私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  民主主義を否定する朝日新聞

民主主義を否定する朝日新聞

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日の朝起床し、すべてが判明した選挙結果を見て最初に思ったのは、「公明党の獲得議席が多すぎるな…」ということだった。自民党に寄生し、ただ与党というだけで、安倍政権の人気のお裾分けをちゃっかりもらって議席増。公明党には美味しすぎる選挙戦だったように思える。

 一方、野党第一党に寄生したかと思ったら、軒先から母屋にまで侵食しつつあるのが共産党だ。選挙結果を受け、共産党書記局長の小池はこう虚勢を張った。

「選挙戦で自民党は憲法のことをほとんど語らなかった。改憲に信任が得られたというのは許されない(認められない)」


 民共合作は、民進党には厳しい結果を、共産党には甘い結果をもたらした。「人を殺すための予算」で大ひんしゅくを買った共産党だが、終わってみれば議席を3つ積み上げた。民進党が共産党と今後も共闘を図るのであれば、民進党の共産党化がさらに進むのではないかと思われる。


 メディアとは勝手な商売だとつくずく思う。小池の発言にヒントを得たのか、安倍総理と自民党が憲法改正を全面に押し出さなかったことについて、自民は買ったが憲法改正は信任されていないという論調を繰り広げている。

自公が国政選4連勝 「後出し改憲」に信はない (朝日新聞)

 首相はまた、改憲案を最終的に承認するのは国民投票であることなどを指摘して「選挙で争点とすることは必ずしも必要ない」と説明した。

 それは違う。改正の論点を選挙で問い、そのうえで選ばれた議員によって幅広い合意形成を図る熟議があり、最終的に国民投票で承認する。これがあるべきプロセスだ。国会が発議するまで国民の意見は聞かなくていいというのであれば、やはり憲法は誰のものであるのかという根本をはき違えている。(中略)

 この選挙結果で、憲法改正に国民からゴーサインが出たとは決していえない。


 「改憲が選挙の争点だ」「改憲勢力が3分の2を取るか取らないかを注目」と、憲法改正を争点として、日々刷り込みに躍起だったのは、ほかならぬマスメディアである。民進や共産など野党も「憲法改正阻止」を前面に押し出し、そのことをメディアに吹聴し、自らも街頭で訴えてきたはずだ。それを「自民党が持ち出さないから信任なし」というのは、あまりにご都合主義が過ぎる。

 自民党は、国会が発議するまで国民の意見を聞かなくていいとは一言もいっておらず、事実上、党としての憲法草案を出しているのは自民党一党のみだから、既に党としての方針は明確にしているのだ。自民党の憲法草案を勇んで叩きまくってきたのは、朝日ら左派メディアや左派ジャーナリストたちである。草案をメディアに露出させたうえで散々叩き、その自民党が勝ったら「国民から信任はない」などというのは、一度出した争点を、結果によって引っ込めるという卑劣な行為だ。

 朝日らが大好きな現行憲法には、改正の発議要件がある。その発議要件に従って改正を国民に問うことすら否定するなら、朝日新聞は民主主義を否定する立場をとるということになる。朝日新聞がそのような立場を表明するなら、彼らは「国民主権」「立憲主義」などという白々しい言葉を金輪際使うべきではない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2016/07/12 07:14 ] メディア | TB(0) | CM(10)
疑心暗鬼のアカヒ
支那のプロパガンダ紙アカヒは疑心暗鬼を隠そうともしない。
そんなに心配しなくたって安倍政権が主導して憲法改正の発議をすることは
恐らくないだろう。
そもそも憲法調査会での議論が煮詰まらなければ、発議には至らない。
どの条項をどう改正するかすらまとまっておらず、まとまりそうな兆しすらないのだから。

国際法違反の占領憲法は閣議決定で破棄した上で、大日本帝国憲法の改正からやり直し、自主憲法を制定するのが正しい道筋だ。

こんな強行手段は安倍政権には到底無理なので、安倍さんには憲法改正より
靖國参拝の再開から手を付けてほしい。
首相として英霊の皆さんに歴史的な4連勝をじかに報告すべきだ。
[ 2016/07/12 10:24 ] [ 編集 ]
岡田も全く同じことゆーとりますw
[ 2016/07/12 11:11 ] [ 編集 ]
憲法改正を争点にしなかったの何のかんの言っても、そもそもそれは党是なのだから、自民党からしてみれば争点にする類いのものでは無いとも言える。
野党とその仲間達が大々的に「2/3とらせるな!」と訴えていたのだから、「市民が知らないところで黙ってコソコソしやがって!」というのも当たらないですよね。
自分達の訴えを誰も聞いていないと言っているようなもの。恥ずかしい・・・

憲法改正へ向けての正式な準備が始められるようになっただけで、どこをどう解釈したら「安倍政権が暴走して勝手に改憲してしまうぞ」になってしまうのでしょうか?
あっちの方々はホントに脳みそが左半分しか無いんじゃなかろうか?
(右脳・左脳は関係無しです)


こはる様 体調の程はいかがですか?二日酔いは寝てるに限りますです。
[ 2016/07/12 11:16 ] [ 編集 ]
9条だけに絞る
朝日新聞って、なぜか旭日旗を社旗にしているし
あれで戦前戦中は、ガンガン戦争を煽っていたかのだから
何を書いてあっても、まったく信用できない。

でも難しいですよね、どこをどう改正するのか、って。
昭和天皇が、あれでいいとおっしゃった日本国憲法だから。
自民党草案のようには、あんまり変えないほうが、よいのでは。
[ 2016/07/12 11:56 ] [ 編集 ]
日ここ も
今までは自民一党が草案を出していましたが、遅ればせながら「日本のこころを大切にする党」(なんて長いんだか)も、「たちあがれ」結党から6年間自主憲法草案の作業を続け、ようやくこの6月16日に「概要」を発表です。よろしく!

「改憲」「改憲」と大騒ぎして野党共闘と言いながら、共闘で一致している筈(なけりゃ大変だ!)の憲法草案は出さない、出せない。
バカ言ってンじゃないよレベルの、これが日本だ私の国だ、です。呆(分るかなあ?この歌)

マスコミも一応は「マスコミニケーション」を奉じる職業なら、ちょっとは外の状況を自分達の足で実地検証して見なさいよ、と言いたいですね。
共同通信社から、あるいは外国報道から貰って更に都合の悪いニュースは切り捨てる方法じゃあ、気が付いた時にはあとの祭。
ねっと国民の方が遙かに先を進んでいるわ。
よくまあこれでお給料を払う企業があるもんだ。

一般有権者の年齢を下げて、より広い年齢層で投票した選挙の結果を、「認めない」とか「民主主義は死んだ」とか「日本国民は民主主義を手放した」とか言ったTVお雇い弁士が居たそうですが、民主主義の一から聞きたいものです。


Y子様 ありがとうございます。久しぶりの二日酔いw。神経だけが立って眠れなかった様で、人世未熟者でした。はんせー。元気よ~

[ 2016/07/12 22:20 ] [ 編集 ]
国を守るのは憲法違反?
たらたら憲法論議をやっているうちに、いや、それさえ実質やらないうちに、尖閣列島、東シナ海、南シナ海の各方面は予断を許さない状況とあいなりました。

諸般の状況は日本の国会での改憲論議の煮詰まりなと、待っていてはくれません。

かくなる上は内閣の責任において必要なあらゆる安全保障上の措置を講じる他はないでしょう。場合によっては超憲法的な措置も必要かと。

「敵」を撃退した後で、勘弁してもらいましょうよ。追認的に憲法改正をする手もありまっせ。

いや、それもならん、あくまでも憲法違反だとブースカ騒ぐなら、国を守った上で憲法違反の罪でも何でも引き受けましょうぜ。ところで違憲の罪って何ですか?まさか、敵を我が国領空、領海から撃破した咎で殺人罪に問うとでも。

国家あっての民主主義であり、立法であり司法です。
国家非常の時に、そこまで訳のわからない事を言い続ける輩に対しては、私の覚悟はとうに出来ています。
[ 2016/07/12 22:53 ] [ 編集 ]
ジュバ退避救助
今日は流石に、南シナ海の中国主張否認裁定は各社報道して居ますね。

南スーダン・首都ジュバの戦闘で身動きが出来ない邦人退避の為に自衛隊が出動しました。
ジュバには入れないのでジブチから邦人輸送に尽力従事するそうで、トルコ政府援助があったイラン脱出時よりも緊迫した状況の様ですが、是非是非、皆様安全にご帰還されますように。
これも安倍政権でなければ、多分自民党政権であっても、未だにウロウロどうしたものか?何処に助けて貰おうか?でしたでしょうね。
[ 2016/07/13 00:12 ] [ 編集 ]
押しつけの 憲法守って 国ほろぶ
たとえ、現行と一字一句同じ結果になったとしても、憲法は作り直すべきだと考えます。日本人の手で作り変える行為が大事です。
もちろん、現行と同じになるはずはありませんが。
ただ、時間との競争になると、それは現実的ではなくて、中共シナの暴発・侵略に間に合わないことが予想されますね。
自衛隊は、国軍として位置付けしないと。それは、まともなアジア諸国も歓迎すると思います。
[ 2016/07/13 00:28 ] [ 編集 ]
こはる様
こはる様が元気じゃないと、なんだか私も乗ってきません。
いつもの「こはる節」全開でうれしいです。
[ 2016/07/13 10:30 ] [ 編集 ]
Y子様
いえいえ、こちらにはお若い女性軍(軍!だもんね)が居られて、だけれど慎ましく読者専門コースを選ばれている中で、読ませて戴くY子様のご意見はものすごく楽しく戴いて居ります。コレ 本当です。

先日、ばばあ、と言われたのよ!一応本人は保守だと言い張るんだけれど、序の口ね。
わたくしはババアという言葉は結構好きなんですよ。「熟女」の上ですもんね。これが「枯淡」と聞こえる調法な耳ですの。ほほほほほのほ

女性が生きてさえ居たら皆ババアになれるけれど、アヤツは逆立ちしてもなれないのよね~~~。
口惜しかったらなってみろ!と思いましたが、そこはホレ 猫十匹ほど被っておりますのを思いだし、いずれ君は悪たれジジイだわ、と自然の理を心で諭しました。
猫は暑いです。

負けようが負けようが、意地でも元気でいましょうぜイ!

[ 2016/07/13 18:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: