私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  舛添が辞職。今度は民進党に引導を!

舛添が辞職。今度は民進党に引導を!

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日、舛添東京都知事が辞職を申し出た。散々足掻いた挙句の辞任劇。初動対応のミスが、自らの首を絞めた展開である。もともとは猪瀬直樹氏の辞任で、「東京オリンピックの顔」となる都知事の座を射止めた舛添だったが、オリンピックへの執着も、驚異の粘り腰も、都議会全会派に不信任を突きつけられる状況になれば、手放さざるを得ない。これほどまでにダーティーなイメージがついてしまえば、タレントとしての復活も困難で、教鞭をとる場を与える大学もないだろう。哀れなものである。

舛添


 自民党にとって、程度問題はあるにせよ、参院選への影響は少なからずあるはずだ。自民党は、「公約に政治資金規正法の改革を加える」ぐらいのことを率先して言うべきだ。世論を甘く見てはいけない。負のイメージは、ひとたび連鎖を始めてしまったら、止めることはできないのだ。

 一方で、一貫して国民をなめ切ってきた民進党が、参院選に向けた政策集を発表している。負のイメージの払拭を目論んだのか、今回「マニフェスト」という呼称は消え、「国民との約束」という新たな呼称を使用した。

民進党 国民との約束2016
(クリックでPDFが開きます。)


 ざっと中身を確認してみたのだが、相変わらず理想論のオンパレードといった内容だ。骨格は、「経済と暮らしの立て直します」と「憲法の平和主義を守ります」のようだが、民主党政権時に、経済面で何もできないどころか、経済をただただ悪化させた民進党が何を言っても、説得力を持ちえない。「人への投資」「働き方革命」「成長戦略」などと耳障りの良いフレーズが並んでいるが、どれも“今の経済状況”に対する即効性に欠けるものばかりだ。要するに、彼らにとって、現下の経済状況はアベノミクスの失敗によるものという勝手な前提があるわけだ。なんでも人のせいにする政党らしさが滲み出ている。

 「保育園・幼稚園で働く人の月給を5万円引き上げます」「返済不要の給付型奨学金を創設します」「誰もが時給1,000円以上を実現します」「年金をかさ上げし、受給資格を拡大します」などは、2009年のマニフェスト時代と比べても、ほとんど成長がない。「ふーん。で、どうやってやるの?財源あるの?」である。

minshin-manifesto2016_2.jpg


 ひと通り読んでみても、この民進党の政策集からは、彼らが「日本をどんな国にしたいのか」という、“国家観”のようなものが全く感じられない。ただ、例外がふたつある。ひとつは、「選択すれば夫婦が違う姓を持てるようにします」という夫婦別姓政策、もうひとつは憲法だ。10章目に「憲法の平和主義を守る」という項目がある。そこで彼らが重点政策と上げるのが、下記3つだ。

1. 昨年成立した安全保障法制を白紙化します
現政権は意図的・便宜的に憲法解釈を変更し、あいまいな要件で集団的自衛権の行使を認めました。このことは、憲法で国民が国家権力の行き過ぎに歯止めをかける立憲主義と、憲法9条の平和主義を揺るがすものです。絶対に認められません。昨年成立した安保法制の白紙撤回を求めます。

2. 平和主義を脅かす憲法9条の改正に反対します
海外の紛争に武力をもって介入しない、それが憲法9条の平和主義の根幹です。自民党の憲法改正草案のように9条を変えて、制約のない集団的自衛権の行使を憲法上認めることは許されません。平和主義を断固として守ります。

3. 未来志向の憲法を国民とともに構想します
現行憲法の「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」の理念は、戦後70年間にわたり国民が大切に育んできたものであり、堅持しなければなりません。このことを前提として、「新しい人権」や「統治機構改革」など時代の変化に対応した未来志向の憲法を国民とともに構想します。

民進党 国民との約束2016


 集団的自衛権の行使容認を無効化しつつ、憲法9条は断固守るということだが、支那の艦船が我が海域に不法侵入するご時世に、「9条守れ、集団的自衛権はダメ」というだけで我が国の平和が守れるなら、安倍政権は世論に見放され、とっくに退陣しているはずだ。民進党の憲法・安全保障は、憲法と心中する気概を持ち、日米同盟の弱体化によって、支那に与えるための「付け入る隙」を、徐々に拡大して行こうというもの。まさしく、鳩山ルーピー政権そのものだ。

 こういう政党の議員たちを雇うことこそ、国民にとって税金の無駄である。舛添は退いた。今度は民進党を退ける選挙にしたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2016/06/16 07:14 ] 政治 | TB(0) | CM(7)
民進党(民主党+維新)だけじゃなく・・・
共産党をも退ける選挙にしたいものである。
「民共共倒」をスローガンにしたいものだ。
[ 2016/06/16 08:43 ] [ 編集 ]
次はオマエの番だ
ガソリーヌ耶魔汚、いよいよ次はオマエの番だ。
クビ洗って待っとれ!
[ 2016/06/16 09:08 ] [ 編集 ]
ハシシタ処分 → マスゾエ処分 → 次は?
ハシシタ処分 → マスゾエ処分 → 次は?

ハシシタ処分 → マスゾエ処分 → オオムラ(愛知県知事)処分、クロイワ(神奈川県知事)処分、ハヤシ(横浜市長)処分、フクダ(川崎市長)処分、オガワ(福岡県知事)処分、オナガ(沖縄県知事)処分、・・・といった順序で処分でしょうか?
[ 2016/06/16 15:51 ] [ 編集 ]
掃いて捨てようミンシントウ
最近になってようやくTVは舛添知事への批判的報道していますが、彼自身が自賛するほどには仕事ぶりは褒められたものでは無さそうですね。
その一つが彼の選挙演説では「解消」される筈だった保育所問題で、東京都は日本一の待機児童の数であるにも関わらず、一切舛添の具体的意向は示されなかったし、現場と都の会合にも一度も出席無し。
民間側のこれに深く関わる人によれば「関心無いんでしょうね」と。

ともあれ一山過ぎました。与党自民党は、都連だけではなく舛添問題の根本をよく見つめて心して政治に向き合って欲しいです。


民侵党、<人からはじまる経済再生>って・・・経済ですものねえ、人でなければ何が経済活動するのだろ?
<コンクリートから人へ>とか言った前世から抜け出せないのかな。
”マニフェスト”にしろ”国民との約束”にしろ、要するに従来の言葉で言えば単なる「公約」でしょ?

言葉狩りに精出す輩は言葉の「創作」にも精出して、ごくろーさんです。アホらしくて付き合う気にもなれません。
国民の事を真剣に思うなら、民侵党は泡と消えるが一番です。
[ 2016/06/16 23:30 ] [ 編集 ]
火刑台上のガソリーヌ
小汚ない、小狡い、小賢しい…どうして日本語というのは小がつくと、日頃の素行の悪さが強調されるように感じるのか、昔から不思議に思っていました。

違法ではないが、不適切とかいう言い訳を自分の雇った弁護士に述べわせて、法的な問題をクリヤーしようとした。それを小悪党の態度と日本人は思う。だから「小」が付いたら、日本ではダメなんだってぱ!?(笑)

それってトップリーダーが違法ではないが脱法行為を繰り返してきたということを認めることで、行政官の資質としては最悪、世論の火に油を注ぐことになった。頭だけは良いはずのハゲ鼠がかくも人の心が読めないとは。そう言えば、ガソリーヌというのもおったな。(笑)

企業の不祥事とかがあると社長以下、役員が横一直線になって頭を下げる。ただひたすらカメラに向かって頭を下げる、赦されるまで下げ続ける。その時に法律的な抗弁をしたり、「俺は寝てないんだ」とか余計な口を利いてはならない。世論の集中砲火を浴び、八つ裂きにされて、いかなる企業も瞬時につぶれてしまう。山本七平さんによると「日本教」というのものがあるのだそうですが、いや、久しぶりにその言葉を思い出しました。

日本教というのは顕教ではなく、密教であります。しかも何が戒律に触れるか、あらかじめ明示されていないから厄介なのです。ある事件が起こった後に、初めて日本教の禁忌が露になるような気がします。桝添はそのタブーを悉く破っていました。

日本教が宗教であるからには、背教者・桝添の逆で、殉教者がいなければならない。清らかで、不器用で、バカ正直の極致、…いらっしゃるじゃないですが、吉田松陰先生が。

民辛党、共産党はもともとが日本教に触れます。日本の寛容は多神教的なものか、或いは汎神論的なもののどちらかであります。従って、バテレンの妖術の類いは、断固として取り締まるべきというのが私の持論です。とりあえずガソリーヌは火焙りということで。

(ガソリーヌがジャンヌ・ダルクになれるはずもなくて、もちろん「冗談」です。)
[ 2016/06/17 01:10 ] [ 編集 ]
人材が
民進は蓮舫を擁立しようとしているようですが、流石に厳しいだろうと思いますね。

せいぜい知名度程度だと思いますが、「2位じゃダメなんですか」で悪名高い、事業仕分けの仕分け担当でしたから、印象は非常に悪いと思いますね。

まあ民進など、風前の灯の政党なので、今更どう足掻こうが消え去るだけだと思いますから、眼中にありませんけど。

舛添都知事が辞任ということですが、まあこれは当然だと思いますが、問題なのは次期都知事ですね。

しかし、これが如何せん人材が見つかりませんね。石原都知事以降はグダグダの都政なので、深い懸念を表します。

宇都宮氏のような極左候補の当選だけは避けなければなりませんが、中途半端な候補では当選する危険性もあります。

すぐに辞任したり、権力や金への欲望が強い都知事ではダメですが、与野党ともに中途半端な候補しか擁立できなければ、漁夫の利を狙って、極左が当選する危険性もあるので、候補選びは慎重にならなければならないだろうと思います。
[ 2016/06/17 02:25 ] [ 編集 ]
都知事選 さよくを甘く見るべからず
最近の自民党はこういう大事な時に大きなワンポイントミスを連発しています。

それは安倍内閣の方向性なり理念なりは良くても、それを具体的に戦略として行動に移す際のスタッフに問題があるのでしょう。
あの「船田事件」などその典型例だと思います。

であるならば、安倍首相が直接口を事細かく出しているとは思えませんので、菅官房長官以下に問題が有り、反省の必要性があるのでしょう。
そう考えると、多忙な菅官房長官がというよりその周囲で動く自民党政治家にマンパワーとしての問題が有ると言えてしまいます。

今回、自民党は二つの視点で次期東京都知事を選出するでしょう。
それが知名度、人気と金銭の潔癖性。
本来、そんなものよりもどれ程仕事が出来るかが重要だと思うのですが、都知事の経緯からそうなるでしょう。

今候補に挙がっているのは、
橋下徹 元大阪府知事/大阪市長
東国原英夫 元宮崎県知事/衆院議員(1期)
小池百合子 衆院議員(東京10区)
櫻井よしこ
石原伸晃
片山さつき
桜井俊 総務事務次官
松岡修造

池上彰

宇都宮健児
細川護煕
蓮舫
古舘伊知郎
山本太郎 参院議員(1期)
など

一つ、巷の人気では以下です。

http://getnews.jp/archives/1470689

都知事選出馬で本人の明確な否定が無い人物から自公で東国原英夫、小池百合子、石原伸晃あたりか。
東国原であれば人気だけではなく宮崎県知事の実績というアピールで来るでしょう。
過去の醜聞、どの位影響するのか。
そして民・共さよく連合から蓮舫、宇都宮健児、細川護熙あたりでしょうか。
及び自公、民共それぞれ相手の駒に何の駒をあてるか思慮しているのではないかと思います。

http://www.asahi.com/senkyo/2014tochijisen/

そもそも前回の東京都知事選でコテコテの左翼、宇都宮健児が票を伸ばしてしまうという日本国民(東京都民)のさよくに対しての認識の欠陥が有るという事だけは織り込んでおく必要があるでしょうし、宇都宮で言えば温厚そうないい人、弁護士で社会正義のイメージとかではないかと思えます、また細川も知名度、イメージというものでしょう。

なお、流石に「二番じゃダメですが蓮舫」には勝気な生意気小娘というイメージが付いていますし、これはいくら忘れっぽい日本人とはいえ頭に残っているものと思えます。
従って自公側立候補者が誰かにもよりますが当蓮舫、立候補したとしてそこそこ票は得るでしょうが落選と見ています。

それでも今のところはまだ日本国民の目の肥え方には大いに不安が有ります。
そして根底には今後も保守系の「改憲」、さよくの「護憲」、このせめぎあいが流れています。
地方が国政を妨害する時代、都知事選は東京都だけの問題ではありません。

さて、日本国民の目が国内に向いている時、中国は侵略の歩を進めます。
[ 2016/06/17 05:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: