私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  オバマ広島訪問を利用して安倍批判を展開する元外交官 ~ 天木直人という○○

オバマ広島訪問を利用して安倍批判を展開する元外交官 ~ 天木直人という○○

← 応援クリック、ありがとうございます。

 バラク・オバマ米大統領が、伊勢志摩サミットの後、広島を訪問することを決めたという報道がある。原爆資料館の見学や原爆慰霊碑へ献花を行うほか、平和公園で被爆者や若者およそ1,000人を前に、核廃絶に向けたスピーチを行うことで調整しているという。米国の大統領として初めて広島を訪問するという意義には賛同するが、核廃絶という実現不可能な政策を宣伝する場として、広島を政治利用する目的なら、それはご遠慮願いたいものだ。

 このオバマ訪問を引き合いに、相変わらずの安倍政権批判を展開しているのが、元外交官の天木直人という芸者だ。そういえば、天木が結党宣言した「新党憲法9条」はその後どうなったのだろう。結党宣言が出たのがちょうど1年前だが、党員や支持者の獲得が芳しくないのか、その後の噂は聞かない。まぁ新党9条などどうでも良いのだが、下の天木のブログでは、オバマの広島訪問と慰安婦問題における日韓合意を並べ、「とても重要な視点であると自画自賛」しながら、結局は安倍批判にもっていくという、“いつもの主張”を展開している。無駄に長いので、半分ほど引用する。

歴史問題をごまかして政治決着を繰り返す安倍首相の大罪 (天木直人の公式ブログ)

 これから書くことは、とても重要な視点であると自画自賛するが、はたして読者はどう判断するだろう。(中略)
 
 もしオバマ大統領の広島実現が、報道されている通りの形で行われるなら、日米双方の思惑の違いが残ったまま、米国大統領の歴史的広島訪問という「偉業」だけが残り、それ以降、この問題は終わってしまう。

 米国大統領のはじめての被爆地訪問は「偉業」である事に間違いないから、誰もそれを正面から批判できない、しない。

 「偉業」を成し遂げたオバマ大統領と安倍首相の功績だけが喧伝され、歴史に刻まれる。

 原爆を人類に投下した唯一の国である米国と、投下された唯一の国である日本との真の和解は、うやむやのまま歴史の彼方に追いやられることになる。

 二度とこの話が持ち出されることはないだろう。

 そういえば、つい最近、同じような事を我々は目撃したような気がする。

 その通りだ。

 昨年12月の慰安婦問題についての日韓合意であり、その半年ほど前の8月の安倍談話である。

 いずれも表面的には歴史問題に決着をつけた形となった。

 しかし、一番重要な歴史認識のところがまったく曖昧にされたままだ。

 和解どころか対立したままだ。

 それにもかかわらず、歴史問題の決着という「偉業」だけが語り継がれていく事になる。

 それを目撃した我々が生きているうちはまだいい。

 しかし、若い世代がすべての時代になれば、すべてが忘れ去られ、「偉業」だけが残ることになる。

 みずからの手柄のために、歴史問題を曖昧決着し続ける安倍首相は、はかりしれないほど罪深いと思う(了)


天木直人
天木直人


 さて、天木と違って、私はオバマの広島訪問が「偉業」であるとは思わない。米国大統領として初めて、という枕詞で箔はつくけれども、偉業と呼べるものではない。そして、オバマの広島訪問で、米国による原爆投下をはじめとする戦争犯罪に関する論争がすべて終わるわけではない。オバマの広島訪問は、今後も続く日米関係における一里塚ではあるが、「米国と原爆」というテーマを語る端緒に過ぎず、論争に終止符を打つものにはなりえないのである。

 天木は、このオバマ訪問と南鮮との日韓合意を並べ、「安倍総理が、歴史認識を合間にしたまま政治決着という偉業を残す」と言っている。

 しかし、一番重要な歴史認識のところがまったく曖昧にされたままだ。
 和解どころか対立したままだ。
 それにもかかわらず、歴史問題の決着という「偉業」だけが語り継がれていく事になる。


 そもそも、歴史認識に対する決着など、あり得ないのである。歴史認識は国によって異なり、その異なることをお互いに認識するというところからスタートしなければならない。これができないのが支那や南鮮だから困ったものなのだが、政治決着とは、お互いの異なる立場を認め合い、例え曖昧であろうとも「お互い、一旦鉾を収めよう」という処し方のことを言うのだろう。それを「自らの手柄のため」といって安倍総理を批判するなら、「外交官時代に何を学んだのだ?」というブーメランが返ってくることになるのではないか。

 そもそも、日韓合意が最終的・不可逆的に解決させた慰安婦問題というのは、その大筋がフィクションであるからこそ、日本側の批判が強い。一方で、原爆というのは誰もが認める歴史的事実であり、非戦闘員の大量虐殺という国際法違反だ。そのふたつを同列に並べること自体、天木の外交的センスを疑う。

 結局、天木の主張は、安倍総理を批判したいがために導き出されたこじ付けによるものであって、反安倍という結論報道を継続する朝日新聞と何ら変わらない。罪深いのは、天木の方である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/05/02 07:14 ] 外交 | TB(0) | CM(17)
核兵器は世界に安定を齎し大国間での直接的な戦争を抑止してるのも事実。
我が国も真の平和を欲すれば9条と云う如何わしい呪縛を解いて核で武装すべき。
因みに外務官僚てこんなのバカリで我が国の足をひっぱて何ぼの商売なんでしょうね。
忠実なる敗戦の遺産、日本ハンディキャップ論信者であり9条教徒でも有る。元外務官僚にウンザリ。
ブログランキング定位置をキープし続けている所が薄気味悪く如何わしいく胡散臭い、クリックしてるのは外務省のお仲間か左翼か?
ミラーマン然り
[ 2016/05/02 08:02 ] [ 編集 ]
世界大統領と大差無し
まあ、メリケン史上F.ルーズベルトに次いで最低最悪と呼んで差し支えないオバマのとっつあんの場合、唯の売名ですから。南半島土人出身の某世界大統領閣下と同レベルの低俗さ、ってことですナ。

今日の妄言:核兵器の政治利用しまくりのとっつあんは早く退場して弁護士に戻りなはれ!
[ 2016/05/02 10:13 ] [ 編集 ]
オツムを占領されたまんま
天木というぱよちんブサヨ芸人は
オツムが占領されたまんまだというのがよく分かる。
口先や大衆受けパフォーマンスばかりのオバカを持ち上げ、
安倍さんを貶める。
占領軍司令部のGHQには従順で、自国政府を糾弾することに血道を上げる
占領政策の申し子そのままの態度だ。
対南ゴキブリの慰安婦問題合意が「偉業」?
保守派でそんな認識を持つのは少数にすぎない。
的外れでオバカへのごますりがあからさまなコメントは
さすがニッパチ組。テイノー丸出しだ。
[ 2016/05/02 10:16 ] [ 編集 ]
オバマ大統領 平和演説
2009年のノーベル平和賞受賞者はオバマ大統領だった。
そのオバマ大統領在任中、世界は多少でも平和になったのか?

核廃絶なんて、言うはたやすいが現実味がない。
政治家ならもっと現実味のある演説をしてほしい。

日本に核爆弾を使用した事に対する謝罪の言葉でもあれば
ノーベル平和賞受賞以上の偉業と認められるのではないだろうか。

実戦で核を使用した国の代表者が述べる謝罪と反省は、核廃絶を世界に
訴える上で、百の美辞麗句よりも重みを持つだろう。
[ 2016/05/02 14:13 ] [ 編集 ]
日本人はすぐ被害者ズラする。本当に不快。
奴隷なのだから謙虚にすべき。
安倍日王は対応の苦労していらっしゃるでしょう。
つぶやきお目汚し失礼しました。
[ 2016/05/02 14:33 ] [ 編集 ]
えっ?
これが天木直人?
ひどい顔になったもんだね
植村隆の近影もひどいもんだったけど、サヨクって腐った性根が顔に出るのかな?
[ 2016/05/02 15:34 ] [ 編集 ]
アメリカン・デモクラシーと原爆
今さらアメリカの大統領に謝罪してもらったって。

戦争のことはサンフランシスコ平和条約で解決済み。それが気にくわないなら、もう一戦に及ぶ他はない。

条約を結んでも意味のない、朝鮮人じゃあるまいし。

個人的な感慨としては岸田センセイの「日本がアメリカを赦す日」は心理学者の著作としては珍しく?よく書けていると思いますし、9・11時の小林よしのり氏の「その手があったか!」と喝采を叫ぶ発言にはシンパシーを感じますが、アメリカ大統領が「我が涙を拭いたもう日」を日本人に対して演じられるとは思いませんね。

原爆投下の最大要因は敵国政府への国民の支持と信頼を破壊しようとする、いかにもアメリカ民主主義的な発想です、間違いなく。

デモクラシーとはそのようなものなのですよ。
[ 2016/05/02 16:15 ] [ 編集 ]
米国の反省
米国の謝罪と反省は、世界における核廃絶の為の一歩を
客観的に考えたひとつの事例。

常々思うが、核保有国が自国の核を廃棄しないにもかかわらず、
これからそれを持とうとする国に対して核保有を反対する。
これは矛盾しているのではないか。
はたして核保有国は北朝鮮の核保有に対して反対出来るのか。

核廃絶というこれほど困難な問題に対して、米国が反省を述べるならば
たとえ米国が核廃棄の実行に至らないでも、大きな一歩だと私は評価する。
[ 2016/05/02 18:44 ] [ 編集 ]
日本は被害者ずらして----なんの事でしょう?
日本は広島、長崎で原爆による甚大な死者数を出し、今尚、後遺症で苦しんいる
現実があります。
原爆で犠牲になられた方々はアメリカに補償を求めためたことはありません。
何故ならば、
サンフランシスコ平和条約で請求権は既に失効しているからです。
その分、日本政府が補償しています。

一方、南朝鮮はいまだに「強制連行が〜」「慰安婦が〜」と大統領が代わる度に
被害者ズラして、「おかわり」「おねだり」をしてきます。
日韓基本条約が締結され 既にこの問題は解決済みです。
また国際法上からみても、この問題は韓国国内の問題です。

慰安婦、強制労働の実態があれば、補償は韓国政府が真摯に対応すべきで
日本政府に補償を求めるのは如何にも「被害者ズラ国家」とも言える。
これを言ったところで、世界一素晴らしい朝鮮脳では理解出来ないでしょうネ ?

オバマ氏の広島訪問で原爆使用に際して、日本政府が謝罪を求める事はない。
もしオバマが「二度と原爆は使用はいたしまん」と言うものなら
ロシア、支那が更に強権政治で他国を威圧し 益々世界の平和、安全が崩壊
しかねないからです。オバマの献花、核廃絶の演説があり、
ノーベル平和賞の軽い芝居ぐらいは するでしょう。





[ 2016/05/02 19:47 ] [ 編集 ]
>日本人はすぐ被害者ズラする。
相変らず順調だね斜め上に。

マトモに報道とか見た事ある?
被爆して責め立てられてるのは何故か日本政府や爆撃を受けた側たる日本の戦争責任なんだけどね。

責めるはアカい奴等でコイツ等ほど許せん奴等は居ない。
因みに謝罪の言葉など要らんアレは戦争だ戦争とはそいう物だ、負けても勝っても戦争、日本は負けただけにしか過ぎない。
過ち等犯す筈も無い、寄って全ての戦争責任とやらは元々無い。
全ては戦勝国側の一方的な裁きでリンチだ
そして日本は核兵器を持つ権利を有する

ただアメリカに云いたいのは戦後のゴミの処分を何とかしろ。
戦後は戦時でなく平時だぞ
[ 2016/05/02 20:44 ] [ 編集 ]
「歴史事実」と「歴史解釈」の違いを明確にせよ
「歴史認識」云々で、阿保なのが、そもそも「認識」に関して互いに違いがあるのは仕方がありません。

これは所詮「加害者、被害者」論にすぎず、そもそも、どちらか一方の主張のみが正当化されるような事はあり得ません。

所謂「被害者、加害者」については、あくまで「法的、政治的」な範疇で決着をつけるべきだと思います。つまり、国際条約を結んだ段階で、「歴史認識」云々に関しては、互いに合意しているわけで、「解決済み」なのです。

したがって、特亜等が条約を結んだ後でも「歴史認識」云々を取り出すのは筋違いであり、遡及でしかありません。無視すればいいのです。

そもそも今の現役世代には、(体験的な意味で)直接の関係があるわけではない、「歴史認識」云々を取り出すのは筋違いではないのか。いつまでも法的、政治的に合意し決着を着けた問題で、いちゃもんをつけてくる方が非常識だと思う。

米国の原爆投下は、当時存在していた「ハーグ陸戦条約」に反しており、違法だとは思っているが、日本は既に講和条約を結んでおり、この問題に関しては、日米両国間で、曲りなりとも(とは言っても、日本側は米国の占領下にあった為、多少自由意思の効かない状態にあったが)「合意」をしている為、後の世代がこの問題に関して、ああだこうだと、いちゃもんをつけるのは、先人の努力すら踏みにじるような行為になりかねない為、するべきではないと思っている。

米国の「戦争を終わらせるために必要だった」という主張にも、日本側が提案した停戦合意の締結を拒否するなど疑問もあるが、それも「歴史認識」の内であると考えれば、勝手にそう考えていればいいと思っている。ここに文句付けるのも、くだらないと言えばくだらない。

特亜が反日教育を行いたいのならば、捏造であろうが、それ自体は勝手だ。やりたいだけやればいい。

しかしながら、反日教育を施されたテロリスト予備軍を日本へ仕向けるのは、御免こうむる。

いずれにせよ、完全な「和解」など政治的には有り得ない。互いに譲れない部分があるのはどこの国も同じだ。

必要なのは、「歴史認識」ではなく「客観的な歴史事実」だ。

原爆投下は、歴史的事実だが、慰安婦の場合は、あくまで解釈の問題に過ぎない。

娼婦の存在自体が許せないと思う人は、許せないでいいと思う。しかし、その部分は、個人的な裁量の範疇に過ぎない。許せるという人もいる事は、尊重しなければならない。

悪質なのが、歴史事実と解釈の違いを混同させるケースだ。歴史事実は、互いに異なるわけにはいかないが、解釈は互いに異なったとしても一方的に非難する事だけはできない。

特亜や左翼は、この辺の事をもう少し的確に理解するべきではないかと思う。

[ 2016/05/02 21:29 ] [ 編集 ]
戦勝国は裁かれ無い。
露助何か滅茶苦茶仕出かしてる
[ 2016/05/02 23:24 ] [ 編集 ]
嫉妬、妬みの類似形
天木某のその都度の不評は「一派の内」と思って居りましたが、今回彼のwikiを見て・・・き○がい なんだと感じました。
目立ちたがり屋で上昇志向強し、なれど目的地に自己を導く脳力は不十分な者に多いタイプですね。この者、諦めが肝腎だわ。

足掻いても足掻いても目的地にたどり着けない者の勝手な妬みの被害者意識は、リラたらいうコメント内容に酷似して冷笑されるだけの哀れさが漂います。

今回に限っても、安倍総理憎し感情に溺れて論理性まるで無し。

昨夏の米国議会での安倍総理演説への大歓迎、国内に批判的意見は含むものの日韓合意で南鮮捏造歴史問題は口封じに一応は外向的には成功(南鮮が自国の立ち位置を認識して国際常識があれば、という条件付きですが)。

更に今度はオバマ広島平和記念公園訪問で、オバマはともかく、安倍総理に○印が付けられては、絶対困る! という事だけは伝わる彼なりの必死な発信ではあります。
イヤですねえ、男の嫉妬は。

そのwikiに <朝日の吉田調書はまれに見る大スクープでこれに反論する門田隆将氏や週刊ポストは確証のないものなら二者は作家活動停止や廃刊だけでは済まない責任を国民から取らされることになり、そうでなければならない。
朝日の大スクープが捏造されたものなら、朝日の責任は大きく朝日新聞社は潰れる>と言って居たそうで。 
     
どうだ!?
朝日は福一「吉田調書」の捏造を認めたその後も、この天木某が朝日に責任を問う事はしていない。らしいです。
[ 2016/05/03 00:17 ] [ 編集 ]
天木なる変人・奇人
天木直人のプログなるものを読んでみましたが、何を言ってるのが、さっぱり判りませんな。

この野郎は京大法学部を中退して外務省に入った受験エリートなのですが、いささかの論理力もないのは、しょせん高卒だからか。(笑)
いや、私の高校時代の雑誌部の方がまだましかも。

安倍総理が歴史問題を解決しないって、日本が中共の建国神話に付き合わないことが、天木にとっては心配の種らしいのです。全体主義国家の歴史観=イデオロギーに合わせようとしたら、民主主義国家の言論・表現・思想の自由は死に絶えますが、天木にとって、それはどうでも良いことらしい。

こいつは9条を守る為なら憲法の他の条文は全部捨ててもいい、と考えていることだけは判りました。まともに本を読んだこともない、無知、無学、無教養を絵に書いたような野郎です。

同年(47年)入省には、拉致被害者の問題で、家に火をつけられた田中均や、韓国クラブに入り浸って男を大いに上げた?・某氏とか、選りし精鋭でありまして、よくもまあ、よく、これだけの人材が同期に集まったものだ、と妙な感心を致しました、ハァー・・


[ 2016/05/03 02:49 ] [ 編集 ]
憲法改正
米国次期大統領が話題の今、若干の意味は有ってもレイムダック・オバマの広島訪問などさよくは大喜びでもさしてストポットライトを当てるほどのものではないでしょう。
それと同様植村一秀と山崎行太郎の間にいるいまだに過去の一栄光、「さらば外務省!」を持ち出す懐古趣味の左翼の末席、天木直人などという小物、どうでもいいと言えるではないかと思います。

ですが、唯一つ扱う価値があるとすれば、それはさよく共通の題材を内包しているという点だけではないかと思います。

それが安倍政権批判の為(さよくイデオロギー主張のため)にはあらゆる事を利用するというパターンであり、その先に『安保法制反対』そして、根本に『憲法九条』、『護憲』が有ります。
改憲のさよくというものを聞いたことがありません。

そこで、憲法改正。

身体障害者、経済的弱者など、
最近また弱者を表に立てて護憲を正当化しようとする動きを見せるさよく。
これは最近『憲法改正論議』で『改憲』に対して『護憲』を一般国民に説得する手段に使うものです。

そしてこれには私を最大化し、公を軽視させ様とする思惑が内在しています。
但し、この公と私では公を最大化し私を軽視することを良しと考えていると言っているのではありません。
この公と私はバランスであると考えます。

ただ、公としての国が私では解決出来ないことを扱う存在であるという意味からは公私で公が主体であるという重量バランスではないかと思います。

憲法改正議論では幾つも検討対象はあるでしょうが、やはり『憲法九条』が中心であるという事は間違いないでしょう。

この『憲法九条』、日本独自の特殊な「『護憲』の空想的理想主義が時に現実に生きる諸々の外国人に夢に憧れるという意味での説得力を持つ事もあるかもしれませんが、実際現実というものは自ら矛と盾を捨てる者に容赦はありません。

その現実の危険な道に『護憲派』が日本国民を導いているということに気づかず、逆に『戦争法案』などと自国の安全保障強化を妨害しています。

戦後、日本の安全は米国の盾と矛、そして近隣周辺国の停滞が作り出していたものです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160502/k10010506971000.html

憲法改正「必要」27% 「必要ない」31%
これが一般日本国民の認識です。
たとえ憲法改正に必要な2/3が議会で取れても国民投票では却下されるといのが現状でしょう。

何故そうなってしまうのかは、日教組などの活動も有りました。
また偏向メディアが長らくメディア界を支配していて日々国民を洗脳し続け、「これは政治権力とメディアの戦争だ!」 などという発言が有効性を持っているのが現状だからです。
この偏向メディアの『護憲誘導』が正され、事実が国民に伝わる時代にならない限り『憲法改正』は夢物語という事です。

そこに今安倍内閣、保守派が正攻法で挑もうとしています。
対するメディアを乗っ取り、教育現場を乗っ取り長らく日本国民洗脳工作をして来たさよく連合。
具体的には少なくともNHKが正常化し、フジテレビが保守と成り、日本テレビが公平な報道を行うというぐらいの時代にならないとこの『憲法改正』はさよくの『護憲工作』に勝利出来ないのではないかと考えています。

ただ心配なのはISに『九条教』は効果を持たないでしょうし、またそんな日本国内の左傾鎖国状態を中国は活用するということでしょう。

http://www.sankei.com/premium/news/160503/prm1605030030-n1.html

http://www.sankei.com/column/news/160502/clm1605020005-n1.html

[ 2016/05/03 06:49 ] [ 編集 ]
ヘイトスピーチ規制法案反対の声をお願いします
*記事内容から逸れた投稿で申し訳ありません。

「ヘイトスピーチ規制法案反対の声を官邸や法務省、国会議員へ
  ……補記-自公案は「憲法」14条・21条違反」
とのタイトルで新しい公民教科書などを著されている
小山常美氏が呼びかけてあります。

この件は前から気になりながら来ておりましたので、
早々に皆様に周知をお願いしたいと思い、失礼ながら御邪魔しました。

小山氏のブログの前書きです。

野党案ももちろんだが、ヘイトスピーチ規制に関する与党案も
「日本を失くそう」運動の総まとめの意味を持つものである。
日本人によるヘイトスピーチだけを取り締まるものなので、
理念的に言えば、野党案よりも明確に日本人差別の根本理念を
打ち出したものである。
この日本人差別法は、じょじょに日本人の首を絞め、
日本人をくびき殺していくこととなろう。
  
そこで、とりあえず、ブログ記事を元にして、
2000字未満の文章を作成し、官邸に対して意見を投稿した。
ヘイトスピーチ規制法案に反対の方は是非意見を
官邸その他に届けていただきたい。

ご意見募集
(首相官邸に対するご意見・ご要望)
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

参考までに、以下に、官邸に届けた私の意見を貼り付けることとする。

あらゆるヘイトスピーチ規制法案に反対します
としたタイトルで論理的な文面が掲載され、転載自由となっています。

http://tamatsunemi.at.webry.info/201605/article_1.html
[ 2016/05/03 08:25 ] [ 編集 ]
泥棒民族のくせに
>日本人はすぐ被害者ズラする。本当に不快。
>奴隷なのだから謙虚にすべき。
>安倍日王は対応の苦労していらっしゃるでしょう。
>つぶやきお目汚し失礼しました。

中国人・朝鮮人は根っからの泥棒民族のくせにすぐに被害者ヅラをする
本当に不愉快
韓国は経済も左前なんだから、いい加減に昔の関係に戻って中国サマの属国になれば?
奴隷民族朝鮮人の分際で冬季五輪なんて身の程知らずなんだよ。
選手の迷惑になるから、サッサと開催を返上しなさいよ。
二度と来るなよ朝鮮人

つぶやきお目汚し失礼しました。
[ 2016/05/03 16:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: