私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  揺るがぬ政権支持率と、日本一の選挙データベースが予想する民主党「参院選大敗北」

揺るがぬ政権支持率と、日本一の選挙データベースが予想する民主党「参院選大敗北」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 甘利前経済再生担当相の辞任を受け、報道各社がここぞとばかりに世論調査を実施ているが、その結果はマスメディアの意図するところとは全く裏腹だったようである。共同通信の調査によれば、甘利氏の辞任を67%が「当然」としながらも、甘利氏の議員辞職については「辞職する必要はない」の55.5%が「辞職するべきだ」の39.7%を圧倒した。安倍総理の任命責任については「ある」が46.8%、「ない」が50.1%となっており、政権支持率は、前回調査から4.3ポイントも上げ、53.7%となっている。

 この傾向は毎日新聞による調査でも同じで、総理の任命責任が「重い」が42%、「重くない」が46%と、ここでも総理に責任を求める声は弱い。安倍政権の支持率にいたっては、昨年12月の前回調査から8ポイントも上昇し、51%となっている。毎日新聞は、「安全保障関連法への世論の批判が薄れたことや、外交面での実績などがむしろ数字を押し上げた」と分析しているが、この分析は負け犬の遠吠えに映る。ちなみに、読売の調査では支持率は56%と高止まりで、不支持率を20ポイントも上回っている状況だ。

abe-amari.jpg


 毎日は、この世論調査の結果について、昨日のコラム「余録」でこう書いた。

▲小紙の世論調査で甘利氏の金銭問題について「説明は不十分」という人が6割を超えたのは当然だろう。だが首相の任命責任は「重くない」が「重い」を上回り、内閣支持率はむしろ上昇した。くり返される政治とカネによる閣僚辞任にはもう慣れっこということか


 第2次安倍政権発足以来、閣僚辞任は、小渕優子経済産業相、松島みどり法相、西川公也農林水産相に続き、4人目だ。第1次安倍内閣が、松岡、赤城、遠藤という3名の農水相、いわゆる「呪われたポスト」をはじめ、数々のスキャンダルで求心力を失い、総辞職に追い込まれたことを考えれば、もう一度脇を絞める必要はあるだろう。

 ただ、世論は第1次安倍政権の当時とは違う。甘利氏の議員辞職など世間は求めておらず、所詮「もらい事故」的なスキャンダルを引き合いに安倍総理の任命責任を求める声も、守旧メディアが願ったほど大きくない。有権者は、政治とカネ問題になれっこになったのではなく、もっぱら政局のみで政権の足を引っ張ろうとする野党やメディアに飽きているのではないのか。

 興味深い調査がある。選挙ドットコム編集部で、今夏の参議院選挙に向け、選挙ドットコムが保有する日本最大の選挙データベースから、過去の参議院選挙、衆議院選挙、ここ3年の地方選挙の結果等を分析し、世論調査の結果を加味した独自の獲得議席予想を行っている。その予想結果が下の図である。

2016年参議院選挙 獲得議席予想


 自民党で改選を迎える議席数は48だが、そこから大きく伸ばして64。一方、民主党の改選組は41名だが、今予想では約半数の22議席しか守れぬ大敗北だ。公明党、共産党、おおさか維新が躍進を予想されている中で、お寒い限りである。

 思えば、2010年の参院選といえば、菅内閣下での選挙だった。あのダメな首相でさえ40議席以上を獲得したにもかかわらず、今夏の予想はその半数。もちろん、選挙ドットコムの見解も未来予想であるから、この数字が選挙結果を保証するものではない。ただ、民主党という政党の存在意義が、あの菅政権の時代よりも格段に劣るとなれば、辿る道は解党もしくは解散しかないのではないか。

 衆参ダブル選の可能性も含め、夏の選挙が楽しみになってくる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/02/03 07:16 ] 政治 | TB(0) | CM(12)
政治とお金は限りなくブラックホールですが、今回の件はあまりにも不必要に出来過ぎた(時期や過程の不可解さ)を国民は感じ取っていると思います。
だからと言ってこれを受け流していたのでは、自民の支持率も下がっていたのではないかと思います。
今の政権を国民が日本を変える第一歩になると考えているのではないでしょうか?
米国との関係、台湾の政権交代、安倍内閣の長期化によって改憲などを論じる時期が来ていると思います。この好機を逃しては日本が独立する道は閉ざされていくでしょう。

ただ・・・
自民党の票が割れるのは本末転倒になりかねないのですが、それでも野党として存在する本当の意味での保守政党である”日本のこころを大切にする党”が、0というのは何だか寂しいような気がしますが。
実際的には彼らの票をを伸ばさないと、日本の状況は改善されるとは考えられないのです。公明党とさよならしたいですし。
[ 2016/02/03 08:10 ] [ 編集 ]
凛さんに同意
創価公明党とは永遠にさよならしたいですね。

政権転覆を狙う共産党が与党分裂を計画して、公明党を叩いてくれると面白いのだが...そんな他力本願じゃなくて公明党が自主的に与党から出て行って欲しいものだ。
[ 2016/02/03 09:25 ] [ 編集 ]
「帰化在日韓国人極左ファシスト大阪維新の会」は、韓国共産主義政党であり、日本共産党以上の共産主義政党です。
平成28年1月15日成立した大阪市日本人言論弾圧条例(=日本国憲法が禁止している特別裁判所を設置することに相当=日本国憲法違反)
【自民党大阪市議会議員全員は、反対してくれました。】

(自民党大阪市議会議員を含め大阪市議会議員全員へ廃止要求をお願いします!)

【「帰化在日韓国人極左ファシスト大阪維新の会」は、韓国共産主義政党であり、日本共産党以上の共産主義政党です。】
[ 2016/02/03 10:51 ] [ 編集 ]
イカサマ政党の狙い
>他力本願じゃなくて公明党が自主的に与党から出て行って欲しい

イカサマ政党公明が自主的に与党を離脱するなんて有り得ませんね。
コイツらの狙いは「改憲阻止」です。
改憲案審議の俎上で「政教分離」を明文化されることを常に怖れているからです。
表立って改憲に反対するのではなく、与党内で偽善を装い、
慎重論を主張し続けるという巧妙な戦略を用いています。

しかも、郵政民営化で郵便局、TPPで農協の組織票を失う自民は
情けないことに比例区での創価学会の組織票が頼りになってしまっているのです。
自民単独で衆参の安定多数確保の見通しが立たなければ
イカサマ政党は小判鮫のようにくっついて離れませんよ。
[ 2016/02/03 10:51 ] [ 編集 ]
内閣支持率への民主党のリアクションを見ると
あてが外れた感が凄い出てて
誰がこの絵図を描いたかなんだか分かるような気がします
[ 2016/02/03 12:36 ] [ 編集 ]
ストーカーとイメージが重なる民主党
民主党というのはもうなにかストーカーの様に見えて来ました。

与党自民党のやる事成す事に干渉し、詰まらないクレームを付け、引っつき突つけ回す。

甘利氏問題は確かに甘利氏に管理責任を含めて問題はあるでしょう。
ですが、それ相応の責任の取り方、謝罪、説明などはしているわけで過分な辞職というものではないでしょう。
それと別に自民党議員が一人減っても安心して下さい。
民主党には票は行きません。

ですからもう嫌がらせとしか見えないのですが、中身の無い党だけにこういうスキャンダル的なものを突っつく事が仕事だと思い込んでいるのか、情けない姿になってしまいました。

別にそんな野党、必要ではありません。
もっと中身の濃いものを野党としても持っていないと今後もジリ貧でしょう。

在日などや労組、サヨクの一定の支持は民主党に対してあるでしょうが、本来の二大政党制とはかけ離れた貧弱な野党と自民党では体質的にも合わないという面もありますが、何時まで経っても日本では二大政党制は無理でしょう。

少しは自己研鑽を民主党にもして貰いたいものです。

http://www.sankei.com/column/news/160201/clm1602010005-n6.html

http://www.sankei.com/west/news/160203/wst1602030078-n1.html

http://www.sankei.com/column/news/160126/clm1601260008-n1.html

剣刀いよよ研ぐべし古ゆ清)けく負ひて来にしその名ぞ

これは実に中身の濃いものだと思います。
まず基調に日本は清い精神の国であるとし、そこに現在の偏向した脆弱的部分に「剣」という表現で古来よりそのバランスを日本は持っているとでも言っているのでしょうか。
[ 2016/02/03 18:09 ] [ 編集 ]
くたばれ反日勢力
政治には詳しくない素人の主婦でも、この甘利さんの一件は不可解です。用意周到すぎる。脇が甘いのは否めませんが、日本の国益を考えずただただ、安倍政権をどうにかしたい勢力が裏で何やらやっているとしか、思えない。思えば、民主党政権時代で日本の経済力はがたがたになり、「1番じゃなきゃだめですか?」に騙され、すっかり中韓の思い通りにされていたのかを痛感しました。慰安婦問題も好きなようにされていたし。ほんと安倍さんになって良かったですよ。安倍さん不支持は間違いなく中韓の手先です。真の日本国民が一致団結して不穏当な勢力を一掃しなければ。
[ 2016/02/03 20:38 ] [ 編集 ]
これだけ日本再生を望む国民が増えているのに日本のこころを大切にする党の票が伸びないのは何故でしょう?
民主と公明の票が日本のこころに流れ、自民と連立を組んでくれたら・・・と夢見ずにはいられません。

今月15日に政府が国連あてに「慰安婦の強制連行を示す資料はみつかっていない」と回答する機会を得たのも、旧立ち日の杉田水脈議員の国連での活躍があってのことです。 こういう事実があまりにも報道されず、日本のこころの議員の功績を国民が知りません。 何とか広報できたらよいのですが・・・・
[ 2016/02/03 23:28 ] [ 編集 ]
金銭の出所は?
甘利元大臣の件が例え有権者の不興を買って自民党の得票が減るとしても、だから民主党をはじめとする反日党にその票が流れる、ということはほぼ100%無いでしょう。投票率が下がる事はあっても。

告発者という一色武氏は他にも幾つか名前を遣う人だそうで、同じ手で国会・地方議員の廻りをウロウロしている人物だと読みました。
ナンでそんなのに引っかかるのかなあ?甘利さん!と思います。多忙すぎた大臣の隙を狙われた感もあり、それにしても有能な議員の脇の甘さはイカンです。

この件、如何にも怪しいですし今後の事もありますから、日本の将来の政治防衛のためにも調査機関総力を挙げて徹底解明を望みたいです。

一体あのお金は何処が出したのだろう?
[ 2016/02/04 00:06 ] [ 編集 ]
どうも、はじめまして。私は韓国人になりすまして安倍総理を誹謗中傷することによって反安倍陣営を陥れる活動をしている『リ・ヒョンギ』という者です。『ちょこぼ』『安倍晋三は悪魔の遣い』『グレーテル』などの名前でも活動しています。ちなみに、韓国人になりすまして表現規制に反対することによってアニメ・漫画を陥れる活動や、韓国人になりすまして同性愛者差別に反対することによって同性愛者差別を煽る活動もしています。

みなさま、【TPP交渉差止・違憲訴訟の会】にご協力ください! 日本人を大量処分し、日本を共和国のような我々が住みやすい国に変えるためには、なんとしても『TPP』だけは絶対に実現させなくてはなりません。そこで奮闘しているのが、【TPP交渉差止・違憲訴訟の会】です。 【TPP交渉差止・違憲訴訟の会】は、韓国人になりすましてTPPに反対することによってTPP反対派を陥れる活動をしている団体です。 【TPP交渉差止・違憲訴訟の会】は明日、韓国人がよく使っている施設にて『参加費:800円』の反TPP説明会を(韓国人になりすまして)行い、TPP反対派に甚大な被害を与える予定です。 なので、みなさまには【TPP交渉差止・違憲訴訟の会】の活動の拡散に協力していただきたいのです。 日本を共和国のような我々が住みやすい国に変えるためには、なんとしても『TPP』だけは絶対に実現させなくてはなりません。 ですから、みなさま、どうか我々にチカラを貸してください!!!
[ 2016/02/04 14:26 ] [ 編集 ]
安倍政権攻撃よりも先にやる事はいくらでもある
韓国人に成りすまして安倍誹謗は感心しません。

何しろ日本人に成りすまして安倍誹謗だらけの日本ですから、混乱をより広げるだけで日本人のまま、安倍政権を他党と比較し政党に分析・批評するという姿勢が正しいスタンスではないかと思います。

政策には全て良しというものはほぼなく、メリット、デメリットの合わさったものでありその中でベターを求めるということになるのでしょう。
[ 2016/02/04 22:40 ] [ 編集 ]
狙うブログにある種のコメントを書き、それに反応する書き込みを得られたらお給金が貰えるお仕事がある。と
主催者に絡むコメントが多い他所のブログで知りました。
[ 2016/02/04 23:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: