私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  対北朝鮮独自制裁に反対する山本太郎、注文をつける朝日新聞

対北朝鮮独自制裁に反対する山本太郎、注文をつける朝日新聞

← 応援クリック、ありがとうございます。

 北朝鮮の核開発および核実験に断固抗議する形で、日本政府は独自制裁を発動する。再入国禁止の対象を核・ミサイル技術者に拡大したほか、全ての北朝鮮籍船舶の入港禁止などが柱となるが、北の出方を見て、さらなる制裁措置も検討するとのことだ。

 当然の措置だろう。そもそも、拉致事件の解決を促すために、何の結果も出ていない段階で制裁措置を緩和したこと自体、結果論としてだが間違っていたと言わざるを得ない。日本の独自制裁がどの程度のインパクトを持つかについては、「それほどの効果は期待できない」という悲観論を含め、諸説ある。だが、効果にかかわらず、日本として毅然とした態度を示すこと自体が重要で、曖昧な態度に終始すれば相手をつけあがらせるだけだ。

 先月の北による核実験を受け、国会では対北抗議決議を採択したが、この採択を棄権して話題を振りまいたのが山本太郎だ。「追加的制裁は相手の挑発に乗り、相手側の思惑にハマった事に等しい」というわけのわからない突飛な理由だったが、山本は、今回の独自制裁に関しても一貫して反意を示し、決議を棄権した。

世界と足並みを揃えて、制裁に踏み込む事は必要かも知れない。
が、衆議院の決議文にもない「我が国独自の制裁の徹底および強化」となれば、
国連安保理の制裁より、一歩も二歩も日本独自の制裁が前へ出る形になる。
挑発に対して、挑発で対抗すべきではない。
もし彼の国がこの先、暴発した場合、
まず標準を合わせる相手は制裁の先頭に立つ、日本になる可能性が高い。


舐められてたまるか!と言う感情も理解できない訳ではないが、
有事にターゲットとなり得る核施設(原発)が日本海側に沢山存在し、
再稼働まで行っている現実は無視できる話ではない。

どうしても勇ましい態度で臨む、と言うなら、
まず日本海側の原発の即時撤退を直ぐに始めなければならないのではないか?


 これが、山本がブログで明かした棄権の理由である。先月の棄権理由とほぼ同じ。要するに、日本が北朝鮮のターゲットになってしまうので、目立たないようにしておけということだ。ISILのテロのターゲットになる可能性があるため、IS包囲網に加わるなといった孤立主義を促す意見と、大差ない。

 北が暴発した際、真っ先にターゲットになるのは、南朝鮮だろう。それ以前に、北朝鮮は米国がわきに控える日本をターゲットにするような愚かな選択はしまい。ひとたび日本を攻撃すれば、待っているのは北朝鮮に対する殲滅だ。いくら愚かな指導者が軍を統帥していたとしても、このような自殺行為を行うとは思いづらい。

 棄権とまではいかないまでも、日本の対北独自制裁に注文を付けたのが朝日新聞だ。朝日は今朝の社説でこう説いている。

 ただ同時に留意すべきは、やみくもに圧力を加えるだけでは事態を改善できない現実だ。

 特に日韓は北朝鮮との間に個別の懸案を抱えているだけに、硬軟あわせた多様なカードを繰り出すことが求められる。(中略)

 一方、多くの在日朝鮮人には北朝鮮に暮らす家族や親類がいる。そうした人びとが苦痛を味わうだけの措置にならないよう慎重な考慮も要る。


 自らの意思で北に帰国せず、日本にとどまった在日朝鮮人の苦痛と、国家の安全保障や拉致事件は、同列で語るべきものではない。在日朝鮮人に配慮することで、国家としての抗議や制裁に加減を加えろという発想自体をみても、朝日のバランス感覚は理解不能だ。

 山本太郎にしろ、朝日新聞にしろ、平和ボケに脳を侵された者たちの発想とその流布は、平壌の思惑通りだろう。一体いつになったら現実を直視できるのか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/02/11 08:32 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
【山東昭子先生、三原じゅん子先輩、菊川 怜先輩、今井絵理子先輩などは、谷垣家と家族ぐるみの長い長い付き合いなんだと思います。】
【山東昭子先生、三原じゅん子先輩、菊川 怜先輩、今井絵理子先輩などは、谷垣家と家族ぐるみの長い長い付き合いなんだと思います。】

今井絵理子ちゃんと呼ぶよりも、私よりも年上だから、今井絵理子先輩と呼びますけど、

茂木敏充先生が「山東昭子先生から今井絵理子女史を紹介された」とおっしゃっているけど、今井絵理子先輩は小さなとき芸能生活のために沖縄県から首都圏へ上京されてから、谷垣禎一先生のお嬢様や亡くなられた奥様と長い長い間お知り合いであり、お友達であり、谷垣家と家族ぐるみの付き合いをしているのだと思います。

多分、今井絵理子先輩だけでなく、山東昭子先生、三原じゅん子先輩、菊川 怜先輩も、谷垣禎一先生のお嬢様や亡くなられた奥様と長い長い間お知り合いであり、お友達であり、谷垣家と家族ぐるみの付き合いをしているのだと思います。

だから、谷垣禎一先生も茂木敏充先生も、今井絵理子先輩の性格だけでなく、山東昭子先生の性格、三原じゅん子先輩の性格、菊川 怜先輩の性格も理解されているのだと思います。

それと、谷垣禎一先生は、日本人女子にとって、安定感と安心感がある日本人男子という感じですからね。
[ 2016/02/11 11:43 ] [ 編集 ]
主権意識の無さ
大きな殺傷能力を持った武器でやくざな脅しをかけられても報復を恐れて何も対処しない。こんな卑屈な志向の者が国会議員?ばかたれが、としか言い様が無い。

独立不羈意識のこれっぽっちも持てないで、国家を論じる資格もない者を当選させた有権者の罪軽からず。と思います。
この痴れ者にしたら「だって当選したのだから僕はコレでも国会議員です」なのでしょうから。

祖国に家族を残して密航してまで日本に渡って来たり、後に「この世の天国」と北朝鮮への帰還を総連と朝日新聞に大いに煽られて、一家が離散家族になってもと行動を決めたのは本人達です。
それを思いやって日本国の日本人が国家主権の在るべき態度も取れない、なんて世界に日本は恥を曝すだけの事でしょう。日本毀損願望の朝日はそれも狙って居るのでしょうが。

拉致という長年のテロも国家の安全保障も国家主権の下で考えるべき事。
山本某や朝日新聞の言い分に耳を貸せば、日本は何をされてもな~んにもしない国だと対外的に侮りを受け、只のATM扱いに甘んじるしかありません。断固御免蒙る。

南と北に別れては在りますが、南北朝鮮の中身はズブズブで互いの面目の立つようにその都度「お願い」ごっこが成り立っている、という識者も複数居ります。
南の国民は北が民族同胞に銃口を向けることは無い、と信じて居るそうな。イザとなったらどうなるかは、なってみなければ分らないし、強う方に靡く習性が民族感情を超えるか否か?殆ど丁半の世界かも。

中共と北朝鮮が日本方向に向けているミサイルの数は数百基を超えているそうで、親中鮮反日野党がそれを知らない筈も無く、平和呆けというより脳髄の欠損ではないか?とさえ思います。あるいは、全き売国か。
[ 2016/02/11 12:44 ] [ 編集 ]
キムチ孫正義
平成28年2月11日(日本国建国記念日)
golf_72 ‏@Gomtax_M · 46分46分前
台湾地震で思いだしたが、孫不正義が東北大震災の時@100億円寄付すると言ったが、朝鮮人下種の特質、平然と嘘を言った ‼️‼️
寄付した等の記事は未だ聞いたり見た事が無い、知ってる人がいたら教えて下さい。
[ 2016/02/11 13:00 ] [ 編集 ]
敦子様
先には島尻沖縄北方担当大臣のお名前も記載されてでしたが、島尻氏は北方担当大臣に就任して一年超えでも、国会で「歯舞諸島」の名前すらお読みになれなかった、wikiに依れば民主党系を経て自民党の大臣になった方ですね。
歯舞が読めなければ担当大臣なのに四島の名もどうなのか?と大いに疑問を呼ぶ大臣です。

今回も何人もの著名な自民党議員の御名を挙げて、個人的感想をタイトル違いの場に投稿する行為は、無礼ではないでしょうか?
島尻大臣の例を考えれば、敦子様の列記された議員さん達にご迷惑な事にもなりかねない、と懸念致します。出来ましたらお控え願いたいです。
[ 2016/02/11 13:18 ] [ 編集 ]
追加
敦子様、念を押すようで申し訳ないですが、谷垣氏は今与党幹事長に徹しておられて、個人的交友で国政の候補云々を計る事はなさらないと、推測ですが思います。

ちなみに、この今井氏の候補者報道になった時、谷垣氏は今井氏の所属するダンスボーカルグループの名前をご存じなく、自民党内で罵倒されたという笑い話を御披露でした。
[ 2016/02/11 14:33 ] [ 編集 ]
人間落ち目には…
なりたかねぇなあ…(by・国定忠治)

はは、ついに朝日新聞も山本太郎と並び称されるようになりましたか。

まあ論調の変態ぶり、奇妙さから言って、この両者は五十歩百歩なのですが、朝日新聞は勝手にショックを受けるでしょうね。


とりあえず笑ってしまいました。 w

[ 2016/02/11 19:12 ] [ 編集 ]
失礼します!お知らせです。

【急募】外国人扶養控除問題、意見書を自治体に提出して下さる方を募集しています!

 2015年8月から始まった、外国人扶養控除制度の見直しを求める動きのご報告です。12月21日時点での状況は、奈良県高取町議会、北九州市議会を始めとして、意見書採択30議会、趣旨採択7議会となっております。(意見書は全国約1800自治体に郵送。)
 しかし、郵送された意見書を受理しない自治体も多く、現在約1500の自治体で審議すら始まっていない状態です。そこで、意見書を地元自治体に直接提出できる方を募集しているということです。「持って行ってもいいよ。」、「私も議会に意見書を提出してみたい!」という方、マニュアルがございます。どうか、「【外国人の扶養控除】上手な陳情のやり方」で検索を!
[ 2016/02/12 01:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: