私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  麻生氏の「90歳で老後心配、いつまで生きてるつもり?」を切り取って批判する野党連中

麻生氏の「90歳で老後心配、いつまで生きてるつもり?」を切り取って批判する野党連中

← 応援クリック、ありがとうございます。

 選挙前になると、政党やメディアの粗探し合戦が激化する。今回の麻生発言は、その粗探し合戦の格好の餌食となっており、左派メディアが大問題だと報道し、野党が「血も涙もない」などと人格まで攻撃する始末だ。朝日新聞の報道を見てみよう。

麻生氏「90歳で老後心配、いつまで生きてるつもりだ」 (朝日新聞)

 自民党の麻生太郎副総理兼財務相が17日、北海道小樽市での講演で「90歳になって老後が心配とか、わけの分かんないこと言っている人がこないだテレビに出てた。オイいつまで生きてるつもりだよと思いながら見てました」と語った。麻生氏自身も75歳だが、高齢者への配慮に欠けた発言として批判が出ている。

 麻生氏はこの日、参院選の立候補予定者の応援などで北海道を訪問。小樽市の党支部会合で経済政策について語り、「1700兆円を超える個人金融資産があるのに消費が伸びていない」などと指摘する中で「90歳の老後」に言及した。自らの祖母が91歳まで元気だったと紹介し、「カネは一切息子や孫が払うものと思って、使いたい放題使ってましたけど、ばあさんになったら、ああいう具合にやれるんだなと思いながら眺めてました」とも語った。貯蓄より消費が重要として「さらにためてどうするんです? 金は使って回さないとどうにもならない」とも述べた。

 麻生氏の発言に対し、民進党の岡田克也代表は大分県由布市で「国は年金や医療、介護制度で、高齢者の不安に応えなければならない。私は非常に怒っている」と批判した。共産党の志位和夫委員長は東京都内で「人間の尊厳をどう考えているのか。血も涙もない」と述べた。

麻生太郎
(イメージ画像)


 この発言に対し、民進党の枝野はこう語って、批判を煽る。

 麻生さんがとんでもない暴言を吐いた。とんでもない暴言の半分までは正しい。高齢者のみなさんにお金を使って頂かないとモノは売れるようにならない。充実した老後のために使って頂ければ、ご本人も幸せ、消費も伸びる。

 そこから先、麻生さんは間違っている。なぜ、高齢者のみなさんが老後のためのお金を使ってくれないのか。年金・医療・介護、将来の不安が大きいからでしょう。その不安を感じられないのが、自民党政権なんです。


 麻生氏はたびたび、歯に衣着せぬ発言で批判を浴びるが、そのほとんどは前後の文脈をすっ飛ばし、批判できそうな部分だけを恣意的に抽出した、「発言切り取り批判」だ。「ナチスの手口を見習う」批判も、悪意に満ちた切り取りだった。本当にそんなこと意味を込めて言ったのではないことは、その会場にいた私が一番よく知っている。

 麻生発言は、要するに、「棺桶まで金を持って行ってどうするの?」ということだろう。日本人の平均寿命は、2014年の数字で、女性86.83歳、男性80.50歳だそうだ。つまり、90過ぎると、平均寿命を遥かに上回るということになる。だから、90過ぎてから金をためるという行為は、現実面から見て無駄そのものなのだ。

 朝日の報道は、「1700兆円を超える個人金融資産」には触れているが、麻生発言を受けた岡田、志位両氏の批判は、具体的な前提を排除した切り取りだ。麻生氏はこう語っているのである。

間違いなく1700兆円を超す個人金融資産がある。すさまじいお金。そのお金が消費に回らない。買いたい物がないとか、将来が不安だからとか、いろんな理由あるだろうが、いずれも伸びない。金なんてね、あれ見るもんじゃねえんだ。触るもんでもねえ。あれは使うもんだから。使って回さないとどうにもならねえ。じーっとしているのが最大の問題だ。


 麻生氏のいつもの口調だ。そして、言っていることは正しい。日本の経済を浮揚させるには、個人資産を市場に流動させることが必要なわけで、少なくとも発言の趣旨は、「人間の尊厳」を否定するようなものではない。

 政権与党の批判のみでしか、自分の政党の存在感を見せることができない野党は、発言の揚げ足を取るのはいい加減にして、政策で勝負してもらいたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2016/06/20 07:14 ] 政治 | TB(0) | CM(17)
うちのオヤジも90歳
うちのオヤジも90歳。老い先短いのは確かです。本人も重々承知してますね。
ささやかな資産があり、年金もあるから心配なんかこれっぽっちもない。
だからと言って全て使い切ってしまうわけにはいかない。
相変わらず麻生氏は言い回しが乱暴だ。

かと言って枝マメが指摘するような「暴言」とは思わない。
年金・医療・介護、将来の不安が大きいからでもない。
ぱよちん枝マメは万一の備えという日本人特有の「慎重さ」が理解できないらしい。
[ 2016/06/20 10:20 ] [ 編集 ]
帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社などは、韓国式部分切り取り捏造歪曲言葉狩りによる日本人言論弾圧をやめるべきです。
帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社などは、韓国式部分切り取り捏造歪曲言葉狩りによる日本人言論弾圧をやめるべきです。
[ 2016/06/20 10:38 ] [ 編集 ]
賞味期限ながら自民党に復党(復党させて自民もクズ)した、

同和利権ゴリゴリの90歳のお爺さんのことを揶揄しているのかなぁ~~~と

思いました。



[ 2016/06/20 12:08 ] [ 編集 ]
家庭科担当
本当に情けない。
日本語を曲解するでもなく、重箱の隅をつつくとも言えない、
まさに言葉狩りです。

マスコミと共同して何とか安倍政権打倒の狼煙をあげ、
愚劣な言動を繰り返す為だけに存在する国会議員たち。
国家防衛、火の用心のパトロールではなく、国家争乱の火付け隊と
化した野党の面々が、隙あらばと、毎日、紙面やネット見廻りに
忙しいのです。

と書きながら、yasu様が枝野を枝マメと書かれたことから、
三角頭巾を被った枝野が家庭科実習をやっている図を
思い浮かべて可笑しくて・・・。
枝豆をすり鉢で潰して、嘘を練り込んだなかに、
揚げ足取り(鳥)を加えた料理をしているところを想像していたのです。

またある時は、裁縫の時間にせっせと記事(生地)をトリミングをして
あちこちを貼り合わせるパッチワークに励んでいる様子も
浮かんで仕方がないものでした。(笑)

冗談はさておき、真摯な議論を闘わせる訳でもなく、
政治家の本分を忘れたワイドショーを展開するだけで、
多くの税金を手にするこうした政治屋たち。
幼稚で姑息で国民を馬鹿にした手法で生き残りの為には、
何でもやらかす政治屋たちは、退場すべきです。
[ 2016/06/20 12:44 ] [ 編集 ]
麻生節
出ましたね、麻生節。会場は笑いで沸いたことでしょう。

麻生副総理の講演を何度か聞いた者の感想としては、会場で聞いた一人も不満や慷慨を持つ者は居なくて皆大笑い。終わった後の会場には本当に明るさを感じます。
それが何故か同じ講話がメディアを通して無情な内容に変形されて報じられるのが、ほぼ常の事です。

共産党が「血も涙も無い」と誰に向かって言えるのか?土台血と涙がアレ等にあるのか?そちらの方を聞きたいものです。
民侵・岡田や枝野は政権取った民主党時代に、少しでも高齢者の「心配」を政策的に思いやったことがあったか?具体的に何をした?
景気のケの字でも上向にした事があったか?労働者の賃金アップを経営陣に乞うた事が一度でもあったか?
岡田が非常に怒るべきは己の無能と鈍感さに対して怒るべきであろうに。

麻生副総理の講演には常に情報変形工作報道隊がつきまとい(多分それも御本人には楽しむお気持ちもあるかと思いますが)、現野党はそういう下笥なメディアの「情報」を心待ちにして批判宣伝に遣う、という、不健康ないつものコース。
有権者には非常に気分悪いメディアと反日野党です。

お写真、花丸です。
[ 2016/06/20 19:01 ] [ 編集 ]
青山繁晴氏参院選出馬
今日の記事とは関係ないものですので、ためらっておりましたが、
失礼して投稿させていただきます。

午後には、大阪での出馬会見が終了したようで、
先ほどは、個人ブログ「青山繁晴の道すがらエッセイ」に
決意&メッセージや動機が記されているのを読んでいました。
http://shiaoyama.com/

最後は、安倍総理の要請が効いたのでしょうね。
比例代表で出馬とのこと。
一期限りとして、個人・企業団体の一切の献金を受け付けない姿勢で
臨まれるようです。

実は、今朝から、青山繁晴氏の参院選出馬の一報をネットで知り、
気をもんでおりました。
個人的には、深く食い込んだ取材で公開できるギリギリの線まで
私達に情報を提供し解説してくださった番組出演の大半が
見られなくなることであり、大きな損失に思われていたのです。

さらに参議院の一政治家となっては、
新米に大口は叩かせない、青山氏をいい子にしておかないという
数を恃んだ自民党内の古い体質を持った古狸連中の圧力や嫉妬が
折角の逸材を潰しかねないと思われ、どうにかして翻意されないかなとも
思っていたくらいでした。
それよりももっと自由に政権に、安倍首相にものを言える立場で
居てくださいと念願していたのです。

しかし、ブログに書かれたことを読むと、
常々、固い信念の下、国難にあっての国民の喚起に
力強い発信されている青山氏ですから、
前後左右をよくよくお考えのうえの決断と思われてきました。
日頃よりの言論活動の内容を現実のものとするため、
政治の場で為し遂げたいとする覚悟をもっての決断のようです。

「経済のタブ―を破ります。農業の輸出産業への大転換、
 日本にはできないはずだった資源産業の勃興、
 それらを通じて日本とアジアの経済新生を志します。
 安全保障・外交のタブーを破ります。
 拉致被害者の生還、竹島と北方領土の回復、尖閣諸島の防衛を、
 一新した手法で実行します」とあります。

幸いなる一歩となりますようにと願うばかりです。
第二次安倍総理誕生の時のようにあついものがこみあげてきます。

しかし、どうしましょうか。
日本のこころを大切にする党の中山成彬氏を比例代表として
一票投じるつもりでしたので。

***
申し訳ありません。記事に関係ないことを長々と書かせていただきました。
[ 2016/06/20 19:05 ] [ 編集 ]
彼等ならば即アウト
麻生さんのご発言をその通りに、仮に岡田・枝野。志位が言ったらば、そりゃあ辺りは一瞬の内にくら~くなり、会場を出る人々は希望も夢も後生も期待できない心持ちになること請け合いです。

モノには仁(にん)というものがあり、同じ言葉でも言える人と言ってはいけない人がいるのだと、反日真っ暗陰惨ジメジメ人には言ってあげましょう。
[ 2016/06/20 21:23 ] [ 編集 ]
毒蝮三太夫も仕事がし難い世の中だぜと申して居ります。
いっそお嬢さんと発言されれば叩かれる事も無かったかと・・否否、嫌味だとされて批難されたか。
何れにしてもマスゴミは悪意を持って報道した筈。
893張りの因縁癖は総会屋気質が抜けきらず影響してるせいか、流石羽織ゴロ。
劣化が止まらない
半島の血は薄れぬばかりか濃くなるばかり。
我が国に住むに相応しくない!
お帰りはアチラ
[ 2016/06/20 22:14 ] [ 編集 ]
敢えて苦言を呈しようと思いましたが・・・
揚げ足をとるマスコミやら野党がクズなのは間違いないが、
敢えて「麻生さん、やっぱちょっと脇が甘いよ~。もー、何回目ですか。んなこと言ったら揚げ足とられるに決まってるじゃないですかぁ」と苦言を呈したいと思ってました・・・

が、
12:08のコメントを見て、なるほどと思いましたね。

そーか、そのことだったかと、やんやの喝采!

麻生さん、がんばれー!
[ 2016/06/21 00:16 ] [ 編集 ]
昔、金さん・銀さん姉妹が流行語大賞か何かを受賞されたとき、「賞金は何に使いますか?」と問われ「老後のためにとっておく」と答え、ナイスジョーク!と皆の笑いを誘ったことがありました。
あの頃の方が心が豊かでしたね。
[ 2016/06/21 11:25 ] [ 編集 ]
え?90歳は、一般的に見て、すでに老後なのに老後が心配っいってる人をテレビで見たから、オイオイってツッコミ入れただけじゃない?笑

わざわざ公的に批判するようなことかな?
[ 2016/06/23 12:15 ] [ 編集 ]
いや正しいと思うよ
現役を蔑ろにしてまで福祉だのなんてやるべきじゃないし
生きている以上福祉はしなくちゃいけないんだから直ちに死んだほうが良い
[ 2016/06/23 19:32 ] [ 編集 ]
麻生一族の資産は…
代々使い切らずに相続し続けてきたから、麻生サンご自身は生まれながらの大富豪で、カネとヒマに飽かせて首相までできたんでしょ?
世間に還流されるべき莫大な富を後生大事に抱え込んできた一族、麻生一族の頭目たるご自身こそ真っ先に自己批判すべきじゃないのですか?
それもしないで、日々の生活にも怯える零細な一派庶民の老人に「カネを使え、死んだら使えないんだぞ」と「お説教」とは…。
ご自身の立場もわきまえず、アホを放言するのは麻生サンの得意技ですが、これはエクセレントですね。
[ 2016/06/26 07:53 ] [ 編集 ]
いかにも俗耳に入りやい意見だが、
>世間に還流すべき財産
とは何じゃ?共産党か?

だいたい戦後の超過累進課税体系の元では、資産家への相続税の税率は6割超、7割に達する。田園調布の開祖 渋沢(栄一)家の土地が3代にわたる相続で、ついに田園調布から一坪もなくなったことを知らないの?

或いは皇后様のご実家 正田家の相続に当たっては、家業たる日清製粉の株式を手放すか、ご自宅を売却するかの究極の選択を迫られ、皇后様がお育ちになった五反田のご自宅を国庫に納められたのは記憶に新しい。
だいたい麻生一族の資産などと云うものは存在しない。戦後の民法で認めらているのは純然たる個人資産だけ。「家産」などというものはあり得ないのだよ。断言してよい、世界一高い日本の相続税の下で、日本でおっちぬだけでも、相当な愛国者であるよ。

麻生家の相続は知らないが、日本でマトモな資産家は相当な苦労をしておる。

逆に成金系?の資産家は自由自在、武富士の会長の息子が香港国籍を取得して相続税を逃れたのは有名な話。国税庁が最高裁まで争ったが敗訴、一円もとれませんでした。

資産家のことなど何も知らないくせに、嫉妬と想像だけで物を言うべきではない。
ちなみに私の住んでいる杉並区など、1億以上の資産を持っている中流家庭が10万はいる。土地の値段が坪200万はするからね、35坪の小さな持ち家を持っているだけでも7千万の資産がはあるのだから、金融資産を合わせて平均的に1億はあるだろう。この人たちが年間百万円を余分に消費するだけで1千億、東京都全体では兆単位になろうよ。
麻生さん個人が5億や10億無駄遣いしたところで、焼け石に水にもならん、地上に落下する前に瞬間蒸発するだけ。日本は依然として中間層に厚みのある国であり、そこが動かないことには、景気はどうにもなりまへん。

ついでに言えば、麻生さんも、その日暮しの貧乏人には何の期待もしてないと思うがね。

[ 2016/06/26 11:52 ] [ 編集 ]
十澄サマ
講演会はその場の雰囲気や会衆を見てするものですから、麻生さんが仰った事は皆お笑いで済むお話だったと思いますよ。
ドコゾの観る目の無い弁士だったら相手構わずに言うから、自分と麻生さんを同じ演者として「暴言」と捉えちゃうのよね。
その点、小学生時代からお祖父様に連れられて落語を堪能して育った麻生さんとは岡田は足許にも寄れないでしょうね。

所得税は一定以下の低所得者は払わないで良いのよね。だけど社会保障はされるのが日本です。良い国だと思います。
問題があるならば国の仕組みでは無く殆ど窓口の役人の誠意の有る無しでしょうし、そこまで政府が関わる程日本は小っちゃな国では無いし。

麻生家のおばあ様が麻生さんのお話なら、思いっきりお遣いになられた事になりますが、お母様がお姑様を評するに、やはり思いっきりの良い毅然とされた刀自で、吉田首相がご自身の家産では足りずに麻生家がお仕事で使っていた家屋や土地も何件か売り払い、当時の貧しい国費に負担を掛けないようにお努めだった様子を御本に書かれています。
外からは解らないのが他家の事情で、余り勝手で安気な物言いは逆に恥をかきますよ。弁えは貴方も必要ですね。
[ 2016/06/26 13:45 ] [ 編集 ]
乞食王子
こはる様のお文で思い出しました。

麻生さんの叔父様、吉田茂のご長男である吉田健一氏に、「乞食王子」なる抱腹絶倒のエッセイ集があります。一人の人格の中に、王子と乞食がいることが気に入って付けたそうです。

海軍の水兵服で復員し、ずっとその着たきり雀の格好で、売れない文士稼業を続けていた健一さん、出版社に前借りを頼みに行ったけれど断られ、やむなく?数寄屋橋か何かの袂で、空き缶を前にして座っていたら、向こうからその出版社の社員から歩いて来て、吉田氏を見つけ、慌てて逃げていったそうです。(笑)

それで官邸にいる親父にせびりに行ったら、「現金はないけど小切手ならある」と言われ、銀行に換金に行ったら、何と、不渡りだったと、余りのことに茫然自失する健一さんでした。

親父はこんなにカネがないのか、とその時にやっと気づき、以来、猛然と仕事をするようになったそうです。

その仕事というのが、文庫本の翻訳で。何でも奥様に膝枕をした健一さんが、横文字を片っ端から縦にしてゆくのを奥様が筆記するスタイルだったようで。何しろ、健一さんはケンブリッジ出の英語の名手でしたからね。いざとなったら、教養が物を言います。

王子と乞食は似ているところがあって、余計な口を利かずに済む職業だからだそうです。余計な口を利かないで済む分、冷静に相手を観察することが出来るメリットがあると。

空き缶を前にして、右や左の旦那様への募金の呼び掛けも経験したことのない、恵まれた貧乏人が、偉そうなことを言うものではありませんね。
[ 2016/06/26 14:32 ] [ 編集 ]
復活
バロン閣下 今また吉田健一氏が見直されつつあるようで、講談社文芸文庫で何冊も出て来たのは嬉しい限りです。
言葉遣いの個性的な品のある作品で最近はあまり読めない作家さんだと思います。

何代も続く富家に妬みがあるのか、戦後の三流サヨク原作者や監督は実像も調べずに貶める為に、成金風ケチケチ横暴映像で一般の長閑なオツムに悪印象を刷り込みますけど、今時の小学高学年の賢い子なら見破れる程の類似的作品でしょう。

麻生家が吉田首相の政治を支える為に手放した土地家屋というのも、一般の生活者が考える様な小家ではなく、九州を訪れる外国賓客や社員の春秋の園遊会などに使用されて居た和洋庭園を持つ一種の迎賓館の様な物で、それも何件あったか、と和子様はお嫁の立場として恐縮しながら誇張することも無くお姑様の豪傑振りをお書きでした。
漫画「ハイカラさんが通る」の何人かのモデルになっている方々ではないか?と思い乍ら楽しく読みました。

[ 2016/06/26 23:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: