私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  「私たちは怒っています」のサヨクジャーナリストたちの、残念すぎる記者会見

「私たちは怒っています」のサヨクジャーナリストたちの、残念すぎる記者会見

← 応援クリック、ありがとうございます。

 ジャーナリストというのは、言論で勝負する職業である。自分で発出した情報や記事には署名で責任を持ち、反論があれば言論で対抗する ―― これが原則だろう。いわゆる高市停波発言に異を唱え、2月29日に「私たちは怒っています!」という横断幕を掲げて記者会見したた田原総一朗、岸井成格、大谷昭宏、鳥越俊太郎、青木理ら。その怒っている面々に対し、「放送法遵守を求める視聴者の会」が公開討論を呼びかけたが、誰からも返事がなかったという。その怒っている面々は、公開討論から逃げる一方、外国人記者クラブで記者会見を開いた。彼らの言論とは、「反論を許さない言論」なのだろう。


 彼らの会見での発言はBLOGOSで読めるが、その内容は2月末の会見からそれほど成長も変化もない。大谷昭宏が外国人記者に対して「世界に発信していただきたい」と煽ったように、宣伝活動であると言ってよい。

 ところがこの会見、ふたを開けてみれば茶番劇と呼べるものだった。彼らの主張の核心は、安倍政権が直接的にメディアに圧力がかかるわけではなく、目に見えない形(証拠を残さない形)でジワジワと悟るように仕向けられ、それによってメディア側が萎縮するというメカニズムだ。端的に言えば、彼らの主張は何ら根拠を示さない妄想レベルの話でしかないのだ。彼らの会見の目的は安倍政権批判である。だが、田原の発言を皮切りに、その予定調和はすぐに破綻した。

田原: 「僕はむしろ安倍内閣がどうこうと言うよりね、マスコミが堕落しているんだと思う。それが一番の問題だと思う」「これは余計なことだけど、政治の圧力なんて大したことないんですよ。本当に。これは局の上の方が、むしろほとんど自己規制なんですよね。TBSも自己規制、自主規制だと思います。」
 
金平(不在のため青木が代読): 「今の息苦しさの本質は、政治権力の強圧的な姿勢の結果というよりも、メディアの側が政治権力の意向を先取りして自己規制・自己検閲を強め、本来やる必要のないことをやっている結果だと私は思います。」


 要するに、政府側の圧力云々よりも、マスコミの自主規制と堕落の問題であると、認めているのである。

 論理破綻が最も甚だしいのは鳥越だ。この政府の「圧力めいたもの」の裏には、いわゆる「NHK番組改変問題」における政治の介入とその成功があるという、トンデモ主張だ。

(鳥越) ただ一つだけあるのは、安倍さんがまだ一国会議員であるときに、NHKの従軍慰安婦の問題で番組に介入して内容を変えさせたというある事象があるわけです。これで安倍さんは味をしめたんだと思う。それで、メディアというのは政治が手を突っ込んでいけば、後ろに下がってしまうという経験を安倍さん自身がした。第一次安倍政権ではお腹の具合が悪いとかって辞めちゃいましたけれも、メディアをきっちり監視しろと。つまり、メディアが権力を監視するというのが世界の常識。しかし日本では権力がメディアを監視する。


 この男は何を言っているのだろう。NHK番組改変問題において政治家の介入があったと告発したのは朝日新聞だが、その後、当事者のNHKやライバル紙に捏造を批判され、記事の訂正や、謝罪はなかったものの取材の不十分さを認めている。その事象を絡めて「安倍さんが味をしめた」というのは、事実無根の言いがかりである。

 結局、彼らの安倍政権批判の会見は、メディアの自主規制が悪いという内輪もめも含め、何ら説得力を持たないものだった。あえて言うなら、“メディア堕落論”である。最終的には、日本のマスメディアのレベルの低さを世界に発信してしまったような、恥ずかしい内容である。

 彼らはメディアの窮地を安倍政権へ責任転嫁しようとしているが、そもそも、彼らがサヨクジャーナリストたちが支持を得られなくなったのは、彼らが視聴者、読者から「古い」と判断されているからではないのか。情報を新聞やテレビに依存する時代は、とうの昔に終わっているのだ。彼らの主戦場が影響力を持たなるのは時代の趨勢であって、彼ら自身がその時代に対応できていないだけの話である。要するに、彼らは「古臭い」自分たちを客観視できていないだけではないのだろうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/03/26 07:31 ] メディア | TB(0) | CM(5)
このジャーナリストとかいう連中は、視聴者や国民からの意見も集めて聞くべきですよ。

・高市総務相の発言の趣旨は何だと認識しているのか
・このジャーナリスト達が出演しているTV番組などは、‟意見が対立している問題についてはできるだけ多くの角度から論点を明らかにする”構成となっていると思うか
・放送法の罰則は不要と思うか
・「放送法遵守を求める視聴者の会」との公開討論を望むか
等々。

せめて国民の意見からは逃げるなよ(笑)。
[ 2016/03/26 09:15 ] [ 編集 ]
Old左翼と引継ぎサヨク
そもそもがこの連中の左に傾いた座標を自らまともな中心点であるかに思い込んで居る所に過ちがあると思えます。
しかもしっかりこの者たち、心から自らこそ正義の言論を行っていると信じ込んでいるようです。

田原総一朗 1934年生まれ
鳥越俊太郎 1940年生まれ
岸井成格 1944年生まれ
田勢康弘 1944年生まれ
大谷昭宏 1945年生まれ
青木理 1966年生まれ
とこのメンバーのほとんどはオールド左翼です。
そして左翼運動が活発化したのは1960年、1970年を中心としています。
ですから安保の年に幾つであったかは関係しています。

これらオールド左翼に一般的に共通しているのが反米、親中・親韓という意識ですがそれこそ戦後占領軍による洗脳に染まった世代でもあります。

しかしここでその枠から外れた人物が一人います。
それが青木理であり、幾らなんでも70年安保に大きく影響されたとは思えません。
そしてこの度反日偏向メディアである朝日から離脱する古舘伊知郎(1954年生まれ)もまた70年安保を直接行動してはいないでしょう。
この年齢であれば既に新左翼の「連合赤軍事件」などから実態も認識しているでしょう。

それでも左に走り続けた古舘~青木世代。
推測するにそこに左翼の残滓(残りカス)が澱んでいる隔絶した世界、朝日界や共同通信界という別世界での過ごし方が影響されているのではないかと思えます。

この世代がまた偏向メディアという出力でサヨクを再生産します。

http://www.sankei.com/premium/news/160326/prm1603260019-n1.html

尚、その歪んでフィールドは日本に法曹界、教育界、政界など様々厳然と存在しています。

[ 2016/03/26 12:14 ] [ 編集 ]
ろうがい
老害
硬直化柔軟性が…
物忘れ…意識した?
論争から敵前逃亡
男の引き際…
[ 2016/03/26 15:02 ] [ 編集 ]
彼らが反米な理由
GHQの私生児の彼らが親中、親韓なのは判りますが、何ゆえに反米?

これは1950年に朝鮮戦争が勃発して以来、GHQの左翼に対する態度が激変したためです。GHQ内部(民政局)に巣食っていた容共勢力が本国に召喚されると共に、我が世の春を謳歌していた共産党とその同調者がレッドパージにかかり、公職追放の憂き目を見ることになりました。

♪心変わりが切なくて
つのる思いのGHQ♪

アメリカはその後、マッカーシズムが荒れ狂い、国内的には徹底的な赤狩りがなされますが、日本はそれほどでない。教育界、マスコミ界の多くを既に左翼が牛耳っていましたからね。


彼らには敗戦後の焼け跡の上に広がる青空に変革の幻を見、ある種のアナーキーな解放感を味わい、その至福の思いを忘れられなかったのです。

厳密な意味では左翼とも言い難い。あえて言えば、幕末のええじゃないか騒動に繋がるような日本的アナーキズムの系譜に思えます。彼らには国家を形成する意思も能力もない、ハナからそういう面倒なことは忌避しているのですから。

それもこれも世界一強力な「占領軍」あっての話なのですが、その肝心要なリアリティーが彼らの記憶からは都合よく、すっぽり抜け落ちているのですな。

ゆえに彼らはジャーナリストではない。トップ屋、瓦版屋が戦後民主主義・平和主義という念仏だかお題目を唱える疑似宗教の、にわか拡張員になったというレベルです。

そんな話をしてカネ取れたのですから、日本にもよき時代がありましたなという感じですね。

ネット時代には、もはや誰からも、見向きもされませんでしょう。
[ 2016/03/26 21:03 ] [ 編集 ]
脳の書き換え不能=老化現象
集まった外国記者達が<政府圧力をどんな形でされて、どんな処で感じるのか具体例>を聞かれて、この老人達はまともに答えられず、岸井が自分が番組を降ろされたのがその証拠だと「感じている」だったそうな。
聞いた外国人記者がまともであれば呆然だったろうと思います。大切な時間を無駄にさせられた賠償を求め給え。

各自持て囃された時代が過ぎて、画面登場が少なくなったのが寂しいのかも知れません。
報道路線も時代に連れて変わる物で、それは報道界に居続けた彼等が一番理解して居る筈なのに、自分の身に降りかかってしまうとレレレのレ。
報道局は世論動向に敏感に応じているだけでしょうが、彼等には自分達は「絶対」だと信じ込んでいる。
その誤差の感度が悪すぎて、この醜態。恥ずかしいな。”この様に老いてはいけません”実例。

その点田原の分析?は正しいのだけれど、今頃言うか?です。
散々「自己規制」して言葉狩りをし続け村の住人が今更厚かましいわい。
何にしても悪いのは他人。世の嗤い者一直線の人世で終わるのね。
[ 2016/03/27 01:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: