私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  本棚 >  朝日、毎日、サンモニのディレクターにも読ませたい良著「総理」

朝日、毎日、サンモニのディレクターにも読ませたい良著「総理」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 最近読んだ本に、元TBSのジャーナリスト、山口敬之氏の「総理」がある。その中に、興味深いくだりがある。

 一連の会議が終わった11月16日の夜、私は安倍に呼ばれて、ブリスベン市内のホテル14階の安倍が宿泊する部屋に向かった。秘書官に案内されて部尾に入ると、私はまずはその狭さに驚いた。私はこれまで幾度となく安倍の外遊先のホテルの部屋を見てきたが、ブリスベンの部屋はこれまでで最も狭く、一国の総理の宿泊施設とは思えないほど安普請だった。オバマ大統領や習近平国家主席が一泊10万~25万円前後のスイートルームに泊まるなか、この部屋は日本円で約2万円。ドアを入って左側の限られたスペースに質素なソファセットが押し込まれ、右側の壁には小さなデスクが作りつけられていた。すぐ奥の暗がりには安倍が休むであろう普通サイズのベッドが見えた。まるで大学入試のために上京した受験生が予約したビジネスホテルみたいだった。


 舛添要一に是非読ませたい。

 「総理」は、第一次政権の退任から現在までの政治家安倍晋三を追ったドキュメントだ。2007年の第一次安倍政権崩壊から5年後の総裁選に出馬するまでの復活過程に形成された、安倍政権の骨格や行動を支える「芯」を紐解き、その過程で一貫して重要な役割を担った麻生太郎、菅義偉というふたりの屋台骨をからめながら、ストーリーが進む。中川昭一氏の死が、安倍総理の再出発に大いなる使命感を与えた。ちなみに、中川氏の死と戒名、東日本大震災での小学生との約束の部分は、涙腺決壊必至だ。

総理


 反原発、特定秘密保護法、集団的自衛権の行使容認など、安倍総理は不人気な法案、票を取れない法案にも、果敢に挑戦してきた。不人気な政策を実行しても、安倍政権の支持率は高止まりしている。これについて山口氏は、国民が民主党政権の失敗と失望から学習したのだと書いている。

 「たとえ国民に不人気な法案でも必要と判断すれば果断に実行する」という姿勢が、大衆迎合の言説を凌駕したのではないか。

 反安保だけではない。「ガソリン値下げ隊」「最低でも県外」「消費税増税反対」。2009年の政権交代前夜から、民主党政権時代に受けた国民の落胆は、耳触りのいい政策そのものへの懐疑心へと変質した。日本の有権者は、たび重なる失望から学習したのだ。少なくとも、有権者はここ数年で、政治家がぶち上げる政策の中身もさることながら、その政策への思いや本気度など、政治家の信念の有無を値踏みするようになったといえる。そして国民の静かな、しかし重要な意識変化によって、永田町の力学も大きく変わりつつあるのだ。


 この「意識変化」は、来る参院選と都知事選で試されることになる。

 山口氏は、ジャーナリズムの政権批判のメカニズムを、こう解説している。

 メディアはえてして、政権内部の人間関係が円満な時には「なれ合い」と批判し、意見の食い違いが見られる時は「不協和音」「閣内不一致」と攻撃する。果断な決断をした際には「独裁者」、協調を優先すれば「優柔不断」、党や役所の自主性を尊重した場合は「丸投げ」と攻撃する。要するに、為政者が「何を」「どう」やろうとも、メディア側はそれを批判する形容詞を用意しているのである。


「最も総理にしてはいけない人物」
「安倍は人間じゃない。叩き切ってやる」

 これらは酔客の戯言ではない。れっきとしたテレビキャスターや大学教授による、公の場での安倍に対する発言である。(中略)

 一般人の感想ならまだしも、もしジャーナリストや学者を名乗る人物が「最も総理にしてはいけない」と断定するなら、根拠を示す必要がある。一国の宰相とはどういう仕事であり、どのような人物が適しているのかという点について見解を表明した上で、対象となる政治家の人格について客観的事実を示し、適不適を評定するのが責任ある発言者の態度だといえよう。これができないのであれば単に感情的に批判していることは明らかであり、その論評はジャーナリズムにもアカデミズムにも属さないと言わざるを得ない。


 この部分を、山口氏を首にしたTBS、特にサンモニのディレクター、朝日、毎日らのサヨクメディアの記者やデスクにも読ませたい。

 「総理」は、政治家の内面まで深く入り込み、安倍晋三という政治家の人間性までを深く掘り起こした良著だ。

総理
総理



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2016/06/19 10:01 ] 本棚 | TB(0) | CM(6)
メディアの政治介入(メディアの公平・公正の原則への干犯)
さて、舛添東京都知事が「セコイ」を国際語とした功績を残して去ります。
続いて、民進党の蓮舫が都知事選に立候補する、しないと注目を浴び出した瞬間。
民進党の党首をゲットするために、都知事選には出ないとか。
つまり、「負けるのが分かっているので勝てる可能性のある方に行きます」と訳せばなるのかな?
と思います。

そこで、自・公与党VS民・共野党の東京都知事選、参議院選ですが。
公平・公正に伝えるのが仕事であるメディアが特定の偏りで報道をし出しています。
その根底が『改憲・護憲』、即ち、『憲法九条』を保持するか、変更するかというものですが大きく言えば国民の意見が二分されている問題で片方の主張を公共の電波を使い日々流す。
それを偏向と言わず何といるのか?
という事ですが、正直なのは古館伊知郎やTBS社長、武田信二の「偏向で何が悪い!」と

ですから、自・公V民・共 & 朝日・毎日・東京・NHK等
の都知事選、参議院選という事です。

http://www.sankei.com/politics/news/160619/plt1606190010-n1.html

http://www.sankei.com/life/news/160619/lif1606190016-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/160619/plt1606190015-n1.html

[ 2016/06/19 13:21 ] [ 編集 ]
韓国軍のベトナムでの慰安所のことをスクープして左遷された山口ワシントン支局長ですね。読ませて頂きます。

総理の海外出張時の宿泊先は規定内の2万~4万と聞いていました。そうですか、そんな粗末な所に宿泊しておられるのですね。オーストラリアでのAPECの時だったと思いますが、各国首脳のうち一番安いホテルに泊まったのは安倍首相と英国の新聞だったかが記事にしたのを思い出しました。
[ 2016/06/19 13:29 ] [ 編集 ]
安部総理のようにありたい
電通が支配するとも言われるNHKを始めとした
電波利権屋のテレビ業界の傲慢さは、
この本の著者を退職に追い込んだ悪名高き反日TBSに象徴されますね。

また、長年、朝日新聞等の反日メディアに餌を与えられ続けて、
自分の意思一つで総理さえも辞めさせることも出来ると豪語した田原総一朗に
代表されるような似非ジャーナリストの増長慢を生み出したことにも
メディアの傲岸不遜が表れます。

そこらの業界に迎え入れられてきた学者や評論家の栄耀栄華が
長く続き過ぎました。
今はほころびが出て、矢が飛んでくるようになったのも
安倍晋三と言う真っ当な総理の出現ゆえと半端ない危機感がいっそう、
極度の暴言となるのでしょう。

「安倍を許さない、たた斬ってやる」この言葉を吐いた
山口二郎法政大学教授には、学者云々の前に人間として
疑問符がつくものです。
思い出すたび、その言葉、獣のような咆哮に寒気がします。

同様に、朝日新聞などの左派新聞から国連で大活躍の日弁連の左派弁護士たち
世の中に広く法曹界、学界、芸能界とお仲間たちが、その本性を隠すことなく、侵略を受け続けるこの事態に及んでなお妄言を放ち続けます。

ここで朝日新聞が、先日、エース吉永小百合嬢を登場させ、
「憲法9条を守って、武器ではなく対話で平和な世界を作っていきたい。
私は強くそう思います」
10代の若者に「あなた達(たち)の思いを考えを一票に託して下さい」
とのメッセージを掲載しています。

70歳を超えた人間がどれほど長生きをしても余命は限られるものを。
これから将来ある日本の若い人に降りかかる国難の想像力も
なかったものです。
国際社会を見渡せば、如何に無責任で自分さえ良ければよいとの
現状逃避であることか。

「平和な日本であるために、憲法9条をしっかり守って、
再び、戦争する日本にならないようにしましょうね」と
世のおじ様、お爺様方の永遠のアイドル「小百合ちゃん」
は今日も訴えます。

吉永小百合。
こんな虫も殺さぬ顔をした今や思想的確信犯となった人間が
一番、たちが悪いのですね。
日本の将来に、将来ある若い人を惑わして平然としていられる存在は、
長年の女優稼業でつつましくやんわりと見せかけて、
その実、悪魔的な言動で洗脳します。

頭の中は赤い思想で凝り固まった、こんな偽善者が受け入れられる
世の中でいいはずはないのです。
昔々はフアンであったことも恥ずかしい。

***
今日、記事に書かれる安倍総理に戻れば、
昨夜のチャンネル桜の討論で、
元衆議院議員の論客西川京子氏は
バッシングの末、政権を降りた後は安倍総理のもとには、
誰一人として寄って来なかった、呼ばれなかった」
ジャーナリストの加藤清隆氏は、
「議員会館にいつ行っても議員会館に居て、ひたすら勉強していた」と。
深い孤独と焦燥の中で、そうした前向きの姿が
失敗から甦った安倍総理の強さを物語ります。

戦後以来、様々な失敗をして来た日本、
偏向教育やメディアに潜む自虐史観が日本人の心を荒ませ、
誇りを持てなくさせ、自信を無くしてしまった日本人を作り上げました。
破壊しようとする勢力や、日本の弱体化を望み、
分断工作に躍起となる勢力に抗して、まだ本来の日本を
取り戻せることを信じて、安倍総理のように前向きでありたいものです。

国内外の反日の連中にとっての危険人物、
日本の為に働く安倍総理の事情を知ることで、
良い方向への選択の支えになるよう、お勧めの本、是非とも読んでみます。
[ 2016/06/19 15:50 ] [ 編集 ]
我が首級、義に捧げよう ?
山口敬之ってどんな人か解らずググってみました。 
ベトナム戦争時の南鮮女郎屋のスクープが自社に阻まれ「文春」に持ち
込む「不逞」で15年3月に降格、16年5月に退社した御方でした。

著書「総理」でブログ主の涙腺を崩壊させるような筆を揮われているなら氏の
南鮮スクープはジャーナリストの誇りをかけたものであり、そして安倍さんへの
掩護射撃でもあったようですね。

スレッドで紹介された箇所からの印象ですが安倍さんは取材記者へ一視同仁
に接しておられるようで、まともな記者は首級を賭けても自分の出来る範囲で
安倍さんに報いたいとの絆が育まれているような印象を受けました。
[ 2016/06/19 17:46 ] [ 編集 ]
読了
中川昭一さんのご葬儀での「政治家は我が身無念と思えども、国の為なら本懐なり」「死せる中川、いける保守を走らす」麻生さんの弔辞と、あの麻布・善福寺のお通夜に参列した方々から発信された数々の”現場中継”が昨日のように鮮明に思い出されました。

2011年3/11の時には「被災地顔出し撮影」で終始した多くの代議士とは違って、メディアに公表せずに地元下関で集めた救援物資を積んだトラックでいくつかの避難所を訪れた安倍さんの様子の記述にも、津波で母を亡くしたお嬢ちゃんとの会話にも、涙の関は大決壊。

安倍さんはご自分と岸元総理を関連づけて語られるのが余りお好きでは無いと何処かで読みましたが、この御本の中で吉田元総理と岸元総理との関係が、麻生さんと安倍さんの関わりにダブる記述も、あるべき政治家方の姿の一つとして気分良く読めました。

とかくメディアは安倍総理と麻生財務相との齟齬を書きたがり、安倍総理の後ろで菅官房長官がいらぬ画策をして居るかのように宣伝したがって、この三者のトライアングルに蟻の穴を通したい様子ですが、この一作で<下笥な努力は時間の無駄>と解る内容です。

総理を持ち上げては足を引っ張る古いベテラン自民党議員の人事への口出しの禍や、下野した経験から学んで大きくなった安倍晋三という政治家を、親しみは持ちながら決してヨイショではない著者の弁え方にも好感が持てました。
[ 2016/06/20 00:23 ] [ 編集 ]
教えてくれて感謝です!
山口氏がTBSを追われた時「ずーっとこの人を応援しよう」と決めていたのに、新刊発売を全く知りませんでした。
早速買いに行きます!
ありがとうございます!
[ 2016/06/21 17:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: