私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  愛国 >  愛国心を育てる必要性、「あり」が76%

愛国心を育てる必要性、「あり」が76%

← 応援クリック、ありがとうございます。

 熊本で発生した地震の被害に遭われた方へ、心からお見舞い申し上げます。一日も早く平穏な生活を取り戻せるよう、お祈り申し上げます。



 内閣府が「社会意識に関する世論調査」の結果を発表した。他の人と比べて愛国心が強いかを聞いたところ、55.4%が「強い」と答え、「弱い」と回答したのは6.6%、「どちらともいえない」は37.9%だったという。「強い」と答えた人が半数以上いたことがせめてもの救いに思えるが、5人に2人が「どちらともいえない」と答える状況にはいささか不安を覚える。

 一方で、「国民の間に『国を愛する』気持ちをもっと育てる必要があるかどうか」を尋ねたところ、75.8%が「そう思う」と回答したそうだ。「そうは思わない」が12.5%だったというから、「愛国心が強いか」という問いの結果との数字の乖離に、少々難解な国民心理が見え隠れする。

 実は、この「『国を愛する』気持ちをもっと育てる必要があるかどうか」という問いに対する76%ほどの数字は、この20年以上、ずっと高い水準にある。その推移を見てみよう。

国を愛する気持ちを育てる必要性


 愛国心を育てる必要性を感じている人は、この20年以上、70~80%の間で推移し、一時は80%を超える状況だった。国民の気持ちが被災地に向けてひとつになった東日本大震災(平成23年)とそれ以降も大きな変化を見せていないところを見ると、これはグラフが示す通り、安定した心理なのである。一方で、愛国心が必要ないと答えたるのは、同じ期間で10%前後で、ずっと、そして安定的にマイノリティである。

 愛国心は左派メディアおよび左派言論人が忌み嫌うことばである。国が愛国心を押し付けると、戦前の軍国主義、国粋主義が跳梁跋扈し、国の行く方向を誤らせるという、ステレオタイプな論説だ。2006年、第一次安倍政権のもとで改正教育基本法が成立し、教育の目標に「我が国と郷土を愛する態度を養う」という愛国心を盛り込んだ際、これに反対する論陣を張り、あたかも愛国心が悪であるようなキャンペーンを張った。当時のメディアの報道ぶりを見る限り、国を愛する必要がないと思っている国民が圧倒的多数であるかような印象を受けたくらいである。

 ところが、国民は総じて、そして普遍的に、愛国心の必要性を感じているのである。左派の、愛国心=軍靴の足音のような印象付けは、全く通用していない。自衛隊を悪の集団のように扱うにもかかわず、その自衛隊は国民から高い評価と支持を得ているが、それと同じだ。朝日のような反日新聞ばかり読んでいたり、日教組所属の教員のもとで学習し続けると状況を見誤るが、国民一般に愛国心は必要だと認識されている状況は普遍なのである。

 道徳教育も左派の槍玉にあがる。「心のノート」は文科省が作った道徳の補助教材だが、民主党政権下で「教材選びは地域に任せるべきだ」などとされ、冊子配布からウェブサイト掲載に切り替えられた。自民党が復権して再配布となったが、道徳という概念そのものを嫌う民主党(現民進党)のささやかな抵抗であったのだ。

 福田恒存は、長年使ってきた消しゴムや小刀のような些細なものですらむげに捨て去る気にはなれない、と前置きしたうえで、こう語ってる。

 ましてその物が、自分が生まれたときから暮らして来た家、子供の頃に登った柿の木、周囲の山や川、さういうものともなれば、なほさら強い愛着を感じ、自分の肉体の一部どころか、時にはそれが自分の命そのものに等しい感じを懐くのであって、それを私達は「命よりも大事な」とか「命の次に大切な」といふ言葉で表現してゐるのです。さうした自然、風物、建物に対する愛情が愛郷心、愛国心の根幹を成すものではないでせうか。


 「愛国心=戦争への道」と直接的に結び付ける短絡思考の左派に、耳をかっぽじって聞いてほしい一説である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2016/04/14 23:59 ] 愛国 | TB(0) | CM(16)
刷り込みましょう
九州は朝にならないと全体の被害状況が分らないと思いますが、随分大きな規模の様子が窺われます。
未だ余震もあることでしょうから、被災地の方々には呉々もお大事にと存じます。

末田軍曹殿、なつこ様 他の被災地近辺の方々、お里は大丈夫でしょうか?

それにしても九州の戸外固定カメラの据え付け方の拙さには、ちょっと驚きでした。



「愛国心」「道徳」に嫌悪的条件反射する輩のほぼ全員は南鮮の「愛国無罪」を論じる事があるのでしょうかね?
日本人のいう愛国心は南鮮とは別物で、純粋な、国を風土を素朴に愛する心の事ですけど、極端な「愛国」を言うなら、南鮮は輩にとって良い材料だと言えましょう。言ってみれ!

ノルウェーは男女同権が徹底して子育てにも男性が率先して協力する良い国、と輩は言いますが、そのノルウェーには男女同権故に女性にも徴兵があるという事には触れません。

彼等が親しむ南鮮或いは北鮮、中共、ロシアには勿論歴とした大軍隊があります。
特に北鮮に至っては現在ミサイル発射ingの超現役。
中共はチベット、ウイグルで弾圧軍隊が稼働中。
教える教育は自由過ぎる日本から見れば偏向教育そのもの。
等しく「愛国心」を持たない国民は命の危険すらある国々でしょう。

輩が親しむ国々がそうだから、日本はああなってはイカン、とでも言うのなら、一旦そう明確に表明して戴こうではないか。

たしかに輩は「道徳」は嫌いでしょう。
彼等自身が礼儀も敬意も義心も身について居ないから、それらを子供に施されたら「非常識な大人ですね」と言われるだろうから。
が、しかし、日本は戦争戦乱のない江戸の昔から幼児には幼児の、子供には子供の、少年には少年の道徳を親も寺子屋の師匠も他人の大人も藩校の教師も導いて来た国です。
それ故に、安土桃山と幕末・明治に来日した外国人が特筆する程に日本人の礼儀正しさを驚いているのですから、何を今更軍国だの国粋主義だのと頓珍漢なご託を並べて己の無知をさらけ出すのでしょう。

愚か者に大きな顔をされ続ける日本であっては、もうそろそろいけません。
海外から迷惑なほどに観光客が来る日本です。国際的にも自国の歴史を語れず、礼儀に非常識を刷り込まれた国民では、人としての対応が来ません。

輩に構う事ではありません。文科省と親御さん達は堂々と愛国心の何たるか、道徳心の徹底を日本の子供達に教えるべきです。
ご自身に自信がない所は子供の教科書で一緒に学べば良いのですから。

こんなことを取り上げる日本って、なんか寂しいです。
[ 2016/04/15 03:18 ] [ 編集 ]
お心遣い恐縮でございます
こはるさま
日常テレビを見る習慣がなく、今朝ネット上で地震を知りました。
「私的憂国」の更新の早さに、、? ?
コメントの早さに、、!  !
さすが、憂国の諸姉諸兄におかれましては「いざ! 鎌倉!」、
有事即応の心構えが見事であると、愚鈍奴は敬服しております。
[ 2016/04/15 07:42 ] [ 編集 ]
日本人の正しい愛国心の育つ事を妨害する国内外勢力
日本国は最近諸外国から高い評価を得ています。

長らく『自虐史観』に満たされ、あの「世界中から日本は嫌われている」というプロパガンダを信じきっていた日本国民が実際に日本を嫌っていたのは侵略国家である中国や韓国、独裁国家北朝鮮ぐらいしかなかった事に多数の国民が気づいたのも割合最近の事でしょう。

この『日本は世界の嫌われ者』の拡散は日本の偏向メディアの働きが大きいと思えますが、洗脳を跳ね返したのはやはり事実が、作られた虚像を多数の愛国者や語らぬ実務者集団などの努力で上塗りして行った結果ではないかと思います。

そんな国民意識の変化に流石に商業メディアでもある偏向メディアも最近いわゆるッ『日本リスペクト番組』を各局放送しています。
さてそこでちぐはぐな同じ局の政治・経済を扱うニュース番組などでの『反日偏向番組』と『日本リスペクト番組』が共存している状態が現在の状況です。
或いはこれら偏向メディアは自らの行いを正当化しているだけにそこに矛盾を感じていないのかもしれません。

何れにしても 日本という国は数国の例外を別として、多数の世界各国の人々から愛されるべき理由のある国であると言えると思います。
(因みにそれは憲法九条を持っているからというものではありません)

そこで今回のテーマである「愛国心」。
内閣府「社会意識に関する世論調査」の、「国民の間に『国を愛する』気持ちをもっと育てる必要があるかどうか」の設問で「そう思う」が75.8%とそれなりに高い数値であること。

しかし、それに対して別の調査である以下との国民の意識とのギャップ。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/ah_chosa/ah_chosa.html

そこに島国日本国民の安全保障への鈍感さも数値として出ているのでしょうが、日本人の正常な愛国心育成する壁もまたここにある様に思えます。

そしてこのギャップが埋まって行く事が正常なことだと思えますが、それを妨害している勢力が中国、韓国と共に日本国内にはまだまだ多数存在しています。

[ 2016/04/15 08:17 ] [ 編集 ]
普段着の愛国心
こはる様

ご心配いただきありがとうございます。
こちら福岡でも揺れが頻繁に起こりましたが、無事でした。
それにしても熊本は大変です。お亡くなりになられた方の
ご冥福をお祈りするとともに、今、怪我をされ、
辛い思いをされている方には、お早い回復を願います。

昨夜は、携帯電話が唸るような変な音を立てて鳴り続けます。
緊急地震速報のエリアメールが気象庁から入っていたのです。
初めての経験でしたから驚きました。
テレビを付けると、熊本の様子が映ります。
これから起こる脅威を想い、やはり日本は何時、どこで起きても
不思議の無い地震列島なんだと胸騒ぎのようなものを感じながら
画面を見ていました。
朝をむかえ、これでおさまったものではなく、
この一週間ほども同様の余震が続くとのことで、
予断を許さないそうです。
今後も被害が広がりませんようにと祈るばかりです。

これこそ、愛国心では思うのです。
同胞の身の安全を思う、同じ地震国に住む者同士の心の繋がり。
普段の暮らしの中で四季折々の情緒を楽しみ、
あるときは、このような自然の猛威に恐怖し、
助け合い力を合わせて乗り越えるなかに自然に湧き上がる感情があります。
心温まる郷土愛、隣人愛と言うのでしょうか。

自ら感じ、根付いてゆくこうしたものが、
言葉で教えられるものよりは大きいもののような気もします。
愛国心とは、あらたまったよそゆきの服ではない普段着の感情を
言うのではと。

もちろん、言葉で書かれたもの、良書を読むことは肝要です。
同じ書かれたものでも朝日新聞など小さな時から読んでいると
精神のねじ曲がった大人となりますので、それは避けたいものです。

先人の高潔な精神や勇気や勤勉を伝える伝記など
小さな時から教えることで誇りある日本人としての
健全な愛国心を育てることになります。
このことがおろそかになっていた昨今と思われますので、
大いに奨励して欲しいものです。

それには、日教組様は邪魔しないでくださいな。
さらに昨日見た、戦争法案反対と書いた段ボールを
街路樹に括りつけていたおばさま方もよろしくお願いいたします。
[ 2016/04/15 08:27 ] [ 編集 ]
愛国心=自己犠牲
元財務官僚として国際租税の歪みと戦ってきた志賀櫻氏は昨年末、急逝した。
著作「タックスヘイブン――逃げてゆく税金」(岩波新書)の末尾に書かれた一節をここに記す。

「タックスヘイブンは、富裕層や大企業が課税から逃れて負担すべき税金を負担しないことに使われ、犯罪の収益やテロ資金の移送に使われ、巨額の投機マネーが繰り広げる狂騒の舞台にも使われている。その結果、一般の善良かつ誠実な納税者は、無用で余分な税負担を強いられ、犯罪やテロの被害者になり、挙句の果てにはマネーゲームの引き起こす損失や破たんのツケまで支払わされている」
[ 2016/04/15 09:07 ] [ 編集 ]
反日勢力は声の大きな少数派
こういうデータを見る度
やはり反日勢力は声だけ大きい少数派なのだと痛感します。
愛国心アレルギーはぱよちんブサヨの共通点。
自国の国旗や国歌を蔑視し、脊髄反応を示す9条信者ともカブっていますね。

クマモンのふるさと熊本の皆さま、心よりお見舞い申し上げます。
まだ余震が続いていて、不安がぬぐえないかもしれませんが
日本国民はさまざまな形であなたたちをサポートします。
だから、頑張れ!! クマモン!
[ 2016/04/15 10:28 ] [ 編集 ]
昨夜の熊本での地震で 犠牲になられた方々の、ご冥福をお祈りいたします。
また、怪我をされるた方々の一日も早い ご回復を祈るばかりです。

今尚 頻発する余震の中、ライフラインにもかなり影響が出て
被災された方々の心中は、はかりしりません。

私的で申し訳 ありませんが、
熊本八代の知り合いの無事確認が 出来きました。
(かなり揺れ 、強烈だった!と言っていました)

また、ブログ主様の早朝のお見舞い、常在戦場の気概に敬意を
表します。有り難う。
[ 2016/04/15 11:14 ] [ 編集 ]
日本人は感情的な対応が大好きで、戦後のハハモノ映画のような被害者を憐れみ施しが好きな所が、韓国の方を逆なでするのでしょう
安倍日王はそれをよくわかっておりますね
早くジャイアンアメリカ憲法を改正して韓日統一の希望を
駄文お目汚ししました
[ 2016/04/15 12:19 ] [ 編集 ]
当に駄文
リラ様

ホント、目が穢れたわ。

安倍日王って誰?
論理性のない民族に勝手に「逆なで」されちゃってもねえ。日本人の知った事じゃあありません。
土下座で頼まれても中国大陸の盲腸半島には我が国は二度と関わりませんから、「統一」願望で日本の財を狙っても無駄。

わたくしたちは日本の国土国民を愛し、それぞれの郷土を大切にするだけで精一杯。
貴方もお国に帰って建設的に献身されますように。
[ 2016/04/15 15:50 ] [ 編集 ]
「愛国心」とは「保守思想」と同じである
「日王」などと言う言葉を使う時点で、出自が既に割れていますね。

日本語の能力は、助詞の使い方で分かると言われます。

主語を強調する主格「が」の使い所も変ですから、中途半端な言語学習では工作員にもなり得ないという事が、容易に分かると思いますね。

それはさておき、

「愛国心」が重要なのは言葉に表さなくとも理解できることだと思います。

左派がやたらとこの言葉を嫌うのですが、彼らが嫌う「愛国心」とは「国家権力」による「洗脳」のようなものだという事です。

しかし、これは本来の「愛国心」ではありません。「国家権力」に盲従するというのは、単なる主従関係でしかないので、言わば「主人と奴隷」の関係に過ぎません。

これは、中共支配下の支那や北朝鮮等が代表例です。

あちらの国では、「国家」という概念がありませんが、利害が絡む対立になると、利害関係者同士で徒党を組んで「権力」、すなわち「敵」に立ち向かう事が「愛国心」であると言われています。

しかし、保守派が述べる「愛国心」とは、「国の歴史、文化、伝統を尊重し、大切に守り続ける心」です。

これは決して「国家権力」による「洗脳」などではありません。

政府に盲従する事とはわけが違いますね。「江戸時代」以前であっても、「権力組織」である「幕府」に盲従する者はいませんでしたが、「国体」である「皇室」には自然と従っていました。

従って、本来ならば、「愛国心」というものは「国を想う者」ならば、必ず持っていなければならない者だと考えております。

しかし、左翼には「国」の存在が「悪」だと思っているので、「愛国心」と聞くと敵意をむき出しにしますね。

また、教育、文化、文明、科学技術などの発展にも「愛国心」が重要な要素を占めているのではないかと思っております。

日本の優れた哲学者たちは、教育勅語が存在した「戦前」の教育制度の元で育っていました。

武士出身者の哲学者も多く存在しました。

戦前の優れた教育者、学者の多くは、所謂「愛国者」でした。

これが非常に重要な意味を持っていたのではないかと思います。

戦後、「道徳教育」や「愛国心」を軽視してきた結果、社会の退廃を招いたのではないかと思います。

経済発展なども要因に無いわけではありませんが、精神面での荒廃が進んでいるのも、教育の不備によるものがあるように思えます。

本来、教育とは「サービス業」では無かったのですが、現代社会ではそのような側面が浮き彫りになってきていますね。

「愛国心」を育てる教育を行うためには、まずは発展の邪魔になる、内部の獅子身中の虫を潰すところから始めなければなりません。

「自虐史観」教育の元では国家は衰退の一途を辿って行くだけでしょう。この事態は早急に改善される必要があるように思います。
[ 2016/04/15 20:08 ] [ 編集 ]
リラの謎解き
リラの謎解き

リテラーテ=リラ
リベラルーベル=リラ

リテラ=リテラシー引くシーで教養(適切に理解・解釈・分析)に欠けると云う意味に成る
リベラル=冷戦後に化けた極左思考嗜好者
[ 2016/04/15 20:52 ] [ 編集 ]
エーデルワイス
中学生の頃、映画「サウンド・オブ・ミュージック」を観て、クリストファー・プラマー演じるゲオルグ・フォン・トラップ大佐のカッコ良さに痺れました。

新婚旅行から帰って来ると邸には既にナチスの旗が翻っていて、怒った大佐が物も言わずにその旗を引き千切るところが。大佐は何たって愛国者ですもの。

実際のフォン・トラップはオーストリアの退役海軍少佐でした。第一大戦時には潜水艦の艦長として連合軍の大艦を次々と撃沈し、皇帝から勲章と男爵位を授与されますが、大戦後はオーストリアは海がなくなってしまって。言わば岡に上がったカッパ状態でした。ナチスによるオーストリア併合に彼がいかに反対しても、戦うすべがありません。

それで映画では「エーデルワイス」を歌って祖国に別れを告げ、妻のマリアと7人の子供を連れてスイスに亡命することになるのですが、概ね実話です。

トラップは国民的な英雄でしたから、ナチスもそれなりの処遇をしたでありましょう。なのに地位も財産も捨て、滅びゆく祖国に殉ずる…このような愛国心があることを知って、中学生の私はいささかショックを受けました。

先年、NHKで現在アメリカに住んでいるトラップ・ファミリーの近況を紹介してました。庭に面したテラスの両端にはアメリカの国旗と並んでオーストリアの国旗が掲げてあつて、それだけで私には胸を打たるものがありました。


私はアメリカという人口国家の国民意識がまったく理解できない人間です。例えば両ルースベルトの内面や意識に考えを巡らてみると、余りの奇っ怪さ、グロテスクさに気持ちが悪くなるのです。

しかし、トラップ一家の気持ちは即座に理解できました。

旧世界の保守の人間にのみ通じる言葉ですが、その気分は「先帝の遺臣」といった所でしょうか。(笑)


Edelweiss edelweiss、bless my homeland forever.
[ 2016/04/15 21:32 ] [ 編集 ]
訂正
人口国家→人工国家です。
失礼しました。
[ 2016/04/15 21:45 ] [ 編集 ]
下郷陽平町祭委員会からです。
自治会でも話題になってます。
自治会長は、税務署でアルバイトしてます。困ったものだとのことです。
尼崎先生と一緒に頑張ってます。
下郷陽平町祭委員会をこれからももっと盛り上げていきますのでよろしくお願いいたします。
[ 2016/04/15 23:44 ] [ 編集 ]
WGIPの呪縛が解ける日を迎えるための努力
ここ、肝ですよね!

7割以上の日本人は、自分の国を堂々と好きと言えるようになりたいし、好きでありたいということです。
7割の日本人は、この国が好きなのです。右も左も。

オリンピックやワールドカップなどスポーツのみならず、ノーベル賞やフィールズ賞、映画祭などで日本人を応援し、健闘にこころから拍手する。とても普通のこと。
「愛郷心」はとても普通なことだと、誰しもが思うと思います。ホント、7割以上はそう思うに違いない。

だが、同じものを「愛国心」と呼称した瞬間に、あたかも好戦的な平和否定論者の証であるかのような、ある種罪悪感のようなものを感じてしまう人、あるいは、そう思われてしまうと警戒する人。
そういう人がものすごく多いのだと思います。

日本人が日の丸を掲揚し「君が代」を歌うことには、どうしてもそんな引っかかりを感じてしまう人。

米国人が星条旗を掲揚し「星条旗」を歌っていること、
中国人が五星紅旗を掲揚し「義勇軍行進曲」を歌っていること、
フランス人が三色旗を掲げ「ラマルセイエース」を歌っていること、
英国人がユニオンジャックを掲揚し「神よ女王陛下を守り給え」を歌っていること、
どれも普通と感じるのに。

それらの国々が

先住民を駆逐し隣国から割譲・併合して領土すなわち星条旗の星の数を増やし、覇権を握るためには核兵器すら使用してきたこと、

盧溝橋工作で国を戦争に陥れ、西安工作で国を乗っ取り、5千万とも7千万人とも言われる国民を虐殺し、周辺国の侵略支配をいまだに進め、いまだに国民の参政権すら認めていないこと、

革命に名を借り、王侯貴族を片っ端から処刑し、戦争で領土を拡げアフリカはじめ多くの国々で略奪収奪を繰り返した史実があること、

甘言詭弁と銃火器で世界中に植民地を展開し、戦争を起こしては富を独占していき、いまも世界中でその後遺症の紛争が続いていること。

それらを気に留めることもなく、また、日本が戦ったのは、それらの国々の支配を受けないためであったことには目をつぶる。

実は日本を含めたそれらすべての国々の思惑は、まんまとスターリンに利用され踊らされていたことなど、知る由もなく、知ったとしても陰謀論として決めつける。

日本の2000年の歴史の中で、いわゆる「軍国主義」と言われる30年間もも、決して侵略侵攻を目指した膨張欲があったわけではない。
しかも、その30年は、最新の30年でもなく、戦争が終わってから既に70年が経過している。
その間の日本の国際貢献は、誇ることこそあれ、恥じることは何もない。

にも関わらず、少なからぬ日本人が日本という国を、素直に好きと言えない。

これをWGIPの呪縛と言わず何と言おう。



日本人のモラルの高さは、まさに奇跡だと思います。
これほど平和と博愛と慈悲の文化に満ちた国はない。

間寛平は、アースマラソンで地球を一周して帰ってきたとき「ホンマ、日本が一番ええ国やわ」と言った。
自分の足で走って知った、偽らざる心境だったのだろうと思います。


WGIPの呪縛さえ解ければ、少なくとも7割の人は、日本を自然に好きになることに、私は自信がある。

WGIPの呪縛が解ける日を一日でも早く迎えるための努力こそが大事。

そう考えると、日本人同士が、右だ左だと罵り合うことは、極めて意味が希薄なことだと改めて思いました。
[ 2016/04/16 00:40 ] [ 編集 ]
はじめまして
コメント書き込み失礼いたします。

愛国心も大切ですが、日本人が日本人であるから以上。
日本史、正しい歴史観を伝えていかないと思います。
歴史を学ばない民族は滅んでしまいます。

日本の歴史を学ぶ・・・愛国心でしかありません。
[ 2016/12/21 13:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: