私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  舛添、今度は米国花見外遊? ~ メディアはなぜ舛添に甘いのか?

舛添、今度は米国花見外遊? ~ メディアはなぜ舛添に甘いのか?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 東京都知事である舛添要一。ロンドン・パリへの外遊では5041万9000円を浪費し、その前のソウル旅行では、1泊2日の日程にもかかわらず、費やされた血税は645万円だったという。さすがに批判を浴びることとなったが、当の本人は「明細は公表したぜ、文句あるか?」の体だ。その舛添、今度はニューヨークとワシントンに5泊7日の日程で出かけるそうである。

懲りない舛添都知事 今度は5泊7日の米国“花見外遊”敢行 (日刊ゲンダイ)

 総額5042万円を費やした5泊7日のパリ・ロンドン出張を非難されても、舛添要一都知事はちっとも懲りていない。訪米中の安倍首相と入れ替わるように、12日から5泊7日の日程で米ニューヨークとワシントン外遊を計画。公表されたスケジュールを見る限り、主な目的は花見だ。

「都知事が招かれるワシントンの全米桜祭りの出席ありきで組まれた出張です。就任後2年2カ月で海外出張は早くも9度目。〈都政そっちのけ〉〈税金のムダ遣い〉との批判にも、〈仕事をすればカネはかかるもんだよ〉と気にも留めていません」(都政関係者)(中略)

舛添要一


「実際、無駄な経費は少なくありません。昨年10月のパリ・ロンドン出張では、現地ガイド費用に総額532万円も支出した。〈知事が急に買い物をしたいとか言い出したら、土地勘のない都庁職員では対応できない〉というのがその理由だといいます。現地大使館の協力を仰ごうにも都庁職員はパイプがないし、オタオタして知事の機嫌を損ねたくないと、1日4人もガイドを雇っていた。豪遊批判の高まりもあり、訪米では半数の2人に減らすそうです」(前出の都政関係者)

 そして、出張のたびに知事日当(8100~1万3100円)が発生する。どれもこれも原資は都民の血税だ。

 そんなに海外を巡りたければ、民間人に戻って好きなだけ楽しめばいいだけの話だ。


 出典は日刊ゲンダイというタブロイド紙なので、記事の信憑性にはクエスチョンマークがつくが、5泊7日の米国旅行で一体どの程度の税金を費やすのかが見ものである。

 舛添は、1日の記者会見で、ロンドン、パリの出張に対する批判が完全に消えたわけではないが、どう受け止めているかという問いに対し、こう答えている。

 「条例に基づいて、知事はこういうふうにして行きなさいということでやっているだけです。それからもちろん無駄は排さないといけない。しかし、結果でもって判断しないといけないので、(質問した香港の記者に)聞きますが、香港のトップが二流のビジネスホテルに泊まりますか。恥ずかしいでしょう、そういうことであれば。ですから、少し冷静に考えていただいて、無駄なものはもちろん排します。しかし、必要なことは必要です」(中略)

 「そういうことも総合的にお考えいただいて、さらなる公表をするということをやっています。しかし、何よりも五輪・パラリンピックを2020年に開く開催都市ですから、世界中の人たちと仲良くしないといけない。先般も香港の経済団体の代表が来られた。極めて忙しいスケジュールの中でちゃんとお迎えをしました。そして、香港の皆様方にもぜひ、2020年大会に選手を送っていただく、そして、観客としても来ていただいて、どうぞ、よろしくお願いしますと、こういうことをやっているわけです。香港や中国が『日本はけしからんからボイコットして出ない』というようなことはあってはいけません」


 確か、「東京都知事等の給料等に関する条例」で、知事の外国旅行の宿泊料は最高4万200円と定められているはずだが、欧州視察旅行のホテル代はその条例が定めた額を遥かに超えていたはずだ。これで「条例に基づいて」というのは如何なものか。しかも、外遊の理由が「世界の人たちと仲良く」というから呆れる。舛添はしきりに「ボイコットがあってはならない」と言っており、それを外遊の最大の理由としているようだ。近代五輪でボイコットが発生したのは、1984年のロス五輪だ。東西冷戦下において、モスクワ五輪をボイコットした西側への、ソ連陣営によるボイコットだ。北京五輪も、米国がボイコットのそぶりを見せていたが、結局参加に落ち着いた。

 しかし、である。そもそも日本という平和国家で開かれるオリンピックをボイコットすれば、批判はそのボイコットした国に向かうものではないのか。しかも、日本は地球規模で経済的な恩恵を与える側の国であり、ボイコットする側にメリットはない。しかも、仮にボイコットの動きがあったとしても、それは国家間の問題であり、それを阻止する力は都知事にはない。

 舛添の血税浪費には、歯止めが利かないとみられる。本来、政治家の金銭感覚に敏感なはずのがマスメディアなのだが、彼らはこの舛添浪費問題には極めて無頓着である。かつては、麻生総理のバー通いを批判し、「カップラーメンは400円」と答えたことをも批判したのが日本のマスメディアだ。安倍総理など、3,500円のカツカレーを食べたと批判されている。メディアの批判の理由は、税金を適切に運用する側の、金銭感覚のズレだったはずである。

 これらはほとんど、批判のための批判である。だが、そのような批判を正当化するのであれば、マスメディアはいまこそ、舛添都知事を批判すべきだろう。批判する相手を選ぶという手法がまかり通るなら、彼らメディアには批判する資格がないということになる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2016/04/04 07:14 ] メディア | TB(0) | CM(14)
出張報告は如何に?
何故桝添都知事にマスコミが甘いか、とお茶のみ話で聞かれたら私は即座に公明党が後ろ盾なのではないか?と答えるでしょう。
証拠はありませぬ。なので軽率を自認する想像です。

何度か書き込んで居る若年女子の子宮頸癌ワクチン問題ですが、このワクチン接種の薬品認可を早急に、更に支援も、と熱心だったのが公明党女性議員でした。

厚生省にはその薬品使用は時期尚早意見もあり、審議委員の中には反対の専門家も居たそうですが、桝添厚生相の「他の物より優先させたい」で推進する事になったと言われて居ます。

桝添厚生相の任期は07年8月27日~09年9月16日
薬品「サーバリックス」が承認申請されたのが07年9月26日
厚生省承認が09年10月16日  だそうです。

接種実施は民主党内閣時になりましたが、大臣期間中公明党の意向に添ったのが桝添氏。(ここまでは一般的に知られています)。

そして <その公明党の主な推進者が浜四津敏子代表代行(当時)と松あきら議員(当時)。
松議員の夫が薬品(サーバリックス)を製造する企業の顧問弁護士。> 
というのは反日団体メンバーも複数居ると見られるIWJ (Independent Web Journal)が発信している事で、私にはその正否は分りません。

そして都知事選で桝添氏を公明党も推薦。
先日この件が被害者達に依って告訴されましたので、経過を注目して行きたいと思って居ります。
この訴訟も告訴会見以降メディアには全く載って居ない様に思います。


都政のトップが外遊するにそれ相当のホテル宿泊はやむを得ないと私は考えますが、ホテルが一流であってもお部屋は金額で選べる筈です。
宿泊所に訪れる公的客人があれば、ロビーや臨機応変に応接用にお部屋を借りるなりすれば良いだけですから。
買い物用などに案内人や通訳雇いですか。明治初期のお大尽旅行みたい。

どこか民主党二代目首相の菅某に似ていますね。任期中に出来るだけ贅沢をして出来るだけ美味しい物を食べないのは損みたいな下品さが。

五輪を持ち出せば人は黙ると思って居るその話法も呆れます。
ご本人がいう通り、その海外旅行の「仕事の成果」を報告する義務は都議会にはないのでしょうかね?
[ 2016/04/04 08:51 ] [ 編集 ]
下品なDNAを持つ男だ
この男は「下品」である…最も相応しい例えです。
自分の金は一円でも出さず、都民の金は俺のモノ、都民の土地も俺のモノ的な発想はまさにどこかの民族と同じDNAです。
ここまで私利私欲の亡者を都民は何時まで都知事の椅子に座らせて置くのか?
安倍政権に対するバッシングは糞メディアで毎日報道されますが何故かミンスのガソリン女王の話題、枡ハゲへの批判的な報道は控えめです。糞メディアは何故隠したがるのか?そうか(創価)分かった。
つまりコバンザメを政権から追い払う事ができない親魚は何時かコバンザメとの立場が逆転しつつある事も自覚できないまま、すり身状態に陥る事は必定。残されたのは外敵から狙われる哀れな稚魚達です。
日本から外来種を駆除できねばやがて日本は外来種の天下となりますね。

[ 2016/04/04 10:18 ] [ 編集 ]
同類だからです
>メディアはなぜ舛添に甘いのか?

舛添がゴキブリ帰化人だからですね。
すなわち反日ぱよちんブサヨメディアとは同類だから甘々なのです。
[ 2016/04/04 10:32 ] [ 編集 ]
リコールに向け、良い候補が欲しい。
[ 2016/04/04 11:24 ] [ 編集 ]
キムチ舛添要一ことヤン・シュンイルを東京都知事からリコール解雇したら、保守陣営内に賛否両論があるけど、櫻井よしこ女史を東京都知事立候補者にしたら良いと思いますね。
キムチ舛添要一ことヤン・シュンイルを東京都知事からリコール解雇したら、保守陣営内に賛否両論があるけど、櫻井よしこ女史を東京都知事立候補者にしたら良いと思いますね。
[ 2016/04/04 13:02 ] [ 編集 ]
石原のポン息子や
三白眼の石破が 押した経緯がある以上
増ハゲは再選に自信をもっていて
やりたい放題ですね!

外交は国に任せればいいものの
今度は メリケン漫遊記とは?
バカに巨大権力をもたせると何故か勘違いして暴走するのは
歴史が証明しています。おぞましい事だ!
[ 2016/04/04 17:36 ] [ 編集 ]
朝鮮民族丸出し
国連のバンキブン氏は自分が長になったとたん周りを全部朝鮮民族で固め、えばり、自国を特に優遇しているとか。お金の方はどうなってるのか。

やっぱりな。舛添氏も都知事になったとたん、韓国のために突出して働き始めた。日本人の税金は朝鮮民族がジャブジャブ使っていいと言う思い込み。

日本人の価値観は彼らと真反対。身分の高い人ほど質素にする、そして一般人はそれを見て尊敬する。公私を厳格に区別する。

朝鮮民族は違うんだ。その職に就くとどれだけお金を使うか、
どれだけ儲けるかだけ。オリンピックが終わるまでどれほど韓国と自分は儲けるんだろう。オリンピック誘致だけで二年で2億以上、今年度は3億3500万円の予算とか。怖い、怖すぎる。ポケットマネーみたく、韓国老人ホームにポンと8億円出したり、・・・・・。

既にある韓国学校は貸しているんですよね。賃貸料もらってるんですよね。
補助金1000万円って、なんですか。
新韓国学校も補助金上げるのですか。

日本の中では要職に就いたこの民族は自分の仲間を重要しているんだろうなあ。そうやって、日本はどんどん侵略されているんだろうなあ。
舛添氏のは氷山の一角なんだろうなあ。日本人を馬鹿にしきっている舛添知事
[ 2016/04/04 18:31 ] [ 編集 ]
春高楼の花の宴
欧米への大名旅行を揶揄されている桝添氏ですが、では、実際の大名(の子孫)はどうかというと。

私の大先輩の会津中将は、お国入りというと、そのたびに無条件で、旅館の一番高い部屋に通されて、むぐう、もう少し安い部屋でよいとは言えない、そのお立場。

だいたい老舗旅館の特別室などというものは、何十年に一度か?陛下がお泊まりになる以外は、知事か藩侯が宿泊する以外には用途がないらしいのです。そんな無駄な設備を維持している方だって、旅館としての格と町の面目のためにコストを無視してやっているのですから。偉い人は泊まってやる以外に方法はありませんわな、ノブレス・オブリージ。

と思えば、一昨年の大河ドラマの主人公の末裔たるK氏、菩提寺修築のための奉賀帳がいの一番に回ってきて、殿様が書いた後に以下、市長、商工会議所会頭…と続く。当然遠慮されて、殿様以上の金額は書き込みません。

本当のところは二十万ぐらいにしてほしいが、そうもいくまい。百万と書けば喜ばれるだろうが、それは余りにも厳しい…と悩む殿様。

えーい、中をとって五十万!(笑)

今や領地や年貢があるわけでなし。皆さん、一介のサラリーマンですからね。殿様はつらいよ、ですよ。


明治になってから、浅野候が学習院の学生相手に「殿様、大いに語る」という座談をやったのを読んだことがあります。それによれば、幕藩時代に一番心残りだったのは、丁度よい湯加減の風呂に入ったことが一度もないこと。ぬるすぎるか、熱すぎるのだそうです。

殿様というのは公の事は別段、個人的な不平不満はけっして漏らさぬように、子供の頃から徹底した教育を受けているそうで。しかも殿様が風呂の熱いぬるいを口にすれば、それは家臣の手落ちになると。

嘗ての統治者とはそのようなものでありました。名君であろうがなかろうが、名君になるマニュアルを殿様は忠実に実践しなければいけなかかったのですね。

統治者の品や格は、それは民主主義の世の中よりも、封建の世の方がはるかに高いのです。「バカ殿」は前の時代を否定したい民主主義によるネガティブ・キャンペーン。江戸時代なら桝添なんぞ、殿様どころか町奉行さえ勤まったかどうかも怪しい?

官立の学校を出て、官費で贅沢をする。これが近代社会というものです。その
「理想型」が社会主義国家でありましょうよ。私の趣味ではありませんが、チャウシェスクの何百もの部屋がある宮殿はすべて税金で賄われていますが、何しろ「人民」の宮殿ですからね。


天上影は変わらねど
栄枯は移る世の姿

です。
[ 2016/04/04 19:44 ] [ 編集 ]
「名君マニュアル」の名残も敗戦の一因?
レッドバロン閣下
陛下は日米開戦の決意が固まったとの報告を受け、直ちに各参謀長を呼んで
長時間の諮問されたそうです。 この時の陸軍参謀総長・杉山元の答は私から
見て呆れ果てる「漫才」としか云えません。

「(対米)戦争期間は如何ほどと見込むのか?」
--「南方だけなら3ヵ月程で片ずくと・・・」 

「シナ事変を始めるにあたり汝に見込みを聞けば『1か月程で片付く』と申せし
ことを記憶する。 しかるに4年の長きに未だ片付かぬが?」
--「支那は奥地が広く予定どうりには・・・」

「支那の奥地が広いと言うなら、太平洋はなお遥かに広いのに如何なる確信で
3ヵ月と申すのか?」

杉山、寂として答えず冷や汗を滴らすのみ、だったとか。

長年、軍の上層部の多くが痴呆的愚昧としか云えぬ理由が解りませんでした。
しかし君主は心得として家臣の仕事に四の五の言わず甘受するのを躾けられ
てきた伝統があり、昭和軍人もそれを鏡としていたならば部下の仕事を黙認
するしかなくなります。
 
陛下に問い詰められれば黙して冷や汗を流すのみで時の趨勢に流されるしか
なかったのか・・・と考えさせられました。 
[ 2016/04/05 00:01 ] [ 編集 ]
愚将と名将
末田先任軍曹どの

杉山元帥は「ボケ元」と呼ばれ部下からも馬鹿にされていましたが、本当にボケているのか、とぼけているのか判然としません。(笑)

とにかく統帥部の総帥として支那事変の処理に失敗し、「兵は迅速を尊ぶ」の真逆をずっとやってきたのですから、昭和陛下の信用を徹底的になくすのも宜なるかな。

日露戦争時の満州軍総司令官であった大山巌元帥は、後で孫たちに囲まれて「戦争中に一番苦労されたことは何ですか?」との質問を受けて、「それはだね、何でも知っているけれど、何にも知らんぷりをしていたことだよ」と応えています。

黒構台の戦いだったか、ロシア軍の大反攻を受けて、日本軍の司令部が灰神楽が立っほどの騒ぎになっている時に、ぬぼっと昼寝から覚めた大山元帥が「先ほどからずいぶん大砲の音がしちょりますが、今日もどこかで戦がありますか?」と言ったので、満場爆笑の渦に包まれのは有名な話ですが、こちらは明らかに大山元帥はとぼけていたのです。
日本軍が大変な苦境にあることを承知の上で、緊張感と焦燥で気が変になりかかっている児玉総参謀長以下の神経を、リラクゼーションしたということでしょう。

確かにオフィサー、ジェネラルとしてのマニュアルがありますから、名将も愚将も表面的には似ているのです。

それが本物かどうかは、お家の一大事、或いは実際に戦ってみないと判らない…というのは困ったものですが、指揮官としての素質は、演習をやるとほとんど判ると言いますね。
[ 2016/04/05 00:44 ] [ 編集 ]
桝添都知事が退任した後の東京都は

  垣に残るは ただ葛(かつら)
  松に歌うは ただ嵐     「荒城の月」3番より

という事になりかねない様な。

先の猪瀬氏は個人の5千万円の借財を暴かれて辞任に追い込まれて、現都知事は公費乱用、南鮮優先で冗費何億になるのやら。
お金は都民の問題ですが、国土は全日本国民の問題ですから、都知事の独断が許されるのは変です。





[ 2016/04/05 01:08 ] [ 編集 ]
センテンス・スプリングとニューウェーブの特捜班に期待しています。

なっ、情けない。
[ 2016/04/05 01:28 ] [ 編集 ]
お返事ありがとうございました
レッドバロン閣下
戦争とは国家的大事業となり多様な要素が積分的に絡み合うので
本当に解り難いものですねぇ・・・

日露戦の将帥と大東亜戦の将帥の違い。 
大山元帥は「負け戦となれば予が統帥す」と出陣しているのですから
「ボケ元」とは気迫からして異なります。

 武士とガッコ秀才の違いと言ってしまえばそれまでなのですが、、、
我が自衛隊が真面目に演習をやっとることを期待しております。
[ 2016/04/05 07:31 ] [ 編集 ]
ふざけた人。。。
”アジアまつり”等のいらぬ発言を懸念してしまう、私は不信都政の住人です。
[ 2016/04/05 13:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: