私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  古館伊知郎自身が認定した「報ステは偏向番組」

古館伊知郎自身が認定した「報ステは偏向番組」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 参院選が実質的にスタートし、左派メディアは反安部機運の醸成に必死だ。中でも、左派メディアの代表格である、朝日新聞と毎日新聞は、早くも安倍政権への攻撃を先鋭化している。毎日は11日、「安倍首相の手法 民主政治を問い直す時」と銘打った社説を掲げているが、2014年末の衆院選でいったん国民の審判が下った特定秘密保護法まで持ち出す始末だ。今朝の朝日の社説は、アベノミクスの全否定である。アベノミクスの良い点には一切触れず、単に増税せよと喚き立てている。

 こういう、選挙を前にした特定勢力へのネガキャンは今に始まったことではない。一日でも早く安倍政権を終わらせるという目的のためには手段を択ばない。メディアの悪辣さは、“実態を無視し、彼らの目的に沿った評価を垂れ流し、読者・視聴者を誘導する”というという点である。そこには公平性とか公正性などは皆無だ。それを雄弁に語ったのは、報ステを辞めた古館伊知郎だ。

 朝日新聞に掲載された、古館伊知郎のインタビュー記事が話題を呼んでいる。古館は、キャスター生活12年を振り返り、謙虚さを装って「敗北だった」と語っているのだが、重要なことを語っている。

古舘伊知郎さん「敗北だった」 キャスター経験12年間 (朝日)

――政治からの圧力は、本当になかったのですか。

 「僕に直接、政権が圧力をかけてくるとか、どこかから矢が飛んでくることはまったくなかった。圧力に屈して辞めていくということでは、決してない」

 ――それでも、何らかの圧力があったのではと受け止められた。

 「画面上、圧力があったかのようなニュアンスを醸し出す間合いを、僕がつくった感はある。実力が足りなかった。原発事故後の福島の甲状腺がんの特集も、ドイツのワイマール憲法の特集も、考え方が違う人は『偏っている』と言う。その気配を察して、僕を先頭に番組をつくる側が自主規制をしたきらいがないか。だれかから文句を言われる前に、よく言えば自制、悪く言えば勝手に斟酌(しんしゃく)したところがあったと思う」

古館伊知郎


 ――この春、NHK「クローズアップ現代」の国谷裕子さん、「NEWS23」の岸井さんも、相次ぎキャスターを降りました。

 「岸井さんも国谷さんも、会ったことはありません。同時多発的に辞めたのは、不思議ですね。通底する何かがあるんですか? むしろ朝日新聞にお聞きしたい」(以上、抜粋)


 古館は、政治的圧力がなかったことを断言しただけでなく、いみじくも“あたかも政治的圧力があったかのように自ら偽りの印象操作をした”と言っているのである。早い話が、「報ステは偏向番組でした」という告白だ。報ステも、高市“停波発言”にいきりたって反対していたと記憶しているが、こういう者たちに高市発言を批判する資格はない。

 慰安婦捏造問題の最中、朝日に批判的な池上彰氏のコラムの掲載を断り、後で大問題になった朝日新聞としては、このインタビュー記事を掲載せざるを得なかったのだと思われる。安倍政権による「テレビ局に対する圧力」を声高に批判してきた朝日新聞にとっては、お先棒を担いでいたはずの古館に「むしろ朝日新聞にお聞きしたい」を言われてしまっては、返す言葉もないだろう。

 報ステはテレ朝の看板番組である。その報ステが「偏向番組だった」と、キャスター自身が認定した。朝日や毎日も、「ウチの新聞は『何が何でも反安部です』」と、大見得を切ってみたらどうか。少なくとも、公平とか公正とかいうのは、彼らが口にすべきことばではない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/06/12 09:16 ] メディア | TB(0) | CM(9)
キレてる朝日と毎日
再増税が延期になったから、新聞に適用されるはずだった軽減税率もご破算になったから、キレてるのか?(笑)
が、軽減税率が適用になったって、今さら新聞の読者なんか増えないぞ。
[ 2016/06/12 12:50 ] [ 編集 ]
反日さよく連合のキモは『反日偏向メディア』です。
今さら思うのは大きく言って現状日本のさよく汚染の根の深さです。

この古館伊知郎、そしてそれを長年登用して来た同じ穴の貉、テレビ朝日。
これらは他の偏向メディアである毎日(TBS)や東京(中京)、共同通信、他地方紙など、それに岩波、講談社などの出版社、日弁連、日教組等が確信さよく連合の範疇です。

日本の宿痾の代表的な構造が此処にあるのですが、そんなさよく連合の下部にあるもの、それが偏向メディアや偏向教育で洗脳された評論家や文化人と言われる者たちや芸能人やらの知名度のある人物たちです。

瀬戸内寂聴、山田洋次、湯川れい子、吉永小百合、竹下景子、宝田明、大谷昭宏、後藤謙次、国谷裕子、田原総一朗、鳥越俊太郎、宮崎駿、美輪明宏、村上春樹、益川敏英、茂木健一郎
などから坂本龍一、長渕剛、渡辺謙、笑福亭鶴瓶、久保田利伸、石田純一、太田光、坂上忍、デープ・スペクターなど。

http://stone-roses.org/matome/994

特に日ごろテレビなどで馴染みのある者たちのコメントは一般日本国民への影響があると思えます。
このお茶の間に入り込んだ無意識反日芸能人達の無意識、無責任な発言。

そして勿論、これらさよく連合の底辺でサヨクの意識も有るのか無いのか反日コメントをする芸能人などを利用しているのが媒介(媒体)である偏向メディアであるわけです。

それらの者たちが今、個別に垂れ流しているの『反安倍内閣』のコメントという事です。

日本の偏向メディアではTBSの武田信二社長の発言が有ったり、古館伊知郎の居直りがあるわけですが、公共というプレースに於いて限られた選ばれた情報伝達機関が偏向しているというのはある意味最大の犯罪です。

http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-3473.html

さよく連合の取りまとめ、拡散機関である『反日偏向メディア』の撲滅こそ反日勢力との戦いの最重点ターゲットです。

これを『キモ潰し』と言います。

http://www.sankei.com/premium/news/160612/prm1606120011-n1.html

http://www.sankei.com/column/news/160612/clm1606120003-n1.html

http://www.sankei.com/world/news/160611/wor1606110001-n1.html

[ 2016/06/12 12:55 ] [ 編集 ]
足掻き
<圧力があったかのようなニュアンスを醸し出しす間合いを、僕が作った感はある。実力が足りなかった。~> 
古館某が作ったものは「間合い」などという”謙虚”なものではなかっただろうし、その「実力が足りなかった」は何処に掛かる言葉なんでしょうね?
もっと実力があれば偏向報道に徹していられた のか?
実力があればまともなニュース番組を作れた のか?

そして、何故降板した今になって「正直」に証言しているのか?その真の目的は何?
といろいろ考えざるを得ない朝日新聞並びにテレ朝&古館某です。
三者でお互いに聞き合えば良いわ。

他のサヨク偏向キャスターが同時期に降りた、降ろされたのは番組改編時期と彼等が大好きだった筈の「民意」を推し量った局のビジネス感覚でしょうから、一般聴取者からみれば何の不思議も無いとことですが、常に”自分が主役!”の人には不可解なのでしょうかね。
無常の世の賞味期限の問題です。

サヨク連の最期の足掻きがヒドイですね。お塩山盛りに降って退治致したい。梅雨ですし。


ブータン展覧て参りました。
これから二年掛けて全国を回る展覧会だそうです。お近くで開催されましたらお勧め致します。特に手工芸に関心がお有りの方々には、丁寧で真剣な民族性を感じられると思います。

目録本に依りますと、昭和様の御大葬弔問で訪日された多くの途上国のおよそ全てが弔問のおついでに援助金増額を要請したのだそうですが、ブータン一国があくまでも弔問だけのお態度だったそうで、品格の有る無しがよく判るエピソードと感じ入りました。
[ 2016/06/12 19:12 ] [ 編集 ]
朝日新聞は報道機関では無い、政治結社だ。
1960年代、70年代の学生運動はほぼすべて自称「進歩的」左翼政治運動だった。

アメリカを帝国主義と呼び、毛沢東とゲバラがカリスマだった。

アジ演説で「アメリカの核兵器は悪い核兵器、中国の核兵器は良い核兵器」と叫んでいた。

その学生が社会に出て就職した先が、朝日新聞、TBS、犬HKなどだ。

彼らは、報道機関のふりをして政治運動を続けている、時代遅れの政治結社だ。
[ 2016/06/12 22:14 ] [ 編集 ]
都合の悪い事を指摘される事が「圧力」(笑)
泥棒が警察を警戒するのと同じ理屈ですね。

盗んだという後ろめたいことがある為に、指名手配を「圧力」などと吹聴するのと同じで、普段から捏造や偏向報道を行っている自覚があるから、それを指摘されたり、改善する為の指導を「圧力」などと考えるのです。

お門違いも甚だしい。カルト染みていると思いますね。

その上、あたかも「圧力」があったかのように「捏造報道」するとは、最悪どころか犯罪級だと思いますね。

[ 2016/06/12 22:20 ] [ 編集 ]
良質な日本を汚す反日さよく連合
自分が前々から言いたいことがありまして。

日本国、日本国民というのは誰かに何か言われたとかでなく黙っていても世界に貢献する良質な行いをする国民です。

だから、ご存じの様に科学分野でも日常の技術でも有益な貢献をします。
被災地での倫理観の高さも世界で高評価されています。
個々日本人は真摯に善良であるわけです。

そこで、そんな日本国を賤しめる存在が内部にあるわけです。
それが反日さよく連合という事です。

メディアを中心として日本に害を成す存在、それがさよく連合です。
[ 2016/06/12 23:33 ] [ 編集 ]
日本民族は、夜討ち朝駆けを普通にした信長・秀吉を普通に考える戦争の嘘に騙されていてはならないと言うのです。
そこで、そんな日本国を賤しめる存在が内部にあるわけです。
それが反日さよく連合という事です。
---
あははは。。。よく言うよ。
まあ、何でも良く言えば良く聞こえ、悪く言えば悪く言えるからな。
しかし、右翼の面々は、
「己の如く汝の隣を愛すべし」
の人道の基本、人間が生きる基本中の基本を排除して、近隣諸国、つまり隣・近所を常日頃から悪く言い倒しておいて何をしゃべってくるのかでしょう。
それに被災地の倫理観の高さ?
違うよ、これは阪神淡路大震災でも、東日本大震災でもボランティアをしている人から聞いたが、
何処でも「おにぎり一つで殴り合い」の喧嘩をしていたのだ。
熊本大震災では空き巣狙いの強盗が多発した。
神とあの世を昔から教えられていない日本人など、食えなくなれば何をしでかすか分からない。
これが日本民族実態の真実と言うものでしょう。
しかし、こういうのは何処の国でも見られる。
つまり悪いやつは何処の国でも各層同じ比率で存在する。
それが何処でも真実だと言うわけです。
平均寿命の差がある程度でです。
だから、こういうことを言いふらす右翼は日本を世界から嫌わせるため本当の反日、反日の塊のような存在だと言うて間違いないよ。
まして、右翼は「己の如く汝の隣を愛すべし」を拒否し、21世紀の今日でさえ、17、18世紀時代のキリシタン迫害を普通にしているのを見たよ。
それは右翼が東京のイグナチオ教会へ殴り込みをかけたYOUTUBEを見て知ったのだ。
まあ、右翼の面々は戦争を狙い、自分らだけ栄えようと企むため異文化・異民族を排除して置こうと考える。そのためそうなるのでしょうが。
国家の平和はこういった戦争の原因を作りながら築くことはできないよ。
平和は自分の国、一国で成り立つものではない。
武力だけで築ける平和はない。
よろしいか、日本がいくら武力増強しても、中国はその10倍で武力増強してくるし、アメリカは既に20倍以上の武力を既に持つ。
これはどういうことかと言えば、武力だけではいくら増強しても、日本は腰抜け外交から抜けられないと言うのが真実だと言うことです。
分からないのか?
と言うわけで、何度も繰り返すが、
日本民族は、夜討ち朝駆けを普通にした信長・秀吉を普通に考える戦争の嘘に騙されていてはならないと言うのです。
[ 2016/06/17 15:15 ] [ 編集 ]
日本国憲法のない日本民族は、日本列島を離れ、在中、在韓、在フィリピンになるなど異国の地に生きる覚悟を決めなければならないと
日本民族は、夜討ち朝駆けを普通にした信長・秀吉を普通に考える戦争の嘘に騙されていてはならないと言うのです。

に続いて、
まあ、日本の武力増強と言えば、憲法第13条の範囲で原子力潜水艦を15隻作る程度でしょう。
しかし、これで津軽海峡冬景色は守れると思うか?
いやいや、これとて何隻あるかわからないロシア(旧ソ連)のお化けのようなマンモス原子力潜水艦に対抗しても始まらないよ。
ロシア(旧ソ連)は広いのだ。
核戦争は国土の広さが勝敗を決める。
日本など憲法第9条を改悪して国防軍を持って武力増強して粋がっても北朝鮮の一発の核ミサイルで不毛の地にされちまう。
日本列島は中曽根が言った不沈空母でも不毛空母になれば意味はなしだわ。
というわけで、日本は
「己の如く汝の隣を愛すべし」
を何があってもきちっと実践し、またそのスタンス・姿勢を維持し、隣近所と仲良くしなければならないのです。
神を知らない民族の倫理観など何処の国もみな同じ。
これはどんぐりの背比べのようなもんだわ。
何処の国も差異あらずです。
これを無視して強がり言えばハイ差異ようならですぞ。
日本は一転不沈空母が不沈不毛列島となり、日本民族は在中、在韓、在フイリピンとなるだけです。
結論は、日本民族が現行日本国憲法を失うことは、日本民族が日本列島を失うことと同義です。
これは肝に銘じてそうなると心得なければならない。
日本国憲法のない日本民族は、日本列島を離れ、在中、在韓、在フィリピンになるなど異国の地に生きる覚悟を決めなければならないと言うのです。
[ 2016/06/17 15:25 ] [ 編集 ]
こいつ、何にも知らないな?
信長、秀吉の時代は夜討ち・朝駆けが普通って、何のこっちゃ?朝鮮人ヤクザの世界の出入り(喧嘩)じゃあるまいし。

夜討ち、朝駆けは軍事用語でいうところの夜間攻撃、早暁攻撃の意味だが、そういうのは基本的に数的に劣る、弱者の戦法なのだよ。

それに闇夜での行軍はよほどの訓練を詰んだ部隊でないと、進撃方向を見失って大混乱を招き、甚だリスキーな戦術であるのは戦国時代の常識。とくに夜間の城攻めは絶対に行わない取り決めになっていた。

信長は初戦の桶狭間の戦いを除いて、常に敵の2倍、3倍の兵力を集中して敵を圧倒する正攻法で合戦に臨んだ。秀吉はさらに輪をかけて、大軍に兵法なしを戦いの王道を実践している。

信長の「天下布武」秀吉の「惣無事令」を知らないの?
彼らは合戦の勝利だけが目的だったのではない。彼らは日の本の国から戦いを根絶しようとし、しかも最終的にはそれに成功したのだよ。

朝鮮人ヤクザには理解できない話だろうが、こちらは中世から近世へ、近世から近代へと一歩ずつ前進する歴史なので、念のため。

[ 2016/06/18 01:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: