私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  北ミサイル発射 ~ 社民党「北の脅威」を煽るな、でも安倍政権は脅威

北ミサイル発射 ~ 社民党「北の脅威」を煽るな、でも安倍政権は脅威

← 応援クリック、ありがとうございます。

 北朝鮮が7日午前9時31分ごろ、約3年2カ月ぶりに長距離弾道ミサイルを発射した。国営朝鮮中央通信はこの弾道ミサイルを軌道に進入させることに完全に成功したと発表している。このならずもの国家には、国連安保理の決議など何の役にも立たない。その国連安保理は緊急会合を開催し、北朝鮮に対する非難声明を採択するとみられるが、声明だけで北を封じ込められるわけもない。

 安倍総理はぶら下がりで、「明白な国連決議違反であります。国際社会と連携をして毅然(きぜん)とした対応をして参ります」と当たり前のことを語り、北朝鮮に対する日本独自の制裁を速やかに決定できるよう準備するように指示した。独自の制裁に効き目があるのかは不明だが、強硬な抗議を具体的態度で示すことは必須である。

 野党も一斉に批判的な談話を出した。共産党の志位和夫は、「核兵器の開発と不可分に結びついた軍事行動であって、国際の平和と安全に深刻な脅威を及ぼす行為だ」とコメントを出し、北朝鮮のこの行為を「暴挙」と糾弾した。しかし、志位委員長は、昨日も書いた通りつい3か月前に、北朝鮮に関して「北朝鮮にリアルな危険があるのではない」と発言している。今回はさすがに「深刻な脅威」と発言を方向転換したが、二枚舌も甚だしい。ブレない共産党が聞いて呆れる。


 旧社会党の時代から北朝鮮にシンパシーを抱いている社民党はさらに酷い。社民党の又市征治幹事長は、この発射を受け、「国民に影響と不安を与えるものであり、北朝鮮政府に対し、強く抗議する」と当たり障りのない談話を発表したが、一方で、「この機会に乗じて、いたずらに『北朝鮮の脅威』をあおり、ミサイル防衛システムの整備・強化や、『南西諸島防衛』名目の自衛隊の沖縄展開に利用することは、北東アジアの緊張関係をかえって増幅しかねない」と付け加えている。

 日本社会党は「朝鮮労働党唯一の友党」を標榜してきた。日本人拉致事件が明るみに出ても「拉致などない」と言っていたのも社会党だ。一貫して友好を唱え、現実的脅威を見て見ぬふりをしてきた彼らは、北朝鮮の脅威を否定することで、事実上、北を支援してきたといっていい。北の脅威を見ぬふりをするということは、その脅威や行動によって日本人が犠牲になっても構わないということと等しい。こんな政党、存在する価値は既にない。

 共産党や社民党は、北に脅威はないと言いつつ、「戦争法」「暴走」などといって安倍政権脅威論と喧伝している。こんな政党、とっとと消えてもらわないと、日本の安保政策が妨害されるだけだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2016/02/08 07:14 ] 政治 | TB(0) | CM(12)
国賊認定
「日本人が犠牲になっても構わない」けれど、その犠牲になる日本人の中に自分達は入って居ない感覚なのでしょう。
彼ら南北鮮&中共の為に懸命に日本国と戦った自分達、ぐらいの事は言いそう。

自己の立ち位置が「日本人」では無いのかも知れません。クルクルパーや菅直等が使う「地球市民」であって、日本人ではない。のかも。彼等は国勢調査書にどう書いているのかな?とふと思う。

北にしろ何処の国にしろ、日本近辺で行う核実験やミサイル発射も自宅に墜ちない以上は彼等にとって無害ではあるけれど、当面の直敵は安倍総理。とでも考えて居そうな、早い話が狂った「日本人の敵」ですわね。

正論3月号に「従軍慰安婦」に同情頻りである時までせっせと朝鮮慰安婦さん達に寄り添う運動をして来たと言う日本女性が証言していますが、訪日した慰安婦との打ち合わせ中に土井たか子の秘書かそれらしき人間が室内に入ってきて無造作に分厚い封筒(お札)を渡し、相手も受け取り慣れた態度だった。とありました。「ご自由にお遣い下さい」みたいな言葉付きで。

土井たか子、菅直人、江田五月、その他大勢社民党議員は、拉致実行犯であるシンガンスの釈放嘆願書を南鮮政府に提出した輩ですから、今この事態でもタワケた事を言うのには、少しも不思議はありません。不思議は無いが、徹底した日本人の敵であることは世間に認識して欲しいものです。
[ 2016/02/08 15:48 ] [ 編集 ]
今や、手が付けられない凶暴な動物に変貌した韓国人は、イエローカードからレッドカードになった。
平成27年12月11日
Chris Ryouan三宅 ‏@ryouansensei 2015年12月11日
条約、約束事など守る気がない韓国に抗議だけしても何の効力はない。実行あるのみだ。在日の指紋押捺の再開、ビザなしを廃止、容赦ない厳罰、経済的支援を凍結するべきだ。今や、手が付けられない凶暴な動物に変貌した韓国人は、イエローカードからレッドカードになった。
[ 2016/02/08 19:15 ] [ 編集 ]
日本独自でできる制裁措置は全て取れ!
目立たず有効な措置は北朝鮮籍のヤカラは在日資格を有する者を含めて
入国禁止にすること思われます。 北朝鮮籍の在日が韓国に行き戻ろうと
しても入国を禁止にすればよいのです。

少し過激な方法ならば北朝鮮を準敵国と断定し、北朝鮮籍の在日をひっ捕らえて強制送還すればよい。 20万人ぐらいは駆除できるのではないでしょうか。
在日一人の生保代を年間200万円とすれば、20万の駆逐で年間4千億円の
節税となります。 

金豚将軍様にしてみれば在日の20万人が送還されたとしても収容所送りに
して餓死させればよいだけで痛くも痒くもないのでしょう。
抑止力として有効なのは金豚御殿を標的にできる誘導ミサイルのとなります。
そして核兵器の開発。 ミリヲタ間のウワサでは開発など二か月もあれば充分
とか言われとりますが・・・
[ 2016/02/08 21:33 ] [ 編集 ]
難しい問題2つ
末田軍曹殿

強制送還というのは相手国が受け入れを認めた場合だけで、国交のない北朝鮮は当然拒否することが考えられます。韓国と断交した場合も以下同文。

日本では総統命令で在日を最終処理するという訳にもいかず、受け入れ先が決まらずに国外退去を命じれば、難民を輸出するものだと国際社会から轟々たる非難を浴びるでしょう。ことほど左様に移民・難民問題の解決は難しいのです。

それにしても社会党のように偏頗なイデオロギー政党は60年安保で終わっているはずでした。その命脈を長らえさせたのは、ある意味では浅沼委員長を刺殺した山口二矢少年でした、その後の選挙で、浅沼稲次郎氏を失った社会党には同情票が集まりました。

留置場で自決した山口二矢君はその後、右翼・民族派から「神」とも仰がれますが、その人物の国を想う心がいかに深くとも、その政治行動の適否はまた別物かと思います。
[ 2016/02/08 23:39 ] [ 編集 ]
交換
日本人拉致被害者一人につき在日100人(or1000人)で交換してあげてもイイのに。
日本人が何と言っても「強制連行で連れて来られた」と云うのですから、絶対故郷に帰りたいであろうし。

それにしても北が核実験だのミサイル発射だのの度に、社民党及び元社民党議員の声明は毎回同じ呆然発言。
それでもこういう候補者を国会に送る有権者が・・・居るモンだわね。
[ 2016/02/09 00:14 ] [ 編集 ]
あら、あら、閣下からものいいが・・・
お花畑さまから、なんか、ありそうなとは思っておりましたが、、、

1.強襲上陸作戦
  朝鮮人を故郷に送還する人道援助であると世界に宣言してから海自艦で
  厳重に護衛した輸送船に在日を詰め込み強引に羅津港にでも送り込む。
   
2.棄民作戦
韓国に北鮮籍を引き取るようように要請し減らず口を封じる。
  引き取ればよし。 断るならジンバブエあたりに一人1万$で
  受け入れてもらう。 

3.隔離作戦
  どこぞの離島(尖閣)に収容所を作り、北賤籍の輩を隔離する。
  代表をえらび拉致家族を取り返してくれば日本の市民権をやると言う。
  男女別に隔離しておけば数が増えることはなく、80年ほどで最終解決。

国際世論の圧力をどうかわすのか?
不肖、私めがアサドの仮面でも付けて、「国連人権委員会」の門の前で
ハラを切ろうと思っておりますが、その後のことは閣下におまかせするしか
ありません。
[ 2016/02/09 07:11 ] [ 編集 ]
根元を絶つことが肝要
末田軍曹殿

北朝鮮問題の解決策は唯一、策源地を叩くことです。それが出来る能力はアメリカにしかない。

ではアメリカがそれをいつやるかと言うと、アメリカが真に北朝鮮の核をアメリカの安全保障上の懸念と認定した場合です。その時が来れば、(クリントン政権の時と違って)、韓国がいかに反対しようと、或いは韓国の意向など全く無視しても、アメリカは北朝鮮の核基地を叩くことでしょう。大国とはそういうものです。

それで直ちに金王朝が崩壊する訳ではありませんが、金政権の面目は完全に失墜し、また北朝鮮の国力からして核開発能力の再構築は困難を極めるものと思われます。日本が北朝鮮と「対話」出来る可能性があるとすれば、その辺りからでしょうね。それまでは何を言っても北は聞く耳を持ちませんし、今までの北に対する「平和攻勢」はご承知の通り悉く失敗でした。

戦後の日本は大陸・半島に対する攻勢作戦という「恐ろしい計画」を考えたこともありません。攻撃こそ最大の防御なのは永遠普遍の真理であります。国力ははるかに小さくともイスラエルなら、とうの昔に北の核施設を空爆し、敵性民族を収容所に放り込むか、国外追放していることでしょう。

戦時中に民族滅亡の幻を見た日本とイスラエルの戦後の安全保障観は対極です。せめてモサドに習ってそれなりの情報・諜報機関を持ってからが日本外交の始まりかと。大使館での優雅なパーティーのテーブルの下には死体が転がっているのです。それが冷戦というものだったのですが、日本は冷戦を戦ったという当事者意識さえ持ってないのですよ。だからいまだに旧ソ連、中共、北朝鮮のスパイや協力者が各界にうようよしているのです。

末田軍曹殿が国連人権委員会の前で腹をかっさばく前に、さしあたり身辺整理を、まずは周囲のゴミ掃除にご協力をお願いします。
[ 2016/02/09 16:00 ] [ 編集 ]
策源地を叩くのは米軍? 支那・瀋陽軍?
レッドバロン閣下

北賤が実用的な核を持った時に一番困るのは支那ではないかと思っています。
牙を抜いた駄犬として隷属下におけば緩衝地帯になりますし多様な鉱物資源
が多く埋蔵されているようで、草刈り場としての価値があります。
日本の併合下でも工業地帯は北に集中させていましたから。

支那・瀋陽軍は蒙・露と国境を接し在韓米軍の矢面に立つことから支那軍の
中で最新兵器を揃えた最強軍団といわれています。北賤から瀋陽軍司令部
まで350k程度、北京まで600k程度です。 
北賤が実用的な核兵器を持てば支那に対して恐喝すらやりだすでしょう。
太子党の師弟を人質に差し出せぐらいの。

北賤が実用的な核を持てば、ボロ飛行機に載せても瀋陽軍司令部まで
数十分の距離となり、北京ですら射程距離となります。 ボロ飛行機が途中で
落っこちたとしても、核が爆発すればキンペー帝の威信が甚だしく地に落ちる
ことになり、全世界からの信用も激落と思われます。

これらのことから、私めの独断ですが、北賤の核兵器が実験レベルを超えた
段階で、そして、米軍の暗黙の了解が得られるならば、瀋陽軍の平壌武力
侵攻があるのだろうと思っておりました。

閣下の独断でよろしゅうございます。 
米軍が黙認する前提で、キンペーが北賤に侵攻し核施設を叩く意図は如何ほど
とお考えでしょうか?
また、意図を実現する支那の軍事能力は充分とお考えでしょうか?

以上ですが、よろしくお願いいたします。
[ 2016/02/09 20:42 ] [ 編集 ]
末田軍曹殿 再拝
支那(瀋陽軍管区)の越境攻撃の可能性についてですか?
私は無いと思いますね。支那は軍事的オプションを選択しなくとも北鮮に対するエネルギーの補給を停止すれば、いつでも金政権を崩壊させることができます。だけど支那はそれをやろうとはしません。金日成政権以来、支那が北鮮に埋伏させてきた「草」は、正日、正恩の二代の間に悉く刈られてしまって、支那は相当に頭にきていると思いますが、逆に傀儡政権を立てようにも北鮮労働党内の親中派は今や息をしていない状態でしょう。そうすると、事実上支那が北鮮の面倒を一手に見ることになりますが、これは悪夢以外の何物でもないです。支那は少なくとも日本よりは朝鮮を知っております。

北鮮が支那を脅迫する事態というのもこれも考えられません。人口、国土面積共に数十倍以上の大陸独裁国家を脅迫出来るとは、朝鮮人の習性からして考えつかないのではないでしょうか。しかしアメリカは脅迫し得ると考えているのが北鮮の変なところで。アメリカは民主主義国家ですからね。(笑)そこの弱点を突けば、或いは何とかなると思っているのかもしれません。
アメリカは中東で忙しく、隣接国の支那、韓国は北鮮の体制変換を望まない、二千数百万の乞食同然の難民の群れを抱え込みたい国はありません。そうするとアメリカによる北鮮の核基地に対する限定攻撃が三方丸く収まる方法なのではないでしょうか。

それで困るのは日本です。日本は拉致問題を抱えていますからね。金政権の打倒なしには拉致問題の解決はあり得ません。北進論は日本こそ主導しなければならないのですが、日本の各層にその自覚ははたしてあるのでしょうか。
[ 2016/02/10 00:18 ] [ 編集 ]
日本がハラを決めなければ・・・
レッドバロン閣下

お返事ありがとうございました。 
米軍が北賤の核施設だけを叩くのならば、その気になりさえすれば何時でも
可能なのでしょうね。 大義としては「安保理決議違反」、補給や後方支援は
日本の「集団自衛権」が可決済み、在韓米軍は撤退しつつあり代替としては
ローティション配備という変幻可能な部隊のようですから。

ところが拉致問題を考えれば埒が開きません。 今の日本がやることと云えば
貢の君。 米軍が北賤の核施設を破壊したとしても、「拉致被害者の全てを
日本の司法警察の調査と立ち会いのもとで帰還させるからカネを払え」となり
そのカネで核施設を再建するだけでしょうから。

支那の平壌進攻の可能性をお伺いしたのは、カネで解決するならば北賤
よりも支那に支払ったほうが全てにおいて始末が良いのではなかろうか、
との個人的な思惑があったからです。

拉致や誘拐の解決は武力を背景にせずしては有り得ないのが古今の原則で
すから日本国民が何らかの血を流す覚悟を決めないとどうにもならないので
しょうね・・・・

「戦えど亡国、戦はざれど亡国」じゃありませんが、、、 
「拉致の奪還は血を流しても確実でなく、血を流さなければ未来永劫に不可能、
血を流す覚悟を決めねばならんのだ」と、引退した自民議員あたりがハッキリ
云うべきと思えてなりません。
[ 2016/02/10 12:29 ] [ 編集 ]
末田軍曹殿 三拝
それと、支那軍の能力についてお尋ねですが、これがさっぱり判らんのですわ。人民解放軍は朝鮮戦争、せいぜいベトナム国境での戦歴ぐらいしかなないので、この辺りまでは第二次大戦の延長線上のボリュームだけの戦いです。とにかく現代戦というものを支那軍は経験したことがない。

日本も同じですが、自衛隊の場合は幸いなことに?米軍という最も実戦体験の豊富な同盟軍が演習の相手をしてくれます。NATO諸国の場合は、あえて小さな戦いを拾って?装備、編成、訓練の習熟度をチェックしています。これは実際に戦える軍隊には絶対に必要なことです。実戦経験を持たない軍隊の能力は、正直なところなんぼ新式装備を並べてみても、複雑な兵器体系の組み合わせの運用が旨く行くかどうか、正直「やってみないと判らない」のです。

一般にロシア・シナ型の軍隊は防御戦闘に強く、高度の作戦指導を求められる攻勢作戦になると、味方がだんご状態になって、自らの血で溺れ死ぬほどの損害を出す特徴があります。


対する北朝鮮も謎の軍隊ですが、平壌への道程は山また山、大半は飯を喰わしてくれる方に寝返るとしても、数だけは百万いる人民軍の中でも精鋭といわれる1~2割が山岳ゲリラ戦に及ぶと厄介です。支那軍は最低50万は必要でしょう。アメリカと支那では国力が違いますから、最悪の場合、中共は新羅遠征に失敗して国力を消耗し、やがて滅びた唐にもなりかねない。逆に日本は支那をその方向に押してやる、いや違った、東洋平和の為に北鮮への支那の武力進駐を歓迎する姿勢を示す方法もありますな。うまく行けば、一石二鳥ですものね。
[ 2016/02/10 14:41 ] [ 編集 ]
再度、お返事ありがとうございました
レッドバロン閣下

支那軍と北賤軍の能力は全く解らん、のご回答は実に説得力があり深く頷き
ました。 そして笑いました。 支那の戦史をチラ見しても逃げ出そうとする
ヘータイを背後から撃ちコロス督戦軍が必要なようですし・・・

今の支那兵といえば徴兵された一人息子の御曹司。 上層部は親の七光り
で任官し軍事能力は皆無との批難が絶えませんが正しい指摘なのでしょう。
こんな軍隊がどんな戦いぶりを見せるのか、不謹慎ながら是非とも朝鮮長征
をやって欲しいと思っとります。
[ 2016/02/10 19:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: