私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  首相靖国参拝を「平和的生存権の侵害」「戦争準備」とする哀れな人々、敗訴す

首相靖国参拝を「平和的生存権の侵害」「戦争準備」とする哀れな人々、敗訴す

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安倍晋三首相が2013年12月に靖国神社を参拝したのは、政教分離を定めた憲法に違反し、平和的生存権の侵害だとして、全国の戦没者遺族ら765人が総理、国、靖國神社を相手どり、将来の参拝差し止めと原告1人当たり1万円の慰謝料を求めた訴訟。昨日、大阪地裁で判決が下った。裁判長は「参拝による原告らの法的利益の侵害を認めることはできない」と述べ、請求を棄却した。妥当な判決という以前に、こんな裁判、やる意味があるのか?

安倍首相の靖国参拝訴訟 大阪地裁、差し止め請求を棄却 (東京新聞)

 安倍晋三首相による二〇一三年十二月の靖国神社参拝は政教分離を定めた憲法に反するとして、国内外の七百六十五人が国と首相、靖国神社に将来の参拝差し止めと一人当たり一万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は二十八日、請求を棄却した。参拝の公私に関する区別や違憲かどうかの判断は示さなかった。

 安倍首相の靖国参拝をめぐる訴訟は東京地裁でも起こされており、判決は初めて。原告側は控訴する方針。

 佐藤哲治裁判長は判決理由で、靖国神社を歴史的経緯から一般の神社とは異なると位置付けた上で「一般人と比べ、首相による参拝は原告らの信教の自由などに大きな影響を及ぼすことは認めることができる」としながらも「神社に参拝する行為自体は他人の信仰や生活に干渉するものではなく、原告に法的利益の侵害があったとはいえない」と判断。

 小泉純一郎元首相の参拝をめぐる〇六年の最高裁判決の判断手法をほぼ踏襲した。

安倍首相の靖国参拝訴訟


 安倍首相は第二次政権発足から一年の一三年十二月、現職首相として小泉元首相以来約七年ぶりに靖国神社を参拝。公用車を使って訪れ、「内閣総理大臣 安倍晋三」名で献花した。

 原告は二十~八十代で、大学生や会社員、主婦のほか戦没者の遺族、在日コリアンらも参加。閉廷後の記者会見で、福岡市の僧侶木村真昭さん(65)は「後退どころか、裁判所の存在理由を失わせるようなでたらめな判決だ」と批判した。

 原告側は憲法二〇条の政教分離原則違反を訴え、さらに安倍首相による参拝を「軍国主義を発展させて戦死を美化した神社の役割を承認するもので、憲法九条の改正を目指す姿勢を含めて戦争への準備行為といえる」として、平和的生存権の侵害に当たると主張していた。


 靖國参拝に関する政教分離についての議論は、既に出尽くした感がある。他方、この裁判の異常性は、原告らが「平和的生存権の侵害」を主張している点だ。彼ら原告は、時事通信の記事によれば、こう主張している。

戦争責任を負うA級戦犯も含めた戦没者を「英霊」として顕彰する宗教施設を国の代表者が特別に支援する印象を与えたと指摘。戦没者が靖国に祭られていること自体をよしとしない遺族原告らは首相参拝で一層苦しみ、憲法上の内心・信教の自由、身近な人の死を悼む方法を自ら選ぶ自己決定権を圧迫されたと訴えた。

さらに、集団的自衛権の行使容認などを進める安倍首相が、戦前の軍国主義を支えた靖国神社に参拝するのは「戦争の準備行為」とみなせると主張。戦争遺族以外の原告らも、憲法前文がうたう平和的生存権を侵されたとした。


 首相の靖國参拝の意味は大きく、重いが、そのことによって「信教の自由、戦没者を悼む自己決定権を圧迫された」というのは、被害妄想も甚だしい。彼らは、総理の参拝によって、改宗を迫られたわけではない。首相の参拝を「戦争準備」などと解釈するのは、無理なこじつけに過ぎず、妄想が人的レベルを超えているとしか解釈しようがない。平和的生存権を脅かす存在なら、中共などを筆頭に、ほかにいくらでもいる。彼らが矛先を向け、足を運ぶべきは、駐日中国大使館ではないのか。

 判決の、もうひとつの興味深い点は、過去に小泉純一郎元首相の参拝で違憲判決が出ているものの、裁判長が「社会情勢や国民の権利意識の変化で裁判所の判断が変わることもあり得る」とした点だ。裁判所は、物事を法に照らし、合憲か違憲、無罪か有罪かを判断する場所である。私は訴訟関係については門外漢だが、裁判長が判決の変化の理由に「社会情勢や国民の権利意識の変化」を挙げるのは珍しいのではないか。それだけ、司法が「社会情勢の変化」の大きさを感じているということだ。

 首相の靖國参拝に関する訴訟は、今まで長きにわたって繰り返されてきたが、今回の大阪地裁の判決は概ね妥当だと言え、かつ、この手の裁判を繰り返す無意味さを改めて感じさせる。日本国首相の靖國神社参拝を嫌がるのは一体だれなのか。その点を考えれば、この手の訴訟の背後にいる勢力は推して知るべしである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/01/29 07:14 ] 政治 | TB(0) | CM(17)
当然の判決
当然の判決でしょ
信教の自由が憲法で保障されている日本は何人たりとも信教の自由を侵害されるべきではない。
首相が神社行こうが寺行こうが教会行こうがモスク行こうが首相の自由。
[ 2016/01/29 08:57 ] [ 編集 ]
税金の無駄遣い!
我が国&国民にとってもっと大事なことがあるのに・・原告の老骨どもは裁判にも国民の血税が使われていること、分かっていないんでしょうね・・やれやれ・・でも上告するんでしょうね・・
[ 2016/01/29 09:29 ] [ 編集 ]
007
彼奴らの面を見れば既に年金受給対象者。前期高齢者と思われるが?
我が国の社会基盤がどのような経緯で形成され、充実した(とは言えまいが)社会福祉制度の恩恵に預かり、今日まで「好き勝手」が出来ているのか?日本人なら少しは考えて見たら…と言いたい。
余りにも病的な「思考狭窄症」である。有り余る時間と年金で老後をこのような半日活動に費やす事に意味があるのだろうか?自虐史観に塗れた戦後の思想教育の犠牲者とは思えず、「芯から腐り切った日本人」だと感じた。早々に現生から消えて欲しいものだ。
[ 2016/01/29 09:59 ] [ 編集 ]
ぱよちんブサヨの末路
神社参拝が「戦争準備」?
ぱよちんブサヨの思考回路は理解不能。

老い先短いぱよちんブサヨのマヌケ面に
支那共産党は高笑いしているだろう。
腐った偽善者ははよ逝け!
[ 2016/01/29 11:55 ] [ 編集 ]
(再掲示)≪保存版≫ 韓国式捏造ステマ「安倍政権は、戦争を目指している」によって左翼思想(=韓国思想)洗脳されている日本人の方々へ、第1次統計数字資料によれば、戦争を目指しているのは、韓国および共産シナです。
(再掲示)

≪保存版≫ 韓国式捏造ステマ「安倍政権は、戦争を目指している」によって左翼思想(=韓国思想)洗脳されている日本人の方々へ、第1次統計数字資料によれば、戦争を目指しているのは、韓国および共産シナです。

*****
ShounanTK 殿  Twitter 平成27年8月13日 [加筆済み]
日本人なりすまし帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社の韓国式捏造ステマ「安倍政権は、戦争を目指している」によって左翼思想(=韓国思想)洗脳されている日本人の方々へ、各兵員の能力および各装備の性能を無視した第1次統計数字資料によれば、韓国および共産シナは、米国、インド、ドイツ、日本国などよりも軍事大国であり、戦争を目指しています。
・兵員数:支233万人、米149万人、印137万人、韓70万人、独26万人、日25万人
・空軍機数:支2193機、米1438機、印?機、韓?機、独?機、日552機
*****

-----
平塚パラヤン女
[ 2016/01/29 13:01 ] [ 編集 ]
まさに下司の極み
靖国参拝を裁判沙汰にするパヨパヨチン族日本人と在日チョンはまさに下司の極み!
[ 2016/01/29 19:42 ] [ 編集 ]
阿呆らし
英国では1066年のウィリアム征服王以来、ウェストミンスター寺院で国王の戴冠式を行い、また第二次大戦の戦没者に対する追悼のミサも行われていますが、女王は勿論のこと、首相・閣僚も当然に出席しています。それが英国の国柄であり、そんなもんに憲法違反の訴えを起こす不埒者の話など聞いたこともありませんわい。


そもそも厳密な意味での政教分離をやっているのは革命の国フランスとメイフラワー号の衣鉢を継ぐアメリカ合衆国ぐらいなものか。あちらでは従軍慰安婦ならぬ従軍牧師、神父がいますよ。

9・11の時もアイルランド系の多い消防隊付のカトリックの神父さんが殉職しています。消防隊が赴くどのような現場にも神父が随伴しているからです。

総理の私的参拝など当然、早く全閣僚の公式参拝を。
[ 2016/01/29 20:58 ] [ 編集 ]
リベラルとは所詮サヨクだアカだ
サヨクが五月蠅いのは何も日本だけに限った話では無いようだ。

冷戦終了それに続く世界秩序の再構築時に共産圏諸国に潜ったアカと西側陣営に元々居た左翼左派リベラルが結び付いて現在の世界的なリベラル的秩序が正しいかのような幻想的世界秩序の構築を図った。
アカの野望を民主国家で実現し、【赤の世迷言(資本主義が進んだ段階に到達すると共産革命云々)】再び共産主義の再興を図らんとし・・・理解出来る人居る?

無理か
[ 2016/01/29 23:33 ] [ 編集 ]
出征兵士のお祀り
訴訟そのものに掛かる経費は基本的に敗訴側の負担になる筈なので、こんな言い掛かりとも言えない論旨で訴える人々には潤沢な生活費があるのでしょう。
他に弁護士費用もありますけど、お仲間弁護士さんなら手弁当かな?

訴えられた首相の弁護士費用は国民負担でしょうから、敗訴側には私達一般国民が迷惑を掛けられている計算になる、のかな?
靖國にお参りされる首相の事ですから、総理には文句はありません。

国の要人が海外訪問して殆ど公式に訪れる相手国の「無名戦士の墓or慰霊碑」の事では、訴えた人いるのでしょうかね。

それと、訴人側の在日コリアンというのは何?

出征兵士は靖國に祀られるものと当時は常識事だったので、ご本人が仮にご自分が戦死しても絶対靖國には祀られたくない意志を証明するモノがあれば、祀られて居ることでご遺族の「苦痛」というのも解りますが、ご本人が「国が祀ってくれるもの」との認識があってそれに抗する気もなく征ったのに、後世のご遺族が「苦痛」といっても、申し訳ないが身勝手な感情でしかないと思います。

毎回この手の訴訟で、勝訴でも敗訴でも良い様に前以て紙を用意しておくのが、やっぱり一般的ではないなあ、と感じます。
公害訴訟などならそういう方法も理解出来るのですが、この言い掛かりには公共性ないですもの。(あると思って居るのか?)
[ 2016/01/30 01:33 ] [ 編集 ]
訴訟費用
こはる様

訴訟額が765人×一万円ですから、しめて765万円。訴状に貼る印紙代(訴訟費用)はざっと4万円というところでしょうか。訴訟は国家への実に安上がりな嫌がらせの手段になるのですよ。おまけに、新聞にも載りますし、たった4万円で。

過労死するほどの忙しさの中、こんなゴミのような訴訟でも判決文を書かねばならない判事の苦労を思うと、怒りが沸々とこみ上げてきます。

一般に弁護士費用を考えるとこんな訴訟はやりませんが、お説の通り、左翼弁護士がロハでやってるから出来ることですよ。


なお訴訟の採算ラインは一応3百万円と言われております。これ以下だと採算割れして、まともな弁護士が引き受けません。
[ 2016/01/30 02:23 ] [ 編集 ]
ということは
バロン閣下 それでは、だから訴人一人当り賠償一万円に抑えた、と考えた方が良い訳ですか。

同じ左弁護士でも、これでは到底みずほ事務所は引き受けませんねw。
[ 2016/01/30 02:40 ] [ 編集 ]
その通りです。
訴額が1人百万円、合計7億数千万円になると訴訟費用(印紙代)は2百万円を越えてきます。

弁護士への着手金も千万台になりますね。

みずほ事務所がはじめて興味を示す水準です W
[ 2016/01/30 02:50 ] [ 編集 ]
地獄の沙汰もカネ次第
裁判沙汰もね
[ 2016/01/30 09:10 ] [ 編集 ]
意味のない訴訟を何度も繰り返す阿保としか言いようがない
全く、合憲判断は既に出ているにもかかわらず、いつまで違憲訴訟を繰り返せば気が済むのですかね・・・。この集団は。

地裁の違憲判断が出ていると主張する人もいますが、これらは判決には直接影響しない傍論(時代や社会の変化によって変わり得る可能性を示唆したもの)であり、更に、違憲判断ではなく賠償請求を扱ったものであったわけです。

違憲判断ができるのは、原則として最高裁のみであり、地裁などには違憲判断の権限がありません。

そもそも、日本の首相が先の大戦において、国家の為に戦った戦没者を祀る国教神社に参拝する事は当然の義務であり、その中に個人として好きではない人物が含まれていたのだとしても、私情の為に参拝しないという事は、国家殉職者に対して申し訳が立たないのではないか。

この神社が祀る魂には、大戦時の敵国の殉職者も含まれている事を知らない者が多い。

何故かA級戦犯のみが取り沙汰される事は異常としか思えない。そもそも、支那当局も南鮮当局もA級戦犯が合祀された事が報道されても、当初は問題視していなかった。

それを何故か日本のマスゴミ(特にアカヒ)が、支那当局に便宜を図らい、その事をチクリ、問題にするように騒ぎを起こした事がそもそもの発端である。

そもそもA級戦犯というものは、国内法的には犯罪者ではない。更に言えば戦犯は講和条約調印後に放免される為、国際法上も犯罪者という訳ではない。

したがって、戦争神社などとという表現自体が誤りであり、あちら側の人間が靖国に関して何かを騒いだとしても、基本的に的外れである。

侵略戦争正当化、軍国主義賛美、戦争準備などというものは論理が数段飛躍したトンデモ論である。

いい加減、無意味な訴訟を繰り返してカタルシスに浸っているよりも、自身の頭の中をもう少し客観的に見られるように作り変えた方が良いだろうと思う。
[ 2016/01/31 00:05 ] [ 編集 ]
ご存知でしょうが
サッカーU23優勝致しました!終わった後の彼等のお顔のカワユイこと~
[ 2016/01/31 01:42 ] [ 編集 ]
敗軍の将語らず
300万人の犠牲者を出した敗戦の責任をとり当時の日本国の責任者は潔く全員割腹、その後、勝者を祀る神社は、戦没者の年金確保に活用、その充実とともに役割は終わった.国家として祀ってあげるべき勝者の国家元首は存在しない、英霊も敗者となりもうそこにはいないのだ。将来ある若者を煽って命を縮めさせることは断じて許せない。権力を握る人間は自分を守る術を知っている若者よ騙されるでない
[ 2016/08/17 15:31 ] [ 編集 ]
それを言うなら…
敗軍の将兵を語らず、だろう。

本当に国民学校通ったことあるの?

以下の酷い字使いを見ると、どう考えてもゆとり教育以下としか思えないのだが。

国家元首って誰のこった?まさか、近衛や東條を指してるんじゃないだろうね。
国家否定、戦争から内乱へ、百年前のプロパガンダで現代日本人を説諭しようとは、マルクス・レーニン主義の化石か。

レーニンの「帝国主義論」は、今のチャイナにぴったり当てはまると思うがね。ちゃんと勉強しようぜ。

[ 2016/08/18 01:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: