私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  民進岡田「アベノミクスの宴は終わった」…。民主党政権下では宴もなかったのに。

民進岡田「アベノミクスの宴は終わった」…。民主党政権下では宴もなかったのに。

← 応援クリック、ありがとうございます。

 注目されていた英国のEU離脱是非を問う国民投票は、離脱派が約52%、残留派が約48%となり、離脱派の勝利に終わった。EU離脱を問う国民投票を求める10万を超える署名が政府に提出されたのが2011年。今年の2月にキャメロン首相が6月23日に国民投票を実施するとアナウンスし、自身は残留を訴えたものの、その国民投票がキャメロンへの引導となった。キャメロンは責任を取って辞任するという。

キャメロン


 そもそも、離脱派で多かったのは高齢者で、若年層の70%以上が残留を支持していたと言われる。英国人が日本人より優れてるなどとは言わないが、英国の若者たちが、少なくともSEALDsのような幼稚な思考では投票しなかったことに、ある種の羨望を覚える。

 さて、市場は大荒れだ。円相場は一時100円割れを記録し、日経平均株価は1286円33銭(7.9%)安の1万4952円2銭で取引を終えた。下落率は東日本大震災直後の2011年3月15日(11%)以来だという。一国の経済は、自国の金融・経済政策だけでコントロールできるものではないことの証である。ところが、この現象の責任を安倍政権だけにおしつけ、「アベノミクス失敗」と政治利用する輩がいるから困ったものだ。

【代表談話】英国のEU離脱について (民進党)

 私は選挙戦の中で、円安・株高を牽引車とするアベノミクスは、最近の円高・株安によって潮目が変わり、今や行き詰っていると繰り返し指摘してきた。今回の英国のEU離脱によって、円高・株安が更に進む可能性は極めて高い。アベノミクスの宴は終わった、と言わなければならない。


 アベノミクスを頭ごなしに批判する民進党でも、アベノミクスに宴があったことだけは認めたらしい。まぁ冗談はさておき、聞き捨てならない批判である。

 民主党政権時代の株価が低迷を続けたのは事実である。リーマンショック後、ダウジョーンズは上げたが、日経平均は底辺を彷徨ったまま動かず、安倍政権になってから反転攻勢した。厳密にいえば、野田佳彦が解散を宣言した段階から、民主党が退くことへの期待感から、株価は上がり始めたのだ。

 民進党の選挙公約を見てみても、「分配と成長の両立」を謳い、「「人への投資」「働き方革命」「成長戦略」を実行すること。これが民進党の経済政策です」と書いているのだが、HOW(いかにして)には全く触れていない。こんな政党が経済政策を握ったら、東日本大震災の時に菅政権が右往左往したように、何もできないだろう。むしろ、英国のEU離脱という、リーマンショック以来の潜在的経済危機に直面するの安倍政権だということに、国民は感謝すべきである。

 安倍政権を批判する材料なら何でも利用するが、有効な対案は全くなし。これが民進党の正体だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/06/25 07:38 ] 政治 | TB(0) | CM(15)
【万事、塞翁が馬】
英国民投票によるEU離脱はわが国の核武装を実現する改憲への途を開く!→ http://this.blog.jp/archives/62281008.html
[ 2016/06/25 09:03 ] [ 編集 ]
宴があった?
アベノミクスで宴があった?
富裕層に恩恵をもたらしただけ。
そんな富裕層はとうの昔に逃げ切っているだろう。
いつまでもアベノミクスにしがみつく安倍こそエンジンふかすしか対案なし!
って証明している。
アベノミクスはアベノミスだと2年前から言われていたではないか。
果実果実っと叫ぶほどに国民はアベノミクスってやつを信用していない。
所詮は年金資金で株買っただけ!
で?
年金資金での損失は今回の株価下落いったいいくらに積みあがった?
選挙前に発表すべきだろ、なぜ発表しない?
その損失も含めて「信を問う」というのが真っ当な首相のあり方だ!
[ 2016/06/25 09:09 ] [ 編集 ]
聡明なるお方は「道理」を説く、、、
懸命に、狂おしく「道理」を説く。 されど安部の支持率は下がらず。

何故なのですかいねぇ~?

ワシを含めて国民がアホじゃからでしょう。

アホらに「道理」を説いても「豚の耳に念仏」と申しましてな、まったく
意味がないのでは?
[ 2016/06/25 10:12 ] [ 編集 ]
夜郎自大ならぬ”オカシイ野郎”の「野郎自大」
>こんな政党が経済政策を握ったら、東日本大震災の時に菅政権が右往左往したように、何もできないだろう。
むしろ、英国のEU離脱という、リーマンショック以来の潜在的経済危機に直面するの安倍政権だということに、国民は感謝すべきである。


本当にそう思います。
野党のまさしく夜郎自大の連中に、アベノミクス失敗の云々は言わせない。
彼等お得意のレッテル貼りのお返しをします。

オカダノリスク、シイノリスク などなどリスクを
末尾につけるならば幾らでも出来ます。
岡田、志位、両名の名前をとってオカシイというのだそうですね。

オカシイノリスクに続いて、最後に新四字熟語を。
よく吠えるが中身のないオカシイ野郎の「野郎自大」で決まりです!
[ 2016/06/25 11:23 ] [ 編集 ]
市場の先見性
戦争末期、昭和20年に入ると株式市場では軍需産業の株が下落し、反対に当時は平和産業と呼ばれていた、鐘紡をはじめとする繊維株が買われるようになります。
この動きは大本営が着目するところとなり、「なぜだ?」ってなもんですが、知らぬは軍部ばかりなり。市場の先見性は終戦をすでに織り込みはじめいたのですな。

管理人どののご指摘の通り、民主党政権の末期に株価は反転し始めていました。政権交代こそ最大の景気対策というわけの判らない民主党のスローガンは当然、不発に終わりましたが、自らが追い落とされる段階では、一部実現したわけです。(笑)

少子高齢化、人口減社会で、しかも移民に対して懐疑的な我が国で、誰が政権を担ったって、もはや高度成長のトレンドに戻ることは不可能でありましょう。

安倍政権よりマシな経済政策があればお聞きしますが、今のところナッシング。民辛党は成長より分配を重視するとか、古典的な左翼ですな。フランス・オランド政権の経済政策の失敗を知らないのでしょうか。オランドは個人的には立派な理念を持った政治家だと思います。第一付き合う女性の趣味がすこぶる良いですし。(笑)それでもオランドへの支持率は10%、失業率は高止まりして、地をはうような低支持率が続いています。

日本の幸福は安倍総理がいること、日本の不幸は安倍総理しかいないこと、どちかから見るかの問題ではないでしょうか。

目先の波乱要因ですが、しかし、バトル・オブ・ブリテンには声援を送りたいと思います。英国は英国であることを選択したのですから。
[ 2016/06/25 12:12 ] [ 編集 ]
アグネス・チャンおよび彼女の家族全員は、韓国籍一本または共産シナ国籍一本で頑張って欲しいですね。
アグネス・チャンおよび彼女の家族全員は、韓国籍一本または共産シナ国籍一本で頑張って欲しいですね。
[ 2016/06/25 13:40 ] [ 編集 ]
G7で
先の伊勢志摩サミットで、経済危機の兆候は認めるが各国財政出動するまでの事では無い。(英独)我が国はだいじょーぶだもんね、と安倍提言を事実上拒否したのがつい先日のこと。
この現実を見てハテEUはどうするんだろ?

民族意識に拍車が掛かり、トランプの<入り込んだ他人に自国を奪われるのを拒否した>風な解釈も、私的には 表向き「そうは言っても米国主導のグローバルの現実が」 内心「だよねえ、尤もじゃ」ですが、理想理念&欲に走って人間本来の感性を放置するといずれ当然こうなる好例だと思います。
ドコゾに”東アジアも共同体を”とお花咲いたルーピーがいましたっけ。こちらは共同体=自動亡国ですからもっとヒドイ。

それにしても日本はやっぱり凄いです。
あの「失われた十●年」で世界が日本を見下していた最中でも、サブプライムローン被害の後始末に一国で世銀急援して最上級御礼感謝の言葉頂戴。
今回も世界経済どうなる騒動の初期対応で世界は即座に円買い急進。円がそれだけ信頼を得ている、と解釈して良いのでしょう(困る面は確かにあるけれど)。

株は上がり下がりで儲ける物。一時的に幾ら儲けた損を出した、と毎日公開しろとか?バカ言っちゃあいけないよ。

なんだかんだ岡田がホザイても、日本円への評価は認めざるを得ないだろうし、それを保障しているのが今の安倍政権であって、これがアノ無能極まった民主党(現民侵党)なら円は底割れに直行であろうと思えます。

安倍さんの存在に感謝となお一層のご奮闘を願いつつ、経済の土台を支え進展してきた日本企業全体の懸命の努力で、なが~い不況にあっても経済大国の名が失われていない事に、他人事の様に我が国に畏れと敬意を感じずには居られません。
苦しくっても頑張れば又日本は必ず暁光を見ます。短期で儲けを出そうとする投資家は・・・そちらも頑張って下さい。

趣味(安倍批判)と特技(ブーメラン)を生かして、今日も岡田は何処へ行く?
そう言えば、民主党政権時代に中共と南鮮の国債購入がどうたら言っていた様に思いますが、当時まさか本当にあんな屑紙を買ってはいないでしょうね?

なつこ様 岡田+志位=オカシイ というのを拝読しひっくり返って笑っちゃいました。紅茶を飲み終わった後のことで何事も無しw。
[ 2016/06/25 15:26 ] [ 編集 ]
宴もたけなわ
 6月24日(金)夕刻に不在者投票をしてきました。投票を済ませて会場の市役所玄関を出たところで中年の女性に呼び止められました。会場に入るときからなんとなく予感はしていたのですが、聞けばそれは朝日新聞の出口調査でした。私としては還暦過ぎた今日までで初めての経験でしたので、「朝日新聞」への反発心よりも、その初体験の誘惑に負けてしまってホイホイと対応してしまいました・・・(苦笑)。
 今の出口調査って、調査員の持つタブレット端末にタッチしながら答えていくのですねぇ~。なんとも新鮮な体験で、とても楽しく回答してきました(笑)。最初に私の年代の選択からだったと記憶していますが、画面をタッチしながら進めていくと日頃の支持政党の選択、投票した選挙区候補者名の選択、比例区の政党名もしくは候補者名の選択、その判断とした項目の選択等、私の投票行動そのものをそのままタッチパネルで回答していくのです。なるほどこれなら開票時刻と同時に当選確実者が出てくるのも納得です。
 考えてみると、実際の投票行動もこのタッチパネル方式になれば投票者も開票集計者も手間いらずで良いのにね。な~んて勝手なことを考えてしまった嬉し恥ずかしの初体験報告でした。
[ 2016/06/25 16:13 ] [ 編集 ]
笑いのツボ&願うこと
こはる様

毎回の投稿をいつも楽しみに拝見しております。
国を思うあつい心に、知識、見識に裏打ちされた高い文章力を備えた
常連のおひとりであるこはる様です。

その方と笑いのツボが、一緒というのも嬉しいものです。(^^♪

***
EU崩壊の序章である英国の離脱から予測される
激動の時代へ向かう今、父祖を貶める隣国と通じた国内の既得権益の
目に余る驕り高ぶり、難攻不落と思える戦後以来の日本貶め隊の
連携の壁が脆くも崩れて、真実の歴史を手にした心ある日本人が
暮らしやすい世の中になりますように。
決して強欲なグローバリストに侵食されることのない日本でありますように。

差し当たって私たちに出来ることは、
参議院議員に相応しい国家観、歴史観を携え、
確固たる使命感を持った候補者に一票を投じることですね。


[ 2016/06/25 18:19 ] [ 編集 ]
なつこ様
第六感と気分だけで生きて居る私に過分な御文、恐縮です。仮にもそう思われるのはちょっと 期待外れしても知らんモンね、と呟きたいのが本音です。

EUは英国に、出るなら速やかに出て行け、だそうで今後の内部崩壊に余程の危機感を持っていそうですね。 当然だけど。
その英国はもう市レベルのモザイク状態?ロンドン市までもが独立してEUへ案、だとか。これ以上世界地図を面倒にしてくれるな、と私的利己主義がつぶやきます。

参院選は山形県人様と同様、私も昨金曜日して参りました。出口調査はされませんでしたがw
党首討論などを今更聞く気にもなれず、不景気なサヨク不細工顔の面々など見る気にもなれず、ハナッから決めた比例区票と選択肢が無いからの選挙区票ですが、後悔は意地でも絶対しない結論です。
根拠は無くても、無闇にでも、信じられる純日本人の国柄を絶対取り戻してやる!死んでも絶対!と思って居ります。

心のそこから笑えるってイイですよね。日本にはジメジメサヨクのしたり顔なんぞ似合わないのだ、と決めつけちゃっています。
[ 2016/06/25 18:51 ] [ 編集 ]
山葵の効いたコメント
こはる様

>第六感と気分だけで生きて居る私に過分な御文、恐縮です。仮にもそう思われるのはちょっと 期待外れしても知らんモンね、と呟きたいのが本音です。

・期待外れも有るやもとの仰せ、
 私めの自己責任としかと受けとめました。(笑)
・毎回の投稿は苦手な分野もおありでしょうに、
 それなりに読ませるものを書いておいでですので、感じたままを
 正直に書いておりました。
・私のことをちょっと申せば、
 自分を欺きたくないとする究極の自己満足かもしれませんが、
 心にもないお追従は言いたくない、言えなかった人間をこの齢まで
 やってきました。(笑)
・しかし、こはる様らしい山葵の利いた本音コメントだなと思った次第です。
 

>根拠は無くても、無闇にでも、信じられる純日本人の国柄を絶対取り戻してやる!死んでも絶対!と思って居ります。

>心のそこから笑えるってイイですよね。日本にはジメジメサヨクのしたり顔なんぞ似合わないのだ、と決めつけちゃっています。
 
・本当に。思いは同じ、大賛成!

[ 2016/06/25 20:08 ] [ 編集 ]
理想は利争でしかなかった。
EUが理想的な多文化共生を育んだ訳ではなく、結果として利争的な人のの欲が働きルールを飛び越えた個人主義の集合体を証明したと考える。現場は争名争利の様相だったのだろう。
そもそもEU官僚の中で移民問題がどうなるか?ギリシャの加盟はどうだったのか?を理解していない人達ばかりだったのか疑問でしかない。
移民に対して優遇とも取れる社会保障の流動的な使い道は各国の経済を圧迫するはずだし、国籍を関係なくしても各国民間の就労や不動産さえも奪い合いになる事は必至だった。人権などを考えて国際的な建前を優先すると受け入れた際に生じる保障を実施したタイムラグがいかに不平不満を生むか。
日本が少子高齢化によって人口減少を埋め合わせをしようと画策する経団連や政治家は痛感するほどの手本を見たのではないか。責任の所在は必ず自分達に返ってくると考えて欲しい。

民進党に票を入れる必要はない。消費増税を話し合った3党合意の意味は何だったのか?アベノミクス批判より実質に値する財源をちゃんと確保出来るのか?民進党が主導的に割り振る方が怖いだろ。
[ 2016/06/25 22:37 ] [ 編集 ]
岡田以下民進党(どうしても「民心問う」になっちゃうなぁ・・・)の面々は、釣り堀の魚の如く、降りてきた餌には考える間もなく食いついちゃうんですね。脳みそ小っちゃ・・・

英国の国民投票についてNHKが移民・難民問題をちゃんと扱っていましたね。
ま、解説委員とか使って「内向きは悪」とか言ってましたが、英国民の生の言葉を聞いた後ではただのきれい事にしか聞こえません。
経済というのは人為的に操作可能なものだと思いますが、人の流れというのは
低いところから高いところへ向かい、一度その流れを許したら操作不可能です。
英国のEU離脱が今後どんなことを巻き起こしてゆくのか、私なんぞには推測できませんが、おそらくどんな学者先生にも本当のところは分からないんじゃないかなぁと思ったりします。

英国の若年層になぜ残留派が多かったのか、経済のことを考えてならばそりゃそうだよねとも思いますが、移民・難民は当然受け入れるべきというピュアな思いでの残留なのだったら危ないなぁと思います。
人類が一つにまとまるのは、「ターミネーター」みたいに対人工知能か「宇宙戦争」みたいに対地球外生物なんてことが起こらない限り無理だと私は思います。
ピュアな心というのは大切ですが、表面をすくい取るだけでは何も解決しないし、自己満足に陥る恐れも有ると思います。
日本がずっと続けてきた、自力で生活していく術を教えるということが一番重要で、ドイツの馬鹿野郎とは雲泥の差だし、日本が悪く言われる筋合いは皆無だと思うのです。
何だか深夜だし(お酒も入って)、つらつらと書き連ねてしまいまして失礼いたしました。
[ 2016/06/26 00:25 ] [ 編集 ]
英国のEU離脱というアベノミクスにマイナスの民・共ハンデのもとでの参院選
英国のキャメロン首相下でのEU離脱・残留を問う国民投票は「離脱」1,741万742票(約52%)、「残留」1,614万1,241票(約48%)という登場結果で離脱派の勝利と成りました。

これに付いての日本の報道では「大きな差で・・・・」などと報道しているところもありますが、やはり拮抗した決着であったと思います。
早速、やり直しなどを求める動きも出てきています。

http://www.sankei.com/world/news/160625/wor1606250026-n1.html

http://www.sankei.com/world/news/160624/wor1606240033-n1.html

http://www.sankei.com/world/news/160626/wor1606260006-n1.html

http://www.sankei.com/world/news/160626/wor1606260008-n1.html

今後、2年(それ以上かかると言われています)をかけて離脱の準備、交渉が行われるわけですが、この影響は世界に波及するものだと思えます。
日本を含め今まで余りに離脱が織り込まれ無さ過ぎではなかったでしょうか。

日本に於いては当然、円高・株価下落のトレンドで暫く進むのでしょうし、輸出やその他諸々、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の年金運用などにも影響が出て来るでしょう。

そもそも如何にグローバル化された世界であるとはいえ、日本経済即ち日本株の脆弱さの露呈が繰り返されています。

今回の件は安倍首相の経済政策、アベノミクスにとりプラスの効果ではなくマイナスの効果と成って現れるでしょうし、政策が批判のみの民・共野党は日本国民が重視する経済・社会保障の面を強く第三者として追及して来る事でしょう。

そこで目の前に迫った参議院選挙ですが、一強多弱と言われている現在の政界でこの英国のEU離脱という民・共野党に有利な風が吹いている中、日本国民の判断はどうであるのか?
そこに興味の目が向きます。

つまり、アベノミクスの評価であり、今後の自・公連立政権の経済運営と民・共野党との比較というもので、これで共産党が票を伸ばしたとしても民進党がどう国民から評価されているのか?

現時点での日本国民の成熟度、民度が表れます。
もちろん、今参院選が民進党の正体・実態を日本国民がどのぐらい分かっているかというバロメーターであるという意味です。



[ 2016/06/26 06:53 ] [ 編集 ]
上・訂正
お分かりになると思えますが、一応
登場結果 → 投票結果
[ 2016/06/26 06:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: