私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  雑感: 朝日新聞の発行部数減少と経営悪化

雑感: 朝日新聞の発行部数減少と経営悪化

← 応援クリック、ありがとうございます。

日本の新聞の凋落が止まらない。日本新聞協会が集計した2015年10月時点での新聞の総発行部数(一般紙とスポーツ紙の合計)は4424万部と1年前に比べて111万部も減少した。ピークは1997年の5376万部だったから、18年で950万部減ったことになる。日本最大の発行部数を誇る読売新聞が一紙丸ごと消えたのと同じ減少である。

出典:なんと総計1000万部減!新聞はやっぱり「消えるメディア」なのか?


 新聞の発行部数が、1年前と比べて111万部も減少したという。11年連続の減少で、1世帯当たりの部数は0.80、人口一千人当たりの部数は436部だそうだ。この18年間で読売が丸ごとなくなるほどの凋落ぶりを見ると、新聞業界もある程度の危機感は持っているはずだ。しかし、その危機感が紙面や報道内容に表れているとは、なかなか思い難い。

 首都圏の交通広告をみても、社内の中づり広告では雑誌や週刊誌の広告が減り、鉄道本体の広告が空き枠を埋める現象が目立ってきた。乗客はスマホをいじるか寝ているかで、ひところの「所せましと新聞を読む」風景は既にない。紙メディアそのものが、時代に追いついて行けていない感がある。

 私が最も注目する新聞は、言うまでもなく朝日新聞だ。少々古い統計になるが、下の図は新聞各社の2014年後半と2015年前半を比較したときの、発行部数の差異を示したものだ。

gn-20150819-06.gif
Gabage Newsより)


 朝日新聞が突出した減少を示しているが、それでもマイナスは4.27%に限られる。私はこの新聞には廃刊が望ましいと思っているが、そのゴールはまだ遥か彼方だ。

 とはいうものの、朝日新聞の経営は苦しさを増しているようだ。以下は、朝日OBの方のツイートである。


 この方が13年前に朝日を退職したとき、「一生朝日新聞タダで配達します」という「特典」が与えられたそうだ。数万人はいる退職者へも福利厚生を施すぐらいだから、経営は万全だったのだろう。OBへの福利厚生も、購読者が負担していたということになる。この福利厚生ですら、朝日は打ち切らざるを得なくなった。

 先の慰安婦問題における日韓合意についても、朝日は「双方が歩み寄れ」と居丈高な論調を展開しているが、この問題に火をつけたのが朝日新聞であることは、疑う余地もない。新聞各社には独自のイデオロギーがあり、主張の幅にある程度の差があって当然だとは思うが、この新聞は「主張の差」ではなく、「嘘を発信」することに関して社会悪なのだ。このままにしておいて良いはずがない。

 宅配システムに支えられる日本の新聞に、部数の急激な減少が起こるとは思えない。朝日のような社会悪に対しては、「嘘吐き新聞」の内実を根気強く広めていく必要が、まだまだある。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/01/11 10:34 ] メディア | TB(0) | CM(15)
ポスト安倍の人選
この朝日に限らず、国民の既存メディア離れというものはあるでしょう。
また新聞というものであればデジタル情報発信への移行というものもあるでしょう。
もう一つ注意点は既存メディアを新聞の発行部数だけで判断するだけでなく他の収入源の監視も必要でしょう。
案外、もう不動産業の比率が上がったりしていたりもするかも知れません。

等々色々考えられはしますが、そんな偏向メディアの問題は次期参院選にも関係します。

現、安倍政権。
安倍首相は良くやったとも。
特に外交・安保は時勢の助けもあったでしょうが、こういう問題はやる気の無い首相であるとか野党では進まなかったと思います。

しかし、経済では失われた15年なりをストップさせた功績はありますが、大企業などに恩恵はあっても社会全体に経済の復活を実感するまでには至らず、更に相変わらず非正規労働者の置き去りや低所得者・高齢者の増税への対策不足を感じます。

更に昨年末慌しくまとめた「慰安婦日韓合意会談」にしても長年騙され続けてもういい加減学習出来ていたかと思うと又同じ轍を歩んでしまった様で、早速韓国内では政権批判やら反対運動が盛り上がっている様です。

と成ると、限度のあった現安倍首相に対してやはり日本の本来主張すべき正しい歴史認識を推し進められる次期首相に期待が向かうという事に成りますが、人材が枯渇しています。

相変わらず国家観の無い、野党の方が居場所が合っていそうな野田聖子が次期首相に意欲を持っているとか、移民を安易に推進しようとする石破茂が居る中でやはり稲田氏のみに期待がかかるのは酷な様で他の力のある真性保守政治家の多数出現が待たれます。

安倍首相の任期までに体制が出来なければもう一期安倍内閣という手もあるのかもしれません。
戦後70年の染み汚れはそう簡単には取れないということでしょう。

http://www.sankei.com/column/news/151223/clm1512230010-n1.html

http://www.sankei.com/premium/news/160111/prm1601110017-n1.html

そしてさよくは頼りにならない野党よりはと自民党反日親中・韓派議員を応援するという倒錯が考えられます。

そんな自民党の次期首相の人選の重要性ですが、それこそ今後の憲法改正や続く反日国の対反日プロパガンダなど、真っ先に絡んで来るのが一般日本国民に影響を与える朝日などこれら在日偏向メディア対策の重要性だと思います。
首相選びにも日本国民誘導の動きをして日本をミスリードしないとも言えません。


[ 2016/01/11 12:48 ] [ 編集 ]
安倍・竹中政権の経済政策により、日本語市場は大縮小する事確実。新聞も逃れられない。
>宅配システムに支えられる日本の新聞に、部数の急激な減少が起こるとは思えない。

安倍・竹中政権による日本人勤労者困窮化政策により、若い世代は新聞を購入する余裕など無いでしょう。
(当然、車所有も無理、結婚も無理、よって住宅購入などあり得ない)
そして、今まで新聞を購入してきた高齢者層も、消費増税対策として、新聞を解約する世帯が出てくると思われます。
(そして、いずれ寿命がつき、亡くなります。2035年問題)

安倍首相「予定通り」 消費税率10%への引き上げ
2016/1/10 10:09
(引用開始)
安倍晋三首相は10日のNHK番組で、2017年4月に予定する消費税率10%への引き上げについて「今度は前回のような景気判断は行わず、リーマン・ショック級のような世界的な出来事が起こらない限り、我々は予定通り引き上げていく考えだ」と述べた。
(引用終了)


安倍・竹中政権が進めるグローバリズム+新自由主義政策

株主の為、企業が、短期利益を上げやすいように日本の労働条件を世界最低水準とする。

により、日本人の勤労者は、世代の再生産が出来ない状態になります。
当然、日本人人口が減少の一途となるので、安倍・竹中政権は移民導入とシナ人の需要取り込み(日本へのシナ人観光誘致)を遮二無二に推進している訳です。

日本の民間企業は、そんな安倍・竹中政権の有様を観察し、日本国内市場は捨てにかかっています。
新聞社も生き残りたければ、英語やシナ語を話す人をターゲットした媒体に衣替えする事です。

新聞社の大好きな言葉ですよね「グローバル対応」
[ 2016/01/11 13:58 ] [ 編集 ]
日本は、経済政策人災により、衰退国となった現実を直視すべし
日本の国内市場を活性化させるには、

・若い世代の労働環境を向上させる事
 (確実に結婚が増えます)
・若い世代の夫婦が買えるような良質の広い住宅を供給する。
 (家具等を買うので、国内需要喚起されます)

が必要です。
広い住宅の提供は、製造業の海外移転や、人口が減少している今ならば、上手くやれば可能でしょう。
ただし、戦後の都市計画の失敗(田園都市構想の失敗によるスプロール化)を反省しつつ進める必要があります。
(都市景観・品格は、戦前の帝都東京の方が、今の東京よりも上回っていました)

新自由主義政策が続く限り、日本市場(日本語市場)の永続的縮小は続き、日本市場に依存した業界は淘汰されていくでしょう。


出版不況の原因7つ 寄稿:冬狐洞隆也氏
(引用開始)
取次経由の出版物販売額の推移をみると、2012年は17,398億円となり、売り上げのピーク(1996年)から見るとマイナス9,166億円。特に、雑誌の落ち込みが酷くマイナス6,248億円となった。結果、書店経営も厳しくなり、ピークの25,000店から12,500店に半減している。書店数のみならず、出版物の販売金額・部数ともに右肩下がりの状況にある。雑誌販売の最大の不振は、コンビニエンスと駅売店の雑誌の売上の減少、これは今後も生産年齢人口減少と少子化で不振は続くことになると考える。

出版不況の原因7つ

  1 ) 日本人の人口構成比率の変化・少子化と生産年齢人口の減少
 2 ) インターネット・スマートフォン・タブレットの普及
 3 ) 図書館・新古書店の利用拡大
 4 ) 消費者の情報収集手段の多様化と情報の階層化
 5 ) 時間・お金の使い方の変化
 6 ) 所得の実質的な減少と格差社会の2極化
 7 ) 情報源や娯楽としての出版物の価値の低下

更に、今後、電子書籍の普及と消費税増税が加わるといくら新刊書店が頑張っても限界が見えてくる。出版物の売上は1996年をピークに1997年の消費税が5%に増税後、外的要因で出版社も新刊書店も16年間もマイナスが続いた。

特に、人口構成比率では年少人口減少の影響と中心読者層の年齢上昇が原因となる。近年団塊の世代が65歳になり極端に読者人口が減ってきている。5年後の2018年には年少人口が全人口の12%。生産年齢人口も59.6%と6割を割ることになる(労働力不足が顕在化する)。上記7項目は社会の構造変化の結果で、出版業界の自助努力だけでは限界があることが証明されている。

2016年までに書店数は 1万店を下回る

心情的には出版業界の成長を希望している。だが、現実の7項目の数字の裏付けを見ると出版業の成長の根拠もなく、社会変化に適合しない従来からの出版刊行と流通システムでは読者減少に歯止めはかからない。つまり、売り方が変わっただけでなく、書籍・雑誌そのものが以前に比べ読者に支持されなくなったようだ。売れる本と売れない本の2極化が一段と鮮明になってきた。買う人が少なくなれば本の売上は上がるわけがない。

出版流通システムの中枢を担っている取次の扱い量の減少は今後も続き、企業の成長どころか半減の可能性が大である。書店の数も2016年までには10,000店を下回ると断言する。
(引用終了)
[ 2016/01/11 14:21 ] [ 編集 ]
朝日の勧誘
言われてみれば、こんな田舎、今まで見向きもされなかったのに、去年頃から朝日の勧誘がしつこい。電話、訪問等々
勧誘には「ウチは家族にジャイアンツファンがいるので、読売しか取らない」と言って断った。
新聞の勧誘も上手に断らなければ禍根を残す。
[ 2016/01/11 18:25 ] [ 編集 ]
捏造朝日 撃ちてし止まん
これだけ国賊ぶりを晒して4.2%の減少ですか・・・(涙)
ほとんどの人が中身を読んでないということでしょうね。

愛知県の場合、朝日の販促手腕は狡猾です。 身障者や動物愛護協会等の
NPO代表者やスタッフの紹介を夕刊紙面の1/3を使って行うのです。
紹介された組織は関係者や知人にメール等で記事を拡散しますから良い宣伝に
なっているようです。 

新聞の中身を読まない輩への絶大なる説得は値上げであると思えます。
今年、消費税を上げると判断するならば、新聞の税率軽減は断固やるべきでは
ないと官邸にメールをしておきました。
[ 2016/01/11 19:33 ] [ 編集 ]
生活必需品じゃないし
軽減税率に新聞もと言いますが、与太記事書いて国を貶める紙の何処に「国民の教養」価値があるのか?おとといお出で、としか思えません。
「だったらガス、水道、電気代金が何故ならない」という自民党の意見は正しい。と思う。

購読数が減少してもその中身に減少原因が影響をおよぼしては居ないのは当然なのです。何故って、最初からプロパガンダ紙だから。言いたい反日事、広めたい嘘事を拡散する為の新聞がみには、売れること以前の目的があるのですから。

それに、新聞発行部数が激減しているのは日本だけではないようで、世界的(民主主義国に於いて)現象だとか。
そこに日本の特殊性も加わると、先は長いが希望は在る!

OBの方の情報で、無関係者はムフフフですが、現役社員の収入は今のところ確保したいのでしょうね。
産経の阿比留氏が何年か前に書かれて居たところでは、産経と違って朝日サマ辺りのお給料はかなり高給だそうです。OB方も引退時にはそれに即した退職金だったでしょうから、嘆く程もないのでは? なんて、他人は思う。
読まなけりゃいいのよ。そんな紙。
[ 2016/01/11 20:43 ] [ 編集 ]
マスメディアの衰退から情報の捉え方を考える。
活字文化が衰退していく訳ではないが、これから人々の問題意識を捉えるのは視覚に訴えかけるものでなくてはならないのではないかと思う。
慰安婦問題の記事に関しても国際的に拡がったのはたしかに強制連行や性奴隷などの言葉に代表される決定づけるワードにある。が、慰安婦とされる人達の涙ながらの訴えや慰安婦像がTVの映像で映し出された事での感情移入も大いにあるだろう。
プロパガンダの情報工作においても弱者の見せ方はとても重要に置いている。ぼやきくっくりでビヨンド・ザ・コーヴの記事を見ていてもとても頷けて、アメリカの映画文化が古くから第七芸術の流れでとても根強くある。この活用は人々を魅了し考えるきっかけ以上に信じ込ませる。

日本政府もこうした映像におけるドキュメンタリーを反論として制作する事がマスメディアのイデオロギーを払拭する鍵になるかもしれない。
[ 2016/01/11 23:36 ] [ 編集 ]
朝日新聞の勝訴
政府がお墨付きを与えた慰安婦合意の岸田声明と外務省英文によって、朝日新聞を著名保守論客と一般人1万人以上による集団訴訟は、敗訴するでだろう。
訴額が1万人以上×1万円=1億円以上なら、訴訟費用と弁護士費用が20%ととして、約2000万円以上。
誰が支払い責任をとるのだろう。
櫻井よしこ先生と植村との訴訟も、櫻井先生が敗訴するだろう。
楽観論は無責任であろう。
[ 2016/01/12 00:19 ] [ 編集 ]
なに言ってるんだ。
おい、名前空欄氏、裁判なんて見たことも聞いたこともない人間が、もっともらしいことを書くな。

日本政府がいつ強制連行を認めたって?

それと、一億×20%の費用とは何じゃ?ひょっとしたら弁護士の成功報酬のことか。負けた側が払うわけないだろ。

訴訟費用は訴状に印紙を貼る形で前納しており、それ以上に費用が発生する筈があるまいが、ノータリン。
[ 2016/01/12 00:45 ] [ 編集 ]
なめくじ哀歌
冬の夜の ノータリンの妄言 ひたぶるに 低能を晒し 哀れなり

げにタリンらは ここかしこ さだめなく 粘着する なめくじ哉

死力を揮って粘着すれども、安倍支持率は秘めやかに上がる・・・・ 

れ、、、みぜらぶる、、ノータリン、、ケッケッッケ !
[ 2016/01/12 01:30 ] [ 編集 ]
言葉不自由そうね
誰彼の名詩の切り取りに不自由な日本語を切り貼りして、結局何を言いたいのか?
人様のブログにお邪魔するなら、せめて通じる文章をお書きなさいな。

真っ当な保守は、人様のお座敷に上がるに、最低限名を名乗って、落書きはしないものです。
[ 2016/01/12 02:42 ] [ 編集 ]
ぱよちんブサヨの習性
>せめて通じる文章をお書きなさいな。

こはるさま
それは、ぱよちんブサヨにとってアルプスのように高いハードルですね。
自分さえ分かればそれで満足というのが
コイツらの習性です。
論理を尽くして説得するなんて28グループには無理です。
そもそも広く理解させたいという願望も能力も全くありません。
自己中こそがぱよちんブサヨの特質です。
でなければ9条教のカルトに、はまったりしません。
[ 2016/01/12 11:12 ] [ 編集 ]
ゴミ情報はゴミでしかない
新聞の発行部数の変化は、多分、新聞を読む習慣と密接な関係があると思います。

私の場合、2000年頃から、紙の新聞を全く読まなくなりました。ちょうど、ネットの回線がISDLからブロードバンドに変わったあたりです。なくても何ら不自由がないからです。

ただ、朝日新聞を時々読みます。聞蔵IIという、明治何年頃から電子データとしてアーカイブになっているものを図書館の専用パソコンで検索するときです。南京事件がどう報道されていたか、それをデータとして取り出すには、とても便利ですからね。

書籍はどうかというと、紙で発行されているものを購入し、ばらしてドキュメントスキャナでPDFデータに転換してから、パソコンのモニターに映し出して読む。ばらした方は捨てるか、ファイルにして線を引いたりメモを書き込んだりする。

若い頃は比較的に目が良くて、新聞や文庫本の細かい文字も40代半ば頃までメガネなしで読めていたのですが、やはり、寄る年波には勝てない。老眼の身には大画面のモニターが安価で入手できるようになったことは福音です。絵や写真の多い本はそのままストックせざるを得ないけども、文字情報しかない本はPDFデータにしてHTMLにリンクさせて整理しています。これでだいぶ本棚にスペースができた。

書籍が電子データで販売されたら購入するだろうか? 多分、しないと思う。書籍は書籍で持っておきたい。今のところ、紙データでしか入手できない本が圧倒的に多いし、電子で提供される、それに対価を払うという習慣が自分自身にないから。本は本で持っておいて、読む時にばらす、ドキュメントスキャナでPDFデータに転換する。

古書の一部は、洋書も含めて電子データでしか提供されていない。そういうものは、あらためて紙データで打ち出す必要がないから、モニターで読んでいます。

なぜ、電子書籍が巷間言われるほど流行らないのか。つまり、日本人の習慣として、常時手元にあって、ちょっとした暇や通勤時間に読むことができる、これが必要だからですね。ちなみに、私は在宅の翻訳者であって、通勤時間がないから、本来、書籍は全部電子データであっても問題ない。たまに電車に乗るときは、ぼーっとしていることが楽しみで、何かを読もうなんて気持ちは、さらさら起きない。

もう還暦も近い年齢なのですが、私より5歳上の世代だとパソコンの習熟が圧倒的にできていないから、その世代が新聞や紙データの書籍の需要を支えているのだろうと思う。この人たちが退場して行ったあとにどうなるか。電子データやYoutubeで情報を得ることが日常化した世代があとからどんどん増えていくわけですから、どうでもいいゴミ情報を紙で売っている新聞も週刊誌も、先細りになることは目に見えていますね。
[ 2016/01/12 12:57 ] [ 編集 ]
なるほど
やす様(アルファベットで入れると何故か赤いアンダー波状ラインがついて来るので、お尋ね者?w)

何度か「28グループ」という呼称に行き当たるのですが、ようやく意味が分りました。なんか、ちょっと気の毒な感じもします。
学習障害という程でもないけれど吸収力にも恵まれていない、間の問題は案外大きい、と真剣にではないですが思っちゃいました。

全教科万能者の気持ちは私などには分りませんが、遣う言葉や雑学は世間でもいっぱい習得できますモノをねえ・・・あわれなり。

[ 2016/01/12 16:27 ] [ 編集 ]
文章に残す事は
証拠を正確に残す基本ですね
故に裁判でも議会でも有能な速記者が
議事を文章化して保存しますよね

その点朝日は馬鹿ですね
自ら書き換えれない重要証拠文章を
日本中にバラ巻いたのですから
本当に本当にアホですね
[ 2016/01/13 00:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: