私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  慰安婦を「性奴隷制度」 ~ 国連という勉強不足でいい加減な組織

慰安婦を「性奴隷制度」 ~ 国連という勉強不足でいい加減な組織

← 応援クリック、ありがとうございます。

 日韓間で最終的かつ不可逆的な解決として合意した慰安婦問題について、また国連が要らぬお世話をしている。一昨日に書いた女子差別撤廃委員会に続き、今度は人権理事会だ。国連人権高等弁務官であるザイド・フセインが、スイス・ジュネーブで開かれている国連人権理事会で、追軍売春婦について、「先の大戦で日本軍による性奴隷制度を生き延びた人々」との表現で言及し、日本政府が抗議する展開に発展している。

日韓合意に疑問=償い判断は元慰安婦—人権弁務官 (時事)

 【ベルリン時事】ザイド・フセイン国連人権高等弁務官は10日、国連人権理事会で世界各国の人権状況の年次報告を行い、慰安婦問題に関する昨年12月の日韓合意について、さまざまな国連人権組織だけでなく、元慰安婦からも「疑問が投げ掛けられている」と述べ、内容は不十分との見方を示した。
 高等弁務官は元慰安婦を「第2次大戦中の日本軍による性奴隷制度を生き抜いた女性ら」と表現。当局が元慰安婦に手を差し伸べることが重要で、「最終的に彼女たちだけが真の償いを受けたかどうかを判断できる」と指摘した。
 女性差別や賠償を扱う国連特別報告者らのグループは11日声明を出し、「被害者の望みが満たされず、傷が癒えないままであるうちは、この問題が解決されたとは見なされないことを日韓両政府は理解すべきだ」と強調。慰安婦問題の少女像については、歴史を刻んでいるだけでなく、「生存者が長らく正義を求めてきた」ことの象徴だとして撤去の可能性に懸念を示した。 


ザイド・フセイン
ザイド・フセイン国連人権高等弁務官


 そもそも、この人権委員会および国連人権高等弁務官というのが、以前から胡散臭い。フセインがこのポストに就いたのは2014年の9月頃だったと思うが、その前任のナバネセム・ピレイ(南ア)からして、かなりの反日具合だった。高校授業料の無償化について、朝鮮学校を含めたすべての外国人に無償化を適用すべきと述べたり、特定秘密保護法の成立に関しては「日本国憲法が保障する情報アクセス、表現の自由を適切に守る措置がないまま法制化を急ぐべきではない」などと、およそ主要国の全てが備えている秘密保護法は日本には適用されないと言いたげなコメントを残している。そして、今回のザイド・フセインだ。

 ザイド・フセインはヨルダンの王族メンバーであり、2007~10年に駐米大使を務めた人物。どこでこんな話を吹き込まれたのかは知らないが、彼にとっては南鮮の挺対協の囁きがそのまま真実に映るようだ。ロクに調査もせず、口頭の主張のみを真実と拠り所とするなら、ロビー活動で事実を曲げることができるということになる。

 性奴隷制度などというシステムは、事実に反する。在ジュネーブ日本政府代表部はこの表現について直ちに抗議した。その性奴隷制度と同じく問題なのは、「最終的に彼女たちだけが真の償いを受けたかどうかを判断できる」という部分だろう。これがまかり通るなら、誰でも個人で他国を訴えることが可能だし、このような声が国と国との条約(この場合は日韓基本条約、請求権協定)で決着したことに優越するなら、国など必要ないということになる。つまり、言った者勝ちを是認するようなコメントなのだ。

 ザイド・フセインは昨年6月、ソウルで自称慰安婦3人と面会し、その3人を「優しくて、強くて、そして断固とした」女性だと述べ、感銘を受けたと伝えられている。これは、南鮮による反日広報活動の一環として、フセインがソウルに招待されたということを意味している。招く方も招く方だが、そこで3人の老女優たちの話を真に受ける方もいただけない。

 女子差別撤廃委員会と人権委員会による立て続けの反日言動で再認識したのは、国連およびその下部組織が、いかに勉強不足で、いかにいい加減な組織であるかということである。こんな組織に大金を上納する日本という国は、まさにお人好しの国だ。国連脱退は、特亜と反日勢力の声がより反映されやすい環境を作るだけなので、賢明ではないのかもしれない。加盟を維持し、大金を払い続けるのであれば、それなりの立場と発言力を求めるべきだろう。外務省はもっと仕事せよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2016/03/13 09:35 ] 外交 | TB(0) | CM(12)
日本国は、日本人自身が侵略国フランスによる植民地化を食い止め、保身のためこの植民地化を飲もうとしていた徳川幕府を倒幕しました。これに対し、李氏朝鮮は、保身のため、侵略国フランスロシアによる植民地化を飲み、日本国へ助けを求め自ら申し出て日韓併合してもらい、大東亜戦争終戦まで日本国へ韓国式寄生しました。
≪保存版≫ 日本国は、日本人自身が侵略国フランスによる植民地化を食い止め、保身のためこの植民地化を飲もうとしていた徳川幕府を倒幕しました。これに対し、李氏朝鮮は、保身のため、侵略国フランスおよび侵略国ロシアによる植民地化を飲み、日本国へ助けを求め自ら申し出て日韓併合してもらい、大東亜戦争終戦まで日本国へ韓国式寄生しました。

*****
◆◆◆◆◆ 殿 コメント 平成2◆年◆月◆◆日 [加筆済み]

[1]韓国人も共産シナ朝鮮族も共産シナ人も批判すべき対象は、当時の李氏朝鮮と清なんだがな。
●有史以来独立している日本国は幕末、徳川幕府が自己体制維持すなわち保身のため、侵略国フランスからの借款を含む統治を飲もうとしていた。これは、侵略国フランスによる植民地化への一歩だったが、日本人自身がこれを食い止め、徳川幕府を倒幕した。
●これに対し、有史以来独立したことがない大清属国李氏朝鮮は、自己体制維持すなわち保身のため、侵略国フランスおよび侵略国ロシアによる共同統治=侵略国フランスおよび侵略国ロシアによる植民地化を受け入れた。その後、大清属国李氏朝鮮すなわち朝鮮半島は、大日本帝国へ助けを求め大日本帝国への併合を自ら申し出て明治43年(西暦1910年)大日本帝国に併合してもらい(日韓併合してもらい)、大日本帝国が大東亜戦争で米国に敗戦するまで大日本帝国へ韓国式寄生しまくった。これは朝鮮半島人すなわち韓国人の愚かさである。

[2]参考までに、
明治27年(西暦1894年)1月4日「露仏同盟(フランス、ロシアおよび清は、ドイツ、オーストリア=ハンガリー、スイス、フィンランド大公国、エチオピア、日本国などを挟み撃ちしようぜ)」締結以来現在まで、
世界は、
「ホワイト・チーム(英国、米国、ドイツ、オーストリア=ハンガリー、スイス、フィンランド大公国、モンゴル、エチオピア、日本国など)=議会合議主義」

「レッド・チーム(フランス、ロシア、清など)=大統領勅令主義」
へ大まかに二分されている。
*****

-----
平塚パラヤン女
[ 2016/03/13 12:30 ] [ 編集 ]
敵国条項
日本はそろそろ国連ではなく連合国と書き換え、言い換えた方がイイのかも知れませんね。

高額な「会費」を健気に収めて居る一国にこれだけ不勉強なままで濡れ衣を着せ続けるのは何かの意志があるからでしょうし、何処からの指図かも、今は3メートル先ぐらいに見えてきましたから濡れ衣の意味もはっきりして来ました。
中共は国際連盟に於ける日本の脱会の二番煎じを狙っているのかも知れません。

取り敢ず、表に立ってこの様な発言をする者を派遣している本国へのODAは止めるとか、何か日本も本気を見せるべきではないか、と思います。

世界の「人権」「女性差別」問題を言うなら、どの地域、どの国が今現在最悪レベルにあるか、誰でも解る事を真剣に取り上げずに何が「性奴隷制度」なものか。
ヨルダン人なら母国の周囲に限っても幾らでも転がっている女性人権問題が延々とあるであろうに!
中共には捜さなくても拾える「人権問題」で、何百年でも国連人権委員会は存在価値を発揮出来るのに。

人権委員会が作り話に振り回されて、この醜態がいずれは「国連史」に残る事の恐ろしさを思うと、名を惜しむ心の無い者達が哀れで 楽しいわ。

日本の国には歴史的にも奴隷制度は無い!無いモノは無いのだ!まして性奴隷など、聞いて呆れるわ。
[ 2016/03/13 14:48 ] [ 編集 ]
「粉末遺憾砲」を繰り返すだけで、いいのか?
いわゆる「従軍慰安婦問題」を世界に拡散した
根源は「朝日新聞の捏造記事」だと言っても過言ではない。
未だ、国、国民に対して謝罪はない、
このゴミ新聞の反日重罪は免れない。

たしかアメリカ当局は7~8年掛けて日本の慰安婦問題を調査した結果
「日本軍による強制連行は無かった」と結論付ている、
にも関わらず、この国連の なんとかクズ委員会は蒸し返し煽る構図は
一体なんでしょう?
このなんとか委員会の中に日弁連のパヨク委員がいる
同調して日本を貶めているのでは?と勘ぐりたくなる。

一方日本政府も相変わらず「遺憾である〜」の「粉末遺憾砲」を繰り返すばかりで
舐められている、なんとか委員会に
「かくたる証拠を出しなさい!あなた達の真の目的は?
このままでは資金の停止及び減額を視野に入れている」ぐらい言って、
国連の使い勝手の良い日本のATMの電源を一時停止してもいいのでは?







[ 2016/03/13 18:00 ] [ 編集 ]
アナンが事務総長を務めて居た頃の連合国の方が今より遥かにマシだった。
其れでも機能不全に陥ってマトモに機能してこなかったが真摯に取り組む姿勢は見られた、其れが限界と見た。
アナン後は推して知るべし。

機能不全に堕ちいって腐れ切った組織は寿命でしょ、今や完全な工作利権機関。ユニセフ本体すら横領額が多いとか、日本ユニセフ+ユニセフ本体で募金額の大半は食われる。

正義は有らず幻。型を変えた連合軍の戦勝国サロン。

ゆうべの「朝まで生テレビ」は震災5周年で、また原発の特集だったが、初歩的なリスクの概念を理解していない人がいまだに多い。小林よしのり氏が「原発のリスクは最大だ」というので、私が「それは1回の被害(ハザード)の最大値。リスクは被害×確率で考えるので、原発のリスクは石炭火力よりはるかに小さい」というと、ポカーンとしていた。
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51973318.html
小林よしのり X 池田信夫
http://tr.twipple.jp/y/ec/b5/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E3%82%88%E3%81%97%E3%81%AE%E3%82%8Ax%E6%B1%A0%E7%94%B0%E4%BF%A1%E5%A4%AB.html

池田信夫
此の人良い事も言うが、ボケかます事も多いから注意が必要です。
小林はボケ過ぎて問題外

[ 2016/03/13 22:12 ] [ 編集 ]
外様の日本
どなたかがおっしゃっていたように、国連たるUnited Nationsは連合国たるUnited Nationsと同一で、すなわち、第2次大戦の戦後秩序を維持するための機構であるということを、我らは十分に理解しておかねばならない。

サンフランシスコ講和条約で対立が精算されたという理解は半分間違い。

関ヶ原の後、西軍についた大名が外様として攻撃を免れたように、日本は外様として連合国の攻撃を免れただけ。

慰安婦をいまだに性奴隷と決めつけるザイド・フセインなる人物のコメント。
題名にある「勉強不足」は、彼らをあまりに善人扱いしすぎと思いますね。

あんな台詞は、そもそも奴隷という制度を持たない国であることを理解しないヤカラにしか言えない言葉というのはその通りですが、彼の目的は、自分の任期の間に国連から納得を得て自らの立場を強化することでしかない。
で、彼をこの委員会のトップにつけた国連がやりたいことは、日本をねじ伏せ頭を押さえておきたいだけ。理由は何だっていい。

彼には、日本人の人格、日本人が拠り所とする日本文化への敬意など微塵もないし、関心もない。
人権や人格というものを真に尊重するなら、そもそもこんな無知で軽率な発言などしようはずもない。今回の日本の抗議に対して謝罪するようなことがあれば勉強不足との解釈も成立しうるが、そんなことはなかろう。
彼にとって人権など、元々どうでもいいことなのだ。

そんな人間が人権を語るなど、チャンチャラ可笑しい。神への冒涜とすら思える。
しかし、それが国連。
それをやるための組織が国連。

我らが理解せねばならないのは、戦争に負けるということはそういうこと。
真実を訴えれば理解してもらえると考えるのは、甘いと思います。

我々は、こういった世界の現実から目をそらすことなく、この不利な状況を打開するには、どうしたら良いかを考える必要があると思います。

国連脱退など、気持ちはわからないでもないが、かつてそれを実行した日本が自らの滅亡を招いたことは、歴史的実験結果が既に出ている。勇ましいだけでは、解決しないことは、あの戦争で嫌というほど味わったこと。

では、この状況から日本の立場を向上させるにはどうしたら良いのか。

ヒントは日本史にもあると思います。
幕府の要職についた外様も居る。どうしてそうできたのか。
黒船など外圧への対応には、譜代・外様を言ってる場合ではなく、能力と地政学的重要性で要職への登用があったと聞きます。

こう見ると、北朝鮮の孤立や中共の野心、ロシアと欧米の対立の一方でのプーチンの日本への理解など、日本には好材料が結構あったりする。

日本人にとって苦手なことかもしれないが、心にもないことを言いながら立場を確保していくことをやるリアリストこそ、今の日本に必要ではないか。

正義を語り訴えて玉砕を唱える宰相と、相手を騙してでも影響力を増して行く宰相なら、私は後者を支持します。

サンフランシスコ会議で、スリランカの大統領が「人は憎しみによっては憎しみを越えられない」というブッダの言葉を引用しながら、日本への賠償を放棄した演説に「それゆえ我々は、ソ連代表が云っている、日本の自由は制限されるべきであるという見解には賛同出来ない」という一文を見逃してはならない。
この演説は日本を救ったという一面がある一方、儀を唱えることで共産勢力の意見を抑える役割を担っていた。その役割を果たさせるべく仕組まれていたと考えるべき。

だからと言って、スリランカを見損なう必要もない。
秀吉と家康の陣羽織の一節。あんなものは互いに本心を隠した芝居と、当時から誰もが知っていること。
しかし、そういう芝居をして義を通しながら立場を築き影響力を増して行くことが太古の昔から必要なこと。

こういったことを、現代日本人はもっとよく理解するべき。単なるロマンチストではダメで、リアリストでなければならないと思います。

外務省を腰抜け扱いしたくなる気持ちはわかる。
しかし、彼らを叱責することに意味はあっても、彼らを侮辱することに意味があるとは思えない。
単なる鬱憤晴らしでしかない。
外務省に仕事をさせたいなら、外務省を敵扱いではなく、味方として見ることから始めなければならない。
日本の地位を向上する気のない官僚が居たなら、黙って左遷すればよいだけのこと。

最近、「オールジャパン」という言葉をよく耳にしますが、憂国の下に集う者を中心に「オールジャパン」でこの問題を考え、その中に外務省を取り込んでいくことが必要と思います。

幸い、安倍首相はリアリストであると私は見ています。
今こそ、この宰相の力を使って、日本の地位を向上させる動きを提言し、一方で、日本の地位を貶める国民を我らが糾弾し、また一方で、眠れる愛国者を覚醒させ、冷静なる憂国のうねりを起こしていく方法を考えていくべきだと思います。
[ 2016/03/13 23:55 ] [ 編集 ]

オーストラリアのシドニーで、慰安婦支援者が活動を再開!

この活動へのカウンターこそ、日本には必要だ!
[ 2016/03/14 21:59 ] [ 編集 ]
世界連合
ご存知の方々も多いと存じますが、アメリカと日本に
「歴史の真実を求める世界連合」
という組織が立ち上げられています。

アメリカではカリフォルニアに目良浩一理事長が中心となって、日本では加瀬英明氏が会長で御活躍です。
ブラジル日系社会からも支援が表明されて、世界の日本人、日系人にも広がりつつありますが、何と言っても資金が足りません。

御意志の有る方々の支援が望まれている、と思います。
よろしければどうか御検索願います。



[ 2016/03/15 01:32 ] [ 編集 ]
笑止
「性奴隷でない」という根拠は杉山審議官も述べていないし、あなたも書いていないですね。
ちなみに連行方法は関係ありませんよ。本人が望まない限りは、監禁して継続的に性交渉を持てば「性奴隷」です。毎日数十人もの相手を望む女性が存在するわけがないので、常識的に考えると、ほぼ全員が「性奴隷」だったと言えます。
[ 2016/03/15 23:07 ] [ 編集 ]
また湧いた
竹松クン
真摯に広域に調査した秦郁彦先生の御本で知った事ですが、慰安婦さん達はお金と人気を競い合って、医者が止めてもお仕事に熱心になる傾向もあったそうですよ。お客一人5分で数をこなす事もあったとか。
朝鮮女性が励めば日本女性も負けるものか、と。所謂プロ根性ですわ。

本人が望まない限り、親が娘の希望を容れて女衒に売らなけりゃ良かったのにね。それはそう思うわ。できるものならネ。
監禁していたのは朝鮮半島での米軍用慰安婦の事でしょ。最近になって調査書が出てきたのよね。その施設の写真も載っています。調べてよく読んでネ。
[ 2016/03/16 01:23 ] [ 編集 ]
追加
誤解されては適わないから、念の為追記しておきます。

軍隊は戦争に征っている訳で、何時までも同じ駐屯地に居る訳では無いのね。移動するの。
で、駐屯地に着いても、兵隊さん達毎日そんな場所に行けるのでは無くて、任務が当然あって、気の毒な時には慰安婦さん訪問も出来なくてまた移動する事も有ったそうです。

一ヶ月間一ト所に駐屯しても、同一兵が慰安所に行けた回数はかなり少なかったみたい。2回か多くて3回ぐらいだったような。それも駐屯地と駐屯軍と慰安所の規模にも依るとか。
秦先生の御本にはそんな事も詳しく書かれております。(「慰安婦と戦場の性」)

近代兵器の怖ろしい殺傷力がある戦場に行くのですから、気が狂わんばかりだったろうと思うのね。なので、慰安婦さん達が将兵を温かく待遇してくれるのはせめてもの救いだったろうと思います。
兵士の多い町に慰安婦さん達が追いかけて行く事もあったり、性行動だけじゃないみたいです。実際ネットにはそういう女性の笑顔の写真もありますね。
中には結婚まで漕ぎ着けられたカップルもあったそうで、そういう人達には一概に「可哀想」物語じゃないのね。

だから、私は個人的に、今の南鮮慰安婦お婆さん達の様な、時間的状況的に「変な証言」騒ぎをせずに、有った事無かった事の区別がついて親に売られた事の悲惨さは心の中にしまって、戦時中にはいろいろね、で済ませて居られたら、感謝も出来たと思います。帰国時には収入もそれなりに持ち帰れたのでしょうし。
でも、今の状態みると、彼女等にはそうはなれません。

戦時海外における慰安婦さん達の4割でしたかが日本女性だったそうで、その誰もが黙って慎ましく、戦後の生活を気高く生きて来られた事、戦後の占領軍相手のお仕事、占領下での暴行にも沈黙を守って居られる日本女性に、同じ女性として敬意を表します。
[ 2016/03/16 02:12 ] [ 編集 ]
勝手な定義解釈はダメですね
>ちなみに連行方法は関係ありませんよ。本人が望まない限りは、監禁して継続的に性交渉を持てば「性奴隷」です

そもそも、褒められた仕事ではないのかもしれないが、生活の為に仕方なく「労働」をしていた人は、「奴隷」とは言わないだろう。そういった人は現代でも存在するが、彼らは「労働者」である。

「奴隷」の定義は一般に1926年の「奴隷条約」に当てはまるのだろうが、当時は「労働者」として、「合法」とされていた娼婦を遡及的に「奴隷」とするのは、「奴隷」の定義を勝手な拡大解釈したものでしかないだろう。

法的な定義と政治的な定義は若干異なる事もあるが、声明や報告書等は、「法的」な定義で考えなければならない。そうでなければ、都合良く解釈される恐れがあるからだ。

いずれにせよ、このような嘘でも何でも国際社会でまかり通るのは、所詮日本は「敗戦国」であり、国連は戦勝国利権組織である事、日本が今まで特亜の宣伝に対抗しないまま、問題を放置してきた事、国内の反日組織の動きを封じる手段を講じないままやりたい放題にさせてきた事など、様々な怠慢が募った結果だと思いますね。
[ 2016/03/16 19:45 ] [ 編集 ]
日弁連は中核派のアジト 
反日活動をする(日本弁護士連合会)は、日本の文字を消すか(反日本弁護士連合会)と名乗るべき団体。
まるで(通称=日本名)を悪用している在日と同じだ。
性奴隷?????
彼らの活動は、日本を悪者と捏造して世界に吹聴する・・・国家反逆罪だ。
[ 2016/04/18 11:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: