私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  日本国憲法は朝日新聞のものではない

日本国憲法は朝日新聞のものではない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 私個人的には、いまの憲法というのは、国民ひとりひとりが国の在り方、特に安全保障に対し、考えることを放棄せよ謳っている文章の羅列に感じる。憲法前文で国家の生存を他国に依存するぞと言っているのだから、これは国の在り方として明らかに間違っている。そんな憲法を「一言一句変えるな」と言う政党やマスメディアがいまだに幅を利かせているのだから、日本は不思議な国である。

 朝日新聞が4日の社説「安倍首相へ あなたの憲法なのか」で、「私の在任中に成し遂げたいと考えている」など、改憲への動きに言及し始めた安倍総理に噛みついている。

「安倍首相へ あなたの憲法なのか」

 政治家だから、自らの政治目標を語ることは一般的にはあるだろう。しかし、憲法への首相の態度にはあべこべがある。

 ひとつは改憲の進め方だ。

 首相はまず3分の2の勢力を集めたいという。では憲法のどこをどう変えるのかと問われると、「各党が(案を)出して、(国会の)憲法審査会で議論していくことが求められている」と繰り返す。

 何でもいいから変えたい、やりやすいところからやりたい。こう言っているに等しい。(抜粋)


 まず、これは安倍総理個人へのネガキャンである。憲法改正を安倍総理の個人的な政治目標であるかのようにミスリードしているが、憲法改正を党是とする自民党が自主憲法草案を党として出している以上、これは安倍総理の個人的政治目標ではない。

朝日新聞


 朝日があべこべのひとつとする「各党が(案を)出して、(国会の)憲法審査会で議論していくことが求められている」というのは、改憲に対する国民的議論を深めようとする、ひとつの策であろうと思われる。「何でもいいから変えたい、やりやすいところからやりたい」というのは、朝日の恣意的な解釈に過ぎない。
 

一方、首相は改憲への意欲に比べ、憲法を守ることにはこだわりがないようだ。もうひとつのあべこべである。

 憲法を改正しなければ集団的自衛権の行使はできないとの歴代内閣の解釈を、内部の議論だけで覆してしまう。最高裁から定数配分を見直し、投票価値の平等を実現するよう繰り返し求められても、先送りを図る。

 最近は、高市総務相が放送法などをたてにテレビ局の電波停止の可能性に触れ、首相もこれを容認した。


 要するに、安倍総理は憲法を守らない、これがもうひとつのあべこべだと言いたいらしい。であるなら、自社のあべこべも同様に検証すべきではないか。戦力の不保持を謳う9条に対し、自衛隊の存在が認められている現状と、それを積極的か消極的かは別にして、とりあえず是とする自社のスタンスを、朝日はどう釈明するのか。護憲を標榜するなら、自衛隊も解体してしまえというのが正しい姿だろう。ここに、朝日のような護憲派のずるさがある。

 憲法改正は、国会が発議し、国民が判断するのだ。決して国会のものでもないし、ましてや安倍総理のものでもないことは自明である。朝日は、「安倍首相は憲法によって縛られる側にいる。憲法は、権力者たるあなたのものではない」と締めくくっているが、その論調に沿えば、「誰が首相になっても、憲法改正はダメ」ということになる。憲法は朝日新聞のものとでも言いたいのか?

 日本国憲法は朝日新聞のものではない。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2016/03/06 08:52 ] メディア | TB(0) | CM(15)
カエルの楽園
百田尚樹さんの「カエルの楽園」
萬話に仕立てていますが、現在の日本を鋭く風刺した良書だと思います。

朝日新聞をはじめとした護憲派は、この本を読んでも
まだ夢の国に住み続けられると思うのか…

この本が日本の未来ではないことを祈りたいです。
本の宣伝みたいになってすみません。
[ 2016/03/06 10:23 ] [ 編集 ]
憲法問題で私が不思議に思っている事は、私はこの憲法を承認した事がなく、一方的に押し付けられて来ている事。民主国家なら、義務教育を終了した時期に、賛否なり、変更要望なりアンケートを取るべきではないか?その結果に基づき、憲法改正議論をすべきではないか?
それが民主国家ではないのか。
[ 2016/03/06 12:00 ] [ 編集 ]
国家は国民へのサービスのためにあるのではない
>義務教育を終了した時期に、賛否なり、変更要望なりアンケートを取るべきではないか?

うーん、

国家を「国民に奉仕するサービス業」という観念で捉えると、そういうのもアリになっちゃうかもね。

これが、県やら市町村などの地方自治体だと、それでもまぁいいのかもね。地方自治体には憲法はないけどね。

県や市町村は今のところ「住民へのサービスを行渡らせる」のが役割だしね。
県境や市町村の境界は、サービスの空白が生まれないための「担当分担のための分担領域」と見ても、差支えはないでしょう。

でも、国家って、地方自治体とは違うと思うんですよね。

国家というのは基本的に
「世の中に多数存在する様々な価値観の中で、自分たちが正と信じる価値観を大事にした生活が営なんでいけるように、自らが宣言して領域を確保し、運営していく地理的領域」だと思うんですよね。

国境は「その国家の価値観で運営することを宣言し確保し認められたエリア」を具体的に定義するもの。

国家は、決して「地方自治体の拡大版」ではない。

「国民」という言葉が嫌ってか「市民」を使う人を、さよく系の人に多くみかけますが、国家を「用意されたサービスを行きわたらせる範囲」と混同してるんじゃないかと私は想像しますね。

国と地方自治体は概念として上記のようにそもそも異質なもの。
だからこそ、「憲法」は、国家にはあっても地方自治体にない。

国家の意義を正しく理解することは、憲法を理解する土台。
「憲法」の議論は、「国家とは何か」という国家の存在意義を理解した上で行なわないと、議論にならない。

「国家」「国民」という単語を、「軍国主義への道」という印象でしか捉えられず「市民」と置き換えて安心してしまうような連中は、国家が何のためにあるのかの本質を理解できていない。
憲法を議論できるレベルに達していない。

例えて言えば、
茶道のマナーがどうなっているかは、誰が口にしてもかまわないが、
「茶道が何のためにそういうマナーを備えているのか」を知らない人が、茶道のマナーの守るべきところ、改善すべきところを議論しようとしても、意義ある議論にはならないだろうというのと同じ。

茶室で立膝ついてくわえタバコで「茶道のマナーを守れー」と言ってるようなもの。
そんな連中が、茶道のマナーのどうあるべきかを語るのは、土台無理。

国家の何たるかを知らぬサヨク連中が「あべは憲法を守れー」なんていうのは、チャンチャラ可笑しい。

議論の権利がないとは言わないが、意義ある議論は全く期待できない。

次世代の国民のために権利を行使する能力がないヤツにしゃしゃり出られると、子々孫々が迷惑。

そういうところに平気で出て来れるのも、さよくの特技である無責任のなせるワザでしょうけどね。

ん?
もしかして、
それを自覚しているから「憲法を変える議論は受け付けない」って言ってんのかな?

そうであったなら、国会議員になろうと立候補すること自体が、無責任ですけどね。
[ 2016/03/06 15:08 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/03/06 17:05 ] [ 編集 ]
するべきこと
一国の首相がその国の憲法を我が事として真剣に考え続け、国家国民の安全の為にそれが現状に間に合うものなのか検討し、間に合いそうも無ければ何らかの発信をしない方がおかしい。
安倍総理はするべき事をすると発したに過ぎない。

それよりも朝日!
憲法論も蔑ろには決して出来ない事ではあるのだが、朝日はその前に、慰安婦問題で世界に捏造発信し続けた事を、自ら何ら隠すこと無く時系列で明らかにし、慰安婦と挺身隊の説明を丁寧に成し、事の真相を国連の場で余すところなく陳述謝罪し、その後日本国民には国会で謝罪と反省を表明するのが罪有る報道機関としての最低の義務であろう。
然る後、社業一切からの撤退を切望する。滅べ!
[ 2016/03/06 23:03 ] [ 編集 ]
憲法改正
これを考えた場合、日本人の保守性つまり「そのまま、現状のままでいい」という急激な変化、変革を嫌う特徴を感じます。

それが日本に於いての土壌だと思います。

それだけに、国会内では恐らく2/3の確保は出来るでしょう。
が、国民投票は通りません。
断言します。

何故なら、偏向メディアの洗脳によるミスリードが有効だからです。

そこで安倍首相、「憲法改正」が失敗したら次はどうする積りなんでしょうか?
毎年毎年アクションを起こすということでしょうか?

日本国はWGIPを引き継ぐ偏向メディアの無力化からしか民主主義は発動されません。
[ 2016/03/06 23:16 ] [ 編集 ]
【衝撃】韓国人写真家が「昭和天皇生首」斬首画像をアップ!!
http://hosyusokuhou.jp/archives/47016640.html
[ 2016/03/07 09:00 ] [ 編集 ]
本文とは、やや離れますが、


かずにゃんさんが上げられた記事。私も昨日来とても気分が悪いです。
どなたのブログを観ても
この件については記事になっていなかったもので。
放っておいたら誰も知らずに終わってしまいそうですからね。


李下大統領の「土下座発言」これは一国の元首が発言したから問題で今回は民間人だから不問ということなのでしょうか?


結局、上から下まで
こういうことをする民族なのです。
朝日新聞にも上から下までこの民族が入り込んでいるのだと思います。

批判や非難ではなく、
ブログ主様のエントリーでは、 こういうことをするように生まれついている者共を
対等の人間として扱い
「あくまでも」日本人としての良識的な論理で批判されているように感じてしまうことがたまにあります。
大統領だろうと民間人の写真家だろうと、朝鮮人は
こういう奴らなんだと。


そして、朝鮮人に乗っ取られた朝日新聞は
朝日新聞=朝鮮人なのであってなにが何でも廃刊倒産に追い込むべき組織なのだという思いをあらたにした次第です。

[ 2016/03/07 09:39 ] [ 編集 ]
読後感
NPさん

以前、あなたのコメントへの印象を述べました。その説明を求める反論も承知しておりました。決して、「言い逃げ」をする気はなく、根拠をもって説明できるタイミングを探っておりました。
ちょうど、その根拠をあなた自身のコメントに見つけることができましたので、申し述べます。

上記
>これを考えた場合、日本人の保守性つまり「そのまま、現状のままでいい」という急激な変化、変革を嫌う特徴を感じます。
それが日本に於いての土壌だと思います。

この部分に凝縮されています。

かいつまんで言えば、
「日本人の保守性」という表現があるが、果たして日本人は「保守的」なのか。「保守的」と断ずる根拠は何なのか。
日本人が「保守的」というなら、他国の国民と比しての評価ということになるから、どこの国民が「保守的」ではないのだろうか。
比較も根拠もなく、断定的に述べることに違和感を感じる。

巷間よくある日本人論に「日本人は熱しやすく冷めやすい」、「日本人は流されやすい」などというのがあるが、その根拠はどこにあるのだろうか。
学術的な研究があるわけでもなく、国際比較があるわけでもなく、ただ何となく語られていることではないか。

これらの「日本人論」に通底するのは、日本人へのネガティブな評価である。この論調こそ、戦後、顕在化してきた論調で、この源泉が、WGIPそのものはないのか。
そのメガホンの役割を担ったのが、日教組による教育でありマスメディアである。
汚染されていないと思いながらも、汚染されている現実に無自覚である「保守」も多く、残念であると同時に、根の深さを感じる。
このトラップに嵌った「保守」も多く見かける。
無自覚であることは、警戒すべき大きな意識の陥穽である。

WGIPへの反発は私もあなたも共通のものです。
しかし、そう考えながらも、根拠のない空気に浸り、流されていることを感じるのです。この空気を流し出している元は一部マスメディア。些細なことを針小棒大に取り上げるマスメディア。
だから、マスメディアを非難しながらも、気づかずマスメディアの餌食にされてしまってはいないか。

その指摘です。

なお、あなたの憂国の思いや愛国の情に対する敬意は何ら変わるものではありません。
だからこそ・・・、です。
[ 2016/03/07 12:40 ] [ 編集 ]
もっと具体的に書いておきましょう。
もっと具体的に書いておきましょう。

自民党の山東議員の発言は、党内の会合で「発言のタイミングに苦言」を呈したもので、改憲を批判したものではありません。
そこを、NHKは、改憲論への反発のように書いています。
「印象操作」ではありませんか。

保育所の問題ですが、以前から待機児童の問題として対応が続いています。今に始まったことではありません。勿論、大変苦労されているお母さん達が多いのは事実で、解決を急がなくてはならない問題です。
ですが、何故、今、「日本死ね」というブログで大騒ぎなのでしょうか。
年度末・年度始め、更には選挙を控えたタイムリーな問題で政権への非難を強めたいとの計算を感じませんか。
「日本死ね」という表現は、安保法制の時の「安倍死ね」と同じメンタリティと思いませんか。
そもそも、「死ね」などという言葉を公然と吐く人間は、絶対に信用できません。

このような記事は、何度も何度もフィルターにかけて読まなくてはならないと思いますが。そのまま引用して、「政権の不安定さ」を導くのは乱暴過ぎましょう。
政権攻撃を繰り返す連中の思う壺ではありませんか。
だから、マスコミに飲みこまれていると申し上げた次第です。
[ 2016/03/07 15:10 ] [ 編集 ]
日本死ね(待機児童)は共産党の工作臭いですね
共産党衆院議員・宮本徹がシナリオに従ってか?、
便乗の煽りか?ツイートしています。

https://twitter.com/miyamototooru/status/705689096337788929

嗤えるのは待機児童数は民主党時代のほうが多く、安倍さんになってから
下ってきています。  (厚生労働省HP)
[ 2016/03/07 21:53 ] [ 編集 ]
lion様
アイツ等が半島上下隅々まで「こういう民族」と、私も内心爆発しながら思っております。
南鮮政府は、昨年暮れに日韓合意はしたものの「民間がしている事なので」と言い逃れしながら民族丸ごと「こういう民族」であることを利用して、政府が出来なくなった事を(ある程度までは)民間に”お任せ”黙認している様にも思ってをります。

ただ、アレ等と同じ次元まで墜ちたくない気持ちもはっきりありまして、彼等を人間の品位に於いて日本人よりず~~~~~~~~~~っと下に見てしまいますが、それをそのまま表わすのは一応社会人としてイカンのだろうから、憤懣と我慢と気位のせめぎ合いで「人間扱い」コメントをしているのが、現状の私個人の見栄でもあります。

昭和天皇陛下の「生首」写真は私も昨夜偶然に見かけました。
している事の程度を知らない民族の姿は、昭和様には大変失礼ですが、全世界に知って欲しいと思って居ります。
彼等の暴挙に報いるために、同じ事を、例えば・・・南鮮の誰の首なら同等か?一人も思い浮かびませんがw、日本人がすると、彼等はお得意の業火病を発して、自己の行動を棚に上げて国際社会に訴えるであろう事も、これまでのアヤツ等の行動で推測出来ます(する気にもなりませんが)。
彼等は、そういう民族ですから。

個人的なことを申しますが、分らないでフツー人扱いをしている訳では御座いません。社交辞令の様なもの、と御承知戴ければ幸いです。
[ 2016/03/07 22:19 ] [ 編集 ]
本題外
Maxさん

何か言いたいのであれば、後出しでなくその時出来るだけ具体的に言いましょう。
また過去左翼がソース、ソースとよく言っていたのを思い出しましたが、
ひとつ広義な意味で日本人の保守性を例をあげて言えば天皇制・象徴天皇制をこれほど残している民族はないだろうという面に特徴的に表れていると言えるでしょう。
[ 2016/03/08 00:38 ] [ 編集 ]
言葉・言葉・言葉
現状のままでいい=日本人の保守性、と捉えると、明治維新とは何であったのか?

そのような意味での保守は保守主義とは違うのではないか。むしろ守旧(勢力)という方がふさわしいかも。

近代的な保守主義は民主主義や社会主義よりも新しい思想なのではないか。少なくともフランス革命の乱痴気騒ぎを横目で眺めながら、人間としての正気を確保しようとした。それは知的で冷静な観察力、分析力なしには存在しないものである。

ソ連・東欧圏の崩壊過程で共産主義体制を守ろうとする勢力をマスコミは「保守派」と言っていたが、言葉の誤用・乱用もここに際まれり。逆に「改革派」と名づけられた勢力は明らかに「反革命派」ではないのか、言葉の正しき意味において。

いずれにせよ言葉使いは大切にしましょう。このような場所では、それがすべてと言って良いです。

[ 2016/03/08 22:32 ] [ 編集 ]
あえて問題提起します
結局、左翼勢力と戦う人たちに、あえて現在の「日本の弱点」を求めれば、東京裁判が事実認定の次元で、天皇の責任を誤魔化してくれたからこそ日本は救われたという史実を皮膚感覚で悟っていた人々が、世代交代で姿を消したという所にあるのではないでしょうか? 大東亜戦争の時代を語れば、東條首相やその後継首相たちでなく、天皇陛下が最高権力者であったのは、当時の日本が天皇親政を国是としていたのだから、当然です。かの戦争に負けたおかげで、法の下の平等が新たな憲法に謳われたのも事実です。天皇家の尊厳が失われれば、それだけで日本は滅んだも同然という、いわば日本の民衆の尊厳を否定する妄想こそが、日本の国体思想でありました。そして本来、もっと未来志向であるはずの左翼勢力が、なぜか歴史認識にこだわる姿勢に彼らの弱点が見透かされる事実も、強調しておきたいと思います。
[ 2016/03/29 10:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: