私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  酔っぱらいのような呟きで炎上するみのもんた ~ 「自衛隊きちんとして欲しい」ってなんだ?

酔っぱらいのような呟きで炎上するみのもんた ~ 「自衛隊きちんとして欲しい」ってなんだ?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 「安倍政権はバカ発見器」であると説いたのは、産経新聞の政治部編集委員、阿比留瑠比氏である。「今まで本心を隠してきて普通のふりをしてきたバカたちが、どんどんカミングアウトとしている」と政府高官相手に言ってみたそうだが、その政府高官は苦笑いして答えなかったと言うが、このバカ発見器論はなかなかの説得力を持っている。

 安倍政権がバカ発見器なら、震災も同じくバカ発見器である。「熊本にオスプレイを飛ばすな」と、共産党機関紙と同じ論理で政府を批判する、民進党の原口一博もその一人だ。また、国会で大暴れしているおおさか維新の会の足立康史氏は、震災における民進党の対応を歯に衣着せぬ論調で批判し、「何もやっていないのは民進党だけだ。民進党は何をやっているか。足を引っ張っているんですよ、足を。ふざけるなよ、お前らホンマに」とバカの炙り出し役を買って出ている。

 もうひとり、象徴的なのがみのもんただ。現在、絶賛炎上中である。原因はこのツイートだ。

みのもんた


 古館伊知郎がプロレスやF1のアナウンスでは絶品だったように、みのもんたも「プロ野球の好プレー珍プレー」のアテレコでは唯一無二の存在感だった。だが、古館同様に、政治に対する思想や信条を語りだしたとき、過去の光は消え、残念さばかりが残るようになる。そもそも、朝番組でかなり左傾斜した持論を垂れ流していたこともあったが、2年ほど前、「米軍は日本が金で雇ったボディーガードだから、集団的自衛権で、ガードする相手(日本)に「手伝え」って言うのはワガママだ」という趣旨の内容を発したとき、「やっぱりダメな人…」という印象を強く持った。

 このブログを書いている段階では、みののツイートはまだ2件。しかし、2つのツイートで炎上まで持っていくとは、なかなかのヒット率だ。最初のツイートが「早く飲みたいね!打ち上げまであと何時間?」というものだったから、炎上ツイートも深く考えずに発信したのだろう。

 発言が軽すぎる。支援が甘い、自衛隊はじきちんとしろなどと、自分は高みの見物を決め込みながら、発するのは単なるネガティブ評論だ。「俺なんか」という卑下した言い回しは、「俺みたいな者」というプライドの逆説的表現であろう。そもそも自衛隊に対する「きちんと」という要求自体が意味不明なのだが、みのが批判するその自衛隊は、その瞬間も、余震が続く危険な状況下で、懸命に行方不明者を探し、被災者に物資を届けている。懸命に“人の為に働く人たち”に対し、「きちんと」というのはあまりに無神経ではないか。

 震災から学んでいないのは、みのが属するマスメディアの方ではないのか。「みのこそ、息子の教育を“きちんとして欲しいね”」という皮肉がネット上に溢れているが、単なる酔っ払いの呟きのようなツイートを続けるようなら、再度の炎上は必至だ。もうちょっと「きちんと」考えてから発言して欲しいものである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/04/22 07:15 ] メディア | TB(0) | CM(27)
同盟とは相互主義で片務的な同盟は異常。
馬鹿に付ける薬無し、馬鹿炙り出し器。
最大の敵は、こう云う左巻きに洗脳され偽善に酔いしれる国民でしょうね
[ 2016/04/22 07:53 ] [ 編集 ]
ぱよちんブサヨの限界
恐らく、この程度が28グループのぱよちんブサヨの限界なのでしょう。
みのは自分なりにきちんと考えて発言しているつもりで、
「なぜ炎上するのか」とキツネにつままれたような思いをしていると思う。
洗脳された人間は、それが理不尽に思えて仕方がない。
世間を見下したような物言いによく表れています。
[ 2016/04/22 09:51 ] [ 編集 ]
こんな酔っ払いが長年、電波を汚して来たんだと思うと・・・
被災地の現場の状況も何も知らないこんな不届き者が
自衛隊批判をやらかすのですから。

朝から酔っぱらっているような非常識きわまりない、
みのもんた爺に言いたい。
こどもたちの手紙の前で恥ずかしくないのかと。


4月20日に井上和彦氏が自衛隊への感謝を込めた
子供たちの二通の手紙を紹介されていました。
これがすべてです。

  4/20(水)〜井上和彦・居島一平〜
  【真相深入り!虎ノ門ニュース】【Toranomon NEWS】
  https://www.youtube.com/watch?v=wWMPAyMW-u4

********
自衛隊のみなさんへ

いつもご飯やおみそしるを作ってくださってありがとうございます。
おふろの湯もあたたかくて、とてもきもちいいです。
とてもやさしくて、かっこいいとわたしはおもいます。
夜おそくまではたらいているみなさんをわたしはそんけいしています。
これからもがんばってください。

********
がんばり賞
みなさんは、わたしたちみんなのためにおふろやご飯を
がんばって作ってくれたのでここにがんばり賞をしょうします。
平成二十八年四月十九日
西原村の子どもたち
これをかいただいひょう
[ 2016/04/22 11:36 ] [ 編集 ]
「無責任」の一言に尽きる
世の中は責任感ある人(そうあろうと考える人)と無責任な人のどちらかだ。

日本国憲法は条文通りに読むと「自衛権」を放棄している。
国が自衛という権利を放棄するから、その国民は自国を守るという義務を持たなくてよくなる。

阿比留瑠偉氏の言うバカも、サヨクと言われる人も、
そして、みのもんたも全て無責任のくくりに入る。

無責任を助長する日本国憲法を変えて、それぞれの場面で
国民に責任感を持たせる事が早急に望まれる。

[ 2016/04/22 12:13 ] [ 編集 ]
東日本大震災の寄付者にみのもんたは見つからなかったです。。。
 東日本大震災の折、どんな人が芸能人では寄付しているのか毎日チェックしていました。名簿はどこかに言ってしまいましたが、びっくりしたのが藤原典香さんの6400万円、安室ナミエさんの2-5000万円、確か宇多田ヒカルさんも多額の献金をしてくれた記憶があります。
 我々じいさんから見ると彼女たちはミーハーの対象というかあまり期待はしていなかった人が被災者の立場に寄り添ってくれたことに感激し、人を見かけで判断していた自分がはずかしくなりました。
 一方、ソフトバンク孫社長は100億円すると豪語しましたが実際にいくらされたのかわかりませんでした。また毎日のように現地の悲惨さを訴えていたはずのみのもんた氏の名前は見つけることが出来ませんでした。多分、匿名で何億円も寄付なされた?ことでしょう。
 現地でマスゴミが避難者から非難される事件が多発しているようです。ベースがベースですからどこに行っても地がでるのでしょうね。
 ネットパワーが今回もマスコミの反日や不要な存在であることを証明してくれています。
 

 
[ 2016/04/22 13:09 ] [ 編集 ]
江戸時代の芸人は 「河原こじき」と称され非人扱いされた時期が
ありました。いわゆる乞食は賤業でもあった。
現代社会において、多くの芸人を使い回してるテレビ業界も
似たような所がある。
偏向・改竄放送で視聴者を印象誘導したり、根拠も無く日本下げに血道を注ぐ
所業は正しく乞食以下でもある。

以前TBSの「朝ズバ」で
みのもんたの二日酔いの腫れぼったい 赤ら顔をよく拝見しました。
なんと不遜な人だと感じていました。

また局内でセクハラ問題が起こる度びに、
生前の奥様が火消しに走っていたようです。

みのもんたに道徳心、公共性とかを求めても無理筋な話で
人としての矜持など元々持ち合わせていない輩です。
ゴミ業界にあぐらをかく老害天狗は早く お引き取りねがいたい!
みのは業界から去る事は、視聴者への せめてもの恩返しだと思う。
(もうこれ以上 晩節を穢すのはやめようネ!)

[ 2016/04/22 15:06 ] [ 編集 ]
覧たくないリスト上位
見る価値、聴く価値のない事を発信する輩に不足のない日本のマスコミ現場ですが、このみの某も私的にはかなりの小汚い印象上位にランクしております。

それでも、過去の災害、被災者支援対応の経験が生かされてない、この点だけはみの某の言い分に賛成致します。
それは中央や他地域からの支援ではなく、当事者の熊本地方行政者達の事に限定ですが。

苦しんで居る人を叩く気は無いですが、淡路・阪神、中越、東北と20年の間に起こった大災害を、この県はどう見て来たんだろう?と申し訳ないが最初の時点から疑問符つきでTVを見る事が多いです。

東北大災害のあの時は、政権が民主党だったからか、不備だらけの中央の対応は事実よりも超過小評価や黙認、それでもどうしようもなくて事実のみの報道。その分自衛官出身の一知事にだけ小姑視線だった様に覚えております。
そして、今、地方の不備を何かと中央の責任でもあるかの様な報道者達。

まともに国益追求の政治家を擁護しても収入が確保される職業ではなさそうなので、長年染みついた身過ぎ世過ぎ術は国民の災害時でも頓珍漢な言辞を産むのでしょう。
広い世間にはバカにされてもあの年齢になれば気にならない程に鈍感になっているとも考えられます。

連日の湿った土砂の掘り起こし重労働に、画面でははっきり自衛隊、各県警、消防職員は制服でわかりますのに、ニュース読みあげには「警察と消防」しか発声しないNHK。
長年視聴料を払って居る身として、重箱の隅を突いて穴を空けるほどに批判しようっと!コレクトコールできないかな。

九州震災は別として、政府は外国人高度技術専門者の永住権取得時間を短縮するということですけれど、国家的諜報活動の歴史の長い国でも防げないスパイ工作を聴きますのに、この日本で?今?と思いますし、主にIT関係の専門家だとか。
であればもっと危険ではないかいな?外国人優遇するより日本人の開発育成に俟つべきではないか、とおもうけふこのごろ。尖閣周辺も気になります。
[ 2016/04/22 15:15 ] [ 編集 ]
動いたら動いたで
自衛隊勝手に動けると思っているの?
勝手に動けば『クーデターを起こそうとしている』批判した総理いたそうですが…
[ 2016/04/22 15:37 ] [ 編集 ]
電波乞食と政治屋乞食
国内で危機が起こる度に「日本人モドキ」が自ら正体を現し始めましたね。
”みのもんた”なるゴミ共が担ぎ上げた「電波乞食野郎」が未だに上から目線での物言い用には大きな怒りを覚えます。さらには民進党なる「政治屋乞食集団」にも被災地を思う気持ちより被災地を利用しようとする魂胆が見え見えです。
そう言えばアレ(カンチョクト)が朝鮮人からの献金疑惑追及さなか東日本大震災が発生し何時の間にか追求も有耶無耶になり、そのままではありませんか?ガソリーヌ山尾の件もマスゴミが何故か報道しません。
結局、日本にたかる「乞食同志」である事が次第に露見し始めました。
余り国民を愚弄していると近い内に大きなひっぺ返しが来る事を乞食共は解らんらしいですね。
[ 2016/04/22 20:03 ] [ 編集 ]
自衛権は放棄していないんですよね
憲法9条第1項の「国際紛争を解決する手段としては」の文言は侵略戦争を放棄したものと解すべきで、憲法9条第2項の「前項の目的を達するため」は憲法9条第1項の侵略戦争放棄という目的を達成するための戦力不保持の条件を示したものであるから自衛は許容されている。
一般には自衛のための「戦力」を保持することは否定されていないとする

自衛権(個別的自衛権)とは「外国からの違法な侵害に対して、自国を防衛するために緊急の必要がある場合、それに武力をもって反撃する国際法上の権利」と定義され、国際連合憲章51条ではこの個別的自衛権に加えて集団的自衛権も規定する

国際社会の於いても自衛権は生存権以上の扱いとされ万人、万国が本来持つ自然権とされる。
[ 2016/04/22 20:44 ] [ 編集 ]
色々と黒い男
みのもんたは、やや黒みがかった肌で有名ですが、黒いのは肌だけでなく、内心、実業家、司会者、キャスターとしても相当黒い人物だと思いますね。

彼は、水道管理会社「ニッコク」の取締役ですが、談合を行った事で、独法違反の容疑で損害賠償を請求されていますし、「朝ズバッ!」などの番組内で数多くのセクハラ疑惑を引き起こしていました。

セクハラがあまり取沙汰されなかったのは、彼がテレビ局に何らかの圧力をかけていたからだと思いますね。みのもんたの性癖や圧力は、業界では結構有名な話だったと言われていますね。

親が親なら、子も子。

日テレでディレクターをやっていた実の息子も手癖が悪く、学生時代から色々と問題を起こしていたにもかかわらず、父が、それらの問題をもみ消し、過剰に庇護されてきたため、社会人になっても治っていなかった。盗みを働いても、また父がもみ消してくれると思っていたのではないか。

みのもんた(みのに限らずサヨク全体)は、震災時に汗水たらして、必死に救助活動等を行っている自衛隊に対して、何様のつもりなのか。

普段は「自衛隊」を誹謗している集団がこういう時だけ、自衛隊の存在を認め、「もっと頑張れよ」などと、上から目線でイケシャーシャーと、奴隷のようにこき使おうとする。正真正銘のクズ集団ですね。少しは感謝の気持ちくらい持てないのか。

そんなに自衛隊が嫌いならば、自分が被災しても、意地でも自衛隊に助けを求めるべきではないのだが。

自衛隊の救助活動は、本来の自衛隊の任務ではない。

自衛隊は、救助活動をするのが当たり前などと考えている時点で、「ご都合主義」としか言いようがないですね。



[ 2016/04/22 20:59 ] [ 編集 ]
毒吐き老人たち

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」

この言葉、みのもんたにぴったりの言葉だと思えますが、いや違うもうあの謝罪会見自体が役者みのもんたであったという別の声も聞こえます。

みのもんたという賞味期限の切れた老人をゾンビとして復活させているのが反日偏向メディアですが、何故かと言えばこの芸能界に苔むしていながら脂っぽく存在する発言力を同胞さよくとして利用したいが為というものでしょう。

いわゆるオバサンから入金、若い女に出金という、あのドル箱オバサンたちを呼び戻すツールとしての役割をさよく連合の一員として担っているというものではないでしょうか。

みのもんた、鳥越俊太郎、久米宏、古舘伊知郎などもう庶民が雲の下に見えるほどたんまり稼ぎまくって安泰な筈なのに、今更まだまだ毒を撒き散らすために顔を出すこともないと思いますがどうも皆出たがり屋ばかりのようです。

他に大谷昭宏、田原総一朗などもそういう仲間です。

https://www.youtube.com/watch?v=VwNni9ySRj4



[ 2016/04/22 21:42 ] [ 編集 ]
飛んで火に入るブサヨとブ芸人
政治や軍事を語ろうとすれば一定の教養と見識が問われます。 
芸人が生活範疇を超えたことを呟く(呟かされた?)ならば、それなりの根拠か
誠実さが必要であり、みのもんたは大衆に阿ったつもりなのでしょうが逆に炎上
したことは真に喜ばしいことです。 今後も炎上させましょうぞ。

現場で救援活動に当る自衛官の能力と士気は世界最高と思われます。
その前身である旧陸軍では350万の兵士が、敗戦につぐ敗戦の中でも
集団降伏や集団脱走が一件もなく、それでいて軍規を保ち戦死と飢餓死を
目前にしつつも命令に従ったのですから。

こんな軍隊は世界に無く、この伝統を受け継ぐ自衛隊の士気と能力は今でも
不動の世界一と思われます。
惜しむらくは純朴すぎて特亜相手には不可欠と思える民族ごとの根こそぎ
殲滅戦なんかはメチャクチャ弱そうではありますが・・・
[ 2016/04/22 23:05 ] [ 編集 ]
9条は自衛権を放棄している
自衛権は自然の権利として存在するものだと思っているが、
9条には書かれていない。
最も大切な事が抜け落ちている。

日本が外国から攻撃を受けた場合、国際紛争以外の何者でもない。
国際紛争を解決するための戦力を持たず、交戦権も認めない。
これでは自衛権を持っているとは言えないだろう。

解釈ではなく、中学生でも理解できる言葉で書くことが必要だ。
[ 2016/04/22 23:15 ] [ 編集 ]
ピルエット・アン・トゥダン
「この国で最も危険のない、人に尊敬される生き方はやや左翼で、平和主義者で、暴力否定論者である。」
46年前に三島由紀夫氏はこのように端的に指摘していましたが、これはむしろ日本的な知識人に対する批評であったと思います。

その後、電波芸人ごとき者までがそれに倣うとは、さすがの三島さんも予想外であったでありましょう。商業左翼はこのような大衆化路線で、しぶとく生き長らえて来ました。


バレエは片足を軸に、もう一方の足を上げたまま回転するのをピルエットと言います。左足を軸にした場合、右に廻るのをピルエット・アン・ドゥオール、左に廻るのをピルエット・アン・ドゥダンと称します。

この、左に左に廻りながら舞台の中央に出てくるのが、築地・六本木、或いは竹橋・赤坂界隈に出入りする芸人の伝統技でありまして。早く左に廻るほど、おひねりの額が弾むと聞き及びます。

みのもんたなぞ、銭にもならん場所でまで、この左旋回をやってしまって、舞台中央ならぬ自宅の階段からもんどりうって転げ落ちたという。

身を滅ぼすまでに身に付いた伎芸とは、まっこと恐ろしいものでありますな。

[ 2016/04/22 23:18 ] [ 編集 ]
黒鳥
みの某は自宅階段から転倒したのですか。打ち所良かったら人世のやり直しを出来た最終的チャンスだったでしょうに残念でしたね。

反日ジャーナリスト連で左回りのグラン・フェッテ黒鳥群舞してみるのも一興です。何人が舞台から墜ちずに居られるかしら?
アヤツ等のタイツ姿は悲惨だろうな。オエッ。
[ 2016/04/22 23:52 ] [ 編集 ]
前から
みのもんたは胡散臭い人だと思ってました。
ここ数年でメディアに登場する人で
信用できる人できない人が
分かってきました。

クルス心の川柳
日本には 左翼はいない パヨクだけ
[ 2016/04/23 00:12 ] [ 編集 ]
こはる様

あ奴らは股旅物のもも引きスタイルで十分、それ以上のグロテスクな想像をしてはいけません。


それに、そんな舞台では、エロ・グロ・ナンセンスの大家の独壇場になるではありませんか。

[ 2016/04/23 01:24 ] [ 編集 ]
はい。ナレーション(舞台解説)は先任軍曹殿しか居られません!

股旅物は東映、大映共にいなせな立ち姿の俳優さんしか想い浮かべたくないので、こちらはズバリ純粋「中高年ももひきスタイル」でお願い致します。

となると、泥鰌掬いの舞だったりして。
軍曹殿、良きに計らい給え。
[ 2016/04/23 02:39 ] [ 編集 ]
国権の発動たる戦争」つまり侵略戦争のことであり、自衛のための戦力は含まれない.

押し付けた側の考え。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC9%E6%9D%A1
マッカーサー・ノート第二原則第2文「even for preserving its own security(自己の安全を保持するための手段としてさえも)」に該当する部分が削除された。

これはすべての国は自国を守る固有の権利を有しており、自衛権の存在・行使を明文で否定することは不適当であるとGHQ原案の作成にあたった運営委員会の法律家らが考えたためとされる[20]。マッカーサーも後年の回想録の中で憲法9条は自衛権まで放棄したものではないと述べている

押し付けられた側の考え、芦田均憲法改正特別委員会委員長『新憲法解釈』1946年11月3日に刊行。
第9条の規定が戦争と武力行使と武力による威嚇を放棄したことは、国際紛争の解決手段としてであって、これを実際の場合に適用すれば、侵略戦争ということになる。従って自衛のための戦争と武力行使はこの条項によって放棄されたのではない。

確かに非常に分かり難いし国内法上の余計な制約が掛かる以上独立国家として相応しい憲法とは言えない。
それゆえ占領憲法と言われる
早期の改正が求められる
[ 2016/04/23 06:22 ] [ 編集 ]
時には陰険なるブサヨの如く
こはる様、さような平和憲法を揶揄し市民の尊厳を愚弄するようなシナリオを
考えられてはなりませぬ。 晩節を汚されるようなことがあっては・・(涙)。

シナリオは平和憲法を守り戦争法案を破棄するものでなければなりません。
戦争法案を喜び軽やかに踊る怪傑白頭巾を百姓が一致団結、協力して
打倒する一幕となります。

第二幕からは極寒の知床で屍を晒す田吾作ドモ。 第三幕は巣鴨ラーゲリ
で臓器を取られる熊八ら・・・・となりますが、、
あまりの悲惨と凄惨が続くことになり投稿禁止となりそうなので。
[ 2016/04/23 07:34 ] [ 編集 ]
9条は解釈でなくズバリ本文で
日米両者の代表的な解釈を挙げていただきました。
誰もがこの部分の矛盾を分かっていただけたと思います。

ただ、それらの史実を知らず、単に条文だけを読む
これからの若い人達からすれば、「国権の発動たる戦争」とは
自衛の為の戦争を含むと理解するでしょう。

憲法は学者や政治家、知識人のものではなく、全ての国民の
ものですから、ズバリ分かりやすく書かれるべきだと思います。

[ 2016/04/23 07:37 ] [ 編集 ]
穢そうが欺瞞であろうが
末田軍曹殿 我が身一つの晩節なんぞ泥鰌掬いで穢そうが欺瞞と言われようが、アヤツ等をあぶり出し恥の冷や汗をしぼり出させて全国民の前に土下座させられれば・・・・なったらイイね。

結果は泥鰌鍋で祝おうゾ。お酒は大吟醸「新政」だぜ~。

知床って何よ!択捉なのである。
私的本音は占守島と言いたいのですが、千島列島の東北端まで言うと日本共産党と同じになって実現性の大いなる邪魔になる。のですと。なので、択捉で我慢致そう。

WiLLに勝谷誠彦氏が「築地をどり」で築地劇場の左回り作法踊りぶりを書かれて居ましたが、バロン閣下はその西洋版ピルエット、と思ったらモモヒキですからねえ、日本版に戻っちゃったのよ。
考えてみれば、日本のサヨクは世界に類を見ないバカ共売国連ですからこれでイイのだ。
[ 2016/04/23 17:15 ] [ 編集 ]
ガソリンの湖
先任軍曹どのの才能もここまでか。

チャイコフスキーの三部作だけでも「ガソリンの湖」(主役ガソリーヌ姫、相手役ガソリンプール王子)
「眠りの国会の醜女」「公約破り人形」とほれ、次々と題材を提供してくれるサヨクには事欠かないというのに。

私のご贔屓のマリシア・ハイデ率いるシュトットガルト・バレエ団は「オネーギン」(元々はチャイコフスキーの歌劇)と「マノン・レスコー」で大当りをしておるぞよ。

日本の乙女はいかに愚かにて
麗しきかなマノン・レスコー
[ 2016/04/23 20:20 ] [ 編集 ]
マッチ擦って捨ててみようか。大炎上w

ガソリーヌ・コーヒーテレホーネ・ヤマーオもそうとうな顔面の厚さの様で、「国会の醜女」ではカラボスの役、「公約破り人形」はネズミ程度が当り役でしょうが、マノンでは主役だったりして。
[ 2016/04/23 23:19 ] [ 編集 ]
砂漠で瑞々しい人魚を探されましても・・・
元軍曹奴の取り柄は平時は分隊のゴロツキを引き連れての落花狼藉、
有事には非情なる上官を闇討ちすることでざいますれば、、、
典雅に関する任務は職域の外でございます。 (敬礼)
[ 2016/04/23 23:58 ] [ 編集 ]
あらら、砂漠にみずみずしい人魚が居ると嘘ついて、例えば国民に九条平和の悪夢を見させようと詐欺るのが連中の手でしょうが。

「九条唱えて平和が保とう」護符を売りつけている輩に罰で泥鰌掬いグラン・フェッテ(片足ブン回しで連続回転)の刑なんだから、軍曹殿が鞭を振らんで誰がする?

闇討ちする仮上官候補は取り敢ず都庁と築地周辺で捜して下され。(三本指ついて平身低頭)

元?勝手に引退して脱走兵の汚名を着てはイカンでしょう。年金もあるしw
[ 2016/04/24 00:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: