私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  政治資金使って温泉で家族会議?舛添都知事の新たな疑惑

政治資金使って温泉で家族会議?舛添都知事の新たな疑惑

← 応援クリック、ありがとうございます。

 なんとかに付ける薬はないというけれど、舛添要一東京都知事にも付ける薬がなさそうだ。かねてから、超豪華なホテルやファーストクラスシートを使った海外出張や、湯河原への個人的な足に公用車を用いていたことで批判を浴びていた舛添だが、週刊文春が新しい疑惑をスクープした。今度は、都税の無駄遣いという領域を出て、政治資金規正法違反の疑いである。

舛添都知事に政治資金規正法違反の重大疑惑! (週刊文春)

 舛添要一都知事(67)の三つの政治団体、「グローバルネットワーク研究会」(以下「グ研」)「新党改革比例区第四支部」「泰山会」の政治資金収支報告書(2012~2014年)を「週刊文春」特別取材班が精査した結果、政治資金規正法違反の疑いが浮上した。

「グ研」の収支報告書によると、舛添氏は2013年1月3日に、千葉県木更津市のホテル「龍宮城スパホテル三日月」における「会議費用」として、237,755円を計上している。翌年も1月2日にやはり「会議費用」として、133,345円を計上、その金額は、あわせて371,100円となっている。

舛添要一


 正月の温泉リゾートで、いったいいかなる「会議」が開かれたのか。木更津に向かった小誌取材班は同ホテル関係者から次のような証言を得た。

「二回とも、会議は行われていません。舛添さんはお子さんを連れて、家族でご利用になりました。いずれの年もグレードの高い部屋に泊まったと思います」

 言うまでもなく、政治資金には、国民の血税である政党助成金が含まれている。もしこの証言が事実ならば、舛添氏は自身の家族旅行の代金を血税で支払い、かつ「会議費用」と虚偽の記載をしたことになる。

 舛添氏に事実関係を尋ねたが、「すべて法的に適切に処理しています」とだけ回答があった。政治資金規正法に詳しい上脇博之・神戸学院大学教授はこう指摘する。

「収支報告書に会議費用と記しておきながら、内実が単なる家族旅行だとすれば、政治資金規正法の虚偽記載に問われる可能性が極めて高い。しかも繰り返し同じ虚偽記載がなされており、会計責任者の単純ミスではなく舛添氏による意図的なものと考えざるを得ません」

 政治資金規正法の虚偽記載の公訴時効は5年で、「5年以下の禁固叉は100万円以下の罰金に問われる可能性があり、最悪のケースでは公民権の停止もあり得ます」(同前)。

 舛添氏の真摯な説明がまたれる。


 舛添が東京都知事に就任したのは、2014年2月11日。文春がすっぱ抜いた政治資金収支報告書に記載された木更津のホテルの「会議費用」が2013年の1月、翌14年の1月だ。点と点が線でつながるとはまさにこのことで、舛添による“血税の私的利用”には常習性があるということだ。

 舛添は昨日10日、今まで問題ないと強弁してきた湯河原への公用車使用について、「いろいろなご批判を真摯に受け止めて、原則的に利用しない」と、態度を一転させた。タイミングから見て、この政治資金収支報告書の件を知っていたのだろう。政治資金収支報告書の虚偽記載という次の手に対する、ダメージコントロールだ。今まで舛添が強気だったのは、法律違反を犯していないという点があったはずだが、今度の一撃は明らかに法に反する行為だ。

 舛添は今回の件を報道陣に問われ、「今日はちょっと(その質問は)やめていただきたい」と述べ、13日の定例会見で説明する意向を示したという。時間稼ぎに用意した時間は3日。その3日間で知恵を絞り、どのような言い訳を用意するのか注目されるところだが、これまで東京都に寄せられた約5千件の意見(ほとんどは苦情だろう)は、今後も増加の一途をたどることになる。

 舛添は、こんな状況になっても、批判が強い南鮮学校増設を強行するのだろうか。余計なお世話だが、自民党はそろそろ次の都知事選の候補者選びを始めたほうが良いだろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/05/11 07:16 ] 政治 | TB(0) | CM(9)
創価嫁を貰い創価学会の後押し迄得て神輿に乗ったので絶対的な支持基盤と数を得て安泰気分だったのかハゲA氏
しかしハゲA氏は創価学会婦人部の中でも女性問題が有り嫌われて居るとされて意外と脆い存在だと御自分では感じなかったのか、まー傲慢な此の方自己認識に決定的に欠けて居るので、支持層が盤石でなくとも調子こいたで有ろう事は想像が付く程単純である
韓国学校撤回は無しに決まり、韓国学校を建てると決まった時点で見切りを付けられたか、何れにしても既に終りを感じる。
しがみ付いて何時までも居座り続け決定的な政治資金横領疑惑まで切りこまれて最期を迎えるか、其の場合は全てに於いて職を失う可能性は高い。
テレビにも出れんぞハゲA氏

様は駒、後釜の門題が一番大きい
猪瀬を担ぎ出す用意でもするか、無理っぽいけど
保守主義的で勝てる候補、勝てる候補、勝てる候補。
老体に鞭打って貰って最後のご奉公とばかりに石原さんに出て頂いて人生を全うして貰いましょうか
[ 2016/05/11 08:04 ] [ 編集 ]
次期都知事候補
次期都知事候補は小池百合子氏でいきましょう。
都政は小池、国政は稲田朋美次期首相で決まりです。
[ 2016/05/11 09:53 ] [ 編集 ]
ズル舛
週刊文春新聞が『舛添要一案件』で、またGJですか。

他の新聞社何をやっているんでしょうか?
朝日、毎日、東京・・・・。
『オバマ広島訪問』、『小林節』、『安保反対』、『シールズ』、『沖縄基地移設反対』、『日本死ね』あたりですか。

政治資金規正法違反の疑い

これは事件ですよ。

であれば、あの政務活動費913万円騙し取りの兵庫県の野々村竜太郎議員よりも悪質と言えるのかもしれません。

『ケチます』どころか、
『セコます』、『ズルます』になってしまいますよ。
ズルはズルでも頭ではなく懐ですが。

「韓国援助を通す」などと強気で頭に乗った発言をする舛添ですが、例え今回火の粉をかいくぐったとしても最終的に庶民感情という一般日本国民の心証はもう明白です。
そんな人物をこれ以上支持すると自民党安倍政権自体の姿勢が疑われます。

そこで一番重要な問題は舛添の次の東京都知事にまたさよく連合はさよく候補者を立ててきます。
それを保守系が防げるのか?
そちらが重要な事で一歩間違うと最悪な未来と成るでしょう。

[ 2016/05/11 12:43 ] [ 編集 ]
援助交際?
スケベで強欲なハゲが何を間違えたか?そもそもは下朝鮮クネとの援助交際からでしょう。東京行政において何らの業績も無く、他人の金で豪勢な海外旅行を繰り返せば有権者が普通の感覚であれば彼の異常性を見抜いたはずです。今後、都庁内部からも様々なリークも予想されリコール運動が拡大して行く事でしょう。朝鮮感覚でしか行動できない男の結末が見ものです。
[ 2016/05/11 13:16 ] [ 編集 ]
都庁選で応援演説していた自民党議員達、セクハラだ何だと騒いでいた都議員達、どこいったんでしょうね~。

応援したんだから、自民党も無関係ではないでしょ。
あの猪瀬さんの時の大騒ぎとは何だったのか…
オリンピック利権ですよね~。
[ 2016/05/11 14:36 ] [ 編集 ]
人心一新のためにも
舛添都知事は、今までの悪行を公明党でもみ消してもらった手前、
その意に沿った行動をとって来たと聞きます。
今回のことで、これほど世間に知れ渡ったら、
公明党とて支えきれないと見放す時期が来るでしょう。
ここは自民党が独自の候補を押し出すべきです。

そこで、yasu様の仰るように小池百合子氏の案はいいかもですね。
蓮舫擁立との声が上がっていると、どこかで見たような気がしますから。

[ 2016/05/11 23:03 ] [ 編集 ]
今頃?とも思うけれど
政治家の失態でも、同じ金銭問題でも、この手のセコイ卑しさは下半身問題と並んで「顔も見たくない下種」の部類に感じます。

夜のニュース番組で取材される複数の商店の答えが、桝添の”お客ぶり”を証言している様に思えました。
「お正月三が日に会議室をご利用の方は居られません」「都知事はいつもご家族をお連れでした」他他他
商家育ちのわたくしはこれを「二度と来て欲しくないお客」と聴きましたw。
普通、商売人はお客様の事は他言しないものです。褒めるとしてもホンの少しだけで他所に影響の無い事のみ。
皆様彼等の在り様に我慢して居られたのでしょうねえ、と想像致します。

次の会見には「家族会議」だとでもいうのでしょうかね。

今回の記事は国会議員だった頃の会計事情の様ですが、桝添が政治資金で絵画集めをしている、とか、事務所を自宅に作ってお家賃懐へ、とかは前から知られている事でもメディアは取り上げませんでしたのに、今頃急にどうしちゃったんだろ?
ついでに子宮頸癌のアレコレも調べて欲しいものですが、おせんべいが深く関わっていそうなので、どうかな?
[ 2016/05/12 00:56 ] [ 編集 ]
万事休すか、反日無罪か
「政治資金規正法違反」という明確な「違法行為」があれば、もはや言い逃れはできませんね。

この法律にはグレーの部分が多いので、ギリギリのところで起訴を免れる政治家も多いのですが、「家族旅行」という「私的な行事」に「公金」を使用していたというのであれば、完全にアウトですね。

ただ、舛添の場合も、何だか逮捕されるのかどうか怪しい部分がありますね。

民進党議員にも相当な「政治資金規正法違反」が見受けられるのですが、完全にアウトだろと思うようなケースであっても、起訴にまで至っていない者も多い為、舛添の場合もダメかなあと思いますね。

反日無罪など御免ですが、現在の日本では十分あり得ますね。
[ 2016/05/12 01:10 ] [ 編集 ]
政務活動費を偽宗教法人に垂れ流した京都市議は何のお咎めも無。
醍醐東市営住宅は立て前は公開抽選になっているが住宅を建て替える際先ず醍醐中市営住宅を5棟を新築しそこに全世帯入居させた。そこで終わらず、醍醐東市営住宅を20棟新築した。その醍醐東市営住宅に一旦中市営住宅に入居して1年半程度しか住んでいない世帯を数件再入居させ引越しの度にかかる引越し費用は全て京都市の公費つまり税金である。その東市営住宅には京都市の元正職員が住む。団地の約半分の世帯がペットを飼育。偽装の精神疾患や障害者が殆どその人間達に共益費や駐車場代金を集金させそのうちの4割程度を助成金等として一部の人間達に手渡す。他にも生活保護を受給し続けベンツ2台所有し山科区に家を建て古い家財道具を公費で処分させた女。深夜に階下女性宅へ騒音を出す女、これに不正残留孤児や不正母子生保受給者が加担する。偽装障害者は出かける時だけ車椅子に乗り普段は共用廊下に置きっぱなし、犬の予防接種も無料、生活保護を不正受給し車を乗り回す在日。週末になると男が出入りしそれらを取り締まるべき筈の市職員も地区出身者が殆どで指定職と呼ばれる係長以上の職員もこの地区出身者が突出している。しかも公社や京都市営地下鉄の嘱託職員の大半はこの地区の人間達で占められている。
[ 2016/11/29 18:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: