私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  岸田外相訪韓 ~ 約束破りの南鮮と新たな約束を結ぶのか?

岸田外相訪韓 ~ 約束破りの南鮮と新たな約束を結ぶのか?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 南鮮の憲法裁判所は、半世紀前に締結された日韓請求権協定が、南鮮人の個人請求権を制約するかについて、その判断から逃げた。徴用されたとする南鮮人原告の訴えを「お門違いだ」と却下したのみで、判断を棚上げ。玉虫色の決着を図り、国家間紛争の役どころから退くことを決めたのである。

 東亜日報は社説で、「国家間条約は、国内法と同様の効力を持つ」と書いているが、南鮮人は所詮その程度の見識しか持たないのであろうか。条約が国内法と同レベルとするなら、国家間条約の効力が国内事情によって左右されるということになる。結論から言えば、この程度の見識しか持たない国と、約束事を交わすことは避けなければならないということだ。

 安倍総理の指示を受け、岸田外相が12月28日に南鮮を訪問する。いわゆる慰安婦問題に関する協議とみられるが、日本政府はこの追軍売春婦問題の最終的解決を本気で図ろうとしているようだ。日本側が出すとみられる条件は、総理の直筆のお詫び分、「アジア女性基金」に次ぐ新たな基金の設置、在韓日本大使館前や米国各都市に設置された慰安婦碑の撤去。そして、これらの対応をベースとしたうえで、南鮮側の問題蒸し返しを禁止する「最終決着」の手形を、青瓦台に要求する。

岸田外相訪韓


 南鮮政府は、在韓日本大使館前や米国各都市に設置された慰安婦碑は「民間人が設置したものだから、交渉の範囲には入らない」としているが、少なくとも外交関係を考えたとき、大使館前の少女像については物申す立場にあることは言うまでもない。

 この慰安婦問題に関していえば、青瓦台は挺対協に操られる立場だ。歯止めが効かないのである。そして、この挺対協こそが、慰安婦問題の解決を望んでいない。挺対協の運動は、日韓両政府が最終的に解決というかたちで合意してしまえば、そこで終わってしまうのだ。村山政権で設立したアジア女性基金において、自称元慰安婦たちに「償い金」の受け取りを拒否させたのは挺対協だ。慰安婦碑にしろ償い金にしろ、今まで青瓦台は、挺対協の方針を追認することしかできなかったのだ。

 そもそもこの「慰安婦問題」なるものが存在しない物語だったと考える私にとっては、この最終解決を目指した交渉自体が本末転倒とも思えるが、政治というものはそういうものなのだろう。南鮮は、支那様と共同で、慰安婦=性奴隷をユネスコの世界記憶遺産への登録に向けて動いている。安倍政権の「最終解決」は、この動きを止めるための一手だと考えられる。しかし、反日の象徴であり最大の外交カードと考える慰安婦問題を、青瓦台が捨てるとも思えない。

 仮に政治決着を見たとしても、彼らは必ず問題を蒸し返す。条約と国内法を同列と見做し、世論の煽りで条約という「過去の約束」を反故にする国と「新たな約束ごと」を結ぶことには、極めて慎重であるべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2015/12/26 08:41 ] 外交 | TB(0) | CM(22)
★日韓関係は、日本にとって「最高のいい関係」です。


★反日韓国政府=893に1円たりとも税金を払ってはダメです。
払いたいなら、個人が私費で払うべき。


[ 2015/12/26 10:10 ] [ 編集 ]
無駄な事はするな
朝鮮半島人は理性で動く人間ではないことを前提で付き合う必要がある。目先の政治目的で解決したつもりでも解決させないのが朝鮮人だということを知ったうえで交渉し、「解決に向けて最大限努力した」というアリバイを世界に発信すればそれで良い。

世界は韓国の慰安婦問題に疑問を持ち始めている。無理に今解決しなくても、いずれ解決を相手が望むような時がくるのを待っていればよい。

下記の文章を世界に拡散して欲しい

「慰安婦の真実 国民運動」反日慰安婦論の破綻を世界に宣言

2015年5月5日に欧米などの学者187名が署名した慰安婦問題に対する公開書簡がThe Asia Pacific Journal: Japan Focusに発表されました。
これに対して、10月1日、それに対する全面的な批判を「187人の学者による声明文に署名した人々に贈る批判文」で発表し、我々のサイトでも掲載いたしました。

英文:http://www.sdh-fact.com/CL/RESPONSE.pdf
日本語訳:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/1871.pdf
[ 2015/12/26 11:36 ] [ 編集 ]
裏切り
国民への最大の裏切り行為だと思いますね。今朝から腸が煮えくり返ってます。日本を取り戻す…と言いながら「日本を売り渡す」外交を国民がどう捉えるのか?多分に来年の選挙で安倍政権、自民党離れが相当に進み安倍降ろしを画策する左翼と保守の「反安倍体制」が出来るかも知れません。
日本は「嘘/追軍売春婦」を認めたと世界が信じます。これで世界の同胞は益々窮地に追いやられ、子々孫々まで迫害を受け続ける事でしょう。
又、左翼メディアが息を吹き返し日本は混沌とした時代に突入する予感がします。
[ 2015/12/26 11:40 ] [ 編集 ]
火のないところで大火を起こす
日本統治下の朝鮮の売春婦である追軍慰安婦(別名いわゆる従軍慰安婦)問題は確かにそもそも問題が存在しないということでしょう。
またその火の無いところに煙を出したのは日本国内の反日・親韓勢力及び在日という事でしょう。

それがやがて現在のような大火と成って、同様の事が世界の各軍でより悪質に行われていたにも関わらず日本だけが糾弾されるというところに敗戦国であるというベースとプロパガンダへの積年の対応の悪さが折り重さなり、当事者である慰安婦が殆ど居なくなった現在でもいまだにくすぶる焼け跡と成っているのではないでしょうか。

そして韓国側で鎮火を妨害している中心がこの挺対協であり、それに油を注いで来たのは現在の様な経済危機以前の韓国メディアの煽りでしょう。

及び、確か挺対協は朝日の植村隆が絡み、朝日自体が日本の主張ではなく、韓国サイドに偏った立場でこの慰安婦を応援して来たのではなかったでしょうか。

http://blogs.yahoo.co.jp/imadon1101/35103281.html

安倍首相も対米関係も考慮し、実際今と成っては問題として残ってしまっている「追軍慰安婦問題」を収束はさせたいでしょう。

しかし、それが日本の国益を損ねるのであるなら、そもそも対韓関係に日本の国益が純粋には無いと思いますので交渉は不要ではないでしょうか。

後世に又プロパガンダによる特定国による名誉毀損を残し、韓国のタカリに屈して散財するようなことが安倍政権にあれば、「美しい国」を自ら汚すというものだと思います。

https://www.s-abe.or.jp/analects03

韓国の不当な政府、民間共々の主張を無非難どころか韓国の立場で伝える日本の反日偏向メディアが居るということ前提に報道を吟味しましょう。

[ 2015/12/26 12:33 ] [ 編集 ]
慰安婦問題の終結は日本国民の認識が重要。
韓国が慰安婦問題において要請していた仲裁委員会をアメリカも含めた合意形成でまとまった見方が出来るのではないか。

だが、これが歴史認識において韓国が願う強制連行の一文が入る事になるのか?韓国国内では挺対協を始め左派団体は存在理由をかけて抗議を強めるだろう。反日とアプレゲールが混在した韓国世論に感化したテロまがいが日本よりは韓国政府に向かう事も考えられる。

また中国や台湾における慰安婦問題に飛び火して外務省のフォローアップ事業が拡大するのでは?と言及出来る。国連における日本の人権状況に良い影響を与えるのかもポイントだろう。

明後日の合意が発表されるまで日本側の緊張感は途切れないはずだ。マスメディアの朝日や毎日において充分な謝罪と賠償なのか?と記事をまとめてる意図的憶測も出来るが、多くの日本国民が当事者意識を持っていない事を見越しているのではとも考えてしまう。だから憤りを表面に出していけるかが慰安婦問題の終結になっていけるかと思うのだ。

万が一、韓国が暴挙に出てくるなら断固として黙らせる気概を持ちたい。それがネットウヨ、嫌韓という身勝手な特定な数が悪いという根拠が間違いなのだと証明するチャンスになるはずだ。
[ 2015/12/26 12:57 ] [ 編集 ]
安倍首相はアメリカの要求に従う
>仮に政治決着を見たとしても、彼らは必ず問題を蒸し返す。
>条約と国内法を同列と見做し、世論の煽りで条約という「過去の約束」を反故にする国と「新たな約束ごと」を結ぶことには、極めて慎重であるべきだ。

上記、全面的に同意します。

三つ子の魂百までも。ではありませんが
歴史的経験により培われてきた民族固有の「行動様式」「気質」は変わらないでしょう。

そのそも法律とは、民族集団の暗黙の了解(内なる行動規範)を明文化したものとも考える事ができ、「グローバルスタンダード」にはなじみません。

・騙される方が悪い

というのが、行動規範であるシナ文明圏に、「グローバルスタンダード=西洋」の行動規範に基づく、「条約締結による解決」などあり得ません。

彼らを従わせるのは力(軍事力)しかありません。
彼らにしてみれば、
何で、俺らが、東夷(日本)の言う、化外の地(西洋)のルールに従う必要があるんだ?
というところでしょう。

一方、安倍政権ですが、
アメリカ(というよりアメリカ政府に影響力を行使するウォール街の守銭奴連中)の傀儡ぶりが目立ちます。
(日本国民の生命・財産を守る事より、アメリカの要求優先)

南朝鮮と関係改善セヨ!
とアメリカより要求されている場合、安倍政権は、日本人の名誉など無視して、その要求に従う可能性大ですね。


[ 2015/12/26 13:51 ] [ 編集 ]
林雄介 ‏@yukehaya 5時間5時間前
慰安婦(韓国人売春婦)に基金を支払う目的は、日本人の嫌韓を加速させ、日韓国交断絶するためか?。世界中に売春婦輸出している韓国に売春婦基金を支払うと、数十年後に今、米国や日本で売春している韓国人売春婦に基金を支払えと言ってきますよ。日本人の常識が通用する相手ではない。


今でも、年間1500万円も元慰安婦にお金を与えていたとは知りませんでした。

[ 2015/12/26 16:52 ] [ 編集 ]
 安部将軍! ご乱心?
読売に下記のような記事があります。
【米政府が日韓の妥結を評価する声明を出すなどして、国際的に決着した
ことを確認する案が出ている。(読売Onlline 15年12月26日 08時15分)】
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151225-OYT1T50089.html

米政府の立ち会いが確実であるなら、米国から「慰安婦解決」への無慈悲な
教唆もあり、安倍総理としても無下には出来ないのでしょう。

慰安婦ぅ~の次は、強制徴用ぅ~、次は、南北分断の責任んん~、、と
無限に続くのでしょうから、すこしは怖い顔を見せてやらねばなりません。
竹島問題をハーグに提訴し、南鮮が出廷しなければ経済封鎖に踏み切る
と声明を出すぐらいやればよいのに。

経済封鎖は宣戦布告に準ずるものとなりますから、これを口実に南鮮から
全日本企業を撤収させることができて後顧の憂いが無くなりますよ!!
[ 2015/12/26 17:47 ] [ 編集 ]
かずにゃん
結局、「安倍は下痢便無能」総理だと

慰安婦、記憶遺産での安易な妥協による日本の侮辱、不要な移民(外国人労働者という経済偽難民)、経済無能

こんなのをまだ信奉する信者こそ売国奴では無いのか
[ 2015/12/26 19:14 ] [ 編集 ]
元日本兵達no
第五十九師団(済南駐屯)の伍長・榎本正代の証言

場所:中国中部の山東省

 一九四一年のある日、国防婦人会による〈大陸慰問団〉という日本人女性二百人がやってきた……(慰問品を届け)カッポウ着姿も軽やかに、部隊の炊事手伝いなどをして帰るのだといわれたが……皇軍相手の売春婦にさせられた。“目的はちがったけど、こんなに遠くに来てしまったからには仕方ないわ”が彼女らのよくこぼすグチであった。将校クラブにも、九州の女学校を出たばかりで、事務員の募集に応じたら慰安婦にさせられたと泣く女性がいた。


(秦郁彦『慰安婦と戦場の性』新潮社,1999年,p.382)



■『私たちと戦争〈2〉戦争体験文集』タイムス,1977年,p.32

島本重三 軍「慰安所」

第七三三部隊工兵一等兵の記録、場所:中国東北部の吉林省・琿春

 兵隊専用のピー屋(慰安所)は琿春の町に五軒散在していた。一軒の店に十人ほどの女がいた。『兵隊サン、男ニナリナサイ』。朝鮮の女たちは道ばたに出て兵隊を呼びこんでいた。まだ幼い顔の女もまじっていた。

 兵隊の慰問のために働くのは立派なことで、その上に金をもうけられると誘われ、遠い所までつれてこられた。気がついたときは帰るにも帰れず、彼女らは飢えた兵隊の餌食として躯(からだ)を投げださねばならなかった。

 日曜日にはけだものとなった兵隊を相手に少しも休むまもなかった。まだ終らないうちから次の兵隊が戸を叩いてせかした。ベニヤ板張りの小さな部屋には、貧弱な鏡台とトランクがあった。それが彼女の全財産であった。

 せんべい布団を被ううす汚れた敷布には、解剖台のような気味の悪い血がしみついていた。生理のときも休むことを許されず、働かねばならない女たちであった。


『本日の水木サン』より

「戦争中の話だが、敵のいる前線に行くために、「ココボ」という船着場についた。ここから前線へ船が出るのだ。そういうところには必ずピー屋がある。ピー屋というのは女郎屋のことである。(中略)ピー屋の前に行ったが、何とゾロゾロと大勢並んでいる。日本のピーの前には百人くらい、ナワピー(沖縄出身)は九十人くらい、朝鮮ピーは八十人くらいだった。これを一人の女性で処理するのだ。僕はその長い行列を見て、一体いつできるのだろうと思った。一人三十分としてもとても今日中にできるとは思われない、軽く一週間くらいかかるはずだ。しかし兵隊はこの世の最期だろうと思ってはなれない、しかし・・・・・いくらねばっても無駄なことだ。僕は列から離れることにした。そして朝鮮ピーの家を観察したのだ。ちょうどそのとき朝鮮ピーはトイレがしたくなったのだろう、小屋から出てきた。

(彼女がナニカを排泄する様子の描写)

とてもこの世のこととは思えなかった。第一これから八十人くらいの兵隊をさばかねばならぬ。兵隊は精力ゼツリンだから大変なことだ。それはまさに「地獄の場所」だった。兵隊だって地獄に行くわけだが、それ以上に地獄ではないか。と、トイレに行った朝鮮ピーを見て思った。よく従軍慰安婦のバイショウのことが新聞に出たりしているが、あれは体験のない人にはわからないだろうが・・・・やはり「地獄」だったと思う。だからバイショウはすべきだろうナ。」

(*水木しげるの他の著作「水木しげる伝~戦中編~」によれば、彼女たちはこの後、病院船でココポを離れたが、途中潜水艦にやられ、全員が死亡したという。)
[ 2015/12/26 20:23 ] [ 編集 ]
<抜粋>


青山繁晴の道すがらエッセイ・・・。


>取り急ぎ、短く申します


▼先ほど、海外出張先から関係先に直接、電話をし、「いわゆる慰安婦をめぐって、国家としての責任を事実に反して認めることになる国費の拠出を伴う『最終解決策』を、安倍内閣が行ってはなりません」と申しあげ、「行えば、再登板後の安倍政権は、いちばん大切な支持層を喪います。その岩盤の支持層とは、まったくもって右翼ではなく、祖国を敗戦の頸木(くびき)からようやく公正に解き放とうとする政権の使命を、客観的に理解している人々です」と述べ、「使命感の強い政権ほど、良き岩盤の支持層を喪っては、持ちません。仮に当面は持っても、何のために政権を維持しているのか分からなくなります。ここが政権の分水嶺です」と申しあげました。

 反応や答えについては、ここでは述べません。
 ただ「よく考えます」という言葉は最後にありました。

以下略

http://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=259
[ 2015/12/26 20:37 ] [ 編集 ]
おい!竹田
>1941年のある日

そんな適当な日付があるか?せめて何月頃と明記せねば、証言の値打ちがなかろうよ。それを言うと話の辻褄が合わなくなるからかね。

ちなみに第59師団の編成下令は1942年(昭和17年)の2月だ。ゆえに1941年にはかかる師団はこの世に存在しない。

自分の気に入った話にはパクっと食らいつき、いささかも斟酌せず、或いは疑問を持たないから、こういう恥をかくんだよ。
[ 2015/12/26 21:00 ] [ 編集 ]
水木しげるの慰安婦の話では、慰安婦に「今日はもう店じまいよ」と言われ、
「あとちょっとだけ」と懇願する兵士が「私も疲れてるからダメ」とあっさり
断られるシーンがあったと思いますが。
(うろ覚えなので正確な言い回しではありませんが・・・)

慰安婦がお客を断ることが出来たって本当だったんだな、と思ったものです。


[ 2015/12/26 21:32 ] [ 編集 ]
竹田松蔵とやらに告ぐ
いい加減な都合のいい反日売国奴帰還兵の話を引用するな!こんなデッチアゲの話は掃いて捨てる程売国奴が言いふらしてのを多くの国民はもはや知ってるいるんだ!吉田清二のファンだな。
[ 2015/12/26 21:36 ] [ 編集 ]
嘘つき 竹田松蔵
また、性懲りもなく出てきました竹田松蔵

嘘をばらまいて、読者の「誘導」をしつこく試みるも、
あまりのお粗末さに、いつも簡単に見破られる始末。


何が生きがいなのでしょう。

[ 2015/12/26 21:39 ] [ 編集 ]
代返でございますニダ!
ウリの辞書の “恥” の項目を調べれば、、、
嘘を30回、偽りを30回、捏造を30回、歪曲を10回、述べること。
それでもダメなら、名をかえ、姓を偽り、つぎはぎ捏造を繰り返すニダ! 
しつこさ、強粘着こそ、“恥” の神髄となっております、ホルホル!

末田 まつぞう


[ 2015/12/26 21:43 ] [ 編集 ]
政府外務省はバカ?工作員?
慰安婦に国家基金を作ってお詫び金ですって?(笑)

風俗嬢に何で国家がお詫び金なんか払うのよ?(笑)

またウヨクが米国の圧力とか言って誤魔化すんだろうけど(笑)
[ 2015/12/26 22:15 ] [ 編集 ]
激おこプンプン丸
激おこプンプン丸!!プンプン
学ばない馬鹿の為に国民の生命と財産と名誉が失われた。
この代償を政府は別の形で国民に支払う義務が発生している

あ~そうそう右翼の心算は全く御座いませんが、参考の為に此方を読んで見るのも勉強かと。

日韓外相会談あの手この手
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4123/

日米関係・・・日米韓の連携を・・
おや出てますね
[ 2015/12/26 22:28 ] [ 編集 ]
思いこみと自己陶酔は国を亡ぼす
Re.)民の声   さま

半島有事を餌に脅されてるんですよ、日本政府が。
普段から情けないから、脅されるんです。

何でもかんでもアメリカのせいにするのも、相変わらず情けない。
立体的で客観的な思考かできないから
マスコミに騙され、ネットでも騙される。

例えば、GHQにも、現在のアメリカにも、反日と親日の2派があることはご存知ですか?
また、ネットで反米や反ユダヤが愛国であるかのように言われますが
日本が反米反ユダヤになって孤立した時に
朝鮮半島有事が勃発したら
そのどさくさで不凍港が手に入る周辺国があること、ご存じですか?(笑)
[ 2015/12/27 00:39 ] [ 編集 ]
続:思い込みと自己陶酔は国を亡ぼす
↑誤って送信してしまいましたので続きです。

地理的要衝に位置する日本国は
ギリシャ等と同様に、周辺各国の影響(工作)を受けやすいのです。

マスコミにも、ネットにも、周辺国がスポンサーに加わっている…
と疑うくらいでちょうどいいですよ。(すべてが悪いわけではない)
タダで入手できる情報にはワケがあるのです。
それが、リテラシー。
[ 2015/12/27 00:45 ] [ 編集 ]
注釈も読むべし
毎度ご苦労様ね、竹田某。前と同じ事の繰り返しになりますが、元ネタはしっかり読む方がイイと思います。

「慰安婦と戦場の性」382ページのその分には注釈がついていますでしょ。紹介元が本多勝一他「天皇の軍隊」および榎本談 と。
今どき本多勝一を慰安婦問題の参考にする人が居るとは、ちょっと驚き。

それに最初からその文章がおかしいと思わないのが不思議。
山東半島一帯の山東省は決して中国中部ではないと思いません?
実際に山東省に出征した人が山東省を中国中部と言うかしら?とっても疑問。
満州全体も含めたら中部になってもそれは現在の事、当時は山海関以東は満州で中国とは認識されていない筈。
ちなみに、私の所持する版にはその「中国中部の山東省」はありません。

そのご本には資料や図表、慰安所の生活条件や賃金、雇い主と女性の取り分の決め、などなどなど 微に入り細に亘って実によくしらべ記述されていますから、「中国中部の山東省」以下に貴方が列挙した「証言」と比べてご覧なさいな。
吉田清治の「証言」や千田夏光の記事がどういう発意で為されたか、を考えればその「証言」の参考になるのではないか、と思います。

読んでそのまま垂れ流すんじゃ無く、地図などで確かめ、ご自分の頭で考えないと、何度でも同じ事をするのよね。
敢えてそうしているなら、馬鹿だわよ。
一番良い例をレッド・バロン様がご指摘です。

官邸には抗議メールを25日に致しました。
事の全体が判明している今、敢えて未だ譲歩する日本で良いわけがありません。
コレが最期とい約束など、言い出す安倍政府の気が知れない。
米国に示唆されたというネット情報も読みましたが、だったら戦後占領下での米兵が日本で何をしたか、をはっきり言ってやればよいだけでしょう。
一般米国人(とくに女性)は自軍があんな薄汚い事を何処でもしているとは思っても居ないそうですけど、とんでもない。
それに、虚偽と分って居ても声の大きい南鮮に譲歩するなら、だったら当時圧倒的多数の同業だった日本女性の沈黙には何をどう購うんだ?と問いたいです。
[ 2015/12/27 03:03 ] [ 編集 ]
広い視野を持ち日本の為の国益を考えましょうと云う事ですね。

米国が絡んでるのも事実の一つと見るべきで有って其れを発信しようとする者を委縮させるのは如何な物でしょうかと云う事ですね。
同じ方向性を持つている者だと思うなら変なレッテル貼りは思考停止を齎し事実の発信を阻害するだけで得る物は無し。
慎みましょうと云う事です。

[ 2015/12/27 11:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: