私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  憲法は朝日や民進党らの所有物か!?

憲法は朝日や民進党らの所有物か!?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 参院選が昨日公示された。改選される121議席をめぐる、18日間の舌戦の開始だ。民進党の岡田代表は、引退した輿石東の選挙区である山梨県甲府市で雄叫びを上げている。

いよいよこの日が始まりました。安倍政治の暴走を止め、政治の流れを変える。この日本に新しい政治の風を吹かせる、その第一日が、きょう始まりました。


 選挙戦の第一声が「安倍政権の暴走を止める」とは情けない。社民や共産の党首じゃあるまいし、もっと建設的なことが言えないのだろうか。「まず 2/3をとらせないこと」と銘打った選挙ポスターの志の低さが、第一声にも表れた格好だ。

岡田克也


 「まず 2/3をとらせない」という恥ずかしい言葉そのものも、この出だしに続いて出てくる。

「まず、3分の2(の議席)をとらせないこと。許せば必ず憲法改正をやってくる。集団的自衛権の行使を限定なくできる、こういう道に踏み込ませてはならない」


 憲法改正とは、内閣や与党が勝手に決められるものは出はない。政治家にできるのは、改正の発議だけであって、決める主体は国民だ。「与党に2/3を取られたら、憲法が変わる」という論点は、主体であるべき国民が不在なのだ。国民のための政治を謳い、いかにも国民の味方のように振る舞う彼らが、実は国民を最も無視し続けている、または無視を宣言する政党なのだ。

 この岡田の論点を後方から援護射撃するのが、朝日新聞である。朝日は公示日の社説で、こう書いた。

 解釈改憲による集団的自衛権の行使容認。特定秘密保護法の制定や、放送法を振りかざした国民の知る権利や報道の自由への威圧。憲法の縛りを緩めるばかりか、選挙で問わぬままに改正論議に手をつけようという政権の危うさを目の当たりにした有権者に何ができるか。


 朝日の社説は、「有権者に何ができるか」というところで文章を切ることで、主張を結論付けていない。だが、その底意は、有権者に対する朝日新聞の社論のアピールだ。この一文は、「危うい安倍政権に対抗せよ」という、読者へのアピールに相違ない。

 「改正論議に手をつけようという政権の危うさ」という言葉には、正直、呆れかえる。国会とは立法府であり、国会議員は英語でLawmaker(立法者)ともいわれる。その立法者が立法府で法の議論をしてはいけないということか。議論すら許さないというなら、朝日が常に主張する「権利」(この場合は議論する権利)を奪う暴言だ。

  少数野党や護憲メディアは、何かというと「声なき声を聞け」「少数を無理するな」と叫ぶ。しかし、少なくない憲法改正の声は無視し続ける。これこそ究極のダブルスタンダードではないのか。

 憲法は、民進党のような護憲政党や、朝日のような護憲メディアの所有物ではない。憲法を決める主体は国民なのだ。思い上がるのもいい加減にしろと言いたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/06/23 07:13 ] 政治 | TB(0) | CM(4)
またまた「平壌」運転
言論・表現の自由を行使するアカヒが国会議員の言論・表現の自由を制限する。
ダブスタ自家撞着のアカヒは本日も「平壌」運転。
[ 2016/06/23 11:08 ] [ 編集 ]
日頃護憲派は、国民主権と言いながら、国民投票を軽視し、国民をあまり信じていないようだ。   
国会の発議を受け、改憲の是非を国民が決める。 これのどこがいけない? 「安保法制の時のように、与党は改憲にも突き進む」というようなまやかしや
扇動はフェアではない。
[ 2016/06/23 15:51 ] [ 編集 ]
残り三分の一も無し
議席三分の二を与党自民に獲られたら、そりゃまあ民共で残り三分の一を共食いするしかないし、昨今の共産の勢いを見れば岡田は・・・ねえ。党首退陣が定め、だわね。
身から出た錆じゃ諦めなはれ。

言葉上で暴走しっ放しなのは反日野党連であって、安倍自民は泰然自若。するべき事をして居るだけ。故に更に岡田は焦る。と。

憲法論議はひとまず自党の民侵内で纏めてご覧。
岡田が外に幾ら反安倍騒動を巻き起こしたくても、民侵党内の憲法論自体が一向に聞こえない処に持って来て、街頭演説の初っ鼻から北朝鮮が日本海にムスダン二発の打ちあげして、日本の参院選にハナを添えるんですから、国民は現実路線を選ぶしか無いのだわ。
憲法が不備過ぎて拉致被害者を自国が助けに行けない国のままじゃあ、余りに情けなさ過ぎでしょうが!

なにはともあれ、フランケン岡田や潰れ豚まん、浮腫み豚まんに命を託す選択は、わたしゃあ持ちません。
岡田某、憲法は君達の遊び道具では、無い!それともご実家の都合でも?
[ 2016/06/23 18:34 ] [ 編集 ]
ゴケン派との手切れ
憲法なんぞくれてやるから、護憲勢力は南洋の島にでも領土を求めて、そこに理想の平和国家を建設したらどうかしらね。9条を厳格に適用して、非核3原則でも、非武装中立でも、好きにしてどうぞ。

もっとも、レーダーサイトも持たないで、どうやって中立を維持するのかいね、中立国は中立を宣言すれば、中立地帯になれるわけではないのだが。

その辺りの様々な疑問に応える、多分、痛ましい結果に終わるであろう実験は、ぜひとも手前の国でやっておくれ。日本は、一瞬一秒たりとも、そんな世迷い言に付き合っている暇はないので。

在コ処分に協力してくれるなら、手切れ金を上げてもよいぞ。
[ 2016/06/23 22:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: