私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  鳥越、またも討論から逃亡 ~ それでも「ハッキリ言ってこの選挙は勝てると思っている」と放言するお目出度さ

鳥越、またも討論から逃亡 ~ それでも「ハッキリ言ってこの選挙は勝てると思っている」と放言するお目出度さ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 東京都知事選投票日前の最後の日曜日。候補者としては、自分の政策を広く訴えるために、時間と場所を問わず、あらゆる機会を利用する日である。そんな日曜日の夜にドワンゴなど4社が企画した「東京都知事選 2016 候補者ネット討論」を、鳥越俊太郎はまたも欠席した。討論には急遽、上杉隆が呼ばれ、増田、小池に山口敏夫、中川暢三を加えた5候補で議論が進行した。

鳥越がネット討論から逃亡


 冒頭、司会の草野剛氏が、「鳥越さん、大変残念なんですけども、大変残念なんですが、『日程の調整がつかない』ということで、日曜日の9時45分、21時45分に、ご用事がおありということでですね、ご欠席となりますので...」と嫌味をかまし、鳥越の逃亡をあてこすった。そのころ鳥越は八王子で個人演説会を開き、動員されたであろう聴衆を前に、民進党の菅直人、山尾ガソプリ、福島瑞穂らと自己満足に浸っていたようだ。


 動員された聴衆より、視聴者がネット経由で集まる討論会のほうが、政策を訴えるには都合が良いはずだ。しかし、都政も政策も語れない候補者にとっては、討論こそ都合が悪いものなのだろう。鳥越のこの行動パターンはネットに限ったものではない。まず、報道2001の討論をドタキャンし、ヒンシュクを買った。ワイドショーには出演したが、小池候補へ「ガンサバイバー差別」を抗議をしたぐらいで、討論とは呼べないものだった。バンキシャにも出演したらしいが、私は見ていないので詳しく知らない。そして、日曜日のネット討論欠席ときた。

 鳥越陣営の言い訳は「日程が詰まっている」というものだったが、以前から指摘している通り、鳥越は小池、増田両候補に比べて遊説の回数が圧倒的に少ない。言い訳としては、全くもって説得力に欠ける。自身の露出を少しでも多くし、票を取りに行くというのが候補者にとって普通の行動だと思うのだが、鳥越は公の電波やネットでの露出が、自分にとって負の効果をもたらすことを知っているのではないか。

 とは言いながらも、鳥越自身は自信満々のご様子である。日曜日に報道されたテレビのインタビューで、「無党派層を取りにいくなんて、そんなことは考えていない。ハッキリ言ってこの選挙は勝てると思っている」と述べたそうだ。

鳥越俊太郎


 この自信がどこから来るのかさっぱりわからないが、無党派層を重視せず、民共合作の票だけで当選できると思っているなら、あまりにお目出度過ぎる。ネットでは「無党派層切り捨て」と話題になっているようで、好き好んで日を追うごとに敵を増やしているとしか思えない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2016/07/26 07:14 ] 政治 | TB(0) | CM(22)
他にネタはないのでしょうか?
管理人様

お疲れ様です。先日は返信いただきありがとうございました。

ところで最近、このブログでは「トリゴエガー、トリゴエガー」とばかりに鳥越某のことばかり記事になさっていますが、さすがにお腹いっぱいです。他に書くことはないのでしょうか?

もはや落選がほぼ確定している認知症老人のこと以外にも、支那南朝鮮など、保守ブロガーとして記事にしなければならないことはいっぱいあるはずです。そのあたり、お願いします。
[ 2016/07/26 07:32 ] [ 編集 ]
だって、鳥越ですものw
「言論の自由が侵されている。政治の圧力に違いない!」具体的には?と聴かれて、「勘」だと答えられる76才の”ジャーナリスト”ですよ?妄想勘違いは得意技だと思いますw

本人はTVに出る気でも周りが必死に止めている可能性もあるのでは?

みずほ氏は小池さんを「女装したタカ派の男性」と演説したと。
民侵党だったかの女性議員は「キスぐらいじゃ事件性は無い」と言ったとか?
まあまあ同じ女性が言う言葉か?と女装狸狐に言いたくなりますが、(狐狸には謝ります)これでよくも「人権」だの「差別」だのと吠えられるモノです。
これらみ~んな鳥越陣営。

ガソリーヌも恥ずかしげもなく公衆の面前に何度でも出てこれますねえ。本人には”無かった事”になっているのかな?民侵らしくw。
[ 2016/07/26 08:09 ] [ 編集 ]
次の着眼点は・・・。
コミュニケーター氏の指摘を拝見しましたが、今は、都知事選の話題に目が向くのも仕方のないことかと感じてはいます。

候補者21名、専らそのうちの3名だけがフューチャーされています。勿論21名全員について知りませんし、そこまでの関心もありません。

しかし、「エコドライブ日記」さんがアップされている政見放送の画像を視て愕然としました。どう考えても正気とは思えない人間が立候補し、意味不明な言葉を吐く。そしてそれが「権利」として手厚く保障されている。

民主主義は、民主主義を否定するものも許容する矛盾に満ちた制度で、その脆弱さ、恐ろしさを改めて感じました。

軍事力で露骨に領土拡大を謀る中国、それに媚びを売る国々。国防最前線の自衛隊員の危険度は急速に高まっている。大震災への対応も遅れている。
等々、考えたとき、屑人間のことで時間を無駄にしていてもいかんなと・・・。

難問、課題山積ですね。

[ 2016/07/26 08:48 ] [ 編集 ]
ショートショート 『根回し-2』
「主席……日本の鳥が苦戦しているようですな」
「鳥? どの鳥だ? 鳩か?」
「いえ、ガンだと思ったらインコだった男の事です」
「ああ、あの男か……自分では鳳凰のつもりだったようだがな」
「このままでは計画が狂うのではありませんか?」
「いや、想定内だ」
「これは恐れ入りました、想定内ですか」
「ああ、あの男の下半身のだらしなさは聞き及んでいるし、脊椎反応するばかりで脳みそは糠床にもならないのは知っていたからな」
「では、何故、そのような男を候補に立たせたのでございますか?」
「話題づくりだよ」
「話題? そうでなくとも首都の首長を決める選挙ですから注目度は高かったのではありませんか?」
「いや、トンキンだけで話題になっても足らんからな、あの男を立たせれば全国的に話題になるだろう? その後もネタを落とし続けているようだからな、良くやってくれているよ」
「はあ……しかし、選挙の結果は目に見えているように思いますが……」
「知事選に入る直前、日本のマスコミの最大関心事はなんだった?」
「あ……ハーグの裁定でしたな」
「あの男のおかげで眼をそらすことが出来ているだろう?」
「恐れ入りました……しかし、それも今月一杯なのでは?」
「いや、もうしばらくは大丈夫だ、あの男、自分が当選してしかるべきだと未だに考えているようだからな、選挙が終わっても見苦しくわめき散らしてくれるだろうよ」
「その間に軍事施設の建設を急ぐのですな?……功に報いねばなりませんな」
「報いる? 冗談だろう? あの男と我が国の密約を知られるわけにはいかんし、無能な男を取り立てるポストも無いさ、力尽きたら入院させろ、その後は……わかっているな?」
「承知いたしました……しかし、哀れございますな、キジも鳴かずば撃たれなかったものを……」
[ 2016/07/26 09:27 ] [ 編集 ]
私見ですが、管理人様は都知事選が終わるまで頑張られると思います。

意識的にされている事で、内外に他の問題があることは当然ご承知の上で、それでも倒さねばガラクタ野党の思いのままになる危険性を思って居られる、と推測致します。
[ 2016/07/26 09:29 ] [ 編集 ]
ST様 その主席の国の野戦司令官を勝手に名乗った鬼瓦もタマには思い出して下さっても良いのですよ~w
[ 2016/07/26 09:43 ] [ 編集 ]
ブログとは、他人に注文されて書くものではないですよね。
「鳥越マンセー!」なんて書いているのならいざ知らず
どんなことを話題にするかは、そのブログ主さんの自由じゃないですか?
[ 2016/07/26 10:28 ] [ 編集 ]
こはる様
いますね~、確かに。
私の頭の中からはほぼ消えかかっていました(笑)
[ 2016/07/26 10:53 ] [ 編集 ]
Re: 他にネタはないのでしょうか?
コミュニケーターさま

先日はどうもでした。
確かに管理人自身も、鳥越に関しては食傷気味なのですよww
仰る通り、他に書くべきことはあるでしょう。
ただ、選挙というものは勝負です。(自分が勝負しているわけではありませんが。)
いつもご訪問いただく読者の方々以外に、検索で引っかかって偶然訪問いただいた方に、鳥越の本性を知っていただくことも必要だと、私は考えています。
[ 2016/07/26 11:44 ] [ 編集 ]
都知事選とは言え、日本のために
コミュニケーター様が、もう食傷気味だと思われるのもわかるのですが、
管理人様のお気持ちは、鳥越が都知事になることは東京都だけの問題では
なく日本全体に係わる問題だという危機意識が強く表れての
毎日の記事となるのだと思っております。
また、バランス感覚をお持ちの管理人様ですから、ある程度の頃合いを
計ってあるのかもしれませんが、
何しろ、皆様がよくここで話題にされる蓮舫や何とか太郎が選出される
東京ですから、最後まで予断は許さないと思われてのことかもしれません。

以上、忖度したものと同様の思いから、都民でない私も鳥越の記事が出れば、
小池候補の当選を祈念する気持ちのままにコメント下手でも何でも
とにかく毎回、投稿しようとしています。

当然、小池百合子の危うさの一つは、自民党の高度人材を取り入れる政策を
掲げる筆頭であり、それが移民政策と何ら変わりのない結果に繋がると
指摘されるところにあります。
しかし、ネット民が主体となって拡散され、
小池百合子の応援団となっている以上、増田候補のような
都連のボスたちとの馴れ合いで第二の舛添になる恐れがある人物よりは、
耳を傾ける度合いははるかに高く、多少のゴタゴタを乗り越えた先に、
東京都の顔として明るく、風通しの良いものとなると思われるのです。

政治とは、全てが思いのままに動くことはなく、利害調整や優先順位等で
如何に都民の意思を吸い上げるかでしょうが、鳥越が選ばれる最悪の
状態を避けて欲しいと思うのは、先日も書きましたが、東京都の翁長に
ならないためのベターな選択が小池百合子氏となるのです。

ところで、選挙演説と言えば、YouTubeで小池百合子氏に次ぎ、
桜井誠氏の演説を数多く見ていることになります。
聴衆の心を掴み、真に心に響いてくるものがあることで
桜井誠氏の演説は秀逸だと思います。
左翼によりレッテル貼りをされたあのレイシストがと
偏見を持たれている方、またそもそもをご存じない方も
いらっしゃると思います。
誰も言えなかったタブーに切り込む勇気と真っ当至極な
日本人のための内容をもって語りかける真摯さは圧巻です。
しかし、心情的に強く同意するところはあっても、
その表現方法に参加は出来ないのが私の限界です。

このことは、如何にこうしてコメントするだけで何ら行動しない者では、
鳥越を糾弾する資格はあるのかと忸怩たる思いが常にまとわりつくことに
繋がります。
政治的なサークルには入れず、それでも書かずにはいられないのも
素直な気持ちですが。

一方で、ネット工作員を60万人余りも擁すると言われる韓国があり、
中国はもっと膨大な数で情報戦を戦っている現実は見過ごせません。
高山正之氏曰く「世界は腹黒い」は、まさにその通りです。

話は桜井誠氏に戻ります。当然に、マスコミは彼をスルーします。
正直、ひいてしまう言葉のづかいの過激さはあっても
彼にどの程度、票が集まるのかは、別の意味で注視しています。
但し、現実政治を少しずつでも変えようとする小池百合子氏に
賭ける者としては小池氏の糾弾はいただけません。

しかし私如きでも敢然として言えることは、
似非平和主義、9条守護者の鳥越のようなソフトな見せかけで、
従軍慰安婦問題にしても、拉致被害者問題にしても
長年、日本を苦しめてきたその言動は言うに及ばず、
日本を分断、解体に繋がる者達の支援を受ける鳥越の害毒こそ
日本にとって危険そのものだということです。
[ 2016/07/26 12:34 ] [ 編集 ]
天王山
はっきり言いまして、今週ちょっとした事でこの東京都知事候補者の誰が都知事となっても不思議ではありません。

先ず大前提として自民党支持者が割れているという事です。
この割れた自民党支持者のバランスとさよくの全面バックアップの鳥越俊太郎との関係での無党派層の票との関係です。

ここで自民党組織票は増田寛也を要求されています。
鳥越俊太郎は全さよくの支持ですが、宇都宮健児支持者の離反が有るようです。
小池百合子に至っては自民党に反発する自民党支持者、基本無党派層を頼りにしています。

どの候補者にしても無党派層の動向次第と思っているでしょう。

そこでこの様な政治ブログで桜井誠をイチオシする声が有りますが、大きく言えば保守層の票を割る働きしかしないでしょう。
但し、自分の見立てではこの人物がメジャーとなることは仮に日中戦争が起こるレベルの事でもがなければ今後もなく、100万票が動く今選挙にも大きな影響は無いと見ています。
ではありますが、正論と思えるものを主張する一面は評価してはいます。
(そしてその証明の為にどれほど桜井誠に票が入るかには注目しています)

ここで一番重要な事は何時もの事ではありますが、よりマシな候補者を当選させるという事でしょう。
であるならば都政が目的ではなく国の安全保障を阻害すると思われる安倍政権倒閣運動を目的としたとしか思えないコメントを連発している鳥越俊太郎の当選だけは阻止すべしというのが論理的帰結だと思うのですが、一部頭の悪いマニアが騒いでいます。
何故敢えてそう言うかは、桜井誠のカルト化が広く保守層にとりマイナスだと思うからです。

http://www.sankei.com/politics/news/160726/plt1607260005-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/160725/plt1607250004-n1.html

一度都知事ともなれば、議会なども有りますがやはりインサイダーにさよく応援団もいるわけですからさよく政策を推し進める事は間違いありません。

韓国への日本国政府が10億円出金するという「慰安婦問題」も近づいていますし、また大きな問題である「南シナ海での中国の動き」など他の題材は有りますが、今週「東京都知事選」で鳥越が存在感を持っている以上コメントは必要ではないかと思います。

http://www.sankei.com/politics/news/160726/plt1607260002-n1.html

[ 2016/07/26 12:38 ] [ 編集 ]
みむめも
今、投稿して管理人様のコメントを拝見しました。
直後の私のコメントは、ちょっと間が抜けたものとなりました。

まあ、私らしいですが。(笑)
[ 2016/07/26 12:38 ] [ 編集 ]
懸念材料
管理人様の直後が私のコメントではなく
その前にNP様が投稿されていました。

NP様が桜井氏に触れてあることにも驚きました。
恐れられることは尤もだと思います。

まだお勧めのリンク先を拝見したわけではないのですが、
私なりに桜井氏の意志とは離れて、悪用され広がることの懸念です。
いわゆるヘイトスピーチ法案が成立したことの遠因をたどれば・・・。

謀略戦にかけては、歴史上中国の手にまんまと落ちた日本でもあります。
国内の状況は全て他国が監視し、国内の者、それも国会議員とですら呼応して
日本を窮地に追い込みます。
ですから、都知事選も投票権はなくとも東京都民だけの選挙ではないと
言えるのですが。
[ 2016/07/26 12:54 ] [ 編集 ]
訂正します
私の方がNP様の投稿より先になっていました。
慌てて投稿しようとすると見間違います。

どこをどう見たのか、いよいよ頭から眼も可笑しくなっております(笑)
いちいち訂正しなくても良いと思うのですが、性分ですね。

ともかく、失礼しました。
[ 2016/07/26 13:06 ] [ 編集 ]
鳥越だけは当選させたら都民の恥です。都民は左翼、在日の餌食になります。もう おなか一杯なる御仁はどなた?
[ 2016/07/26 18:09 ] [ 編集 ]
嫌いですって
鳥ガラの著書に「親父の出番」というのがあって、その中に「嫌いなものは巨人、自民党、東京」だと明確に記してあるそうです。
ネットから拾っちゃった。

東京が嫌いだから東京の大学は選ばず京大へ進学。ともあるようで、だったら何故東京都内で就職して、あろう事か今東京都知事になろうとするのでしょうか?
お住まいも杉並区の阿佐谷でしたっけ?
副都心新宿から各駅停車でも30分内の大都心に、嫌いながら生活するのは大変不幸な人世でしょうね。

今この者が演説するのは「強いモノが嫌い。強い側には立たない」のだそうで、「弱者の味方」が旗印。
マスコミ志望のおぼこい若い女子学生にマスコミ業界で名前だけは知られた62才の「オトナ」が、変態的説教しながら淫行に及ぶのは悪い強者の仕業では無いのか?

第一嫌いな東京の知事になって、都民の為に何をする?
離島は運送費で物価が高い故消費税は5%に、国に働きかける?
都心から250キロ圏内の原発廃止?都知事の権限で?
非核宣言?各地の街で既にしている事ではないのか?

嫌いで前向きな建設的な都政が出来るとはとても無理な相談でしょう。
そんな鳥越の後ろには、何が何でも13兆円の都政を取りたいガラクタ野党がもれなくついてきます。
[ 2016/07/26 18:59 ] [ 編集 ]
有権者を舐めすぎ
そもそも、党首討論会にも出て来ないのは何故なのか。

他の候補者との政策討論もしなければ、自身の政策の問題点が分からない上に、自身の支持層以外の有権者を説得できるわけも無く、自身の固定支持層以外の票を取りに行く事などできるわけが無い。

それで選挙に勝てると踏んでいるのだとしたら、鳥越は有権者を舐め過ぎているのではないか。有権者も鳥越に馬鹿にされている感じがして、気分が悪くなる。

正直、鳥越は無理してまで都知事選に出馬する必要など無かったのではないか。

それならば、まだ宇都宮の方が、都政に有害ではあるが、都知事立候補者としての責務を果たそうとしていたと思う。

野党もそうだが、人材不足が深刻で、こんな「低レベル」候補者しか擁立できないのだとしたら、野党を支持している層も見放していくだろうと思う。

与野党ともに人材不足が深刻なのが、国政、都政の最大の問題点なのかもしれませんね。


[ 2016/07/26 20:35 ] [ 編集 ]
戦いの終わり
鳥越が大島の消費税を半減するって?一体、何の権限があって、と突っ込みを入れるのさえ空しく、笑う元気さえ起こらない。しょせんは政治的白痴の言うこと。
左翼連合の強力な推薦のあるはずが、今や鳥越は個人的に泡沫候補に成り果ててしまった。前回の宇都宮氏の得票以下ということで、レベル的には十分でしょう。

選挙戦が始まって遅くとも三日目には確信しました。この選挙は小池さんの勝ちです。

増田候補?あれだけ華のない人も珍しい。この大東京でまったく個人的な集票力がなくて、地味ん党の組織力だけで選挙に勝てるとでも。

東京人の軽佻浮華ぶりを舐めるではない。

[ 2016/07/26 23:35 ] [ 編集 ]
軽佻浮薄の極意w
都民は選挙も遊ぶ傾向があって、人気投票もそんなに悪いとは思ってないのかも、と呆れながら感じるのですが、ならぬものはならぬのです!

菅官房長官に次いで安倍総理も増田氏応援にお出ましの様で、ここから選挙戦は本番です。
党内に於ける違法行為の処分は選挙後としても、違法行為をして押す候補者を応援なさるなら、安倍総理といえども「敵」です。

舛添の時に、心ならずも安倍総理は「舛添さんしかいないじゃないですか」と叫んで、あの始末。
今回の増田氏にも似たような文言で、如何に組織上の「義務」としても、そのあとに衆院選も控えているであろうことを思えば、そうそう伸晃の無能ぶりに振り回されるのも考えもの。

いろいろ小池氏への誹謗作戦をしている自民党ですが、他人をそうそう言える議員ばかりではなかろうに、自己を省みながらにしたほうがいいですよ、と言いたい。
[ 2016/07/27 00:15 ] [ 編集 ]
野辺の送り
今頃、お出ましになっても…。

私にはむしろ増田氏の野辺の送りに参加するように見えますが。惜しい人を亡くしました…チーン!

総裁だからしゃあないですが、心にあってもなくてもお悔やみ…じゃなかった、激励の言葉の一つもかけてやらねばなりませんのでね。

一代でビッグな企業を興したウチらの先輩は早々と社長を譲って会長に就任。事実上「院政」を敷いたのですが、上皇になるメリットは膨大な冠婚葬祭を天皇に押し付けられること。「治天の君」は宮中行事からフリーなのですよね。

今の陛下はけっしてそのようにはお考えにならないでしょうが。(汗)

[ 2016/07/27 00:43 ] [ 編集 ]
なんか、腹が立つ!
後白河法皇の様に法住寺でも作って差し上げなくっちゃ、院政も敷けません。
「生前退位」って誰がいうのでしょうね?およそご皇室に好意を抱く人間の言葉ではありません。
「譲位」と云え!無礼者が!


自民党は増田氏総決起大会だそうで、駆けつけた石原パパの「おことば」のひどいこと。
人様を言う前にバカ息子を少しは導くべし!

選挙戦が始まった時から小池女史を「厚化粧」と、だから何?としか言えない誹謗をしていましたが、今回も以下同文だったとか。
人前に出る職業で年取るほどに女性は厚化粧になるのがフツー。
どうせ素っぴんで出たら「化物か?」ぐらいは言うでしょうに。
政界には小池女史程度のお化粧はザラでしょう。もっとすごいのもチラホラ居るし・・・
まあ、小池氏は上手にはなったほうがいいなあ、とは思いますがそれも余計なお世話ではあります。
[ 2016/07/27 01:12 ] [ 編集 ]
政治を大きく考える度量を持った政治家を待望
今、チャンネル桜の動画で、小池百合子氏の演説を聴いていて
応援の若狭勝氏が唇を噛みしめながら訴える場面がありました。

【都知事選2016】7.26小池ゆりこ候補、
練馬駐屯地前・十条での訴え[桜H28/7/26]
 https://www.youtube.com/watch?v=kewfUrTBtys

増田候補の応援に駆け付けた石原慎太郎が、
「大年増の厚化粧の女に都政は任せられない」と言ったことに
どうにも我慢ならないと悔しさをにじませながらのお話でした。

石原慎太郎の晩節を穢す親馬鹿ぶりに「老いたり」と
一言では済ませられないほどの言葉の暴力を放っています。
世間に顔を晒すには、すでに刻限が迫っていると思わせる
とんでもない侮辱発言でした。

過去の輝かしい業績も一瞬にしてかき消してしまう
負の言葉を軽々にです。
そこら辺のあんちゃんが言ったのではない、
長期にわたり都知事を務めた人の言う言葉かと誰もが思い、
特に女性はそう思うものです。

社会で多くの女性が味わって来た辛いところをえぐって
増田候補の応援となると思うのか。
馬鹿だな、石原慎太郎。
次世代の党に集まった日本を思う若い人たちの志に
どれ程感激し、喜んだかを杉田水脈氏が語っていたことを
思い出すのに。フアンでもあったのに。
折角、日本の為に働いて来た歳月をみすみす自ら叩き壊して何とする。

いよいよ、親子して沈没ですね。
内田&伸晃の都連二人三脚は、足がもつれて体勢立て直しも
ままならないところに石原慎太郎が自爆用の砲弾を
撃ち込んでしまいました。

安倍さん、不用意に救済の手を差し伸べては、
都民、国民の怒りがそちらへ向かいますよ。
自民党の総裁だからと言って、政治だからと言って、
街頭での舛添応援を再現させては都民や国民が離れて行きますよ。
上手く逃げて。

そうしないと内田&伸晃に慎太郎が乗り込んだ泥舟と一緒に
沈んでしまっては、日本再興の道を閉ざしてしまいます。
それでも政治の力学が介在するのでしょうか。

安倍さんに代わって日本の外交を任せられる人はいないのですから。
端的に申せば、プーチンと対等に渡り合える政治家が
日本にいますかと言う話ですから。

どうぞ、FACEBOOKの発信だけで留めてください。

後は、安倍さんが小池百合子氏と大きく政治を執り行ってくださいませ。
[ 2016/07/27 02:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: