私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  民進党新CM、「憲法前文の朗読」という護憲ぶり

民進党新CM、「憲法前文の朗読」という護憲ぶり

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民進党が新しいCMを発表した。新CMは、岡田が語り掛ける「分かちあう」編と「間違っている」編、憲法前分を朗読する「日本国憲法前文」編(30秒、1分57秒)の3本だ。「分かちあう」編と「間違っている」編は論評することすらばかばかしいが、より醜悪なのは「日本国憲法前文」編だ。

新CM岡田代表「分かち合う」「間違っている」編、「日本国憲法前文」編発表 (民進党オフィシャル)

 「日本国憲法前文」編は6月28日よりインターネット広告、6月29日より街頭ビジョン(東京・大阪・名古屋・札幌・福岡)で展開。選挙が、わが国の崇高な理想と目的(国民主権、平和主義など)を達成するために、いかに根源的で、尊いものであるかを訴求する。約70年ぶりに公職選挙法が改正され、選挙権年齢を「18歳以上」に引き下げる歴史的な年に、改めて選挙の厳粛さと日本国憲法前文の素晴らしさを若者はもちろん世の中に問いかける内容になっている。

 18歳・19歳を中心に、実在する複数の若者がカメラの前に立ち、真剣な眼差しと表情で日本国憲法前文を順番に朗読していき、最後に民進党からのメッセージとして「未来をどうしたいですか。」と問いかける構成。(以上、抜粋)


minshin-cm-kenpo.jpg
 憲法前文の朗読に18歳と19歳の若者を使い、語り終わったところで「未来をどうしたいですか。」と問う。良い演出だとでも思っているのだろうが、党のロゴや政策を公募(政策は未遂)しようとした民進党の他人任せな態度が良く表れている。このCMを見て取れるのは、民進党が筋金入りの護憲政党であるということだ。CMはその宣言ととらえてよいだろう。

 民進党が総体として護憲であるということは間違いない。もっと正確に言えば、憲法に関しては寄せ集め故に結論が出ないが、反安部政権という共通の価値観で「護憲を押し出す」というまとまりができたのだと思われる。民共合作である以上、憲法改正などありえない。だが、このCMを見るにつけ、6月の前原の発言を思い出す。

民進党・前原誠司元外相、市民連合との政策協定合意「党の決定ではない」 (産経)

 民進党の前原誠司元外相は9日のBSフジ番組で、民進、共産、社民、生活の野党4党の幹部が7日に「野党統一候補」を支援する市民団体で構成する「市民連合」と、参院選に向けて「安全保障関連法廃止」などの政策協定で合意したことについて「合意したことを知らないし、党の決定ということではない」と述べた。(中略)

 野党各党の幹部と「市民連合」が、参院選に向けて「憲法改正の阻止」でも合意したことについては「どういう文脈か分からないのでコメントは差し控える」と述べるにとどめた。(以上、抜粋)


 民進党の参院選における最大のスローガンである「安全保障関連法廃止」ですら、党の代表まで務めたことがある前原は知らなかった。このCMは明らかに護憲だが、改憲派として知られる前原は、「憲法改正の阻止」での合意についても、コメントできなかった。つまり、民進党に一貫した政党としてのポリシーなどないのだ。あれだけニュースで取り沙汰された「安全保障関連法廃止」の合意について、「知らない」と言う前原の無責任さも、当然批判されるべきだ。だが、選挙にかかわる重要な方針が党内で共有されていなかった事実に、やはりこの党はバラバラなのだという認識を新たにする。

 バラバラの党に、機関決定もしていない統一候補。こんな者たちを当選させたら、国会はさらに混迷する。民進党という寄せ集め政党に、また更なる寄せ集めだ。これで選挙を戦うこと自体、不誠実極まりない。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2016/07/02 07:19 ] 政治 | TB(0) | CM(15)
今更占領憲法の本質、日本を進駐軍が統治し易くする為の政策、占領され易い国への政策お花畑化洗脳、日本国民の生存権の放棄たる憲法前文朗読とは思い掛けない返し技を受けた心境ですね。ネット上から拾って左翼流に此れは使えると判断して流用したか。

日本国憲法前文

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。

前文の精神にはカエルの楽園の本質が詰められて居る

平和を念願したとて平和は訪れない何故なら国際関係は一国では成り立たないからだ、お隣の国が領土欲丸出しで他人の国でも取ってしまえと思ってれば、念願したとて平和は訪れない事は馬鹿でも分かる筈だ。

我が国日本のお隣の国と云えば
世界でも冠たるファシズム的な領土欲丸出しの悪の枢軸国が蠢く情勢だが。
北方領土問題を抱え北方領土の軍事基地化を推し進めるロシア。 極東に配備された対空ミサイルS-400http://thutmose.blog.jp/archives/49272257.html
核恐喝、弾道ミサイル恫喝を生業とし我が国に工作員を派遣し国民を拉致し捲る専制的共産国家北朝鮮。
同じく日本へのタカリを生業とし竹島軍事占領と云う領土問題も含め数多き難題を抱え、憲法前文に反日を頂き反日を国是とする韓国。

最近では自衛隊機へのミサイルロックオン事件を起こし尖閣周辺領域、日本の領海に侵犯し捲る極悪の枢軸中共。

これ等の国の公正と信義を信頼して生存権を委託出来るでしょうか
これ等の国に平和妄想平和願望と云う武器では渡り合えない、全て生命まで奪われ征服されてしまうぞ。
憲法前文の精神とは殺されてしまえと云う事だ。

貴方はそんな自暴自棄な思いが有りますか?親兄弟、親類、友人知人、配偶者、子や孫をも含め死んでも良いと云う覚悟または願望が有りますか?少なくとも私はお断りです。

因みに朝鮮には古来信頼と云う概念は無い。多分シナと赤化後ロシアでもね。
信頼と云う概念の無い奴等を信頼せよとはトコトン馬鹿げてる出鱈目な憲法だ
[ 2016/07/02 08:07 ] [ 編集 ]
顔を見ればお察しw
この動画の人、メチャクチャ半島系の人相ですよね。
反日の連中の画像に見慣れている人は、当然お察しだと思いますが・・・
[ 2016/07/02 08:30 ] [ 編集 ]
眠りこけた欲惚けの連中+外患誘致の工作員 
見たくもない動画ですが、我慢してみました。

***
最後のフレーズ、
「未来をどうしたいですか」こちらが聞きたい。
更に最後の文字「民進党」
この文字には嫌悪するばかり。

「真実を見ない、見ん真党」とでも言おうか。
深く眠りこけて、真実を見ない政党。
共産党とでも手を組める政党。
政党と呼ぶのも汚らわしく思える。

政治の有り様の究極は、国家国民を守ることに尽きるのに、
日本国民をどうしようと思っているのだろう。
国家をなんだと思っているのだろう。

中国が尖閣に沖縄を領海侵犯、領空侵犯し、
更に進んで、戦闘態勢を取った現実は一切見ない。
これほど、あからさまに日本を奪いに来ている国があるというのに
命をかけたギリギリのところで自衛隊が対峙しているというのに。
ここまでねぼけた事を言う政党もどきが何を言うのか。

眠深党!
[ 2016/07/02 08:36 ] [ 編集 ]
偽民進党、社民党、共産党は、護憲政党でなく、違憲政党かつ破憲政党かつ壊憲政党です。
偽民進党、社民党、共産党は、護憲政党でなく、違憲政党かつ破憲政党かつ壊憲政党です。
-----

公明党、おおさか維新の会、日本を元気にする会は、日本国憲法違反や法令違反の公約を時々掲げていますが、公職選挙法違反の選挙運動をすることは余りなく、所轄警察所長許可なしデモ、韓国式路上等寝転がり道路等封鎖デモなどの道路交通法違反デモをすることはないと思います。

しかし、偽民進党、社民党、共産党は、日本国憲法違反や法令違反の公約ばかりを掲げており、公職選挙法違反の選挙運動をやりまくっており、所轄警察所長許可なしデモ、韓国式路上等寝転がり道路等封鎖デモなどの道路交通法違反デモをやりまくっています。つまり、偽民進党、社民党、共産党は、護憲政党でなく、違憲政党かつ破憲政党かつ壊憲政党です。
[ 2016/07/02 09:28 ] [ 編集 ]
お笑いお花畑様とかぶりますが
お笑いお花畑様とかぶりますが……。



『未来をどうしたいですか?……民進党』

「うん、よく出来たな、インパクトがあるCMだ」
「でも党首、前文を読み上げているのは日本国民じゃないのでは?」
「よく気づいたな、だが、それで良いんだ」
「それは、どうしてですか?」
「なぜって、彼らこそ日本の未来の担い手だからだよ」
[ 2016/07/02 09:50 ] [ 編集 ]
ST様 うまいっ!笑った後にゾッとしました。

この動画、あまりにも色々な顔がチラチラして、そっちの方ばかり気になって
肝心のしゃべっている(朗読ですかね?)内容がちっとも頭に入らない。
選挙に向けてのCMだったら失敗作ですよね。
民進党は何をしたいのか自分達にも分かりません宣言!なのなら傑作かも。

[ 2016/07/02 11:08 ] [ 編集 ]
記事はよんでないけど、この如何にも「半島人」って男、なんだよ?「日本死ね」とでもいってるのか?
[ 2016/07/02 11:55 ] [ 編集 ]
共産党による若者の取り込み
勿論、自民党が真正保守政党ではなく内部に反日政治家を抱えた『おおよそ保守政党』ではありますが、それでも今回の参院選では経済施策であるアベノミクスを批判しつつ、何より争点を『憲法九条』、『安全保障』に国民の危機感を煽るというプロパガンダ手法を用い『戦争法案』などと国民の目を反安倍政権に向けようとする護憲派、親中国、親韓国の野党である民・共そして社民党、生活の党と山本太郎となかまたち、沖縄社会大衆党とは大きく一線を画します。

自民党と安保法制で協力した公明党の自・公VSさよく・在日連合である民・共、社民、生活の党、沖縄社会大衆党(以下民・共など)との戦いです。
そこで公明党に於いては保守政党とは言えないのでしょうが、自民党の政策に与党のポジションとして協力しているという位置づけなのでしょう。

つまり大よそ保守と大よそさよく・在日との戦いです。
その核が『憲法改正VS九条護憲』で、その橋頭堡とも言えるものが『安保法制』というものでしょう。

日本の周囲は日本人を拉致したままの北朝鮮が日々核ミサイル開発をし、実際に飛翔実験までしており、南シナ海を我がものと無法な覇権主義を通し、尖閣諸島強奪をもくろみ日々公船などを侵入させている中国、そんな年々日本の脅威が増す中、それらを脅威と認識した言動がとれないこれらの国を利する様な協力者である民・共その他野党またそのバックアップをする偏向メディアの異常さはまともに考えれば変態的であり、直近の「6月26日のNHK番組」で共産党、藤野保史政策委員長が防衛費を「人を殺すための予算」と発言した事などに端的にその変態さが表れています。
差し詰め変態議員とでも例えられるのではないでしょうか。

http://www.sankei.com/politics/news/160627/plt1606270072-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/160629/plt1606290063-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/160701/plt1607010008-n1.html


さて、いつの時代でもと思えますが、若者にあるのが思い込み・熱中と不安・迷いではないかと思います。

一般的にはその迷いの状態の方が多く、ある対象があるとそれに全力で飛びついてしまうという傾向はあるのではないかと思います。

例としては少ないですし、ご意見も頂きたいところが最近の『若者のスタイル』というものです。
スタイルと言ってもいわゆるルックスという意味ではなく思考というようなことですが、自分としてはあの60年代や70年代という若者が極度に政治化した時代とは違い、80年代の経済の恩恵を受けた時代でもなく、その後の就職氷河期を経て、現在売り手市場の大学生という最近の抽出したワンピースです。

そこで思うのが、基本的に政治に関心は低く、野望もなく、割合狭い範囲を自分の居場所、世界としたライフスタイルというように見えます。

ただ問題はそんな平凡な若者でも社会貢献や環境などへの関心は高いのではないかと思えるところです。
と此処まで書けばお分かりになる方もいると思いますが、現在のさよくの若者取り込みはそんなきっかけからではないかと推測するわけです。

一旦入り込めば、『原発反対』、そしてやがて『米軍基地撤去』へとノウハウの有るさよくのシナリオに引っ張り込まれるのではないかと思います。

そしてその一部は『狂信的さよく見習い』となるのではないでしょうか。

http://www.sankei.com/column/news/160702/clm1607020004-n1.html

[ 2016/07/02 12:09 ] [ 編集 ]
属国精神を持つ「日本国憲法前文」
細目、平目、つり目、平顔、バランスがおかしな顔パーツの配置は、明らかに半島系。

日本に多く住む縄文人とは遺伝子が異なり、内陸部に住む者達に近い人種である事が分かっている。

何故だか知らないが、半島系の若者が、ギャルやラッパーのように派手な服装を好むのも特徴的。日本人は基本的に派手な服装を好む傾向が無い。

在日か、半島人か、その辺りが多いのだと思うが、いずれにせよ、明らかに日本人ではない者(黒人とかアラブ系?)がCM出演しているのは、日本の政党ではないという事の示唆なのだろう。

日本国憲法(占領基本法)自体、日本語としておかしなところ(この法律を確定する→制定するが正しい、恐怖と欠乏から免れ→欠乏を免れがただしい)がたくさんあるが、最も重大な箇所が、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」という部分。

これでは、周辺国に安全保障を任せると言っているのと等しい。

日本が独立国ではないというのは、安全保障を米国に委ねているのもあるが、何よりも、独立国としての意思を失っている前文にあるのではないか。

元々、占領基本法として制定されたものであるのだから、それも致し方ないとは思うが、占領解放後も改憲すらしない時点で、自分達が独立国としての精神を持っていないという事に他ならない。

こんな駄文で情けない条文を、後生大事に護持しようとしている者達の神経が理解できない。

いい加減、阿保みたいな奴隷の「平和主義」から脱却して、独立国として、国防軍を持つ「独立国家」として再出発するべきではないのか。
[ 2016/07/02 12:18 ] [ 編集 ]
憲法密教
へえっ、憲法って、民呻党のように祈願したり、朗読したり、帰依するものなのかいね。おまけにすでに死んでしまった憲法相手に。

憲法を生かすつもりなら、せめて九条2項だけは削除しておかねばならなかった。保安隊が自衛隊になった時がぎりぎりのタイミングであつたのだよ。

今や、若き学究が「君は何を専攻しているんだっけ」と尋ねられて「憲法です」と応えると、周りから失笑が洩れるという惨状でありんす。一般の人間からは憲法学は現実離れしていて、役に立たない学問の右代表として認識されておる。

憲法を殺したのは誰でもない、護憲論者なりき。

いや、まだ奥の院に生きておられる、朝晩お経を上げ、食事も供してますったって、辻褄の合わないことばかり。具合が悪いというのに医者にも見せないで。憲法密教か、お前らは。

[ 2016/07/02 23:59 ] [ 編集 ]
日本人居ます?
[ 2016/07/03 00:03 ] [ 編集 ]
就職先、国会?
安倍政治に反対する事だけは譲れない一線らしいが、他は政策らしき物は無し。
国政に向かうに最低限であろう国家観も示せない。

彼らに期待するものは欠片も無いからそれでもある意味イイけれど、生活のための収入源目的で議員をされては困るのよね。纏まって、お下がり。

発展途上国発の経済不安がばっぱつする前に英国騒動という今、日本経済をまがりなりにも安全運転させうる政権は、現安倍内閣しか無いだろうと考えるので、参院選で再びのねじれを起こすわけには行かないのです。
大丈夫とは思えても油断大敵。
勝てるであろう兜の緒を締めましょうズラ。

何が無くても、日本の為に邪な行動しか出来ないサヨクが、国会に就職先を得るのはお断りです。




[ 2016/07/03 00:26 ] [ 編集 ]
おわかりでしょうが
訂正です。
発展途上国 ではないのかも、「新興国」に訂正致します。
ばっばつ なんて言葉は無いのよね、で、勃発 で御座いました。


バングラディシュの犠牲者の方々。ご冥福をお祈り致します。
[ 2016/07/03 00:37 ] [ 編集 ]
出てくる若者出てくる若者
日本人じゃ無さ過ぎ。露骨すぎワロタww
[ 2016/07/03 00:47 ] [ 編集 ]
民進党(偽)は選挙に勝つ気あるの?
[ 2016/07/03 16:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: