私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  ロンドン・パリ出張に計5000万円 ~ 舛添の豪遊旅行と、犠牲にされる国益、都民の福祉

ロンドン・パリ出張に計5000万円 ~ 舛添の豪遊旅行と、犠牲にされる国益、都民の福祉

← 応援クリック、ありがとうございます。

 「保育園落ちた日本死ね!!」の渦中に、「待機児童など知ったことか」と南朝鮮の民族教育学校に土地を差し出すという、まるで「東京は俺の縄張り」とでも言いたげな強引さを見せた舛添東京都知事。都庁にはその発表からわずか1日余りで、約300件の意見が寄せられたが、大半が批判的なものだったという。

舛添


 当然だろう。私は「保育園落ちた日本死ね!!」ブログには批判的だが、世論の受け止めは逆に好意的だ。FNN・産経の世論調査では、全体の52.1%がブログに「共感する」と回答したそうである。このブログが民主党や共産党によって政治的に利用され、安倍政権批判のカードとして使われているが、メディアもこぞって共感を煽っているのだから、無理からぬ結果である。そんな中で「保育園より韓国学校」という独善的な政治判断が取りざたされれば、1日300件の苦情があったとしても少ないぐらいである。

 その舛添都知事が、昨年10~11月にロンドン・パリを訪問した際の海外出張費は約5千万円だったという。都知事自身は往復ファーストクラス利用で、ホテルもスイートルーム。たとえ東京都の年間予算が全世界の大多数の国の国家予算より多いとしても、金銭感覚として理解できる都民は多くないはずだ。出張は20人だったとのことで、単純に頭割りすると一人250万円にもなる。舛添ひとりだけで、航空運賃は約266万円だというのだから、大した大名旅行である。

舛添の豪遊
舛添都知事豪遊明細(クリックで拡大)


 来年度には海外出張費に3億3千5百万円が計上されているそうで、この都市外交好きには歯止めが利かないようだ。

 舛添の都知事就任後、初の豪遊先はソチだったが、これはオリンピックがらみで必然と言えるものだった。そして、自らが選んだ最初の海外出張先は北京である。その後、南朝鮮を訪問し、朴槿恵相手にペコペコ頭を下げ、南鮮学校の増設という有り難くないお土産まで持って帰ってきた。都民の税金を使うなら、それ相応の結果を出す責任が舛添にはあるはずだが、その結果が必ずしも都民の利益になっていないどころか、逆に都民の利益を奪う結果をもたらす ―― それが、待機児童を差し置いての南鮮学校の増設だ。

舛添と告げ口婆
舛添の朝貢外交


 バツが悪いと思ったのか、舛添は出張費用の縮減に努めるものの、「物見遊山をやっているわけではない。オリンピックの開催都市として世界中の支援をいただかなければ大会を成功に導けない」と述べ、今後も都市外交を積極的に進める考えを強調したという。大会を成功に導くためなら、多少の不利益は甘受するというのが舛添の姿勢なのかもしれないが、国益が棄損され、都民の福祉が犠牲にされるなら、本末転倒と言わざるを得ない。

 舛添リコールの声が再びパワーを取り戻そうとしているようだが、メディアが加担しない限り、効果は限定的だと思われる。重要なのは、2020年の五輪の場で、舛添のあの薄ら笑いを世界に発信しないことだ。自民党は今から都知事奪還の策を練るべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/03/25 07:15 ] 政治 | TB(0) | CM(23)
何の為の豪華旅行?
仮にも東京都知事ですからそれなりの見栄は必要で二流三流処に泊る訳にはいかない、というのは分ります。どのホテルに泊るかが交渉相手の判断にも作用しますから。
が、6カ国語だったか9カ国語だったかが自由という触れ込みの知事の移動に何で職員20人もの同行が必要なのか?
機内座席が一人だけファーストであればその間の相互連絡も不自由でしょうから、効率よく働く事を念頭に置けば一緒にビジネス席を選ぶであろう、と素人は思います。
知事以外は割引チケットと言うのも笑えます。
ファーストも割り引いて貰えば良かったのに。航空業界ではその方法はある筈ですから。

「物見遊山ではない」のは当然の事で敢えて言うべき言葉でも無し。激務をこなしているのだからこの程度の経費は必要だとでも言いたいのか?
五輪を持ち出せば今のところ贅沢往来可能と思って居る様ですが、今更海外の国に要請するべき「五輪協力」って何?

南鮮学校の他に、二日ほど前見かけたネット記事では港区に南鮮老人の為の介護施設が今秋に開所。その施設建設建設23億円の内都が8億円の補助だとか(他は法人と寄付金)。
都議会ってどうなっているんでしょう?

桝添が厚生大臣の時の、新型ウィルス対策で空港に防護服着用の職員を配置し、対応薬品を大量輸入したものの使用期限短く、患者が思う程には発生せず、殆どを廃棄処分という事もありました。
また、若い女性に子宮頸がん(だったかな?)予防ワクチンの早期実施を熱心に進めて、結果多くのそうとうな被害者を発生もさせています。TVで取り上げた被害者は人の助けがなければ立上がることも出来ない等の副作用。あの方々はその後どうされているか?
やると決めたら実行する人なのだろうと思いますが、これらの実績から見ればする事が大袈裟過ぎて被害や無駄を顧みない人でもある様に拝見致します。

それにしても南鮮人にだけこんなに尽くす都知事を、都民はどう受け止めて居るのでしょうね。
新宿区の中でも市ヶ谷辺りの元お屋敷は今殆どマンションに建て替わり最中で、人口増に連れ子供の出生も見込まれていると区側の説明もありました。
今度参院戦に自民党から立つ山田宏氏は、杉並区長の時待機児童をゼロにした実績があるそうです。新宿区も頑張って戴きたいですね。
都立高校跡地は日本の児童のために使うのが自然では無いのかな?桝添サン。
[ 2016/03/25 11:27 ] [ 編集 ]
参院戦は参院選の間違いでした。訂正。
[ 2016/03/25 11:34 ] [ 編集 ]
都議の柳瀬裕文氏が「東京韓国学校」の現在籍数約1300で定員1440に満たない事を発信されていました。
更に、当該地は保育所の重点整備地域である事と、「韓国学校」の在籍数は変動が激しく現在は小学児童が増員しているが一時的なものではないのか?ならば対処の仕方が別だろうという疑問も呈して居られます。

<今、都議会予算特別委員会でも殆どの時間を待機児童対策に費やしている>そうです。
都議会の動向を都知事がご存じない?

産経に依れば、この学校の児童は大使館関係者や企業勤務の子弟が通っているそうで、「在籍変動が激しい」のは親の転任転勤が理由であろうと推測出来ます。

桝添都知事はクネ大統領の言い分そのままに調べもせずに動いて居る、と言う事でしょうかね。新宿区は都庁の所在地なんですが。
[ 2016/03/25 12:18 ] [ 編集 ]
我欲が突出した浅はかな知事が東京にいる
具体的な事例をあげて、
こはる様がコメントを書いてくださっています。
私は抽象的な文言ばかり連ねて、
いつも失礼している者ですが、特に舛添都知事の言動には
パブロフの犬の如く、激しく反発するものですから
変わり映えのしない投稿をご容赦ください。

***
まさしく高偏差値自慢の愚かな人物です。
愚かだと言っているだけでは済まない、
辞めてもらわないと、害毒ばかりを残して行きそうです。

都民のために、汗を流すのではなく、
まさに芸能タレントよろしく派手な振る舞いをして
顔を売ることに執心する。

都政もこうした手合いが権力を握ると
不幸を被るのが東京都民だけでなく日本国民に及び、
しなくてもよい国の専権事項の外交の邪魔をするのは、
沖縄県知事と同様の罪つくりです。

ペラペラと多弁を弄するが、真の政に思いを致すことのない
お調子者が、都の首長としての職分を逸脱し、
外交の真似事をやってみたいと贅沢三昧の大名行列を敢行するのですね。
それには、都税を心置きなく使って、
ご一行様の体裁を整えなくてはいけませんよね。

昨年のパリ・ロンドン旅行が約5千万円也となる訳です。
更に来年度には海外出張費に3億3千5百万円が計上されているのですか。
住民の声を無視した、国民の怒りを余所にした
都知事や都議会の専横が許せません。

どなたかが書いていました。舛添不要一と。
・韓国人学校不要一。
・舛添都知事に外交不要一。
どうしてそこまで言われるのか。
都知事よ、あなたの高級な頭でよくよく考えてください。

しかし、どれ程の反対のメール、街宣の声も
この人物には届かないのでしょう。
過去に、一人が何千ものメールを出しているからと
言い放ち、自分に不都合な非難メールを読んでいる節が
一向に無いのですから。

地上波が殆ど、騒がないのもこの都知事が
高を括っていられるのでしょうね。
どういう人たちに支持されているか歴然です。

東京都には、
「かつて舛添不要一という浅はかな都知事がいました」と
なることを切に願います。
[ 2016/03/25 15:27 ] [ 編集 ]
野心と虚栄心
善し悪しに関わらず何事かを成し遂げたいという意欲を野心とすれば、他人に
良く思われたいと望み行動するのが虚栄心だろうとの説があります。 

石原都知事は彼の野心と、国の在るべき姿と、国民の良識が程よく合致して
いた良き都政であったようです。 尖閣の買い取りをUSAで発表するなどの
越権的な行為もありましたが亡国党政権ではやむを得んと思われます。

ハゲ添えは五輪を口実に特亜に媚びを売ろうとし、それでもって自分の存在を
アピールしようとするなど倒錯した虚栄心のみが強すぎるようです。
もともと空き缶的な下衆な虚栄心しか無い奴なのでしょう。

嗚呼、救国の士、ブルータスは何処に! 
舛添の隠し子とかが立ち上がってくれればローマ悲劇の劇的なる再現じゃわ!
[ 2016/03/25 20:10 ] [ 編集 ]
げっ!
末田軍曹どの

それでは桝添がカエサルということに。

女好きということ以外、カエサルと桝添が似ているとこありませんよ。

「臆病者は何度でも死ぬ。しかし、勇者が死ぬのはただの一度だ。」


桝添にこんな台詞は勿体なさすぎ。これはあくまで私見ですが、桝添はハニトラ真っ最中の事故死(?)こそが相応しい。

[ 2016/03/25 20:43 ] [ 編集 ]
仰せのとうりでございます
レッドバロン閣下

禿添ごときにカエサルを担ぎ出せば欧州の紳士連合軍が日本に宣戦布告を
やりかねませんからねぇ・・・

仰せのとうり南鮮での腹上シか、キーセンを寝取られたと自称する丁キチが
安重根の子孫を騙りつつ天誅を下すのが最も適切でございます。

閣下もそうとうに禿添を嫌っておられるようでございますねぇ・・・
元国際政治学者を名乗りながら、このテイタラク (ため息)
日本の恥、日本政治学会の恥、英霊への冒涜ですわw~
[ 2016/03/25 22:19 ] [ 編集 ]
ブルータス
軍曹殿
漫画「聖人おにいさん」で見てキリスト教界ではそうなのか、と思っただけですが、ブルータスは地獄に居るらしいですよ。
ユダ君と二人が最下位の地獄(幾つか段階があるらしい)に定住なんですって。

ケトーのお話は私はよく分らないので、カエサルを殺した事はそんなに悪いのかと思っただけですが。

未来永劫そこに居なくっちゃならないらしいので、お探しならば迷わず行ってご覧下され。きっと歓迎して呉れることでしょう。

[ 2016/03/26 00:19 ] [ 編集 ]
仇役
そう言えば漫画「ポパイ」にもブルータス(BRUTUS)は登場しますね。

オリーブにちょっかいを出してはポパイにやっつけられる、永遠の敵役ですが。

万年最下位ねえ…、判るような気がします。

[ 2016/03/26 00:45 ] [ 編集 ]
そんなに?
バロン閣下 お元気でしたか?PCの呪いが身に移り では無さそうで良かったです。

ポパイ!そうでした。
ですが
ブルータスって白人社会ではそんなに悪者なのですか?権力争いってだけじゃない?そんなのいっぱい世界の歴史でしょうに。
まあ、自分は手を汚さない元老院爺達に嗾された軽率者みたいな気もしますが。

「聖人(セイント)~」漫画では、最下位地獄を出てはいけない二人なのに、ブルータス君は決まりをイジイジ守って諦観化身で地獄沼に漬かったままなのですが、一方のユダ君は立川で仏陀様とルームシェアしているキリスト様の処にヌボッと頻繁に現れるのですよ。毎回くら~く沼に帰りますけど。
日本的に考えると、スゴ~~~イ執念なのです。南鮮とイイ勝負。

蘇我入鹿?松永弾正?下って尾崎秀美? 未だに地獄に埋まっている感じはしないですよね。(日本で超悪人って誰かしら?)
刑期を終えて今はもう、雲のカウチで元美しめのオババを相手に豆大福でもつまんで居そう。
あ、尾崎某は未だ刑期中かな?
とにかく、「未来永劫絶対許さない」感覚がちょっと厭です。
[ 2016/03/26 02:56 ] [ 編集 ]
シーザーを讃えよ!
こはる様

ミンスの呪いがPCの全身に回って、しばらく投稿が不可能になってました。生身の私の方はいたって元気です。

昔見た映画「ジュリアス・シーザー」の冒頭のシーン、戦場に打ち捨てられた兵士の骸骨が、剣で盾を叩きながら、声を限りに叫ぶのですよ。
「シーザーを讃えよ!」

いやはや、なんとも凄い、ショッキングな場面から映画が始まりますが、どうもヨーロッパ世界でカエサルの人気は大変なもののようです。


イエス様は今でも世界中にファンが一杯いますから、ユダの不人気もむべなるかな。しかし、ユダがいなかったら、イエスはキリストにはなれなかったのですが。ユダは聖書世界では絶対に必要な人物です。これに対してブルータスは?あんた何なのさという感じで。

カエサルはラテン語を読む層での人気が絶大です。カエサルの文章と演説はキケロと並んで、ラテン語の模範と言われています。

塩野七生女史なぞ、完全にカエサルにイカれてしまって、「まあ、あなたったら~」と夜な夜な甘い声を出してカエサルに話しかけているらしいです。あの七生さんが!?恐るべきカエサルの誘惑、彼にはイエス様と違って、明らかに男の魅力があるようです。

ローマ市議会の演壇の背後にはカエサルの像が置かれています。ローマ市会の議員はカエサルに見られながら、演説をこなさなければならないのですよ。これをプレッシャーと言わずして何と呼ぶか。

語られる言葉が政治を動かし、歴史を動かすという情景を私たちは知りません。
ローマ世界では死んだら地獄ではなくて冥府に行くはずです。カエサルもブルータスもみな平等。日本でいう黄泉の国ですな。

もっともカエサルは死後、神君化されましたが、これも東照大権現みたいなものか。ブルータスの地獄行きというのは、ローマ人の世界観、死生観とは違ってます。カエサルもブルータスもキリスト教以前、ヨーロッパがまだヘブライズムに汚染されていない時代の人間ですから。

[ 2016/03/26 04:20 ] [ 編集 ]
日本の対立軸 - 舛添リコール(舛添独裁を許さない)
日本という国は実は大きな二つの潮流で区切られています。

その分類を分かりやすい言葉で言うと例えば「護憲」と「改憲」です。
簡単に言えばこの「護憲」とはGHQの路線であるWGIPの保持が目的であり、そのWGIPからの解放が「改憲」です。

そしてその日本の戦後体制は捏造により成り立っています。
その捏造の核に有るのは「侵略史観」であり、その上部に「南京大虐殺」であるとか「従軍慰安婦」などというものがあります。

その「侵略史観」を保持し続けたいと活動するメディアが「朝日」、「毎日、「東京」、「NHK」などです。
他の地方紙、通信社も大枠それに入ります。
大して「侵略史観」からの脱却を目差しているのが産経新聞です。

そしてその「侵略史観」に関わって来るのが「在日韓国朝鮮人問題」です。
戦前、戦中、戦後、合法的にまたどさくさに紛れ日本に住み着いた在日韓国朝鮮人。

ここでも「強制連行」と「自主的訪日」という二つの言葉があります。

その延長線上に今回の東京都知事舛添要一の日本国にとっても利敵行為、不毛な動きもあります。

東京都知事選、保守不在で真性さよくに東京都知事のポジションが奪われるという危険性もあった中、やむを得なかった舛添起用。

しかしあれから時間も経過し、舛添リコールでも保守の人材が出現するような予感はします。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB_(%E5%9C%B0%E6%96%B9%E5%85%AC%E5%85%B1%E5%9B%A3%E4%BD%93)


[ 2016/03/26 04:22 ] [ 編集 ]
日本を守る為さっさとリコールしましょう
安倍晋三「この東京、様々な課題を抱えています。その課題について、具体的な政策を持って取り組んでいくことが出来るのは、そして決断と実行力を持って取り組んでいくことの出来るのは、舛添要一さんしかいない」
[ 2016/03/26 07:05 ] [ 編集 ]
欧州知識階級でカエサルが人気の理由
こはるさま

1.オナゴにメッチャクチャもてた。しかも、そのオナゴの全てが知性があるか
  情緒に細やかか、大富豪(クレオパトラ)。
  それでいて、どのオナゴとも醜聞を起こしていない。
  膨大なオナゴに慕われ、愛され、死して偲ばれるオトコの理想。

2.とにかく戦争に強い。常に寡兵でありながら「来た、見た、勝った」
  てな調子でNot衆寡敵せず。
  それでいて敵の命を惜しむこと美女を慈しむ如きであったとか。

3.文章が典雅・簡潔にして平易達明。 しかもキケロのように推敲を重ねる
  のではなく多くが口述筆記だとか。

マルクス・ブルータスはシェイクスピアが題材にしたので悪名が広がっただけで
実際は岸井みたいな下劣な青瓢箪だったみたいですよ。(by塩野七海)
[ 2016/03/26 07:46 ] [ 編集 ]
港区老人ホームはソウルに建てればいい。
2020年の五輪も朝鮮民族のためにお仕事いっぱいあげるんだろうな。

おもてなし制服も韓国に発注とか。

日本の中の韓国と、外の韓国の朝鮮民族のために一生懸命やるんだろう。

五輪は儲け時。自分と朝鮮民族のために、恥も外聞も捨てて儲けに走り、都税をじゃぶじゃぶ使うんだろうな。

其れより韓国老人ホームを港区に作ると言う件,都税8億円は絶対にやめてほしい。港区の土地を東京都に返してほしい。
恨みを持ち、故国を夢見ながら生きてきた老人たちを
祖国で残された人生を安らかに過ごしていただくのが一番でしょう。

舛添氏は都民の血税を出さずに、ソウルに送り出す後援をしてください。
[ 2016/03/26 19:56 ] [ 編集 ]
ご教示感謝雨霰
バロン閣下並びに軍曹殿
大昔(紀元前迄は辿らないムカシ)少年少女文庫的物語では、ブルータス君は賢くて地味というか真面目で「いい人」。
カエサル(当時の一般的に「シーザー」と)は戦いが上手で従属地を広げたけれど権力欲に目覚めて周囲との軋轢ばっかり像。を読んジまって”三つ子の魂”の名残が頭に存在している所為か、何故キリスト教徒がカエサルを?とばかり思って居りました。

紀元前の人達ですから信仰があっても多神教のギリシャ神でしょうし、ローマ帝国にキリスト教が認められたのが4世紀?おかしいじゃない!と。

お二人の御教示でとにかくキリスト教徒&欧州ではカエサルは歓迎されている、というのは分りました。感謝!!!申しあげます。

塩野七生さんの作品はほぼ初期?のレパントの海戦とかチェーザレ・ボルジア前後は読みましたが、ローマ物語シリーズは夫の書棚に鎮座して私は未読です。そのうち読も。


NHKも某地方都市も近日南鮮の慶州ナザレ園を取り上げて、如何に日本残留婦人が南鮮人の世話になったか説を広げる努力をしている様です。
一方、日本人が彼の地で朝鮮孤児を引き受けたお話や日本国内での乱暴狼藉話は無し。
ナザレ園を急に持ちだしたのは、多分桝添南鮮都政の後押しかと、思います。

[ 2016/03/26 20:46 ] [ 編集 ]
もうひと言
バロン閣下!<語られる言葉が政治を動かし、歴史を動かす情景を私たちは知りません>・・・・・です。確かに。

むしろ日本人は 目して語らず、沈黙は金 饒舌の徒には気をつけよう が二重丸ですね。
敢えて捜せば・・・戦いを前にした源平や戦国武将の「演説」でしょうかw。
欧米人の政治場に於ける演説の素晴らしさには、時々感心させられます。

発声する言葉は言霊になっていずれは体を顕わすであろう日本
言葉を発して率先して目的物を我が物にする欧米 の違いでしょうか。
[ 2016/03/27 01:46 ] [ 編集 ]
二言目
桝添南鮮学校に就いて、産経26日黒田勝弘記者「日本人学校の歴史」を、ちょっと長いですが転記させて下さい。

 <ソウルの日本人学校は1972年に創立された。当初は都心の雑居ビルを借りた塾のような学校だった。
80年に漢江の南の街はずれに畑地を購入し、運動場や体育館もある、ちゃんとした学校になった。

 漢江の北から南の広い場所に移ったのには有事対策の意味もあった。
朝鮮戦争の様に北と戦争になった場合、まず川の南に非難する為だ。学校はその”非難収容所”に使える。

 それから30年後の2010年、学校が老朽化したため建て直しを機に移転した。移転先は川の北でしかも北朝鮮により近い「デジタル・メディア・シティ」なる最先端のニュータウンだった。

 高層マンションや放送局、ビジネスビルなどのほか、近くにはW杯サッカー場もある。
移転に際し、もはや有事対策は問題にならなかった。

新しい学校用地はソウル市が元の学校の土地と交換する形で提供してくれた。
元の地域は地価が高騰していたため、差額で最先端の新校舎も建てられた。
最初の土地購入は韓国政府のお世話になっている。

 最近、東京の韓国人学校の移転先に都立高校跡地を提供する計画に反対、批判の声が出ているとの記事が本紙に出ていたが、こうした反対はまずい。
ソウル日本人学校もお世話になっているのだから、ちゃんと実現してほしい。>  ( 段落は私の判断で致しました。) 

南鮮側は日本人学校を北朝鮮により近い場所に「誘導」しているかのようで、これを「お世話」として桝添の言う「恩返し」に相当すべきことなのか?
逆に有事の際は日本人の犠牲者を「望む」南鮮政府の意志ではないのか?と私は思いました。
2010年と言えば鳩山政権時です。移転話が麻生政権時或いは福田J政権時からあったのかどうか?
有事が有り得る南鮮で、川の南のどうにか避難が可能な場所を「交換」として取り上げて、何が「お世話」なのでしょう?
特に今現在の北の動きを考えると、この「交換」も日本側の大失態ではないのか?

黒田氏の書き様にはいろいろ受け取れる「行間」がありますが、最後の「実現してほしい」にはアッカンベーです。
するなら、南鮮日本人学校と同じく現在校の「交換」で移転させるべきでしょう。
[ 2016/03/27 02:18 ] [ 編集 ]
一言目の  目して=黙して と読んで下され。
[ 2016/03/27 02:21 ] [ 編集 ]
本当に…
わりと最近では、フランスのドヴィルパン外相(当時)の、国連安保理での演説でしょうか。イラク進攻に逸る米英を真っ向から竹割りに批判しました。

アメリカの政策に協力的な南欧スペインや東欧を「新しいヨーロッパ」懐疑的な仏・独を「古いヨーロッパ」と得意の二分法で断じるブッシュ政権の論法を逆手に取って、「古きヨーロッパの知恵を聞け!」とぶちかましました。


国連安保理は人間の生死を左右する場ゆえ、拍手をしないことが慣例になっていますが、この時ばかりはドヴィルパン外相に対して、会場を揺るがすような万雷の拍手が巻き起こりました。

もう一つは、やはりフランスのオランドが大統領選に突入した初日の演説、彼はノルマンジーの出身だそうで、レジスタンスに倒れた同郷の無名の人々を称えるところから始まり、彼ら彼女らは勲章もストック・オプションも何も望まなかった、彼らは誇り高い人間でした。彼ら彼女らの戦いこそが、私の行く道を照らしているのです、と締めくくりました。

フランス人の愛国心に訴え、遠く日本人の心にも届く名演説でした。ちなみにオランドはばりばりの左翼です。

なおドヴィルパンもオランドも左右の違いこそあれENA (フランス高等行政学院)の出身、若い頃からカエサルやキケロの演説をラテン語で暗誦するほど読んでいる人たちですね。
[ 2016/03/27 02:44 ] [ 編集 ]
サッチャーさんも
フランスでは小学高学年(だったような)から哲学は必須科目だと聞いた事があります。
欧州哲学の粋を子供の頃から育んで、自己の内に論理性を持たせる教育には、日本も考えるべき良い要素があるように思います。
高校生や大学生の論文、読めたモノじゃ無いとか。

私は英国サッチャー女史の折々の演説に感心したことも多かったです。
今でも英国議会の狭い場所で丁々発止、野次っても日本の野党の様な質の悪さではなく核心を衝きながらユーモアもあるニュースを偶に見かけると嬉しくなります。勿論字幕ですけど。

敵を唖然とさせたお話は、七生女史の著作で知った事ですがカテリナ・スホルツアのスカートまくりの演説が何とも好きですw(やまとなでしこは見習いませんが)。
女城主の子供達を人質に取って、これで降服するだろうと思って居た敵に城壁の上から「そんなものはいくらでもコレで作れるワイ」。
結果勝利。これは軍曹殿もお気に入り確実!

ノルマンディの戦いが如何に仏英にとって大変なモノだったかは、先週で終わってしまったBSの「刑事フォイル」で知りました。両国には絶対的に悲惨な戦場だったのでしょうね。
ちなみに、そのフォイル。ドラマはもっと続くのですがNHKは途中までしか放映権を買ってないのか、四月からは又南鮮時代劇だそうで隙あれば入り込む南鮮臭はどうにかならんのか!です。
[ 2016/03/27 04:39 ] [ 編集 ]
南鮮日本人学校
桝添が記者の問う「都民の反対」に答えた「都民って誰」「都の人口は1350万。1割の反対が居ても9割のファンが居ればナンタラカンタラ」「撤回はしない」に眠る気にもなれず、Wikiでアチラにある日本人学校を見てみました。

大抵は産経・黒田氏の説明通りなのですが、<現敷地は日本人学校移転後、英語を使用する外国人学校を設立すべくソウル市が誘致する方針>だそうで、「購入した」意味がよく分りませんでした。
このデジタル・メディア・ニュータウンの敷地は南鮮側が最初から外国人学校用地として計画されていた物の様で、わざわざ日本の為に「お世話」したと言うわけでもなさそう。

北朝鮮により近く放送局もある、となれば当然北が攻め入ったときに放送局は国会と同時に狙われる施設ですから・・・危ないじゃないか!

日本人学校の入学条件の一つが、いずれは日本に帰る人で日本国籍者でも南鮮に永住の人は原則拒否。
幼稚園から中学までの教育期間で現在約440人が通学して居るそうです。
[ 2016/03/27 05:08 ] [ 編集 ]
間違いました
「刑事フォイル」で英国兵が大変だったのはノルマンディではなくダンケルクでした。
ノルマンディ作戦の時期以前でNHK版は終わり、という訳で、大間違いでした。
[ 2016/03/27 14:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: