私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  産経前ソウル支局長の無罪 ~ 譲歩では何も生まれない

産経前ソウル支局長の無罪 ~ 譲歩では何も生まれない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朴槿恵の名誉を棄損したとして在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長に対し、南鮮司法は無罪を言い渡した。加藤氏は着席することも許されず、結局「無罪」という言葉を聞くまで、178分に渡って立たされっぱなしだったという。

 当然すぎる無罪判決なのだが、南鮮司法は最後っ屁も忘れていない。「言論の自由が無制限でないことを認識するように願う」と強調し、「検事が公訴した犯罪の構成要件に該当しないということであって、その行為が普遍妥当というわけではない」と指摘した。今後の参詣を含む日本メディアの報道を制約しようとするかのようだ。

加藤前産経新聞ソウル支局長
加藤前産経新聞ソウル支局長


 件の記事が産経電子版に掲載されたのが、2014年8月3日。2日後の5日に南鮮の保守団体といわれる者らが加藤氏を刑事告発し、そのまた2日後の7日、加藤氏は出国停止となった。在宅起訴は、約2か月後の10月8日。その後長きにわたって軟禁状態を受けた加藤氏が出国を許されたのは、今年の4月14日である。8か月以上にわたって加藤氏の自由を奪ったことは、南鮮司法の許しがたい罪だ。そんな背景がありながら、「お前の記事は普遍妥当ではない」と通告するのは、まるで居丈高に恩赦を与えるような態度である。

 時事伝では、韓国外務省当局者は「これまでの産経問題による負担が取り除かれただけに、今後、これが韓日関係改善の契機になることを期待する」と述べたという。馬鹿を言ってもらっては困る。この起訴自体が異常なのであり、南鮮側が日本に与えている負担は、仏像問題、徴用工問題、ユネスコの軍艦島問題など、数え上げたらきりがない。

 そのうえこの当局者は、「日本政府に対して、虚偽事実の報道が韓日関係に負担を与えることは今後絶対にあってはならないと強調した」と説明したそうだ。この当局者は、日本側に責任の一端を転嫁しようとしているのだ。

 考えてみれば、これが南鮮民族の限界なのかもしれない。結局のところ、彼らは常に被害者でなければ、社会構造を成り立たせられなないのだ。従って、加藤氏の問題は解決したとしても、日本と南鮮の問題は半永久的に続く。ノンフィクション作家の門田隆将氏は、「『譲歩では何も生まれない』ということを日本人はよく見ておくべきだ」とコメントしている。産経新聞と加藤前支局長は、毅然とした態度でこの裁判を乗りきり、微塵たりとも譲歩しなかった。日本人は、この対応を規範とすべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/12/18 07:15 ] 外交 | TB(0) | CM(6)
理解せず
<南鮮は常に被害者でなければ社会構造を成り立たせられない>と南鮮を識るほどに思いますが、決して、だから彼等の被害者意識を理解しよう、としてはなりません。
こちらが「理解」する事は、他国と違って南鮮は”理解する日本に2強引に凭れかかるのが当然、とする国ですから。

加藤元支局長の記事の元になった南鮮紙は何故同じ扱いの法廷被告にならないのか?
そもそも沈没事件の最中の7時間のクネ証言は、何故本人を呼んで法廷で問われないのか?
この二点だけでも、到底まともな法治国家の法廷だとは思えません。

裁判所は昨日の公判で「大韓民国の大統領ともあろう人が,事故収拾に専念せずに「緊密な会合」を持ったなどの記事は、私人・パク・クネの名誉毀損をしたことが認められる」
と、「大統領」と切り出して「私人」の名誉毀損って一体この法廷は何を言いたいのか?
更に「(名誉毀損ではあるが)個人への誹謗目的は認められない」で、無罪。
わけわかんねー。

最初から訴えを却下していて当然の処置を誤ったばっかりに、この無理筋の「公判文句」。
日本への圧力やイチャモン付けのつもりが、世界のジャーナリスト達の耳目を集める可能性を少しも考えなかった、井の中の独裁国家途上国の馬脚を顕わした一件でしょう。
まともな国ではないのです。

日本の外務省もこれで日韓関係が前向きになる、等に類する事を言うんじゃあないのよ!
[ 2015/12/18 08:51 ] [ 編集 ]
「無罪」ではなく無実と言いたい。
先ずは、「無罪」という表現に強い違和感があります。
無実と言うべきでしょうに。

このような韓国に対して、
嫌韓はとうに過ぎ、今では反韓に加えて蔑韓です。

韓国は、
政治経済について言えば、民主主義風、三権分立風、工業国風
軍事について言えば、反共軍事国家風
歴史について言えば、伝統的儒教国家風
人間について言えば、美男美女風
                等々 

切りがありませんが、所詮、「風」がつく、装っているだけの国(正確に言えば単なる共同体)でしかないことを再確認しました。

日本からの莫大な支援を受けた多少の経済規模の拡大で過剰な自信をつけた韓国は、日本の一時的経済縮小や大震災を機に日本を凌駕できると錯覚し、今までの卑屈なコンプレックスは横柄で居丈高な外交へ転じました。

なんと品格のない「国家」であることか。

しかし、それらは、一瞬の幻で、到底、日本を凌駕できるものではありません。
毅然とした日本の態度の前に、大声は小さくなり、居丈高な態度は卑屈な笑みへと変わりつつあります。

クレーマー対応の基本、「毅然として対応せよ」をみる思いです。
機嫌をとろうとか、交換条件を出そうとか、姑息な手段をとらず怯むことなく毅然とされていた関係者に敬意を表するものです。

まだ、すべてが決着したわけではありませんが、安倍総理や、加藤記者の胸を張った姿勢に希望を見る想いでおります。

頑張れ、日本。
[ 2015/12/18 09:10 ] [ 編集 ]
朝鮮
支那人から朝鮮人に下賜された朝鮮と言う汚らわしい国名を聞くと反吐が出る。世界広しと言えども最低に分類される民族の一つ。支那はその親。
[ 2015/12/18 18:20 ] [ 編集 ]
恥を知るは勇に近し
元ネタを提供した朝鮮日報は、裁判中証言を拒否して逃げ回ったばかりか、今日の紙面では産経新聞を批判して、記事は不正確で大統領の名誉を傷つけるものだったという…

一体、どの面を下げてそれを言うのか?南鮮には被害感情はあっても「恥」という観念は存在しないのです。日本が朝鮮を統治した35年間はまったくの無駄骨でした。

「恥を知るは勇に近し」

私の好きな「礼記」の言葉です。

幕末日本の遣欧使節団が、はるばるインド洋・スエズを超え、地中海をへて、ようやくフランスの港が見える所まで辿り着いた時のこと。

彼方に要塞都市マルセイユの偉容が見えるにつれて、これが同じ人間がつくった街かと、我が港湾設備と町並みの余りの惨めさを思って、使節団の日本人は泣いたといいます。


自分のダメさ加減を思い知る恥の観念、己れの不甲斐なさに涙する気持ち、それのみが、進歩しようという強烈な意思を発生させます。

私たちはこのような父祖を持って、つくづく幸せ者でした。
[ 2015/12/18 20:18 ] [ 編集 ]
林雄介 ‏@yukehaya 4時間4時間前」

産経新聞ソウル支局長裁判は産経新聞が悪い。シリアのISの拠点に取材に行けば、殺害される可能性が高い。韓国という本来であれば、外務省が渡航禁止にしなければならない危険な国に支局を作るから、パククネに支局長を拉致された。韓国への渡航禁止、国交断絶を。
[ 2015/12/18 21:37 ] [ 編集 ]
無罪は当然。
これを有罪にしたら、独裁国家と一緒。

とにかく今回の一件で朝鮮は法治国家ではなく、感情国家というのがわかった。

迷惑な反日感情に巻き込まれたソウル支局長には、「お疲れ様。災難でしたね」と、労ってあげたい。
[ 2015/12/19 05:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: