私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  オバマ広島訪問にかこつけて「日本の過去」という創作話を持ち出す者たち

オバマ広島訪問にかこつけて「日本の過去」という創作話を持ち出す者たち

← 応援クリック、ありがとうございます。

 元広島市長の平岡敬が、広島に投下された原爆で亡くなった韓国人犠牲者について、原爆の犠牲者であるとともに、日本による植民地支配の犠牲者でもある『二重の犠牲者』であり、その被害の責任は「米国だけではなく日本にもある」と語ったという。平岡はソウルと広島で育ったというから、郷土愛の吐露のひとつなのかもしれないが、明らかに国際法に違反した非人道的行為である原爆投下と、合法的に行われた日韓併合を一緒くたに語ってもらっては困る。

平岡元広島市長
平岡元広島市長


 この「二重犠牲者論」は、南鮮の聯合ニュースのインタビューに答えた際に語られた。市長を止めてから15年以上も経過した、いまはその存在を知る人などほとんど居ない平岡を担ぎ出したのは、平岡が南鮮メディアの論調そのままに喋ってくれる存在だったからだろう。実際のところ、この人物に語らせたところで、日本国内として全く影響力がないのだが、南鮮メディアにとっては良い宣伝マンである。和田春樹をはじめ、こういう反日の人材には事欠かないから、南鮮メディアにとっては楽な仕事だ。

 オバマの広島訪問を、日本の過去に絡めて否定的に宣伝するのは、南鮮メディアだけではない。同盟国である米国に多少の遠慮を見せる南鮮とは違い、支那の批判はもっと直接的だ。政治側にいる外交部報道官自身が語るのだから、基本的には政府の意思としての批判なのだ。

 中共外交部は正式に、各国要人の広島訪問は、その目的として、「日本が軍国主義の道を再び歩んでは決してならないということと、日本軍国主義がアジア人民と世界に途方もない災難を招いたことを世界に知らせることでなければならない」としている。ハンギョレもこれに乗り、北京大学の教授の「日本の首相も大虐殺が行われた南京を訪問すべきだという観点もある。 もし実現するならば歴史認識問題を解決する上で大きな一歩を踏み出すことになるだろう」という言質を、嬉々として報じている。

 いわゆる南京事件の世界記憶遺産登録を許した代償はこういうところで出てくる。ユネスコには透明性を求めるだけではだめで、歴史的事実の積み重ねと確固たる証拠を求めなければならない。捏造で日本の過去が固定されてしまえば、いわゆる南京事件が創作であろうと、常に政治利用されるネタになるのだ。

 そもそも「アジア人民に途方もない災難を招いた」という論説は、支那と朝鮮と反日日本人にしか通用しない物語であって、プロパガンダと規定すべき“煽り”だ。こういうプロパガンダに抵抗するには、日本が有志を募って「天安門事件」を記憶遺産に推薦してはどうだろうか。日本の国益に資すると思うのだが。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/05/16 07:14 ] 外交 | TB(0) | CM(6)
これらも、帰化未帰化在日韓国人たち及び彼らに騙されているバカサヨ日本人たちによる「第一次資料に全く基づかない韓国式捏造歴史」ですね。
これらも、帰化未帰化在日韓国人たち及び彼らに騙されているバカサヨ日本人たちによる「第一次資料に全く基づかない韓国式捏造歴史」ですね。

ちなみに、平成28年5月13日(金)に参議院本会議で可決されたヘイト抑止法案によれば、

1. ヘイトとは、韓国式捏造に基づき韓国式デタラメ誹謗中傷し追放することです。大まかに言えば、ヘイトとは、韓国式捏造に基づき韓国式デタラメ誹謗中傷することです。

2. 日本人を韓国式捏造に基づき韓国式ヘイトする帰化および未帰化の在日韓国人たちも、「日本以外の国の出身者で適法に居住するもの」に全く該当しません。
[ 2016/05/16 11:38 ] [ 編集 ]
二宮金次郎さんの心意気の復興
「道徳なき経済は詐欺、経済なき道徳は寝言」とのたまわれたようです。(意訳)
赤貧から勉学と農作業の実績で身を起し、藩の財政再建までを託されるように
なられた御仁だけに傾聴に値する言葉であると感じています。

尊徳翁が御存命ならば 「気迫なき外交はタカられるだけであり、諌める姿勢
無き親善は媚びへつらい」 と申されるのではないでしょうか。

支那には宗教が無く血族の掟を除けば”何らかの強制力”しか理解できない
国のようです。 使えそうな強制力はドンドン使えばよいのです。
天安門でも他国の領海侵犯でも日本がアセアン諸国に率先して「国際世論」に
働きかけるべきであり、同時に巡視艇などの兵器も援助するべきと考えます。

領海侵犯の支那漁船を次々と撃沈するインドネシアの女傑大臣の英断や
羽虫の如き国体でありながら支那漁船に果敢に銃撃戦を挑むパラオの海警員
の敢闘を称えずしてはいられません。
[ 2016/05/16 20:08 ] [ 編集 ]
反日無知識日本人
今の世の中で中共が日本に「軍国主義」とレッテルを貼ろうとして、賛成をするのは南鮮ぐらいのものでしょう。
米国は今や日本には核以外の軍備許容ですし、トランプになったらその核も米軍基地撤退で自国防衛するためにはどうぞ、となる・・か、な、も。

サミットでは南シナ海だけではなくチベットにも東ウイグルにも安倍総理は触れて戴きたいです。

<アジア人民に途方もない災難>という常連二国はどうでも、問題は反日日本人。コレが大問題。死ぬまで待つには時間が掛かりすぎるしテキには代替わりに懸命でもあるようで。鬱陶しい。

アフリカ諸国に国絡みで「輸出・支援」と出て行って、現在一般庶民の暮らしに「種々の災難を掛けているのは中共だ」とアフリカで聴かされて帰国する日本人は相当に多い様ですね。
北海道にもコロニーを作られませんように、祈念いたします。
[ 2016/05/16 20:11 ] [ 編集 ]
特亜に付ける薬は征露丸と赤チンのみ
軍国主義…当時は列強全て軍国主義。逆にそうでなければ余計白人国家に侮られ大日本帝國の栄光(露助に侵略されて終了していた)は有り得なかった。

植民地支配…先ず第一に、当時の朝鮮最大の政治団体一進会の度重なる請願が元になって日韓合邦(併合ではない)が起きている。故に朝鮮は植民地に非ず、当時の日本政府は限り無く本土と同じ待遇を目指した。その過程で例えば朝鮮総督府は逆ザヤで質の悪い朝鮮米を買い上げたりしていた。これのどこが植民地だ?

原爆犠牲者…落としたメリケンに『だけ』責任が有る。当時の我が国を持ち出して寝言言うな。

今日の喚き:特亜に阿る奴の脳ミソは一度キムチの寄生虫に食われたら良い!(山本太郎風に)
[ 2016/05/16 21:41 ] [ 編集 ]
価値のない骨董品を探し出してきたものだ!
日本を貶め日米離反を望む中韓の代弁者か?

古い話だが、
パククネのパパは来日した時「故国を捨て密入国した我が同胞〜」と言った記事があり済州島から闇夜にまぎれ小舟で密入国した事。朝鮮戦争で大挙して
密入国した事。
都合のわるい事には一切触れず、歴史をねじ曲げる。

戦後、朝鮮半島に残してきた日本の資産をGHQ、日本銀行,旧大蔵省あたりが計算すると
現在価値 16兆円以上だとも言われている。諸々を入れる膨大な資産価値
(少し古い記事を散見しました)

他国は植民地を手放す時、資産相当額を要求し清算したのち返還している国もある。
日本は請求していない、今も北の水力発電など稼働しているのではないだろうか?
日本は朝鮮半島を植民地にはしていない。
当時朝鮮は大きな負債を抱えていたし支那から長年奴隷扱いされ正に賎民だった。
日本に泣きついて来たのが実情だと思う。

日韓併合には伊藤博文は大反対だったが、何故か安重根のテロにあい絶命した。
福沢諭吉など朝鮮人を良く観察していてボロクソのクソ野郎ぐらい言っていた。

老害パヨクは 「閑居して不善をなす」
 
[ 2016/05/17 00:55 ] [ 編集 ]
国益を考える
日本の国益の為に、「日本人がアジア人民に途方もない災難を招いた」という
プロパガンダには強く抵抗したい。しかし今の日本人の中に、日本の国益を考える人が一体どれだけいるのだろうか?
そもそも国益とは何かを考える人もまた然り。

ここでも又、GHQが日本人に仕掛けたマインドコントロールの話が出てしまうが、それまで日本人が培ってきた家族主義を基本とする社会のあり方を、個人主義尊重の社会へと変質させられた弊害が如実に表れている。

個人至上主義の中では権利の主張に偏りすぎて、家族の幸せどころか国益なんて到底考えられない。なぜなら、国益を考える場合は少なからず個人の義務を伴うからだ。

個人の義務を無くして国益は求められない。
一旦緩急アレバ義勇公二奉シ以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スベシ の心を取り戻す為、先ずは披占領期間のわずか7年間の歴史を知ることから始めないといけない。
披占領期間はまだ終わっていないという見方もあるのだが。
[ 2016/05/17 00:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: