私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  過去に向かう南鮮と、未来に向かう日本

過去に向かう南鮮と、未来に向かう日本

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安倍政権の支持率は、私が比較的信頼している時事通信の直近の調査で前月比4.0ポイント増の45.2%で、4カ月連続の上昇となった。朝日新聞の調査でさえ、前月比4.0ポイント増の42%であるから、昨年12月28日のいわゆる慰安婦に関する日韓合意は、支持率を下げるどころか、むしろ好感を持って受け入れられているようだ。

 一方、南朝鮮のプレシアンによると、朴政権の支持率は、前回調査より3ポイント下げて40%となり、逆に不支持率は7ポイントも上昇し、53%を記録した。不支持率が50%を超えたのは、昨年の南北朝鮮の準戦争状態を解除した「8.25南北合意」以来、初めてのことだそうである。同調査では、慰安婦合意に関して「よくやった」と評価した人は26%に過ぎず、56%は「間違いだった」と回答。日韓間の再交渉を促す声は58%にも達する。

nikkangoui.jpg


 日本では今や嫌韓の傾向が強いが、いわゆる慰安婦問題を正確に把握している者はそう多いとも思われず、日韓合意の問題点を正しく理解できていないから、安倍政権の支持率は落ちなかったのではないか。一方、南鮮では慰安婦問題で日本の謝罪と賠償を求めることを、ほぼ国家事業として教え、報道してきたから、反発が強いのは当然だ。朴槿恵は苦肉の策として、こんなことをやりだした。

韓国外交部、HPに「韓日慰安婦合意Q&A」説明資料掲載…13項目で構成 (中央日報)

 韓国外交部が韓日間の軍慰安婦合意について、Q&A形式の資料を作成しホームページに公開したことが20日、分かった。

 韓国外交部はホームページに「旧日本軍慰安婦問題に関する合意関連Q&A」というタイトルの資料を掲載し、合意で争点となった事案を合計13項目で整理し、質疑応答で説明している。

 韓国外交部が韓日間の慰安婦合意に関する説明資料を掲載したのは今回が初めてだ。韓国外交部は「旧日本軍慰安婦問題に関する合意関連Q&A」を通じ、在韓日本大使館前の少女像移転を条件に日本から10億円を受け取ることにしたという一部の主張について、全く事実ではないと伝えた。


 朴槿恵は、政権発足当時から、日本に対する強硬な姿勢を示し、南鮮族の期待値を上げ続けてきた。安倍総理が習近平と会談を持つなか、朴との首脳会談が行われてこなかったのは、ひとえに朴が「慰安婦問題の解決策を持ってこい。そしたら会ってやる」と、居丈高な要求をし続けてきたからだ。

 国民の期待値を煽るだけ煽り、日本から引き出せたのは10億と首相の謝罪だが、南鮮は今後、慰安婦、性奴隷等々の問題を蒸し返すことができず、たかりの元は絶たれた。自国民からエサを取り上げた朴が恨まれるのは当然だろう。

 日本にはやるべきことがある。日韓合意で地に落ちた先人の名誉回復だ。日本のこころを大切にする党の中山恭子代表が参院で素晴らしい質問を行い、安倍総理から性奴隷、20万人、強制連行という事柄の否定という言質を引き出した。日本がこれから向かうのは、未来に向かい、この日本の立場を国際社会に訴えていくことだ。

 ところが南鮮は違う。彼らは明らかに過去に向かっている。「強制はあった」「性奴隷にされた」などと、過去の“彼らがそう伝えられた事実”を確認することだけに固執し、合意事項の履行など、いまや風前の灯である。

 日本大使館前の慰安婦像の撤去は、日韓合意の前提ではないという説も確かにある。しかし、話がここまで膨らんだ以上、撤去を前提としない10億という税金の拠出は、日本国民が納得しない。朴槿恵と南鮮国民の混乱を、我々は高みの見物をしていればよい。実質的な相手は南鮮ではなく、国際社会だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/01/22 07:16 ] 外交 | TB(0) | CM(9)
平成28年1月21日付け最高裁判所判決「第1次資料に基づかないNHK韓国式捏造歴史宣伝工作も、編集権、表現の自由などである」=不当判決
平成28年1月21日付け最高裁判所判決「第1次資料に基づかないNHK韓国式捏造歴史宣伝工作も、編集権、表現の自由などである」=不当判決

第1次資料に基づかないNHK韓国式捏造歴史宣伝工作を編集権、表現の自由などであると韓国式デマ判決を下した最高裁判所へ、何回も強く徹底抗議しましょう。

(最高裁判所は、お葉書とお手紙での意見を受け付けることを認めています)
[ 2016/01/22 10:48 ] [ 編集 ]
韓国には在日引き取ってもらい滅んでもらうしかありませんね。
[ 2016/01/22 11:43 ] [ 編集 ]
慰安婦像撤去なしでも10億円支払う画策を日韓でしてるらしい。
安倍総理になにがあっても英霊の名誉を守るという信念がなかったから、軍の関与を認めて謝罪などと会見で発表し世界中に20万強制連行を認めて謝罪と喧伝された。
きっと次は、慰安婦像撤去なしでも10億円支払うよう親韓派の谷内や萩生田が働きかけてくると思ったら案の定、官邸内でそういう動きがあると青山繁晴氏がラジオ番組で暴露していた。
国民が監視をしなければどこまでも妥協し国民税金が無駄に使われることになることを肝に銘じるべきである
[ 2016/01/22 14:24 ] [ 編集 ]
【第1次資料に基づくと、「沖縄」は、「琉球」よりも古い名称です。しかし、日刊スポーツは、日本国と沖縄県の韓国式分断工作として「沖縄県」でなく「琉球」という名称を韓国式既成事実化ステマ連呼し、沖縄県民を含む日本国民を人権弾圧しています。】
【第1次資料に基づくと、「沖縄」は、「琉球」よりも古い名称です。しかし、日刊スポーツは、日本国と沖縄県の韓国式分断工作として「沖縄県」でなく「琉球」という名称を韓国式既成事実化ステマ連呼し、沖縄県民を含む日本国民を人権弾圧しています。】

*****
永田町・霞が関担当 千沙都(ちさと) 女史 コメント H28/1/21 (加筆済版)
◆第1次資料に基づくと、「沖縄」は、「琉球」よりも古い名称です。
◆日本人なりすまし帰化未帰化在日韓国人サヨク、帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社などは、韓国および共産シナの指揮下にあり、日本国と沖縄県の韓国式分断工作として「沖縄県」でなく「琉球」という名称を韓国式既成事実化ステマ連呼し、沖縄県民を含む日本国民を人権弾圧しています。
◆日刊スポーツはH26/3/23の午前11:04、「沖縄県」でなく「琉球」という名称を韓国式既成事実化ステマ報道「琉球ののライアン 沖縄尚学山城4安打完封」して、沖縄県民を含む日本国民を人権弾圧しました。
*****

by長野県J
[ 2016/01/22 14:33 ] [ 編集 ]
10億円が宙に浮いているなら・・・
近代の日本史の研究をしている世界のいくつかの大学に補助金を出したら良いのではないかと思います。
急がば回れの精神が無いと、支那韓の止めを刺すことはできません。

あとは強制労働や南京大虐殺の作り話に、政治家が不用意な発言をしないことです。
本当にもうこれ以上面倒なことに巻き込まれないように願っています。
[ 2016/01/22 14:44 ] [ 編集 ]
過去定住
南鮮が過去に向かう、というより何時からかは分りませんが自国の美化&被害者過去作りに懸命になって居るだけの様にも思います。
国家を挙げて「私は可哀想な美女だった!!だったと言ったらだったんだ~!!!」定住運動ではなかったかと。
世間体の手前一歩前進するかのように見えて実は三歩後ずさり国家。

「アジア女性基金」で南鮮を含む全世界の「日本軍犠牲慰安婦」と申し出た人には既に何十億円かの(確かな数字を挙げて居られましたが)お見舞い金で決着がついている事、だと二週間ほど前でしたか飯島参与がフジ・プライムで紹介されていました。

慰安婦だったという南鮮女性自身の発言や米国公文書、当時の朝日新聞記事と写真等でもそのほぼ全体が知られていますのに、なんで今10億円出して「日本軍が致しました」見解を世界に証明する様な事をさなるのか?安倍総理のお心の内は全く分りませんが、その内見えてくるものがあるのだろう、と今は控えます。
ですが、無駄な血税の流れる先は無駄で終わるだろうと思いますが。

過去に定住しなければゴネる元がなくなるので国民の支持が下がる国家指導者の国、と考えれば申し訳ない言い方になりますが「未来は無い」国でしょう。

今現在でも、国際協力プロジェクトに強引に参加して来て「日本の特許をタダで使わせろ」と会合の度にごねまくる国だそうで、相手をしなければならない担当者が精魂尽き果てるのも同情に堪えません。
[ 2016/01/22 16:42 ] [ 編集 ]
根本は韓国、中国の反日敵対、反日プロパガンダ教育が続いていることです
日韓関係の表れ方の一つは日韓の輸出入貿易データとおのおのの国への訪問数ではないでしょうか。
そこでは中国と同様に来日韓国人、中国人は増加していても他は減少傾向にあるようです。
確かに世界全体が原油安と共に株価下落が顕著に表れ不安な状況に連動もしているでしょう。
それを日本経済全体から見てでは中国や韓国との経済関係を復活させ日本経済(アベノミクス)の助けとしようとするのかと考えれば、それを第一義とするのではなくこの中国、韓国以外との関係で経済を成り立たせる方向性は持つべきでしょう。
但し、ここまで経済関係が強固になった現実からある程度中韓との経済関係も維持せざるは得ないでしょう。

そんな韓国、中国との関係ですが、韓国で言えば釜山の日本領事館前に慰安婦像を新たに設置する計画だとか。

http://www.sankei.com/world/news/160121/wor1601210044-n2.html

朴裕河・世宗大教授のような動きがあるにしても長年反日教育で染まり司法が民主的に機能していない韓国社会ではその元を断たない限り今後も続いて行くものだと思います。

ソウルの日本大使館前の慰安婦像も現状そのままですし、日韓の慰安婦問題に関して会談合意があったとはいえ、燻り続ける理由があると思います。

中国にしてもそれは同様で愛国記念館という反日施設を増設し、学校教育も含めやはり幼少期から反日意識を植え付けているわけですから基本的に根本からの和解とでもいうものは訪れないと思います。

この韓国と中国は共に国、政権を維持するために偽り題材で再生産とも言える反日教育を行っているわけですから政権が大きく変化しないと将来も根底にある対日感は変わらないでしょう。

そんな日韓、日中関係ですが、ともすれば「日韓友好」、「日中友好」に引き戻したい勢力が日本ではなくなったわけではなくちょくちょく顔を出します。

そのような勢力がまた企むのが「日韓通貨スワップ」、「日中通貨スワップ」などへの動きです。
またそこには政治経済として日中韓関係を捉えず、単純に経済至上主義的に言動する者たちもいるでしょう。
IMFなども日本側に国家観が欠落しており、政治経済など多面的な見方が欠落しているようです。

https://www.boj.or.jp/intl_finance/outline/expswap.htm/

企業などでも売り上げが落ちた取引先があればそこを元に戻そうという働きかけもあるでしょうが、相手側に大きなリスクがあれば他の補填出来る取引先を模索するということが常識的な企業活動だと思われます。
然るにその当たり前の動きが国のやることとしては出来ていないように感じます。
気を抜いていると「日中韓通貨スワップ締結」などと突然ニュースが流れたりします。

http://www.sankei.com/economy/news/151228/ecn1512280027-n1.html

http://www.sankei.com/west/news/160104/wst1601040007-n1.html

そしていつものように国内偏向メディアなどの中国、応援にも注意が必要です。

[ 2016/01/22 19:33 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/01/22 21:59 ] [ 編集 ]
南朝鮮に、合意事項の履行など期待するだけ無駄
>朴槿恵は、政権発足当時から、日本に対する強硬な姿勢を示し、南鮮族の期待値を上げ続けてきた。

露骨な反日外交は、李明博政権からですね。

李明博政権の新自由主義に基づく経済政策は、南朝鮮人勤労階層に恩恵をもたらしませんでした。
WHOによれば、南朝鮮の自殺者数は、03に日本を抜き、09年では、10万人当たり31.0人となって、OECD中では最悪となっています。

反日外交には、“国民の不平不満を反日ナショナリズムを煽る事で逸らす”という意図が有ったでしょう。
(しかも、日本は媚南朝鮮の民主党政権で、南朝鮮に害が無い)


一方、朴政権の反日外交には、華夷秩序(小中華主義)回帰という流れもあります。

‶慰安婦問題で日本に謝罪させる事に執拗にこだわる”

のは、損得勘定だけでなく、華夷秩序で南朝鮮の方が日本よる上位である事を示す為でもあるのでしょう。

故に南朝鮮に、合意事項の履行など期待するだけ無駄です。

後は、日本が、無条件での10億円拠出を突っぱねる事が出来るかどうかですが、
理不尽な要求に対して、日本人が怒りの声をあげないと、東アジアの安全保障うんぬんかんぬんの為という事で、無条件で10億円拠出させられる可能性は否定できません。
[ 2016/01/22 23:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: