私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  G7伊勢志摩サミットへ朴槿恵を招待 ~ 日本政府が仕掛けるトラップか

G7伊勢志摩サミットへ朴槿恵を招待 ~ 日本政府が仕掛けるトラップか

← 応援クリック、ありがとうございます。

 5月26、27日に開かれるG7伊勢志摩サミットまであと3ヶ月を切った。サミットを構成するのは日本、米国、フランス、英国、ドイツ、イタリア、カナダのいわゆる先進国で、ロシアが入ってG8になったが、2014年に同国が参加資格を停止され、G7に戻った。日本での開催は6回目で、これまで東京、沖縄県名護市、北海道洞爺湖などで開かれているが、42回目となる今年のサミットの舞台は伊勢志摩となる。日本の象徴といえば、皇室とお伊勢さま。その伊勢神宮にほど近い場所を選んだのは、いかにも安倍総理らしい。

 菅官房長官が否定しているので、現段階では噂話の域を出ないが、安倍総理はこのサミットに、南朝鮮の朴槿恵を招待するという。サミットの一部会合には先進7カ国以外の国の首脳を招くことが通例で、いわゆる特別枠だ。個人的には台湾次期総統の蔡英文あたりを呼んで欲しいところだが、安倍総理は朴を選んだ。官邸からはまだ何も情報が出ていない現段階でも、ネットで早くも「呼ぶな」「来んな」と、この招待を歓迎しない意見が多出している。今までの経緯を考慮すれば、当然の反応だろう。朴が来日するとしたら、G7首脳並み、あるいはそれ以上の警備が要求されるかもしれない。

 朴は、告げ口で国際社会に反日を広めようとした張本人である。就任直後、「日本を1000年恨む」と宣言し、南鮮国内で「千年恨」ということばを流行させた。その後、いわゆる慰安婦問題に関する日韓合意までの3年弱、日本をディスることしかしてこなかった。どの面下げて来日できるのかという意見が出てもおかしくはない。ただ、もし朴が来日するのであれば、それを最大限に利用することを考えた方が良い。

朴槿恵


 報道では、「サミットを機に韓国との関係改善に弾みをつけたい考え(日テレ)」「関係が改善している韓国との連携をさらに強めたい狙い(TBS)」となっているが、これは恐らく情報をリークした政権もしくは党の話の受け売りだろう。ロシアが抜けたG7は、いわゆる西側首脳のグループだ。そもそもが冷戦下で形成された枠組みであり、当然ながら支那は入れてもらえない。その意味で、朴の来日は西側へのコミットメントと同義だ。まがりなりにも西側陣営に属しつつ、支那にも色目を使い続ける南鮮にとっては、立ち回り方に悩むに違いない。もちろん、日本や米国の対支那外交としても有効である。

 もうひとつは、G7首脳を前に、いわゆる慰安婦問題に対する「最終的かつ不可逆的解決」を確約させる格好の機会となる。いくら反日が国是の国とはいえ、先進7か国を前にして「解決」を宣言すれば、青瓦台として「反日の次の手」は封印せざるを得なくなる。南鮮世論はいまだに日韓合意に冷たい。「帝国の慰安婦」の著者である朴裕河氏が、その著書のために在宅起訴され、勤務する大学の給料が差し押さえられたという信じ難いニュースがあった通り、慰安婦問題では研究や学術すら否定されるのだ。こういう空気の中で、対日批判を封印された青瓦台は、南鮮世論の鬱憤を一手に引き受けることになる。日韓基本条約や請求権協定における基本的な姿に戻るということだ。

 こういう筋書きを想像してみると、日本政府による朴槿恵のG7への招待は、実は朴をハメるためのトラップである可能性だってあるのだ。たとえ青瓦台が日韓合意を推進したとしても、南鮮は反日を止める国ではない。しかし、青瓦台の口を封じるだけでも、かなりの効果は期待できるだろう。

 日本にとって肝心なのは、仮に朴がサミットで来日するなら、それまでに国際広報を強化し、慰安婦問題の真実を南鮮側の主張が国際社会の主流である現状を、少しでも動かすことである。南鮮政府の見解のまま慰安婦問題に対する国際社会の考え方が固定化されれば、日本にとってはたまったものではない。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/03/04 07:14 ] 外交 | TB(0) | CM(13)
外交には時間が必要です。
日韓関係は、日本ペースの流れになってきました。

深慮遠謀の日本外交の成果が少しずつあらわれてきています。

その転換点は、昨年末の「慰安婦問題」の処理です。
その時は、「慰安婦問題」で、政府に失望したとか、安倍は裏切ったとか、英霊に顔向けできないなどと非難も多かったのですが、短絡的な反応であったという印象は否めません。

まだまだ、難問山積ですが、保守は右往左往することなく日本を守り、その日本の為に政権が頑張ってくれるよう応援していきましょう。

[ 2016/03/04 09:32 ] [ 編集 ]
いっそ北を
南鮮クネが来るとしたら、ご招待にも関わらずきっと要望並べて「出席条件」にするのでは?と勘ぐります。タダでは来ない。

スワップ協定を大幅拡大規模で。
平昌五輪の資金、技術援助。
南鮮人の就職枠確保  などなどなどが漏れなく付録で付いてきそう。
そして、それに応じたら「日本サミットに行ってやる」とか。今までのアヤツらの言動に倣えば、そうなりそうな。

民主党よりも決められない南鮮を呼ぶより、いっそ北のデブを呼んでつるし上げたらイイな。
クネさんをご招待してもクネさんの任期が切れたらその「しばり」は水の泡になる事必須の南鮮。(でも付録は日本の先払い)

日本害務省は合意のつもりが南鮮の「努力」になって、今や慰安婦像増産計画だそうな。
一時的には対中戦略になるでしょうが・・・あまり期待出来ないです。

日韓合意と慰安婦問題は口頭ではなく外務省の公式見解の文字文言を改めてから、サミットご招待国を決めろ。
[ 2016/03/04 14:46 ] [ 編集 ]
大高麗連邦国の島国小日本人は奴隷なのをいい加減認めれば?
もう植民地になっているんですよ。安倍日王は使い捨て河野太郎さまが初代皇帝陛下は既定路線です。
[ 2016/03/04 18:29 ] [ 編集 ]
上の穢れの除染をお願いします。
[ 2016/03/04 19:03 ] [ 編集 ]
安倍内閣注意報
5月26、27日といえばもう目の前ですがそれが「G7伊勢志摩サミット開催」です。
曲がりなりにも先の「慰安婦日韓合意」が日韓で行われた以上、それなりに日本側でのリップサービスも必要というレベルではないでしょうか?
朴槿恵を除外するより、朴槿恵を招いておいて別に日本が損をするほどの事ではなく北朝鮮、中国を睨んで現状米国からも歓迎されるのではないかと思えます。

そんな安倍首相の安倍内閣ですが、どうもそんな瑣末なことではなく土台にヒビが入って来たのがどうも見えるような気がします。

それは安倍内閣はある程度今までは民意を先読みしたりしてなんとか支持率を維持して来たように思えますが、ここに来て一時的でない支持率低下へ向かう可能性が出て来たように思えます。

それはまず経済です。
世界は日本に限らず経済(暮らし)の為なら主義主張も引っ込めるというのがやはり基本には有ります。
それが「人はパンのみにて生くるにあらず」という精神性の重視の逆の「衣食足りて礼節を知る」というようなベーシックなこれもまた真理。

その経済に於いてのアベノミクスでは「デフレからの脱却」をかかげ実際株価引き上げという目に見える実績はあげました。
しかし、その恩恵は主に大企業などには表れても川下には乏しく、ここで消費税増税が待ち構えています。

更に一般の日本国民が重視する「保育園問題」など「生活」に問題が残ったままです。

http://www.sankei.com/life/news/160303/lif1603030040-n1.html

そこに「憲法改正」発言ですが、さて安倍首相現在日本がどれほど反日さよくに毒されているのかご存知なのでしょうか?
その反日さよくが形と成って力を持ち存在しているのが偏向メディアです。
その勢いは以前ほどでなくともウブな一般日本国民を騙すにはまだまだ有効であり軽視は出来ません。

「山東元参院副議長 首相の改憲発言は不適切」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160304/k10010430861000.html

彼らは「護憲」、「安保反対」です。

http://www.sankei.com/entertainments/news/160229/ent1602290021-n1.html

そこに今度は沖縄の基地移設で国と沖縄県との訴訟で裁判所がしめしていた「工事中止の和解案」を受け入れるというニュースです。
これはその内容、安倍首相の言動によっては保守系から反発も出るのではないかと思えます。

http://www.sankei.com/politics/news/160304/plt1603040016-n1.html

次期「参院選」、烏合・野合の野党とはいえ、一般の日本国民の受け皿の無い中、反安倍内閣という一点で票が流れるという方向性が出て来たように見えます。

思い返せば過去、「安保法制」で憲法学者の選出ミスなり安倍内閣はどうも重要なところで度重なる無駄な大きな失敗をする傾向があるように思えます。

米国大統領選挙、トランプ氏がトランプ大統領と成った際のシュミレーションも必要ではないでしょうか。

[ 2016/03/04 19:04 ] [ 編集 ]
いやはや・・・
NPさん

マスコミ批判をされる貴殿ですが、そのマスコミの論調にすっかり飲み込まれていますね。

ご自身、お気づきでしょうか。
[ 2016/03/04 19:38 ] [ 編集 ]
マスコミ批判に関して
いやはや・・・ Maxさん

どうせ書くならもう少し具体的にお書きください。
[ 2016/03/04 19:52 ] [ 編集 ]
一見の価値有り
>更に一般の日本国民が重視する「保育園問題」など「生活」に問題が残ったままです。

横から口を挟んで申し訳ありませんが、此の事じゃないのかな。

因みに此方のブログを参考にされると、如何云う経緯で如何云う奴等が騒動を起こしたのかが良く分かるブログ記事のリンクを貼っときますので参考にして下さると幸いです。

【「日本ヘイト」の連携プレー(1)】「保育園落ちた 日本○ね!!!」こんな言葉を日本人が書くだろうか?「NEWS23」は何度も何度も「日本○ね!!!」の言葉を流した。恐ろしい・・・。頭隠して尻隠さずの反日オールスターズの間抜な姿が逆に笑える。
http://bakahabakanarini.blog.fc2.com/blog-entry-948.html


Maxさん本人では無いので、当ってるか如何かは分かりませんが。非常に興味深い記事で有る事は確かです

あの騒動の隠された真意を理解するうえで読む価値は十分有ると思いますヨ。
[ 2016/03/04 20:55 ] [ 編集 ]
>voice of tami 民の声 
voice of tami 民の声 さん

この件は全体の流れで捉えもらえば良いだけのことで、リンクは参考及びデータです。

つまりこれは中身よりも「こういうことがある」という事という指摘とご理解ください。

その上で全体の流れを見てもらえば大体云わんとしていることの理解はされるのではないかと思います。


が、質問をしているのは具体的な指摘を求めているMax氏から返答が無いことです。
名を挙げ、人に何か指摘したいならばもっとはっきりと言って来るべきでしょう。
[ 2016/03/04 21:20 ] [ 編集 ]
>つまりこれは中身よりも「こういうことがある」という事という指摘とご理解ください。

中身が工作で政権攻撃と日本毀損なんですが

だから既に飲み込まれていると云う指摘だと思いますヨ。

検証を怠って引用して居る時点でマスゴミや反日に呑み込まれてるね。
日本○ねと云う言葉に最初に違和感や腹だたしさを感じませんでしたか?此の言い回しが反日に依る日本いん損だと結構話題に成ってるケドね。
しかもアカ勢力が其の事を散々利用した上に日本○ねと云う言葉を拡散してる訳ですよ。危険な物を感じるな~
保守速でも取り上げられてますね
【衝撃】「保育園落ちた日本○ね!」の黒幕は日本共産党だったwwwwww サヨク母ら国会前で「保育園落ちたの私だ」デモ開催 共産党の斎藤和子、宮本徹衆議員が参加
http://hosyusokuhou.jp/archives/47001611.html
[ 2016/03/04 21:35 ] [ 編集 ]
もう一度
[ 2016/03/04 21:35 ] voice of tami 民の声

つまらないことですが、飲み込まれている、飲み込まれていないなど
何を根拠に当方に指摘しているのか?
それほどこちらを理解してのことかどうか?
よく分かりません。
余計な指摘だと思いませんか。
[ 2016/03/04 21:51 ] [ 編集 ]
政権内部の事情は、一般人には、よく分からないのが問題か
こちらとしてももどかしいのは、政権内部の事情が一般人にはよく分からない事です。

朝鮮総連や暴力団摘発、在日特権の(一部)廃止等、北鮮や南鮮、在日に厳しい対応を行う一方で、軍艦島の世界遺産登録、先の慰安婦に関する日韓合意やG7への南鮮招待など、一見すると南鮮への譲歩にしか思えない行動が最近多く見られる為、これらの行動がどういう意図を持って行っているのか、判断がしづらい所です。

党内の特亜派の攻勢を強めないようにする為、ある程度は特亜へ譲歩せざるを得ない部分もあるのかもしれません。また、米国の圧力もあるかと思います。

しかし、最近の外交戦略を見ると、特亜へ強気に出ているようで、一方で負け戦をしているのではないか(国連での杉山発言の茶番劇等)とも思えないわけでもなく、こういった行動が政治的にどういった意味を持つのか一般人には把握しづらい側面があります。

ただ単に特亜へ譲歩しているのならば、文字通り「売国奴」ですが、反日左翼の攻勢に対して牽制を行ったり、直ちに決着が付きそうもない無い為、後に回すべきだと判断した上で行っている行動なのか、高度な政治的判断は、中枢部の人間と専門家にしか分からない所が、我々の認識の限界なのかもしれないと思います。

NP様が提示されている、「沖縄辺野古移設基地埋め立ての中止」の和解も、具体的にどういう政治判断なのか分かりかねる部分があります。サヨクが騒いで政権支持率低下につながるくらいならば、後回しにした方が良いと判断したのか、よく分かりません。

改憲発言は、自民党の綱領に憲法改正を掲げていますから、どの首相であっても「私の代で改憲する」と発言する事は間違ってはいないかと思いますが、支持率低下などの政局問題の観点からすれば、タイミングとしてはやや問題であったかもしれません。

ただ、その事を批判するのが、野党ならともかく、与党内部から批判する議員は、首相を背後から撃つような行為ではないかとも思わなくもありません。

保育園の待機児童の問題は以前から言われていますが、ただこの「日本死ね!」のブログには違和感を覚えます。

内容は「保育園の選考」に落ちたとの事ですが、匿名ブログかつ、2ちゃんレベルの暴言も数多く書き込まれており、このような暴言が数多く書き込まれているブログを態々メディア等が取り上げているのも不自然に思えます。

また、ブログ管理者はツイッターをやっているようですが、フォローしている者達が、メディアやサヨク界隈の者達で占められているなど、グルの可能性も高いです。

民主党も、匿名ブログを取り上げて国会質疑を行っていましたから、同様かもしれません。

いずれにせよ、内部の事情が分からない事には答えられない問題が数多くありますね。
[ 2016/03/04 22:58 ] [ 編集 ]
杉山審議官発言内容 国連のサイトより。 

An Expert said that the answer of the delegation on the issue of comfort women was unacceptable and contradictory. On the one hand, the Government of Japan denied the existence of comfort women, while on another hand, the Government reached an agreement on that same issue. If Japan was so willing to solve the issue, would it send an apology to all comfort women, who had been waiting for their situation to be recognized for over 70 years?

An Expert deplored the lack of understanding of gender violence by the delegation. Was the Government considering the establishment of injunctions and prosecution without complaints? She underlined the importance of Japan investigating and addressing gaps.

Replies by the Delegation

In response to the comments made by an Expert, the delegation explained that the agreement between Japan and the Republic of Korea explicitly confirmed that the issue of comfort women was finally and irreversibly resolved. It was not true that the Japanese Government denied history. The Japanese Government was painfully aware of its responsibilities and offered its sincere apologies and remorse. The involvement of the military with regard to the establishment of comfort stations had been acknowledged in the past. However, the figure of 200,000 persons as the number of comfort women lacked concrete evidence. The expression “sex-slaves” also contradicted the facts, and it was regrettable that a Committee Member had raised points contradicting the facts. - See more at: http://www.ohchr.org/EN/NewsEvents/Pages/DisplayNews.aspx?NewsID=17052&LangID=E#sthash.wTgIqAXI.dpuf

http://www.ohchr.org/EN/NewsEvents/Pages/DisplayNews.aspx?NewsID=17052&LangID=E
[ 2016/03/05 02:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: