私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  「病み上がりの人」に文句があるなら、鳥越は小池、増田以上の遊説をこなしてみよ

「病み上がりの人」に文句があるなら、鳥越は小池、増田以上の遊説をこなしてみよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 高須クリニックの高須克弥院長が、都知事選に出馬している鳥越俊太郎を「認知症」と判断したそうである。


 このツイートには鳥越シンパ等々から批判も多いようだが、「3月...いや、4月31日には・・・」などと公衆の面前で言ってしまえば、ガンだけでなく脳への疑念もあながち排除できない。

 日曜日の報道2001出演をドタキャンしたその鳥越だが、昨日のフジテレビのバラエティ番組「バイキング」には出演したそうだ。報道2001は政治を真正面から捉えようとする番組だから、番組視聴者を騙しにくいが、昼のバラエティならなんとか「自分でも持つ」と考えたのだろう。しかし、ネットで最も話題となっているのは、政策の話ではなく、鳥越が小池氏に対してキレたという話だ。具体的には、小池氏が秋葉原の街頭演説で、「この人なら勝てると言って、政策も何もない人、病み上がりの人をただ連れてくればいいというものではないんです」と発言していたことに対してキレた部分である。

小池百合子、鳥越


 鳥越は小池氏の発言に「がんサバイバーに対する大変な差別ですよ、偏見だ」とかみついているのだが、普通のガン経験者と鳥越を同列に語ること自体がナンセンスである。今、問われているのは、鳥越が都知事となったとき、都知事の激務に耐える体力があるかであり、もっと突き詰めて言えば、任期を全うすることが可能か、ということなのだ。「差別」という言葉は便利なものだが、これは差別ではなく現実的な問いである。そもそも、公人もしくはそのノミニーがこのくらいの発言で「差別」などと言い出したら、安倍総理など差別されまくっているということになる。安倍総理の潰瘍性大腸炎を揶揄した鳥越本人が言えたセリフではない。

 この情けない都知事候補者の演説を聞いていると、専ら自分の若さを押し売りすることがパターン化している。渋谷では、「私は18歳」と、笑えない冗談を、臆面なく語っていた。若いなら、若いなりの行動力を示せばよいし、言葉をつっかえらせずに淀みなく喋ればよい。それができないなら、若さのアピールなど無意味であり、ただの自己満足だ。

 もし、鳥越が自分が若く、がんサバイバーでも立派に都知事の職務を全うできることを証明したければ、小池、増田両候補者以上の街頭演説をこなし、万全な体力をアピールすればよいだけの話である。「今日は森(進一)さんが来てるよ~」と1分も語らずに他人にマイクを渡し、都民の前から逃亡するようなことを平気でやれば、政策のなさとともに健康面の不安を取り沙汰されても文句は言えまい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2016/07/20 07:13 ] 政治 | TB(0) | CM(18)
言論稚拙の日本人
いい記事でした。
それにしても、日本人の言論の拙さには毎度のことながら愕然としますね。
小池候補にはせっかく目の前に鳥越トンチンカン候補がいるのだから、論理的具体的に、つまり管理人さんのこの記事内容を、そのまんま話してほしいものだと思いました。失礼しましたなどと謝罪する必要はありません。とりあえず謝ってその場を凌ぐ我が国民の習い性が政治家外交官にまで及んできていることに失望すること大です。
欧米人の言論の鋭さは望むべくもないのでしょうかね。鳥越ボケ老人は論外中の問題外ですが。
[ 2016/07/20 08:53 ] [ 編集 ]
安倍さんの難病を揶揄していた鳥
安倍さんが患った難病(当時)を揶揄していた鳥が
「病み上がり」発言にかみつくとは
ぱよちんてとことん厚顔無恥だな。
ぱよちんの脳細胞は都合の悪い発言を
なかったことのようにバッサリ削除できちゃうらしい。

しかし、これだけ必死にかみつくところを見ると
鳥にとって健康面の不安はイタイ部分に相違あるまい。
果たして真夏の選挙戦を乗り切れるか
23日か24日あたり病院へ担ぎ込まれてそのまま…なんてことになるかもね。
[ 2016/07/20 09:00 ] [ 編集 ]
左翼の人らしい
>政策も何もない人、病み上がりの人をただ連れてくればいい

本来なら「政策もない」に噛みついて論戦すべき。それが出来ないからってキレ芸とは?? 小池氏にはそこを突いてトドメを差して欲しかった。
[ 2016/07/20 09:06 ] [ 編集 ]
いやはや・・・。
鳥越が、

颯爽と演壇にあがり、(実は手を支えられてあがるのがやっと)
淀みなく政策を語り、(実は政策皆無)
各地で精力的に訴え、(実は1日1回がやっと)
聞く耳をもって、(実は人の話はすぐに遮る)
自慢のロマンスグレーで団塊左翼女子を虜にし、(実はかつら、増毛説あり)
冷静であれば、(実はすぐ激高)

当選するでしょうに・・・。


[ 2016/07/20 09:20 ] [ 編集 ]
鳥越に病み上がり発言を批判する資格はない
 ネットでは既に、鳥越氏が安倍総理の潰瘍性大腸炎を揶揄したことがブーメランとして拡散されているようです。安倍総理は、2012年に総理就任以来、特に初年度は、本当にこれが病み上がりの人間かと思わせるほど、精力的に国内の政務処理や被災地訪問、外国訪問等を繰り返していました。「病み上がりという言葉が差別だ」と主張できる資格のある人間は、安倍総理のような方を言うのであって、街頭演説もろくにこなせない鳥越氏には「病み上がり」発言を批判する資格はない。
[ 2016/07/20 09:51 ] [ 編集 ]
鳥越支持者は小池はすっとぼけて嘘ついたと叩いてますが
長い演説の一部を切り取って差別ニダってギャーギャー言われたら驚くし
忘れる事もありますよね

小池さん「この人なら勝てると言って政策も何もない人病み上がりの人をただただ連れて来れば良いと言うものではないんです」

これは鳥越と言うより野党批判だと思うんです
[ 2016/07/20 11:34 ] [ 編集 ]
鳥の足跡
認知症の足跡を残して行っています。
それもひとあし、ひとあしがくっきりと。

素人の私でさえ、一番最初の記者会見の昭和15年生まれの終戦時、
20歳と言った時から、これはおかしいと気づいたのですが、
多くのそうした患者を診ている高須委員長が判定されているのですから
まさしく認定。

この症状は加速します。本人はおやと不安に覚えるところから、
全く正常と思い込み、指摘した相手を攻撃に出るところへ。
いよいよ、あの場所この場所で、テレビが情報源の有権者の
誰の目にも明らかになるのに、既存のマスコミだけはいつまで
隠し続けるのでしょう。
有権者に正しい判断材料を与えないマスコミなど何の為にあるの?
存在価値なしです。

しかし、この状態にある人間をを大都市東京の首長に推すというのですから、
担ぎ上げた政党は、犯罪ものだと思います。鳥関連の鷺(詐欺)罪?
どう責任をとるのでしょうか。知らぬ存ぜぬで押し通す?

言うだけ無駄でした。民進党、共産党、あとエトセトラの皆様には。

[ 2016/07/20 11:48 ] [ 編集 ]
いつもながらの訂正
いよいよ、あの場所この場所で、テレビが情報源の有権者の
誰の目にも明らかになるのに、既存のマスコミだけはいつまで
隠し続けるのでしょう。
     ↓
・・・あの場所この場所で誰の目にも明らかになるのに、
テレビが情報源の有権者に既存のマスコミだけは・・・
[ 2016/07/20 12:01 ] [ 編集 ]
直ぐ切れる老人は政治家に向かない
鳥越俊太郎はがん治療以外にも腰部脊柱管狭窄症の手術を以前しています。

http://sekichu-navi.net/sekichu-geinou/%E9%B3%A5%E8%B6%8A%E4%BF%8A%E5%A4%AA%E9%83%8E%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E6%89%8B%E8%A1%93/

だからと言ってこれだけで東京都知事選出馬の要件から外れるとは言いません。

ですが、病の後遺症、又継続治療があるのであればそれが激務の東京都知事と成って業務が恙なくこなせるのか?
という事に成ります。
前舛添都知事は変形性股関節症治療で人工股関節使用と成り、湯河原通いが話題と成ってしまいました。

小池百合子の発言「病み上がりの人を連れてきてどうするんだ」に対して、
鳥越俊太郎が「がんサバイバーへの差別、偏見だ」と語気を強めたという事です。

http://www.sankei.com/politics/news/160719/plt1607190046-n1.html

その病歴に関しては確かに「病み上がり」などの表現が適切だとは思えませんが、鳥越個人に対しての指摘に論理をすり替えるとでも言える『全がん患者を相手を敵としたな』というような大上段に構えてのこの表現もまた中華人民共和国の軍幹部的発言で一歩間違うと過剰な恫喝とうつるのではないかと思えます。

何より、国政で主張するなり行う事を、いの一番に都政に持ち込み実現しようという事が都政に対して主張する中身の空疎さを表しているという事に尽きるように思いますし、重大な問題点だと思います。

http://www.sankei.com/politics/news/160720/plt1607200005-n1.html


https://www.google.co.jp/?gfe_rd=cr&ei=tpATVqWzFYfN8geCx4jIDw&gws_rd=ssl#q=%E3%81%84%E3%81%AE%E4%B8%80%E7%95%AA+%E6%84%8F%E5%91%B3

https://www.youtube.com/watch?v=zuSUTrSzd3A
[ 2016/07/20 13:03 ] [ 編集 ]
「病み上がり」は事実の指摘
「病み上がり」というのは事実ではないですか。とりあえず陳謝した小池さんはお優しい。

「死に損ない」と言ったのなら、侮辱罪に問われるでしょうが。(笑)

東京都知事は公人も公人、十数万の都職員の頂点に立つ権力者です。その候補者の健康面や資質を問われるのは当然のこと。何が癌サイバーだ、病気を何とか克服して駐輪場の管理人になるというならいざ知らず、一千万都民の生命を預かる都知事が健康体でなければ由々しき問題となります。

悔しかったら1日に6回以上、選挙演説をやってみろと私ならとどめを差してりますが、まあ、あんまりやると敬老精神に欠けるように視聴者から見えるかもしれないので。(笑)

八方美人、いや、違った、博愛主義者の小池さんのキャラじゃないかもしれませんね。

こういうのは中々難しくて、徹底的に相手を叩きのめす法廷での弁論とは違って、ふわっとした有権者を味方にするのが目的の発言ですからね。

そうは言っても、あの痴呆面を見ていると、木っ端微塵にやっつけてやりたい、法学部的な誘惑に駆られますなあ。
[ 2016/07/20 21:50 ] [ 編集 ]
鳥越氏の健康に問題があるのは事実
そもそも、鳥越氏の健康状態はかなり悪いほうだろうと思います。

癌は切除の手術を行っても再発する事が多いですし、実際、氏の癌の進行具合はステージ4で末期癌ですね(治療不可能な状態ではありませんが)。

そして、実際に氏の言動を見ていると、認知症か癌の影響なのか知りませんが、事実誤認と支離滅裂な言動が見受けられますし、時々顔面蒼白でボーッとした表情を見せています。

街頭演説でも、一日一回で、短時間(僅か1分程度)の演説しかしていませんし、どう考えても健康状態が最悪なのは誰の目を見ても明らかでしょう。

そんな病み上がりというか、現在進行形で病んでいる人物を態々立候補させる野党の対応は正気の沙汰ではありませんし、本人も都知事の激務に耐えられるとでも思っているのか知りませんけど、自分の寿命を縮めて、在職中に急死する可能性だってあります。

小池氏の発言は、受け取り方が悪くなる可能性はあっても、別に「差別」というほどでもないでしょう。それ以前に、健康に非常に不安がある人物が立候補しようと思う方が異常なのですから。

安倍総理も難病を患っていますが、完治したのかどうかまでは定かではありませんが、総理の仕事に影響が出ないようになった後、総裁に立候補しているので、鳥越と同次元で語るのはおこがましいですね。

鳥越氏は、健康に不安があるのならば、自分の体の為にも立候補を取りやめて、まともな候補者に譲った方が良いですね。

でなければ、本当に在職中にポックリ逝きかねませんからね。

[ 2016/07/20 22:14 ] [ 編集 ]
「鳥越のセクハラ疑惑記事」が明日発売の文春に出ますね。面白くなりました。早速、お仲間の弁護士が告訴するらしいですけど。文春だって、馬鹿じゃないから、この時期にそんな記事出すのは、それなりの確信があってのことでしょう。どんなブーメランが返るのか。。あはは。
[ 2016/07/20 22:44 ] [ 編集 ]
認知症で82才の父に年齢を尋ねると、さばを読むなんて気持ちはさらさら無いのですが、何故か必ず「77歳」と答えます。
ぞろ目で言いやすいのかもしれませんが、主治医の先生がおっしゃるには
「その年に症状が悪化したのかもしれません」ということです。
「私は18歳」・・・えーっ?

と、冗談はさておき、認知症かそうでないかは検査しない限り推定でしかありませんから、決めつけは良くないと思います。
鳥越の場合、度重なる闘病により、本人がコントロール不可能なほど急激に老化してしまったように見えます。
私としては、以前にも書きましたが、いくら言うことを聞かないとはいえ今回の出馬を許してしまった家族が非常に腹立たしいです。
鳥越をかばう気持ちなど1㎜もありませんが、もう見たくないので、自分じゃ絶対に引かないだろうから、あんな姿をこれ以上晒すことのないよう、周りがなんとかしてやれと強く思います。
擁立した野党の面々はただの愚か者です。

それにしても週刊文春って、節操が無さ過ぎで、徹底的にアベ叩きの他紙の方が筋が通っているだけマシじゃないかとも思います。
[ 2016/07/21 00:42 ] [ 編集 ]
むしろ決めつけることで危険を避けたいのです
Y子様

都民でもない私が、長々と書くことに少々、
恥ずかしさを覚えますが、思いのままを書かせてくださいませ。

決めつけは良くないと思われること、尤もだと思います。

しかし、むしろ私は決めつけるべきだと思ったのです。
疑念から断定へのコメントしたのも、
高須クリニックの院長の判定が決め手となりました。

単なる市井の人への誹謗中傷ではありません。
公人となろうとする人には、それを阻止するべき
意見を言えるものだと思ったからです。

普段の生活は、検査を受けなれば病名は確定しないものですが、
今回は、都知事となる人を選出するのです。
認知症の疑念が払拭されないまま、万が一、選出された場合、
東京で突発的な災厄が起こった場合、瞬時の判断が出来ることには、
有力三候補のうち、一番遠い人がなってしまうことの恐ろしさです。
これだけは避けていただきたいのです。
緊急時の判断が出来ないことで、どれだけの被害が拡大するかも
想定できないものです。

たとえ、鳥越氏にあなたは認知症の疑いが濃いので
検査を受けてくださいと要望しても、受けはしないでしょう。
この病気は、本人はそうは思わないものです。
周りもひたすら、隠すためにも、そうさせはしないでしょう。
そう考えると、避けるべき人物には、有権者の厳しい判断を
お願いする意味でも、はっきりと断定すべきだと考えたのです。


そうした考えから行きますと、
明日、発売とされる文春記事には、怒りが再燃しているのです。
落選を意図した全くのデタラメ記事を書いて
青山繁晴氏から告発されているにも関わらず、
鳥越氏のスキャンダルは真実か否かはよそにして、
このタイミングで出して来た文春の懲りないというか、
犯罪的なビジネスのやり口に怒りを覚えるのです。

女性問題は認知症の問題とは、都知事としての資質を云々する際、
全く異にする問題だと私は考えるのです。
はっきり申せば、女性問題では、緊急時の判断には影響を及ぼしません。
東京都民の命の問題とは直結しません。

鳥越氏には、まともに討論も出来ない能力不足、身体的な不安、
自己PRに反して、ジャーナリストとしての取材もせずに書いた嘘記事等、
数々の失態をもって不適格としての落選であれば、納得するのです。

文春の記事によって、落選の憂き身にあったとの
ストーリーがまかり通っては、かないません。
[ 2016/07/21 02:01 ] [ 編集 ]
仕事ができるか?
結局、当選してもすぐ入院となれば、迷惑な話、また選挙中に倒れたらどうするのか?
健康がどうこうと、言いながら安倍総理は誹謗中傷する。
プロスポーツ選手でも、体力や年齢から潔く引退する方がいらっしゃるのに、醜悪な人間は権力にしがみつく。
絶望的です。
[ 2016/07/21 05:42 ] [ 編集 ]
主治医
雄鳥ガラ(雌は襟立てガラ)が癌で四回の手術をして居るなら、当然主治医は居るでしょうに、放置かい?
フツーはタオル投げ入れじゃあないのか?と思います。
ご家族の言うことは多分聞かない人でなのかも。
「私は人の言葉を聴く耳がある」そうですが、内と外では大違いタイプって居ますもの。
でなければ「どうでもイイ夫」だったりw
聴く耳、と言っても便利に編集して聞こえる場合が多そうですが。

この番組も見ては居りませんが後で知り、「病み上がり」に反応したのではなく、小池女史の「病み上がり」発言を利用して敵(小池女史)を「癌体験者差別」だと世間に広めたかったのだと思いました。
民侵の誰かが入れ知恵をつけたのでしょう。

この変態サヨク達には「差別」という言葉が異様に好まれますし、それで敵失になれば、現在トップを行くと報道される小池女史を落とせる、ぐらいの、まともな政策を言えない雄鳥ガラ陣営の下卑た戦法。

安倍総理の潰瘍性大腸炎だけではなく、保守系の議員さんの病には公に幾らでも揶揄していそうな連中です。

小池女史は上手にあしらったのではないでしょうか。
お昼の番組で真剣に選挙討論をしても意味がない、ぐらいの番組に合わせた元キャスターの勘所。
「他に質問はないんですか?」と返した切り口は流石です。(本当にバカだわねえ、の雰囲気を醸し出して居そうw。)

「癌サバイバーまでに広げた発言ではなく鳥越さんへの気遣いだ」と、未だ続く熱暑の中の体力を心配してあげているのよ~気配を残して、雄鳥ガラは敢えなく返り討ち。ではなかったか?と思います。

本人が自覚出来ないのが老人病の一面でしょうから、立てた民侵党が全責任負うべきでしょう。乗った共闘野党もヒダリに倣え。
[ 2016/07/21 06:06 ] [ 編集 ]
なつこ様
どうも私は最後のところで「なんか可哀想・・・」と思ってしまう甘ちゃんのようで、ダメですね。
戦いは、とどめを刺さなければ自分が危ないということを肝に銘じます。
[ 2016/07/21 10:17 ] [ 編集 ]
Y子様
いろんなお考えがあって、当然だと思います。

有権者でない者にとっても、東京都の知事選の行方は
単に東京都だけの問題ではなく日本全体の問題となり得ることで
気懸りです。
ひたすら、東京都民の皆様により良き選択をお願いしたいと
つい力が入るものです。
[ 2016/07/21 11:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: