私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  朝日新聞の「憲法9条こそ、抑止と対話の均衡を保つための基盤」という妄想

朝日新聞の「憲法9条こそ、抑止と対話の均衡を保つための基盤」という妄想

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民進党が結党して以降、様々なメディアがこのなんちゃって新党に期待する否かの世論調査を実施しているが、テレ朝/報ステの調査でさえ、57%が「期待しない」と答えている。「期待する」と答えた人が3割近くいること自体が驚きなのだが、質問が参院選投票先になると、この3割が半減し、15.9%になる。ご祝儀相場にすらあやかれなかった状況で、みんなの党⇒結いの党からの滑り込み組のひとり、柿沢未途は、Facebookで「まぁ、みてろって」と書いている。

なぜ、自分の意見を部分的に押し殺して我慢してまで、そして専門家を自称するブロガーのたぐいの皆さんに揶揄冷笑されてまで、このようにして、私達は民進党に大同団結するのか。(中略)答えは一つだ。政権をどうしても取りたいからだ。(中略)
変わっていく、面白い、イノヴェーティヴな、それでいて大同団結した新しい党の姿を見せられるはずだ。だからまあ、見てろって。


 “専門家を自称するブロガーのたぐい”に拙ブログが入っているとは思わないが(専門家を自称したことがないのでww)、揶揄冷笑しているのはブロガーだけではない。ブロガーが揶揄しているだけなら、こんな低期待率/低支持率にはなるはずがないのだ。

 民主党が民進党になろうと、他の野党が加わろうと、彼らの安保法制に対するスタンスは変わらない。仙台で行われたSEADLsの街宣に、民進党の桜井充が「戦争を行う国にしてはいけない」と語ったというが、もともと左の政党が、反安倍という共通利益のもと、もっと左に傾斜したに過ぎない。「専守防衛に徹する」と綱領に書く彼らには、具体的な安全保障政策などないし、期待もできないのだ。

sealds0329.jpg
イメージ画像


 安保法制が施行された昨日、朝日新聞は社説でこう書いた。

安全保障法制の施行 「違憲」の法制、正す論戦を (朝日新聞)

 集団的自衛権を容認した眼目は、中国にいかに対抗し、抑止力を高めるかにある。(中略)
 問題は、そのために自衛隊の海外活動に一定の歯止めをかけてきた「9条の縛り」を緩めてしまったことだ。(中略)
 集団的自衛権の行使について、首相は「(日本が)主体的に判断する」と答弁したが、9条という防波堤が揺らぐ今、本当にできるのか。(中略)
 米国の軍事行動とは一線を画し、専守防衛を貫くことで軍拡競争を避ける。憲法9条の機能こそ、抑止と対話の均衡を保つための基盤となる。(以上抜粋)


 相変わらずの9条平和論。彼らの安保法制反対は、「9条の縛りが緩くなると戦争をする国になる」という短絡的な発想からくるものだろうが、9条があっても個別的自衛権があり、日本は既に戦争できる国であるのだ。それ以前に、戦争をするという愚かな選択をしたら、政権が持たない。この法制は、日本を取り巻く安全保障環境に有事が発生した場合、相互に協力し、防衛し合うということを意味している。間違っても、法制によって戦争を始めるわけではない。

 「専守防衛を貫くことで軍拡競争を避ける。憲法9条の機能こそ、抑止と対話の均衡を保つための基盤となる」という文章に至っては、支離滅裂の域を超えている。戦争をする国である支那が日本に対して軍事的なアクションを取ってきたとき、憲法9条の機能は支那を抑止できるのか。そもそも憲法9条に日本以外の国を制約する力はないのだから、「9条で抑止と対話の均衡を」と言ったところで、日本の手足を縛るだけだ。それを最も喜ぶのは、日本の集団的自衛権によって出方を再考せざるを得なくなる支那ではないのか。

 朝日新聞や民進党が是とする専守防衛で国と国民の命を守れるのであれば、誰も集団的自衛権など望まないだろう。民進党は「安全保障における現実主義」を標榜しているが、同列で「専守防衛」も謳っており、その現実主義はただの掛け声に過ぎず、有事の際には彼らは何の役にも立たない。朝日新聞は、9条に他国の戦争行為を抑止する力があるというなら、それを具体的かつ論理的に説明すべきだ。単なるカルト宗教の散布は社会にとって迷惑であり、支那のような国に利するだけである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/03/30 07:14 ] メディア | TB(0) | CM(13)
憲法改正反対者はこれを見ろ
中国は南シナ海で国際法違反を繰り返している。憲法9条が日本を守ると言う「やさしい」方々は下記の動画を良く見て欲しい。

中国は相手が武器を持たなくても攻撃する。憲法9条がどれだけ役立つか考えて欲しい。憲法9条は中国や朝鮮の利益にはなっても日本の利益にはならない。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=5bv-mwcXfpg
[ 2016/03/30 13:18 ] [ 編集 ]
柿崎先生も気に成って気に成って眠れなくなる。かも知れないブログとは此処の可能性が有るかも知れませんよ皆さん。
>専門家を自称するブロガーのたぐい。
眠れないほど気にしてそうな柿沢先生なら「専門家か」と憎まれ口を叩きたく成ったのかも知れませんね、類には悪意が込められて居ます。
気に成って気に成って読んでます又は知ってます。宣言ですかね。

ならば読んでる可能性も有るかも知れない柿沢先生に問いたい、名は体を表すと云う言葉を御存じか?
民進党の文字の隠された民進党とやらの本質を表した文字が見付けられたが、まさかコンな所に迄、自分の存在をこそこそ隠れてアピールしたがる朝鮮体質が秘められていようとは、呆れかえる。
半島人気質の表れ。隠しメセージ、フジドラマ「津波ラッキー」ゴリラ痔「天災で大地ドッカーン」フジ報道「セシュウム君」と類似する隠し揶揄、隠しメセージの可能性が・・・無きにしも非ず・・

名は体を表す。朝鮮半党破れたり。

その民進党の名に刻まれた隠された文字とは如何に?


[ 2016/03/30 18:32 ] [ 編集 ]
チャーチルの言、再び
「危険が迫った時、背中を向けて逃げ出すようでは駄目だ。かえって危険が2倍になる。しかし、決然として立ち向かえば、危険は半分になる。」

まことにごもっとも。山道で熊に出会った時に、熊に対して背を向ければ、目の前から熊の姿は消えますが、危険は2倍になります。
9条教徒が無抵抗で喰い殺されるのはご自由。しかし、心ある者は、戦いで歴史を刻んできたヨーロッパの政治家の声に耳を傾けるべきです。


「敵がいる?素晴らしい!
それはつまり、あなたが人生において、何かに立ち向かっているという証拠だ。」

これもなかなか素敵な言葉です。逆に言えば、敵がいない人間などというのは、人生で何もしなかった証拠なのですな。


最後にこの前話題になった「終わりの始まり」が入った演説を原文で上げておきます。けだし名文ですね。


Now this is not the end,It is not even the begnning of the end. But it is,perhaps,the end of the begnning.

[ 2016/03/30 18:41 ] [ 編集 ]
中国に好かれる政党
その朝日をはじめとして毎日など他メディアが国会前のSEADLs等の「安保反対」を報道しています。
勿論朝日、毎日などは好意的に報道していますし、ざっと現場映像を見ても中高年との混成部隊なのですが、さも若者代表というイメージ付けを都度し一般日本国民への印象操作を行っています。

ここに朝日などさよくの常套的手口が有ります。
曰く、情報操作です。

中身の乏しいこれら共産党の下請けの様な若者グループを若者多数の声と錯覚させる様な報道。
それを「若者たちが政治に目覚めだした」などと笑える解説をする。

そしてそれらを織り交ぜながら『報道ステーション』では古舘伊知郎と相棒立野純二が漫才の如く安倍批判を繰り広げるというお決まりの番組を毎夜流しています。

嘘も100回とよく言われますが、こういう報道もまったく同じです。

https://www.google.co.jp/search?q=%E7%AB%8B%E9%87%8E%E3%80%80%E6%9C%9D%E6%97%A5&biw=897&bih=898&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwiLiez4mOfLAhUCLKYKHRaSA4AQsAQIGg

http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-2808.html

中国に好まれる政党、また市民運動とはそれだけ見てもトロイの木馬を演じていると気づきもしないのでしょうか?

http://www.sankei.com/politics/news/160329/plt1603290073-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/160330/plt1603300025-n1.html

そして、社会正義面をし人権などと言いながら、実は中国を利する矛盾した言動をする偽善偏向メディア、毎日、朝日。


[ 2016/03/30 19:00 ] [ 編集 ]
竹島は?
竹島はいつ取られちゃったのかな?
憲法成立はいつかな?
尖閣は大丈夫なの?
[ 2016/03/30 21:38 ] [ 編集 ]
引かれ者の小唄
柿沢のノウガキを見た時、まさに「引かれ者のツイート」だわぃと思い先人は
洒落たセリフを残しておるのに何故に民愚党は酷いアホばかりなのだ?
と訝しみました。 アホが当選すれば確実に禿添みたいになるでしょうから
落選運動に励まなければなりません。

レッドバロン閣下
紹介して下さいましたチャーチルのセリフの単語は中学生レベルなのに事前の
説明が無ければ全く意味が解りません。まさに‘I came,I saw,I conquered'
(Veni vidi vici)の世界です。 語句の概念が日本に無いのではなく故事成語
と同じで背景知らないと理解できんということですね。
[ 2016/03/30 23:06 ] [ 編集 ]
理由
”大同団結した目的は一つ、ただただ政権が欲しいから。”
とご本人があられもなく表明するならば、少なくとも国政の基本点に建設的政策案ぐらいは発表するのが義務でしょう。

何の為の「政権欲」なのか? 正直に書いて欲しいものです(過去の「実績」への検証も含めて)。
政策的定見を持たない人が国政に関わるのは一番の税金の無駄。
[ 2016/03/30 23:59 ] [ 編集 ]
西にも
中共は西沙の岩礁埋め立て島にミサイル装備している疑惑のニュースもありました。

九条命の組織員は、一度ぐらいは中共政府に「九条憲法」の御利益を説法して見れば良いのに。
[ 2016/03/31 00:06 ] [ 編集 ]
パラセル(西沙)諸島への巡航ミサイル配備
こはる様の投稿文を補足すると、世界の軍事情勢を研究する英国の研究所の情報によれば、支那はパラセル(西沙)諸島のウッディ島に対艦船用の巡航ミサイルを配備したようです。

英国のIHIジェーンズの分析ですから、正確でありましょうよ。同研究所は世界中のありとあらゆる公開情報を収集し、調査・分析することを得意としています。

何しろオバマはへたれ、トランプはひきこもり、ヒラリーの媚中度は?先が思いやられます。

これ、しかしですよ、最大の影響を受けるのは日本なのですが、日本の政治家もマスコミも自覚がまったくありませんね。

所詮「やまぞう」さんたちは度し難い。

[ 2016/03/31 00:59 ] [ 編集 ]
御礼
バロン閣下
内容充填ありがとうございました。
見たNHKニュースは二分あったかどうか?で配備写真も確かなものかどうか(イメージ映像だったかも)の代物で、民放は(本日中は)無し。

尖閣が鳥越の言う「大丈夫」も上陸されていないだけで、今は”漁船”を装うまでもなく明らかに公船が領海外の接続線辺りで週三日の徘徊。
何日か前には<測量していると観られる公船>を海保が追い払った記事もあり、これを「心配なし」と出来るジャーナリストの気が知れません。

米国ではトランプ氏潰しに両党が躍起になっている様子で、どうなりますか。
クリントン氏は夫妻で日本に言い掛かりを付けてATM化狙い方針の様で、彼女だけはご勘弁、と私的に思います。
[ 2016/03/31 02:01 ] [ 編集 ]
山蔵の系譜
こはる様

鳥越なんて福岡の山ん中の生まれ、思想傾向は別にしても、海なし郡部(現・うきは市)で育ち、その後は京大でデモでもやってたんざんしょ?

せいぜい海水浴場か、潮干狩りの海を知っているかどうかで、海洋日本が聞いて恥ずかしいです。
(いつものことながら)大丈夫も何も、海のことなんてまったく何も知らないのではないですか。

威張るわけじゃありませんが、ウチの親父の執務室の窓の外には即、太平洋が拡がり、所属船の位置が図上に明示されていて、海は世界と常に結びついていました。

湾岸戦争の直前には世界中からスボットの傭船が一隻もなくなり、また船代が高騰しました。以てアメリカの開戦決意は明らかと海事関係者は見ているのに、テレビで自称ジャーナリストたちが、いや戦争はないなどと太平楽を並べておりました。

船舶の動きを見ていると、予め、かなりの事が判りますね。
[ 2016/03/31 03:05 ] [ 編集 ]
撮影禁止区域
バロン閣下 
商船も運搬船もイザとなったら軍用船になるのは日本でもあったことですし、きな臭くなる前から港は世界に散ったスパイの情報収集場所、というのは映画でも知れますね。

昔キューバに出張した知人の言ですが、カメラを向けてはいけない指定区域が海岸方向に多かったそうです。素人目には「何も無い」のだけど、と。

いくら山間の生まれ育ちでも、中共軍艦8隻の日本近海一周とか潜水艦の出没ニュースを聴いて「心配なし」と言える感覚は、かなりかなり特異ですよw。

ナニは福岡県出身で京大ですか。その後毎日新聞入社なら長くても18年間の故郷生活でしょうから、70才を超えた現在のあの特徴のあるイントネーションから想像するにあまり音感は良くないかも知れませんね。
彼の話し言葉を文字に起こせばフツーの標準語ですが、音声で聞けば一体何処の人?で、一般に聞く福岡弁でもああいうイントネーションは珍しい気がします。
奇妙な日本語会話より、いっそ全面福岡弁の方が聞き易そう。
音感が普通なら余程の頑迷な性格か?
[ 2016/03/31 19:16 ] [ 編集 ]
暴露した内容の愚かさ
政権を取るためになり振り構わず共闘するという幼稚な精神を、暴露してしまったようです。
”そのあとどうする政党”が憲法9条を死守して、日本を潰そうとすることに日本人は”NO!”を突きつけなくてはなりません。

そして、このような日本潰しの人たちを、スパイ法で縛ることのできる日本に早くなってほしいと願わずにはいられません。
[ 2016/04/01 13:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: