詰まらない下品な集団にするぞ宣言です。
[ 2016/08/26 00:18 ] [ 編集 ]
帰化ともしかしたら背乗りの闘い。
しょせん民進党(偽)は、選挙互助会、誰がなってもクズはクズ、岡田屋さんは、日本一のブラック企業岡田屋の一族、そんなクズ集団が、何か言っても無意味です、早く分裂しますように願います。
[ 2016/08/28 19:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: