私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  「未来永劫ないわけではない」と、共産党との連立政権を否定していなかった民進岡田

「未来永劫ないわけではない」と、共産党との連立政権を否定していなかった民進岡田

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民進党というのは、天下の嘘つき政党である。彼らの参院選の公約集には、民主党政権時の実質経済成長率が1.7%で、自民党政権になってからは0.8%に下がったと主張している。だから、民主党政権時のほうが国民は豊かで、アベノミクスによって国民生活が困窮していると吹聴する。これは大嘘だ。

 実質成長率を見てみると明らかだ。グラフで示してみよう。

jisshitsu-gdp-suii.jpg


 民主党政権下と安倍政権樹立後のGDPを比較すれば、説明も省けるはずだ。GDPは、リーマンショックからの反発で急上昇したが、これは民主党政権の経済政策が功を奏したのではなく、麻生政権の政策をそのまま受け継いだだけの話だ。その恩恵を受けた後、GDPはほぼ横ばい。数字を比較すると、実際には安倍政権のほうが遥か高い水準で推移している。

 つまり、民主党政権下での経済成長の伸び率は、リーマンショックの落ち込みからの反発と麻生政権の政策を「ごっつあん」しただけで、民主党政権下で国民生活が豊かだったというのは大嘘なのだ。枝野は、「安倍総理の話を聞いているとあれくらい面の皮が厚くないと総理はできないのかと思ってしまう」と演説したが、面の皮が厚いのはどちらか。その言葉をそのまま返したい。

 民進党はいま、共産党藤野政調会長の「殺す予算」発言で煽りを食っているようだ。当の藤野は責任を取って政調会長を辞任したが、いったん口から出た言葉は伝播するごとに、有権者の共産党に対する見方を変化させるに足る影響力を持っていく。当然ながら、民共合作のパートナーである民進党にも、その影響は及ぶ。与野党の雌雄を決するのは一人区と言われるが、その一人区の現場からは、「共産と組んだ党執行部の戦略ミスだ」と、恨み節も出ているそうだ。

 そもそも、民進党の岡田代表は、共産党との連立政権に関し、こう語っているのだ。

岡田氏、民共連立に含み…「状況変わると思う」 (読売)

 民進党の岡田代表は20日、共産党が目指す両党の連立政権について、「未来永劫(ない)ということにはならない」と述べ、将来的な可能性に含みを持たせた

 千葉県習志野市で記者団に語った。

 岡田氏は「今は全く(連立を)考えていない」とした上で、「相手も変わるかもしれないし、状況も変わっていくと思う」と語った。共産党が、日米安全保障条約廃棄や自衛隊解消を掲げる党綱領を変更する可能性を念頭に置いているとみられる。岡田氏は19日のインターネット番組でも、「(共産党と)現時点では政権を共にすることはできない」と述べ、「現時点」との条件をつけて連立を否定していた。(以上、抜粋)


岡田と志位


 藤野の「殺すための予算」発言が出て、民進党は浮足立っている。そもそも論で言えば、藤野は共産党の教義をそのまま口に出しただけなのだ。大衆受けが悪くなった党は藤野切りで幕引きを画策するが、そういうイデオロギーの上に成り立つ共産党と「組む」もしくは「共闘する」と言った時点で、藤野発言のようなリスクは内包していたのだ。

 そのことに気づかなかったのか、或いはバカなのか、岡田は共産党との連立政権樹立に、「未来永劫ないとは言わない」と、まんざらでもない口ぶりで答えている。共産党のような公安の監視対象下にある政党との「連立」など、政党としての魂を売る行為に等しい。逆に言えば、ここが、選挙互助会でしかない民進党の限界なのである。

 民進党の狼狽は、「身から出た錆」。まさにこの一語に尽きる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/06/29 07:14 ] 政治 | TB(0) | CM(23)
アベノミクスにケチをつけ、安保で国民に不安感を持たせようとする民・共さよく連合
7月10日の参院選投開票日が近づいています。
何時世論調査をしても他を引き離して上位に位置するのが『経済』、『社会保障』です。
本来国民の関心事上位に『安全保障』があってしかるべきだと思うのですが、島国日本国国民はどうも黒船来航前の意識が残っているのか関心は薄く重要だと考える争点の下位に留まっています。

自分としては他国に侵略され、支配された後の『経済』も『社会保障』もあったものではないと考えますし、それが中国に侵略され文化を奪われ、経済を中国に握られたチベットの例にあるように他民族支配者に支配された歴史的事実と論理的思考からは出てくる当然の意識だとおもうのですが二十一世紀日本国民は違うようです。

それはさて置き、確かに成否共にあるとは思いますがアベノミクスを続ける安倍政権に対しさよく民・共野党連合は経済では特に民主党出自の民進党は「自分の事は棚に置いて」アベノミクス批判をし、さよく民・共・他野党は『戦争法案』、『戦争の出来る国』などと民心を惑わすミスリードで安倍政権の安全保障政策、及び憲法改正への風評被害を与えるという妨害工作をしています。

直近、尖閣諸島近辺に軍艦をいよいよ侵入させだした中国は更にその空域にも侵入し出しています。

http://www.sankei.com/politics/news/160629/plt1606290009-n1.html

これをエスカレート、また脅威というのが当たり前でその対応を『安全保障』として行うのは当然ですが、共産党などの本音は『防衛費は人殺しの予算』と解釈しているようです。

http://www.sankei.com/politics/news/160629/plt1606290006-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/160628/plt1606280059-n1.html

http://www.sankei.com/premium/news/160629/prm1606290006-n1.html

無策だった自らの事は忘れたふりで安倍政権の「経済政策」を批判し、国民の生命財産に直結する「安全保障」では国民に恐怖心を抱かせるような誘導をし選挙に勝とうとするさよく民・共野党連合。
そんなさよく政党集団が存在感を増す事こそ日本の脅威です。

そしてその『護憲』さよく連合を影日向と成り様々な手法で応援するのが偏向メディアであるという変わらぬ構造です。
[ 2016/06/29 08:14 ] [ 編集 ]
シロアリ
岡田の背後から差し掛けられている旗はお煎餅屋さんですよね?
オカ、シイ、吉田にお煎餅が二股膏薬? まあどうでもイイけど。

民侵党は数字が解らないのでしょうよ。根拠いい加減で自分評価だけは厚顔に上げるのが全くコレも南鮮風。
民主党時代の日本を思い出せばそんなバカを言っては居られない筈ですけれど、自分達が忘れると世間も忘れてくれている、ぐらいの感覚ではないかしら。揃ってアホだし。

悪いのはみんな自民党と官僚と批判してさえ居たら自分達は「まとも」な政治家顔。
菅官房長官がWiLL8月号(執筆は英国騒動前です)で
<(民主党政権終了時)円が80円で株価は8千円。
それが安倍政権で110円前後に下がり、株価は1万6千円から上向いていた(最高時2万円超えもあり)>と書かれて居ます。

蓮舫が増上慢になった事業仕分けで経済停滞。宮崎では口蹄疫が蔓延しても担当大臣バカ松は南米ゴルフを含む予定通りの御外遊。尖閣諸島海域で中共「漁民」の大船団。竹島には南鮮大統領が上陸するわ天皇陛下への大無礼を働くわ。北方領土にはロシアの首相が踏み込むし、国内では就職難。思い出すだけでも腹が立つ日々であった。
これで国民が「豊か」を感じて居たら、それまでよっぽど日本は途上国だったとしか言えない事になるわ。

続いて菅官房長官は数値を上げて<雇用は110万の増、有効求人倍率1,34の一都一道47県全てで1を超えた。これは民主党時代にはたった8県だけ>
<政権を取り戻してから昨年12月までに年金運用益が三十八兆円を上げ、野党が指摘する今年1月-3月株価下落で運用減を入れても政権交代以降、三十数兆円の運用益>だそうです。

英国騒動の直後の大幅下落から週明け早々上昇株も多く見られてますから、少なくとも民主党(民侵党)よりはしっかり対処されていると、フツーの頭なら誰もが思うでしょう。

長年掛けてようやく共産党が本性を隠した”ソフト路線”が功を奏し掛けていたのに、若手の正直者が「人殺しの予算」と本音を発して70年間の涙の騙し芸大会が台無し。昔の共産党なら粛清モノだったでしょうね。
コレを奇貨として、彼等の化けの皮を剥ぎ取ろう!

フジTVのプライムで前原某は共産党を「シロアリ」と言っていたそうですよ。「ここと協力したら土台が崩れる」って。フツーはそう思っていますけどね。

もう一つ、志位の隣の吉田社民。選挙演説に「アベノミクスで儲かったのは大企業だけ。国民の所得は増えない。安倍政治の失敗だ」と言って居ましたが、この人政府を何だと思って居るのでしょう。
利を出した企業が内部保留するのに安倍総理も麻生財務相も何度も経済界に吐き出し要請しても民間企業に対して政府は命令権は無いのだし、交渉するべき労働組合を背負っている社民党が何を言っているんだか?
もうじき泡と消える運命の最後の悪あがき、と思って生暖かく無視してもイイのだけれど、何でも政府にして貰おうとする根性が好かん。
[ 2016/06/29 09:26 ] [ 編集 ]
稲田朋美 女史も、最近、法的根拠、第一次資料(事実、統計データ)などに基づく発言が多くなり、少しずつ少しずつ少しずつ少しずつ良くなってきましたね。
1. 自民党政務調査会長の稲田朋美 女史も、

以前、人文科学的な発言が多くて、?????と思う発言が多かったですが、

最近、法的根拠、第一次資料(事実、統計データ)などに基づく発言が多くなり、

少しずつ少しずつ少しずつ少しずつ良くなってきましたね。

2. 自民党政務調査会長の稲田朋美 女史は最近、ポーランド系リトアニア系ベラルーシ系チェコ系ルーマニア系米国ユダヤ人のモルガン・スタンレーおよびそのロバート・アラン・フェルドマン、ゴールドマンサックスおよびそのキャシー松井(キャシー朴)などへ反撃し始めたのでしょうかね。
[ 2016/06/29 09:59 ] [ 編集 ]
やれやれ…(>_<)
オカ(民進)シイ(共産)ヨシダ(社民)に「ソウカ煎餅の旗」(公明)って…
反日在日連合?

自民党もいい加減、こんな「反日在日カルト」とは手を切らないとねぇ…

「戦後レジューム」からの脱却どころか、益々日本が「日本人の国」でなくなるよ!
[ 2016/06/29 11:12 ] [ 編集 ]
更迭
脳硬直藤野は政策委員長を辞任した筈が更迭されちゃったそうです。

ようやく共産党幹部がマズイと思った・・・のか、一連托生の民侵から言われたのか。(一蓮ではないですよ、ヤツラにあるのは票欲しさで仏心などありやしないですから。)

選挙でなければ居直っていたことでしょう。更迭で幕引きしたいのが見え見えです。


「通販生活」が丸ごとプロパガンダ通販になっているそうです。
自民党に投票しないで~みたいな?
表紙が正味期限切れの爺達「怒って居ます」会見とか。必死ですわ。
[ 2016/06/29 11:24 ] [ 編集 ]
「気をつけよう、甘い言葉と民進党。」(安倍総理発)
 ブログ写真中で仲良く万歳する4人(3党首+1)。去る26日の『日曜討論』で、防衛予算は「人を殺すための予算」を主張&同調した「4人組」とイコールです。共産=藤野、民進=山尾、社民=吉川、生活=デニーの、没落共闘「4人組」です。
 それにしても写真中の3人の党首(特に志位さん)、なぜかヘンにバランス悪く”頭でっかち”に写っているような気がします・・・・(実際に大きいの?)。
 ちなみに、党内エリートの”頭でっかち”藤野委員長は昨日に更迭されたそうですが、この平和な日本の中にあっては(であるからこそ)、そうやって一つ一つ”世の中”のことを勉強しながら、赤い貴族達の中でのし上がっていくのでしょうねぇ~・・・・(もちろん嫌みです)。
[ 2016/06/29 12:00 ] [ 編集 ]
真の敵
山形県人様

志井は頭でっかちで、実際、4等身ぐらいしかありません、桝添と一緒です。

若い頃の石原慎太郎氏など、弟の映画スターよりカッコ良かったですが、頭でっかちの左翼に行く連中は、根底にすさまじい肉体的コンプレックスがあると睨んでおります。現世への復讐の鬼。ウチの街でビラ配りをしている共産党員の容貌なんて、チラシ以前に?見られたものではありません。
美男美女で、すらりとした長身のサヨクなんて、山形県人さん、ご覧になったことがありますか?

外観誘致4派連合ですか、こんなちゃっちい変態同盟はとっとと包囲殲滅、抹殺せねばなりませんね。

英国によるEU離脱の国民投票を受けて、私たちの真の敵は世界を覆いつくそうとするリベラル民主主義という邪悪なイデオロギーであるとの感を深くしました。
サヨクのインターナショナリズムとリベラル民主主義のグローバリズムの根は同一のものです。

NHKの河野キャスターが人種の坩堝であるロンドンがそうでなくなるのは寂しい…とか言ってましたが、ニューヨークならともかくも、ロンドンがそうでなければならぬ感性が私にはまったく理解できません。ヨーロッパがアメリカに対抗するのは良いとしても、どうしてその為にアメリカに成らぬばならんのですか。


人がその魂を失っては、全世界を得ても何のことやあらん、と聖書に書いてある通りです。そして魂とは、具体的にはその人の姿形のことなのですから。
[ 2016/06/29 13:22 ] [ 編集 ]
レッドバロン様

 「サヨク思想とその容姿の考察」をありがとうございます。さすがに”4等身”の箇所では大笑いさせて頂きましたが、志位委員長は実際に頭でっかちだったんですかぁ・・・。
 「美男美女で、すらりとした長身のサヨク」。う~ん・・・。私が確実に言えることは、これまでに好意・好感を持った、大好きになったサヨクはいない、ということです。
 
 レッドバロン様の投稿、いつも楽しみに拝見しております。ありがとうございます。
[ 2016/06/29 15:35 ] [ 編集 ]
だよね~~
>これまでに好意・好感を持った、大好きになったサヨクはいない

ぱよちんは目を見ればなんとなく分かります。
好きになるどころか、近寄るのすら嫌になる。
口では耳ざわりのいいこと言っていても、お題目だけなので胡散臭さ満点。
何より、大言壮語の偽善的な体質が鼻について、生理的に受け付けません。
同じ空気を吸うのも勘弁してほしい。
[ 2016/06/29 16:06 ] [ 編集 ]
改名
・・・・・チェ・ゲバラ・・ と呟いてみる。左翼であってサヨクじゃないし・・・魅力的だし・・・判官贔屓の個人的意見です。

そのオカシイヨシダ煎餅写真を見まして、シイこと「水ぶくれ吸血鬼」に改め「浮腫み豚まん」は解消致します。食べ物に悪かったと反省。
吸血鬼なら、まこと、血や涙は搾っても無いですし。

[ 2016/06/29 17:59 ] [ 編集 ]
とちぎテレビも終わってる。
先の選挙では不正票が2万票、山梨比例代表選挙では「次世代の党(現日本のこころを大切にする党)」が消去されており次世代の党と書いても無効とされていた等々、開票の不正疑惑があったのにそれは一言も触れず女アナウンサーが「凶産等が受け皿になった形ですね。」
民主が真っ先に取り組んだことは、公式部分(役所職員、教職員、開票担当、投票立会人等)の国籍限定撤廃だった。

次世代の党(当時)の票が凶産等の票に加算される等の不正がありました。
日本のこころは「開票立ち会い人」を募集しています。

「開票立ち会い人」は開票に立ち会い、協議の必要な票に対して協議します。
選管から8000~10000円位のお礼が出ます。
各地区の選挙管理委員会へgo!

日本のこころを大切にする党
03-3595-6715
[ 2016/06/29 18:10 ] [ 編集 ]
改名賛成
少々見てくれが悪くても、豚まんは美味しいですものね。

しかし、吸血鬼ですか…。吸血鬼というと、トランシルバニアの霧深き森の奥に住むというドラキュラ伯爵の高貴なる血筋を思いだします。ルーマニアのチャウシェスク政権がぶっ倒れてから紆余曲折、ついにドラキュラ伯爵のお城は子孫の手に無事戻されることになったそうで、めでたしめでたしです。

外国の左翼には美男美女がいますよ。まずイタリア共産党の書記長だったベルリンゲル、映画監督のルキノ・ヴィスコンティも元左翼でした。若い頃のヴィスコンティはぞっとするほどの美貌で、多分あっち方面のお方。おまけに二人とも公爵というきわめて貴族的な背景を持つ?共産党員でした。

イタリアとか言うか、ラテンの世界では、カトリック教会が余りにも強くて、市町村の末端まで教会がガチガチに固めている。そうなると、これに反抗できるのは共産党しかない、そういう特殊な事情があったようですよ。

フランス社会党の前の党首ロワイヤルさんもエレガントな美女でした。しかもENA出身の大変に頭の良い人。オランドの(事実上の)前夫人ですね。

オランドって、あんな謹厳実直そうな顔をしていて、女性を口説くのが得意なのですよ。オランドは着ているスーツの上等な質感と付き合う女性の趣味はダントツにいいのです。最悪なのはオバマはんざんす。

「恋は一人の女への愛のため、革命は民衆への愛のため」
チェ・ゲバラ

彼は革命家でしたが、ラテンの血を持った男でもありました。さてはて、仮に生まれ変わってきても、浮腫男には向かない台詞でありますな。
[ 2016/06/29 19:01 ] [ 編集 ]
党首つながりで・・・脱線
 今もってある一定の票を社民党が持っているのだとすれば、この度の参院選比例区では吉田党首の再選を望みます。とりあえず人畜無害(風)で顔がでかくて人の良さそうな吉田党首。人が良い、人畜無害(風)であるが故に組合活動で周りから担ぎ上げられて、本人の意に反して(たぶん)公党の党首までに祭り上げられてしまったのであろう吉田党首。安倍さんのサンドバッグ役としての、参院での”癒やし”担当としての存在価値は有るような気もしています。
 最悪なのは、最近なぜか表舞台に姿を現さない前党首の再選です。これは本当に最悪の最悪であり、なんの役にも立たないだけならまだ我慢もできますが、むしろ害をもたらす事にしかならないことが確実だからです(私にとってはイライラの種になることだけは確実)。でも・・・世間のサヨク連中はこの害をもたらすだけの前党首を再選させるのでしょうねぇ~・・・。
 残念!!
[ 2016/06/29 19:09 ] [ 編集 ]
逃亡者
前党首ってたしかみずほ?
電車内で襷掛けして名刺を配って「違法行為だ」と指摘されたらスタコラ逃亡した、とネットにありました。
足短いのでスタコラと言っても・・・ねえ。必死なら早いか?

ルーマニアの伯爵も棺暮らしでお歳をお召しになれば血を吸う為に飛ぶ体力も無くなるのです。はい。
若き新鮮な血が吸えない、水を飲んで我慢しよう。山には美味しいわき水があるけれどそこまで行ける体力も無い。館のボーフラの湧いた水甕にしか「命の素」が無い、結果シイの姿。なんちゃって。

ビスコンティもルードヴィッヒ2もアチラ系そうですが実に美しいと私も惚れ惚れです。それでも未だ若い内の晩年のルードヴィッヒ2の信じられない膨れ具合は・・・悲惨です。
左翼ではないし高貴さに於いてルードヴィッヒ2をシイとは決して並べられませんが、あの膨れ具合に目を埋め込んだらオカシイヨシダ煎餅写真のシイもイイ勝負ですゼ。

丁度今朝読んだ雑誌に加治伸行先生が反日野党の言う「立憲主義」に就いて
<フランス革命。社会の頂点にあったカソリックを追い出し、カソリックの下にある王らの首を斬り、政権を奪った連中が己等の地位の正当性を主張する為に、みんなが作った憲法を推し戴きそれを守りますと約束した。己の地位の保全理論にすぎない。それが立憲主義の正体なのだ。>
と書かれて居ました。やっぱりそんなものなんですね。

それじゃあ、みんなで作っていない現行憲法ですもの、立憲主義を掲げたいなら作り直すべきです。と牽強付会でも何でも言っちゃえ。

同じ革命でも、今の世にあって一党独裁の中共は憲法は一応在るそうですが立憲だの護憲だの、言って居る様には見えません。
加治先生は「中共憲法は宗教を認めているが、逆に信者を弾圧している」とお書きでした。

<明治政府は立憲主義としての憲法無しで近代化に成功し、維新御二十年も経ってから憲法を作った。つまり「後付け憲法」であって「立憲主義憲法」ではない。~略~
日本人には立憲主義などというアチャラカ思想など不要なのである。> 随分お腹立ちのご様子が拝察されます。
[ 2016/06/29 20:33 ] [ 編集 ]
維新御は当然維新後 でございました。PCが悪い!
[ 2016/06/29 20:40 ] [ 編集 ]
元々破滅する運命だった左翼
そもそも、共産主義、社会主義という思想自体が、「人類社会の破滅」を理想(というよりは憎悪)として成立した思想ですから、民進党や共産党がたどる運命など、端から「破滅」であるという事は、結論として出ていたわけです。

もはや彼らには、敵か味方かは関係なく組むようになり、とにかく「党の指導部が生き残る事」のみに焦点を置くようになり、下級党員の利益など二の次となり、そして指導部もろとも崩壊していくのが関の山であるという事ですね。

結局は、かつてのソ連がたどったような運命を辿るわけです。

刹那的な思想などというものは、その「綻び」が必ず現れるものですから、悠久の時間をかけて培ってきた「伝統」には打ち勝つ事は不可能なのです。

民進党などの野党議員は、当事者意識が無い為、国家運営をするような能力に欠けており、結果的にあのような運営しかできなかったわけです。

もはやカルト的中毒症状に陥っている左翼が元の世界に戻る事は、困難だとは思いますが、頑張れば不可能ではないので、今度の選挙で落選した議員たちは、現実を直視する所から始めていくべきだろうと思いますね。
[ 2016/06/29 22:10 ] [ 編集 ]
こはる様

ドラキュラ伯は貴族ですから、処女の生き血しか吸わないのです。血なら何でもよいという程度の低いバンパイア達とはそこが違います、ドン!(強調)

それにしてもドラキュラ伯にとって、何と生きずらい時代が来たものでしょうか。

加治先生の立憲主義批判、面白そうですね。読んでみます。基本的には私もその通りだと思います。

右翼だの左翼だのと言ったって、ご承知の通り、あれはフランス国民議会で穏健・急進の党派が議場で占めた位置によるもの。当時、議会にいたのは凡て革命派です。保守系の議員なんて一人もおりません。

王党派・保守本流の政治家や支持者ががいたとしても、すでにギロチン台で首が飛んでいるか、外国に亡命しているか、アルプスの麓の村にでも息を殺して潜伏しているか、のいずれかでありましょう。

フランス革命は狂気の沙汰でした。その人殺しの基地外部落と化したフランスの理念の結晶が「立憲主義」とやらなのです。

海の向こうから、この気違い沙汰を冷静沈着に観察していた近代保守の祖・エドマンド・パークはかように語っています。

イギリス人の権利というなら、私は喜んで認めよう。しかし、人類普遍の権利なんて、何を言ってるんだか私にはさっぱり判らん、と。

これは「今」にいたる、余りに根底的な問題なのです。
[ 2016/06/29 22:21 ] [ 編集 ]
文春無砲炸裂!
【参院選】文春「自民候補・青山繁晴氏、経費の私的流用を指摘され共同通信退社の過去」⇒ 青山氏「デマ、選挙妨害。民事刑事の法的措置を開始した」
http://www.honmotakeshi.com/archives/48967051.html
反日変態サヨク所謂アカに優しい文春砲。
分かり易いね。

下衆
[ 2016/06/29 22:54 ] [ 編集 ]
バロン閣下 
「紅はこべ」と「二都物語」を急に読み返したくなりましたw

そうですよね、右翼といっても革命議会に真性保守が居るわけ無いですね。
なので日本で言う右翼というのは彼等に当て嵌めれば・・・さしずめ細野・野田あたり?ギャハハ。

普遍性のない勝手な格付けを押しつけられて、真っ当に押し返せない保守はイカンです。
[ 2016/06/29 23:33 ] [ 編集 ]
日本国民の最大の関心事は
NPさんの言われる事に共感します。

選挙の度に争点はと問われる国民が「経済」と答えるのを見るたびに
そうじゃないだろうと思っています。
当然、マスコミのミスリードは承知の上ですが。

近々の争点は「安全保障」と答えてほしいと思いますが、今しか考えられない
現代日本人は「経済」と答えてしまうんでしょうか。
無学な私でも縦の繋がりを考えると一国民としては、「安全保障」ともうひとつ
「少子化」・「教育」・「エネルギー」ってなあたりを争点ランキングで
Aクラスに入れたいですね。

平和な世の中では関心持たれないんでしょうが。
[ 2016/06/30 00:17 ] [ 編集 ]
ありえない、清子さまと愛子を間違える
自称保守がいて
面白いブログです
[ 2016/06/30 02:02 ] [ 編集 ]
清子さまと愛子さまを間違えた自称保守って私のこと?

基本的に皇族の個々のパーソナルには興味がないものでね。(秩父宮や高松宮のように歴史に関わりのあった宮様は除く。)
間違えないにこしたことはないが、印象自体が薄いのよ。

高円宮ご在世の頃には、殿下のオペラ観賞に随行する、いわゆる「弾除け」を務めていたこともあるが、最初どちらの席が良いか尋ねられたから、そりゃ妃殿下の後ろが良いに決まってますとお答え申し上げた。
「万々一」の時は、楯になる覚悟だからね、一応は。美しく聡明な妃殿下をお守りするのが男子の本懐です。

皇族にはそういう冗談も言っちゃいけないの。(半分は冗談ではなくて本音だが。)
皇室の権威に名を借りて嫌味を言い、イチャモンをつけて、人を不愉快にする行為はやめなさい。
[ 2016/06/30 11:26 ] [ 編集 ]
記憶力
無駄に記憶している人って居るものですね。
忘れて居たわ。閣下がご返答でなければこのタイトルのはじめから読み返す処でした。

時の内廷唯一の内親王様という共通点があるのですから、ふとしたミスだと誰でも解る事をわざわざ論われる事でも無いと思うけど、バロン閣下はご注目されているって事ですね。大ファンかもネ~w
[ 2016/06/30 23:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: