私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  杉山審議官の国連発言に逆ギレする朝日 ~ 根拠なき捏造紙が他者に根拠を求める大矛盾

杉山審議官の国連発言に逆ギレする朝日 ~ 根拠なき捏造紙が他者に根拠を求める大矛盾

← 応援クリック、ありがとうございます。

 慰安婦問題が日本と南鮮をこじらせたのは明白だが、その影響は日韓関係に留まらない。国際社会を舞台にした南鮮のロビー活動、反日派による活動などによって、今まで日本政府は謝罪を繰り返し、「邪悪な戦前・戦中の日本」は観念として固定化された感があった。そういう意味で、先日の外務省杉山審議官の答弁は、反撃の大きな一歩となる。

 杉山審議官は、その答弁の中で朝日新聞の社名を繰り返し使用し、朝日によってデマが拡散したこと、そのデマについて朝日が訂正を行ったことを紹介し、事実無根を主張した。直後の朝日の報道ぶりは一昨日書いた通りだが、昨日になって朝日は逆ギレを起こした。杉山審議官が朝日の社名に言及したことに対し、「根拠を示さない発言」と批判し、遺憾の意を外務省に送り付けたようだ。

国連委で慰安婦報道言及、外務省に申し入れ 朝日新聞社 (朝日新聞)

 スイス・ジュネーブで16日に開かれた国連女性差別撤廃委員会の対日審査で、外務省の杉山晋輔外務審議官が慰安婦問題について発言した際に朝日新聞の過去の報道などに触れ、「国際社会に大きな影響を与えた」などと述べた。朝日新聞東京本社報道局は18日、外務省に対し、「根拠を示さない発言」などとして遺憾であると文書で申し入れた。

杉山晋輔外務審議官


 杉山氏は、朝鮮で慰安婦を強制連行したと証言した故・吉田清治氏について「虚偽の事実を捏造(ねつぞう)して発表した」と説明し、「(吉田氏の)書物の内容は当時、大手の新聞社の一つである朝日新聞社により事実であるかのように大きく報道され、日本、韓国の世論のみならず国際社会にも大きな影響を与えた」と述べた。

 さらに、慰安婦の人数について、「20万人という数字も具体的に裏付けのない数字」とし、「20万人との数字のもとになったのは、通常の戦時労働に動員された女子挺身(ていしん)隊と、ここでいう慰安婦を誤って混同したことにあると(朝日新聞が)自ら認めているのであります」などと発言した。

 慰安婦に関する報道をめぐっては、朝日新聞社は2014年8月、吉田氏の証言を虚偽と判断し、関連の記事を取り消した。

 申入書では、国際的な影響について、朝日新聞の慰安婦報道を検証した第三者委員会でも見解が分かれ、報告書では「韓国の慰安婦問題批判を過激化させた」「吉田氏に関する『誤報』が韓国メディアに大きな影響を及ぼしたとは言えない」などの意見が併記されたと説明。国際社会に大きな影響があったとする杉山氏の発言には根拠が示されなかったと指摘した。

 また、女子挺身隊と慰安婦を混同して報じた点について、朝日新聞社はおわびし、訂正しているが、20万人という数字について、「女子挺身隊と慰安婦の混同がもとになったとは報じておりません」と指摘した。慰安婦の人数については諸説あることを報じていることも伝えた。

 川村泰久外務報道官は文書を受け取った上で、「お申し入れの内容が詳細なので、精査させて頂きます」とコメントした。


 朝日の論旨は、自社の誤報と記事の訂正は認めつつも、朝日の誤報が国際社会に大きな影響を与えたことに根拠がないということだ。その説得材料として、記事訂正後に招聘した第三者委員会を挙げている。しかし、第三者委員会というのは公的な機関でも何でもなく、朝日が編成した組織だ。いわば、お手盛りと言われても反論できまい。第三者委員会の意見が分かれたからといって、それは単に一つの意見に過ぎないのだ。

 慰安婦問題を世界に拡散したのは、朝日の執拗な反日キャンペーンである。慰安婦問題に火をつけたのは、1991年8月11日付の「元朝鮮人慰安婦/戦後半世紀重い口を開く」だ。その内容は、女子挺身隊の名で戦場に連行され、売春を強いられた朝鮮人従軍慰安婦がソウル市内に生存することと、「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」が女性の話を録音したテープを朝日記者に公開したというものだった。

 ところが、この本人が3日後の8月14日にソウルで開いた会見では、「生活が苦しくなって母親にキーセンに売られた」と発言し、女子挺身隊とは無関係なことが、いみじくも本人の口から吐かれたのだ。朝日の報道から僅か3日後である。朝日は訂正できたはずなのだ。だが、朝日は一昨年の8月に至るまで誤報を認めず、その後、手を替え品を替え、強制連行説を主張し続けてきた。「女子挺身隊と慰安婦の混同がもとになったとは報じておりません」という言葉のしらじらしさには、吐き気を催すほどだ。

 朝日は、自社の誤報が「世界的に影響を及ぼしてはいない」と言いたいのだろうが、朝日が世界にばら撒いたこの反日キャンペーン報道によって、日本の先人の名誉が貶められたことは、どこからどんな角度から見ても事実だ。クマラスワミ報告に吉田清治の捏造が引用されたことひとつとっても「世界的影響」である。それを嬉々として伝えた朝日は、自社の過去を忘れたのか。

 開き直りにもほどがある。朝日は外務省の国連での発言に「根拠」を求めているが、「根拠」のない報道をしてきたのは朝日の側だ。杉山審議官の答弁に「遺憾」などという資格は、朝日にはない。いますぐ、誤報を世界に発信し、地球規模で土下座するべきだ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/02/20 07:42 ] メディア | TB(0) | CM(12)
ドイツの「キリスト教民主同盟/キリスト教社会同盟(CDU/CSU)」: 「捏造は、捏造であり、言論でもなく表現でもない。」
里美です。

ドイツの「キリスト教民主同盟/キリスト教社会同盟(CDU/CSU)」: 「捏造は、捏造であり、言論でもなく表現でもない。」
-----

ドイツの「キリスト教民主同盟/キリスト教社会同盟(CDU/CSU)」:

「第一次資料に基づかない言論は、言論の自由、表現の自由などの保護下にない。すなわち、捏造に基づく言論は、言論の自由、表現の自由などの保護下にない。捏造は、捏造であり、言論でもなく表現でもない。」

-----
【注】
日本国においても、第一次資料に基づかない韓国式捏造発言した公的地位にある者などは、偽証罪、詐欺罪、国家転覆罪、国家反逆罪などを即時科され、かつ即時解雇されるべきです。
[ 2016/02/20 09:31 ] [ 編集 ]
朝日との歴史戦
歴史戦とは不当、不法に日本に自国の捏造歴史を根拠に戦いを挑む中華人民共和国や大韓民国との戦いだけではありません。

その中国、韓国の先兵となって清き日本国を汚し潰そうとする朝日との戦いを言う言葉でもあります。
ここで朝日という代表者をあげていますが、ここには毎日、NHKなど多数の反日偏向メディアが控えていることは今や心ある保守層はイロハのイとして知悉しています。

中国や韓国は敵国として日本に対峙して来ますが、この朝日なり毎日、NHKなど日本国内のメディアはさも日本のメディアを装い行っていることは反日対日工作と言っても過言にはどうも思えません。

その一つが今回の朝日の居直りとでもいう国連を舞台とした卑劣な行動です。
しっかりと自社紙面に将来に渡って記録されるものです。

http://www.sankei.com/politics/news/160220/plt1602200014-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/160216/plt1602160071-n1.html

http://www.sankei.com/premium/news/160219/prm1602190006-n1.html

本当に朝日というメディアは心底腐りきって悪臭(報道)を放つリンゴのような存在です。

そして日本復活には害務省が本来の大人の仕事をする外務省にならないとおぼつかないというものです。

[ 2016/02/20 13:36 ] [ 編集 ]
独立検証委員会
<だが、朝日新聞の第三者委員による検証は、当初から甘いと指摘されていた。これに飽き足りない独立検証委員会が平成27年2月に出した報告書は、朝日が慰安婦強制連行説を盛んに喧伝した3年から4年1月以前は、米主要3紙は「慰安婦問題をほぼ無視し、取り上げていなかった」と明らかにした。 後略> 今朝の「産経抄」の一文です。

出だしが<俗に、驚きあきれて一瞬、固まってしまうことを「目が点になる」という。>とある。
フツーはそうですが、朝日一統のこの悪足掻きに、私の目は一瞬も点にはならないです。アレラの常軌を逸した社歴そのものだと考えますから。

ですが、今回の20万人という数字に就いて「女子挺身隊と慰安婦の混同がもとになったとは報じていない」という点は抑えておきたいです。
朝日或いは慰安婦捏造記事拡散した記者は挺身隊との混同を以前の言い訳にしていたのではなかったか?それが直20万人ではないとしても。

米軍用南鮮慰安婦、その数が約20万人だった様な記憶です。(読み飛ばしてしまって何の記事だったか?今明確に出来ませんが)
自身の見苦しい行いを皆日本に投影しようとする南鮮の癖を思えば、これもまたその類いだろうと思うばかりです。

しかもその数20万人は昨年末の日韓合意報道直後に、米国で南鮮系(中共系)活動組織が「40万人」と急膨れしていましたが、自然消滅したのか?最近は数を聞かなくなった感があります。

NHK日曜日BS夜の「刑事フォイル」が今丁度第二次大戦下の英国ヘイスティングの民間事情を描いてまして、先週が、日本であれば”女子挺身隊食料生産部隊”とでもなったか、他地域からの女子労働注入に依る農作業でした。
戦時にあれば何処の国でもあった光景なのでしょう。それが農作業か工業・オペレーター従事かの違いはあっても。
そういう挺身隊と、収入でダイヤや宝石を買い集めた人も居たという売春が混同されないなら、それに越した事はない、ですが。
[ 2016/02/20 18:34 ] [ 編集 ]
ある家系の内の誰かがキムチの共同通信社、時事通信社、ロイター日本語版、日経新聞、日本テレビ、NHK、TBS、テロ朝、毎日新聞、アカヒ新聞、電通、博報堂、金秀建設、経済産業省などにお勤めし続けたら、その家系は永久に、日本国公安調査庁、英国諜報機関、米国CIA、ドイツ諜報機関などの監視下に置かれます。
ある家系の内の誰かが帰化未帰化在日韓国人マスコミの共同通信社、時事通信社、ロイター日本語版、日経新聞、日本テレビ、NHK、TBS、テロ朝、毎日新聞、アカヒ新聞など、帰化在日韓国人広告会社の電通、博報堂など、(沖縄県の)金秀建設、帰化在日韓国人官庁の経済産業省などにお勤めし続けたら、その家系は永久に、日本国公安調査庁、英国諜報機関、米国CIA、ドイツ諜報機関などの監視下に置かれるでしょうね。
[ 2016/02/20 19:54 ] [ 編集 ]
当時の状況
当時はまだ朝日新聞は日本のオピニオンを左右する全国紙として、800万部とかの部数をほこり、多くのインテリ日本人が愛読していた。
(電車のなかで朝日新聞を読むことは一種のステータスであった)

その朝日新聞が、ものすごい執念で大キャンペーンをやりはじめた。
吉田清治が加害者の証言。
そして被害者の代表が金学順であった。
また数十万人の挺身隊(当初は志願制で戦争末期には強制)が慰安婦にされたと報道した。

強制連行に軍の関与があったというスクープも宮沢首相の訪韓前に発表された。

だが、これらのキャンペンはすべて捏造または歪曲であった。
金学順は義父に強制連行されたのだった。挺身隊もウソ八百であった。

すべて捏造であったのに、朝日新聞は吉田清治だけを切り捨て、
朝日新聞のキャンペンに基本的あやまりはないと開き直った。

そして怒り狂った韓国人を遠目に観察して、その場しのぎの適当な批評をするだけの報道機関におさまってる。

頭のおかしいジャーナリストが狂ったようなキャンペンで日本の外交をひっかきまわした。

そして、現在、多くの日本人の政治家や一般人が、その後始末に追われている。
[ 2016/02/20 21:29 ] [ 編集 ]
韓国のために働かされた慰安婦たち
これは必見。まだ見てない人は見てけれ。

韓国軍とベトナム慰安所
http://ironna.jp/theme/272

この時の大統領は朴槿恵の父朴正煕だ。

朝鮮戦争時、韓国軍に自国女性の慰安婦を部隊として配置し、
ベトナム戦争では強姦・殺戮に飽き足らず、現地女性を集めて
韓国兵向けの慰安所を開設した。その手先となって蛮行の限り
を尽くした700年前の元寇から、何ら変わっていない。


1960~70年代のベトナム戦争で、韓国は米軍以外では
最大規模の延べ30万人以上を派兵した。

そして、韓国人兵士は戦争難民だったベトナム人女性を暴行したり、
強引に慰安婦にしたという。

悲劇の結果、韓国人男性とベトナム人女性との間に生まれた子供は
「ライダイハン」と呼ばれている。

ベトナム語で「ライ」は混血、「ダイハン(大韓)」は韓国を
意味する蔑称。
3000人とも1万5000人ともいわれるライダイハンは、
ベトナムで差別されている。

韓国がベトナム戦争時、サイゴン(現ホーチミン)市内に韓国兵のための
「トルコ風呂」(Turkish Bath)という名称の慰安所を設置し、
そこでベトナム人女性に売春させていたことが3月29日、米公文書で明らかになった。
韓国軍がベトナムで慰安所経営に関与していたことが、
公文書として確認されたのは初めて。

韓国が朝鮮戦争時に慰安婦を「第5種補給品」として部隊に支給していたことは
すでに知られているが、外国であるベトナムでも慰安婦を運用していた実態がうかがえる。


韓国兵や米兵のなぐさみものになった朝鮮人慰安婦に対しては黙殺。

おそるべきダブルスタンダード。

「北から連行された女性たちが韓国兵の「性奴隷」になった過去」
http://news.livedoor.com/article/detail/10098980/

韓国軍が女性をどのように扱ってきたかという歴史的記録の数々を明らかにする。

「北から連行された女性たちが韓国兵の慰安婦となった過去を紹介」
「朝鮮戦争時に特殊慰安隊が設置され、計9か所に89名の慰安婦が動員された」
「このとき慰安婦は単純計算で1日平均6名以上の兵士の相手をしていたとされる」
[ 2016/02/20 21:32 ] [ 編集 ]
陰謀かも・・・?
陰謀かも?

これはフィクションです。

------------------------------
日本を何とか貶めたい反日弁護士たちが大規模なトリックを考えた。

国内で、吉田某とか朝日新聞などを通じて「強制連行」で慰安婦にされた、と大々的に宣伝する。
その意見に賛成する人も反対する人も「強制連行された慰安婦」という固定観念が生まれる。賛成側では「やはり従軍慰安婦は「性奴隷」だ受取り、反対する人は強制連行を否定すれば「性奴隷」ではなくなる、と考えた。

一方国連の何とか委員会に対して彼らは。「強制連行」は言うまでもなくそうでなくとも(戦場での)売春(自体が奴隷状態だ、と「奴隷条約」を引用して訴えた。そしてクマラ何とかは単純にそれに応じた。

韓国が謝罪せよ、賠償せよと騒ぐ中で(彼らの言う)「ネトウヨ」は、思った通り「強制連行」否定を声高に叫び、朝日は記事訂正に至った。
----------------------------------------

しかし事態は一向に改善していません。
当然です。

クマラスワミ報告はザックリいうと、戦場における売春婦は性奴隷だ、と主張しているわけです。
いくら「強制連行」を否定しても、議論がかみ合わないのです。

朝日もノラリクラリ責任を回避していますが、それも『作戦』の一つではないか、なぜならその間堂々巡りの議論が繰り返される・・・時間稼ぎにはもってこいです。
我々は彼らの陰謀にまんまと嵌っているのではないか、もう一度見直し作戦を変える必要があるのではないか、私はそう訴えたいのです。

報告は「戦場における売春婦は性奴隷」論を基本として「強制連行」(や強姦、慰安所における劣悪な環境など)はそれを補強する役割を担わせています。
強制連行を否定しつつ並行して「(戦場における性については)どの国も似たようなものだ」という宣伝を強化する必要があると思います。
[ 2016/02/20 21:43 ] [ 編集 ]
>しかし事態は一向に改善していません。

日本の世論は20年くらい前からくらべると大きく変わってきました。

当時は朝日新聞の捏造というのを知らない日本人が大勢いました。

現在は当時の経緯が徐々に知られてきました。
まず事実を多くの国民が知ることが大切です。

反論はそこから始まります。

[ 2016/02/20 22:32 ] [ 編集 ]
Lauterkeit
>[ 2016/02/20 21:43 ] Lauterkeit [ 編集 ]
おまえ昨日は

もとより売春はほとんどの女性にとって好んで行う行為ではありませんから、強制的に連行されていなくても、女衒に騙されてきた場合でも、家庭事情で来た場合でも(この定義に従えば)性奴隷ということに出来るわけで、クマラスワミもそう明記しています。
したがって「強制連行」が否定されても(彼らにとって)「性奴隷」であることに変わりはないわけです。

て書いてるだろ。
今日は何がしたいんだ?ん~?

因みに最近の国連での人道的見地から売春積極推進、容認路線の動きも知らんのか
アホ臭
[ 2016/02/20 23:10 ] [ 編集 ]
朝日の人材
[ 2016/02/20 23:24 ] [ 編集 ]
「奴隷」の定義を拡大解釈するべきではない
>Lauterkeit氏

「戦場における売春婦は性奴隷」という定義は自己矛盾している。

「奴隷」は【違法】な存在だが、「売春」は当時は【合法】であった。

売春婦は、合法なのに違法?意味不明ですね。

「戦場における売春婦が性奴隷である」と主張するのならば、当時は、「戦場売春婦が違法な存在である」という事を証明しなければならない。

しかし、クマラスワミ報告では、「奴隷」の定義を事後的に定めている。

1926年の「奴隷条約」を根拠にしているが、「奴隷」の定義を拡大解釈し過ぎではないか。

したがって、【合法】な「性奴隷」などというものは存在しない。

売春婦は「奴隷」ではない。立派とは言えないだろうが、曲りなりとも【職業】だ。

彼女らが生活苦などの理由で、不本意な仕事に就いていたという意味では、同情するべきなのかもしれないが、「奴隷」という扱いにする事には不適切だろうと思う。それならば、現在でも不本意な仕事に付いている人は「奴隷」という事になってしまう(自称を除く)。

少なくとも法的な意味においての「奴隷」は、「職業」として認められていない、「強制労働」をしている者達であると考えるべきだろうと思う。
[ 2016/02/21 16:12 ] [ 編集 ]

【H28/02/24】 青山繁晴 インサイトコラム


http://www.nicovideo.jp/watch/sm28287341



国連においての 日中韓政府のすり合わせ慰安婦『談合』 ??? 



[ 2016/02/24 09:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: