私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  トランプの在日米軍撤退示唆と、鳥越俊太郎の「日本の平和が侵されるなんて虚構」という観念的平和論

トランプの在日米軍撤退示唆と、鳥越俊太郎の「日本の平和が侵されるなんて虚構」という観念的平和論

← 応援クリック、ありがとうございます。

 米大統領選で共和党指名候補のトップを走る“トリックスター”、ドナルド・トランプ。歯に衣着せぬ物言いで、米国民のストレス発散に多大な貢献をしているようにも思えるが、このトランプの発言が物議をかもしている。26日、ニューヨークタイムズに掲載されたインタビューで、トランプは、日米同盟の片務性を指摘したうえで、日本や南朝鮮からの撤退をも示唆した。インタビュアーが「日本は世界中のどの国よりも駐留経費を負担している」と質したが、「実際のコストより、はるかに少ない」と返し、話は日本、南鮮の核武装容認論にまで及んだという。

ドナルド・トランプ


 日米同盟は日本のためだけでなく、アジアにおける米国のプレゼンスにとって必要不可欠なものだが、おそらくほとんどの米国人はそれを知らない。私個人的には、この手のトランプ発言を「もっと言え」と煽りたい。そうやって危機感が生まれれば、日本の平和ボケ陣営も、ちょっとは安全保障のことを真剣に考えるはずである。

 ただ、トランプのこのような発言が全く響かない人たちもいる。それは、ひと言でいえば「イデオロギーで平和を語る人たち」で、憲法9条があれば日本の平和が保たれると信じ込む人たちである。憲法9条平和論はある種の宗教であり、観念である。現実主義とは対極にある立場だ。民進党は、外交安全保障で「現実主義を貫く」と標榜しているが、安保法案に反対し、対案も示さないで、どこが現実主義と言えるのか、教えていただきたいものである。

鳥越俊太郎


 このような観念的平和論は、戦後の進歩陣営のスローガンでもあった。その残滓が鳥越俊太郎のような人である。高市停波発言に抗議する外国人記者クラブでの会見に登場した鳥越の風貌における劣化は痛ましいものがあったが、彼は純粋に「日本に脅威はない」と主張し、集団的自衛権の行使容認、および安保法制は不必要性だと訴えている。

 その典型例が、下記のTVでの発言だ。

いや、まぁあのう・・・集団的自衛権を論ずる前にですね。みなさんがおっしゃっているね、だんだんなんとなく完全でなくなったとか、日本の国が攻められるような感じになってきたとかいう声が、先ほどのVTRの中でもありましたよね。
皆さん、だいたい前提としてね、日本の平和が侵されるような状況にいまなっているというのを大前提で皆なお話になってるんですけど、そんなことは虚構です。そんなことありませんよ。どこの国が攻めてるんですか。
そりゃ確かにね、空気としてね、尖閣諸島はなんとなく危ないなとかね、中国が近くまで来てるなとね、北朝鮮がミサイル撃ってるなとかはありますよ。しかしそれはすぐ日本がそれで攻められるのか。日本の国民の命が危ないのか。そんなことはないですよ、まったく。


 鳥越は大真面目だ。しかし、支那の尖閣に対する進出の動きや、北朝鮮のミサイルは、いま現実として起こっていることである。それらのことに脅威を感じるのは、決して「空気」によるものではない。ましてや、そのような乱暴を働く国家は「空気」によってではなく、現実的な対抗策によってのみ抑止されるのである。鳥越はこのビデオの最後に、在日米軍は不必要とまで言い切っている。その根拠は、「誰もどの国も日本に攻めてこない、誰かが攻めてくるというのは“妄想”だ」という、ただの観念だ。

 よもやトランプが米国大統領選を勝ち抜けることはないと思うが、仮にトランプがオバマの後を継ぐとしたら、支那はその機を逃さないだろう。トランプは日本の思いやり予算のことを知らないと思われるが、そのような貢献を外せば、トランプが語る日米同盟の片務性はまさしく言う通りである。ただし、その片務性を少しでも対等な関係に近づけようとするのが、安倍政権の安保法制であり、安保法制に反対する日本の政党、言論人は、観念以外の対抗策を提示すべきなのだ。

 「日本の平和が侵されるなんて虚構です」 ~ ただ言いっぱなしで済む平和論というのは怖いものである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2016/03/29 07:14 ] 外交 | TB(0) | CM(18)
鳥越はチベットやウイグルへ取材に行って来いよ。
トランプもいい事言うね。尖閣と対馬と佐渡に核ミサイル基地を取りあえず作ろう。アメリカ軍への思いやり予算がまだ余るなら、潜水艦に搭載しないとね。
[ 2016/03/29 09:31 ] [ 編集 ]
ゆでガエル
辛らつな意見を言わせて貰いますと、我が国日本の国民は目覚めない。
ボケ切ってますしね。

良い所、瞬間的に危機意識を持つかもしれませんが、暫らく時が経つと忘れてしまう。
実例としては民進党(朝鮮半党)に期待するが26%にも達する。
韓国大統領の国体侮辱発言と其れに伴う我が国固有の領土竹島上陸への忘却、沖縄に於いての危機意識の少なさ、尖閣に対する無関心さ、北方領土の忘れ具合、拉致問題、北の核ミサイル開発への関心の薄さ等々、これらから推測してボケ切って居ると見て居ります。

カエルの楽園の中のゆでガエル
[ 2016/03/29 09:47 ] [ 編集 ]
鳥越氏はまさに永遠に「カエルの楽園」の住人ですね。
ツィッターから拾った話ですが
戦争法案反対!と叫んでいる人に「これを読んで見て」とカエルの楽園を差し出したら
「もう読みました。それは悪魔の本です。」と言われたとか…
宗教に洗脳されているとしか思えない人達の洗脳を解くのは容易な事ではなさそうです。

トランプ氏は「海外、最低でも県外」と言っていた鳩山氏のごとく
トップに立って内情を知れば、発言を変えていくだろうと思います。
彼の発言は、安保法案の追い風に利用出来そうです。
[ 2016/03/29 10:58 ] [ 編集 ]
九条ウィルス脳内汚染
さよくにも色々と居るのですが、この鳥越俊太郎クラスになるともう宗教家の域にいます。

かつてはこういう宗教家が日本にも多数居たわけですが、時代が事実を見せるに従って多くはその事実に気づきまともに成っていきました。
しかし、もう自発的に脳内に九条ウィルスのコロニーを作った方々には修正はありません。
悔悛の手を差し伸べても徒労です。

そしてこの鳥越に近い九条ウィルスのキャリアがあの高市総務大臣に噛み付いているメンバー達です。

http://www.sankei.com/entertainments/news/160229/ent1602290021-n2.html

又この集いには居ませんが、『週間金曜日』メンバーの落合恵子、佐高信、宇都宮健児、雨宮処凛、田中優子、中島岳志という共産党臭が漂っている者たちや山口二郎、香山リカという過激な方々も居ます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B1%E5%88%8A%E9%87%91%E6%9B%9C%E6%97%A5#.E7.B7.A8.E9.9B.86.E5.A7.94.E5.93.A1

それにしてもこの中島岳志を「先生、先生」と奉る「テレビ朝日・報道ステーション」という番組の偏りはやはり集団感染汚染拡散地区という見方が出来るように思えて仕方がありません。

彼らの脳内とは

共産・志位委員長「中国、北朝鮮にリアルな危険ない」

http://www.sankei.com/politics/news/151107/plt1511070011-n1.html

いったい中国や北の脅威を感じているのか…野党に欠く安保共通認識 駒沢大学名誉教授・西修

http://www.sankei.com/column/news/160224/clm1602240005-n1.html

こういうものですが、ちょっと最近の世論調査で一般の日本国民が感じるほぼ正常な認識である北朝鮮、中国の脅威とは一線を画してしているとしか思えません。

彼らを理解するに正常な日本国民という基準点から出発すると理解不能と成るでしょう。
やはりここは宗教家というワードを前面に置いて分析することが近道のように思えます。

そしてこの宗教家たちにほぼ共通しているのがカビの生えた『反米』がこびり付いた『九条脳』というわけです。
これは伝染します。
[ 2016/03/29 12:12 ] [ 編集 ]
トランプでもイイかも
トランプはもっと言い放て、と思いますし、何だったら大統領でもイイわよ、と思わないでもないです。
負担金額とは別問題で、日本は独立国として自力防衛体制を採るべきですから。
それでも覚醒しない人々はしないでしょうし聴く耳も持たないでしょう。そんな輩を相手にはしていられない。
どうぞご信仰に励み殉教なさいませ。

鳥越は自分の生きて居る間は「来ない」と思って居るのでしょう。生きて居る間だけが彼の思う「世界」。
尖閣は中共大陸から間近で、今のところは多分上陸はされていないから大丈夫、だとしても、遠くの大平洋の東京都小笠原諸島では珊瑚爆盗をされています。これが何時中共軍艦にならないと誰が保障出来ましょう。
鳥越が「ならない」と言っても、未来永劫それを保障するとは言えない筈。
次世代以降の日本人に負うべき義務感が彼等の頭の中には無いのだと思います。

鳥越等と一括りにしても良いのであろうと思われる瀬戸内寂聴は、夫と娘から逃げて恋に走った過去を思い出すのか「青春は恋と革命よ」とSEALDsの女性三人を前に”お説教”を垂れたそうで(二月五日朝日新聞掲載)、所詮この程度の反安保意識なのでしょう。
昔を今になすよしもがな (by 静御前)


外国人記者クラブでの鳥越の頭髪、上方向噴火みたいでしたね。先日の映像見て「どしたの?」でした。翁長知事も並べば良かったのに。
会見内容に相応しい髪型とも言えますが。
[ 2016/03/29 13:12 ] [ 編集 ]
ありのままを見ることから
トランプ氏の発言は大統領候補としては
至極まっとうである.
それぞれの国の自主防衛を認め,
その上で互いの利益を大きくするための
外交努力がある.

日米の場合には日本の東アジア地区における
優越性が米国の太平洋権益を守る側面がある
ことを理解させれば良い. 事実であるし.
その上で前世界大戦の総括を進めれば良い.

下手に親日の素振りをする大統領よりは
まともな交渉になるだろう. 何故なら,
親日の見かけの後ろには金融資本の圧力
があることが多いからだ.

まず, ありのままを見ることから始めるべきだ.
[ 2016/03/29 13:33 ] [ 編集 ]
平和が犯されることの意味
さすがは鳥越俊太郎、ことごとくツボを外していますな。

何しろ長崎のスイミングクラブの発砲事件では、素人目に見ても散弾銃を使用したことが明らかなのに、米兵の犯行という流言飛語を撒き散らし、かと思えば、甘い声の毒婦による練炭連続殺人事件では押収した練炭の成分鑑定を主張する。

砒素カレー事件が頭にあったのでしょうが、砒素というそこらには滅多にない代物と、練炭のごとき何十万個も売られている日用品とを一緒にするとは。練炭の成分が一致したら、何なのじゃ。(笑)

普通の生活をしていれば、社会人として当然に身に付いているはずの常識にさえ欠けている。一体どれほど愚かな発言をするか、ある意味で楽しみな人物でありますな。


日本が侵略されないって、鳥越のことゆえ、どこぞの国が日本本土の海岸線に、堂々の上陸作戦を展開するイメージを持っている訳じゃないでしょうな。

日本は島国ですよ。それは侵略の開始ではない、侵略の完成、いわば最終局面です。

そのような事態になったら、維新の元老・伊藤博文公も自ら銃を担い、中国、九州地方の海岸辺りに陣取って、敵兵を1人たりとも上陸させない決意じゃ、と仰せになっておられましたが、しかし、それはあくまでも政治家としての精神論です。実際にはあのファナテイックな昭和の軍部すら、本土決戦なぞ出来ようがなかったのです。また、その手前で何とかするのが「政治・外交」というものではありませんか。

日本の長大なシーラインをいかに防衛するか、そこに日本の安全保障の90%が掛かっているといって良い。

アメリカの軍事予算は五十数兆円、日本の実に十倍以上です。思いやり予算など焼け石に水というより、焼け石に到達する以前に蒸発するイメージでしょうか。

もともとアメリカの草の根保守というのは、空母にも原潜にも核ミサイルにも反対、外国を守るために余計なカネは使わんでよろしい、いざとなったら、自分の農場は自分のライフル銃で守ってみせる、といった風なのですよ。

西洋の武器は不用、日本刀さえあれば神州は守れると嘯いていた神風連のようなものか。

トランプによる冷水は、滅茶苦茶でもアメリカの大衆の不満を形にしたもので、いつかはその日が来ることを、日本国民は冷静に考えた方が良いです。

[ 2016/03/29 15:43 ] [ 編集 ]
似た者同士
本日施行の安全保障関連法に、南鮮市民団体が「朝鮮半島の平和を破壊する安保法制を破棄しろ。憲法違反だ」とデモ。中共メディアは「日本が平和路線を放棄した」と賑やかだとTBS。

これで鳥越はご機嫌さんかな?意を強くしちゃったかしら。
中共はともかく、南鮮の完全内政干渉にも物を云わなければ、やっぱり主権意識に欠如する売国じゃーなりすっと。

日露戦争時に効力を発揮した日英同盟の様な日米同盟の形にまで持って行けるには、どれほどの年月が掛かるのでしょう。
 日英同盟の存在でロシアは武器調達も支援国も得られなかった。(荷担した国は大英帝国に宣戦布告される)。
 バルチック艦隊に寄港地を提供するならその国は大英帝国を敵に回す事になる。故にロシアを出てから艦隊は何処にも寄港できず、フランス領だったベトナム・カムラン湾に寄って薪炭・水・生鮮食品を漸く得ようとするものの、フランス軍がやってきて追い払われ、結局船員一人も上陸できず湾外に漂泊。

どこの国も戦争などしたくは無い。
日露戦争には日本も他国を武力的に巻き込む事で戦火を広げ要らぬ介入はされたくない。
同盟故に戦わずして敵国の味方を絶てる。

維新後37年の国際的には新参者の日本でも出来た「在るべき同盟」の形を、何故経済第三位の現在の日本が出来ないのか!とフツーの大人なら思う筈なんだけど・・・
[ 2016/03/29 19:09 ] [ 編集 ]
トランプ大統領、ばんざ~い! 
民愚党政権の悪夢と支那の領海侵犯や過激な反日暴動を経験したことで
日本はだいぶん“キリッ”としてきました。 改めてトランプの派手なブラフで
性根が正され、「特亜抜き共栄圏を汗と血を流しても守らねばならん」と覚悟が
決まるのではないかとワクテカしております。

米国が日米同盟解消と云うなら「ハイ、長らくお世話になりました」と解消し
まずインドと核開発まで協力する軍事同盟を結べばよいと妄想しております。

シーレーン全線は守れませんが、支那が日本航路船を拿捕するような暴挙に
及べばインドからマラッカ・ロンボクに至る海上封鎖で対抗し、支那向けの
タンカーを差し押さえるとの姿勢を見せれば軽挙は出来ないと思われます。

今は買い手が有利な世界市場で、この趨勢は当分続きそうです。 オイルや
食料を売り手が日本の港まで届ける条件(SIF)で契約すればシーレーン保護
の負担は売り手にも分散できる理屈になります。

特に原油(WTI)は2012~14年、バレル100$前後が今は38$です。
原油安に呻吟するロシアなんか美女付の出血サービスになるかもしれません。 

伊カテリナ改め露エカテリーナのドレスまくり!    (*^_^*)
「カネなんぞ、ここから生まれてくるわぃ」    
(いにしえの女帝を指し、プーチン御令嬢ではありません)
[ 2016/03/29 21:11 ] [ 編集 ]
不快だ
「ちび・むぎ・みみ・はな」

こんなハンドルネームをつける人間の異常さが不快だ。
[ 2016/03/29 22:10 ] [ 編集 ]
先任軍曹殿の笑顔マーク  す け べ
自主的降格で責任を軽くは、ならぬのです。

いにしえの夫も息子も踏み越えた女帝サマと伊カテリナ まくり甲斐があるのは女帝様でしょうね。(私達 何言っているのかしら)

サッカーW杯二次予選一位通過  皆様頑張りました!祝(個人的には今日の長谷部選手一押しで~す)
[ 2016/03/29 22:27 ] [ 編集 ]
トランプ礼賛!
う~ん、良いですね、このオッサン。このまま本音全開で大統領になって欲しいですよ。70近いのにこのパワー。素晴らしいヤンキーです。
[ 2016/03/29 22:42 ] [ 編集 ]
品がない
>先任軍曹殿の笑顔マーク  す け べ

こうなると落書きレベルだ。

いつも書き込んでいると緊張感を失う、
自重されたし。
[ 2016/03/29 22:54 ] [ 編集 ]
はい、申し訳ございません <(_"_)>
ことの始めは私が軽率なコメントをUPしたことに起因します。

以後、慎みます。 <(_"_)>
[ 2016/03/29 23:06 ] [ 編集 ]
以下同文
[ 2016/03/29 23:26 ] [ 編集 ]
朝日新聞の社説で「専守防衛」
「9条で抑止と対話で均衡をはかれ」
専守防衛は敵から攻撃を受けてから、それから攻撃を行うもので
もう すでにこの状態は戦争の入り口で後は想像するしかない!

また、中国は弱小国相手に会話は成立しません、
力で進攻、侵略するのが歴史的事実です。

少しでも 紛争、戦争を回避する為、また
暴力国家、中国、北朝鮮の
先制攻撃を躊躇させる為の今法案だと理解しいる。

「9条、9条と 唱えてみたが 国破れて 富士そびえる」
どうすんの? 赤日さん ?
[ 2016/03/30 09:49 ] [ 編集 ]
ぱよちんブサヨの宣教師
鳥越ががんを患いながらも生きながらえていることの必然性とは何ぞや。
自分なりに考えたところ、ぱよちんブサヨの愚かさを世に広めるため
天はこのぱよちんブサヨに余命を与えたのだと思う。

これからもぱよちんブサヨの宣教師としてなお一層の愚者ぶりを
心より期待しています。
[ 2016/04/01 11:56 ] [ 編集 ]
9条のお陰で日本がこれまで戦争に巻き込まれなかったなんて本気で思ってんのかね?めでたいわー
[ 2016/07/13 23:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: