私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  岸田外相訪韓 ~ 南鮮は慰安婦問題の解決を望んでいない

岸田外相訪韓 ~ 南鮮は慰安婦問題の解決を望んでいない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 今日28日、岸田外相が日帰りで南鮮を訪問する。日韓外相会談の目的は、ここ数日メディアがかまびすしく報道する「慰安婦問題の解決に向けた」ものだと思われる。

岸田外相 - 尹炳世


 何を勘違いしたのか、南鮮側は日本に対して20億円の金を要求してきたそうである。日本側は名目上、元慰安婦への支援拡充としているが、ありていに言えば「手切れ金」だろう。一方、南鮮がこれほど法外な金額を要求してくる背景には、その額が南鮮国民にとって「賠償金」と見做されるに相当なものでなければならないからだと私は考える。アジア女性基金の延長では、国民の側が納得しないどころか、慰安婦利権を貪る挺対協を説得することなど土台無理である。

 日本側はその要求を拒否したそうだ。あたりまえである。そんな南鮮側の思惑など、日本側が考慮する必要はない。

 私には、この度の岸田訪韓と安倍総理の「最終解決パッケージ」提案は、南鮮側に「不可能な要求」を突き付けたものだと思える。そもそも反日が国是であり、その反日の象徴である慰安婦問題を解決する意思を、南鮮側が持っているとは思えない。かねてからこのブログで書いてきた通り、南鮮は慰安婦問題、竹島問題等々の日韓間問題を主張していくことによって、自らのアイデンティティを確認するのだ。為政者が支持を失うとき、反日を利用するというメカニズムは、これまでに何度も見てきた。慰安婦問題が解決してしまえば、自国民に対する貴重な反日カードをひとつ失うことになるのだ。ましてや、朴槿恵に挺対協を黙らせる力など、あろうはずもない。

金くれ!


 何故南鮮は慰安婦カードを手放したくないのか。それは、日本に永遠に寄生するためだ。朝鮮の侵略と併合、迫害、徴用、強制連行などという、史実からかけ離れた物語を国の根幹に据える彼らにとって、対日問題があればあるほど、それが日本に集る材料になる。「日帝の被害者」でなければ国が持たない南鮮にとって、問題解決は悪夢とまで思える。

 それでもなお、今回の安倍パッケージには反対だ。謝罪と金という、繰り返してはならない愚行を示唆すること自体、大きな間違いだ。請求権は日韓請求権協定で、謝罪はこれまで何度も繰り返し、外交上は河野談話で区切りがついている。ましてや、南鮮に甘い顔を見せると、お次に待ち受けるのは支那の捏造慰安婦だ。

 外交上、対話と約束をするなら、相手は常識が通じる国に限るべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/12/28 07:13 ] 外交 | TB(0) | CM(36)
おはようございます
毎日欠かさず拝読させていただいています。
岸田外相が韓国に行くと報道されてから、くやしさと憤りの中で過ごす年末になってしまいました。
20億だの安倍総理のお詫びの手紙などという報道を見るたびに、これまでの総理と180度ちがう姿勢に驚いていました。
しかし昨夜辺りから、合意すれば米国が歓迎文書を出すと報道されるようになり
少し安堵しています。
合意など出来るはずがないことを総理が一番ご存知でしょうし、それでも日本としてこれほどまでの最大限の譲歩をしたにも拘わらず
反故にし歩み寄ろうとしなかったのは韓国側にすべての責任がある事を世界中に公に出来ればいいのではないかと思います。
韓国がゆすりたかり国家であり、到底国と国の条約を結べる体ををなして無いことを対外的に示して、
岸田外相はさっさと帰ってくればいいと思っています。
間違っても手打ち…ということにならないように願っています。
[ 2015/12/28 09:24 ] [ 編集 ]
政治・外交におけるposeまたは、pretend to
lily様

コメント拝読し、思うことを書かせてもらいます。

歩み寄るポーズを見せながら、距離を保つ。
これが、今までの安倍政権の対韓政策ではありませんでしたか。
今回もこの延長上にあると思います。

先日、韓国では10万人規模の反政府デモが行われました。
これはかなり過激なもので、朴政権はこのデモを封じ込めることはできませんでした。
産経新聞加藤記者や徴用工の「裁判」をみても朴政権が無力化状態にあることがわかります。
朴政権は、この「慰安婦」で日本に「謝罪」させ、金を毟り取ることで国内向けのポイント稼ぎをしたいところでしょう。

そんなことは日本政府は百も承知です。
承知の上で、韓国国内に巣くう北朝鮮勢力との綱引きも勘案しての対韓政策と見ています。
解決する素振り(pose)、解決に努力しようとしている振り(pretend)も必要な外交能力の一つではないかと感じるところです。

以上のような観点で見ていかれては如何でしょうか。

くれぐれも、この機に乗じた反安倍勢力、すなわち、「安倍はやっぱり売国だ」という保守の憂いを装った勢力の策動に乗らないように致しましょう。
この欄にも、出没するのでご承知のことかと思います。

こんなことを書くと、「安倍信者め」との声が聞こえそうですが、私は到底、信者などになれるものではありません。彼を神とは思ってはおりませんし、目下の日本の政党を見渡して、最高ではないが期待する政治家として選択し、支持しているだけのものですから。

難しいハンドリングにある外交状況ですが、ゴルフでリフレッシュという総理の姿をみて、距離感を察するべきかと思います。

勝手乍ら申しあげた次第です。


[ 2015/12/28 10:19 ] [ 編集 ]
日帰り訪問って・・
>岸田外相が日帰りで南鮮を訪問する。
 そもそも、この長年にわたる難癖を日帰り会談で妥結できるわけないでしょうね。皆さんが言われる通り、ポーズですよポーズ・・・唯一、妥協できるとしたら、日本側が出している条件(基金1億円、慰安婦像の撤去等)を南鮮側がのむしかないですが、それはあり得ないでしょうから・・
[ 2015/12/28 11:00 ] [ 編集 ]
年明けには断交?
Ethos様、まさぶぅ様のご意見に賛成です。


その理由はあれこれ想像するだけで、明確にはうかがい知ることは出来ませんが、このような外交的ポーズを取る必要が日本政府には何かあるのでしょう。面倒は年内に片ずけて、年初からは表記の路線でお願いしたいものです。

絶縁する前にとりあえず解決する姿勢を示す…言い方は悪いかもしれませんが、「ハルノート」みたいなもので、或いは最終的に力で解決できる「大国」の外交の常套手段です。


野蛮国相手に、そんな面倒臭いプロセスは踏まんでええ、最初からケンカしてくれと言うご意見も判らぬではありませんが、外交とは手間がかかるもの。

官邸主導で政権が外務省に教える外交のイロハ、これでは逆さまの図式ですね。
[ 2015/12/28 12:05 ] [ 編集 ]
遠望
安倍総理がクネ政権をこの時点で実質で絶とうとするならアチラが飲めない提案で座を蹴って来るでしょうが、南鮮の地理的条件を考え拉致問題を抱える(南鮮の方が人数的には多いのですが、余り熱心に拉致を考えて居そうも無いので除外)日本にとって、クネ後も考えるでしょうから、ある程度、形だけでも、南鮮国民の意を得るかも知れない「妥協」はあるのでは?と、考えます。

個人的には、ビタ一文絶対出すな。出したらソコが決壊穴!と思うのですが、北や中共情報を得ての政府の深慮遠謀の判断とは、当然大きく差がある、と判りつつ、まるで定家葛の様な絡みつきが鬱陶しい。(日本を内親王のお墓と喩える訳ではないですが)

本日のお写真、この「女優映像」の中で一番好きwです。
[ 2015/12/28 12:48 ] [ 編集 ]
coco
米国はある意味でこの解決を韓国側に矛先を収めろと言っているように考えていた矢先、日本はあくまで米国の協力を後ろ盾とし次世代に残さない形で解決するものと思っていました。
外務省がへタレなのか韓国に出向くなどあり得ない話ですが、どういう方向で解決するかということは、外相が帰国するまでは目が離せない案件と言えます。



[ 2015/12/28 15:29 ] [ 編集 ]
安倍政権、南朝鮮に要求受入れ
日韓外相会談 慰安婦問題で最終的解決を確認
12月28日 15時45分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151228/k10010355451000.html

日本と韓国の外相会談がソウルで行われ、慰安婦問題を巡って、日本政府は、責任を痛感しているとしたうえで、日韓両政府は、韓国政府が設置する財団に日本政府の予算からおよそ10億円の資金を拠出し、元慰安婦の心の傷を癒すための事業を行うことで合意しました。
(中略)
岸田大臣は「安倍総理大臣は、日本国の内閣総理大臣として改めて、慰安婦としてあまたの苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し、心からおわびと反省の気持ちを表明する」と述べました。
(引用終了)

朝鮮人戦時売春婦には手厚い配慮をしても靖国神社の英霊への配慮は無し。
天意と人心が離れる契機になりそうですね。
[ 2015/12/28 16:21 ] [ 編集 ]
国家間では「完全かつ最終的に解決済み」として合意文書を交わしている事項ですので、慰安婦問題は既に「韓国の国内問題」です。
日本もこの基本方針を貫いているハズだと思いますが、過去の余計な思いやりバラ撒きから今回の訪韓に至るまで甘やかし過ぎました。
これらは明らかに日本側の失政です。
日本政府は今後一切「他国の国内問題」に口を挟むべきでは無いですね。

[ 2015/12/28 16:24 ] [ 編集 ]
此処まで来た苦労を無にして日本人の名誉を傷付けて相手の嘘に譲歩することは天に唾する行為で後々自らの愚かしさに逆襲される
 岸田文雄外相は28日、ソウルで韓国の尹炳世外相と臨んだ共同記者発表で「軍の関与で女性の名誉を深く傷つけた。日本政府は責任を痛感している。安倍晋三首相は日本国の首相として改めて慰安婦すべての方々に心からおわびと反省の気持ちを表明する」と述べた。

 岸田氏は「日本政府はこれまでも真摯に取り組んできたところ、その経験に立ち、日本政府の予算により全慰安婦の心の傷を癒す措置を取る。韓国政府が元慰安婦の支援を目的とした財団を設立し、日本政府の予算で資金を一括で拠出し、日韓両政府が元慰安婦の方々の名誉と尊厳を回復し、心の癒しのための事業を行う」と説明。

 また、「今回の発表でこの問題が最終的、不可逆的に解決されることを確認する。国連および国際社会で互いに非難、批判することを控える」と述べた。
http://www.sankei.com/politics/news/151228/plt1512280027-n1.html


【速報】慰安婦問題で妥結 韓国側が「蒸し返さない」と確約!!
http://hosyusokuhou.jp/archives/46410728.html
ひとことで言わせて貰えれば『救いようの無いアホ』
[ 2015/12/28 16:43 ] [ 編集 ]
真性保守政党の不在と消極的安倍政権支持
12月28日、韓国ソウルに於いて岸田文雄外相は韓国の尹炳世外相との会談が午後行われました。

しかし思いのほか短時間で両外相の会談は決着し、早々と共同会見と成りました。
それから見ると事前に落としどころを韓国側に伝えての妥結の感触を持っての会談であったように思えます。

http://www.sankei.com/politics/news/151228/plt1512280027-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/151228/plt1512280028-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/151226/plt1512260001-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/151228/plt1512280025-n1.html

そもそも両国民が満足する解決はありませんが、日本側からすればそもそも問題の無いものを問題とされ、しかも過去既に人道的見地からの対応も済んでいて又というものです。

しかし、ここで日本側の妥協は許容範囲を超えている様に思えます。
先ず韓国との関係を修復して日本に利はあるのか?

そこに日韓関係修復を求める米国の希望を叶えるという意味、また若干は北朝鮮による日本人拉致問題でプラスに働く事が出るかもしれないというぐらいのものではないでしょうか。

重ねて、日韓友好関係に何の意味があるのか?

それに対して今回の問題点は抽象的では有りますが、「軍の関与あり」と「政府は責任を感じている」、「日本国首相は元慰安婦におわびをし反省の気持ちを表す」、「日本国政府として元慰安婦に拠出金を用意する」というもので、過去の首相発言の踏襲であるとしても限度を超えている様に感じます。
日本国内のさよく勢力、在日勢力も勢い付き、これを機に更に広げた反日言動が行われるのではないかと思います。

おまけに大使館前の慰安婦像撤去には触れず、ましてや海外での韓国系団体の反日活動への言及も無しというものです。

そして今後起こる事は他国の元慰安婦がこの動きに追随するという事。
「軍の関与」を最大限利用したプロパガンダを行う。
韓国での民間の慰安婦問題などでの反日運動は終わらない。

本来、安倍首相がこの様な結果を出す日韓外相会談を行わなければ良かったわけですが、やはり真性保守政党不在の日本では安倍内閣の限界がここに出るというものだと思われます。

安倍内閣の評価を低下させつつ、消極的支持は続けます。

そして今後暫くして各メディアの「今回の日韓外相会議での慰安婦問題解決」についてという世論調査も出るでしょう。
そこに今の一般の日本国民の意識を読み取るものが表れるのでしょうが、韓国を嫌いであるとする日本人が年々増える中、お人良しで隣国とは仲良くしたいという意識を同時に持つその意識のメランジェがどう表れるのかが見られるでしょう。

各反日偏向さよくメディアが喜びの声で高く評価しているだけに「失敗会談」の部類に入るのではないかと思います。


[ 2015/12/28 18:01 ] [ 編集 ]
慰安婦問題の最終合意まで…経緯で感じた事。
日韓国交正常化50周年の節目というのを表向きに最終合意を見せた。
慰安婦支援として韓国政府が財団を設立、日本政府から10億の拠出した形で妥協点を見出だした。 これが日本における最大限の考慮であったとするのも韓国が国民世論をまとめていけるかもまだ過程を眺望する他ない。

日本政府が何故慰安婦支援を未だに模索するのかとネットでは失策だと反発が目立つ。だがしかし、話をまとめる必要性はあるといえる。米国による日韓双方に対する要望、そして慰安婦が生存している間の妥結だと考えれる。
米国は東アジアの日米韓の連携での対北、対中政策として今後も軍事編成を決定している。日韓の仲違いしてる最中に朝鮮半島有事が起こる事は避けたいし、その意向に反する事を日韓は望んではいない。
慰安婦問題が一番拗れるとするなら慰安婦とされる人々が「亡くなる」事だ。これは挺対協など韓国の民間団体には都合よく、証拠の提示は無くとも悲劇のヒロインとした神話的構造に嵌めてしまえば未来永劫の政治利用として軋轢を残せる。これが日本政府が懸念していた蒸し返したくない案件の最悪なケースだ。

今回の最終合意に至るまで興味深かったのは日本政府の情報戦略だ。日本メディアが慰安婦像の撤去などすべてを公にしていく事は韓国政府には堪えたはずだ。

さて今後の焦点は慰安婦問題がどこまであったのか?だ。それは台湾も中国も慰安婦問題で紛糾するはずで、外務省のフォローアップ事業拡大を安倍総理が容認するのかが支持率に影響を与えてくるはずである。韓国は国際的に非難も出来ないのでここから韓国の左派団体がいかに中国などと結び付いてるかの炙り出しが出来るかもしれない。 親日派の断罪が親中派になるなら日本世論も面白く見守るかもしれない。
[ 2015/12/28 18:34 ] [ 編集 ]
安倍外交の筋が一層明確化したように感じました。
産経の記事には、自民党の山東昭子議員の「骨が刺さったような感じで非常に不満だ」というコメントが紹介されていました。
多くの方が同じ思いだろうと思います。

「10億も払って・・・」、「また蒸し返すに決まっている・・・」等々、怒りの声があがっています。

ここで、少し視点を変えて、

安倍外交の軌跡を外務省HP「総理大臣の外国訪問一覧」で改めて、確認をしてみました。訪問国をみると、首脳会議出席は当然のこととして、シーレーン周辺国家、中国を取り巻く国々、さらには環太平洋の国々への訪問が目を引きます。

経済交流の促進を目的とするものは勿論ですが、アジアにとって最大の脅威である対中国シフトとしての外交戦略をみることができます。

マイケル・ピルズベリーの『THE HUNDRED-YEAR MARATHON(邦題CHINA 2049』によれば、中国は2049年までに、すなわち中華人民共和国成立から100年をかけて世界制覇を目論んでいるといいいます。その論述の分析については評価がわかれることでしょうが、ただのトンデモ本とは思えません。

スプラトリー諸島の軍事基地化、尖閣諸島への繰り返される侵犯、最近では接近する公船の甲板に機関砲が視認されています。また、房総半島沖での軍艦の通過。目に見えないところでは中国潜水艦の航行は頻繁です。彼らの言う第2列島線は単なる誇張ではないことがわかります。
日本国内でも中国の影を感じる様々な運動が存在します。

その拡大するアジアの脅威に対し、ふらふらと追従する「自由主義国」が韓国です。
この韓国、すなわち朴政権の対中接近は、アジア、とりわけ北東アジアの不安定化の最大要因です。
すでにレームダックの政権ではありますが、任期は2018年2月まで、まだ2年もあります。これ以上、中国に接近させないことが大きな課題です。

ふらふらと中国にすり寄ろうとする朴政権の首を掴んで引き戻す作業が、本日の会談と声明だったと考えています。
恨みは1000年続くと言い、会談場では目も合わせようとしなかった朴大統領を経済的・政治的・外交的に追い込んで、ついに軍門に下らせたのではないでしょうか。

批判される文言については、従来の政府見解の範囲内にとどまりました。
10億円については、韓国国内の対策費として渡したことになります。
挺対協はこれでどうにかしろということでしょうか。
「金もやらずに、ばしっと言って欲しかった」との思いには同感でありますし、国民感覚からすると「莫大なお金をくれてやった」と感じますが、安全保障のコストと考えるなら金額の評価はわかれるところだとも思います。

このように、今回の会談と声明は、アジアの脅威に対する備えの一環と考えるものです。
その意味では、今回の会談と声明は、やはりポーズなのかと思いますが、こういう観点も検討いただけたらと述べさせてもらいました。

いずれにしても日本への最大の脅威からは目を離すことはできませんし、その対応が第1選択です。

なお、「慰安婦」問題に関して捏造を繰り返したメディアやそれに同調した勢力、歴代自民党政権の対応の拙さへの批判は消えるものではないことを申し添えます。




[ 2015/12/28 19:04 ] [ 編集 ]
どはつてん
今回のこといろいろ深読みなさる方もおられますが、私は
ハラワタ煮えくり返る思いです。
10億出すとか、いやビタ一文出してはいけないのに!
安倍支持してきた私への裏切りです。
絶対に許さない。
断固安倍と戦う!!
[ 2015/12/28 19:35 ] [ 編集 ]
第2の河野談話
1円でも「また」くれてやることと「おわびの手紙」を送る確約をした時点で
他の外交がどうであれ、民間有志の努力を無にし、
永遠の「タカリ」口実を与え、
性奴隷sex slavesの汚名を雪ぐことができなくなったことが確定した。
要するに「第2の河野談話」。
[ 2015/12/28 19:51 ] [ 編集 ]
まあ、こんなところでしょう。
この世に日韓関係しかないなら、即座に断交でしょうが、お互い旦那持ちの身の上ですし、現実論としては致し方ないところでしょう。

鬱陶しくとも旦那と別れて断固として自立するには、残念ながら金子が足りない。

一応「最終解決」ですからね。今までも蒸し返したという異論はあるでしょうが、従来の取り決めには上記の文言が入ってなかったです。

以後、違約した場合の全責任は韓国側にあると日本側は主張できますよ。政権が代わったら当然のように違約するでしょうが、それまでの時間稼ぎ。それでも時の利は日本側にあります。
[ 2015/12/28 21:27 ] [ 編集 ]
今回の事で残念な事に安倍総理に対する評価が大分下がりました。
安倍さんマイナス
しかしアカは何時もマイナス満点
創価もアカと何時も同点です。

私の選択肢にはアカと創価は永遠に含まれません。
残念
これが大多数の民の声(本音)です
[ 2015/12/28 22:03 ] [ 編集 ]
今日は、南朝鮮への屈従記念日
今回の安倍首相の南朝鮮の全面的屈従。
これは、盲目的な安倍信者の責任も大ですよ。

安倍首相が、日本国の名誉や日本国民の生活よりも、国際金融資本(アメリカ政府に影響力を行使するウォール街の守銭奴)の利益を優先するグローバリスト+新自由主義者である事はもう明らかでした。

にもかかわらず、安倍信者が、
保守(日本の伝統的な社会秩序を維持する)の立場からは認められない安倍首相が押しすすめる政策(TPP、労働条件改悪等)を全く批判しないので、
(民主党が推進したら、どうでしたか?)
反保守政策を推進しても問題ないと判断され、今日に至ってしまいました。

今回の件、南朝鮮の全面勝利で、日本の完全敗北です。

日本は、皇軍の関与を認め、安倍首相がその旨を文章(未来に永遠に証拠として残る)で認め、謝罪し、その上、10億円、賠償金を支払う事となりました。
一方、南朝鮮は、拘束条件無しです(努力はするが、実施する必要なし)

シナの強大化(それを招いたのは、アメリカと日本の媚シナ派)に怯えたアメリカが、南朝鮮をアメリガ陣営に引き入れるべく、安倍首相に厳命したのでしょうが、全く、酷い内容です。

こんな内容、日本国民が納得しない(安倍政権が倒れる)という状況ならば、アメリカにも言い訳が出来たのでしょうか、
(昔の自民党政権は社会党の反対活動を言い訳に、アメリカの要求をいなしていました)
安倍信者の存在でそういう訳にもいかなくなったという所でしょう。

日本は終わりましたね。
[ 2015/12/28 22:33 ] [ 編集 ]
↑コピペお元気様でございます。
2009年に「自民党にお灸をすえた」時の主張と同じですね。
[ 2015/12/28 22:53 ] [ 編集 ]
安倍内閣の蹉跌
2015年12月28日、安倍首相に今件を託された岸田文雄外相と韓国の尹炳世外相とのよる日韓外相会談による「慰安婦問題」解決の為の会談がソウルで短時間行われ、終了後即座に岸田外相の韓国の尹炳世外相との共同記者発表、その後岸田外相の記者会見が行われました。

その結果は以下の内容です。

http://www.sankei.com/politics/news/151228/plt1512280051-n1.html

安倍内閣の主要な仕事を「経済」、「安保」、「日本の名誉回復」と考えている自分にとり、日韓関係に於いての経済関係とは資本財の輸出先として代替の可能な相手国という認識であり、安保に関しては韓国の本質が民主主義を共通する相手ではない非民主主義国の相手国の一国であると共に日本を仮想敵国としている国という認識です。

ソースは入れませんが、韓国での対日感で北朝鮮に親近感を持っていたり、中国を経済的重要なパートナーと考えている事の他、日本を敵国と考えている意識の強さがあります。
尚且つ、最近の長距離ミサイルの日本を射程に入れている事。
常に日本の軍事力を情報入手に努め、危険視しているという友好国とは思えない相手国です。

その様な国を日本のメディアの偏向報道により「同じ民主主義の価値観を持つ国」であるとか「経済的結びつきが強い隣国」であるとか、「長い歴史的関係のある国」乃至「日本が植民地支配をして被害を与えた国」などと日本国民は洗脳されて来ました。

ですから韓国が日本を仮想敵国としていると認識している日本人はまだまだ少数でしょう。
増して米国といえば対北朝鮮、対中国の為に日韓に友好的関係でいて貰いたいという米国の利益(日本の利益も一部含まれています)を日本に要求して来ています。

しかし本質が敵国である韓国へは米国の思惑ではなく日本の対中、対北朝鮮の戦略から判断するものであって韓国との関係修復が日本にとり良いものでは長い歴史的経験則からも正解とは言えないと思えます。

そして忘れているかもしれませんが、韓国とは事大主義の国、味方かと気を抜いていると重大な時に後ろから撃たれますよ。

更に何より「日本の名誉」を穢して、「安全保障」を取るという二者選択というものではない筈です。
その両方を追求する事が出来るにも関わらず今回その「日本の名誉」を疎かにしたと言わざるを得ないと思います。

それにつけても様々なところから今回の評価が出て来ていますが、自民党内反日親中派の歓迎、野党の歓迎、偏向メディアの歓迎など。
明らかに高評価している者たちが反安倍内閣であるということの皮肉さを見ます。

http://www.sankei.com/politics/news/151228/plt1512280036-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/151228/plt1512280046-n1.html

自民党保守系の声はこれです。

http://www.sankei.com/politics/news/151228/plt1512280052-n1.html


http://www.sankei.com/politics/news/151228/plt1512280077-n1.html
[ 2015/12/28 23:12 ] [ 編集 ]
国家をあるべき方向に運営(経綸)するには
外交戦略と軍事戦略の二つが両輪として必要なはずです。 先進国はこの
二つをない交ぜながら国益を追求しています。 シタタカな外交が出来る国は
軍事強国でもあることから、これは良し悪しを超えた事実なのでしょう。

この視点から日本を顧みたとき、まともな軍隊を持たないのですから、当然
まともな軍事戦略の立てようがありません。
と、いうことは、、まともな外交戦略も極めて成り立ち難いことになります。

安倍総理の今までの歩みからすれば、今回の南鮮への対応は「耐えがたきを
耐え、忍びがたきを忍ぶ」苦渋の決断ではなかろうかと推察しています。

安倍総理の軟弱を憤る見解を散見しますが、現状では誰が総理をやろうとも
腰抜けにならざるを得ないのではないでしょうか。 国家目標を進めるための
外交方針(戦略)が体を為し難いのですから。
[ 2015/12/28 23:26 ] [ 編集 ]
南朝鮮は失う物何もなし
日韓外相、質問なしで合意発表…文書作成見送り
2015年12月28日 21時14分
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151228-OYT1T50123.html

【ソウル=森藤千恵】岸田外相と尹炳世ユンビョンセ外相は28日の会談後、慰安婦問題の合意を並んで表明したが、会談の正式な合意文書はなく、記者からの質問も受け付けない異例の形式となった。

 日韓外交筋によると、合意文書の作成は、韓国国内の世論の動向を懸念する韓国側の要請で最終的に見送られた。
(引用終了)

本当に、酷い内容ですね。
いくらアメリカ(御主人様)の厳命とは言え、酷すぎますね。
[ 2015/12/28 23:29 ] [ 編集 ]
虚脱感だけが残る年末です
思えばユネスコで日本貶め文言にほぼ全敗、それでも足りなくてあろう事か日本が御用納めのこの日にこの譲歩。何だか安倍さん卑怯だなと感じて居ります。

何らかの譲歩はあるんだろうな、ぐらいには思いましたが、ここまでとは想像もしませんでした。甘かった自分を反省するしかないのでしょう。

靖國にもお参りなさらず、それどころか爆破工作されてもこの結末。
何か安倍総理には総理なりの勝算があっての事かも知れませんが、岸田外相の声明読む限りでは、日本兵の立場、無いも同然でほんとうに日本は死に損の国なんだな、としみじみ思いました。

他に人が居ないから仕方がない、というのも私にはもう限界みたい。

総理の謝罪文章、日本政府からの出費。南鮮の要求ほぼ満たしてお上げの様で、そう遠くない日に日韓基本条約をド返ししたのは日本側、と言う事になるのかな。
日本政府からの出費と言うことは、国民の血税が原資ですね。
[ 2015/12/28 23:44 ] [ 編集 ]
追記
この日韓外相会談の合意文章は無い。
だそうで理由は南鮮国内を納得させられるかどうかが不確かな南鮮側の要求で、とか。

「二度と繰り返さない」「国連などで批難し合わない」と言う文言も証書にならない。  これって何なんでしょうね?
[ 2015/12/29 00:15 ] [ 編集 ]
それ本当ですか?
こはる様、そういう情報が伝わってますが、それ本当でしょうか?

今日、パク・クネが国民に向けて「韓日関係の改善と大局的な見地から、被害者と国民の理解を求める」という苦渋の(?)談話を発表してますよ。

大分おかしな話ですね。
[ 2015/12/29 00:33 ] [ 編集 ]
今度、蒸し返すのは我々日本人の方だ
「不可逆的解決」では、困る。

不可逆なら「日本軍が性奴隷にした」のままになってしまう。


日本政府が日本軍が朝鮮女を性奴隷にしたことを認めたのだから銅像は撤去されず存在が正当化された。


可逆にして、日本軍に汚名を晴らさないといけない。

今度、蒸し返すのは、汚名を晴らすために新しいリーダーを立てて戦う我々日本の方だ。 

このままで終わらせるわけには行かない。

[ 2015/12/29 00:39 ] [ 編集 ]
多分ですが
今日の外相会談の内容についての発表は控えられても、この件に関する協定書なり覚書は別途取り交わされることになるのだろうと思います。

そうでないと、慰安婦をめぐる日韓秘密協定ということになりますね。(笑)

基本的にあり得ません。

[ 2015/12/29 00:41 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/12/29 00:49 ] [ 編集 ]
読売ネット
バロン閣下 私が読んだのは読売が発信した記事です。
メモはあっても正式文章にはならない、のかもしれません。
南鮮体質に変化がなければ、破る気満々だろうな、と「邪推」致します。


今までの有志に依る拠出金なら別ですが、今回の日本政府の資金出費、となると日韓基本条約を日本側が破る事になって、アチラは連鎖狙いをして来そう、と悪い想像だけが浮かんでしまいます。
岸田外相は賠償では無く資金だと仰いますが。相手と国際間に通じるのかどうか?
どちらにしても、政府と軍が関与した、と安倍さんは認めた事になるんでしょうね。次代が謝る事はなくなっても英霊の名誉は泥まみれのまま・・・
[ 2015/12/29 01:16 ] [ 編集 ]
時期総理が岸田氏なら昭和天皇がお怒りになる?
岸田外相は宮沢元総理の近しい親戚ですね…

先のユネスコ force to work 等の、外務書による英文誤表記問題。

河野談話と外務省による誤表記(「政府と軍が行った」)の英文発表も、宮沢内閣時代です。

皇室関連ブログでは、宮沢元総理の出自と思想について、皇室にとって宜しくない、と述べられていますが…
[ 2015/12/29 01:22 ] [ 編集 ]
もう自民には投票しない
「関与は認めるが強制は認めない」
こんな言葉遊びが国際社会で通用すると思っているのか?
「日本が強制した性奴隷を認めて謝罪と賠償した」
金を出して謝罪するという事は
相手の言い分を認めたという事と理解される

オバマの圧力、親韓議員の圧力、経団連の圧力
いかなる理由であっても遣ってはいけない一手
守るべきは国の名誉

経団連が諸手をあげて喜んでいるらしい
国益より金儲けに走る連中と
総理は笑顔でゴルフに興じている

慰安婦像の撤去は、すでに国際法の範ちゅうだ
ほっとけば良いものを、先人達の汚名を晴らす機会も無くした
海外で真実を伝えている同胞をうそつきにもした

こんな馬鹿な国、共産党に手渡しても惜しくもない
もう自民には投票しない
[ 2015/12/29 02:17 ] [ 編集 ]
南鮮世論
バロン閣下 クネさんのそのくじゅーの談話は、南鮮国民に「理解してね」と世論を導きたい、というだけの事ではないでしょうか。
アチラの外相が「国内世論の可否」を理由にしての正式文章作成拒否、だったそうですから。

ですが、コレ、殆ど南鮮の勝利ですから、これで作成拒否に応じる岸田外相は、やっぱりそれだけの人なのでは?
それでもお出かけ前に安倍総理は「全責任は自分が負う」と約束されたそうですから、負えばよろしいわ。
文章にならないで逆に日本には微かながら道は在るようにも思えますが、関与を認めた事は動かせないでしょうね。
[ 2015/12/29 03:16 ] [ 編集 ]
リベラル票もどうだか。。。
私は中道やや左で靖国参拝反対派ですが
今回の安倍首相の失策には、呆れました。
頭悪すぎる。

証拠もないのに税金でお詫び金(笑)
証拠がないのに政府と軍の関与を自認(笑)

仮に半島有事ネタで脅されてるなら
他の方法による懐柔工作があったでしょうに。

しかも同時に明恵夫人が靖国参拝パフォーマンス(笑)

自民党はイメージダウンしたと思います。
正しい情報が上がっているんでしょうか?
[ 2015/12/29 03:25 ] [ 編集 ]
はてはて
こはる様

合意内容が文書化されないでは、本当の中身は判らないではないですか?

何か腑に落ちません。合意文書が作成されるまでは、速断は避けたいと思います。
[ 2015/12/29 03:28 ] [ 編集 ]
金永三の時も「コレで蒸し返しはしない」と口約束で文書無しだったと聴けば、河野の時も、今回も、日本の外務省なら学ばない醜態も有り得るんだろうな、と思えるのですが、仰る通り全体が見えない今、何を言っても想像の域ですね。

にしても、アチラの外相に45度のお辞儀する岸田氏の映像を見ると、南鮮外相にとっては、又鴨が来た!と嬉しいことであろうな、と思う気持ちは禁じられません。
[ 2015/12/29 04:55 ] [ 編集 ]
嘘の歴史が真実になった日
文雄並みの外交なら、幼稚園児でも出来る。文雄を政界に押し込んだ広島一区の有権者は、我が目の腐っている事実を深く反省し、世界中の日本人と日系人に土下座して謝るべき。安倍政権の支持母体である日本会議は、極右と思っていたが、極左でしたか(笑)。来年、自民は、大きく議席を失うでしょう。日、西から出処国になってしまいましたよ。情けないね。自民に投票した事はないですが、今夜は、怒り心頭に達して眠れそうにないです。主様、有難うございます。失礼します。
[ 2015/12/30 05:30 ] [ 編集 ]
慰安婦問題その解決
残念ながら、韓国の自称慰安婦は、真実を語っていません。呆けた老人にうそつきというのは切ないです。真実でなく都合よく改変されるつくり話だから、まじめに努力しても解決できない。正確には解決する必要性がない。そもそも金泳三が、解決する約束だったので、韓国側の手抜きが真実を確認できなくなった理由。韓国など、どうでもいいです。韓国の教科書はうそだらけ。特権階級の両班が、日本によるインフラや教育制度の改革に逆恨みして建国したのが韓国です。
日本は女衒による人身売買への反省を教訓にし、日本で女衒行為をしている外国系の人を、無期懲役にして塀のなかにぶちこむべきです。AVは、国に登録されたプロのみに限定にし、一般女性が被害をうけた場合は、救済するかけこみ寺が必要です。
[ 2017/01/03 01:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: