私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  “インチキ憲法学者”、小林節の変節と選挙出馬

“インチキ憲法学者”、小林節の変節と選挙出馬

← 応援クリック、ありがとうございます。

 憲法学者の小林節が、政治団体「国民怒りの声」を設立し、自らも来る参院選に出馬する考えを表明した。

憲法学者の小林節氏が出馬表明 「国民怒りの声」設立 「反安倍政権」旗印に10人以上擁立目指す (産経)

 憲法学者の小林節慶応大名誉教授(67)が9日、都内で記者会見し、夏の参院選比例代表に政治団体「国民怒りの声」を設立して出馬する考えを表明した。安全保障関連法廃止や言論の自由確保、憲法改正阻止などを掲げて「反安倍晋三政権」を訴えた。公職選挙法で政党に準じた選挙運動ができる「確認団体」とするために、小林氏も含め候補者10人の擁立を目指す。

小林節


 小林氏は記者会見で、安保関連法を成立させた安倍政権を「公然と憲法を破った。立憲主義の危機だ。戦争の危険を現実のものにした」などと批判し、打倒を宣言。「安倍政権の暴走を止めたい」として、参院選で自民、公明両党の与党や民進、共産両党などの野党でもない「第三の旗」として無党派層の受け皿となる意向を示した。

 具体的な政策としては、来年4月の消費税率10%への引き上げ延期、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設反対、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の再交渉、原発廃止、戦争法廃止、「憲法改悪」反対などを掲げた。

 小林氏は民進党や共産党、市民団体などの集会に積極的に参加し、安倍首相の政権運営を批判していた。参院選改選数1の1人区では「野党統一候補」の擁立を積極的に促し、民進党の一部議員らと野党間で比例代表の統一名簿をつくることも画策したが、民進党執行部は統一名簿への参加を拒否していた。


 小林節という名前の間に「変」の一文字を挟めば、「小林“変”節」である。名は体を表すというから、小林は名前を変えたほうが良いだろう。この憲法学者の本質は、まさに「変節」なのである。

 小林節といえば、集団的自衛権の行使容認化に際し、野党の参考人として「反対」の立場を述べた憲法学者である。その後は、反安倍の旗の下での野党共闘を煽りに煽り、「立憲デモクラシーの会」なるサヨク集団の旗揚げに、呼びかけ人として名を連ねた。しかし、この小林はたった2年前まで、集団的自衛権の行使容認派だったのだ。

 まずは、2006年11月11日、産経新聞「正論」に寄せた文章のなかでは、こう明言している。

正しく理解されない集団的自衛権 (産経新聞)

「法令解釈というものは、解釈権を有する者(この場合は政府)が、その責任において、条文の文言とその立法趣旨の許容限度内で行う『選択』である以上、時代状況の変化の中で、説得力のある理由が明示される限り、変更されてよいものであるし、これまでもそうであった」

「だ から世界史の現実と東アジアの情勢の中で、わが国の存続と安全にとって日米同盟の強化が不可欠である、と政府が考えるならば、その責任において、上述の2 例のような場合に、仮にわが国に対する直接的な攻撃がなかったとしても、それをわが国が座視すれば日米同盟が損なわれることが明白である以上、仮に形式上 は集団的自衛活動になろうとも、わが国の存続に『不可欠』な軍事行動は、それを許容する憲法9条に違反するものではあるまい」(以上、抜粋)


 続いては、2013年7月26日に公開されたダイヤモンド・オンラインのインタビュー記事だ。「集団的自衛権の考え方については、どうですか」との質問に。小林はこう答えている。

――集団的自衛権の考え方については、どうですか。

 先にも述べた通り、政府は自国の自衛権の存在を認めています。そうなると、自衛権を持つ独立主権国家が「個別的自衛権」と「集団的自衛権」の両方を持っていると考えるのは、国際法の常識です。

 政府は憲法の立法趣旨に照らして、集団的自衛権を自らの解釈で自制していますが、このままだと日本は、他国に攻められたときに自分たちだけで自衛しなくてはいけません。しかし、「襲われたら同盟国が報復にゆく」というメッセージを打ち出せる集団的自衛権は、他国の侵略を牽制する意味においてもメリットがあります。だから、改めて「日本は集団的自衛権を持っている」と解釈を変更するべきでしょう。

――憲法を改正しなくても、集団的自衛権は現段階でも解釈次第で行使することができるというわけですね。

 できます。ただし、念のため制約を持たせるとすれば、同盟国からの要請だけで海外派兵を決めるのではなく、国連議決とさらに事前に国内で国会決議も行うようにしたほうがいいと思います。


 どこからどう読んでも集団的自衛権の行使容認を是とする意見だ。こんなカメレオンのような学者が「憲法学の重鎮」などと言われるのだから、学者というのは「役者か?それとも芸者か?」と問いたくもなる。

 誰がいつ語ったかは覚えていないが、集団的自衛権の行使容認派だった小林が否定派に変節したのは、「定年を迎え、定職を失う時期になり、憲法学の多数を占める「否定派」に寄った方が、定年後の学者としての活動に有利だから」という話があった。もしそれが事実なら、小林に学んだ学生らは小林を訴えても良いレベルではないだろうか。自分の定年後の人生の為に「学者としての立場を180度変える」なら、学者としての矜持は欠片さえも見て取れない。

 せいぜい頑張って選挙運動したらよい。ただ、勝手に「国民怒りの声」などと、国民の代表のような看板を掲げるのだけはやめて欲しい。このような無責任な憲法学者の存在に怒りを覚える、私のような者もいるのだから。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2016/05/10 07:13 ] 政治 | TB(0) | CM(22)
小林節なる学者は
>こんなカメレオンのような学者が「憲法学の重鎮」などと
言われるのだから、学者というのは「役者か?それとも芸者か?」と
問いたくもなる。

 先ほど、舛添都知事の「都有地を韓国学校へ貸与」のことで
 怒っていたのですが、「学者というのは「役者か?それとも芸者か?」
 このフレーズには、はまりました。(^^♪
 記事の主旨とは違う愉しさついでに、
 難しいことは書けない私も少々、参戦を。

 この小林節なる学者、「役者か?それとも芸者か?」の問いに、 
 いずれも該当し、さらには「忍者」とも言われ、
 得意は憲法猫だまし、忍法変身の術なり。

[ 2016/05/10 09:22 ] [ 編集 ]
隠れ共産党員?
 小林変節は、私の家でとっている痴呆紙にほぼ毎週「一刀両断」というコラムを載せている。そのコラムを約1年間PDFで保存してきたが、その変節ぶりには呆れるばかりである。当初の論調は単に安倍総理憎しが文面に表れていたが、年初ぐらいから、共産党擁護の論調に変わってきた。このことから小林変節は隠れ共産党員では無いかと見ている。
 しかし、政治団体を作って参議院議員選挙に10人の候補者を立てるとなると少なく見積もっても1億の資金が必要だ。どこからその費用を捻出するのかね?支那共産党から?
 奇しくも本日より外患罪告発官邸メールが開始されている。小林変節もその対象になるかもしれない。
[ 2016/05/10 10:38 ] [ 編集 ]
三者一坊
京都に「三者一坊」という言葉がある。「手に負えない職業人の代表」ということである。

「三者」とは医者・学者・それから芸者、「一坊」とは坊主のことである。これらの人々は「手段・方法」で暮らしている。なぜ手に負えないかというと、それは「ウソをつくことを本来の仕事として生きている」人であり、その嘘がどうにもならない人間の弱みにつけこんだ嘘だからというわけである。

まず医者は、人間の肉体の弱みと苦痛につけこんで金を巻き上げる人々である。病気というものは、ほっといても治るものは治る。治らないものは、医者がどのような手を加えようとも治らない。だが医者は自然に治るものを治してやるといい、いかにも治したように見せかける。

次に「坊主」。人の持つ死への恐怖につけこんで、誰も予見できない天国と地獄といった飴と鞭を想定し、人がその宗派に帰依し善行をつむ。つまり浄財を献ずれば極楽浄土に再生させてあげる。そうしなければ地獄へ堕ちるとだましてもうける職業。

それから学者。自分の無知への不安を持つ人々をたぶらかして生きている人間だ。これはもともと、論語読みの論語知らずという言行不一致の儒者に対しての言葉だった。現代のように学問が細分化すると、この弊は極度に強くなる。

最後に芸者。男が持っている充たされない性的欲望を、いかにも満足させるように振る舞って、幻想と媚びを夜ごとまき散らしながらそれを「サービス」と称して男をたぶらかしながら生きている女性のことだ。口先だけの真の嘘つきである。


管理人殿の「学者は役者か、芸者か」(笑) で、京大の会田雄次先生の「日本的権威の論理」の一節をなつかしく思い起こしました。

王城の地の知的権威を代表する学者や医者、僧侶と並んで、芸者が入っているところがこの言葉のミソであります。

さすがは千年の都、観察眼が半端ではありません。
[ 2016/05/10 10:46 ] [ 編集 ]
小林[変]節先生はいつもいつも、韓国式嘘、韓国式難癖、韓国式捏造などなど・・・ばっかりをアチコチで言いふらしているから、ももしももしも小林[変]節先生があたしの祖父だったら、ギガ嫌ですね、ギガきもいですね。
小林[変]節先生はいつもいつも、韓国式嘘、韓国式難癖、韓国式捏造などなど・・・ばっかりをアチコチで言いふらしているから、ももしももしも小林[変]節先生があたしの祖父だったら、ギガ嫌ですね、ギガきもいですね。
[ 2016/05/10 11:35 ] [ 編集 ]
小林節アーカイブス(魚拓)
「安倍内閣には一日も早く退場してもらわなければならない」

http://www.sankei.com/politics/news/160509/plt1605090019-n1.html

「野党共闘が願う形で実現したら応援団に戻りたい」「思えば老後。失うモノは女房以外に何もない」

http://www.sankei.com/politics/news/160509/plt1605090022-n1.html

「他国が日本を侵略すれば堂々と自衛戦争をする。そのために自衛軍は持つ」「安倍政権の高圧的な姿勢が問題」

http://www.sankei.com/politics/news/160509/plt1605090025-n1.html

発言からは完璧に九条護憲さよくです。

>「私の改憲案については、いま言っても無視されるわけだ。だが、問われたから答えるが、1、二度と再び侵略戦争をしない。これは日本の信用につながらう。2、独立主権国家だから、間違っても他国の軍事力によってわれわれの運命を決めさせえられたくはない。どこかの国が(日本を)侵略対象にした場合、堂々と自衛戦争をする。3.そのための自衛軍は持つ。それから自衛軍を用いて国際貢献はする」
「ただし、その条件として国連の安全保障理事会の決議をもってこい

実に感心するほど中身の薄いものです。
「他国が日本を侵略すれば戦う」。
当たり前の事でしょう。
国連の常任理事国はアメリカ合衆国、イギリス、フランス、ロシア連邦、中華人民共和国ですよ。

宗教となった九条教徒の「憲法呪文を唱えれば敵は来ない」的さよくで無い限り、又敵が来たら即座に白旗を振って話し合いをするとか言うさよくでなければ、当たり前の事を何を言っているだけなのかと。
しかも現実には攻めて来た時にはもう遅いという事の認識が有りません。

そこから考えると、どうも『一芸、憲法学者』という日本の専門家は憲法にも本来関わる『政治』、『歴史』、『経済』、『地政学』、『軍事』などをほぼ無視して、或いは無知識で語っている様に思えます。
だから、『中国の本質』を理解出来ず、総合的分析が出来ないというもので、最後は己の専門分野の『憲法』という硬直化した世界に閉じこもってそこから声を挙げるという事に成るように見えます。

それと、少しこの小林がこの1、2日注目を浴びていますが、もう一人忘れてならないのは舛添要一東京都知事です。
『別荘くつろぎ事件』、『王様旅行事件』、『韓国貢ぎ事件』など同時進行させました。
その内、『別荘くつろぎ事件』など「反省していて、以後気をつける」などとコメントし今回の事件を乗り切ろうとしていますが、これら行いをざっと見回してみますとどうも高給取りでありながら個人的使用疑義の公費使用に寛容であるように見えます。
それを世間では「ケチ」とも言いますし、時に強欲、守銭奴とも言うのでしょう。
つまり人格的にどうかという事です。
順法であっても市井の庶民はその感覚で見ます。
『ケチます』です。

また舛添の管轄は韓国ですが、中国の動きもより水面下だけに注意が必要です。

中国生まれの「反天皇」農場主が帯広で170haを取得したのはなぜか? 朝鮮総連議長らにもお披露目し…

http://www.sankei.com/premium/news/160509/prm1605090005-n1.htmlhttp://www.sankei.com/premium/news/160509/prm1605090005-n1.html

池袋も中華街と成ってしまいました。
新潟は今どうなのでしょうか。


[ 2016/05/10 12:43 ] [ 編集 ]
インターネット放送番組
今朝のネット番組「真相深入り!虎ノ門ニュース」で百田尚樹さんがこの人を一刀両断にしていましたね
いわく「憲法学者というのは、国民のことを何も考えていないことが国民にもわかってきた」
「彼らにとって一番大事なのは国民とか国家ではなくて憲法」
「国民が何万人死のうが、それでも憲法を守ろうという狂った使命感」
「そういう憲法学者の代表的存在が小林節さん」
(かつてこの方は改憲論者だったのではという司会者に)「ちょっと頭がおかしくなったのか、マスコミに持ち上げられて
スター気取りになって舞い上がっているのか」
「特定秘密保護法案でもジャーナリストの報道の自由を奪っているとこの人は言っていたが、とんでもない詭弁」 等々

同時刻(朝8時台)の地上波のワイドショーでは絶対に取り上げない話題で痛快に斬っている百田さんに拍手しました。
前半の「トランプ大統領誕生は黒船の再来」といい、考えさせられ、何か番組の宣伝みたいですが
テレ朝系のネット放送局(アベマTV)のアプリダウンロードが100万を超えたというニュースを聞いて、
こちらの方も頑張ってほしいという思いでコメントを書いてみました。
[ 2016/05/10 14:32 ] [ 編集 ]
「立憲主義」という言葉を左翼に独占させるな
■1.このページの目的
「平和主義」という言葉がまるで神通力を失ったことに気づいた左翼護憲論者は、近年は「立憲主義」という言葉を新たな旗印に掲げて断固改憲を阻止する構えである(憲法クイズで有名になった民主党の小西参議院議員 や東京都知事選に出馬した元日弁連会長の宇都宮健児氏、社民党前党首・福島みずほ氏らが「立憲主義」を連呼している)。
これに対して改憲論者の側からは、残念ながら今までのところ余り効果的な反駁が提示されているようには見えない。
しかし実は、こうした左翼護憲論者の掲げる「立憲主義」の理解は、英米圏で主流となっている標準的な理解ではなく、フランス革命に由来するフランス・ドイツなど大陸法系の既に破綻した古い理解でしかなく、そのことは阪本昌成氏(リベラル右派の憲法学者)によって明示的に指摘されているほか、長谷部恭男氏(東大法学部教授(憲法学))のような法学の世界的パラダイムを考慮に入れて発言する近年のリベラル左派の憲法学者からも暗に指摘されるに至っている。
このページでは、そうした時代遅れの左翼的「立憲主義」理解(=立憲主義のフランス的理解)の誤謬を指摘し、英米圏で常識となっている真っ当な「立憲主義」理解(=立憲主義のアメリカ的理解およびその保守的バリエーション)を紹介する。

●立憲主義とは何か
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/2033.html
[ 2016/05/10 14:58 ] [ 編集 ]
没収されろ
皆様のお説を拝読しても尚、この場合は役者、芸者、カメレオンが気を悪くする喩えだわ、と申し上げます。
彼等彼女等(カメレオンを含む)も一流となればその道に必死で真剣ですものw。
幇間でも本物は真剣な芸ですからねえ、このお銚子者を並べるわけには行かない気がします。
私的にはやっぱりタダの「変節漢」項目に分類かな。あ、「夜鷹」程度ならピンポ~ン。

なんだか最近の政界挑戦は定年者の再就職場化している感もあり、条件があえば誰でも立候補出来るとは云え、こんな者達で国政を淀まされるのは御免蒙りたい。
若ければ良いとは考えませんが、古びて変節の果てに政界入りはご遠慮願いたい。

10人1億ですか。全額国庫に没収されたらイイわ。

[ 2016/05/10 15:54 ] [ 編集 ]
お仲間を10人程度集めて選挙に挑む?
供託金は比例代表だと600万かかるそうですがが?
資金は学者仲間やら、ネットなどで?

以前、都知事選に出た田母神氏は1億数千円集まったそうですが
さて先生は?
当選すれば6年間食いっぱくはないのですが?
落選でもすれば 残った資金は老後に、なんてないでしょうネ?
節さんだけに ドン・キホーテから一言「晩節を穢すぞ!やめておけ〜馬鹿もん!

[ 2016/05/10 17:30 ] [ 編集 ]
こはる様のご意見に賛成です。
会田雄次先生の京の都における「三者一坊」説をご紹介しつつも、実は内心には忸怩たるものが。

私自身は花街通いをしたことはありませんが、古の芸者衆がやってるバーに行って、昔話を聞いたりするのは大好きでした。ことに深川の辰巳芸者上がりのママさんの話には、まだ東京が江戸の名残をとどめていた時代の情緒が残っていて、懐かしささえ覚えます。それに昔の旦那衆の遊び方は、第一に「粋」でありました。
かかる粋人の旦那衆を楽しませる芸者衆も、けっしてお客を飽きさせない話題や踊りを提供する幇間も、並大抵の伎芸では勤まりませんでしょう。今のテレビ(無)芸人とはギャラリーのレベルがまったく違いますので。

薄化粧で身なりは地味な鼠色系統、冬でも足袋を履かず素足のまま、当時は男のものだった羽織をひっかけてしかも男言葉をつかい、気風がよくて情に厚い、辰巳芸者はまさに江戸の「粋」の権化でありました。歌舞伎の世界にもしばしば登場しますね。

桝添の余計な肝煎りで近くにコリアン・スクールが出来かかっている神楽坂の坂道を歩いていると、ハタと気がつくことがあります。石畳が扇の形をしているのです!

ついでに言うと、神楽坂は日本で最もフランス人が多く住んでいる場所であります。日仏会館が近くにあるとか、色々な理由は考えられますが、フランス人は日本のシャンゼリゼ=原宿のように西洋的な化粧を施した街にはいささかの興味も示さない。むしろ神楽坂のように坂道や石畳があり、小さな店が立ち並び、神社の境内で子供たちが遊べるような、仄かに江戸の情緒が漂う生活感のある生き生きとした街にこそ、パリのモンマルトルの丘へのような?郷愁を感じるのではないかと思いますね。さすがにフランス人は文明人です。

文明は野蛮の侵略の手から、断、断乎として守らねばなりません!

それにしても私が教えを受けた憲法学の先生は学問的でした。ほとんど奇跡的に。
例えば明治憲法には主権概念がないと仰ってましたね。あるとすれば、国家主権なのだと。だから、戦前は天皇主権・戦後は国民主権になったと中高校で教えているのは間違いであると。我が師の説が、ストンと腑に落ちたのは卒業してから十年以上もたってからですか、これを聞いただけでも、私は大学教育を受けた甲斐がありました。

こんなマトモな先生だったので、憲法イデオロギー学会ではいまいちマイナーな存在でしたが。先生はもうこの世にはいらっしゃはないけど、しみじみ思います。

仰げば尊し、我が師の恩、と。

[ 2016/05/10 18:03 ] [ 編集 ]
日下公人先生の家訓の悪しき見本
栴檀は双葉より芳しと申しますのか、日下先生はご幼少の頃より勉強が好き
だったそうです。 学問を好むこと色を好むが如しの若きセンセイに親類の者
がいつも語りかけたそうです。

「あんたは勉強が好きみたいやねぇ。 ほならしっかりお金もうけしなさいや。
お金が無いまま勉強しますと学問が汚れますから・・」と。

この“節”ちゅ~奴は節度なく汚れ、そしてアホでおますなぁ・・・ 
本来「主権」とは主として国民を統治し、他国の干渉や進攻を防ぐ備えをする
「権利」のはずです。 憲法学者を名乗るなら、今の世界に対応するための
憲法の大枠を語り示すことでしょう。

それが「国民の怒りの声」とは! 騙りもホドホドにしやがれ!
だいたい国民の怒りの声、なんて捏造。 国民はアベを評価しこそすれ
怒ってなんかいません。 世論調査でも明らかです。

   *  *  *  *  *

汚れモンが“国民”を騙るなど夜鷹はんに失礼なくらい汚のうおます。 
彼女ら税金こそ納めてへんけど何も騙ることなく身を寒風にさらさはって商い
してはります。 だって不良あがりのエロおやじは薩摩守忠度さんしやはるし、
それに阿漕な追い剥ぎお姐さんかて居てはりますし・・・
[ 2016/05/10 20:29 ] [ 編集 ]
学問の汚れ
>お金がなくて学問をすると、学問が汚れる。

いやぁ、深い言葉ですなあ。さすがは先任軍曹殿です。

私の年少の友人にも貧乏しながら学問を続けている人間がおりまして。そうすると彼の学説の中にも、世に入れられない不平不満や焦り、それこそ小林変節ではないけれど、「国民の怒り(自称)」とか、(笑)
余計な夾雑物が入り込み、汚れた音が聞こえてくるような気がしてならなかったのです。

小林変節のような人物には安倍さんが政府の審議会委員に任用するとか、それなりに厚遇するポーズを示せば良かったのでしょうけれど、そんなにポストがある訳でなし。要するにオレは不満だということを、自分のムラ社会の中で最大限表現しているつもりなのでしょ。

だいたい小林のツラを見ただけで判ります。(笑)

[ 2016/05/10 23:26 ] [ 編集 ]
薄毛過ぎ事件簿
小林変節だそうで憲法学界其の物が空気に影響されてコロコロ変節するそうで、戦後直後からの伝統だそうです。
憲法とはそう云う物なのか?何とも如何わしくインチキくさい物を感じますね
憲法とは水ものですか

そう云えば舛添が相当危うい立場に立たされましたね。
危機領域突入かな。
ハゲの次はハゲが来そうです
さて理念より人気、勝てそうな候補を推したがるの自民の悪弊から考えると旧次世代に僅かに所属の過去を持つハゲB氏を担ぎ出すか。
そして野合アカ陣営はハゲC氏で決まりでしょう。
因みに文春無双様は反自民ですのでネットを利用し便乗する事でハゲA氏降ろしをしたい一心で叩いただけでアカ陣営に所属して居ます。保守速にも妙に不自然な宣伝風の文春上げコメが湧いて居ります。

さて実は似た者同志のピンクとアカの戦いに成るのか、楽しくない。
[ 2016/05/10 23:35 ] [ 編集 ]
立て!神楽坂
<お金がなくて勉強すると学問が汚れる>  日下先生のお生まれは神戸でしたよね。流石に現実的且つ核心的アドヴァイスではありますが・・・
ではアレは?とつい思い浮かべるのが「恵まれた環境に生まれて」ママからありあまるお小遣いのナニ。
沖縄で勘違いラインダンスを踊っていたそうで、どうすりゃいいんだ?アレの場合は、と・・・
真面目に考えても・・・世の中には特例がある、と面倒だから纏めちゃお。

メディア的に有名になっても名と晩節を明らかに穢している小林変節と、バロン閣下が学ばれた「マイナーな」学究の御師匠を、失礼ながら比べましたら、圧倒的に後者の学者としての価値が輝いていると存じます。
お弟子に幸せを与えられる指導者は、今のご時世、そうは居られないと思います。

バロン閣下  高校時代の友人で「あたし、自称訳あり女なの」と個人的に自己紹介されてよく聞けば、「表向きは中堅処の社長令嬢、実は元辰巳芸者の愛娘。本妻って怖いのよ~」という子が居ましたw。
それでも”怖い本妻”さんがPTAにはご出席で、理由は実母が見るからに深川の水で産湯を遣ったアダなお顔立ちなので学校にバレたらえらいこっちゃ、と。
ワタクシ、そのアダなお姿に惚れ惚れ致した覚えがあります。
冬でも裸足で黒塗りの下駄に白い足が印象的で、「お金が掛かっている足だよ」と仰せ。

この様な御方には筋の通らない変節漢など束で掛かっても敵わないでしょう。
「節」を本名では何と読むのか(調べもしないで)知らないままにコバヤシブシと呼んで居りましたが、本日から「こばやしへんせつ」と決定致し候。
思えば鰹節に失礼であった。

今都内には新ばし、赤坂、神楽坂、芳町、浅草、向島の六ヶ所が花街だそうですが、一本小道に入れば情緒が滲む街々に、とてもじゃないが馴染まないコリアに居座られては伝統ある文教的花街も即川崎状態です。
神楽坂住民の奮起が・・・ないかなあ。
[ 2016/05/11 00:20 ] [ 編集 ]
不良あがりのエロおやじ様
日下先生がかつてTV局の控え室で「17才は雇ってはイカン。17才は男も女も狂っとる」と云っていた島田紳助氏の自分を振り返っての言葉を紹介されていましたが、不良上がりエロおやじ先任軍曹殿の経験では如何でありましょうか?
18才になれば人世を考え始めて人間になる、のだとか。ほんとかね?

夜鷹さんもね、薩摩守忠教さんのこわ~いお兄イさんに護られて居れば「やらずぶったくり」というケースで変節漢並みのお働きが出来るではないかえ?
寒空に肌身を晒して茣蓙を抱えた労働者さまとは、区分けした夜鷹さんに遅まきながら限定致します。

草むしり様
1人600万では10人で6000万。足りない分は先払いの選挙法違反懲罰金を当てましょうか。  はい、表現に不適当な部分がありましたことをお詫び致します。なんちゃって。
[ 2016/05/11 00:46 ] [ 編集 ]
神楽坂国際義勇旅団
神楽坂住民の決起に際しては不肖レッドバロン、知り合いのフランス人と共に、国際義勇旅団を編成して参戦する所存です。


ただし、この連休中に田舎の母の家の周りの環境整備…平たく言えばどぶさらいを行い、側溝を覆っている鉄板を足の上に落とし、為に骨折。空軍のエースが施設工兵のマネをするものではありません。反省してます。

とりあえず1ヶ月ばかりは身体不自由の身ゆえ、もしその間に何かあった場合には、関ヶ原の合戦における大谷刑部義継の例にならい、輿に乗っても出陣する覚悟でありますので、その際は末田軍曹殿、担ぎ手の手配をよろしくお願い致します。

頼みましたぞ。
[ 2016/05/11 00:49 ] [ 編集 ]
訂正
御免候え
薩摩守忠度 でござんした。
[ 2016/05/11 00:53 ] [ 編集 ]
あらら
軍曹殿 舎弟を集めて待機されますように。
決して御自らが輿を担がれませんように。お歳じゃて無理はそちらも複雑骨折の元。

年寄りの冷や水  などとどなた様も言ってはなりませぬ。かなw?
人に微笑みを与え給うバロン閣下。お身体の他所に負担が変に掛かりませんようにお静かにして、呉々もお大事に。

[ 2016/05/11 01:06 ] [ 編集 ]
ハイ、人足の手配を致します!
と思ったのですが、いや待てよ、神楽坂とは由緒正しき花柳街とか・・・

不良分隊の人足ではイザ突撃とならば、肝心なところで今義嗣様の輿を
放り出し違うところに突撃を始めるのではないかと・・・

義嗣様は頭巾で顔をお隠しのはずでございますれば、影武者を輿に載せて
出陣されてはいかがでは・・・

それはともかく親孝行の名誉の負傷、ご自愛くださいますように!


こはる様
私めが少しは勉強しようかなぁ・・と改心いたしましたのは25歳過ぎです。
伸介に比べれば著しく才覚が無くアホですから止むを得ないかと・・・

ルーピーは勉強なんか全くしていません。 片言隻句はもちろんスピーチから
しても知性・教養・覚悟は見事にありません。 奴が学んだのはガッコ試験の
解答芸だけでしょう。 犬にだって芸は仕込めます。 鳩だって手間暇とゼニ
をかければ仕込めぬはずがありませんわw~
[ 2016/05/11 07:20 ] [ 編集 ]
秘密作戦
神楽坂となれば軍曹殿は先頭を切って担ぎ込みそう。
場所は直前に云うべきでした。京都は愛宕神社の明智殿の様に。ネッ、御子孫様。

刑部様は義継が諱でしたか。こちらではいろんな事を学べて嬉しい限りです。


鳩も手間暇とゼニ、アヤツの場合ゼニは当然自己負担。
手品の鳩ぐらいは出来そうだけれどとんでもない処に飛んじゃうから利用できそうで逆効果、というのが救いと言えば救いの鳩。
何であんなに学習能力が無いのか?恥も学べないとは世界の珍品ではあるw

ですが、一つだけ鳩の効能があります。
人世ゼニがあれば良いというものではない、とこの上なく実感させて呉れますもの。(それにつけてもカネの欲しさよw)

[ 2016/05/11 19:30 ] [ 編集 ]
ホンに
打ち明けてよいのは、齊藤利光まででした。

時は今 雨がしたしる五月かな

鳩の効用はいかなる大資産に恵まれても結局は本人次第、それを教えるために神様が、田園調布の本宅と音羽御殿と軽井沢の別荘に加えてブリジストンの株券の上に、あえてポッポをお置きになったのですよ。
[ 2016/05/11 20:21 ] [ 編集 ]
素晴らしい教授
小林節教授は世界に認められ日本を代表する素晴らしい教授です、尊敬します。
[ 2016/08/17 02:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: