私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  給与ダウン、リストラ・・・ ~ 朝日が経営難に陥っている

給与ダウン、リストラ・・・ ~ 朝日が経営難に陥っている

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝日新聞の異常さは数多語られるところだが、私が象徴的に感じたのは、あの朝日8.5ショックの日の、慰安婦報道訂正・検証以外の記事だ。自社のイデオロギーを押し通すためなら、紙面を総動員する朝日新聞だが、あのかくも“都合の悪い日”の紙面では、社説は「子どもの虐待」「エボラ出血熱」についての論説で、天声人語は「高齢化」がテーマだった。紙面をすべて訂正に充てよとは言わないが、それまでの「罪」を考えたなら、論説欄ぐらい割いてもよさそうなものだ。

 その朝日は、いま、経営難に瀕しているようだ。J-Castニュースが、「社員の声」をもとに、記事を提供している。

朝日新聞「給料カット」「早期退職」のジレンマ!優秀な人材ほどやめていく (J-Castニュース

週刊新潮が朝日新聞の給与削減と早期退職制度について報じている。地方支局にいる40代の中堅社員は社員専用のホームページを開いてビックリしたという。来年の給与改革で給与水準の抑制をするというのだ。「平均年収は、16年度対比で約160万円減少する見込みです」。月に10万円以上減るというのだから相当ドラスティックなものである。

また、40歳以上で早期退職を募ると組合の機関紙にあったそうだ。件の社員のように40代だとだいたい5000万円ぐらいもらえるらしいので、それを老後にとっておいて仕事を探すのも悪くないかなと週刊新潮に話している。2010年にも早期退職を募集したが、案の定、できる人間が辞めてしまうのだ。

それにしても朝日新聞の窮状は相当なもののようだ。<「この3年間で100万部落ち、昨年11月時点で660万部まで減りました。売り上げはこの10年で1000億円以上減少し、広告費も半分以下に減っています」(件の社員)>

この頃の朝日新聞の紙面に活気がないのは、こうしたことが原因か、心配である。


朝日新聞


 年に160万ダウンするというのは尋常ではないが、裏を返せば今までが貰いすぎだったのだろう。新聞というのは朝日の「商品」だが、その商品に信頼がなくなれば、メーカーや工場など、容易く傾く。今までの購読者というリピーターが離れれば、広告の訴求力は減るため、必然的に広告収入も下がる。そうすると、今まで販売を支えてきた販売店も「朝日じゃ食っていけない」となる。朝日新聞は、いま間違いなく、悪循環スパイラルに陥っているのだ。

 一般的なマーケットメカニズムにおいては、商品に瑕疵があれば、会社が経営難に陥ることは必然だ。少なくとも、信用失墜は避けられない。廃棄横流しで「もらい事故」を喰らった、カレーチェーン店「CoCo壱番屋」を展開する壱番屋は、自社に瑕疵がなくとも信用を落とす。全く気の毒な状況だ。これに対し、朝日新聞は2014年8月までの三十余年、誤報を垂れ流したまま、検証すら拒んできた。2年前の8月、その商品に瑕疵があったと認めたときも、「本質は別のところにある」と逃げた。正直、こういう会社がいまだに存続すること自体、あり得ないことではないのか。

 朝日は、信用の回復という道を取らず、論点ずらしに走った。批判され、売り上げが落ちるのは当然だ。そして、一向に反省しない会社に愛想を尽かし、会社を去る有能な社員がいたとしても、全く不思議ではない。朝日の犯罪的記事の数々は、このネット社会では瞬く間に共有され、そしてデジタル化されて永遠に残るのだ。朝日新聞に籍を置く以上、社員はそのことと永久に対峙していかなければならない。私がもし朝日の社員なら、とっくの昔に愛想を尽かしている。

 朝日は、今すぐは無くならない。だが、朝日に対する粘り強い批判が、経営に深い爪痕を残していることは確かである。

崩壊 朝日新聞
崩壊 朝日新聞



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/01/26 07:15 ] メディア | TB(0) | CM(16)
未だ660万部ある
昨年11月で未だ660万部売れているんですかー
どんな人が買って読んで居るんだ? 物好きなことで。

この新聞ガミ、慰安婦捏造だけでは無いんですよね。
昭和の歴史をもう一度読み返しているんですが、相当この新聞社は毎日(日日新聞)と並んで、軍部ベッタリというより軍部を先導し国民を扇動する様な記事を書きまくっているのですが、なのに何故戦後になっても日本人は朝日、毎日を購読しているんだろうか?と新聞社のみならず、読者である戦争直後の日本人にも、只今疑問中です。

一般庶民レベルでは、モノが戦中より戦後しばらくの間の方が圧倒的に無くなった、と当時都内在住だった方々が教えてくれましたが、活字にも飢えて何でも印刷物なら奪い合う状態だった、とも聞きます。
けれど、戦勝戦勝と嘘を報じた新聞社と分っても購読するものなのか?と、知りたい時には親はなし、でよーわかりません。
実家は朝日こそ取ったことのない家ですが毎日と地方紙はありましたから・・・GHQの采配としても、過去に大嘘を報じていたなら、国民の信用度ゼロでしょうに・・・

朝日紙面がアベノミクス批判に燃え上がるかも知れませんね。悪いのは安倍内閣で、おかげで自分達がリストラの憂き目だと。
反省しない者は常に他罰志向ですから。
[ 2016/01/26 07:58 ] [ 編集 ]
秘技「てのひら返し」
>なのに何故戦後になっても日本人は朝日、毎日を購読しているんだろうか?と新聞社のみならず、読者である戦争直後の日本人にも、只今疑問中です。

かいつまんで申し上げれば、GHQのプレスコードと公職追放令が大きく影響しています。
終戦直後、アカヒは一度、GHQの発行停止命令を受けています。
鳩山一郎議員のインタビューを9/15付朝刊に掲載し、「『正義は力なり』を標榜する米国である以上、原子爆弾の使用や無辜(むこ)の国民殺傷が……戦争犯罪であることを否むことは出来ぬであらう」とアメリカの戦争犯罪について言及したことを報じた。
この記事や当時頻繁に起きていた米兵による強盗、強姦事件の報道などがGHQの逆鱗(げきりん)に触れ、アカヒは戦後の新聞で初めて、昭和20年9月19、20日の2日間にわたり、新聞を発行できなくなった。
これでアカヒは戦前からの編集幹部を更迭し、てのひらを返したようにGHQの飼い犬になり下がった。
GHQは公職追放令を駆使してNHKはじめほとんどのメディアを手なずけ、
NHKラジオ「真相はかうだ」の放送、各新聞での「太平洋戦史」連載などで聴取者や読者を洗脳していき、米国流戦後民主主義の宣伝に勤しんだ。
出版、教育、司法などあらゆる分野がGHQの顔色をうかがう犬になり、共産主義に染まったGHQの価値観に従った日本製リベラリストを大量生産した。つまり情報操作が公然と行われても怪しまれず、それが新しい日本の価値観と勘違いされて定着していったというわけ。
[ 2016/01/26 10:36 ] [ 編集 ]
心配の種
朝日新聞は潰れても潰れなくても、朝日カラー色の記者たちが、三々五々散って行く・・・
マスコミはそのほとんどが左巻きなので、フリーになって又、日本諌めの記事を書くというスパイラルは、左巻きの核を分散させるだけのような気がします。

心配の種が増えそうで怖すぎます・・・。

[ 2016/01/26 11:01 ] [ 編集 ]
大本営への責任転嫁
もう少しだけ付け加えると、
アカヒはGHQの飼い犬になった際、
戦中の報道は大本営によって情報操作されたからだと責任転嫁した。
だから今のアカヒは徹頭徹尾、軍部を悪者扱いしている。

これは推測だが、恐らくGHQのような信賞必罰の厳しい情報操作はなく、
売るために読者が欲しているような大げさな報道をアカヒが率先してしただけだったのではないか。
現在、「反権力」を標榜するアカヒが占領期間中は尻尾を巻いた「権力の犬」だったことがあからさまになる方がダメージが大きい。
アカヒは存続をかけて、このGHQプレスコードと公職追放令を歴史の闇に葬ったままにして口を噤み続けるだろう。
[ 2016/01/26 11:07 ] [ 編集 ]
ヒトの心
戦時下に小学校高学年や中学生だったという先生達殆ど皆に「教科書に隅を塗らされそれ迄の”本当”が皆嘘に逆転した」のも「自分が軍国少年だった」のも政府や軍隊の所為だった。とよく授業中に聞かされたものですが、なにか「そりゃ大変でしたね」とは思えないものがあって、yasu様の仰る事と似た事を聞いたり読んだりはするのですが、ヒトの心はそんなものなのかしら?と思う方が大きいのです。戦後生まれの気楽さなのかも知れませんが。

同じ様に、「戦時中の記事は大本営に依る情報操作の所為」と言い訳宣伝されて、それまで砲弾や空襲の下で諸体験して来た人々が納得出来るモノなのか?
従軍記者も派遣され記事を書いているし、軍の情報統制はあるとしても、だったら従軍する必要はなかろうに?とは思わないものなのか?
満州事変当時から朝日は行け行けドンドンだったらしいんですよね。

24日の産経に教育問題で書かれて居たのですが<~徳川300年の厚みが明治維新という激変にもペシャンコにならぬ人間を生み出し、明治からの80年が同じく敗戦の苦難を踏ん張り抜く日本人をつくったのだ~>と(それは教育が時間の掛かるモノで、学生を即戦力として社会に供給する事にはない、という主旨のものですが)あって、だよね、と思ったばかりの所にこの疑問でした。

GHQのいい加減さ、誤魔化し、ご都合ばっかり は当時のオトナは占領下で子細はともかくおぼろに分って居たと云いますし、それが真実だろうと思うのです。
負けたのだからモノを言わないだけで、戦勝国の言う事を真に受けるオトナはそうは居なかった、という言葉で私は安心して居たのですけれど、こうして朝日新聞ガミの購買数を改めて知ると、それもどうかな?と。おもふけふこのごろ・・・なので御座る。
[ 2016/01/26 12:11 ] [ 編集 ]
太平洋戦争終戦時の朝鮮半島人(現在の韓国人)による日本人女子に対する強姦レイプ事件の超莫大数発生
太平洋戦争終戦時の朝鮮半島人(現在の韓国人)による日本人女子に対する強姦レイプ事件の超莫大数発生

平成27年1月18日
ゼロタイムズ @zero_times · 55分 55分前 【拡散2】韓国人が慰安婦捏造に必死な理由~誰も二日市保養所のことhttp://ow.ly/u7Wyu 、中原療養所のことhttp://ow.ly/u7WAz 、九州大学医学部での処置の事など全然言わないでしょ? ⇒ http://ow.ly/lBG92
[ 2016/01/26 12:12 ] [ 編集 ]
チープクオリティ・メディアが日本を滅ぼす
朝日というのはあくまで偏向メディアの代表であるということは忘れてはいけません。

それに続く、或いは朝日への注目をよそにより偏向度合いを増している毎日、そして御三家の中日(東京)など階層を持って地方紙まで偏向の序列を作っています。

特にその偏向序列では時に辺境が都市全国紙以上に偏向しているという現実があります。
沖縄の宜野湾市長選での二紙、琉球新報、沖縄タイムスの異常さや北海道新聞などの異常さが挙げられます。
更に「パイワン族報道」で正体が見えたNHKなども偏向メディアの一員です。

と朝日ですが、結局は路線の変更をしているわけではなく、最近は表現の変更を若干しているというだけです。
本質はまったく変わっていません。
今は逆風だが当分おとなしくしておこうぐらいではないでしょうか。

新聞も商品と見れば実にクオリティーの低い商品である朝日。
中高年にとって都市伝説となっていたクオリティーペーパーとは実は元々プロパガンダであったのではないでしょうか。
さよくが蔓延した大学で、さよく教授たちにより、又出版業界などで作り上げられた幻想だったのではないでしょうか。

今や東大から朝日に入社しようとするものもなくなったようで、朝日の実際のクオリティーは実はライトクオリティー、いやチープクオリティーであったと一般日本国民が見る様になる日も近いように思えます。

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6104.html

http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-3687.html


[ 2016/01/26 12:26 ] [ 編集 ]
「日本は、法整備を急ぎ、特亜からの徹底して移住者(移民)を防げ」
「日本は、法整備を急ぎ、特亜からの徹底して移住者(移民)を防げ」

平成28年1月26日
Takayuki Suzuki 鈴木隆行 ‏@takataka_land 31分31分前
【偽善的白人社会の崩壊】多民族共生など不可能である。国連至上主義で行けば、いずれ日本も危ない。日本は、法整備を急ぎ、特亜からの徹底して移住者(移民)を防げ。 19万人の難民に悲鳴を上げるスウェーデン(ニューズウィーク日本版) http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151023-00158420-newsweek-int
[ 2016/01/26 13:06 ] [ 編集 ]
時系列を記事より
テレ朝・椿事件は椿氏だけが云われますが、その実、
椿提言「自民政権潰し、反自民支援に追随を」に各局は口々に「うちはとっくにやっている」とその会合で答えたのだそうで、それを新聞がすっぱ抜き、公正報道違反で免許取り消しもあった所を、郵政省から各局に天下りがワンサといて、放送倫理・番組向上機構(BPO)をつくってテレ朝消滅を逃れた。

椿事件の十年後、朝日新聞の本田雅和記者がNHKの「従軍慰安婦」番組に、安倍晋三、中川昭一両氏が圧力を掛けて改変させた、と大嘘報道し、NHKは否定。
更に倫理違反の無断録音疑いもあって、朝日は珊瑚事件に次ぐ(この時は幹部の配転で逃げた)廃刊の危機となった。
が、TVのBPOに倣って

新聞版BPO「有識者による第三者委員会」を立ち上げた。
人を集めるのもカネを出したのも朝日。集めたのが後の駐支那大使・丹羽宇一郎、偏向報道の共同通信OBに護憲で食う東大教授。有識者でも第三者でもない連中を揃え、結論は「反自民は無罪」。
丹羽が大使で抜けた後は、日弁連の宮川光治。この人は最高裁判事時代「日の丸は軍国主義日本の象徴」と言い、光市母子殺人事件でも一人死刑に反対した判事。

なにをやってもお抱え委員会が無罪にする。だから朝日も最近は気兼ねしない。 前略&途中略&以下略   (2015年2月発刊)

と、高山正之氏が書いておられました。
感想・・・呆。
[ 2016/01/26 18:50 ] [ 編集 ]
嘘で御座います
前文、感想・・・呆。  ではないです。
締め上げタレ~!  あたりが正直な感想です。
[ 2016/01/26 19:10 ] [ 編集 ]
朝日新聞は燃えているか?
すこし燻ぶってはいるようですが、1200万円の年収を160万円減らすぐらいで
当分、燃え上ることもなさそうです。優秀なる火消、築地BPO組がありますから。

新聞が戦時下に翼賛調になるのは、止むを得ないと感じています。 野球であれ
戦争であれ勝負なのですから「初戦で敗退であろう。実力の涵養が第一」なんて
冷徹な記事はどの新聞でも書けないでしょうから。 

しかし、戦後、特に1970年以降の朝日の所業は許し難く、辣腕こはる検事様に
依る朝日の罪状を一瞥するだけで悲憤慷慨にかられますわ。 (歯ぎしり)
新聞には営業免許がなるものが無いそうですから、免許取り消しが効きません。
第二の「椿事件」を起こしたときは即座に系列であるテレビ局の免許を取り消せ
と官邸に憂さ晴らしメールを送りつけました。
[ 2016/01/26 20:20 ] [ 編集 ]
新聞屋の実売数は詐欺です
因みに公称販売部数は押しがみで水増しされてます。
実売は1Ⅹ0部辺りかと思われるそうです。
朝日新聞に広告を出そうとかチラシを取り扱って貰おうと思ってらっしゃる経営者の方、朝日の販売部数は殆どが押し紙で販売されてる実体は有りません。

押し紙は全て廃品業者が引き取って中国共産党の資金源と成る為に輸出され其の金で朝日が潤うと云う構造に成って居ります。
実売数は詐欺ですね。

貴方の誤った判断が犯罪者の資金源に、そして支那共産党周辺諸国侵略の資金へと化ける

反国家反政府的な行動は我が国に於いては自己責任扱いで何ら社会的な制裁の対象にも事実上成りませんし当然罪にも問われません。

然しながら反日反国家的な行動で被害に巻き込まれるのは御免だ。

既に朝日毎日で広告チラシを出されてる方も共犯に成り得ます気を付けよう。
[ 2016/01/26 22:49 ] [ 編集 ]
末田軍曹殿
お互い歯は大事にしようぞ。アヤツ等の為に替りのない歯を軋り減らす事は勿体ないのだ。

戦時中の翼賛はイイとしよう。が、だったら敗戦後に一応でも身の始末はつけろよ、とは思わないかえ?
けじめのなさ過ぎがイヤなんだわ、わては。

で、今日も勝ったぜ~ イラク戦。
[ 2016/01/27 01:49 ] [ 編集 ]
朝日新聞がみ
実は我が家では三代前から朝日新聞を取ってました。理由は明確で、まさに紙の為であります。

祖母によれば朝日新聞は紙質が良く、古紙商が引き取るレートが良かったそうで。
その祖母は寺子屋小学校に通い、(明治時代には小学校の建設が間に合わなくて、お寺を小学校として使っていたそうです)
明治天皇は「神武さまにそっくりじゃ」という人でしたから、リベラルもへったくれもありゃしないのですが、いつも声に出して朝日新聞を読んでました。


父が復員してきた時のことを「ただいま戻りました!」と父は母親に対して踵を合わせてきちんと敬礼し、(^^ゞ帰還の復命を果たしてから旅装を解いたそうで、祖母は軍隊が無くなってから、若いモンはだらしがなくなってどもならん、という固い信念を持ち続けていましたから、朝日新聞の読者も様々ですよ。

まあ、祖母の場合は内容ではなくて、あくまで紙のためなのですが。(笑)
[ 2016/01/27 02:36 ] [ 編集 ]
ヒトは空腹に弱い
>ヒトの心はそんなものなのかしら?と思う方が大きいのです。

やられっぱなしの厭戦気分と食うや食わずの暮らしが
GHQの横暴を受け入れる素地を作り、戦前の価値観をあっさり捨て去るのを
容易にしたことは申し上げるまでもありません。
ヒトは何より空腹に弱い。腹が減ればミミズでもイモムシでも食らう。
GHQが日本人の洗脳に成功したのはそこにつけ込んだからです。
[ 2016/01/27 09:33 ] [ 編集 ]
新聞ガミ
バロン閣下の御祖母様の「現実感」が、多分戦中オトナの新聞への、少なくとも戦後認識だったのではないかしら、と思います。
一番影響を受けたのがその頃の軍国少年世代で、敗戦GHQ施策が分岐点でまっすぐ行けば日下公人、渡部昇一両先生方向の道、左へ蛇行して朝日翼賛派の道へと。

お家の中で声を出して読まれるのは、年輩者にはとっても好い事だと最近身を以て感じます。少なくとも顎の訓練にはなりますもの。
お父様ご帰還のご様子、小野田少尉の復員ニュースを思い出しました。

yasu様があまり評価されない吉田茂首相も、「国民の空腹」問題解決に重点を置かざるを得なかった、とyasu様が思って下さればちょっと嬉しいです(奸計では決して無いですよw)。
[ 2016/01/27 21:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: