私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  安倍総理の敵にもなれない岡田克也

安倍総理の敵にもなれない岡田克也

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安倍総理の国会での答弁が冴えまくっている。4日の衆院予算委員会で、トップバッターとして質問に立った維新の党代表の松野頼久に対し、「松野代表は…代表ではないのだっけ。松野代表ですか」と確認する一幕。これには大いに笑ってしまった。民主党に解党的合流の要求を突き付け、野党再編のキャスチングヴォートを握っているかに見える松野だが、「代表ではないのだっけ。代表ですか?」と尋ねたことに、総理の松野に対する「お前は存在感がない」という底意が見えるようにも思う。

 その前日、民主党岡田代表と安倍総理の間で交わされた3日の予算委員会での議論を、遅ればせながらYoutubeで確認したが、これも岡田の完敗である。岡田は甘利前経済再生担当相の金銭授受問題を追及したが、それを何ら因果関係のないTPPに無理やりこじ付けようとし、安倍総理の猛反撃にあった。

 岡田は、「金にルーズな事務所、あるいはご本人が強大な権限をもって、TPPの交渉というのはどうなのか」と安倍総理に問うた。安倍総理は、「1党の代表として嫌疑をかけるなら、TPP交渉においてどの品目にどの影響を与えたかについて具体的に言うべきだ。そうでなければ無責任な誹謗中傷にすぎない」と猛反論。「甘利大臣は命がけでTPP交渉を頑張って、結果を出してきた。いきなりそういう言いがかりをされても答えようがない」とぶちまけた。


 甘利氏の金銭授受問題が安倍政権の支持率に全く影響を与えていないどころか、逆に支持率が上昇していることは、一昨日書いた通りだ。それも、軒並み50%越えで高止まりという、発足から3年以上経過した政権としては満点に近い支持率である。そのような状況下で、岡田民主をはじめとする野党は「政治とカネ」に目をつけたが、圧倒的と目論んだであろう「甘利議員辞職要求」という世論の圧力はない。ならばと、その金銭授受問題を、何の因果関係もないTPP交に無理やり結び付け、プロパガンダ的に発信することによって傷口を広げ、世論の喚起を促したかったのだろう。

 岡田のこのこじつけは、左派政党や左派メディアによく見られる戦術である。特定秘密保護法で「オスプレイの写真を撮って自分のHPにUPしたら懲役5年」、「居酒屋で公務員が仕事の話をしたら」とか、集団的自衛権の行使容認化で、「戦争する国に」「徴兵制が…」などもそうだ。これらは、政治オンチの心を揺さぶるには効くかもしれないが、ほとんどの有権者はそれほどバカではない。

 直接的に因果関係のないものを政権批判に利用すれば、その材料が現実味を感じさせなければ尚更、政権ではなく、何でも反対野党にとってマイナスに働く。所詮政局しか頭にない野党は、そうやって限界を自ら露呈し、支持を失っていくのだ。岡田民主に政策論争をせよと要求しても、土台無理だろう。岡田克也は、安倍総理の敵にもなれないのである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/02/05 07:15 ] 政治 | TB(0) | CM(8)
ぱよちんブサヨのお家芸
ご指摘の通り、牽強付会はぱよちんブサヨのお家芸。
でも、28グループに牽強付会の意味は分かるかな? 分かんねぇだろうなぁ~。
[ 2016/02/05 11:10 ] [ 編集 ]
おもちゃ
もはやフランケン岡田は安倍首相の憂さ晴らしのおもちゃ
[ 2016/02/05 12:04 ] [ 編集 ]
印象操作とは
安倍総理の国会での答弁、各局各場面を放送していますが、編集の仕方で安倍首相が攻め込まれているという様にも見えたり、双方せめぎあいをしていると見えたりとその局の思惑が公共の電波で流されています。
[ 2016/02/05 12:11 ] [ 編集 ]
<ほとんどの有権者はそれほどバカではない>。確かにそうなのです。が!
ほとんどの反日野党は有権者をバカにしている、と以前は思って居たのですが、彼等自身がバカ町内会なのでひょっとすると自説が異様に低能だとは思えないのかも、と最近は感じる様になりました。

甘利前大臣の、健康な者でもここまでは出来ないだろうと思える様な身命を賭けたTPP交渉姿勢は、ニュースを観るだけでも感じるものを、それを野党党首が永田町に居てこの程度の「戦法」道具に使う感覚に、岡田の人間性を疑います。
こういう血の通わないタイプの人間には、実のある政治は不可能でしょう。。

昨日掲載の岡田写真。マジで 獄門晒し首かい?と思っちゃいましたw。

仮に批判や反対するだけの野党であっても、相手の認めるべき点を認められないグダグダ稚拙陳述は、美しくないし、聞く欲望も湧かない。
一度落語家にでも入門して話術を心得ろ。
[ 2016/02/05 12:38 ] [ 編集 ]
連中は敵になれないのではなく
敵になる資格すらなく
戦って負ける資格すらないのです
[ 2016/02/05 20:55 ] [ 編集 ]
CHANGE.ORGでこんな署名活動やってました。
もしよかったら、どうぞご賛同を!

『慰安婦は性奴隷ではありません。The Comfort Women were not military sex slaves. “UN Coomaraswamy Report” is erroneous and incredibly naïve.』

www.change.org/p/un-human-rights-council-%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E3%81%AF%E6%80%A7%E5%A5%B4%E9%9A%B7%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93-the-comfort-women-were-not-military-sex-slaves-un-coomaraswamy-report-is-erroneous-and-incredibly-na%C3%AFve#petition-letter
[ 2016/02/05 23:05 ] [ 編集 ]
フランケンは脳みそも借り物?
安倍総理との政策論争といったところで、岡田の世界観というか=脳みその中身が、朝・毎・東京・中日新聞(以下省略)レベルの、思想ともつかない奇態な思い込みから一歩も出ないのでは、論争にもなりません。

「日本は世界一の格差社会」一頃、民主党が盛んに主張してましたが、何を根拠に?
N・Y郊外はロングアイランドの高級住宅街を見てから、それを言っているのか。

地中海には絶海の孤島にナイトクラブがあります。ヨットやクルーザーを持ってないと、ハナから其処に行く手段がないという。

不肖レッドバロンもスペインのマラベーラで、(知識としては知っていたけれど)フル・オープンの真っ白なロールスロイス・コーニッシュがナイト・レストランの前に停まっているのを見て、感激しました。(笑)
欧米の富裕層+アラブの石油成金達の暮らしぶりは誰が見たって、日本とはレベルが違いますわい。

フランスでは左翼オランド政権が成立し、富裕層への増税を実施した途端に、英国は逆に最高税率を5%下げました。フランスの富裕層にどうぞ英国に来てくらはい、という明確かつ露骨なサインですね。油断も隙もありゃしない(笑)


ヨーロッパの場合、アホな政策ばかりやっていると納税者がいなくなる=結局、税金で暮らす者だけが残って=最後はギリシャ化する、ということになるのですな。

あの非道な民主党政権下でも誰も国外逃亡は考えなかった。だからバカ政治家が国民を舐めさらすのです。この次はけっしてないので、ま、いいようなもんですが。
[ 2016/02/05 23:45 ] [ 編集 ]
これで東大法学部卒かつ官僚経験者とは・・・
民主党には無駄に高学歴(東大、早大、バードなど)が多く存在しますが、少なくとも政治家向きの人間はいませんね。

甘利大臣の金銭授受疑惑は、本人の関わり度合いはほとんど無いかと思います。甘利大臣が受け取ったとされる50万円は政治資金収支報告書に記入されており、これ自体は違法では無いはずです。

如何せん今回の問題は「やらせ」感が強すぎますし、賄賂を贈呈したとされる側にも、不審な所がいくつも見つかっています。更に言えば、甘利大臣の公設秘書も週刊誌の報道後、行方をくらましています。

仮に「違法」の可能性があれば、贈賄罪で特捜の捜査が入るかと思いますが、そのような話は出ていません。

そもそも、そんな特ダネ話が実際にあったのだとしたら、特捜や他の報道機関が見逃すはずも無いにもかかわらず、文春以外の報道機関で話が挙がった事も無く、特捜が捜査をしているなどという話はありませんでした。

しかも、文春の記事では賄賂を贈呈したとされる人物とその会社名が匿名(イニシャルのみ)であり、贈賄という不法行為であるにもかかわらず、名前すら明らかにされないなどというのは、どう考えても「おかしい」と思うのが普通だろうと思います。

この会社が普通の会社ではない事を、文春は知っている可能性が高いです。裏社会とのつながりがある事を知っていて、その人物に同行して賄賂疑惑に加担したというのならば、文春は廃刊レベルだろうと思います。

また、仮に法的な問題があったとしても、それはあくまで金銭授受に関する問題であり、TPPの交渉に影響があったという話にはなりません。

TPPに影響があったというのならば、具体的な影響を指摘しなければならない。

「S社総務と金銭を授受していたのだから、TPPでもやっているはずだ」という、印象論に基づくものでは根拠が薄弱すぎます。

これでは、「犯罪者は性からの犯罪者であり、他の犯罪も(根拠は無いが)やっているはずだ」などという類の差別的誹謗中傷と同じですね。陰謀論の範疇に入るかと思います。

岡田の経歴も、見ただけならばそこそこ良いのですが、進むべき道を間違えたのではないかとしか言いようがありません。

敵というのは、それなりの実力を持って、尚且つ論争の場でも討論相手に的確な指摘や批判ができる者を言うのだろうと思います。

少なくとも、岡田では、その最低レベルの人材にすら成り得ていないのではないだろうか。

根拠を明確にしなければ、印象論と感情論で論争を挑んだところでは、ブーメランと批判回避戦術(的外れな質問、揚げ足取りの質問、誹謗中傷に対しては答えない方が良く見えます)で返り討ちに遭うだけです。

いずれ消える政党ですから、どうなろうとどうでもいいのですが、もう少しましな人材育成くらいやってくれば、こうは成らなかっただろうにと惜しまれます。
[ 2016/02/06 01:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: