私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  「私たちは怒ってる」という、時代に取り残される左派ジャーナリストたち

「私たちは怒ってる」という、時代に取り残される左派ジャーナリストたち

← 応援クリック、ありがとうございます。

 高市早苗総務相の「電波停止」発言に抗議するかたちで、ジャーナリスト有志が記者会見を開いた。呼びかけ人は青木理、大谷昭宏、金平茂紀、岸井成格、田勢康弘、田原総一朗、鳥越俊太郎の7人で、日経の田勢を除く6人が会見に臨んだ。私は、苦痛を伴いながら、この75分以上にも及ぶ会見の動画を視聴したが、いろいろな意味で説得力に欠ける主張だったように思える。

 まず、これが彼らの声明文。備忘録としてasahi.comより転載する。

私たちは怒っている

――高市総務大臣の「電波停止」発言は憲法及び放送法の精神に反している

 今年の2月8日と9日、高市早苗総務大臣が、国会の衆議院予算委員会において、放送局が政治的公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合、放送法4条違反を理由に、電波法76条に基づいて電波停止を命じる可能性について言及した。誰が判断するのかについては、同月23日の答弁で「総務大臣が最終的に判断をするということになると存じます」と明言している。

 私たちはこの一連の発言に驚き、そして怒っている。そもそも公共放送にあずかる放送局の電波は、国民のものであって、所管する省庁のものではない。所管大臣の「判断」で電波停止などという行政処分が可能であるなどいう認識は、「放送による表現の自由を確保すること」「放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること」をうたった放送法(第一条)の精神に著しく反するものである。さらには、放送法にうたわれている「放送による表現の自由」は、憲法21条「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」の条文によって支えられているものだ。

 高市大臣が、処分のよりどころとする放送法第4条の規定は、多くのメディア法学者のあいだでは、放送事業者が自らを律する「倫理規定」とするのが通説である。また、放送法成立当時の経緯を少しでも研究すると、この法律が、戦争時の苦い経験を踏まえた放送番組への政府の干渉の排除、放送の自由独立の確保が強く企図されていたことがわかる。

 私たちは、テレビというメディアを通じて、日々のニュースや情報を市民に伝達し、その背景や意味について解説し、自由な議論を展開することによって、国民の「知る権利」に資することをめざしてきた。テレビ放送が開始されてから今年で64年になる。これまでも政治権力とメディアのあいだでは、さまざまな葛藤や介入・干渉があったことを肌身をもって経験してきた。

 現在のテレビ報道を取り巻く環境が著しく「息苦しさ」を増していないか。私たち自身もそれがなぜなのかを自らに問い続けている。「外から」の放送への介入・干渉によってもたらされた「息苦しさ」ならば跳ね返すこともできよう。だが、自主規制、忖度、萎縮が放送現場の「内部から」拡がることになっては、危機は一層深刻である。私たちが、今日ここに集い、意思表示をする理由の強い一端もそこにある。

〈呼びかけ人〉(五十音順 2月29日現在)
青木理、大谷昭宏、金平茂紀、岸井成格、田勢康弘、田原総一朗、鳥越俊太郎


we-are-angry.jpg


 彼らの筋書きは、安倍政権によるメディア側への圧力によって、メディアの側が萎縮し、自主規制をしているというものだ。戦後、日本を占領したGHQが日本の既存メディアに、検閲を用いて圧力をかけ、言語空間を支配した構造があった。まさにそういう事態が、今現実に起こっているという主張である。田原は、岸井、国谷、古館など左派言論人の報道番組からの降板の責任を、安倍政権に直接的に求めはしなかったものの、タイミングが合いすぎていると政権の圧力を示唆した。鳥越はもっと遠慮なしで、発言のほとんどを安倍政権批判に使った感がある。

 会見では、安倍総理がメディア幹部と頻繁に食事をし、メディアを抱き込もうとしていると忖度していた。実際に会食の場の発言内容の取材などせずに、である。だが、そんなことでメディア側が自主規制に及ぶのなら、批判されるべきは政権側ではなく、骨のないメディア側の情けなさである。会見では、この論法が多く使われていたが、実際には政権批判を自由に行わないメディアに対し、「みんなで声を挙げよう」と尻を叩くような煽りとも取れ、同業者に「蜂起せよ」とアジった、旧き左翼運動の匂いさえうかがえた。

 彼らが主張すべきは、政権批判ではなく、同業者への叱咤ではなく、先ずは放送法の改正なのだ。彼らは高市総務相の発言に対し、「所管大臣の「判断」で電波停止などという行政処分が可能であるなどいう認識は放送法の精神に反している」と説く。しかし、その放送法には、免許停止の権限が総務相にあると書かれている。高市大臣は、この法に則って答弁したのであって、放送法がある以上、いつどの総務相でも電波停止の可能性は否定できないのである。遵法という観点からは高市氏は正論を言ったのであり、それを否定するなら論点ずらしであり、ひいては単なる言葉狩りだ。

 岸井は、「政治的公平は、一般的な公平・公正とは全く違う」という業界内の解釈を繰り返した。しかし、テレビは自ずと視聴者を巻き込んでいる以上、そんな一方的かつ恣意的な業界論は通用しない。「権力は絶対に腐敗し、暴走する。それをさせてはならないのがジャーナリズムの役割だ」とも言っていたが、岸井の安保法案に関する「メディアとして廃案に向けて声をずっと上げ続けるべきだ」という発言は明らかに放送法違反とも取れる暴走であり、暴走であるがゆえに、メディアを監視する視聴者から批判を浴びたのである。

 彼らは終始、政権からの圧力を示唆していたが、その根拠は一つも示されていない。逆にいえば、政権から圧力があるかの如き悪質な印象操作ともとれる。彼らが言う「息苦しさ」が本当にあるとするなら、今まで放送法に違反してきても文句を言われなかった自分たちの報道姿勢が、最近、自由度を失ったことに対する息苦しさではないのか。

 こういう、戦後の左傾社会を支えてきた者たちにとって、ネットが普及し、情報の上流にいたはずの自分らの主張が昔通りに受け入れられなくなった現在の言語空間は、確かに「息苦しさ」を感じるのだろう。淘汰されないまでも、この手の者たちは次第にマイノリティになっていく。せいぜい足掻き、批判を浴びればよいのだ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/03/01 07:14 ] メディア | TB(0) | CM(21)
居心地が悪くなったな
彼奴らには「公共の電波は俺たちの物」だと都合の良い解釈で、「都合の良い環境」でヌクヌクと既得権益を拡大してきたのだ。自分達だけが日本の知性だとの勘違いも甚だしい。彼奴らが謳歌する反日メディア世界だけに通用するガラパゴス感覚で有り、世界標準の知性とは余りにも乖離している事すら自覚できない。これこそ反日勢力に侵されている日本メディアの「電波芸者」の正体そのものだ。自分達の居場所が環境変化しそうだと気がついたなら日本国民から「追放」される前に消えた方が良いんじゃないか?
[ 2016/03/01 09:08 ] [ 編集 ]
私(たち)は、もっと怒っている!
 そもそも、自称ジャーナリスト7人に『国民』の思いを託したつもりなど、私(たち)にはこれっぽっちも無い!

 『権力は絶対に腐敗し、暴走する。それをさせてはならないのがジャーナリズムの役割だ』
 己たち(放送)は絶体に腐敗しないのか!!
 
 思い上がりもいい加減にせい!!!
 
[ 2016/03/01 09:19 ] [ 編集 ]
揃いも揃った錚々たるメンツの狂人軍ジャイアンズ
放送法に違反した場合は電波を止めることがありうる、という高市総務相の発言に対して、田原総一朗氏ら7人が抗議声明を出した。いいたいことはわかるが、これは法律論としてはナンセンスである。放送法は第4条で「編集準則」を定め、放送局に次の要件を求めている。

公安及び善良な風俗を害しないこと。
政治的に公平であること。
報道は事実をまげないですること。
意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

このうち2の要件について、高市氏は国会で「放送局が政治的公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合、放送法4条違反を理由に、電波法76条に基づいて電波停止を命じる可能性がある」と答弁したが、これは常識的な法解釈である。

放送法の対象になるのは「電波法の規定により基幹放送局の免許を受けた者」であり、法に違反した放送局の免許を取り消すことは当然だ。もし高市氏が「いかに政治的に不公平であっても免許は取り消さない」と答弁したら、編集準則は無意味になってしまう。

国から免許を受けた特権に付いた義務が放送法の厳守でガイドラインや努力目標には当然当りません。
お間違いなく。
当然言論の自由への権力に依る介入にもあたらず。
免許を受けた者なら其れを規定した法律を厳守するのは当然の務めだろうし守らなければ免許をはく奪されるのは当たり前で有ろう事は常識ある大人なら誰でも分かる事です。
この会見を通してもサヨクは私生活を送る上にも必要な最低限の基本的常識にも決定的に欠けてるのが分かります。

飲酒運転酔っ払い運転に等しい事をヤッテ於いて捕まったら、移動の自由を奪うと喚き散らす酔っ払いに等しい狂人サヨクは自己都合だけで何でも解釈正当化するサイコパスだと云う証明にしか成らない記者会見に改めてマスゴミの病の重さを感じる。
[ 2016/03/01 09:25 ] [ 編集 ]
妄想の世界の住人たち
この自称ジャーナリストどもはホントに自分たちの主張が現実社会の共感を集めると思っているのだろうか?
テレビ局は特権階級と思い込んでいるのだろうか?
政権批判は大いに結構だが、番組の100%を批判で埋めるのは紛れもない「偏向」だ。
政権を支持する多くの意見を無視してもかまわないとどうして思えるのか不思議でならない。
賛成と反対、両方の意見を等しく取り上げるのが民主主義社会の「公平」であり、テレビ業界が別の物差しで「公平」を主張していい根拠などどこにもない。
ひょっとして、似非ジャーナリストどもは妄想の世界で暮らしているのかもしれない。
[ 2016/03/01 10:03 ] [ 編集 ]
この記者会見を見ていて、それは中国や韓国に向かって言ったらどうですか?と言いたかったです。

これだけ言論の自由が守られている国の日本でよくもまあ…という感じです。

自分達はへいきで安部政権や気に入らないものに悪態をつくくせに
自分達が言われたらヒステリックになる…
まるで隣国の人のようです。

[ 2016/03/01 10:46 ] [ 編集 ]
『暴走するメディア』 偏向七人衆
見事にさよく活動家が揃っての会見である。

鳥越俊太郎、田原総一朗、岸井成格、金平茂紀、大谷昭宏、青木理。
この日に参加はしていないがメンバーには田勢康弘もいる。

http://www.sankei.com/politics/news/160229/plt1602290018-n1.html

うち、筑紫哲也の跡継ぎ鳥越俊太郎は最近でこそメディア露出は少ないが過去朝日、毎日をフィールドとし十分さよくとしての活動をした実績を持つ人物です。
そして現在活躍中なのがTBS岸井成格、金平茂紀で、少しランクは下がりながらも各局に顔を出すこの中では若手の共同通信出身の青木理である。

そして合同記念撮影には写ってはいないが田勢康弘(ある種、世渡り上手)。
この人物、日経(テレビ東京)が主な活躍場所ですが、朝日、毎日に限らず全ての局にさよくが温存されている事にテレ東も例外ではありません。

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1067.html

この鳥越、岸井、金平、青木などははっきりと分かるさよく臭を出してテレビに露出しているが、ここで大谷、田原が分かる者には分かるが分からないものには正論を吐いているように勘違いされるグレーなポジションにいるさよくと言えるのではないでしょうか。

反日偏向メディアでは朝日や毎日などを中心に一見人当たりのよさそうなさよくを使う傾向がありますが、現役の大谷はその代表でしょう。
そしてタイプは違って攻撃型で長らくメディア界で存在感を持っている田原。
その正体はやはり今回のメンバーに馴染む一員と言えると思えます。

http://ironna.jp/theme/506

今回の高市発言はそれこそ当たり前の発言ですが、それに口を挟まずにいられず正体を現したように見えます。

http://www.sankei.com/politics/news/160217/plt1602170043-n1.html

今回の事は偏向さよくメディアを体現しているこれらメンバーによる、偏向さよくメディア生き残り防衛戦という一言です。

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6141.html

[ 2016/03/01 12:02 ] [ 編集 ]
無惨の極み
まさしく、老害とはあなた方のことです。
かつてどれ程、あなた方の言説に惑わされたことか。
情報をテレビや新聞がいかようにも料理出来た時代が
つい昨日までありました。

第四の権力とも言われるマスコミ界に身を置いた年月が長い分、
自省の心を失い、我こそは国民を代表して権力の番人となり
権力に立ち向かう国民を代表する知性人とでも思ってしまったのでしょうね。

誰もあなた方に国民を代表することをお願いしたこともなければ、
その資格を与えたわけでもないものを、どこでどう間違ったか、
国民の公共財である電波を分けてもらったに過ぎないテレビ界で、
美味しい思いをして来たために勘違いが肥大化してしまった面々が
集まってしまったのですね。

国民の意志が奈辺にあるかも見ようとしないあなた方の不明こそ
指弾されるべきですよ。
良識をもった国民はあなた方に鏡を進呈したいくらいです。
そうして、その傲慢な顔を、思い上がりも甚だしい口舌を吐き散らす
口元をしかと見つめていただきたい。

既得権益の最たるテレビをバックに言いたい放題の歳月が崩れつつあるなか、
ここにきて理性とはあまりにかけ離れたこの方々の言動に
「言論テロリン村の七悪人」とでも呼んで差し上げよう。
[ 2016/03/01 12:15 ] [ 編集 ]
ナリスマシ
井成格 = 韓国で一番有名な「イ」氏は李成桂
「原」さんにキツネ目が多いのも衆知の事
カネヘンやミラーネームにも気をつけないとね ・ ・ ・ 

日本は日本人の手で護りましょう
[ 2016/03/01 12:38 ] [ 編集 ]
「放送法」廃止に賛成します。
 本日の予算委員会で、柿沢ミト(維新)が仰々しく7人の自称ジャーナリスト達の発言を取り上げていました。そのやり取りを聞いていて感じたのは、民主・維新を初めとする今の左派系野党がおしなべてここまで劣化するに至った一因には、この劣化した自称ジャーナリスト達の存在が有ったんだろうなぁ~、ということでした。

 現状の思い上がった7人の自称ジャーナリスト達は、おこがましくも「権力を監視する」などと口では言ってはいても、その実一皮むけば、自分たちは「報道の自由」という印籠に守られつつ、ただただ自分たちの「第四の権力」を謳歌している、現代の「羽織ゴロ」に過ぎないのだと思います。

 私たち国民が選挙を通じて選んだ国会議員、その国民を代表する国会議員が作った法律、その法律を条文に則って施行する内閣。今の放送法も国会(国民)が作った法律です。
 私たち国民の代表たる国会議員、その国会議員が選択した内閣に対して、現代の「羽織ゴロ」ごとき!がいちいち表舞台に出てきては、好き勝手なイチャモンをつけてもらっては迷惑千万!!

 そんなに言うのなら、今の放送法の廃止を堂々と主張すべきなんです。 
[ 2016/03/01 16:52 ] [ 編集 ]
保守的な格調の高さと、ブサヨ的な醜態
すぎやま浩一氏らが起ち上げられた「放送法の遵守を求める会」の意見広告は
1.放送法の概要説明。 2.放送時間の著しい偏りの実例。 岸井の個人見解
ではない誘導的な発言。 これらを示し放送法の遵守を求めるという小学生でも
理解できるであろう穏やかにして格調ある意見広告でした。

一方、この老醜らは高市総務相の発言の一部をコピペして「電波停止など
許せんニダ、憲法違反ニダ、Q条違反ニダ・・・」 まるっと朝鮮人みたいで
保守的な格調の高さと、ブサヨ的な醜悪さが印象的でございます。

観じきってしまえば、これから参院選にむけた「偏向報道」がやり難い故の
ブサヨ老害の儚い足掻きなのかもしれません。 
[ 2016/03/01 21:12 ] [ 編集 ]
都合の悪い事は「報道しない自由」を駆使する「偏向報道」
マスゴミやサヨク等に都合の悪い事実を隠ぺいする「報道しない自由」は、典型的な「偏向報道」だろうと思います。

例えば、最近話題(?)の偏差値28志位るずなどが、共産党関係者で構成されているという事実は一切報道せず、「普通の学生」、「普通の主婦」などとやたらと「普通」を強調しているところからしても、マスゴミがグルになっているという事からしても、明らかだろうと思います。

そして、彼らが執拗に攻撃する「ヘイトスピーチ」などでも、都合の悪い意見に対して「差別」、「極右」、「排外主義」などとレッテルを貼って封殺しようとしている所からしても、彼らが必死になっていることが分かると思います。

そして、「放送法」とはごくごく当たり前のことが書かれているだけですね。

そもそも、テレビは、不特定多数の視聴者に情報を提供する媒体ですから、そこには「公共性」が求められます。

特定の集団に都合の良い内容や意見ばかり放送したり、都合の悪い内容を隠ぺいしたりすると、公共性が失われます。

彼らは、その辺りを全く理解できていないのでしょうね。単なるプロパならば、スクランブル式か有料放送に切り替えるべきだろうと思います。

自分としては、放送法の遵守か、緊急放送等を除いて全局スクランブル式にした方が良いのではないかと思います。

[ 2016/03/01 21:42 ] [ 編集 ]
こんな連中は全員逮捕でいいです。
放送法には個人に対する処罰規定がないのが残念。


北朝鮮との国交回復を「バスに乗り遅れるな」と騒ぎまくっていた田原や長崎のスイミングスクールでの発砲事件で、米兵の犯行ではないかとヨタ話を流していた鳥越とか言う三文記者。
(死亡者1名に対して軽傷者が圧倒的多数を占めた事件。銃器に詳しくない者でも散弾銃による犯行であることは即断できる。散弾銃を使用する海兵隊員がおるか!?)

イデオロギーに凝り固まっているから非常識なのか、それとも非常識だからイデオロギーに凝り固まるのか?
こんな阿呆の子に発言の場を与えて、しかも大枚の報酬を支払っているとは。

電波は国民の財産です。それを公正かつ有効に利用しているとはとても思えませんね。いい加減、私的独占はやめさせ、入札制でもしたらどうですか。

公共放送から阿呆の子は断乎として排除すべし。貴奴らは家の中で、隠れてモールス信号でもやっておれ。工作員らしく。

[ 2016/03/01 22:14 ] [ 編集 ]
電波茶坊主の分際で
パヨクのゴロツキコメンテーターの顔ぶれは
醜いですね!まあこんな輩のコメントなど
真にうけている人は、
どれほどいるのでしょうか?

顔を見ただけで 虫酸が走るわ
自己矛盾を曝け出して
恥ずかしいくないのでしょうね!
電波茶坊主がわらかしおるわwww.
[ 2016/03/01 22:37 ] [ 編集 ]
仲間内
こうしてお仲間だけで意見の一致を見ると自分達の思考が大間違いだとは,間違っても思えないし、思いたくもないのでしょうか。
イイ歳をして如何にも情けない存在です。

09年の選挙時、麻生総理の講演の内容をぶつ切りにして編集、逐一ねじ曲げて報道しても、報道関係者の中で誰一人としてその異様さを指摘しなかった彼等に、罪はあっても正統性など何処にも無い。

国の大事と個人的志向の大事の区別もつかず、彼等が懸命にしているのは日本の為には絶対ならない言辞どころか、日本を敵対視している国の為にだけはなる言論拡散活動。
これらが取り締まられないのは広い世界を捜しても珍しいぐらいの日本ではないか?国(人)の恩を仇で返すのは人間では無い。
[ 2016/03/02 00:36 ] [ 編集 ]
このような連中には徹底抗戦
悪意を感じますね。

若年層に嘘を吹き込むために、アイドルなどの人気タレントを使って
洗脳まがいの番組を作っているテレビ局も悪質だと思います。
社会経験が少ない若者や、偏った知識しか身につけていないタレントは操作しやすいですから。

日本の歴史を捏造するコメントを人気アイドルに言わせたり、
日本の政治家は信じられないなどとママタレントに言わせたり、
軍備を否定するために人気スポーツ選手に平和を語らせる、という手法で
日本を内側から壊したい人々がいるということももっと周知すべきでしょう。
[ 2016/03/02 00:43 ] [ 編集 ]
なるほど。それなら「民主党政権だって同じようなことをやったじゃないでちゅか。ぼくたちも怒っているもん」というネトウヨの中年たちも放送法の改正目指すべきですね!
[ 2016/03/02 07:48 ] [ 編集 ]
私たちは怒っている?はぁ?
怒っているのは視聴者だ

そろそろ見せしめに一局電波停波したらどうだ?

別にこっちは困らないぞ
[ 2016/03/02 09:01 ] [ 編集 ]
放送法改正
ぱよちんブサヨが放送法改正を提案しているが、
「も」ってことはぱよちんブサヨのキミ「も」改正したいのでちゅか?

それならどこをどう改正したいのか、言ってごらんよ。28グループじゃ無理かな?

当方が一番改正したいのは
「テレビの設置=NHKとの受信契約成立」という図式だな。
テレビを置いただけで受信料を強制徴収するのは占領憲法違反だ。
[ 2016/03/02 14:04 ] [ 編集 ]
今こそ、電波停止を実行するとき
(偏向報道した局に対する電波停止)は、他番組をも確認する必要は全く無く、(看過できない一つの番組を対象)とすることに何ら問題はないことです。
(複数の番組にわたって偏向報道)していると判断できるものでなければ停波措置の対象としなという考え方は、
●その局の別番組では偏向報道と思われぬように編集しさえすれば、ある一つの番組の中で(如何に放送法を逸脱しようとも、如何に過激な偏向報道をしようとも、停波されることはない)という理屈になってしまいます。 

つまり 他の番組が、明らかな偏向報道番組を維持するための(隠れ蓑)としての役割を果たしていることになるのです。・・・テレビ朝日は(報道ステーション)、TBSは(NEWS 23)という一つの番組に的を絞って大々的に堂々と偏向報道が出来てしまいます。

(圧力が掛かって辞めるのではない)とキャスター本人が言う理由は、(圧力だ)と言えば 偏向報道をしていたかどうか ということに話が及び、全国的に話題が沸騰します。 テレビ朝日もTBSも(停波)には なるまいと高を括って偏向報道を続けたのです。 (赤信号、みんなで渡れば怖くない)の心理で境界を越えていることを知りつつも、もっと言ってみようとエスカレートさせていきました。 放置すれば証拠ビデオとして国会に取り沙汰され、世間に拡散します。 その結果、反日報道と一体の野党勢力が後退することに直結するのです。 それを恐れて身を引いたというのが真相です。 テレビ局からすれば(蜥蜴の尻尾切り)であり、やや引いた偏向報道ギリギリを続けていくことに変わりはないのです。

●反日報道のテレビ局が(鉾を収めた)からといって、偏向報道してきた事実は事実なのですから、二度と繰り返させないよう 国は効果が現れる(一定期間の停波)を措置すべきです。
[ 2016/04/09 20:27 ] [ 編集 ]
むしろ彼らこそ、『報道をしない自由』を駆使して、日本国民の知る権利を侵害している。
国民の前で正々堂々と彼らが右翼だレッテル貼をする識者と議論を行うべき。
[ 2017/05/11 09:52 ] [ 編集 ]
国民はこういう自称ジャーナリストにこそ怒っている。権力チェックを謳いながら、メディアという大権力の私物化、それこそ自分達の思うとおりでないと我慢できないという既得権益にしがみつく様がありありと見て取れてあきれ果てる。ある番組で共謀罪のアンケートの折、いずれの項目も肯定的な回答が8割前後で、反対者である青木にとって意に沿わない結界がでたさいこういった。「民主主義を理解していない」と、理解していないのは青木自信だ。統計学上の意味の有無は関係ない。これほどまでの傲慢さをメディア人が発揮していればこそ、いるからこそ、政府よりもよほど彼ら自称ジャーナリストに恐怖を感じる。彼らが干渉した報道は、では、これまでどれほどに歪め捻じれ伝えられたのかと。
[ 2017/07/20 05:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: