私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  左翼団体・反社会団体 >  「シンクタンク設立」という、SEALDsの看板掛け替え

「シンクタンク設立」という、SEALDsの看板掛け替え

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安倍政権の支持率UPに一役買ったかたちとなったSEALDs。彼らが騒げば騒ぐほど、安倍政権への信認が強化されるという奇怪な現象を生んだ団体だが、彼らが今度、政党への政策提言などを行う新団体を設立したという。

SEALDsメンバーら、新団体設立 政党へ政策提言 (朝日新聞)

 安全保障関連法に反対する学生団体「SEALDs(シールズ)」のメンバー奥田愛基さん(23)らが学者や弁護士とともに、政党への政策提言などを行う新団体「ReDEMOS(リデモス)」を設立し、14日に参院議員会館で記者会見した。「国会前抗議を原点に、日本の民主主義を問い直す場をつくる」という。

 リデモスは「DEMOS(民衆)への応答」との意味で命名。市民のためのシンクタンクと位置づけ、安保法制など政治課題に関する情報発信や、議論の場の提供、政党や市民への政策提言をメールマガジンやイベントなどを通じて行う。

ReDEMOS


 代表理事に奥田さん、理事には「安全保障関連法に反対する学者の会」でも活動する上智大の中野晃一教授、参院の地方公聴会の公述人を務めた水上貴央弁護士の2人が就任。学生数人が研究員になり、テーマに応じて専門家や弁護士と連携していく。

 ログイン前の続き来年初めには、立憲民主主義の維持・発展を目的にした立法を提言する予定。以後は高等教育無償化といったテーマも検討する。

 会見で奥田さんは「国会前で抗議していて、なぜこうなってしまうのか、なぜ正式なプロセスで異議申し立てできないのかと疑問を持った。こうした思いを法律レベルにして発信したい」と話した。

 SEALDsは来年の参院選に向け、この団体とは別に、ほかの市民団体とともに野党統一候補を支援する組織もつくる予定だ。(市川美亜子)


 国会でまともな論理主張もできず、出演したテレビ番組で知識の薄っぺらさを見事に晒された人物が、こともあろうにシンクタンクを作るというのだから、全くもって恐れ入る。恐らくこれは、看板の掛け替えにすぎないだろう。

 SEALDsは、政治資金団体を騙って寄付を集め、のちにそれが政治資金規正法に触れると判明した(Togetterまとめ)。遵法精神のない者が「立憲主義」だとか「憲法守れ」と主張するいう、笑うに笑えないエピソードを残した奥田らSEALDsメンバー。国会前で騒げば騒ぐほど、内輪では盛り上がるが、逆に安倍政権の安定化に寄与するという結果を生み出し、彼らの活動は限界には見えていたと思われる。

 奥田は、「思いを法律レベルにして発信したい」という。であれば、政治団体を作ってしまえばよいのだ。最も手っ取り早いのは、立法府に議席を得ることである。バッヂを得られれば、いま共産党がしきりにやっている「国民連合政府」などという革命じみた活動も可能になるのだ。反安倍という旗で野党を束ねる「フィクサー」にでもなりたいのか。シンクタンクなど、ラップ調ではなく、正しい日本語で人を説得できる能力を身につけてからやってもらいたいものだ。

 奥田のようなキャラクターは、恐らく、広告塔に過ぎない。サヨク弁護士の水上貴央や、SEALDsを「平和主義復活の兆しを感じとった」と臆面ない提灯持ち発言を発する中野晃一のような大人たちが先陣を切ったように、奥田というキャラを利用しようとする左派の大人たちが寄ってくる。

 シンクタンクと言いながら、彼らの主義主張は最初から結論が決まっている。要するに、シンクタンクの体を最初からなしていない。何をやろうと勝手だが、どうにも興味の湧かない団体である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
何処で覚醒するのか、しないのか
どこからおゼゼが出るのやら。
<日本の民主主義を問い直し>たければ幾らでも勉強して問い直せば良いと思う。が、その前に自分達の、間隔が広すぎそうな脳の皺を何とかせんと、ソレでなくても言語が破綻して居るんだからネ?と思う。
まあ、これで安倍さんしばらく安泰ですけれど。

このグループからではないか?と思うのですが、来夏の参議院選挙に社民党から出るという女性に就いて、アチコチでその言動のすばらしく下品で悲惨な状態が取り上げられています。
一般有権者を「豚」ですって。他にも何やら喚いている様ですが、社民党もここまで墜ちるか!とうっかり同情さえしてしまいそう。
最低限に居る政党と思っていましたのに、それ以下って仏教絵図で言えば餓鬼の世界よ。おぞましいわねえ。
[ 2015/12/16 07:55 ] [ 編集 ]
相変わらずの政治ごっこ
Re+DEMOSですか。これは彼らの知恵からは出てこないネーミングですね。
その設立を国会で発表。
もうマリオネット状態です。操っているのは日本共産党でしょう。

彼らは英語が好きですねえ・・・。
I am not ABE.(Je susi Charlie.の焼き直しという知恵のなさ。)
War is over.(70年前、とっくに戦争は終わっているのに。)
This SHIT.(こんな下品な4-letter-wordを使うとは・・・)
FIGHT FOR LIBERTY.
I say 戦争 You say するな 戦争 するな
SAY NO TO FASCISM.

いやはや、和製英語大好き人間の多いことです。

日本で日本人に訴えるスローガンをここまで英語で書くことや集会でラップで叫びながらトランス状態に入っていく姿をみると、マックス・ウエーバー「職業としての政治」をなぞって「ファッションとしての政治(ごっこ)」を感じます。

そういう連中によるシンクタンクとは笑います。

かつて英語のレッスン中に、
私が、I think・・・・.と語り出すとイギリス人の先生はあまり上手ではない日本語で「沈まないで・・・」と言いました。
「えっ、なに・・」と一瞬思いましたが、これは私の発音が悪く、think がsink に聞こえたものでした。このことを今、思い出しました。

そうです。彼らの自称 THINK TANK なるものは SINK TANK として沈んでいくことでしょう。そもそも、その前に浮き上がることさえないだろうに。

彼らは、愚かさ故、勘違いがますます酷くなっています。
怪しい大人に操られる愚かな若者の構図をまた見てしまいました。
[ 2015/12/16 09:32 ] [ 編集 ]
28忘れちゃダメ
28グループのぱよちんブサヨが中心なのだから
ちゃんと「リデモス28」と数字を付けなくちゃね。

政策を提言するそうだけど大丈夫かな?
政策の体をなしているものが出てくるかどうか。
政策という名のコント集だったりして。
[ 2015/12/16 11:47 ] [ 編集 ]
イヤミ氏
某大学の教授が学生に三島由紀夫の小説「春の雪」を貸してやったら、すぐに返しに来て、先生、現代語訳はないですか?と言ったという。

三島さんの小説は旧仮名、旧漢字で書かれていて、現代の若者には確かに難しいのかもしれませんが、それでも一応は現代の日本語の文章なのですが。(笑)。

三島さんが難しいとあっては、鴎外、漱石の作品はとうてい読めないでしょうね。

かく申す私も、旧仮名・旧漢字は読めますが、手書きの、例えば、私の家の先祖書きとかはせいぜい3~4割ぐらいしか読めません。手書きの文書が読めるようになるには、ただひたすら量を読み続けるしかないそうで、人生の日暮れて道通しかな。

怪しい英語を使う奴に限って、国語が出来ないという絶対法則があります。何語であれ、言語能力という意味では一緒ですからね。

まともな日本語が読めない、書けない、話せない、の三重苦から抜け出すのが、まずシールズとやらの集団から足抜けする第一歩でしょうか。

シールズのカタカナ語を聞くたびに、昔、「おそ松君」という漫画に出てきたイヤミという出っ歯の登場人物を思いだします。やたらフランスに憧れていて、
「ミーはおフランスざんす」というのが口癖なのですよ。

もちろん容姿からして、考えられる限り非フランス的な存在ですが。赤塚不二夫先生は真の天才です。
[ 2015/12/16 18:36 ] [ 編集 ]
くずし文字
バロン閣下 余計な事ですが、古筆解読用に私は
 「草書くずし字典」二玄社   成瀬映山 監修
 「和様字典」  二玄社   北川博邦 編
 「古典かな字鑑」書芸文化社 飯島春敬 編  を利用しております。
それでも個人の癖があってなかなか難しいですが。

文字ではありませんが、「今日は12月14日。何の日だ?」と軽い気持ちで職場の若い子ちゃんに声掛けたら「何かあったんですか」「忠臣蔵よ」の後に「それ何?」という会話?で終わったという某ブログ主の記事がありました。そんな日が来てしまったのですね。
[ 2015/12/16 19:11 ] [ 編集 ]
サヨクの別働隊
先の「安保関連法案」に於いても日本の反日偏向メディア(朝日、毎日など)が実態とは違う提灯持ち的持ち上げで「SEALDsは若者の代表」という白髪三千丈報道をしていました。

今後このシンクタンク=ReDEMOS(リデモス)」に対しても応援を続ける事でしょう。

しかしSEALDsにはこれといった理論的礎もあるわけではないので、ここで名の挙がっている中野晃一上智大教授、水上貴央弁護士の又は共産党、民主党の考えをスピーカーとして発信して行く事でしょう。

http://rscdb.cc.sophia.ac.jp/Profiles/58/0005726/profile.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%86%8D%E5%BB%BA%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96

http://legalcommons.jp/lawyer/mizukami

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E4%BB%95%E5%88%86%E3%81%91_(%E8%A1%8C%E6%94%BF%E5%88%B7%E6%96%B0%E4%BC%9A%E8%AD%B0)
[ 2015/12/16 19:33 ] [ 編集 ]
忠臣蔵くずれ
こはる様

御指南ありがとうございます。ウチの先祖書きには史料的な価値はないのですが、槍術に凝って「日本一」を自称していた(笑)剛の者がいたり、かと思えば放蕩に耽って役職と領地を取り上げられた軟弱者がいたり、(←末田軍曹どのの興味を惹きそう)

と、バラエティーに富んでいて、読んでいくと、なかなかに面白いのです。


去年の今頃は 築地の新聞社の社長邸に討ち入る話題で盛り上がっていたのですね。今年はですねえ、シールズ奥田某のアパートに突つ込んでも、討ち入った方が笑われるような。討ち入り行事は2・26事件の頃までが花でした。

1昨年の大河ドラマでは、井伊大老が奥方と別れて、一分もしないうちにパーンと桜田門の方から銃声が。井伊邸は5LDKじゃないぞ、当時の大名屋敷がいったい何坪あると思っておるのじゃ!ドラマを制作する方もこんなですからね。


その感覚を忘れないためにも、時々、荻窪の大田黒邸を使って、討ち入りの稽古とかしたいものです。
[ 2015/12/16 20:23 ] [ 編集 ]
訂正
1昨年前→今年の、でした。
「八重の桜」の方が、はるかにマシです。
[ 2015/12/16 20:35 ] [ 編集 ]
腐肉にたかるウジ虫
腐肉か糞のシールズとやらにたかるウジ虫同様の狂惨党、民主党、和式リベラルと朝日、毎日、東京、中日、北海道沖縄タイムス、琉球新報新聞、NHK,TBS,テレビアサヒ、日教組、連合、日弁連の左翼は自家中毒で腐るだけ。
[ 2015/12/16 22:26 ] [ 編集 ]
せめて高校の倫政経くらいは勉強した方が・・・
せめて専門的な内容までは分からなくてもいいから、高校の倫政経くらいは勉強していないと、「民主主義」の本来の意味(声が大きい意見が民意では無い)、「違憲判断を出せるのは憲法学者ではなく最高裁だけ」、「現行憲法自体が立憲主義に反している」といった事は理解できない可能性がありますね。

どこかの怪しげな大人が吹き込む「イケてる言葉」をひたすら連呼しているだけでは、民意の取り付けなど無理ですよ。

バロン様がおっしゃるように、怪しげなカタカナ語や英語を連呼しているだけの集団は、あまり頭が良いように思いませんね。

西洋風の言葉は響きが良いので、多くの人間から見ればインテリっぽく見えるのかもしれませんが、大体は意識高い系が自己満足に浸っているだけであり、中身は大したことが無い事が多いですね。

夏目漱石も自身の小説の中で多くのカタカナ語を使用しておりますが、西洋文化のうちで、日本語に置き換えられないようなものをカタカナ語で表現していたように思いますし、また、西洋の真新しい文化の流入を、カタカナ語で表現する事で、その新奇性を表現していたものですから、日本語で説明できるものまでカタカナ語にしているわけでは無かったと思います。

例えば、漱石の小説内で「ハイカラさん」という言葉が登場しますが、これは西洋風の文化を真似たりする人間などを表す言葉であり、やはりこの場面を見ても、カタカナ語で表現する方が適切であったと思います。

漱石や鴎外をはじめとする、作家のような言葉というものを非常に大切にしていた人物は、カタカナ語をイケてるという稚拙な理由で使用するのではなく、そういった西洋風の新奇な文化を如実に表す場面において、日本語よりもカタカナ語の方が表現として適切であった為に、使用していたわけです。

また、言語能力が非常に高い人物は、冗長な文章を好まず、また、そのような文章を書きません。

たとえ短い一文あったとしても、その一文は含羞に富んだものであり、一文から、多くの事を相手に理解させる事ができます。

文章の長さやイケてる言葉で虚飾し、ごまかしただけの稚拙な文章は、学問や作家の世界では評価されないでしょう。

この団体も名前は「イケてる」のかもしれませんが、中身がスカスカでは支持されるどころか嫌悪されるだけだろうと思います。

それでも大衆は「イケてる」言葉を好むので、意味は理解できなくとも支持してしまう可能性もありますが。
[ 2015/12/17 00:45 ] [ 編集 ]
言葉
閣下 わたくしも末田軍曹殿と同じく、放蕩様の方に興味が湧きますw。
江戸期のお侍は各自の得手な武術のお手合わせや学門研修の旅行脚と言うこともあったそうで、手形さえあれば全国通行自由で、一体ご先祖様達は何をして居られたやら、と空想できるのは楽しいことです。何処へ行くのも大抵は徒歩。肉刺つぶれの悲惨な御御足だったろうな、と無駄なことまで想像です。

大河も見なくなって久しいです。完全に最期まで見たのが「篤姫」でその前も何年間か空白。それでも忠臣蔵を取り上げた時は見ていました。只、それも「そこは違うでしょ!」等と瞬間評論家になってしまう事が多くなって、同じ忠臣蔵でも「最近は!」と完全高齢者をしてしまう状態で。
”視聴率取れないときは忠臣蔵”なのだそうで、もうじき期待可?

今月(一月号)の「歴史通」は執行草舟氏がリヒトホーフェン男爵の上半身お写真を&中村彰彦氏が多門伝八郎を、伊東成郎氏が間新六を、という豪華版でした。


カタカナ言葉も幕末や漱石、鴎外の外国知識取得に必死だった時代のそれと、カタカナ使って居れば「僕って賢く見える?」安直なのとは段違い。というより勘違いですね。

60年安保世代って結構そういう人多いように思えました。特に芸能界に出入りしている、はっきり言って日本古美術無知者。
何でも米国発のものなら良くて、日本の伝統芸術美術を無価値の様に感じているのだけど実際日本古来の芸術、技術そのものを識らないで言って居た様な人。
で、海外が日本美術に目を向けていると聴いた途端に立場豹変出来た人達って呆れるほど居るんですよね。軽薄なの。

言語が破綻して居るのに、そこを直さずに「シンクタンク」創設しても他者へ意見伝達の大基本は確かな言語であろうに、だ~れが彼等を煽ててその気にさせているのか?
それ以前に大学卒業出来たのかしら?明学ってそんなに「寛容な」お客あしらいなのでしょうかね。
[ 2015/12/17 02:27 ] [ 編集 ]
し~るず?  恥さらしじゃ!
陸・海・空、と戦場を選ばぬ特殊部隊と見紛う名前なんかつけおってからに!
米軍がガキどもを、「アホのおかげで米軍の威信が世界規模で崩壊に瀕し、
テロ被害の確率が増大した」、と訴えればオモシロイのに・・・

おそれながら、、レッドバロン閣下
愚生がエロオヤジを標榜しておりまするのは、世を忍ぶ仮の姿でございます。
一朝、殊あるに備え万巻の軍学書を紐解き、粗衣粗食と女断ちを旨としまして、
当然、婦女子などバイ菌でしかありえず、尽く駆除する輝ける明日を夢みて
精進いたしております。 あのぉ、、これは、、あくまで夢でございまして、、
読んだ軍学書は5巻ほどにすぎませぬが、、、。
「見果てぬ夢は、まことに美しき哉」でございます、、 (^^)v 、、。
[ 2015/12/17 12:17 ] [ 編集 ]
吹き出した
『市民のための「シンクタンク」と位置づけ・・・』

寡聞にして、自らをそう名乗るいわゆるシンクタンクを聞いたことがない。
(日本の感覚で「あの研究所はシンクタンクなの?」と聞けば、ほとんどの場合、所員であれば「いえいえ」、部外者であれば「ふっ(鼻で笑う)」という経験をするはず。)
日本には○○研究所なるものが乱立(100以上?)しているが、アメリカと比較すれば、経済、軍事部門などの専門集団(有数)に見劣りしない研究所は片手で数える程度(皆無?)と言っていい。
もちろん個人(日本)の分析能力が見劣りしないことを否定はしない。しかし、分析の根拠となる情報収集能力が桁違い※のため、ほとんどの場合比較(お話)にならない。

では、「リデモス」とやらの専門分野は?関心事項は?拠点は?規模(人員・予算)は?
見たところ、
 ①専門家はおろか専従者も皆無のようで(弁護士学生は何でも出来る?)
 ②研究所の体をなしているかどうかも疑わしく(平和委員会があるか!)
 ③にも拘らず政策提言・法律の立案を出来るなんて(素人が片手間で!)
これが事実であれば、世の中の研究所はひっくり返るか、その存在意義を問われかねない事態と思う。
(彼らは、世の中を良くするための活動をしたいわけではなく、シンクタンク(自称)というステータスの高そうな組織の一員になって名を売りたいだけ。正直、世の中を舐めていると思う。)

わざわざ国会に出向いて自らの無恥をさらす必要はないでしょう。
日本人として恥ずかしいから「ごっこ」はやめてくれ!

※1~10の事実を根拠にした分析結果と、100~1000の事実から導いた分析結果の重みの違い。費用対効果が見えにくく、しかもお金と時間が不可欠。
[ 2015/12/19 12:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: