私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  南鮮が自ら堀った巨大な墓穴 ~ 南鮮司法が今日判断する「対日請求権」

南鮮が自ら堀った巨大な墓穴 ~ 南鮮司法が今日判断する「対日請求権」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 明日23日、南鮮で興味深い司法判断が下される。1965年に締結された日韓基本条約で、個人請求権を「完全かつ最終的に解決された」としたことについて、これが「財産権の侵害」という観点から「違憲」であるか否かを、南鮮憲法裁判所が判断するということだ。

日韓請求権協定、韓国憲法裁が違憲性判断へ 23日に、半世紀前の合意“蒸し返し” (産経新聞)

 【ソウル=名村隆寛】1965年の日韓国交正常化で締結された日韓請求権協定が、韓国人の個人請求権を「完全かつ最終的に解決された」と定めたことについて、韓国憲法裁判所は23日に、これが財産権を侵害し、違憲であるかどうかの判断を出す。21日に決定した。

 旧日本軍の軍属の遺族が2009年に「違憲」として訴えを起こしていた。違憲判断が出れば、日本に同協定改定を求める義務が韓国政府側に生じ、半世紀前に合意した日本の朝鮮半島統治の清算方式が、一方的に覆らされることになる。

 憲法裁判所は2011年に慰安婦と在韓被爆者の賠償請求権をめぐる憲法請願について、請求権協定をめぐる解釈の相違が日韓間にあるにもかかわらず、解決 のための手続きをしないのは「韓国政府の不作為」であり、違憲とする決定を下した。「解決済み」とする日本とは膠着(こうちゃく)状態が続き、その後、韓 国では集団訴訟などに発展した。


 南鮮の聯合ニュースは、「韓国憲法裁の決定は対外的に拘束力を持つわけではないため、韓日間の外交交渉にどれほど影響を与えるかは未知数だ」と呑気なことを書いている。「韓国憲法裁の決定は対外的に拘束力を持つわけではない」というのは事実だが、影響は「未知数」ではなく「甚大」だ。

日韓請求権協定


 南鮮では、戦時徴用をめぐり日本企業に賠償を命じる判決が相次いでいる。南鮮の最高裁が3年前に個人請求権を認める判断を示して以降、南鮮司法は日本企業に対し、とっくに解決した問題を蒸し返し、「日本企業への賠償請求」を可能にした。今年だけでも6月には三菱重工業、11月には新日鉄住金が、賠償の支払いを命じられている。南鮮が「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録に際し、当時の徴用工に関して「強制徴用」という説明を盛り込めと強要したのはその流れの中のことだ。「未知数」などという表現で片付けられるものではない。

 現在の大韓民国憲法が採択されたのは、1987年10月29日のことだ。日韓請求権協定は1965年6月に締結されているから、現憲法が制の枠組みで、憲法制定以前の件をとやかく言うのは、法の不遡及という原則に反するのではないか。その辺の詳しいはなしは憲法学者の見解に譲るとしても、もともと条約というのは当事国の国内法に優越するのが国家間関係の大原則である。南鮮の政治も司法も、他国と条約やら協定を結べるレベルには程遠いというべきだ。

 日韓請求権協定では、南鮮族の補償義務は、南鮮政府が負うことになっている。つまり、この問題は外交問題ではなく、南鮮の国内問題だ。もっと詳しく言えば、青瓦台と南鮮司法の間の問題なのである。日本や日本企業が巻き込まれることはない。

 加藤産経新聞前ソウル支局長の公判で、「日韓関係の観点から善処を望む」とまでオフィシャルに介入した南鮮外交部は、この件についても放っておかないと思われるが、どちらに転んでも南鮮には巨大なブーメランが突き刺さる。南鮮憲法裁判所が違憲判決をすれば、南鮮は条約、協定を反故にする野蛮な未開国であることを国際社会に宣言するようなものだ。合憲判断が出れば、慰安婦や徴用工を含むすべての賠償請求は実質的にストップする。

 冒頭で興味深いと書いたのは、まさにそこなのだ。どちらの判断が出ても、南鮮は結果的に、自ら墓穴を掘ることになる。今からこの判断が待ち遠しい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2015/12/23 07:45 ] 外交 | TB(0) | CM(13)
愛しの盧武鉉くん
あの親北反日主義者・盧武鉉がひとつだけ日本にとって良い事をしたのが、この日韓基本条約の存在を南鮮国内に明らかにした事だと思います。
なので、日本側がそれを指摘しても、「それは嘘だ」と南鮮人は言えないだろうし、言うのは無知な人だけ。
後は南鮮の国内で幾らでも揉めてくれ。日本は既に関わりは無い。

この日程はワザとなのか?天皇御誕辰日に合わせた、と受け取れないことも無い。何処までも鬱陶しくて厭らしい種族だこと。
[ 2015/12/23 09:01 ] [ 編集 ]
原始村落集合体。朝鮮
日韓基本条約で、個人請求権を「完全かつ最終的に解決された」
条約は国内法、憲法より上位ですね
当然条約が結ばれた時点で合憲と云う立場と国家に取っても有益だと云う解釈が成り立った訳です。
条約を蔑ろにする考えも反日法と同じ様な遡及的な解釈に当り、何よりも情緒が優先される情治国家南朝鮮らしい考えだと思います。
法に依る支配より情が優先され感情論に大きく左右され情治国家。
依って南朝鮮は法治国家民主主義国家以前の古代国家より更に以前の原始情緒村落集合体国家もどきと云う事を自ら暴露したに等しい

日韓基本条約で個人請求権を「完全かつ最終的に解決された」条約を認めない=破棄と捉える

条約が成立して居る時点で国際的な約束事の条約を国内向けの理由で勝手に無効とする事は出来ない。
この事は国際間の約束事で国際社会のルールで有って此れを国内向けのパフォーマンスや政策で無効にする、しようと云う考えは宣戦布告に等しい危険な考えだと思います。

実際戦争行為が発生する前には条約の侵攻国側からの一方的な破棄は付き物だ。

仮に条約を破るならそう言う覚悟が南朝鮮側は持った方が良い。日本側も南朝鮮が既にそう言う考え覚悟を持っていると思って此れからの極東アジア情勢に望む事だ。
時代は完全に変わった。親特亜親韓的は甘い幻、夢。
夢から目が醒めぬ奴は永遠の眠りにつく。当たり前の話が現実に
[ 2015/12/23 12:28 ] [ 編集 ]
「差別」=韓国南部民が韓国北部民へ抗議するときに使用する韓国語常套句
「福岡県マーメイド」女史からの注釈

●全羅南道、済州島などの韓国南部=ホワイト丁部落などの朝鮮半島被差別部落が莫大数存在
●「差別」=韓国南部民が韓国北部民へ抗議するときに使用する韓国語常套句

●童話=1639年日本国鎖国から1910年日韓併合までに日本国へ密入国し不法滞在している全羅南道、済州島などの朝鮮半島南部の朝鮮半島被差別部落民
●帰化未帰化在日韓国人=1910年日韓併合以降日本国へ密入国し不法滞在している朝鮮半島人と韓国人

●文部科学大臣下村博文H25年6月下旬公用文統一指示[韓国式交ぜ書き「子ども」をやめて日本国式漢字書き「子供」へ統一]
[ 2015/12/23 16:07 ] [ 編集 ]
「請求権協定」の先送り
南鮮憲法裁判所が合憲とも違憲とも判断せず先送りにしたようです。
ネット界の一部に「またヘタレとる」の見解もありますが、むしろ日本の姿勢を
波風を立てることによって試す「威力偵察」だったのではないのでしょうか。

今回は安倍が手強そうだから結論を控えるが、卑劣な阿りを旨とする石破など
が政権に就けば、その時は紛うことなく請求権協定は違憲と判決して大金を
むしり取る算段での、カードの温存ではないのでしょうか。

南鮮の司法といっても両班に傅く常民でしかなく、コネと阿りと賄賂で地位に
付いたモノが大半と思われ、その場その時でどうにでもなる組織のようです。
「愛しのノムタン」は死なず、消えず、南鮮が存続するかぎり共に在るニダ!

-「ついに終わる中国と韓国 宮崎正弘&室谷克己」から-

南鮮の首相は大統領が選び、それを議会が承認して決まる。 
クネ婆が最初に指名したのは、、

1.金・容俊 憲法裁判所 所長。 
  息子の兵役逃れ、不動産不正取引疑惑で辞退。

2.チョン・ホンヲン 釜山地検・検事正。
  息子の兵役逃れ疑惑の中、セヲル号事件で遺族に水をかけられると
  自分の車に逃げ込み籠車(城)。 辞意表明。

3.安・デヒ 元最高裁判事。
  引退後に半年で11億ヲンを賄賂?として稼いだことが曝され辞退。

4.文・昌克 中央日報主筆
  過去の講演内容が親日的との非難の嵐で指名を辞退。

結局、クネ婆は、2のチョン・ホンヲンの辞表を差し戻し留任させる。

-- 以上 徳間書店 2015/5/31 発行 --
[ 2015/12/24 12:37 ] [ 編集 ]
およそ4兆五千億円
日韓基本条約で日本は無償金3億ドル、有償金2億ドル、民間借款3億ドル超え、計8億ドル超えの経済援助。それは現在の価格ではおよそ4兆5千億円なのだそうで(by黒鉄ヒロシ氏)
私個人としてはそれに朝鮮半島に置いてきた数々の国家・民間諸財産代金もプラスすべきだろうと思うのですが、その有償金の内、どれだけお返し戴いて居るのやら?も疑いたくなる相手。

相手が「植民地、植民地」と”謙遜?”して云いたがるので無理に植民地とするしても、列強の純植民地であった国々が元宗主国から対価と差し上げ金を得たとは寡聞にして聴かず。
労働徴用にはお給金が支払われていたのですからこれはこれでお仕舞。結局、戦前も戦中戦後も対応が甘くてここまでお節介してしまった日本が悪い、のだろう。つけ上がらせた責任を問われるならば。

黒鉄氏も書いて居られました。
<セウォル号事件を考えれば、いよいよ日本が悪いことは明らかです。乗客には修学旅行の生徒が多かった。伊藤博文が教育に力を入れ、学校などという余計なものをつくったからこんなことになった。修学旅行という行事は、日本統治の名残だと言います。そんな習慣を付けた日本が悪い。中略  あの船長はかつて海難事故に遭い、それを日本の自衛鑑に助けられたことがある。そっちの方が問題です。そんなおせっかいをしなければ、彼が今回の船に乗ることもなく、あれほどの惨事にはならなかったかもしれない。
さらにあの船は日本製でした。安全などおかまいなく利益優先に船を改造しまくるお国柄を無視して韓国にお譲りした。これも思慮が足りなかった。日本が悪い。 さらに、さらに・・・。
要するに、すべて日本のおせっかいが悪かった。普通の文明国ではまずやらないことをおやりになる彼の隣国に対して、もうおせっかいを焼くのはいっさいやめるべし。福沢先生の言葉を噛みしめつつ、我が同胞に猛省を促す次第。> と。

郵便ポストが赤いのも電信柱が高いのもみ~んな日本が悪いのよ。だ、か、ら、しっかり後悔して、もう二度とアチラ様とは付き合わないで居ましょうゼイ。
[ 2015/12/24 17:21 ] [ 編集 ]
吏道
私の伯父貴は朝鮮総督府に務めてました。引き揚げて来てからは拓務省がなくなってしまったので、地方の役人に転じ、長崎県の総務部長などの職にありました。

とにかく仕事以外には趣味のない人で、いつも気忙しく、余りにも面白くないのが逆に面白いと私は思うのですか、ウチの妹たちはサブロベーと呼んで、嫌ってました。(笑)

サブロベーに感心した事か一度。それはウチの親父が水産団体の役員になった時のこと。
「おめでとう」と言った後に、「役員になったからとて、急にゴルフなぞ始めるなよ」と兄貴に釘を刺されたと父は語ってました。

昔のゴルフは今の数倍もカネがかかり、しかもやり始めるとコースに出たくて仕方がないもののようで、そこに心利いたる業者との癒着の芽が?年間に三百回以上?も業者に招待させていた防衛省の「天皇」と呼ばれた人物がおりましたな。

サブロベーの場合はサラリーマンの身に過ぎた遊びもなにも、遊び自体を知らないからつまんないのですが、かかる真面目にして小心な?日本の官吏が、強制何たらとか、1片の行政命令書もなしに、そんなヤバいことをする訳ないじゃないですか。

こはる様、韓国人に永遠に理解できない言葉として「吏道」という言葉が上げられます。日本人の仕事ぶりを見ていれば、判りそうなものですが、どうも彼らには親分子分の関係以外に、守るべきモラルや職業倫理があるという「近代」社会に、永遠に到達できずに終わりそうですね。
[ 2015/12/24 18:37 ] [ 編集 ]
利得
バロン閣下  彼等の心中は他人よりも利得が大きい事が一番の価値ではないか、と最近理解して差し上げてwおりますばい。
何と言っても爽やかさが無い。35年日本が統治して、アレですもんね。

オカルト方面にも暗いのですが、ぎぼあいこさん という(漢字が解りません)物故された方だそうですが霊能者?が生前、南鮮の土地には妖気が漂って怖くて行きたくない、とか仰っていたそうで、無碍には出来ない予感であろう、とこれだけは信じているのです。
そうでも思わないと、人間とてもアノ神経では生きられませんでしょうから。
捜せばまともな人も居るのでありましょうが、民主・社民に求めるのと同じ程度には。根気がなくて捜す気にもなれません。
[ 2015/12/24 18:56 ] [ 編集 ]
在日でまともな人間とは?
こはる様

いるにはいますが、今や心身共に、完全な日本人ですね。私の後輩のK君とか、ルックスも良いのですが、素直な性格で、煩さ型の先輩からも愛されています。

彼はゼミのコンパで、大きな声で戦時中の軍歌「父よあなたは強かった」を、思いを込めて歌い、隣の女子学生が声をひそめて「K君のお父さんて韓国の人じゃ…」(母親は日本人で、彼は日本国籍です)
うーむ、どういうことなんだろ?その時は即答できませんでしたが、後で考えてみれば、彼の父親は日本軍に志願した半島出身の兵隊さんだったのかもしれませんね。少なくとも彼は、完璧な日本人です。


後は歯医者のZ君とか。彼は両親とも半島出身ですが、とうの昔に帰化しています。両班出身だが何だか知りませんが、母親がおそろしく教育熱心な人で、上の兄貴2人は一流校を出て、大企業を幹部をやってます。彼だけは出来が悪くて?歯医者になったという。


お見合い歴三十数回、最後のお見合いでは本人も気に入って、デートを重ねていたようですが、結局破談に。
何でやと訊いたら、「毛沢東を知らなかった」と。毛沢東を知らなくても可愛いければいいじゃないか、と言ったら、幾らなんでも、非常識にも程がある、ブランド品は何でも知っているくせに、と大変な怒りようでした。彼の中の両班の血が疼いたのではないかと睨んでおります。

一度だけ訪韓したことがあるらしいですが、とんでもない所で、二度とゴメンだと言っておりました。まあ、彼も日本人ですな。

私の周りで「在日」やってるのは、日韓友好のコンサート企画とかでメリットのある音楽家とか、日本の超高率な相続税を避けて息子に会社を継がせたいたいパチンコ・メーカーの社長とか、理由がはっきりしています。

年がら年中、ぶつくさ言ってる半島人と、いわゆる「在日」ってのはどういう人種なのか、理解の外ですが、少なくとも能ある鷹とは、とても思えないですね。
雉も鳴かずば射たれまいに、という言葉もありますよ。
[ 2015/12/24 20:05 ] [ 編集 ]
Re. 吏 道
閣下のコメントから満州建国を想いだしました。

米国は満州建国を苦々しく思い難癖のネタ探しをしたようです。
新聞記者を満州国総理大臣、張・景恵(1871 - 1959年)に差し向けて
誘導尋問的なインタビューを試みたようです。

「満州国総理との肩書であられますが、裏では日本軍が何かと画策して
煩わしい限りではございませんか?」

-「いや、我々は日本人に建国を委ねているのだ。 彼等は立場が上の
者から下の者まで、何の賄賂も受け取らず、実に健気に働いておる。

支那人では、とてもこんなことは出来ない。 国が出来る前に汚職と権力
争いで崩壊してしまうだろう。 日本に国造りをさせ、それが出来上がった
ところで頂くのだから、これでよい。」
だったそうです。

「吏道」に営々と刻苦する日本人を理解できるのは、全世界の人類の中でも
敬虔なるカルビン教徒ぐらいかもしれませんね。
[ 2015/12/24 21:24 ] [ 編集 ]
儲かりまっか?
末田さま

私は逆に支那を訪れた日本人が職業を尋ねられて「教師です」と応えたら、「それは儲かりますなあ」と羨ましがられた話を思い出しました。

何でも支那の教員は生徒にノートや鉛筆を買わせるそうで、生徒としては高い文房具と思っても、成績のことを考えると買わざるを得ない。支那人というのは世界でもっとも商業的な国民ですから、与えられた権力はすべてカネに替えるという商才を各所で発揮しまくります。

こんなのはまだまだ序の口で、私の同級生は国民党独裁下の台湾に留学していましたが、書類一枚書いてもらうにもすべて袖の下、警官がパトロールに来ると、店の若い女の子を隠すという、戦前の軍閥支配下の支那の雰囲気を存分に味わって帰って来ました。週末には公開銃殺のアトラクション付き。

その話はまたの機会のお楽しみに。
[ 2015/12/24 23:49 ] [ 編集 ]
一応儒教というものが
閣下 & 軍曹殿
吏道ならずとも士道 師道 商道 人道 所謂世道というものがあり、シナも朝鮮も儒教国故にどうのこうの、とプライド高めに言う辺りは「人倫」に悖ることはイカン、となるのではなかったのか?と思うのですが・・・何かが激しく変。

満州へ日本人も朝鮮人も入植すると、日本人の田畑収穫高の次に、統治から耕作が上達した(誰がおせーてあげたのかな?)朝鮮人耕作地の上がり、そして土地は広いのに収穫の少ない原住民、という順だったそうで、張作霖は収穫時期になると日朝入植地を狙って匪賊行為に励んだのが蓄財の一つの方法ですって。

在日でも帰化でも、日本に住むなら「郷に入っては郷に従う」慎ましさは基本的に持って居るべきではないのか?と思うのです。
それは日本だけじゃなく何処の国でも言えることでしょうし。
なので「人に五倫あり」とまでは私も言えないけれど、人の道を歩んで居られる方々には、何も批難は致しません。よね?

それに、「連れて来られた」という人々も戦後は残留を選んでのこと。他は、誰にも見つからない様に密やかに入って棲み着いた自由すぎる意志の子孫な訳で、これを法治国家は「不法滞在者」と言いますが、原住日本人としてはどう考えても「選んで来たなら日本人風に静かに清潔に暮らせば?」と主張したい。
間違ってもドコゾの孫のような「父は鎖につながれて連行された」など、山椒大夫もしないようなタワケを言うな!と思う。

それこそ儒教の教えを守って親子、長幼の序等は今の日本人よりずっと遵守している人も居ると思いますし、認めるべきは認めたいです。けれど、ありもしない罪を擦り付けて日本を口汚く罵るならば今すぐ泳いで帰れ。超杜撰な空港検査の国へ。と思い候
[ 2015/12/25 01:51 ] [ 編集 ]
こはるさま (吏道 その2)
仰るとうり、原型は武士道なのでしょう。
時系列で並べると、聖徳太子の時代に統治の道徳律が形作られ、それが源平の
頃に武士道へと枝分かれ。 教育が普及し平和で商業が活発になると石田梅岩らにより商人道や職人道に分化していったのではないのでしょうか。
 
純然たる官吏が生れるのは近代になってからですから最後に吏道が派生
したのでは? 吏道と言っても歴史が浅くポピュラーでないから、私めも
閣下のコメントから、ああこんな言葉があったのかい! 官僚間の道徳律として
使われていたんだろうと合点した次第でございます。


シナ・朝鮮がのたまう“儒教”なんて、、、

奴ら、まるきり意味が解らんまま善良な日本人をスカす ために喚いているだけ
だと思っています。  ペンペン草と桜の区別がつかんくせに「桜の起源は
朝鮮」と嘯くのと同じ。 アル&ニダが儒教がどうたら、とぬかせばヤカマシイ
と殴りつけるしかないのだと確信しております。

孔子・孟子らのアリガタイ教えを儒教の礎とするならば、五胡十六国時代から
清朝に至るまで数限りない他民族の侵略を受け完全に形骸となったはずです。
それでもも残った理由は、他民族がシナ大陸を統治するには官吏が不可欠
であり、その資格試験、科挙のテキストとされたからでしょう。 

試験テキストとなつた時点で、日本では当然含まれている道徳や倫理の
エッセンスが完全に抜け落ちたのではないでしょうか。
今の日本でも、「科挙試験」では優秀なのであろう、害務省のアホらに「日本人
として守るべき道徳と倫理と誇りは?」と質せば、「金徳と珍理と埃です」とすら
答えられず、国賊働きに邁進しとるだけですから。
[ 2015/12/25 20:27 ] [ 編集 ]
勅令
軍曹殿 ぺんぺん草と桜の違い・・・笑いすぎておなかが痛くなったでねえか。

科挙の制度は国家を滅ぼす源と感知して、八十島の瑞穂の国はあをによし奈良の昔より採り入れなかった。
我等のご先祖は実に感度、センス共に優れて居られたと感服です。

江戸期の官僚は皆武士ですから、上に立つ者の権利と義務は幼児の頃からたたき込まれて、して良いこと、しなければならないこと、してはならないこと、の区別に敏感だったのだろうと思います。中には悪徳代官が居たとしても。

明治20年に勅令「官吏服務紀律」というのが発令されたのだそうで、勅令ですから、かなりの問題が発生していたのでしょうね。
官吏は物を貰ってはならない。威張ってはならない。秘密を漏らしてはならない。ナンタラカンタラ17条あるそうです。
明治維新は下克上ですから公吏倫理が乱れたのね、きっと。
聖徳太子も十七条の戒め。
17箇条で締められるのですからやっぱりぺんぺん草とは違うのだ。

ぺんぺん草ですが、何故彼等はソメイヨシノに拘るのでしょうね?桜って日本だけでも相当な種類があるのに、選りに選ってクローンでしか生まれないものをご指名って、ほんとうにぺんぺん草。
源氏物語には「樺さくら」(お花の色が濃い目の桜色です)なんて書かれて居ましたよ。
[ 2015/12/26 01:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: