私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  ヘイトスピーチ防止法 ~ また言葉狩りがはじまるのか?

ヘイトスピーチ防止法 ~ また言葉狩りがはじまるのか?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 13日の金曜日、参院でヘイトスピーチの対策法案が賛成多数で可決され、衆議院に送られた。今国会で成立する見通しだという。1995年に日本が加入した国連の人種差別撤廃条約に対するアリバイ作りという側面もあるのだろうが、この法案は様々な問題をはらむ。


 これはTwitter界隈で極左反日記者として名高い、東京新聞の佐藤圭のツイートだ。高市総務相の停波発言で「メディアが萎縮する」などとご高説をぶっていた人たちが、この法案で懸念される表現の自由とその萎縮について口をつぐむのは理解できない。「朝鮮人」という表現が問題視されるという。付帯決議を全部読んでいないので、この「朝鮮人」という表現が単体で問題視されるのか、或いは排斥の表現と組み合わされたときに問題視されるのかはわからない。

 1976年、「ピノキオを洗う会」という団体が、童話の名作、「ピノキオ」を差別文学と訴え、出版社に回収を求めた事件があった。その団体はピノキオのどこを問題視したのか。

びっこのきつねとめくらのねこのこじきがやってきました


 これら、「びっこ」「めくら」「こじき」という表現が、障害者に対する差別を拡大すると訴えたわけだ。「ピノキオ」は童話として定着しており、いうならば古典である。その作品のなかにある「びっこ」「めくら」等々のことばを“狩ろうとした”わけだ。

 言葉狩りによって「侮辱」や「差別」がなくなるわけではない。「侮辱」や「差別」の根絶を求めるなら、それは一義的には教育の問題である。ヘイトスピーチ防止法は、ピノキオのような言葉狩りを助長する危険な法律になる可能性があり、看過するわけにはいかない。

 名作「座頭市」は、今ではほとんどテレビで放映されない。「どめくら」という表現があるからだそうだ。これこそ「萎縮」ではないのか。

言霊――なぜ、日本に本当の自由がないのか (祥伝社黄金文庫)
言霊――なぜ、日本に本当の自由がないのか



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2016/05/15 10:06 ] 社会問題 | TB(1) | CM(23)
ヘイトクライムどうなった
座頭市は名作。キューバのフィデルカストロは大ファンだったそうで、め倉が差別かどうかは問題視しなかった模様。

生命の危機や身体的損害につながるヘイトクライム(とうぜん逆差別も含む)が放置されては意味がないですね。
世界で問題になるのは、スピーチではなく「暴力」のはずなのに。日本のヘイトスピーチが暴力につながるという実例や危険性なりロジックがあるのだろうか。はなはだ疑問。
[ 2016/05/15 11:48 ] [ 編集 ]
ヘイトスピーチの場が発言する機会
世間的にタブーと云われわるものが存在するが、果敢にもそれを題材にドキュメンタリーを撮った人達がいる。
オウム真理教を外からバッシングするだけじゃなく信者側、中からどういう状況だったのかを追った「A」を制作した森達也監督。彼は他に放送禁止歌が何故タブーかを追ったり、今は無くなってしまったが教壇が何故あるのか?と日常にある疑問をドキュメンタリーとして制作している。今や国際的にも認知度が高い是枝裕和監督も在日朝鮮人である事を隠した男の人生を撮った「日本人になりたかった…」などドキュメンタリー作品を多数制作している。参考としてまた面白い作品としても見ておいていいかもしれません。
ヘイトスピーチに対して表現の自由はどう解釈されていくのか?それを読みとくにしても被害者、加害者の言い分をしっかり見せる場がなければ収集がつなかいのがある。筒井康隆氏の「朝のガスパール」での断筆宣言のようにあらゆる媒体で差別なのか区別なのか抗議が目立つのなら、その線引きは歴史的背景も含んだ論争になっていくだろう。

この点で歴史学者達は責任を負う覚悟を持たないといけないのではないか。特に中国、韓国との歴史認識はあまりにも違いがあり、それが強制連行や慰安婦問題、徴用工などを背景にヘイトスピーチの火種になっているのが理解出来る。安倍総理も歴史認識においては歴史学者に任せると語っている点も含めて証拠を持って国民に説明する機会になっているのではと考える。
[ 2016/05/15 12:05 ] [ 編集 ]
理念法
法案の原文をざっと確認してみたが、罰則らしきものが確認できなかった。
更に「本邦外出身者とは適法に居住するもの」という厳格な条件が付いていること。
要するに「密入国犯罪者や不法滞在者は本邦外出身者」には含まれないこと。
反日政党どもはいわばザイコどものためにここまで努力しましたというアリバイ作りのためではないですか?
罰則がないのも当然。言い換えれば反日勢力にはこれが精一杯だったてことでは?
[ 2016/05/15 13:41 ] [ 編集 ]
補充版5【日本国民の皆様は、(1)日本人を韓国式捏造に基づき韓国式ヘイトするため(2)ヘイト抑止法案に基づく「日本以外の国の出身者で適法に居住するもの」に全く該当しない下記の者たちおよび諸団体を、法務省人権擁護局長、最寄りの人権擁護委員へ緊急通報しましょう!】←neu
補充版5【日本国民の皆様は、(1)日本人を韓国式捏造に基づき韓国式ヘイトするため(2)ヘイト抑止法案に基づく「日本以外の国の出身者で適法に居住するもの」に全く該当しない下記の者たちおよび諸団体を、法務省人権擁護局長、最寄りの人権擁護委員へ緊急通報しましょう!】←neu

●平成28年5月13日(金)に参議院本会議で可決されたヘイト抑止法案に基づき、
(1)対日工作する帰化および未帰化の在日韓国人たちも、「日本以外の国の出身者で適法に居住するもの」に全く該当しません。
(2)それゆえ、対日工作する帰化および未帰化の在日韓国人たちに対し「対日工作しないでね!(日本国籍を放棄して)日本国から出て行って韓国へ帰還してね!」と言っても、ヘイトに全く該当しません。
(3)ヘイトとは、韓国式捏造に基づき韓国式デタラメ誹謗中傷し追放することです。大まかに言えば、ヘイトとは、韓国式捏造に基づき韓国式デタラメ誹謗中傷することです。
(4)第一次資料に基づき真実を述べることは、ヘイトに全く該当しません。←neu

●葉書、手紙およびFAXが最も有効です。差出人が執筆した元号年月日付け、差出人の市区町村までの住所、年齢層、主婦・大学生・高等学校生・自営業・会社員などの職業などを記載して下さい。
●出来るだけ具体的に書いて下さい。写真、地図なども添付すれば、効果的です。=【客観的事実すなわち第一次資料に勝るものは、全く皆無です。】
●「法務省人権擁護局長、最寄りの人権擁護委員へ緊急通報した葉書、手紙、FAX、メールなどのコピー」を法務大臣 岩城光英、法務副大臣 盛山正仁、自民党本部、自民党政調会長 稲田朋美、参議院法務委員会筆頭理事 西田昌司、衆議院議員 平沢勝栄、衆議院議員 長尾 敬などの各氏などへ郵便などで必ず送付して下さい。

1. 「天皇陛下、御皇室、日本国、日本国の伝統および文化、日本国民、日本人など」を、(1)法的根拠なく日本国内で韓国式結社(=違憲結社)且つ韓国式駐在し(=違憲駐在し)、(2)日本国へ内政干渉し、(3)韓国式捏造に基づき韓国式ヘイトする【民団】

2. 「天皇陛下、御皇室、日本国、日本国の伝統および文化、日本国民、日本人など」を、(1)NGOという立場を韓国式悪用し(=違憲利用し)、(2)弁護士などの国家資格を韓国式悪用し(=違憲利用し)、(3)国連女子差別撤廃委員会という第三者機関を韓国式乗っ取り且つ韓国式悪用し、(4)韓国式捏造に基づき韓国式ヘイトする【林 陽子(弁護士)、伊藤和子(弁護士)、上瀧浩子(弁護士)、松川るい(元外務省官僚)、藤田早苗(英国のエセックス大学)、山口智美(米国のモンタナ州立大学)、長山智香子(カナダのトロント大学)、建石真公子(法政大学)、加納実紀代(元敬和学園大学)、師岡康子(大阪経済法科大学)、糸数慶子(参議院議員、沖縄大衆党)などの通名使用帰化在日韓国人疑惑の人物たち】←ergaenzt

3. 「天皇陛下、御皇室、日本国、日本国の伝統および文化、日本国民、日本人など」を、(1)韓国式捏造既成事実化ステマ「朝鮮人と呼んではいけない」などし、(2)韓国式捏造に基づき韓国式ヘイトする【佐藤 圭(東京新聞)などの通名使用帰化在日韓国人疑惑の人物たち】←neu

4. 「天皇陛下、御皇室、日本国、日本国の伝統および文化、日本国民、日本人など」を、(1)韓国式捏造を流布し、(2)韓国式捏造に基づき韓国式ヘイトする【金 慶珠(東海大学教養学部国際学科准教授)、李 信恵などの在日韓国人たち】

5. 「天皇陛下、御皇室、日本国、日本国の伝統および文化、日本国民、日本人など」を、(1)「マスコミの帰化および未帰化の在日韓国人」と韓国式捏造自作自演をマッチポンプし、(2)参議院議員などの地位を韓国式悪用し(=違憲利用し)、(3)韓国式捏造に基づき韓国式ヘイトする【有田ヨシフ(参議院議員)などの通名使用帰化在日韓国人疑惑の人物たち】

6. 「『所轄警察署長の許可を取った在特会などの日本人デモ』を、(1)所轄警察署長の許可を取らずにカウンター・デモし、(2)(暴力で)妨害し、(3)当該日本人デモに対し中指を立て、(4)韓国式捏造に基づき韓国式ヘイトする【香山リカ(中塚尚子)こと金 梨花(立教大学現代心理学部映像身体学科教授)などの帰化および未帰化の在日韓国人たち、しばき隊などの帰化および未帰化の在日韓国人の団体】」を、参議院議員などの地位を韓国式悪用して(=違憲利用して)支援する【有田ヨシフ(参議院議員)などの通名使用帰化在日韓国人疑惑の人物たち】

7. 「所轄警察署長の許可を取った在特会などの日本人デモ」を、(1)所轄警察署長の許可を取らずにカウンター・デモし、(2)(暴力で)妨害し、(3)当該日本人デモに対し中指を立て、(4)韓国式捏造に基づき韓国式ヘイトする【香山リカ(中塚尚子)こと金 梨花(立教大学現代心理学部映像身体学科教授)などの帰化および未帰化の在日韓国人たち、しばき隊などの帰化および未帰化の在日韓国人の団体】

8. 【(1)日本人に成り済まし、(2)「所轄警察署長の許可を取った在特会などの日本人デモ」へ紛れ込み、(3)「韓国人を●せ!」というプラカードを掲げることなどをして「マスコミの帰化および未帰化の在日韓国人」と韓国式捏造自作自演をマッチポンプし、(4)国内外の世論を韓国式捏造誤誘導する、帰化および未帰化の在日韓国人たち】

9. 「天皇陛下、御皇室、日本国、日本国の伝統および文化、日本国民、日本人など」を、(1)韓国式捏造を流布し、(2)韓国式捏造に基づき韓国式ヘイトする【反天連】

10. 「天皇陛下、御皇室、日本国、日本国の伝統および文化、日本国民、日本人など」を、(1)韓国式捏造を流布し、(2)韓国式捏造に基づき韓国式ヘイトする【アイヌ人に成り済まして対日工作などをする帰化および未帰化の在日韓国人たち】

11. 「天皇陛下、御皇室、日本国、日本国の伝統および文化、日本国民、日本人など」を、(1)韓国式捏造を流布し、(2)韓国式捏造に基づき韓国式ヘイトする【沖縄県人に成り済まして対日工作などをする帰化および未帰化の在日韓国人たち】
[ 2016/05/15 13:41 ] [ 編集 ]
【重要であるため、もう一度】韓国式捏造既成事実化ステマ「朝鮮人と呼んではいけない」などしまくる佐藤 圭(東京新聞)などの対日工作する帰化および未帰化の在日韓国人たちも、ヘイト抑止法案に基づく「日本以外の国の出身者で適法に居住するもの」に全く該当しません。
【重要であるため、もう一度】

韓国式捏造既成事実化ステマ「朝鮮人と呼んではいけない」などしまくる佐藤 圭(東京新聞)などの対日工作する帰化および未帰化の在日韓国人たちも、ヘイト抑止法案に基づく「日本以外の国の出身者で適法に居住するもの」に全く該当しません。
[ 2016/05/15 13:44 ] [ 編集 ]
ヘイト抑止法案の文言「著しく侮蔑する」は、「韓国式捏造に基づき韓国式ヘイトする佐藤 圭(東京新聞)などの対日工作する帰化および未帰化の在日韓国人ならびに民団などの帰化および未帰化の在日韓国人団体など」を「日本以外の国の出身者で適法に居住『しない』もの」へ認定することを容易にしました。
ヘイト抑止法案の文言「著しく侮蔑する」は、「韓国式捏造に基づき韓国式ヘイトする佐藤 圭(東京新聞)などの対日工作する帰化および未帰化の在日韓国人ならびに民団などの帰化および未帰化の在日韓国人団体など」を「日本以外の国の出身者で適法に居住『しない』もの」へ認定することを容易にしました。

●偽民進党が「本邦外出身者を著しく侮蔑する」という文言を追加させたことは、対日工作などをする帰化および未帰化の在日韓国人、対日工作などをする民団などの帰化および未帰化の在日韓国人団体などの「日本以外の国の出身者で適法に居住『しない』もの」を益々窮地へ追い込みました。なぜならば、客観的事実すなわち第一次資料に基づき「対日工作しないでね!(日本国籍を放棄して)日本国から出て行って韓国へ帰還してね!」と言っても、全くヘイトに該当しませんし、更に、「詳細且つ正確な客観的事実すなわち第一次資料」に基づかなくても「世間一般的に大まかな客観的事実すなわち第一次資料」に基づき「対日工作しないでね!(日本国籍を放棄して)日本国から出て行って韓国へ帰還してね!」と言っても、全くヘイトに該当しなくなったからです。
[ 2016/05/15 13:54 ] [ 編集 ]
先に仕掛けたのはコリアン、都合が悪いと差別
英語でコリアンの本性SNSで広めた方がいいですね。
[ 2016/05/15 16:13 ] [ 編集 ]
危険性は有りますね
この法案は、在日米軍への嫌がらせや、米軍関係者とその家族への暴力暴言なども視野に入れている様です。要は合法的に我が国に在住している外国人への差別的な発言を禁止する訳ですから、その面では護国勢力側と反日パヨク側にとって毒にも薬にもなり得る、ということで、その時の権力者の運用次第ですね。

言葉狩りに発展する危惧は否めませんね。黒んぼとか身体障害者を表す色々な言葉もこの不毛な運動で闇に葬られました。黒んぼの件でカルピスに電話したのも今は昔。第一、『朝鮮人』が駄目ならばそれを国号にしている北の兄弟はどうなんだ、という下らん話でしかありません。似た例では東シナ海とか南シナ海とかですが、支那人共がこの名称に怒っているなど寡聞にして聞いたことも有りません。

斯様に大和言葉の多様性や我が国にとって正当な言葉を消し去ろうとしているのは他文化強制を強制せんと謀る勢力と同じであろうと思われ怒りを高めつつある今日この頃です。
[ 2016/05/15 17:53 ] [ 編集 ]
なでしこりん
ヘイトスピーチ(憎悪表現)対策法案全文!マスゴミ情報に踊らされないで自分の目で確かめて!

http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12159220858.html

一部の連中が山本太郎がこの法案に反対してるからと持ち上げる向きが有るが、全く馬鹿げている。
目立ちたがり屋のテロウが反対と云う奇声をを上げて内ゲバに及んでるだけにしか過ぎず、中核派と革マル派どちらかを応援するの構図に等しい。

ヘイト法案なんて何の役にも立たないよ!山本太郎と有田ヨシフが内ゲバ開始?ww
http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12160391793.html

因みに言論の自由、法のもと平等の精神に反する法律に変わり無く、望ましい法律とは呼べない、潜在的な危険性を含み、場合に依っては依り危険化する可能性も有り得ると捉えて居ります。
元を返せば連合国発のあれが元凶でしょうね。
赤く染まった内政干渉正当化機関、連合国は胡散臭い
[ 2016/05/15 18:27 ] [ 編集 ]
劣化する安倍政権
『ヘイトスピーチ』に於いては定義からしてあやふやな所があると思っていますが、まさにこれは『表現の自由・自由な発言』に抵触するものではないかと思います。
勿論ここで根拠の無い不当な罵詈雑言を浴びせ他民族などを差別する事には大いに反対ですし、過去より一部右翼が行って来た言動がさよく、在日に利用されたとも言えると考えています。

しかしそれにしても『自由な発言』が出来ず萎縮するとかいうさよくメディアなどの二重基準、お手盛りには何時もながら呆れます。

『ヘイトスピーチ』については与党に於いても何だかしらのアクションを起こす事は必要であったとは思いますが、今回の自民党の動きにはどうも野党への配慮など思慮に欠けたものがあった様に思います。

http://www.sankei.com/politics/news/160513/plt1605130006-n2.html

http://www.sankei.com/politics/news/160512/plt1605120029-n1.html

最近の自民党、安倍政権は経済政策が沈滞している面をカバーするかのように目先の動きをするようになった様に見えます。
それが後々災いをもたらす事にならなければ良いのですが、既に外国人受け入れを広げたがために結局日本に溜まるのは中国人、韓国人であり、東京の池袋など中華街となってしまいました。
居住中国人がまた中国人を呼ぶという事であっという間に中国人の居住地域が出来てしまうのは昔からのパターンであるのに事前の対策が出来ていませんでした。

http://www.sankei.com/economy/news/160401/ecn1604010010-n1.html

この『ヘイトスピーチ』に関連する法は今後それをたてにさよく、在日などが日本を支那化、韓国化するためにメディア、人権組織などの応援のもと進めて行くのでしょう。
安易な決定をした自民党に大きな責任があると考えます。


[ 2016/05/15 18:55 ] [ 編集 ]
ますます侵略する民団、創価学会。
日本人がヘイトを本当に今でも言ってるのか信じられない。
ヘイトされている、と大げさに騒いで事実のようにされてしまった。

殺すとかは初期で行っただけで、今ではデモをする時皆気を付けているし。

在特会など一、二ほどの団体の初期のころの映像を1000回も流されて
こんなにひどい差別とかメディアを使い民団などの指導で抗議している事実。
何故表面だけを責めて、なぜ彼らが嫌われるのかの反省は皆無。

こうやって、民団、創価学会、メディア、野党、要職にある朝鮮民族等の後援、指導で活動をして、ついにヘイト法を成立させてしまった。

〇これで日本人の口を閉ざさせた。
〇これからは外国人参政権だ。
〇しかし地域の投票権など既に始まっている。朝鮮民族の勝利は近い.(民団)
[ 2016/05/15 19:27 ] [ 編集 ]
いやはや なんとも!
「朝鮮」がヘイトの対象になるとか否とか?
南鮮の一流紙「朝鮮日報」とか「北朝鮮人民共和国」はどうなるのでしょう。
聞けば呆れ、語れば嗤うしかないようです。

日本の”真面目”な朝鮮人がこんな法案を見せつけられたら 「暗い日曜日
(Gloomy sunday)」を鼻歌いつつ虹の橋を駆け上るしかないのではないか
と不必要な同情までしてしまいました。

*暗い日曜日*
大戦前にドナウ河畔の古都ブッダペストで生まれた曲。
ある者はこの楽譜を胸に抱きドナウに身を投げ、ある者はこの曲のレコードを
流しつつ自死を選び、ナチ親衛隊の士官までが耽溺したとか・・・
数十人に及ぶ自死を誘ったことで放送禁止歌曲にもなつたそうです。
音楽の好きな御方はY-TBに幾つかUPされております。
[ 2016/05/15 20:49 ] [ 編集 ]
自分は昔サヨクでした。
 そんな自分が「人権・平和運動」に愛想をつかせたきっかけが“言葉狩り”でした。昔の映画やテレビドラマの再放送でセリフが不自然に途切れるたびに「ムカッ!ムカッ!」としたもんでした。
 特に、どこぞのバカ人権擁護団体が「手塚漫画は差別だ!発禁処分にしろ!!」と喚き立てた為、手塚治虫の漫画が、(それも名作傑作を含む)発行できないと言う異常事態になった時当時熱心な手塚ファンであった自分を激怒させました。
 そしてその時悟ったのです
「そうか!そう言う事か!要するにこいつら(人権擁護団体)バカだ!」
と。
[ 2016/05/15 23:00 ] [ 編集 ]
ノートルダムのせむし男
原題も THE HUNCHBC OF NOTERE DAMである。しかしこの映画が日本で公開されるとなぜか「ノートルダムの鐘」になるという不思議。ご丁寧に英語名のタイトルまで、THE BEL OF NOTRE DAMに改竄してあるという。世界中でかかる処置をした国は他にない。

NHKのドラマ「北越譜」もあと一歩で名作になるところを、盲目のごぜが「私たちのような目の不自由な女が…」と言ったところで何もかもぶち壊してしまった。大正~昭和初期にそんな放送コードを使った日本語があるものか。

このように日本の言葉狩りは、今でも世界一厳しいのです。

マスコミは罰則規定のない放送放はまったく無視しておいて、今回のヘイトスピーチ法はきわめて厳格に遵守することが考えられる。余り楽観視できませんね。

今回のヘイトスピーチ法案は日本らしく?周回遅れ、そもそも欧米におけるヘイトスピーチとはヨーロッパにおいてはユダヤ人問題、アメリカにおいては黒人差別問題という克服すべき歴史的な課題があって出てきたもの。それがイスラム教徒にまで拡張されて、今や欧米社会を崩壊させかねない事態を招いている。余りに弊害が多いというので、カナダなどは廃止の方向に動いているはず。

とはいえ出来てしまった。
本当に、阿呆な味方は敵より怖い。

[ 2016/05/15 23:51 ] [ 編集 ]
訂正
HANCHBK→HANCHBACK です。

追伸

呉先生は 江戸時代でもまともな人間は、このド○○ラとか言わなかった。人権があったからではない、それが礼節だったからである、と言っています。

その通りでね、古今東西、左右を問わず、いずこの世界にも、まともな人間と、まともでない人間がいます。

[ 2016/05/16 00:09 ] [ 編集 ]
暗い日曜日
外国人大量入国方針の政府にとっても渡りに船の法ではないでしょうか。「罰則はない」これを何時まで守れるか?

本物ゴキブリをゴキブリと言っても恣意的にそれをヘイトだと騒ぐ根性曲りの輩も出てくるでしょうし、「朝鮮人」と言われてヘイトだと感じると叫ぶ朝鮮ご出身の方々サマは「朝鮮人」という呼称には誇りを持って居ないのであろうか?といろいろ思うが、
何なんだ!このクダラナイ法は!

末田軍曹殿 「暗い日曜日」は映画「The Man Who Cried」(邦題「耳に残るは君の歌声」)でも歌われています。
歌詞が分らなくても心に訴える曲想ですね。(勿論映画では字幕が出ます)
全編通してはオペラ「真珠取り」が流れる、ロシア系ユダヤ人を中心にしたロマなどの欧州被差別民族をも描いた作品です。
[ 2016/05/16 01:55 ] [ 編集 ]
ちょっと御用心
本国会で成立したらどういう名称になる法案なのか分りませんが、今のところ参院HPでは「人種等を理由とする差別の撤廃のための施策の推進に関する法律案」だそうです。

これを「ヘイトスピーチ規制法」と宣伝主導しているのが反日メディアであって、(今のところは)「ヘイト」も「スピーチ」もありません。
謂わば、昨年の「平和安全法」を「戦争法」と言い換えてデモする輩の二番煎じ。ご用心。

参院委員会では「日本のこころを大切にする党」以外は福島瑞穂や山田太郎等が反対だったそうで・・・さて、本国会後は如何に?
[ 2016/05/16 02:23 ] [ 編集 ]
委員会では無かったですね、参議院でした。
勿論、反対の理由は恭子先生方と福島、山本、(あ、山田になっていた、こちらも訂正)とは全然違います(筈)。
[ 2016/05/16 02:39 ] [ 編集 ]
暗い曲、更に暗い話し手
「暗い日曜日」は年長だけどガッコの後輩にあたる友人が大好きな曲で、大学時代によく聴かされてました。もちろんダミアのレコードで。それで、てっきりシャンソンと思っていたのですが、先任軍曹殿によれば何とハンガリーの曲であったとは。もっとも作曲者はパリにいたことがあるらしいですが。(←負け惜しみ)

その後輩の友人は、岩波文化・朝日新聞に憧れるすっとこどっこい。出版社志望でしたが、年齢制限にひっかかって、一流処の出版社は履歴書も見てくれませんわ。しかも工業高校出身なんてね。リベラル左翼がいかに権威主義か、ちっとは見に染みたようで。


彼女と二人で学芸大前の一間のアパートに住んでいて、
「底辺の生活よね…」
「う~ん、有名にならなくちゃ」

と、暗い生活を送ってましたが、ブルジョア出身の彼女にそれなりの相続財産が入ったようで、今は目黒の豪勢なマンションで暮らしています。

めでたし、めでたし。
[ 2016/05/16 10:22 ] [ 編集 ]
The Hunchback of Notre-Dame
ヴィクトル・ユーゴーの原題は『パリのノートルダム』だから、Hunchbackが出てくるのは英訳からでしょうね。

カジモド(せむし男)役をアンソニー・クインが演じた映画を見たのは、まだアンソニー・クインの名前を知らなかった子供のときですが、ユーゴーの原題を使ったフランス映画なのに、邦題は『ノートルダムのせむし男』でした。この呼び名が映画界では定着していたのでしょう。

アニメの邦題を『ノートルダムの鐘』などという姑息なものにするから、言葉狩りのあざとさが目立つので、さりげなくユーゴーの原題にしておけば良かったのでしょうが、言葉狩りの発想は、そういう言語感覚を失わせるのでしょう。
[ 2016/05/16 13:01 ] [ 編集 ]
二重法制
政府の法律がどうやら可決の見込みですが、すでに大阪でヘイトスピーチ条例が可決済みです。

大阪市での規制条例は、大阪在住の在日の訴えによって大阪市が動くかたちになってますが、「対象が日本人全体の言論」という特殊な法律なので、今後の日本国内の言論の統制は、日本政府と大阪市の二つの組織によって、並行して二重に行われることになりそうです。

とりあえず、罰則のない政府の法律の場合、違法を宣言することで、グーグルやフェイスブック、ヤフーなどの大手サイトや、大手ブログと連携しての、削除やアクセス制限などが予想されます。なので、罰則のないことで「理念法である」という見方は誤りだと思われます。こちらは現在のインターネットの言論状況をある思想傾向に再編化することに眼目があるようですね。

一方、大阪条例の場合は、「氏名公表」という個人の法益侵害につながる制裁行為が定められているので、特定の「敵」を「狙い撃ち」する性格の濃いもので、こちらは報復的な性質を根強く持っています。本来は政府法案に攻撃的機能を持たせる予定だったところ、違憲訴訟を警戒して、現政権と強いつながりを持つ大阪維新の支配する大阪市との連携の上で、そうした機能はそちらに移したのかもしれません。

いずれにしても非常にトリッキーな要素が強く、これからの天海は酔う注目です
[ 2016/05/16 19:49 ] [ 編集 ]
童話、寓話
”ハーメルンの笛吹” が必要な日本です。
勿論、皆さんにはお解りですよネ。。。
[ 2016/05/18 11:49 ] [ 編集 ]
日本に何故、これほど嫌われても朝鮮人が無理やり住むのか、不思議に思われませんか? 朝鮮人の日本名は敗戦後は使用出来ないのに、いまだに朝鮮系の99%が日本名使って大和民族に化けて反日行為を繰り返しています。反日に本物の日本人は殆どいません。成りすましばかりです。沖縄でも派手にアメリカ軍や家族を痛めつけていますね、反日成りすまし共が。そう言えば、アメリカ軍やイギリス軍、オーストラリア軍捕虜を派手に拷問して痛めつけていたのも、朝鮮系日本軍だったと、アメリカ・イギリス・オーストラリアの元軍人が書いていたのを読んだけど、日本軍も書いていたし、当時の香港人も朝鮮系日本軍は、すぐ強姦する、殺すと言っていましたね。彼らは本物の日本人より背が高く顔も違うし気質も違うと見抜いていました。一部の人にだけ理解されている事実です。
[ 2016/05/31 21:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

ヘイト法案成立目前 三つのシナリオ
ヘイト法案、左右それぞれの立ち位置によって思惑が先行しているようだ。―――――――――――――――――ヘイト法案に福島みずほ、山本太郎が反対 しばき隊、有田芳生が激怒www http://hosyusokuhou.jp/archives/47559514.html超マイノリティでありながらマジョリティ http://ttensan.exblog.jp/23145483/ヘイトスピーチ防...
[2016/05/19 08:22] 祖 国 創 生
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: