私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  “基地があるがゆえに起きた事件”という反米軍基地キャンペーンの愚

“基地があるがゆえに起きた事件”という反米軍基地キャンペーンの愚

← 応援クリック、ありがとうございます。

 沖縄で起きた、米軍属による残忍な女性殺害事件は、絶対に許せない非道である。しかし、この事件を受けての翁長沖縄県知事の発言はほとんど支離滅裂で、とても納得できるものではない。

翁長知事「怒りの行き場がない」 沖縄・米軍属事件 (沖縄タイムズ)

 元米海兵隊員で米軍属の男(32)が死体遺棄の容疑で逮捕されたことを受け、翁長雄志知事は19日、「この怒りは持って行き場がない。痛恨の極み。沖縄の知事として大変残念だ」と述べた。成田空港で報道陣の取材に応じた。
 翁長知事は「基地があるがゆえに事件が起きてしまった」と強調。米軍普天間飛行場の移設問題に「不退転の決意で取り組みたい」と話した。
 米軍属の逮捕に、「米国で議員や有識者らと会い、70年間も米軍基地があることの負担と、辺野古新基地建設で県民が新たな負担を背負うことの理不尽さを訴えてきた。その矢先にこのような悲しい結末に至った」と憤った。

翁長


 翁長はこの事件を「米軍基地という迷惑施設の象徴」として宣伝したいのだろう。「反米軍基地キャンペーン」には、その象徴となる事案がセンセーショナルであればあるほど、効果を発揮する。今回は人の命にかかわる問題であるから、翁長のキャンペーンにとっては格好の材料となる。

 しかし、「基地があるがゆえに事件が起きた」という発言は看過できない。もしこの「米軍基地=犯罪の温床」という公式が成り立つなら、それは、米軍基地で働く人々すべてを十把一絡げに「犯罪のポテンシャル」とするもので、これはいわゆるヘイトスピーチではないのか。この主張は、沖縄基地を取り巻く「反基地運動」の活動家たちにも共通するプロパガンダで、理論ではなく感情によるものでしかない。

 もし、「基地があるがゆえに事件が起きた」というなら、世の中のありとあらゆるものが事件の原因になる。交通事故が起きるから車は廃止すべきとか、航空機は危険だから飛ばすな、薬は副作用が怖いから飲むな等々の意見も成り立つということになる。こんなステレオタイプの主張は、世の中の人に振り向きもされない。

 翁長が、事件に遺憾の意を表明しながらも、例えば日米地位協定の見直し一本に論点を絞って、米国と日本政府に働きかけるなら、まだ聞く耳を持つ人はいるだろう。だが、この事件を政治利用しようとする魂胆があからさまに見えた時点で、説得力は無くなる。

 ついでに言えば、この事件に関して中谷防衛大臣が「申し訳ない」と言ったとされるが、日本の防衛相が謝罪すべき事柄ではない。被害者を悼む心は良いが、安易な言葉で、日本政府と事件の因果関係を結びつける必要はない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2016/05/22 10:43 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
えっ、黒人犯罪ではないのですか?
いや、それは人種差別でけしからんと言うなら、アメリカ軍(の兵士・軍属)が存在することにより起こった犯罪という言い方も、立派な民族差別・職業差別ではありませんか。

私の友人にはアメリカ東部の名門大学に留学して、熱烈な?差別主義者になって帰ってきた人間がいます。
彼の言い分を聞くと、少なくとも、沖縄のプロ市民の主張よりは説得力がありますね。アメリカでの生活実感に加えて、少なくとも統計学的な裏打ちがなされています。ここでご紹介できないのが残念ですが。

一方にタブーを作って、片側に議論を誘導しようとするリベラル民主主義も、一つのイデオロギーに過ぎません。アメリカ合衆国という理念だけでまとまった国人の危うさは、その劣化コピーである戦後民主主義と表裏一体の関係にあるのではないでしょうか。
[ 2016/05/22 13:20 ] [ 編集 ]
痛ましい事件であることは間違いありませんが
この犯人が日本人だったらこんなにも大きな問題として報道されるのか…
アメリカ軍属であり、オバマ大統領が来日する前だから尚更…なのでしょうね。

中山成彬さんのTwitterによれば、彼は軍属ではなく基地に出入りする民間業者だとか…

新基地反対報道もしかり
辺野古は新しく出来る基地ではなく、
今あるキャンプシュアブの沖合いを埋め立ててV字滑走路を作る…というもの。
それを、あたかも何もない場所に新しく広大な基地を作るかのような偏向報道に
憤慨する毎日です。

[ 2016/05/22 13:55 ] [ 編集 ]
対日工作する帰化および未帰化の在日韓国人たちも、「日本以外の国の出身者で適法に居住するもの」に全く該当しません。
平成28年5月13日(金)に参議院本会議で可決されたヘイト抑止法案について、←neu

◆罰則を設けることは日本国憲法違反になりますので、罰則を設けることはできません。←neu

◆対日工作する帰化および未帰化の在日韓国人たちも、「日本以外の国の出身者で適法に居住するもの」に全く該当しません。
それゆえ、対日工作する帰化および未帰化の在日韓国人たちに対し「対日工作しないでね!(日本国籍を放棄して)日本国から出て行って韓国へ帰還してね!」と言っても、ヘイトに全く該当しません。

◆ヘイトとは、韓国式捏造に基づき韓国式デタラメ誹謗中傷し追放することです。大まかに言えば、ヘイトとは、韓国式捏造に基づき韓国式デタラメ誹謗中傷することです。

◆第一次資料に基づき真実を述べることは、ヘイトに全く該当しません。
[ 2016/05/22 16:07 ] [ 編集 ]
他の米軍基地在所
犯人は、元米軍兵士だったが怪我に依り軍属、後民間作業員、とも聴きますが、身分は何でもこの手の犯罪者は身分ですることではないと思います。
所謂性暴行を犯す者は世界中何処にでも居るし、基地や軍の存在が必須条件にはならないでしょう。
条件だとするなら軍とは関係のない一般日本人の中に一人も性犯罪者が居ない事になります。

夜の八時に?まあ深夜とは言えないけれど、とはじめは思ったのですが、私が住む地域の八時は関西の友人には一時間早く感じる日没感だそうですから沖縄ではもっと安心感があるのでしょう。
いつものランニングコースだったとも読みましたのでそのコースを被害者は危険だとは感じていなかった訳です。
が、沖縄が翁長知事の言う様に米軍基地の存在故に「危険」であるなら県民の安全確保の為に日常的にそれなりの警備体制が敷かれて居るのだろうか?と疑問が湧きます。

基地の所為だとしましょう。日本国内の米軍基地の在所では何故この様な事件が起きなくなっているのか?その違いはある筈です。
昔は横田や福生の都下でも時々聞いた事件ですが、近年気がつけばそういう事件は聞きません。同じ長い時間米軍基地の街ですが。
翁長知事が真剣に事件に向き合うならば、その当りも研究されるべきではないでしょうか。
[ 2016/05/23 00:31 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
以前と変わりなく、管理人様の落ち着いた文章やご常連の皆様のコメントを読むだけで賢くなったような気になる私ですが、少し時間の余裕ができたもので、レベルの?なコメントを投稿させてくださいませ。

こはる様も指摘されておられましたが、私も常々思っていました。
米軍基地は沖縄以外にもあるんですけど・・・
横田基地のロケーション有っての場所で雑貨屋を営んでいる知人がいたり、
主人は横須賀基地内部の工事を受注したりしているので、私としては日常生活上普通にそこに存在しているものに過ぎません。
沖縄の方と直接語り合ったことはありませんが、おそらく多くの方々が同じような感覚なのではないかな?と思ったりします。

「米軍出て行けー!」なんて、目くじら建てた連中が大騒ぎしているところに駐屯しなければならない米軍の方々は、気持ちも落ち着かなくて、あらぬ事をしでかしてしまう可能性だってあると思います。
あー!それが左巻きの魂胆だったりして・・・
「世界平和w」のためならレイプも殺人もいいネタでしかないんですよね~・・・怖っ
[ 2016/05/23 01:31 ] [ 編集 ]
風説の流布
この法律は市場関係者にしか適用されないようですが、「風説」の幅を広げて
公人の発言をも対象とするべきかと。

公人が「米基地があるから犯罪が起きる」と云うなら因果関係の証明か、または
実データの裏付が必要です。 これら無くして広言するのは「風説の流布」か
犯罪的な流言飛語と思えます。

元警視庁通訳捜査官・坂東忠信さんのブログによれば外国籍の犯罪率を比較
た時、最も高いのは朝鮮・韓国籍で日本籍の約8倍だったと記憶しています。
しかも重罪になるほど丁籍犯罪の比率は上がっていたはず。
米軍基地があることより不法在留朝鮮・韓国籍が居ついたことのほうが犯罪率は格段に高く、米軍より先に朝鮮人の帰郷運動をするべきでしょう。

外国籍犯罪者のデータは公表されておらず坂東氏が国会議員を通じて入手し
開示したものだと述べておられました。
国籍別の犯罪統計を警視庁のHPに公開するよう求めるべきと思っています。


Y子さま 
映画がお好きな方でしたよねぇ、転向されることなくご健在のようで (*^_^*)
[ 2016/05/23 07:34 ] [ 編集 ]
末田様
この世の終わりが来ても転向なんぞしませんのでよろしくお願いいたします。
[ 2016/05/24 01:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: