私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  オバマ広島訪問という“未来志向”に「日本は過去を振り返れ」と要求する朝日新聞

オバマ広島訪問という“未来志向”に「日本は過去を振り返れ」と要求する朝日新聞

← 応援クリック、ありがとうございます。

 米オバマ大統領の広島訪問が、日米両政府から正式に発表された。伊勢志摩サミット終了後、現職の大統領として初めて被爆地を訪問する。現職の大統領というところが肝だ。引退した元大統領ジミー・カーターが北朝鮮に行くのとは次元が違うのだ。


 少なくとも、このオバマ広島訪問は、日本にとって歓迎すべきことであるはずだ。謝罪を必要とする、しないの議論はあって良いが、これにかこつけて「日本の過去」を糾弾するような議論は本筋から外れる。その的外れな議論を起こそうとしているのが特アメディアだ。特に南鮮メディアの妄言が際立っている。中央日報電子版に掲載された記事「韓国メディア、オバマ大統領の広島行きに憂慮」では、南鮮メディアの火病ぶりを仔細に伝えている。

韓国日報
「日本の『被害者コスプレ』を警戒してきた韓国および中国などの周辺国が反発する可能性に関して相当な波紋も予想される」
「韓国人の原爆被害者の慰霊碑前でも黙祷することを求める韓国内の世論が急浮上する可能性もなくはない」

東亜日報
「安倍政権が軍事大国化と右傾化を加速化しており、戦争を起こした『加害者』の日本が『被害者』のイメージを強めるきっかけになりうるという声が大きくなっている」

ソウル新聞
「日本は過去の歴史を明確に清算していない。したがってオバマ大統領の広島行きは慎重を期するべきだ」
「日帝強制支配のせいで固まったわだかまりがとけていない国家としては憂慮せざるをえない」

アジアトゥデイ
「オバマ、広島訪問は戦犯国日本に免罪符を与えること」


 予想された反応と言えるだろう。彼等は、原爆で死傷した人々の追悼などどうでも良く、それが反日に利用できるか否かという一点のみで事柄を評価する。このような世論に対し、青瓦台はオバマの広島訪問を「第三国である韓国が決めることではない」と、論評しない立場を示した。当たり前である。南鮮からとやかく言われる筋合いの話ではあり得ない。

 ところがこの論調に日本のメディアも異口同音の反応を見せるから困ったものだ。朝日新聞は11日の社説で、オバマ広島訪問を戦争加害者としての立場の再確認として受け止めよと論じている。

 米大統領の被爆地訪問は、日本の戦争責任をめぐる論議を再燃させる可能性がある。韓国や中国ではすでに「加害者である日本を被害者にするものだ」といった反発の声が聞かれる。

 オバマ氏を広島に迎えることは、日本の政治指導者も、過去の戦争責任をどう受け止めるべきか、改めて考える機会としなければならない。


 この言説は、南朝鮮メディアの「日本は加害者としての立場を忘れるな」という主張を、表現を多少変えて、そのまま発信したものだ。「一体どこの国の新聞か」というのは朝日に対して頻繁に使われる言葉だが、今回も同じ言葉を返したい。

 オバマ広島訪問で、米国の原爆投下が正当化されるわけでもないし、原爆投下に関する日米間の議論が収束するわけではない。今回の広島訪問は、その議論の敷居を下げる効果をもたらすとともに、日米同盟の緊密さを支那やロシア、北朝鮮に示す絶好の機会となる。謝罪は望ましい。しかし、謝罪に固執するあまり、日本にとっての安全保障を強固なものとして誇示する絶好の機会を逃してはならない。

 朝日新聞は、その本筋を見失っているか、見て見ぬふりをしているか、どちらかだ。オバマの広島訪問はレガシーづくりという見方も成り立つが、彼が今回のアジア歴訪でベトナムをも訪問することを鑑みれば、単なるプロパガンダではないと見るべきだ。未来志向の行動に対して「過去を振り返れ」と要求する朝日新聞の論説自体が、的外れである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2016/05/12 07:14 ] メディア | TB(0) | CM(8)
「平壌」運転
支那のプロパガンダ紙アカヒは本日も「平壌」運転。
アカヒ購読をやめさせたのは今年まだ1人だけだが、
1人でも多くアカヒの筆害から日本人を救出したいと強く思った。
[ 2016/05/12 08:58 ] [ 編集 ]
空しさ
朝日新聞=ちょうにち新聞 ですからねえ。


オバマ米国大統領ではありますが、オバマが投下させた訳じゃ無し、そういう人に謝られたいかどうかは実害を受けた方々のお気持ち次第だと思って居ります。
日本は落された国ではありますが、日本人としてというより、私は人(生き物)に対して使用した事を考えたいです。
それでも、謝罪はする気があってするもので、強いるものではないし・・・と思います。

オバマが核の無い世界、核廃絶を心の底から願っているとしても、就任直後のチェコ演説以外には核廃絶に向けての明確な行動があった様にも思えませんし、広島訪問がその意志を表わすのであれば、任期の終わる今頃に?まあ行きたければどうぞ、ぐらいの気持ちしか掻立てられません。
TV局全てが大事件の様に報道するのも、本当に大事なのかなあと何故か空しさを感じます。

せっかく行かれるのですから、心静かに祈る環境であれば良いな、とだけは思います。

[ 2016/05/12 10:16 ] [ 編集 ]
バラク・オバマ氏は、安倍晋三氏に良い意味で完全に取り込まれていますし、安倍晋三氏を自分のことを理解してくれる無二の親友であると思っているのでしょうね。
安倍晋三氏の入管政策や経済政策や財政政策について日本国民が抗議すべき点は莫大数ありますが、

安倍晋三氏は、安全保障政策および外交政策において、日本国の皇紀2676年の悠久の時間において、神武天皇陛下、仁徳天皇陛下、聖徳太子殿下、明治天皇陛下、昭和天皇陛下、今上天皇陛下などの御皇室の方々以外では、菅原道真、北条時宗、徳川家光などの各氏に並ぶギガ偉人であると思います。

安倍晋三氏は、中世の鎌倉幕府で執権を務めた北条氏の子孫であるらしいですね。

バラク・オバマ氏は、安倍晋三氏に良い意味で完全に取り込まれていますし、安倍晋三氏を自分のことを理解してくれる無二の親友であると思っているのでしょうね。

★シンゾー「バラクさん、バラクさん。・・・、バラクさんの有終の花道を日本国広島県広島市にご用意致しました。これで、バラクさんの名前も、日本国の悠久の歴史の中に、そして世界史の中に、永久に記されます」
★バラク「ありがとう、シンゾー。日本国広島県広島市を喜んで訪問するよ」
[ 2016/05/12 14:05 ] [ 編集 ]
トロイの朝日はウザイ
[ 2016/05/12 16:36 ] [ 編集 ]
アカヒもチョン紙も粛々と無視するのみ
アカヒもチョン紙も粛々と無視するのみ。

オバマが広島を訪問するとき、アカヒもチョン紙もうるさく書きたてるでしょうが、粛々と無視しましょう。南鮮人は、境界型人格障害(BPD: Borderline Personality Disorder)または自己性愛型人格障害(Narcissistic Personality Disorder)もしくはその両方、ではないかな。

狂人にいちいち反応する必要はない。勝手に恥を晒してくれるのだから、せせら笑っていればよい。
[ 2016/05/12 17:42 ] [ 編集 ]
【酒税法等改正案可決】
12日衆院本会議で酒税法等改正案が可決された理由→ http://this.blog.jp
[ 2016/05/12 18:44 ] [ 編集 ]
押し紙を燃やせ!
公取が押し紙問題で動けば全国紙はほぼ詐欺確定になるんですけどね。垢日毎ニヒは魚雷の直撃弾を受けて轟沈の可能性大です。垢日は本業以外にもセコく商売してますから垢日グループ本体は延命するかも知れません。その他では産経は今はやってないとか言ってますが怪しいもんです。曲がりなりにも蛆グループの一員ですからね。

今日の格言:敵方工作機関を潰すには火の有る所に便所紙をくべて炎上させるべし!我が国に真っ赤な便所紙は要らない!
[ 2016/05/12 21:37 ] [ 編集 ]
相変わらず
ガラの悪い投稿をする奴がいるなあ。誰とは言わないけれど。

そんな汚い紙を人様のお庭に投げ込んで、楽しいものなのかねえ。

少なくとも、それを目にする方は、甚だ不愉快であることを言っておく。

[ 2016/05/12 23:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: