私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  朝鮮学校の補助金、無償化を求める朝日新聞のズレた理想主義

朝鮮学校の補助金、無償化を求める朝日新聞のズレた理想主義

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝日新聞が今朝の社説で、自民党から朝鮮学校への補助金打ち切りを求める声が出ていることを採り上げ、それを高校無償化における朝鮮学校の除外批判に発展させている。「北朝鮮の国に問題があるからといって、日本で暮らす子どもの学びの場に制裁を科すのは、お門違いの弱い者いじめだ」というのだ。

朝鮮学校補助 子どもらに責任はない (朝日新聞)

 朝鮮学校では、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の関係者が運営にかかわっているケースは多い。だが、政治と教育は別だ。神奈川県の黒岩祐治知事は「子どもたちに罪はない」として、学校ではなく、生徒たち個人への補助を続けている。

 歴史観の違いはともかく、教育内容に問題があれば話し合いで解決すべきだ。実際、朝鮮学校の教育も変化してきている。

 在日コリアンの社会は多様化しており、多くの朝鮮学校で、韓国籍の子どもが過半数となりつつある。北朝鮮の体制を崇拝している人々の子どもだけが通うと考えるのは誤りだ。(抜粋)



(イメージ画像)


 在日朝鮮人の子どもたちには、授業料無償化の対象とされている日本の公立学校に通うことも認められている。そのような状況下で、それでも朝鮮学校に通うには、理由があるはずだ。在日の子供に対する差別という側面もあろうが、最も強い動機として、朝鮮人としての民族教育の必要性があるからだろう。

 授業料無償化、および補助金というのは、日本国民の税金によって賄われる。朝鮮学校にそれらが適用されるということは、国民の血税が、首領様への崇拝や、拉致事件の否定に使われるということを意味する。朝日は、朝鮮学校の運営に朝鮮総連の関係者がかかわっていることを認めながら、「政治と教育は別だ」と主張する。子どもをダシに使って総連の活動を認めよという意味と取れなくもない。

 朝鮮学校の教育方針は、平壌の指示に依存している。「教育内容の問題は話し合いで解決すべき」というのは、無償化の条件を平壌に認めさせろということになるのだが、朝日はそんなことが可能だと、本気で思っているのだろうか。拉致事件の扱いひとつとっても、これはひとつの空想的平和論であり、ズレた理想主義としか思えない。

 何より朝鮮学校の子どもたちも私たちの社会の一員だ。日本と隣国の懸け橋になりうる子どもたちを排除しようという思想であれば、逆に日本に反感を持つ人々を増やすだけである。


 朝鮮学校の生徒の過半数が南朝鮮籍の子どもになったところで、国籍が違う人を日本国民と同列に扱うこと自体が異常だと、私には思える。そもそも、国是とする反日教育によって支那や朝鮮半島で「日本に反感を持つ国民」が量産され続けてきた事実に、朝日は目を瞑るのか。

 朝日新聞は、差別と区別を取り違えている。日本国民とそれ以外の民は、その間に区別があって当然なのだ。何でもかんでも同列に並べ、同じ権利を与えるという発想自体が誤りである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/03/21 10:16 ] メディア | TB(0) | CM(7)
朝鮮人学校は私塾と同じ。

北朝鮮の金さんに支援を求めればいい。

民族教育を保証するのは、日本国でなく、北朝鮮なのですから。



林雄介 ‏@yukehaya 3月18日

大阪府池田市役所、待機児童解消のために公務員の給料を1年間減額して財源確保、2ヵ所の保育園新設を決定。

東京都、舛添都知事が保育園を作れるレベルの高額な海外豪遊。保育園建設要望がある公有地に韓国人学校新設決定。

反日舛添都知事の韓国愛は、在日コリアンの誇りです。

[ 2016/03/21 11:51 ] [ 編集 ]
条約をよく読もう
「差別反対!」と叫ぶ連中も含め、根拠となる「人種差別撤廃条約」を一度しっかり読むべきでしょう。

 その第1条には人種差別の定義がなされていて、ここに「民族的若しくは種族的出身に基づくあらゆる区別、排除、制限又は優先」とあり、「韓国人を差別するな」と騒いでいますが、実は続く第二項には、「2 この条約は、締約国が市民と市民でない者との間に設ける区別、排除、制限又は優先については、適用しない。」と記載されています。

 国民と外国人の間の差別は例外にするという当たり前のことが書いてあります。自国の国民と外国人に同じ権利を認めている国があればお目にかかりたいものです。

 いずれにせよ、この第二項がある限り彼らの主張は足元から崩れてしまうわけですが、マスコミを始めこのことを一切報道しないことに意図的な情報操作を感じています。
[ 2016/03/21 12:20 ] [ 編集 ]
憲法89条
第八十九条 公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。

これに反するのでは、という指摘がありますね。
もっとも、私学助成金も、これに違反しているといわれていますが。
なんにせよ、やたらに「人権」という情緒を振り回す連中は、どこぞの国と同じ思考のようです。
[ 2016/03/21 14:48 ] [ 編集 ]
外務省HP
人種差別撤廃条約
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinshu/

2.人種差別撤廃条約 全文(和文、英文)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinshu/conv_j.html

第1条
1 この条約において、「人種差別」とは、人種、皮膚の色、世系又は民族的若しくは種族的出身に基づくあらゆる区別、排除、制限又は優先であって、政治的、経済的、社会的、文化的その他のあらゆる公的生活の分野における平等の立場での人権及び基本的自由を認識し、享有し又は行使することを妨げ又は害する目的又は効果を有するものをいう。

2 この条約は、締約国が市民と市民でない者との間に設ける区別、排除、制限又は優先については、適用しない。
[ 2016/03/21 16:19 ] [ 編集 ]
井上太郎 ‏@kaminoishi 3月19日
舛添都知事、保育所より南朝鮮学校建てるのか、に記者会見で反論。理由はごもっともですが、都知事として日本の子供と南朝鮮の子供、どちらを優先するのかの問題です。しかも新宿区は保育所建設の為土地の継続使用求めたのに都知事が断っています。既に1校あり、2番目の南朝鮮学校が優先なのです。



井上太郎 ‏@kaminoishi 3月19日
購読記事にしていますが、舛添都知事の都民より南朝鮮並びに在日朝鮮人優先政策は、一つすでにありながら、二番目の朝鮮学校建設だけではありません。都営住宅に準拠する在日朝鮮人の為の住宅建設を、昔からの都内の朝鮮部落で老朽を理由として近代的に建て替えを予算化しています。


[ 2016/03/21 17:31 ] [ 編集 ]
取り戻したい拉致被害者
日本国民が多数拉致拘束被害を受けている現状には殆ど北に抗議らしき発言もせず、その相手国籍の子供の教育にお金を贈呈しましょう、なんて敵前逃亡同然の国民を裏切る事。

北朝鮮は今日も日本海に五発?のミサイル類の飛行物体を打ち上げ海中に墜ちたとか。その内神奈川県庁に墜ちたら少しは黒岩も現状認識出来る様になるのか?

南鮮が撤退して初めて明らかにした(前から分って居た事だが)、北の開城に資本投入した縫製工場などの工員賃金の7割が北政府に没収されていた件を思うだけでも、在日に渡した日本円は北のとっちゃんぼーやに没収、或いは利用される事、間違いなしだろうに。

周辺国攻撃のミサイルだの核実験だのに出費を惜しまない北に「在日子弟の教育費出せ」ぐらいいってヤレ!
日本政府が迷惑している敵国同然の国の子弟に「教育費」を施す義理は、何処にも無い。
逆に、北者を全員返して拉致被害者を取り戻せ。
[ 2016/03/21 23:15 ] [ 編集 ]
政治と関係が深い朝鮮学校
>朝鮮学校では、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の関係者が運営にかかわっているケースは多い。
>だが、政治と教育は別だ。

これは詭弁ですね。

政治と教育は別だと、一見もっともらしい事を述べていますが、過去に朝鮮学校関係者の中に、北の工作員が紛れ込んでいたこともありましたし、朝鮮学校の教育は、日本の学習指導要領を受け入れておらず、北の民を苦しめている暴君である北の指導者(将軍様、領導者、導師)を礼賛し、「日帝の残虐行為を許すな」などと、反日捏造の洗脳教育を行っていますから、実質テロリスト養成機関になっているのが実情ですね。

こんな組織に日本国民の税金を投入するなど、笑止千万です。国民の税金を拉致を行うようなテロ国家、敵国に謙譲する国など、世界中探しても日本しかないだろうと思います。

また、朝鮮学校は一条校の扱いなので、予備校や私塾と同じ扱いですから、税金を投入するなど、有り得ません。

> 歴史観の違いはともかく、教育内容に問題があれば話し合いで解決すべきだ。実際、朝鮮学校の教育も変化してきている。

それができるのならば、とっくに変わっていると思うが、現在でもそこまで大きく変わったわけではない。そもそも、この学校は日本側の要求を受け入れる気があるというのか。

現在は、金正日から金正恩に指導者が変わった為に、教育内容も変化しただけだろうと思う。実際のところ、北を礼賛し、反日教育を行う体質に変わりがあるわけではない。

> 在日コリアンの社会は多様化しており、多くの朝鮮学校で、韓国籍の子どもが過半数となりつつある。北朝鮮の体制を崇拝している人々の子どもだけが通うと考えるのは誤りだ。

元々、南鮮と北朝鮮は民族上の分類は同じだが、国家体制が異なるだけです。

従って、南鮮と北朝鮮で教育内容がそこまで異なるというわけでもないと思っています(北の指導者を礼賛するかしないかの違い程度)。

いずれにせよ、補助金が出ない事に文句があるのならば、日本の公立学校に通うか、彼らが礼賛する北の指導者に補助金を出してもらえばいいのです。あんなに肥え太って、常日頃、贅沢な暮らしをしているのですから、支援するだけのお金は十分あるはずです。

日本が朝鮮学校に補助金を出す理由などありません。
[ 2016/03/22 00:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: