私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  TBSは“萎縮知らずのメディア”の恰好の見本だ

TBSは“萎縮知らずのメディア”の恰好の見本だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 マスメディアは圧力によって萎縮しているということを盛んに宣伝する人々がいる。この人々はある種の「ありもしないメカニズム」をあたかも存在することとして定説化させようとしているだけだ。その「ありもしないメカニズム」とは、「反権力には自由がない」、「反権力はいつも虐げられている被害者だ」というもので、その被害者根性は、日本政府にたかる南朝鮮のそれとよく似ている。しかし、そのようなメカニズムは実際には存在せず、存在するものとして宣伝されているだけだ。

 萎縮などというものが宣伝に過ぎず、テレビ番組を制作するテレビ局側が、自由な報道を全身で謳歌している実態は、例えばこういうところに現れる。

TBS 本屋大賞の偏向報道


 TBSの「あさチャン」という情報番組で、2012年から2015年までの本屋大賞受賞作を紹介していた中、2013年度だけ意図的に外されていた。言うまでもなく、2013年の大賞受賞作は「海賊と呼ばれた男」。作者は百田尚樹氏である。

 当然ながら、百田尚樹氏は権力を持たない一人の作家である。だから、このケースを以って権力とメディアの萎縮を語ることはできないが、少なくとも、テレビ局側が恣意的な編集を施して、「伝えたくないことを伝えない自由」を実践していることは確かだ。この場合、2013年だけを外すのはあまりにも不自然であり、意図があったとしか思えないのだ。ちなみに、海賊と呼ばれた男の発行部数は、上下巻累計で364万部を突破していると言われ、TBSが報じた3作と比べて桁違いに多い。

 しかし、メディアの問題点は「報道しない自由」だけではない。中には「報道テロ」と呼ぶに相応しいものもある。今週月曜日の25日、同じくTBSの番組「ひるおび」で、菅官房長官が衆院北海道補選で自民党公認の和田義明氏が初当選したことについて発言している記者会見の映像を流した際、北朝鮮国営放送の「南朝鮮のかいらいらとアメリカの後頭部をいつでも攻撃できる刀を刺せるようになった」というテロップを流した。

菅官房長官の発言を使った報道テロ


 このテロップが果たして故意に挿入されたものだったか、或いは過失によるものなのかは、メディア当事者のみが知る。しかし、この事件の主役がTBSであるが故に、「故意ではないのか」と思う人が少なくないのには理由がある。TBSには数多の前科があるのだ。似通ったものが、石原都知事の失脚を狙った捏造テロップ事件だ。Wkipediaから引用しよう。

2003年10月28日、石原は「救う会東京」の集会で基調講演を行った際、「私は日韓併合を100%正当化するつもりはない。彼らの感情からすれば、そりゃやっぱり忌々しいし、屈辱でもありましょう」と発言した。

この発言をサンデーモーニングは「石原都知事の問題発言」として放送し、石原発言の音声編集の際に「私は日韓併合を100%正当化するつもりぁ・・・」と最後の部分を聞き取りづらくし、その上で「私は日韓併合を100%正当化するつもりだ」と全く正反対のテロップを付け、朝鮮総聯からの抗議を伝えた後VTRが終了。司会者の関口宏から話をふられたコメンテーターも、このテロップに沿って石原を批判した。

11月5日、TBSは別の番組で「テロップミス」があったことを認め、謝罪した。

2004年(平成16年)2月9日、石原は「悪質な捏造の意図を感じざるを得ない」とし、名誉毀損で刑事告訴した。同年12月14日、同番組プロデューサー4人が東京地方検察庁に書類送検された(その後、不起訴処分となった)。


 本屋大賞の歴代受賞作から百田氏のベストセラー作品を消したのも、菅官房長官の発言に平壌の主張をかぶせたのも、「意図をもって」と解釈されるのには、こういったTBSの「前科」が影響している。そして、その前科をまるで反省していないことは、サンモニの偏向報道や一方的主張の垂れ流しで明らかだ。だからTBSは信用されないのである。

 どうしてこうもすぐバレるような浅はかな恣意的報道を繰り返すのか。理由は、TBSは「まだ視聴者は騙せる」と思っているからだろう。「ネットで批判する奴は全体から見ればごく一部。その他大勢の愚民はいまだに放送局が流す情報を鵜呑みにする」という昔ながらのロジックから、TBS自身が脱皮できていないのだと思われる。

 “自らのルール”による自由な報道を謳歌するTBSは、萎縮知らずのメディアの恰好の見本である。

TBS「報道テロ」全記録―反日放送局の事業免許取り消しを! (晋遊舎MOOK)
TBS「報道テロ」全記録
反日放送局の事業免許取り消しを!



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/04/30 07:42 ] メディア | TB(0) | CM(17)
確信犯です
当然ながらネットをやらない層に対しての確信犯でしょう。
自分たちは好き放題やりながら、日本は報道の自由が侵されていると、被害者面をして世界に拡散する厚顔さには飽きれてしまいます。
このようなマスコミ関係者とマスコミを支える似非文化人たちは、静かにフェードアウトして頂きたいものです。

ところで、マスコミとは少し違いますが通販生活という共産党系のカタログ雑誌は、そんな彼らの主張をかなりのスペースを割いて拡散しています。
一般的に通販カタログのついでに一般人は、洗脳されていくシステムなんでしょう。それに目覚めた主婦が市民運動などに走るのかもしれません。
[ 2016/04/30 11:13 ] [ 編集 ]
長渕剛の「親不知」
おもしろい歌詞があります。

「よこしまなマスコミはいつも臭い息を吐き、
知識と教養をふりかざす点数稼ぎのばか野郎どもが。

はるか地球の上から人を見下ろしても、
日銭暮らしの俺たちにゃもっともっと大事な事がある。」
[ 2016/04/30 11:40 ] [ 編集 ]
内憂外患
TBS即ち毎日新聞、テレビ朝日即ち朝日新聞などという『さよく連合の出力部門』としては自民党安倍政権での保守系的政策が次々と出されたり、日本全体で戦後の左翼世情が保守的雰囲気に変わって行く事に不安を覚えているのでしょう。

その意味で先のさよくのお歴々「私たちは怒っていますメンバー」によるアピールも危機感の表れでしょう。

そこでこの「報道の自由」という皆が批判し辛い表看板を前面に掲げ、自ら第四の権力という実は一番の権力でもある実態を隠し、ぼやかし「萎縮」という橋頭堡を保とうとしています。
現状、実態は偏向電波のオンパレードです。

という日本で一番の病理である『偏向メディア』が日本の内患です。

そうなるともう一つ外患というものがありますが、直近日本国にとっての外患とは中国、北朝鮮でしょう。

余りに他のブログ等でその重要な外患に一番関わる事が語られていませんので、続けて以下追加したいと思いますが、それは米国大統領選です。

それにより日本国政府がどうこう言っている小さなものではない、大勢と流れが見えるというものです。


トランプ大統領

いよいよ米次期大統領が共和党のドナルド・ジョン・トランプ氏に成ったと仮定して日米関係、アジア情勢を思考する時期に入りました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97

過激な発言で注目され、当初は早い段階で次期米大統領レースから脱落すると思われていたトランプ氏が今や共和党では一番大統領に近い候補者となっています。

その過激な発言とは
「メキシコとの国境沿いに壁を造る」、「イスラム教徒の入国禁止」、「中国からの輸入品に高率の関税をかける」、「日本、韓国から米軍を撤退させる」、「日本と韓国の核兵器保有を容認する」などというものですが、スーパー・チューズデー等で勝利を重ねるに従って最近発言に慎重さが出てきました。

大統領になった暁には、予ねてからの発言通り大胆な言動を続けるのか或いは最近変化が見られるような周囲と調整した言動となるのかそれは分かりません。

只そこで参考にしてもよいと思えるのが、国際政治学者の藤井厳喜氏の見方ではないかと思います。

http://www.androidappsfree.com/play/video/id_k47Pfyaud_M

トランプ大統領を待ち望んでいるのは中国ではないか… 3月28日

http://www.sankei.com/politics/news/160328/plt1603280009-n1.html

トランプ氏が外交政策発表 「アメリカ第一主義」掲げ同盟国に負担求める 中露とは関係改善目指す
http://www.sankei.com/world/news/160428/wor1604280042-n1.html

「米国が第一」とトランプ氏 同盟国に財政負担増を要求 南シナ海「米国弱って中国の台頭許してしまった」
http://www.sankei.com/world/news/160428/wor1604280013-n1.html

そのように過去の発言、そして最近の発言のトーンの変化はありますが、トランプ氏の根底に強くあるのが『強い米国の復活』です。
そこを軸としてトランプ分析はすべきで甘い日米関係はないでしょう。

但し、過去から常にアピールやロビー活動の弱い日本がどうもアジア情勢、日本、中国などの一歩深い見方に欠けると思えるトランプ氏への正しい情報伝達が今まで通り消極的姿勢で放置したままのマイナス面をおおいには反省し、今からでも日本政府中枢から活動を活発化させるべきではないかと思います。

http://www.androidappsfree.com/play/video/id_BPDSEDzDlLE

アジアに興味を示さず、中国の台頭を許し南シナ海を取り返し出来ない程にした無能な米国オバマ大統領、その時代より良い方向に向かうという可能性も出て来ては居ます。

[ 2016/04/30 12:05 ] [ 編集 ]
アカヒの若宮啓文工作員だけでなく、「公明党、偽民進党、おおさか維新の会、社民党、生活&山本太郎、日経新聞、共同通信社、時事通信社、ロイター日本語版、アカヒ、毎日、東京新聞、中日新聞、NHK、テ●朝、TBS、日テレ、民団、・・・などなど」も、共産シナによる粛清の対象でしょうね。
アカヒの若宮啓文工作員だけでなく、「公明党、偽民進党、おおさか維新の会、社民党、生活&山本太郎、日経新聞、共同通信社、時事通信社、ロイター日本語版、アカヒ、毎日、東京新聞、中日新聞、NHK、テ●朝、TBS、日テレ、民団、・・・などなど」も、共産シナによる粛清の対象でしょうね。
[ 2016/04/30 13:45 ] [ 編集 ]
まだまだテレビだけ世代が多い?
失礼ながらご高齢の方々ではネットを見る人もそれ以下の世代よりは少ないでしょうし、どうしてもテレビか貧聞だけが情報源、という方々も多いのでしょうね。周りの人に情報を漏らすのもその補完法として有効かと思います。

今日の結論:テレビは国営放送だけで十分、貧聞は小中学校の学級新聞だけで十分だ!ゴミ電波と便所紙は結構毛だらけ○○の周りはウ○コだらけだ!
[ 2016/04/30 14:29 ] [ 編集 ]
「海賊と呼ばれた男」2013年の本屋大賞から、すっぽり抜いていますね?
視聴者から見て、なんで?
そこは 朝鮮テレビで 「真実を報道しない自由」を行使したのでしょう?

安倍総理の好きな作家の一人が 百田尚樹氏です、
百田氏が本屋大賞を 受賞されたとき
「百田さんには様々な分野で活躍してほしい----」とエールを送った。
「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」でとんだトバッチリをくらった百田氏です。

諸兄さまはすでに、ご存知かもしれませんが「海賊と呼ばれた男」のモデルは
出光興産、創業者の出光佐三さんですね。
氏は小学生のころ眼病にかかり、読書よりも「自分の頭で考える」を身につけ
社会人になって幾たの危機に遭遇しても、鍛え抜いた地頭が
多いに発揮されたのではないかと思います。
そう言えば田中角栄も「学歴よりも学問」とか--(ポッポにマス禿げが見本)

くどい様ですが、
TBSの茶坊主、ヒゲの岸井は 「メディアが 萎縮している〜」
横に居た田原は「それはメディアがだらしないからだ〜」と突っ込むシーンが
想い浮かんできます。
相変わらず、真実をねじ曲げ 印象操作を繰り返す、恥知らずのクズ局ですネ?

[ 2016/04/30 15:35 ] [ 編集 ]
伸び切ったゴム紐
伸び過ぎて伸縮性質が切れるとゴム紐は元に戻れないですね。行き先はゴミ箱。
萎縮なんぞしたくとも既に出来ない領域に入っているのでしょう。TBSは。
その廃棄は国家権力に依るものではなく一般庶民の視聴力だと思います。お客が途絶えりゃお店は潰れる訳で。
そう言えばTBSの副業熱心ですね。

出光佐三さんに主材をとった「海賊と呼ばれた男」が無視されたということは、出光産業のTBS系局への”お支払い”は無いのでしょうかね?
百田氏だけではなく、創業者と戦前戦中戦後の社員の血みどろの戦いを誇る独立系石油企業の物語をも無視するTBSのある種の「勇気」は、自社の結論ありきの社業一筋故、と理解致します。
出光産業さん、スポンサーはしないで下さいね!

上橋氏の作品には誇りと自衛の為に何度でも戦う者がほぼ主役で登場しますけれど、そちらはTBSはイイ訳なんだ!と日頃のTBS御贔屓「九条」連の物言いも考え併せると奇異な感じが致します。

ここまでの百田氏憎しは、それが朝日を上回る反日売日TBSであることで、逆に百田氏の欣快とする処ではないでしょうか。

国際社会もかなり混沌としてきた感のある現況です。日本国内メディアもそれに連動している様でもあり、ひとりTBSだけではないですが国家的変態組織には気分が悪いですが要注意ですね。
中共が転けたらTBSも姿勢変更になるのでしょうか。
[ 2016/04/30 18:30 ] [ 編集 ]
出光「産業」ではなく草むしり様お書きの通り、「興産」でした。訂正致します。
[ 2016/04/30 18:38 ] [ 編集 ]
TBSは二度死ぬ
「伸びきったゴム紐」とは言い得て妙!

末田軍曹どの、こはるさんちに上等な座布団運んどいて。変な細工はしないでね。

ところがTBSはすぐに萎縮するのですよ。合法的な国家権力の行使に対してはとことん突っ張りますが、カルトに脅されるとすぐに屈服する。

皆様はTBSがオウム真理教の幹部に坂本弁護士がオウム批判をする取材ビデオを放送前に見せて、それが坂本弁護士一家皆殺し事件に繋がったことをお忘れか?
そこはカルト同士ですからね、カルトの怖さはTBSが誰よりりよく知っている?

その他、麻原の画像にサブミラル効果の細工をして放送したり、TBSの犯歴は限りないです。筑紫哲也が「TBSは死んだ」とカッコよく言い切ったあの事件ですよ。

それでほとぼりが覚めたと思ったら、死んだはずのTBSに再び出演する筑紫もたいがいですが。

TBSの連結売上高は3,465億営業利益は121億円、

ばか高い給料の社員(5271人)を大量に抱えて、お世辞にも高収益会社とは言えません。一波かぶれば、たちどころに赤字転落といったところでしょうか。
つまらん放送事業など止めて、不動産賃貸事業に特化してもらった方が、よほど株主の為になるのですが。それなら社員は30人程度で十分です。

主要株主は信託銀行が多くを占めています。信託銀行は株主の名義を代行しているため、実質株主は分かりにくいです。それ以外の大株主では、三井住友銀行、三井不動産、NTTドコモが各3%台、以下、日本生命、ビッグカメラ、講談社などが並んでいます。

前記各社とお取り引き、或いは株主関係にある方は、変態犯罪放送局への出資、並びにCMの提供を止めるよう、ぜひとも各社にご提言下さい。

これは顧客、或いは株主としての堂々たる意見の表明です。
[ 2016/04/30 19:57 ] [ 編集 ]
オウム
オウム事件にTBSが関与した、ということだけは聴きましたがその内容がよく分りませんでした。そういうことであれば、共産党系の弁護士ご一家があの悲惨な被害者で、TBSと共産党との関係はその後如何に?です。

ただ、関与した人間がしばらく米国”島流し”処分になったものの、いつの間にか帰国して先の民主党政権にご意見番協力して居たのは存じて居ります。
結論。ロクなモンじゃない放送局。

昨今の桝添発言で「ああ言えば上祐」を思い出していたのですが、時というものは見えない処で関連するものですね。

末田先任軍曹殿 ワタクシ、絹製で良いわよ。WWWW お会計あちらの閣下へ。
[ 2016/04/30 20:41 ] [ 編集 ]
絹座布団、 御意にございます
小細工なんかいたしません。 真摯なる祈願をいたします。

こはる様のような毅然たる御方が多くのお子様を生み育てあそばしますことが
社稷弥栄の源であると信じております。

座布団を誂えまして神棚の下に捧げ「これにお座りになる御方が多少お歳を
をめされようともご懐妊されますように」と祈りつつ、お百度参りをいたします。

そして乃木神社にて安産祈祷をしていただいた後でお届けいたします。
[ 2016/04/30 22:59 ] [ 編集 ]
ありりゃとあんした~
乃木神社が安産も司っていますのか?
鬼子母神様の方が好みwじゃが、八百万の神々支部同士でなんとかなさるのでありましょう。

軍曹殿のご厚意はしっかり戴きます。キリッ!お百度ごくろーでございまする。


題違いですが、現在の軍事課題はレーダー戦ですって。
半島問題より支露重点でしょうか?
[ 2016/04/30 23:17 ] [ 編集 ]
「ミス」が都合良く起こるわけが無い
そもそも、テロップなどが「ミス」であるというのならば、どうしてその内容が左翼やTBSの意向に沿った「ミス(苦笑)」のテロップに成り得るのか、合理的な説明が必要になるのではないかと思います。

どう考えても不自然だと思います。「ミス」がそんなに都合が良い時に起こるとは、通常考えられません。明らかな意図を感じますね。

こうした捏造などは、本来ならば、公益の観点から見ても、処罰されなければならないのですが、彼らは、処罰されないように都合の良い言い訳を繰り返していますね。

「メディアの委縮」などというのは噴飯ものですね。どこにそのような「萎縮」があるのか。彼らがそのように表現するのは、自分達が普段から疾しい事をやっていて、それを処罰されそうになるから騒いでいるだけなのだと思いますね。

いい加減、メディアの横暴は何とかしなければならないと思います。野放しに指定は、正確な情報が国民に伝わらないと危惧しております。
[ 2016/05/01 00:44 ] [ 編集 ]
あまりにも低俗・・・
大人ならばどんなに嫌いで敵視している人であっても
表面上は平静を装うものです。

嫌いだからわざと百田氏が受賞した年代を載せないなんて
小学生の仲間はずれやいじめの世界ですよ。
あまりにも低俗すぎます。

この件が問題になったら「制作は外部下請けにやらせた」などと
幹部や上層部は素知らぬ顔を決め込むのでしょう。
上に気に入られようと「こんなふうに作っちゃいました」と百田氏抜きのボードを得意げに見せてた姿が目に浮かびます。
哀れな人達…

[ 2016/05/01 01:49 ] [ 編集 ]
 こはる様
仰せのように宇宙戦(レーダー戦)になっていると仄聞しています。
ロシアはあまり得意ではないようです。

敵の偵察衛星や通信衛星を物理的に破壊する方法と、ハッカーとして敵の
システムに潜りこみ誤作動させる方法のようです。 支那は自国の衛星を
破壊する実験に成功アル!と嘯き「宇宙ゴミを撒きチラしてからにゴミが他国
の衛星に当たればどうなるか考えろ」と顰蹙の嵐を起こした前歴があります。

今はハッカー部隊の養成に励んでいるようです。 証拠が解り難くバレても
「不埒者はどこにもアル、人民政府は常に正義潔癖アルヨ」と言い訳が
しやすいからでしょう。

こはる様のPCの画面に突如「My Dear MISS KOHARU. From China 
With Love I Fly to You !」と表われましても夢驚くことなかれ。

英軍佐官の話として 
【湾岸戦争で英軍は割り振られた地域で戦ったのだが砲が全く当たらない。
戦後の利権は戦果で決められる処があり、これを嫌った米国が英軍担当区
のGPS精度を20mズラしたからだ。 これを契機に欧州のGPSは独自の
システム「ガリレオ」を運用することになった。】
と田母神閣下が本に書いておられました。
[ 2016/05/01 07:48 ] [ 編集 ]
あたしのメルアドへも、韓国、フランス、イタリア、ベルギー、カナダ、米国のIPから韓国式嫌がらせのようなスパム・メールが大量に送られて来ますね。
あたしのメルアドへも、韓国、フランス、イタリア、ベルギー、カナダ、米国のIPから韓国式嫌がらせのようなスパム・メールが大量に送られて来ますね。

恐らく、韓国、フランス、イタリア、ベルギー、カナダ、米国の韓国人たちからの韓国式嫌がらせの大量のスパム・メールでしょうね。

それに、韓国は、フランス・ポーランド・リトアニア・ベラルーシ・チェコ・ルーマニア・共産シナなどのレッド・チーム諸国と同盟国ですしね。
[ 2016/05/01 12:34 ] [ 編集 ]
末田先任軍曹殿
三ヶ月?程前の「正論」漫画に、ハッカー部隊を稼働させた中共トップが米国調査部署から自分の隠し財産や愛人その他細々を逆入手して慌ててハッカー部隊解散w、というのがありました。主役は毛沢東ですが、傍にはキンペーも居りまして。
パナマ文書はそのあとの露見です。イイ勘してます。

戦闘機レーダーでは能勢伸之氏がWiLL6月号で「空の覇権」合戦?目指してロシアが生産を進めている「スホーイ35」の性能を「ある程度のステルス機まで補足出来るのでは」と評価して居ました。
石原御大との軍事会談ですが、先任軍曹殿関心事モノでしょう。

湾岸戦争時の米英の件は御大が触れていました。日本も何処まで正確な情報を提供されるか疑問、と。そりゃそうでしょうね。

あ、軍曹殿は定期購読でしたよね?なので申しますが、
その6月号には新ばしの売れっ子芸者「すずめ」さんのカラー写真数葉もありますでしょ。  上村松園さんの若い美人画に息を吹き込んだ様な・・・なんとも美しいので御座います。御見過ごしなく!
私的に6月号は内紛以前らしき編集長花田氏とスタッフ一同が移籍して立ち上げた「月刊Hanada」と「WiLL」の読み比べ中です。
[ 2016/05/01 16:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: