私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  ジュネーブに集結する反日日本人と、国連という反日組織

ジュネーブに集結する反日日本人と、国連という反日組織

← 応援クリック、ありがとうございます。

 仕事中にRSSリーダーに配信されてくる政治ニュースを見ていると、国会質疑に関する報道は、相変わらずの政界ゲス不倫疑惑と自民党丸山議員の参院憲法審査会での発言に関するものばかりだ。発端となった当事者が悪いが、それを鬼の首を取ったように騒ぎ立てる野党も、議論の停滞に進んで加担している。一体いつになったら国家としての問題を議論するのだろうか。どうやら民主党には、再び政権を担おうという意思は皆無のようである。

 ゲス不倫より何より、慰安婦問題だ。国連女性差別撤廃委員会の対日審査において、慰安婦問題の事実関係について説明した杉山審議官の陳述について、フリージャーナリストのマイケル・ヨンはブログでこう書いている。

証拠の書類はどこにも無い (Michael Yon JP)

「旧日本軍が "慰安婦"を強制したことを示す史料 はどこにも無い」
日本の外交官が国連にて証言。

なんの痕跡も残さずに40万人もの女性をさらってきて性奴隷にしたなどの戯言を信じるのはロボットかドローンだけだ。(あるときは20万人と言い、また別のときは40万人と言っている。)

大学で、慰安婦が強制されたのは事実だと教える授業があったら、その授業をボイコットして、証拠を出すか、授業料の返還を大学に要求するべきだ。これは物理学の教授が地球は平坦であると学生に教えるに等しい。

真実を追究せよ。


 昨日再度言及したように、慰安婦問題の本質は、公権力による強制の有無である。強制があったという主張は、「物理学の教授が地球は平坦であると学生に教えるに等しい」というヨン氏の比喩は、まさしく言い得て妙だ。まさしく、全く根拠を持たない批判によって、慰安婦問題が叫ばれて以来今日まで、日本は汚名を着せられたままになっていたのだ。

 根拠などどうでも良く、日本が大戦中に酷いことをした国であれば良い、女性差別の国であれば良いと考える者たちは、まだ根強く蔓延っている。国内、海外を問わずだ。このセッションに参加した、前衆議院議員の杉田水脈のブログによれば、現地には100人を超す反日日本人が集結していたという。チマチョゴリやアイヌの民族衣装のコスプレおばさんまでいたそうだ。彼らは何のためにジュネーブルにいるのか。ひと言でいえば、日本を貶めるためである。




杉田水脈氏のブログより
国会をサボって参加する糸数慶子の姿も


 国連も、相も変わらず反日姿勢を前面に押し出している。杉山審議官の弁論は、日本でも報道されたところだが、国連の議事録を確認してみると、日本での報道とは温度感にかなりの違いがある。国連の議事録(恐らくこれ)には、吉田清治の捏造、強制連行の否定、朝日新聞の誤報とその拡散などの記述が、一切ないのだ。まるで、慰安婦問題が事実に基づいていないことを隠すかのように。

 これは明らかに恣意的な隠蔽である。国連女性差別撤廃委員会の意図的な隠蔽なのか、日本のサヨクの圧力によるものなのかは不明だが、議事録を極めて恣意的に編集するということ自体、日本を悪者のまま保存したいという彼らの意図が伝わってくる。

 日本政府は、今回はじめて、慰安婦問題に関する日本独自の調査結果の公表、そしてその調査から導き出された日本政府の「強制連行の証拠なし」という立場に言及した。ただ、それだけで止まってはいけないのだ。国連の議事録に示される通り、日本を取り巻く環境には、腹黒い勢力が国内外を問わず存在する。このような政府としての意思表示が一回だけで終わってしまえば、その後は反日勢力の執拗な主張で上書きされるだけである。政府と外務省なのは、継続的な努力だ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/02/19 07:38 ] 外交 | TB(0) | CM(16)
中韓同じムジナの穴の策謀
過去のデータを整理していて、妙なことに気がつきました。

オーストラリア人George Hicksの“The Comfort Women”の出版年が、1995年だということです。1995年は、クマラスワミが来日・訪韓した年です。当時、慰安婦に関する英語の出版物は、George Hicksの“The Comfort Women”しかなかった。翌年、クマラスワミは国連人権委員会に報告書を提出しているが、報告書の主な部分をGeorge Hicksの“The Comfort Women”に依拠している。引用箇所25箇所のうち9箇所です。その他は吉田清治の「私の戦争犯罪」から6箇所、吉見義明の提供書面が1箇所、残余は法律論を扱った文献からの引用となっている。25箇所の引用のうち、実に15箇所がウソ本からの引用だ。(クマラスワミは日本語も韓国語もできない。吉田清治の「私の戦争犯罪」は英語版になっていないはずだが、なぜか英語タイトルの “My War Crimes”からの引用になっている。)

George Hicksは、在日朝鮮人の金一勉からせっせと資料を得て“The Comfort Women”を書き上げたわけですが、その出版年が1995年ということは、あらかじめクマラスワミに読ませるために“The Comfort Women”を書いたのではないか。

南京事件のほうでも、戦前、オーストラリア人Harold J. Timperleyが “What War Means”を書いて、あたかも一般書の装いを持って南京大虐殺の虚報を垂れ流したことは、今日、あまりにも有名です。この本がアイリス・チャンの「レイプ・オブ・南京」(1997年出版)のネタ本になっているのだから。

つまり、年代的に辿ると、戦前、“What War Means”による戦争プロパガンダが非常に成功したので、戦後も日本貶めのためにGeorge Hicks に“The Comfort Women”を書かせ、アイリス・チャンに「レイプ・オブ・南京」を書かせたやつらがいる疑いがある、ということです。これらが、ばらばらの動きであるはずがない。

アメリカで活動している挺対協の背後に「世界抗日連合」という中華系組織があることは周知の事実であって、要は、日米離間工作のために、支那共産党はあらゆる材料を物色しているが、慰安婦問題を見つけ、吉見義明を見つけ、戸塚悦朗を見つけ、アイリス・チャンを見つけ、レイン・エバンスやマイク・ホンダを見つけて利用している、ということです。
[ 2016/02/19 08:44 ] [ 編集 ]
日本人ではないですけどね、成り済ましコリアンか中国人だと思います、世界に広めましょう。
[ 2016/02/19 14:24 ] [ 編集 ]
クマラスワミ報告を読んでから反論を
ブログ主さん、貴殿の記事は時々読んでいます。基本的に同じ立場だと思います。
それで「クマラスワミ報告」について大きな誤解があるようで、それを指摘しますので今後参考にして頂ければ幸いです。

この文書には「性奴隷」という言葉が使われていることはご承知の通りですが、多くの(貴殿と同様の意見の)人は「強制連行」の有無で判断しています。私もずっとそう思っていましたが、「ブログ村・・」ランキング第2位の「Everyone says I love you」でミスを指摘され、改めて全文を読んでみました。

同報告書では「奴隷」の定義を1926年の「奴隷条約」第1条(1)項から引用しています。
--------------------------------------------------
「所有権に帰属する権限の一部又は全部を行使されている人の地位又は状態」
"the status or condition of a person over whom any or all of the powers attaching to the right of ownership are exercised"
---------------------------------------------------
回りくどい言い方ですが、「性奴隷」についてザックリいえば「自分のしたくないことを他人から強要されている人」という風に理解しています。

もとより売春はほとんどの女性にとって好んで行う行為ではありませんから、強制的に連行されていなくても、女衒に騙されてきた場合でも、家庭事情で来た場合でも(この定義に従えば)性奴隷ということに出来るわけで、クマラスワミもそう明記しています。
したがって「強制連行」が否定されても(彼らにとって)「性奴隷」であることに変わりはないわけです。

私はもちろんこの報告はケシカランと思っていますが、相手の主張をきちんと理解しないと論争にはなりません。
貴殿の記事にもあるように杉山外務審議官も同様な立場で反論したようですが、国連では通用しないようです。

なお、報告書ではクマラスワミが1995年に来日した際、日本政府は「奴隷制という用語を現行国際法の条項の下で慰安婦事件に適用するのは誤りであると指摘した」とも述べています。しかし拒否されました。
しかし改めて当時の日本政府の見解(常識ですが)を強調すべきだと思います。

この奴隷の定義は、戦時下の慰安婦だけでなく、平時の売春婦についても適用できないこともないので、逆手に取って他の国の同様な事案を掘り出すことも必要ではないかと思います。

ところでこの報告書の全文(のテキスト形式)はネットからなかなか取り込みにくくて、苦労しました。英文と日本語訳はかなり苦労してワードファイルとして所持することが出来ました。パソコンに弱いのかな・・・?
[ 2016/02/19 17:57 ] [ 編集 ]
Re.クマラスワミ報告を読んでから反論を
このエントリーのどこに、熊ばあについて言及してあるの?

まず、それをはっきりさせるべき。

[ 2016/02/19 19:08 ] [ 編集 ]
Lauterkeit なんぞや
>ブログ主さん、貴殿の記事は時々読んでいます。基本的に同じ立場だと思います。

?・・・ どこが?

>「ブログ村・・」ランキング第2位の「Everyone says I love you」でミスを指摘され、改めて全文を読んでみました。

http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake

こういうものは個々の文章を読んでもよいのですが、表題でその基本的立場が分かります。
まるっと、すりっと さよくではないですか。

となると、最初の基本的立場が同じという言い回しは偽装工作を一発目に入れておくという分かりやすい手法であると言えてしまいます。

その基本からいけばそれ以下のごちょごちょコメントはスモークでしかないように見えますよ。
[ 2016/02/19 19:32 ] [ 編集 ]
【訂正】本日のコメントを昨日のコメント欄から投稿してしまいました
「反日ビジネスは儲からないとするためには」と題したコメントは
本日のコメント欄で投稿するつもりでした。
間違って、昨日のコメント欄から投稿してしまいました。
文中の日付が合わなくなりますので訂正いたします。



[ 2016/02/19 19:36 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/02/19 19:43 ] [ 編集 ]
論理を理解してください
私の論理を繰り返します。

1.国連ではクマラスワミ報告は常識になっている。
2.この報告では「強制連行」は「性奴隷」であるための必要条件にはなっていない。
3.したがって日本人が「強制連行」を否定しても「性奴隷」というレッテルはなくならない。

ブログ主さんにはご理解いただけると思うのですが・・・。
[ 2016/02/19 21:53 ] [ 編集 ]
奴隷の主は?
日本の「性奴隷」として扱ったいうレッテルはなくならないとの話ですが
そもそも奴隷には奴隷として使役する主があるはずですが、主がいるとしたら
当時の日本なのか、日本軍部なのか、慰安所経営者なのかその他のものなのかがわからないです。軍部の関与したと言われてる慰安婦の健康管理、移送の援助、慰安所経営の行き過ぎへの監視などで奴隷の主といえるのか。言えないのではないか。強制連行・強姦、1日何十人も拒ませず相手をさせる、病気になったら最悪殺してしまう、終戦時証拠隠滅のために皆殺しなどの日本人の属性には到底ありえない捏造を信じてしまっての、1次的史実への検証なしの感情的なレッテル張りではないですか。当時は売春は合法ですし日本の男たちは娼婦は大切に扱ったと思います。
[ 2016/02/19 23:10 ] [ 編集 ]
奴隷の主人
私がお答えするのは不適切ですが、
奴隷の主人は報告書の文面から見ると日本軍になるのでしょう。

慰安婦問題を論じるときは必ずこの報告書が重要です。
敵を正確に理解することなく勝つことは出来ません。
[ 2016/02/19 23:24 ] [ 編集 ]
典型的極左
ちなみにLauterkeit意味でググる

すると
あら不思議

上位1P目に御紹介いただいたEveryone says I love youブログの3つの記事が並ぶ検索結果が出る

検索結果
「神はあなたとともにあります。この痛みは無意味ではありません ...

2011/05/31 - この痛みは無意味ではありません。」 被災地に記録的な暴風雨 ... この痛みには意味があることを信じて祈るだけ。 人にできることは支え合うこと。 ..... Lauterkeit/海外メディア東京特派員が語る報道の危機。「日本人記者の質問は怖くないと ...

JKのヒ・ミ・ツ - Everyone says I love you ! - Gooブログ
2011/01/19 - Lauterkeit/海外メディア東京特派員が語る報道の危機。「日本人記者の質問は怖くないと政権・与党になめられている」; Lauterkeit/海外メディア東京特派員が語る報道の危機。「日本人記者の質問は怖くないと政権・与党になめられている」 ...

掲載されてるブログ記事一覧が赤い、正に真っ赤で典型的な左翼節を此れでもかと臆面も無く全開。

安倍自民党の危険性(131)
安倍政権の戦争法(100)
歴史修正主義に反対する(20)
「従軍慰安婦」=戦時性奴隷(24)
マイナンバー制度は危険(20)
嫌韓・嫌中・人種差別反対(25)
人権保障と平和(197)
日本国憲法の先進性(33)
少子高齢化問題(6)
子どもの権利(45)
労働者の権利(9)
沖縄差別の解消と基地問題(51)
内部被曝の恐怖(44)
福島原発事故(122)
ラディカルとリベラルの対話(9)
原発ゼロ社会を目指して(93)
刑事司法のありかた(29)
生活保護と生存権(23)
新国立競技場とオリンピック招致問題(7)
所得の再分配と格差社会の是正(23)
TPP参加反対(24)
被爆者援護と核兵器廃絶(19)
1年前のEvery one says I(6)
東日本大震災の真の復興(30)
○ 天敵 百田・田母神・石原・籾井(18)
ジェンダーフリーと性的マイノリティの人権
言論統制だ!高市早苗総務相、放送電波停止の可能性に言及!行政指導も取消訴訟の対象に…放送法4条違反の (今日の物語)

安倍独裁政権、国連の「表現の自由」調査を拒否!国連脱退か!?目的は日本の北朝鮮化・晋三の金正恩化そして日本のアベノミックステ... (独裁日本!アベノーマル劇場(一億総奴隷化社会))

非国民モードと抵抗権 (DEEPLY JAPAN)
安倍政権を倒そう デモ集会情報 (政治?)
福島県内の小児甲状腺がん38万人中153人という「予想を超えるような多発」を 認めない環境省に、山本太郎議員が怒り!「根拠なく放置... (政治?)
自民党政府が維持したい夫婦同姓強制制度と、憲法が保障する両性の平等を両立させる法案を考えましたので提案します。 (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
12月5日(土) KEEP CALM AND NO NUKES 反原発★1205 銀座大行進         -原発関連デモ集会情報- (政治?)
(独裁日本!アベノーマル劇場(一億総奴隷化社会))

コアな山本太郎上げが気に成る、反社会的組織公安監視対象の極左暴力集団中核派辺りのブログかな。

成り済ましがウリスト教系西早稲田派のブログの宣伝にでもやって来たか
醜く薄汚い奴等だ

[ 2016/02/20 00:29 ] [ 編集 ]
絶対ではない
今回のジュネーブ会議は、昨年の、国を思う日本女性二人の慰安婦問題説明を受けて、国連から日本政府への説明要求があってのことだそうです。

昨年の日本側慰安婦説明を国連委員達が「そういうことは初めて聞きました。もっと説明して欲しい」と驚いた様子だったと、その女性二人が帰国後報告しています。
彼女等はご自分達の意見陳述が「はじめて」と言われた事に当然ですが、「驚いた」と言うわけです。

故にクマラスワミ報告書が国連に於いて昨夏以降は絶対的位置を確保しているわけではなく、また今回日本政府に与えられた時間は30分ですから、今回の一回で充分にこの問題が理解され得るものではありません。

民間女性二人が出かける前までは、同じ日本人でも反日集団があの手この手で国連の場で日本悪を広めていただけの「国連女性差別問題会議」でしたから、外務省のこれまでの無作為の罪は大きくありますが、クマラスワミ報告書に関係なく、結論が出る夏までの間に政府・外務省の知能戦に掛かっていると言えましょう。
[ 2016/02/20 01:03 ] [ 編集 ]
日本のみが、合法の【性奴隷】を持っていた?
Laterkeit 様がおっしゃる、クマラスワミ報告書において、1926年の「奴隷条約」を根拠に、日本が「性奴隷」を持っていたとするのは、誤謬があります。

奴隷制度は、奴隷条約以後、売買や所持が禁止されましたが、公娼制度は当時の国際法では「合法」でした。

したがって、奴隷条約を、当時は合法な公娼制度に当てはめる事はできず、謝罪や賠償の対象にはならないだろうと思います。

また、その定義に従えば、英、米、仏、独、韓なども「性奴隷」を持っていたという事になりますから、その事で日本のみを非難するのは棚上げとしかいいようがありません。

また、戦時中の法的、政治的問題は、サンフランシスコ講和条約と日韓協定によって「解決済み」です。この条約等の締結後に、問題を蒸し返すことは、国際常識としてあり得ません。

国連の「自由権規約委員会」は、1976年に発足した組織であり、国連の補助機関が、国連総会で非難決議がされていない問題で、謝罪や賠償を求める事は、国連組織の横暴ではないかと思います。

いずれにせよ、所謂慰安婦が、1926年の奴隷条約における「奴隷」の定義に当てはまるかどうかという点が争点になるかと思いますが、戦後に発足した委員会が、戦後に条約等で当事国間で「解決済み」であるはずの問題を事後的に蒸し返したり、ほとんど同様の事(「制度」ではなくとも、性の相手を「所有」していたという意味で)を行っていた関連諸国は糾弾されなかったりする事は異常であるとしか言いようがありません。

少なくとも、【合法】であった【公娼制度】を【違法】な【奴隷制度】にすり替えるのは、おかしいのではないかという事です。
[ 2016/02/20 01:33 ] [ 編集 ]
3月7日
今回の会合を踏まえて女性差別撤廃委員会が見解を発表するのは夏ではなく、三月七日だそうです。訂正致します。

性奴隷よりも委員会が驚いたのは杉田水脈氏(元次世代議員)と山本優美子氏(なでしこアクション代表)の「強制連行はない」だった様で、当然強制連行がなければ奴隷も居ないのは、黒人奴隷を知る欧米人には納得出来るはずのことです。

何としても日本悪を擦り付けたい反日極左日本人と、それを歓迎する国連委員会メンバーが作った「性奴隷」ワード。

吉田清治と朝日新聞社の捏造拡散工作から32年間も、よくもまあ外務省は放置できたものだと、今更乍らその神経が解らない。
[ 2016/02/20 02:54 ] [ 編集 ]
笑えますね
「売春」婦が「己の売春」をネタに、「売日本」をしに、海を渡って国連へって話ですかw

酷い話ですね。

こういう「売日本」の輩をのさばらせれば、尻ぬぐいをさせられるのは日本国民です。
"賠償金を支払わされたり"、"海外での日本人の弾圧"、"国家社会間での信用の失墜"などなど。

「売日本」の輩は、そういったことになることを知っているのでしょうか……いや、【知っているからやっている】んでしょうねwww
[ 2016/02/20 05:53 ] [ 編集 ]
「差別」=韓国南部民が韓国北部民へ抗議するときに使用する韓国語常套句
「福岡県マーメイド」女史からの注釈
●全羅南道、済州島などの韓国南部=ホワイト丁部落などの朝鮮半島被差別部落が莫大数存在
●「差別」=韓国南部民が韓国北部民へ抗議するときに使用する韓国語常套句

●童話=1639年日本国鎖国から1910年日韓併合までに日本国へ密入国し不法滞在している全羅南道、済州島などの朝鮮半島南部の朝鮮半島被差別部落民
●帰化未帰化在日韓国人=1910年日韓併合以降日本国へ密入国し不法滞在している朝鮮半島人と韓国人

●文部科学大臣下村博文H25年6月下旬公用文統一指示[韓国式交ぜ書き「子ども」をやめて日本国式漢字書き「子供」へ統一]
[ 2016/02/20 10:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: