私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  単なるレッテル張りに終始する、進歩のない市民連合シンポ

単なるレッテル張りに終始する、進歩のない市民連合シンポ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 1月23日、SEALDs等が結成した市民連合なる団体のシンポジウムが、東京都北区の北とぴあホールで開かれた。市民連合の正式名称は、「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」というそうである。しかし、安保法制は単なるとっかかりでしかない。Webサイトを見てみると、彼らが20日に決定した趣意や理念には、政策として、下記の事項が列記されている。

市民連合は、個人の尊厳を擁護する政治の実現を目指し、
(1) 格差・貧困の拡大や雇用の不安定化ではなく、公正な分配・再配分や労働条件にもとづく健全で持続可能な経済
(2) 復古的な考えの押しつけを拒み、人権の尊重にもとづいたジェンダー平等や教育の実現
(3) マスコミや教育現場などにおける言論の自由の擁護
(4) 沖縄の民意をふみにじる辺野古新基地建設の中止
(5) 脱原発と再生可能エネルギーの振興
などのテーマにおいて政策志向を共有する候補者を重点的に支援していく。



 要するに、彼ら団体は、旧来型のサヨク団体そのものなのだ。特に目新しいものではない。集団的自衛権の行使容認化をトリガーにして、それまでサヨクが主張してきた沖縄問題、原発問題、ジェンダーフリー等々、手垢のついたイデオロギーまみれの主張を改めて押し出しているだけである。

市民連合シンポ



権力者による憲法の蹂躙(じゅうりん)を食い止めるためには、選挙によって傲慢(ごうまん)な権力者を少数派に転落させる以外にはない。


 これは、その趣意書に書かれた一文である。彼らは復古的な考えが嫌だというが、このアジ文ひとつとっても、かなり復古的ではないか。どこか懐かしささえ感じる表現手法だ。

 シンポには、民主党の小川敏夫、維新の党の初鹿明博、共産党の小池晃、社民党の吉田忠智など、左側の政界からも参加者がいた。小川は安倍政権を「だんだんとナチスに似てきた」と表現し、維新の初鹿も共産の小池も、安倍批判を大いにアジった。内輪の会での話なので、彼らの発言が一般大衆に影響力とは思えないが、話の内容は革命でも起こそうかという勢いのものだ。

 民主党のブレーンであり、反安倍という場面では度々登場する山口二郎(法政大教授)は、このように語っている。

 「私たちは今、不本意だが、安倍時代に生きている。安倍時代とは今までの時代と全然違う。憲法違反が当たり前だ。政治で言葉が意味を失うとか、政治家が人間としての品位、品性、常識を一切失うとか、めちゃくちゃな状況だ。しかもその状況に怒らない人が国民の半分ぐらいいるという大変嫌な状況だ。これをなんとかしないといけないという思いで議論したい」
「私たちの自由を浸食していく、個人の多様性や個人の自己決定を押しつぶしていく動きが進んでいる。夏の参院選で自民党の楽勝を許したら、ポイント・オブ・ノーリターン、後戻りできないところを過ぎてしまうのではないか。過ぎたら、どんなにあがいても自由と民主主義と憲法は取り返せないという状況に来ているのではないか。2016年は決戦だということでテーマを掲げた。イヤな時代をどう押し返すかについて話してほしい」


 私たち国民は、果たして安倍政権によって自由を侵食されただろうか。もしくは自由を侵食される途上であるのか。私たち国民は、選挙によって安倍政権に信認の意思を示した。今でも半数前後が安倍政権を支持している。少なくともその半数にとっては、「不本意な安倍時代」ではない。山口は、「その半数が現状に怒らない状況が嫌だ」というが、その半数の自由意志を不快に思うこと自体、彼らがいう多様な価値観を否定することではないのか。支離滅裂すぎて、本当に呆れる。

山口二郎


 昨年8月、山口二郎は国会前のデモにおいて、「安倍に言いたい!お前は人間じゃない!叩き斬ってやる」と絶叫した。安保法制を進める安倍総理を人間ではないと定義するなら、その安倍総理の政策を支持する我々国民の多くも、人間ではないということになる。安保法制を推進する政治家に品位、品性、常識がないとするなら、支持者も同様に品位、品性、常識を欠くということになる。

 しかし、「お前は人間じゃない!叩き斬ってやる」という人物に、もしくは安保法制に反意を唱える人のみに品位、品性があるとするなら、それこそ傲慢な態度だろう。

 参院選は、こういう市民運動に引導を渡す選挙にしたいものだ。幸い、沖縄県宜野湾市の市長選では、翁長知事が推薦した候補者を、政府・与党が推す現職の佐喜真淳氏が大差で破った。選挙こそ、民意の反映である。市民連合の趣意や理念が多数派でないことを、身をもって知ってもらう機会としたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2016/01/25 07:14 ] 社会問題 | TB(0) | CM(4)
≪保存版≫ 韓国式捏造ステマ「安倍政権は、戦争を目指している」によって左翼思想(=韓国思想)洗脳されている日本人の方々へ、第1次統計数字資料によれば、戦争を目指しているのは、韓国および共産シナです。
≪保存版≫ 韓国式捏造ステマ「安倍政権は、戦争を目指している」によって左翼思想(=韓国思想)洗脳されている日本人の方々へ、第1次統計数字資料によれば、戦争を目指しているのは、韓国および共産シナです。

*****
ShounanTK 殿  Twitter 平成27年8月13日 [加筆済み]
日本人なりすまし帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社の韓国式捏造ステマ「安倍政権は、戦争を目指している」によって左翼思想(=韓国思想)洗脳されている日本人の方々へ、各兵員の能力および各装備の性能を無視した第1次統計数字資料によれば、韓国および共産シナは、米国、インド、ドイツ、日本国などよりも軍事大国であり、戦争を目指しています。
・兵員数:支233万人、米149万人、印137万人、韓70万人、独26万人、日25万人
・空軍機数:支2193機、米1438機、印?機、韓?機、独?機、日552機
*****

-----
平塚パラヤン女
[ 2016/01/25 13:10 ] [ 編集 ]
民主党時代は憲法違反が当たり前だったのだが
山口二郎狂呪は、頭がおかしいようだ。

民主党時代の憲法違反行為は挙げれば相当な数になるのだが、こっちは当たり前ではないらしい。

主な憲法違反行為

①子ども手当を外国人が受給できた(憲法89条違反)

②朝鮮学校への補助金拡大(同上)

③言論弾圧(松本龍の村井嘉浩宮城県知事、メディア関係者への恫喝など多数)

④尖閣諸島漁船衝突事件にて沖縄地検への行政介入(三権分立の根幹を揺るがしかねない事態)

⑤外国人(特に在日)からの政治献金

⑥民主党の党員の国籍条項が無かった(外国籍でも党員に成れた)

その他多数

どう見ても、二枚舌なサヨクの「憲法違反議論」。

まあ現憲法は無効だから、合憲違憲の議論自体が無意味な気もするが、少なくとも多数の憲法違反を犯していた民主党信者には主張して欲しくは無いと思う。

サヨク思想の原点である「啓蒙主義」、「エリート主義」であるが、これがいつの頃からか歪んだエリート主義に変貌していった結果、山口狂呪や共産党のようになっていったと思われる。

その為、彼らが定義する「国民」とは「大衆」ではなく、「進歩派」、「プロレタリア独裁を支持する有権者」の事である。

それ以外の国民など、彼らからしてみれば「居なくて結構」なのだろう。

「私たち」というのは、「サヨク」の事なのだろう。サヨクが安倍政権である事を不本意に思うのは当然だし、自分達が今まで好き勝手に情報操作できていた自由が今後無くなっていくのは当然の事である。

品位どころか人間として疑うレベルの人間に「品位」などを語られるのは失笑である。頭から出直したほうがいいと思う。

最近では論理的な反論ができずに、「違憲」「ナチス」「ヒトラー」「独裁」「戦争法」などという、お決まりのレッテル貼りとアジ演説と誹謗中傷を繰り返すだけで、自分達が支持されるとでも思っているのだとしたら、笑いを通り越して軽蔑の感情しか持てない。

サヨクは、もう少し宣伝手法というものも自分の頭で考えた方が良いのではないかと思う。

[ 2016/01/25 20:52 ] [ 編集 ]
すりつぶしたい
会合の趣意・政策という箇条書きの1は、彼等の言い分とは中身は多少違う気がするが言葉上ではなるほど、と思います。が、その他の提言には全く反対だわね~とつくづく思う項目でした。
彼等も彼等自身のいう個人の自由ぐらいは認めざるを得ないはずなので、他人がそう感じると云っても良いだろう。

山口某の文言一字一句、何故あの民主党政権時に全く同じ事を云わなかったんだろう?民主主義の危機はあの三年三ヶ月にこそあっただろうに。

第一、「お前は人間じゃない。叩ききってやる」という、ドラマの台詞を勝手に使った事の悪し悪し(良い事ないですもの)は別にして、言葉通りに受け取れば殺人予告そのもので、安倍さんが訴えればそれなりの訴訟になる「事件」でもあり、それをせずに放置されている自分の現実を見れば間違っても「自由の浸食」など言えるモノでは無かろう、と思います。
日本の言論が自由すぎる事で、ヒトの良識を超えても自らがそれを感知できずに底なし欲望の餓鬼になっている感じが致します。みっともねー事じゃ。

何にしても反日勢は夏の選挙に向けて死にもの狂いで攻勢を懸けてくるのでしょう。
普通に暮らしている、彼等が言う「約半数」の日本人の感覚とは違った感性で日本を無防備にしたい「意志」を、トコトン擂り潰してやりたい気分にさせてくれます。
[ 2016/01/25 22:31 ] [ 編集 ]
ここに上げられた二枚の写真が左翼の本質を見事に突いて居てトテモ良いですね。
高齢化、醜悪化、狂気化、民意との極端な迄の乖離ですか
其の儘拡散するのも良いですが、一工夫付け加えてコラでネタ化してから拡散するのも面白そうですね。

所謂クソコラグランプリですね
[ 2016/01/26 06:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: